医療・福祉・健康の色彩専門家 南 涼子のblog

医療・福祉・健康の色彩専門家 南 涼子のblog

色彩専門家・カラーコンサルタント 南 涼子の色に関する話題と情報から、プライベートな日常を綴るブログ。色に興味のある人、色を仕事にしたい人必見!

講演、講座、執筆、コンサルティングのご依頼、講座のお申込みは
unica@universal-color.jp まで  


南 涼子の著書キラキラ

「一瞬で心を整える【色】の心理学」(青春新書インテリジェンス)  Newビックリマーク

「介護に役立つ『色彩』活用術」 (現代書林)

「介護力を高めるカラーコーディネート術」 (中央法規)



色彩日誌blog色彩日誌blog-介護力を高めるカラーコーディネート術

虹日本ユニバーサルカラー協会オフィシャルサイト

虹クリスタルカラーセラピーオフィシャルサイト

 



クリスタルカラーセラピー
  

色彩心理

 色で自分の価値観とイメージタンクを知る

 色か形かでわかるあなたの性格的傾向

 サプリメントカラー

 物の見方を柔軟にする考え方

 赤は三角、青は四角、緑は丸?色と形の対応性


 

色彩ビジネス

 カラーコンサルタントへの道

 安・近・短のインスタントで満足ですか?  

 オンリーワンだからこそ価値がある

 自分の中にあるものを「循環」させる  

 ひらめきは経験値から生まれる


$一般社団法人 日本ユニバーサルカラー協会理事長・CCセラピー開発者 南 涼子のblog「色彩日誌」

  クリスタルカラーセラピー公式FBページ

 http://www.facebook.com/cctherapy

 

一般社団法人日本ユニバーサルカラー協会代表理事 

 

色彩専門家・カラーコンサルタント 南 涼子です。

 

 

今日もTwitterにアップしている色彩の慣用句、紫について紹介します。

 

 

1.「marry into the purple」(紫色に結婚する)

=女性が結婚によって富貴な身分になる。玉の輿に乗る、良家に嫁ぐという意味。

紫色が身分の高い人に使われていたことに因んだ言葉です。

 

 

2.「have a purple patch」(紫のつぎあてを手に入れる)

=多くの成功または幸運を経験すること。

「purple prose」と同様に、 ドラマティックで装飾過剰な文章を意味しますが、

 

本来西洋で紫は特別で高貴な色であることから、華麗な紫が加わることで全体がきらびやかになる=幸運に恵まれる、幸運な時期を指す言葉となりました。

 

 

3.「purple with rage」(激怒で紫)

=怒髪天を衝く、顔を真っ赤にして青筋を立てて激怒するという意味。

欧米で「紫」は東洋よりも、赤みがかった色が本来多く、怒りの表現でも使われています。

 

 

4.「shrinking violet」(縮んだスミレ)

=非常にシャイな人、はにかみ屋、内気な人という意味。

 

野生のスミレは本来サイズが小さめで、他の草木の間に紛れており、花は咲くまで目立たないことから、謙遜や慎み深さを表わす花と考えられていました。

まさに、か弱いイメージのスミレの花から来ている言葉です。

 

 

紫は富貴、華麗、運が良い、大げさ、逆上、シャイなど多種多様な表現に使われていることが分かるかと思います。

 

 

Twitterではこうした情報を日々更新しています。

 

よかったらフォローよろしくお願いいたします!

https://twitter.com/unicacc

 

一般社団法人日本ユニバーサルカラー協会代表理事 

 

色彩専門家・カラーコンサルタント 南 涼子です。

 

 

Twitterで毎日更新している、英語の色の慣用句、今日は青について引き続きご紹介します。

 

 

1.「Into The Wild Blue Yonder」(未開の青の彼方に)
=未知の場所に行くという意味。

 

後退色である青は遠く、未踏の海やどこまでも続く空、深遠のシンボルです。

 

2.「Into The Blue」(青の中へ)

=消えること、見えないものという意味。 

 

青は自然界にありながら、実体がなく、私達には遠く感じられる色です。

上記の青が表わす意味や性質と共通している面もありますね。

 

 

そして時に青は夕闇の色です。

 

 

3.「Black And Blue」(黒と青)

=肉体的または精神的に傷つくこと。 

打撲による青黒い痣の色から来ている言葉です。

 

 

4.「To Look Through Blue Glasses」(青いメガネを通して見る)
悲観的な見方をする、
先入観のために誰かを歪んだ目で見るという意味。

以前バラ色のメガネを通して言葉を見る=(楽観的で、非現実的な方法で物事を見る)という言葉を紹介しましたが、青のレンズは景色を暗く寒々しく見せます。


それによって、青のネガティブな感情が反映された慣用句といえます。


実際に悲観的に物事を考えやすい人は、青いメガネやサングラスは、避けた方が賢明ですね。

 

 

Twitterではこうした情報を毎日更新しています。

 

よかったらフォローよろしくお願いいたします!

https://twitter.com/unicacc

 

一般社団法人日本ユニバーサルカラー協会代表理事 

 

色彩専門家・カラーコンサルタント 南 涼子です。

 

 

Twitterで毎日更新している、英語の色の慣用句、今日はオレンジと茶色をご紹介します。

 

 

オレンジは、果実そのものとしての連想やイメージが強いので、

意外と慣用句が少ないです。

 

 

これまでにご紹介したように、オレンジという言葉が使われていても、色よりも、やはり果物としてのオレンジ自体の直接的な意味だったりします。

 

ですので、今回は茶色にまつわる慣用句も併せて紹介したいと思います。

 

 

色の慣用句は、色の意味や性質を多分に表わしています。

 

 

色のイメージやはたらきを学びたい人は、色を使った慣用句を知っておくと、色への理解が深まりやすくなると思います。

 

国、地域による色彩イメージの違い、英語表現、海外の文化などについて知ることもできますよ~!

 

1.「queer as a clockwork orange」(時計仕掛けのオレンジのように奇妙な)

=非常に奇妙な、または型破りな。 

 

元々はロンドンの労働階級の人々の間で使われていたスラングです。

 

 

「表面上はまともだが中身はかなり変」という意味で、小説や映画でも評判を呼びました。

 

 

2.「To be in a brown study」(茶色の研究に参加する)

=深い瞑想、無心になること。

 

茶色は本来「暗い」という以外に、「一途」という意味がありました。

 

 それが、深く考え没頭して無心になるという表現になったといわれています。

 

 

3.「To get brownie points」(ブラウニーポイントを取得する)
=良い行いに対して、賞賛や承認を得ること。

 

 おべっかを使う、点数稼ぎという意味でも使われます。

 

 

Twitterではこうした情報を毎日更新しています。

 

 

よかったらフォローよろしくお願いいたします!

https://twitter.com/unicacc

 

一般社団法人日本ユニバーサルカラー協会代表理事 

 

色彩専門家・カラーコンサルタント 南 涼子です。

 

 

Twitterで毎日更新している、英語の色の慣用句、今日は緑を引き続きご紹介します。

 

 

色の慣用句は、色の意味や性質を多分に表わしています。

 

 

色のイメージやはたらきを学びたい人は、色を使った慣用句を知っておくと、色への理解が深まりやすくなると思います。

 

国、地域による色彩イメージの違い、英語表現、海外の文化などについて知ることもできますしね!

 

 

1.「a memory yet green」(青臭い記憶)
=青春の思い出、または生々しい記憶という意味。

緑は未熟という意味もありますが、若さや新鮮さと関連性が強い色であるため、記憶という言葉と結びつけると、鮮明な記憶、若い青春の頃の記憶というフレーズになる訳です。

 

 

2.「Greenwash」(グリーンウォッシュ)
=違法に資金を入手し、それを複数の金融機関を通じて移動させ、合法であるかのように見せかけること。 

欧米では緑はお金や富と関連しています。お金(緑)を洗う、つまりマネーロンダリングですね。

 

 

3.「You’re green.」(あなたは緑です)
=あなたは未熟だ、という意味。

日本語の青二才とほとんど同じですね。

青二才の青というのは緑色のことです。

 

 

Twitterではこうした情報を毎日更新しています。

 

 

よかったらフォローよろしくお願いいたします!

https://twitter.com/unicacc

 

一般社団法人日本ユニバーサルカラー協会代表理事 

 

色彩専門家・カラーコンサルタント 南 涼子です。

 

 

Twitterで毎日更新している、英語の色の慣用句、今日はピンクを引き続きご紹介します。

色の慣用句は、色の意味や性質を多分に表わしているため、

 

 

色のイメージやはたらきを学びたい人は、知っておくと良いと思います。

また、国、地域による色彩イメージの違い、英語表現、海外の文化などについて知ることもできますよ!

 

1.「strike me pink」(私をピンクに打って)
=驚きの叫びや、ショック、憤慨を意味する表現。

叩かれたり打たれたりすると、皮膚はピンク色になります。

その叩かれたショックや衝撃を、変色した皮膚のピンクに例えたものと思われます。

 

2.「pink tea」(ピンクのお茶)
=フォーマルな(主に女性)のお茶会。 または、気取ったお茶会という意味。

ピンクは優雅なイメージですし、やはりジェンダー的にいうと女性を表わすことが多いですよね。

 

イメージ的には分かりやすいと思います。

 

 

3.「SEE THE WORLD THROUGH ROSE-TINTED GLASSES」(バラ色のメガネを通して見る)

=過度に楽観的で、非現実的な方法で物事を見るという意味。 

 

幸福で陶酔的な感覚を促すピンクを通して見る景色は、そうした気分をもたらすのでしょうか。

 

4.「pink wave」(ピンクの波)
=特定の選挙または特定の期間中の政治的地位の女性候補者の豊富さ、または女性候補者を支持する有権者の急増。

 

今この時点で、なかなかタイムリーな慣用句ですね。

 

参院選は今週の日曜日。

 

 

一体どうなることでしょう。

 

 

 

Twitterではこうした情報を毎日更新しています。

 

よかったらフォローよろしくお願いいたします!

https://twitter.com/unicacc