茄子の炸醤麺を作りました~

 

餃子の王将の期間限定メニューです!(2022年9月1日~9月30日)

トロットロの茄子とシャキシャキのピーマンが入っています。

麺は加水率が高めの極太麺モチモチ麺で炸醤(肉みそ)がよく絡みます。

豆板醤、辣油、花椒粉も使っているので、結構辛くビールにピッタリです。

挽肉もたっぷり入っており食べ応えばっちりでした。

 

茄子の炸醤麺は凄く美味しいので是非お試しください

 

〈リンク〉

茄子の炸醤麺の作り方の動画(YouTube動画)

茄子の炸醤麺のレシピ(クックパッド)

 

〈関連動画〉

中華シリーズ

再現シリーズ

王将シリーズ

期間限定シリーズ

麺シリーズ

辛い料理シリーズ

挽肉料理シリーズ

 

アップで!

こちらが王将の茄子の炸醤麺です(王将HPより)

まずは鶏ガラスープ取りから

自家製甜面醤は安く作れるのでお勧めで味の要の香味辣油作製中

いつもの牧場で買ってきた挽きたての国産豚ひき肉

極粗挽きにしてもらいました炸醤(肉みそ)作製中

花椒粉(四川山椒粉)は挽きたてに限る!

野菜の素揚げ中~。茄子は170℃で3分素揚げにします

多加水の極太麺作製中(元祖ニュータンタンメンの動画本調理

香り高い花椒粉をまぶせば完成~

茄子はトロットロです

炸醤がよく絡んで美味しいです

さっと素揚げにしたピーマンが最高に美味しいです〆は炸醤丼にして頂きます!

ブログランキングをやっています! 

是非クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓

  

 

動画編集中の様子

プルコギ定食を作りました~

松屋の期間限定メニューです(2022年8月30日~)

松屋さんのプルコギ定食は今回初めて食べました。

以前のプルコギはコチュジャンをガッツリいれた辛めの味付けだったようですが、2022年Verではさほど辛くなく、またニンニクも意外と控えめでした。

具はニンニクの芽、赤と黄色のパプリカ、そして玉ねぎです。

 

甘目の味付けで、ご飯がめっちゃ進みます。

小鉢は生玉子とキムチのいずれかを選ぶことが出来ますが、ノータイムで生玉子を選びました。

また、ご飯は大盛りにしても値段は同じです。

 

松屋のプルコギ定食は凄く美味しので是非お試しください。

 

〈リンク〉

プルコギ定食の作り方の動画(Youtube動画)

プルコギ定食のレシピ(クックパッド)

 

〈関連動画〉

松屋シリーズ

再現シリーズ

期間限定シリーズ

韓国料理シリーズ

スタミナ料理シリーズ

簡単レシピシリーズ

牛肉シリーズ

 

アップで

 

こちらが松屋さんのプルコギ定食(松屋HPより

 

まずは下ごしらえから

安くて美味しいアメリカ牛のバラ切り落としを使用しました

コチュジャンたれにはリンゴジュースでフルーティな甘さを追加

凄く簡単です

薄い肉なので漬け込みは不要です

軽く炒めたらたれを投入しあっという間に完成です

甘辛い味付けが美味しいです

野菜もっシャッキシャキ

溶き玉子で濃い目の味がマイルドになります

ご飯にぴったり

生野菜と食べても美味しいです

サンチュに生野菜とマヨ、そしてプルコギを包んで頂きます

ブログランキングをやっています! 

是非クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓

  

 

動画編集中の様子

 

 

 

 

辛タル鶏天ぶっかけと娘用にタル鶏天ぶっかけを作りました~

 

辛タル鶏天ぶっかけの完成~

こちらが丸亀製麺の辛タル鶏天ぶっかけ(丸亀製麺HPより)

娘用のタル鶏天ぶっかけの完成~(鶏天3個)

そしてこちらが丸亀製麺のタル鶏天ぶっかけ(丸亀製麺HPより)

 

タル鶏天ぶっかけは昨年から一部仕様変更が入っています。

昨年までは鶏天には甘辛いソースがかかっていましたが、今回は甘辛ソースは無しです。

その代わりに鶏肉の下味を今までよりも強くしているように思います。

また、タル鶏天のトッピングは柚子の皮からスダチに変更になっています。

(辛タル鶏天は今回が初めてなので、変更があったかは不明)

また丸亀製麺発表の情報によると、タルタルソースの具材をより細かくして粘度も下げ、うどんと絡みやすくしたことと、水菜と玉ねぎの配合をタルタルソースに合わせて水菜の比率を高めたそうですね。

ちなみに辛タル鶏天ぶっかけはタル鶏天ぶっかけからスダチを外し辣油をかけたものです。

 

今回は天ぷらの衣を米粉重曹と水のみを使ってサクサクに作りました。

米粉はグルテンを含まないので、しっかり混ぜても問題なく、また衣を冷やす必要もないので、だれでも簡単にサクサクの天ぷらを揚げる事が出来ます。

また、小麦粉と比較して吸油率が約半分(小麦粉:38%、米粉:21%)なのでとてもヘルシーです。

 

また今回は辣油、タルタルソース、そしてタルタル用のプレーンマヨネーズやピクルスも作りました。

市販の辣油は辛すぎるので、作るようにしています。

面倒であれば、食べる辣油に普通の辣油をブレンドして少し辛くすれば良いと思います。

 

市販のマヨはもちろん凄く美味しいんですが、タルタルソースとして使うには味の主張が強すぎてマヨの味しかしなくなるので、タルタルを作る際には基本的にはプレーンマヨを作っています。

そして今回はうどんはお手軽に冷凍うどんを使いました。

 

辛タル鶏天ぶっかけは凄く美味しいので是非お試しください。

 

〈リンク〉

辛タル鶏天ぶっかけとタル鶏天ぶっかけの作り方の動画(Toutube動画)

辛タル鶏天ぶっかけのレシピ(クックパッド)

タル鶏天ぶっかけのレシピ(クックパッド)

 

〈関連動画〉

2018年Verのタル鶏天ぶっかけの作り方

丸亀製麺シリーズ

期間限定シリーズ

再現シリーズ

うどんシリーズ

鶏肉シリーズ

揚げ物シリーズ

辛い料理シリーズ

 

まずは辣油作りからスタート(食べる辣油+辣油で代用可)

3日間寝かせてマイルドな辛味を引き出します

タルタル用にピクルスも作りました~

ぶっかけつゆは自家製の麺つゆ1と水3の比率で作ります(もちろん市販品で可)

鶏もも肉は醤油と柚子果汁と胡麻油で下味を付けます

タルタル用にプレーンマヨネーズも作りました

タルタルソース作製中

HPの写真をよく見たらスダチの切り方に特徴が!(丸亀製麺HPより

15分間悩んでやっと切り方が分かりました

全ての房が切れているので弱い力で簡単に絞れます。さすが丸亀製麺さん!

今回は玉子や薄力粉は使わずに天ぷら衣を作りました~

同じ理由で衣を冷やす必要もなく簡単にサクサクに仕上がります

170℃で3分揚げます。米粉は吸油率も低いのでヘルシーです

簡単に冷凍うどんを使いました

菜箸で叩くとカチカチと音がします

辛タル鶏天ぶっかけには特製ラー油をたっぷりかけて

タル鶏天ぶっかけには辣油の代わりに徳島産のスダチを添えて・・・

ちょっと胡麻が多すぎた^^;

これだけの量の辣油とタルタルをかけてもまだサクサクです!

このタルタル、うどんにもピッタリ

お店でもタルタルを単品で注文して追いタルタルをしました

娘もにっこり^^

ブログランキングをやっています! 

是非クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓

  

 

動画編集中の様子

 

 

伊勢うどんを作りました~

 

以前からずっと食べたかった伊勢うどんですが、高田馬場にある伊勢うどんのお店『いせ万』さんに夏休みに行って初めて食べてきました。

このお店、平日の11:30~14:00のみの営業なので、普段はなかなか行くことが出来なかったんです。

麺は伊勢からの取り寄せだそうで、お店の前に置かれたのぼりには”三重県製麺共同組合”と書かれてあります。

お店は極普通のアパートの2階にあり、のぼりが無ければ気付かないような感じです。

 

伊勢うどんには「生麺の状態で縦横それぞれ3ミリ以上、縦横あわせて6ミリ以上の太さ」で、「25分間以上のゆで時間を要した茹麺であること」との基準があるそうですね。

その基準を満たすために、今回は5㎜×7㎜の極太うどんを手打ちで作りました。

極太なので、茹で時間は1時間でも足りず、1時間15分かかりました。(茹で加減の目標は菜箸ですっと切れる堅さ)

ふわっふわでモチモチの食感は独特で滑らかな舌触りとのど越しが良く何とも言えない美味しさがあります。

もちろん手打ちでなく、市販のうどんでもそれなりに美味しく作れます。

 

小麦粉は三重産の『あやひかり』を使いました。

伊勢うどんは本来はたまり醤油を使うのですが、今回は成城石井でたまたま見つけた伊勢産の再仕込み醤油を使いました。

再仕込み醤油は塩水の代わりに醤油を使って醸造した醤油で、普通の濃口醤油よりも旨味が強く、たまりほどではないですが、色も濃いです。

 

以前は『うどんはコシが命』と信じて疑わなかったのですが、5年前に中目黒の二◯加屋長介(ニワカヤチョウスケ) (現在の店名は博多ちょうすけ)というお店で初めて博多うどんを食べて衝撃を受け、すっかり柔らかいうどんの虜になってしましました。(もちろんコシのある讃岐うどんも大好きですが・・・)

 

伊勢うどんは凄く美味しいので是非お試しください。

 

〈リンク〉

伊勢うどんの作り方の動画(YouTube動画)

伊勢うどんのレシピ(クックパッド)

 

〈関連動画〉

うどんシリーズ

和食シリーズ

ご当地グルメシリーズ

再現シリーズ

 

こちらが高田馬場にある伊勢おうどんのお店”いせ万”さんです

お店の看板

外観は極普通のアパートの2階ですが店内は落ち着いた雰囲気でおしゃれな感じです

暖簾をくぐってすぐ右にお店の入り口があります

三重県の小麦粉”あやひかり”を使いました~

醤油は伊勢の再仕込み醤油を使用

生地を踏んで滑らかに!

久し振りに麺棒で伸ばしました

極太にカット

蓋をして弱火でまずは1時間茹でます

1時間後の堅さチェックではNG

1時間15分茹でてOKとなりました

モチモチふわっふわの独特な食感と小麦の香りが堪りません

新品のヒノキのまな板のデビュー(30㎝×90㎝×3㎝の1枚板)

うどんを温め直して、たれをかけて万能ねぎをトッピングすれば完成~

お店でも『よく混ぜてから食べて下さいね』とアドバイスして頂きました

舌触りと喉ごしも最高です

次に溶き玉子に漬けてすき焼き風に頂きます

溶き玉子を丼に入れてマイルドに味変

動画ではカットしましたが、麺を食べ終えた後にご飯を入れて雑炊風に頂きました

ブログランキングをやっています! 

是非クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓

  

 

動画編集中の様子

 

 

 

 

 

氷見うどんを使って冷やしきつねうどんを作りました~

氷見うどんはご存じ富山県氷見市のご当地グルメです。

腰がつよくて、喉越しがよく日本3大うどんの一つともいわれています。

氷見うどんは先日、ケンミンショーで観て初めて知りました。

 

さっそく氷見市にふるさと納税をして、返礼品として頂きましたが、確かにめちゃくちゃ美味しいです。

 

きつねは5枚で100円以下の安い油揚げを使った方が美味しく出来きます。

30分かけてじっくり油抜きをしてから、煮汁でじっくり30分、コトコトと弱火で煮含めるとジューシーで柔らかいきつねに仕上がります。

今回のきつねは甘さ控えめにしました。

 

またぶっかけつゆ、きつね共に市販のめんつゆを使って簡単に作りました。

他の具はかまぼこ、わかめ、万能ねぎ、わさびとシンプルにしました。

 

冷やしきつねうどんは簡単で凄く美味しいので是非お試しください。

 

〈リンク〉

冷やしきつねうどんの作り方の動画(YouTube動画)

冷やしきつねうどんのレシピ(クックパッド)

 

〈関連動画〉

うどんシリーズ

和食シリーズ

冷たい料理シリーズ

簡単レシピシリーズ

ランチメニューシリーズ

麺類シリーズ

 
まずは油揚げの油抜きから。5枚で78円の安い物を使いました
煮汁はお手軽にめんつゆで!
落し蓋をしてじっくり煮含めます
粗熱が取れたら容器に入れて冷蔵庫でしっかり冷やします
かまぼこは包丁の背を使うと綺麗に剥がれます
粉わさびを練りました
ふるさと納税の返礼品で頂いた氷見うどん
氷水で器とうどんをキンキンに冷やします
好きな具材を乗せてわさびを添えれば完成~
氷見うどんはのど越し最高です!
きつねも美味しい~
練りたてのわさびは凄く効きます
黒七味で頂きます
自家製の塩蔵わかめも最高~

ブログランキングをやっています! 

是非クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓

  

 
動画編集中の様子
 

葱まみれチー平焼きを作りました~

 

串カツ田中の人気メニューです。

葱たっぷりのオムレツですが、中の具はシンプルに葱とチーズのみです。

とん平焼きの豚の代わりにチーズを入れたバージョンで美味しくないはずがない組み合わせですね!

メニューには『大阪のB級グルメ』って書いてありますが、チー平焼きは串カツ田中でしか見た事が無いので、

大阪のB級グルメの”とん平焼き”のアレンジ版という意味かな?

 

凄く美味しい肴ですが、あっという間に作ることが出来ます。

 

葱まみれチー平焼きは簡単で凄く美味しいので是非お試しください

 

〈リンク〉

葱まみれチー平焼きの作り方の動画

葱まみれチー平焼きのレシピ(クックパッド)

 

〈関連動画〉

再現シリーズ

玉子料理シリーズ

串カツ田中シリーズ

簡単レシピシリーズ

ご当地グルメシリーズ

大阪の味シリーズ

 

こちらが串かつ田中のメニュー表(串カツ田中HPより)

チーズはたっぷり50g使います

お皿とフライパンをV字に当てて返すだけ

キッチンペーパーで形を整える

葱たっぷりトッピングすれば完成~

チーズがトロットロ

玉子もふわっふわです!

七味がピッタリ!

食べ放題のキャベツと共にいただきます

ブログランキングをやっています! 

是非クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓

  

 

 

動画編集中の様子

 

 

 

 

 

味噌カツラーメンを作りました~

 

高知県のご当地グルメです。

先日、ケンミンショーで観て味噌カツラーメンの事を初めて知りました。

味噌カツといえば、名古屋の味噌カツをイメージしますが、

高知の味噌カツラーメンは、味噌ラーメンにとんかつがトッピングされたもので豚太郎というお店が発祥のようです。

 

豚太郎は高知県で30店舗ほどチェーン展開していますが、共通するメニューは味噌、醤油、塩ラーメンと餃子の4メニューだけであとは全て各店舗にお任せだそうです。

乗っているとんかつも大きい物をカットするタイプや、一口カツが複数枚乗っているタイプなどがあり、他の具材もお店によってバラバラです。

 

今回は豚太郎唯一の本部直営店の『介良店』の味噌カツラーメンを真似して作りました。

具は一口カツが3枚、チャーシュー2枚、メンマ、わかめ、もやし、固ゆで玉子1/2個、万能ねぎです。

元阪神の藤川球児さんもこのお店の味噌カツラーメンが好物だったそうですね。

 

カツは赤身多めのバラ肉を使っているそうですが、赤身多めのバラ肉ってなかなか手に入らないので豚肩ロースで代用しました。

 

ワカメは今年の春に塩蔵わかめを作ったのでそれを戻して使いました。

塩蔵わかめは乾燥わかめと違ってよりフレッシュ感があり、とても美味しいです。

冷凍庫に入れておけば余裕で1年持ちます。

冷凍庫でも凍らないのでさっと塩を落として5分ほど水で戻せばすぐに使えます。

 

また、ラーメンはお手軽にマルちゃんの味噌ラーメンをチャーシューも市販品を使いました。

 

味噌カツラーメンは凄く美味しいので是非お試しください

 

〈リンク〉

味噌カツラーメンの作り方の動画(YouTube動画)

味噌カツラーメンのレシピ(クックパッド)

ピリ辛メンマのレシピ(クックパッド)

 

〈関連動画〉

ご当地グルメシリーズ

ラーメンシリーズ

再現シリーズ

マルちゃん製麺シリーズ

カツシリーズ

 

こちらが豚太郎『介良店』の味噌カツラーメンです!(News123より)

まずは塩蔵わかめ作りから(2022年春)

熱湯に入れると一瞬で鮮やかな緑に変わります

塩をして重石をして半日放置して脱水を2回繰り返します

発酵させない簡単ピリ辛メンマも作りました

塩蔵わかめは塩をすすぎ落して5分ほど水につけると戻ります

食感はまさに生わかめ!乾燥わかめとは全く別物です!

ピリ辛メンマも美味しい~

脂身の多いバラ肉でカツを作るとくどくなるので、肩ロースで代用しました!

両手を使うと効率よくパン粉が付けられます

180℃の油で3分揚げる

コスパ最高のマルちゃんの生ラーメン

チャーシューもお手軽に市販品を使用しました

1人分の材料です

カツは麺を茹でている間に温めます

スープに浸って無い部分はサックサクです

あえてスープに浸して頂きます!

ピリ辛メンマも麺に良く合います

チャーシューはトロットロ

味噌ラーメンととんかつがこれほど相性いいとは!

ブログランキングをやっています! 

是非クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓

  

 

動画編集中の様子

 

 

 

 

 

豊橋カレーうどんを作りました~

 

先日、豊橋市のうどんの老舗の『勢川本店』さんで食べて、凄く美味しかったので自分なりに再現してみました。

 

勢川本店さんの豊橋カレーうどんの具は豚肉、ネギ、油揚げ、ウズラの茹で玉子とシンプルです。

うどんは細目で柔らかく、カレーつゆはかつお昆布出汁とスパイスが効いたやや甘目の味付けです。

 

豊橋カレーうどんは豊橋市の42店舗のうどん屋さんで食べる事ができます。

味やトッピングはお店によって異なりますが、『豊橋カレーうどん五カ条』があり、全てのお店はこれに準拠して作られているそうです。

勢川さんも本店以外に10店舗ありますが、全て味もトッピングも異なります。

 

豊橋カレーうどん五カ条

 一条.自家製麺を使用する

 二条.器の底から、ご飯・とろろ・カレーうどんの順に入れる

 三条.豊橋産のウズラ卵を使用する

 四条.福神漬け又は壺漬けを添える

 五条.愛情を持って作る♡

 

以上を満たせば豊橋カレーうどんと認められるそうです。

僕にとっては三条の豊橋産ウズラ卵使用が達成困難かなと思いましたが、なんと豊橋市のウズラの玉子のシェアは全国で70%との事!

全く知りませんでしたが、近所のスーパーで普通にゲット出来ました。

ちなみに豊橋カレーうどんの歴史は意外と浅く、2010年に町おこしのために作られたメニューだそうです。

 

今回はせっかくなので、赤い福神漬けも作りました。

豊橋カレーうどんは凄く美味しいので是非お試しください!


〈リンク〉

豊橋カレーうどんの作り方の動画(YouTube動画)

豊橋カレーうどんのレシピ(クックパッド)

赤い福神漬けのレシピ(クックパッド)

 

〈関連動画〉

ご当地グルメシリーズ

再現シリーズ

うどんシリーズ

カレーシリーズ

和食シリーズ

 

勢川さんでは水、赤い福神漬け、ネギの小口切り、呑水そして木のスプーンが添えられるので、それも再現しました

こちらが勢川さんのイチ押しメニュー(勢川HPより)

こちらが豊橋カレーうどん五カ条

豊橋カレーうどんの食べ方

まずは食紅で染める赤い福神漬け作りから!(第四条)

3日漬け込んで綺麗に染まりました~(第四条)

ウズラの玉子はもちろん豊橋産で!(第三条)

うずらの水煮の完成~

出汁はかつおの厚削りと昆布で取りました

カレールー作製中

もちろんうどんは自家製です(第一条)

うどんの完成~

滑らかに仕上がりました

愛情を込めて本調理中(第五条)

器の底にご飯とトロロをセット

温めたうどんを入れて~

カレーつゆをたっぷりかける(第二条)

ミッションコンプリート!

豊橋産のうずらをトッピングすれば完成~

まずはスープから頂きます

うどんは太さと固さもいい具合に再現出来ました!

油揚げもちょっといいものを使いました

カレーが辛さ控えめなので、七味が良く合います

そしてお待ちかね、トロロご飯の登場!最高に美味しい食べ方です!

ブログランキングをやっています! 

是非クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓

  

 

動画編集中の様子

玉子ふわふわを作りました~

玉子ふわふわは静岡県袋井市のご当地グルメです。

袋井市の居酒屋『どまん中』というお店で食べてきました。

『どまん中』って変わった名前だなっと思いながらお店に入りましたが、袋井宿は東海道53次の中間地点の27番目の宿場なので、"どまん中"と呼ばれていたそうです。

そしてその袋井宿の朝食として提供されていたのがこの玉子ふわふわだそうです。

 

というわけで玉子ふわふわは江戸時代の一品ですが、2006年に居酒屋『どまん中』のご主人が文献を参考に再現して、袋井市のご当地グルメになったそうです。

居酒屋『どまん中』さんは食いしん坊バンザイの取材で松岡修造さんも訪れているようです。

居酒屋『どまん中』さんは、フラっと入ったお店でしたが、凄い店にあたりました!

 

ちなみに江戸時代は玉子は非常に貴重品で、玉子ふわふわは名のある武士や富豪の人だけが食べることが出来るセレブな食事だったそうですね。

 

玉子ふわふわは凄く美味しいので是非お試しください。

 

〈リンク〉

玉子ふわふわの作り方の動画(Youtube動画)

玉子ふわふわのレシピ(クックパッド)

 

〈関連動画〉

ご当地グルメシリーズ

和食シリーズ

 

再現シリーズ

 
こちらが袋井市の居酒屋どまん中さん。土曜日の7時過ぎでしたが、ほぼ満席でした
玉子ふわふわは380円でした!安っ!
お店で見せて頂いた参考文献の数々
玉子ふわふらの認定書があるらしい
まずは濃厚かつお出汁作りから!
薬味を作製中。山椒とお茶をすり鉢で摺ります
つゆ作製中
水と麺つゆで作る簡単バージョンも動画内で紹介しました!
玉子ふわふわの素作製中
出汁が熱すぎると玉子が膨らみすぎて鍋からこぼれます(経験済)
沸騰が落ち着いたら玉子ふわふわの素を入れる
トッピングは胡椒、三つ葉、万能ねぎ、刻み海苔とお店によって様々です
試行錯誤してたどり着いた調理時間
食べ方はご主人が教えてくれました!
まずは鍋の縁から玉子を剥がすとの事でした。(混ぜてはいけない)
本当にふわっふわです!
つゆが最高に美味しいです
七味好きには堪りません
お店でもご飯を注文しましたが、残念ながらその日は炊いてなかったです(涙)
朝食にもいいし、飲んだ後の〆にもぴったりの一品です。

ブログランキングをやっています! 

是非クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓

  

 

動画編集中の様子

 
 
 

 

 

 

 

天理スタミナラーメンを作りました~

 

天理スタミナラーメンの完成~

 

ご存じ奈良県天理市のご当地グルメです。

先日、3年ぶりに実家の大阪に帰省しましたが、実家の近所に天理スタミナラーメンのお店が出来ていたので、さっそく食べに行きました。

 

天理ラーメンは天理スタミナラーメン彩華ラーメンの二種類が有名です。

豚骨スープ、鶏ガラベースの醤油味のラーメンでたっぷりの白菜、ニンニク、豆板醤が特徴です。

 

出てきたときは味噌ラーメンかと思いましたが、醤油ベースでした。

豚骨の白、醤油だれの黒、豆板醤の赤が混ざって味噌ラーメンのような色に仕上がっているようです。

 

天理スタミナラーメンは凄く美味しいので是非お試しください。

 

〈リンク〉

天理スタミナラーメンの作り方の動画(YouTube動画)

天理スタミナラーメンのレシピ(クックパッド)

 

〈関連動画〉

再現シリーズ

ラーメンシリーズ

ご当地グルメシリーズ

中華麺の作り方

 

こちらが本家 天理スタミナラーメンです(関西ぶらりラーメン食べ走りより)

天スタラーメンの構成要素(天理スタミナラーメンHPより)

まずは製麺から!

加水率40%のもっちりストレート麺にしました

醤油だれは3日寝かせます

いつもの牧場で買って来た拳骨。100g21円です。

いままでは自分で切っていましたが、お店に頼めば楽ですね!

鶏ガラスープも取ります

豚骨は下茹で30分、圧力鍋で1時間、余熱調理1時間してから中火で30分煮詰めます

ザルで濾した後はリードペーパーでもう一度濾し、不純物を除く

濃厚豚骨スープの完成~

冷蔵庫で1日寝かせると完全に固まります

豚骨250gと鶏ガラ100gを合わせてWスープにします

具材の一つの豚の背脂は微塵切りにします

これで1人分の材料です

白菜と人参はラードで炒め、じっくり蒸し焼きにします

背脂とバラ肉もラードで炒めます

スープ、醤油だれを注ぎ、野菜を戻す

味の決め手の豆板醤とニンニクも加える

麺の湯切りはしっかりと!

仕上げにニラと辣油を加えれば完成~

麺の上にたっぷり注ぎます

スープがめちゃくちゃ美味しいです

柔らかく煮込んでスープが染みた白菜が最高です

追いニンニクで更にパワーアップ

溶き玉子に漬けてマイルドに味変します

ちなみにお店では玉子は無料でした!

麺を食べたらご飯を入れて~

最高に美味しいです

ブログランキングをやっています! 

是非クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓

  

 

動画編集中の様子