ハマル女

どの韓国ドラマを見るべきか迷ったら、一度見てみて!
1ページで完結にお伝えする事を目指してやってがんばります!


テーマ:
「雲が描いた月明り」 (2016 KBS 18話)
ツンデレ皇太子とキュートな男装内官が贈る甘くキケンな宮中ロマンス
なり澄まし、陰謀、過去とのしがらみ、因縁、友情などてんこ盛りの
展開を、ツンデレ、でも笑顔のヨンと温かい心の持ち主ラオンの
愛と幼馴染である友との友情で癒し、胸キュンにしてくれるドラマ。

 
キャスト
イ・ヨン、孝明世子:パク・ボゴム
ホン・ラオン(サンノム):キム・ユジョン
キム・ユンソン:ジニョン
チョ・ハヨン:チェ・スビン
キム・ビョンヨン:クァク・ドンヨン
純祖:キム・スンス
淑儀パク氏:チョン・ミソン
明温公主(ヨン妹):チョン・ヘソン
中殿キム氏:ハン・スヨン
キム・ホン領議政:チョン・ホジン
キム・ウィギョ:パク・チョルミン
ざっくりあらすじ
父の起こした事件により追われる身になった事でサムノムとして男装を強いられた
ラオンは、母と生き別れになった後、旅芸人と同行し各地を行脚して過ごす。
 
しかしそんなある日借金のかたに、宮中に売られてしまう。
 
女性であるラオンは内官の試験に通るはずもなかったが、偶然が重なり
合格してしまう。
 
そしてそこで世子ヨンに使える事となり、二人の距離は近づく。

ヨンの幼馴染で現在の敵の孫でもあるユンソンは早々にサムノムが
女性だと見破り、こちらも恋をしてしまう。
 
男なのに華奢で可愛いサムノムが気になり始めたヨン。

やがてサムノムが女性であると知ったヨンは、男性であったことを喜び、
告白し、二人はラブラブになり密かに宮中ロマンスを楽しむ。
 
失政が続き、自信喪失の王は今や士丈夫(サデブ)の言いなりで、
世子に「生きる道は何もしないことだ」と教えた。

民のための政治を考えていたヨンは、爪を隠し遊び惚け、ダメっぷりを装う。
しかしラオンとの出会いで、民の心を知り、いい王を目指し始める。
 
結末:ネタばれあり
やがてラオンは、王を苦しめている存在が父であった事を知り、
ヨンとの関係を続けられないと考える。
 
やがてその事実は広まり、宮中に極悪人の娘がいると、捜索が始まる。
 
事実を知ったヨンは、それでも愛する気持ちを止められず、
ラオンの母を探し当て、密かに宮中から出す事に。
 
世子にやり込められ始めた領議政らは、ラオンが女であり、
更に数年前の事件の首謀者の娘だど知ると、それをネタに取引に出始めた。
 
ヨンの幼馴染で現護衛のビョンヨンは実は祖父を陰謀で失った後、
ラオンの父の思想を引き継ぐ仲間の一員として活動しながら、
ヨンの護衛をしていた。
 
祖父の事もあるが、「一番信頼するならビョンヨンお前だ」というヨンを
裏切れない彼の葛藤は白黒つけられなかった。
 
危機に陥ったラオンだったが、現王の側近がその父の同士であったことで、
何とか守られた。
 
しかし捕らえられたラオンを助けるため、ビョンヨンは正体を悪す結果に・・
そしてラオンとヨンを庇い、矢を射抜かれてしまう。

その時「今でも一番信用するのはお前だ」といヨンに「ありがとう」と
主従関係を超え、友として答えるビョンヨンは息絶えた。
 
しかし~~もう一人の親友ユンソンが彼の遺体を引き取り、
生きていいるのを確認すると、かくまって治療させ、彼は死なずに済んだ。
 
さらに今度はヨンまでも毒を盛られ、命の危機に・・・
彼を案じたラオンは密かに宮中に忍び込み、看病をする。
 
そしてそこである事件以来失語症になってしまったヨンの異母妹から、
ヨンの母が死んだ真相に迫る証拠を得たラオン。
 
更に王妃が産んだ子はすり替えられていた子で、王の子ではないと判明。

領議政にラオンを連れてくるように言われたユンソンは、
刺客を従えて彼女の前に立つも、刺客らを斬り始めた。
そして刺客らにやられて息絶えた。
 
王の子をすり替えた事、ヨンの母を殺した事、などが明るみに出た上、
希望であったユンソンを失った事で、領議政はユンソンの銃で自害した。
 
王妃や他の大臣らは処罰されるも、真実に迫った功績でラオンは
罪人ではなくなる。
 
そしてヨンを守るべく王妃になったハヨンも結婚を白紙にし、宮中を出た。
 
一年後~

ヨンは亡き母との約束を果たすべく民のための政治を目指し、
王になっていた。
ヨンは自ら輝く太陽のような王ではなく、
そう民から輝かせてもらう王・・まるで月の様に・・・そういう王だと・・・
 
回復したいつかまたヨンらの元に戻ると誓い去ったビョンヨンは
ヨンの父と一緒にその光景を見ていた。

そしてラオンは~ヨンとの物語を本にし、売れっ子作家に~?
表紙がヨンだという事で、詰め寄るヨン。
二人はこうして密かにまだラブラブを続けているようだった。
おしまい
 
感想
大分端折ったけど、まああらすじこんなもんでしょ?
まあありえません。ファンタジーです。少女漫画です。
でもいいんです。ヨンの笑顔が見たいから~それだけでいいんです。
たまには少女に戻って、こういうのも悪くないです。
(いや、もし好みの世子でなかったら、めちゃめちゃ言ってるだろうけど~)
 
彼ら男の友情も良かったです。
両班でいい所の息子同士でも、王の子はやっぱ王の子で、
子供の時みたいずっといられないっていう悲しさはあるね~仕方ない。
えーん
彼らより周りが許さないからね~
 
それにしてもユンソンの死はあっけなく、恋の為にすべてを捨ててね~
しかし領議政に雇われた刺客がユンソンを殺すかね?
えー
 
領議政たちも綱渡りね~陰謀はばれるかもしれないのにね~

あんな小さなコンジュが最後に大きなカギを握っていたなんてね~
悪いことはできないよね~
ニヤリ

死ぬくらい、もしくは処刑されるくらいならまあまあの貴族で
さほど政治にかかわらないで優雅に暮らした方がいいのに~って
庶民の私は思うけど、彼らは野心で生きてるからね~面倒だね~
 
まあ贔屓目で10点付けたけど、ラオンがもう少し大人っぽい子でも良かったかな?
って気もしました。可愛かったけど子供に見えちゃったから・・・
それでは~
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「マイ・リトル・ベイビー」 (2016 MBC 16話)
強行班刑事のジョンハンが姉夫婦の急死により、姪っ子ウネを育てる
イクメンになりママ友らに交じり奮闘する物語。
 
イクメンになったことで秘密を共有する元同僚と対立し、
ママ友問題に巻き込まれながら、育児を通して仲間らと絆を深める。
更に初恋の彼女との恋模様を、お得意の邪魔者の策略に遭いながら
立ち向かっていくお話。
軽い感覚で見られる育児物語って感じです。
キャスト:7
総合おすすめ度:6
 
キャスト
チャ・ジョンハン:オ・ジホ
ユン・ミン:キム・ミンジェ
 
~イェスル家族~
ハン・イェスル:イ・スギョン
妹 ソユン:ナム・ジヒョン
息子 フング:ホン・ウンテク
父:キム・ソンギ
 
~同じマンションのママ友~
チョ・ジヨン(ハウンママ):チョン・スヨン
カン・ユンスク(ボムスママ):コ・スヒ
キム・ボミ(ユンジママ):チュ・セビョク
(ヒョンジュママ):イ・テヨン
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マ・ジョンスン(ウネ祖母):チャン・ヒス
ソ・ジャンフン刑事:テ・ハンホ
 
ざっくりあらすじ
姉夫婦の突然死により、父方の唯一の親族である祖母マさんが
ウネの養育権を放棄した事で、叔父である強行班刑事ジョンハンが
引き取ることなり、休職し、元後輩刑事ミンを家に呼び、男二人の
育児が始まった。
 
引っ越してきたマンションにはかつての刑事の同僚ジヨンがいて、
そのマンションのママ友を率いるボス的存在だったことで苦悩が始まる。
 
ジヨンは昔、張り込み中に起きた陣痛で、子供を取り上げて貰った秘密を
ジョンハンが言うのではと危機感を抱き、追い出そうと画策し始める。
しかしそれが裏目に出て、ママ友は彼らの仲を疑い、
ジヨンはますます彼を嫌う。
 
上の階に住んでいる初恋のイェスルとの再会に喜ぶジョンハンは
イェスル離婚を知ると、彼女の親切心を誤解し、再び恋に落ちる。

姉夫婦に遺産があると知るった借金を抱えるマさんは、再びジョンハンを
訪ね、魂胆を隠し、ウネの面倒を時々見に来るように・・
 
借金取り追い詰められたマさんは、養育権をジョンハンから奪うために、
虐待をでっち上げた証拠を捏造し、弁護士をたて挑むが、
結局刑事の彼らはマの悪事を見抜き、事なきを得た。
 
マさんは亡き姉の夫の継母で、ウネを思っての事ではなかった。
 
結末:ネタばれあり
ぎこちなかったママ友にようやく慣れ始めた頃、
ジヨンが金に困ってした行為を暴いたジョンハンは、
ママ友会の信用を無くしたジヨンに代わって会長になる。
 
元婿との復縁を図るイェスルの父と再会したジョンハンは父を歓迎するが、
復縁の協力者にされてしまう。
 
大学の同窓会でイェスルは、「自分をを守るために負傷したケガから
オリンピック代表の座を追われた事で、イェスルに負担を与えない為に
事態を知られる前に去った」という別れの事実を耳にする。
 
イェスルはジョンハンに会い、二人で海へ・・
二人はその頃の話を深夜までし、帰宅する。
 
彼氏がいると踏んだイェスル父に、就職斡旋を目論むジヨンは、
その彼氏がジョンハンだという証拠を見つけるが、
ボムスママから「詐欺罪で起訴しなかったのは、ジョンハンが止めたからだ」
と聞かされ改心し、ジョンハンらを守ろうと奮闘し始める。
 
結局車からジョンハンだとばれ、彼はイェスル父に責められる。
すると父に従順なイェスルは、ジョンハンと付き合い始めた際
一回だけ反抗したことを思い出し、強い気持ちで父を拒んだ。
二人は恋人同士になった。
 
ウネの1歳を祝う会が、ジョンハンらが昔祝っ貰った同じ会場で開かれ、
亡き姉の動画が流され、ウネへの思いをジョンハンは知る。
ジョンハンは叔父という立場ではなく、ウネを自分の籍に入れることにし、
本当の父親になった。
 
数年後~
成長したウネと共にイェスルと彼女の息子フングが家族になって
幸せに暮らしていた。
復職したジョンハンだったが、妻の妊娠で再び休職し育児に励む彼がいた。
 
めでたし
 
感想
本当に想像通りの展開でしたが、最後の方はそれをいい意味で裏切る演出に
軽い気持ちで見てた私も涙してしまいました。
対立していたジヨンとの関係も良くなったし、
最終的にはジヨンがイェスルの仕事を助ける人にまでなったのも良かったです。
悪人がのさばらないのはやっぱりいいですね。
ドキドキ感やトキメキはなかったけど、楽な気持ちで見られるこういう
軽いタッチのドラマもたまにはいいかな~
って感じです。
それでは~

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「帰ってきて ダーリン!」 (2016 SBS 16話)
突然の事故により亡くなった二人の未練を抱える男が、
姿を変え愛する人たちの元に期間限定で戻り、奮闘する物語。
 
ファンタジー:あり
陰謀:あり
裏切り:あり
隠ぺい:あり
真相究明:あり
絡まりあう運命:あり
秘密:あり
コミカル:あり
シリアス:あり
切なさ:あり
家族愛:あり
キャスト:7
総合おすすめ度:6
 
キャスト
キム・ヨンス:キム・イングォン
イ・ヘジュン(ヨンス):ピ
ハン・ギタク:キム・スロ
ハン・ホンナン(ギタク):オ・ヨンソ
ソン・イヨン:イ・ハニ
 
ヨンス家族
妻 シン・ダヘ:イ・ミンジョン
娘 ハンナ:イ・レ
父 :パク・イナン
 
デパート
チャ・ジェグク社長:チェ・ウォニョン
会長:アン・ソクファン
ワン秘書:オ・ナラ
チョン・ジフン:ユン・パク
マ部長:パク・チョルミン
 
ギタク仲間
チェ・スンジェ:イ・テファン
チェガル・キル:カン・ギヨン
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マヤ:ラ・ミラン
ナ・ソクチョル:オ・デファン
 
ざっくりあらすじ:感想
家族を養うためデパートで必死に働くヨンスは家庭を顧みる暇もなかった。
この接待三昧本当に悪しき習慣だよね~
 
ある日彼は妻との約束も守れず仕事に邁進した結果、取引先に認めて貰え、
酔いも手伝って気分が高揚する中、デパートの垂れ幕を直そうと
屋上から無理な体制で手を伸ばした事で転落死する。
うまくいったところでの急展開の死・・何?
ポーン
 
女優で初恋のソヨンに呼び出されたところをパパラッチされた
ギタクは彼らを追う中、不慮の交通事故に遭い死んでしまう。
ギタクに辛い思いをさせたくせに、頼るのはギタクって都合のいい人
チュー
 
この二人があの世行きの列車で護送される際、やり残したことに後悔し、
逆生(この世に戻る事)を願い出る。
ファンタジー入りました!
 
リスクを伴う逆生に管理人マヤはせっかくの天国行がダメになるかもと
諭すが、それでも二人の思いは強かったことで、実行されることに。
逆生はとんでもないことが起こるって~なんだろうね~
マヤの存在がコミカルタッチにしてるね~ラ・ミランさんだ~
びっくり
 
気が付くとヨンスはイケメンに、ギタクは美人に姿を変え舞い戻った。
何故にギタクは女に?意味・・あるはずだよね
ニヤリ
 
この世では名を明かしたたり、復讐をしてはいけないなど約束事が・・
わかった瞬間に戻されるみたいよ
 
手違いでヨンスの風貌が実在するイ・ヘジュンと同じだったため、
仕方なくマヤは本物を行方不明にし、ヨンスに彼になりきるように話す。
ヨンスが変身したヘジュンは彼が務めていたデパートの会長の隠し子だった
ことでデパートの店長として働くことに。
そこで自分が自殺扱いされ、何の保証もされてない現状に驚く。
本当は脳出血があっての転落だったみたいで、事故だけでもなかった
えーん
 
ギタクの妹ということにしたギタクはホンナンとなりソヨンの元に行く。
なるほど~男だとソヨンのそばにピッタリいられないもんね
照れ
 
夫亡き後デパートに復職したダヘを見守るヨンスは、
ヨンスに金を貸した男としてダヘの元に行き、やがて金銭に困る彼らに
付け入り?下宿人となり援助する。
苦しい言い訳だよね~まあ仕方ないか
 
ヨンスは後輩ジフンが妻ダヘと親しげにしていることを見かけ、
二人の仲を疑い、苦しむ。
自分に自信ないしね~どうして結婚してくれたのかも疑問だからね
 
ソヨンの元夫ジェグクから守ろうとマネージャーになるギタクは
ジェグクのデパートで店長となり同じくジェグクに疎んじられている
ヘジュン(ヨンス)と再会し、互いを理解し再会を喜ぶ。
男女となったことで目をくらませるってこともあるね
 
ソヨンはジェグクと組んだ元ギタクのライバル、ナ・ソクチョルの
事務所の所属となり、仕事の邪魔をし、芸能界から抹殺しようとする。
このソクチョルは過去にギタクとやりあった・・それもソヨン絡みでね
プンプン
 
結末:ネタばれあり
ヘジュンはヨンスの自殺の汚名を晴らし、ダヘらに寄り添う。
最初毛嫌いしていたダヘらもヘジュンの中にヨンスを感じ、受け入れていく。
まあうまいことどこかの映像に残ってたね~ドラマだね~)
 
そんな時娘ハンナのアレルギーから彼女がジフンの娘だとわかる。
ヨンスは理解して結婚したが、忙しさにかまけて、彼らをおざなりにし、
寂しい思いをさせていたことに気が付く。
え?ってことは結構別れてすぐにヨンスと結婚したんだ~やるな~
ショック
 
しかしそれは裏切りではなく、すでにジフンとは終わっていて、
結婚後は自分を愛していたことに気づくヨンス。
ジフンは出世の道を選んだらしい。
この人日本の歌舞伎の家の人の顔!!爆  笑
 
 
ギタクと妹が写る昔の写真から、ホンランが妹ではないと気が付く。
元恋人だったジフンはダヘの生き別れた兄を探していたことで、
ギタクが実の兄だと知る。
ダヘは探さなかったんだね~??)
 
この事がばれるとダヘの身が危ないと悟ったギタクとヨンスは
内密にするが、怪しんでいたソクチョルに知られてしまう。
だって大変な秘密を喫茶店でペラペラ周りの確認もすることなく、
話せばね~警戒心がなさすぎだよね
ムキー
 
内緒にしていたがダヘの記憶がよみがえり始め、ギタクが兄だと知る。
記憶喪失のせいで面倒になるよね~
 
ギタクの事故が仕組まれていた陰謀だと判明。
最初ジェグクが依頼した殺人教唆に見えたが、実はソクチョルが
殺した後に仕組まれていたとわかり、ソヨンは少し救われる。
レコーダーに声が録音されてたからそう思うよね~
っていうかそう思ったことは事実だけどね
えー
 
ヘジュンはソクチョルに車で轢かれ命が尽きようとしていた。
ギタクはマヤに頼んで、自分の時間を削ってヨンスに使ってほしいと頼む。
何も知らず目覚めたヨンスだったが、やがて事実を知り苦しむ。
しかしあんな堂々と何人も殺したり、襲ったりしてるソクチョルを
放置する警察は最悪だね~
チュー
 
ギタクの思いを継ぎソヨンのマネージャーになったスンジェは、
ボスとギタクを殺した犯人がソクチョルだと知ると、敵討ちの為彼を追う。
警察に通報した上に追いかけろよね~
ムキー
 
しかし逆にソクチョルに刺されてしまい瀕死の状態に・・・
ソクチョルはボスがギタクに託した財産を奪うため、
口座番号を聞き出そうと、ダヘを騙しギタクの家に呼び出す。
ここでもまた自分だけで解決しようとする・・一回殺されたのにね~)
 
意識もうろうのスンジェの元に駆け付けたギタクは、救急車を呼ぶと、
自分の屋根部屋に行き、ソクチョルと格闘する。
ここ!こここそ警察に待機させろ
ムキー
 
やりあいで屋上から転落するソクチョルの手をつかむギタクも落ちてしまうと、
そこへ駆けつけたヨンスが手を差し伸べ必死で助けようとする。
下に二人だからね~無理でしょ普通に~
プンプン
 
もういいと、ギタクは手を放し、ヨンスも力尽き二人は落下する。
しかし~見下ろすと地上で死んでいたのはソクチョルだけだった。
そりゃそうだ~もともと死人だしね~
 
ギタクはソヨンと最後のお別れをするかのように一度戻った。
そして~~
 
その後、ギタクという人間の存在が丸ごと消え、皆の記憶からも消えた。
覚えている唯一の人はヨンスだけに~
生きた形跡さえないって悲しいね~そういえば少し前ソクチョルから
奪い取ったギタクのレストランはどうなるのかな?
キョロキョロ
そうそう大体ギタクが亡くなったすぐ、簡単にソクチョルのものに
なった時点で適当だなあ~って
 
だが、ソヨンもダヘも誰かに愛されていた記憶だけは残っていた。
これは切ないわ
涙
 
ヨンスは消えた後戻るだろう本物ヘジュンの存在を思い、
今度会っても知らないふりをするからと告げ、
最後に家族そろって、ヨンスが好きだったダヘの手作りカレーを食べる。
(ヨンス亡き後作れなかったカレーを作ってね~
えーん
気が付いているようでいない・・消えてないってことは気が付いてない・・
ってことだよね
 
無人島から帰還したヘジュンは、ヨンスがしていた行動からちぐはぐな
日々に違和感を感じながらデパートに復帰。
何この漫画感!漂流って!)
 
社長の座を追われた兄ジェグクに代わってデパートを率いることに。
ジェグクも息子のために心を入れ替えたようだ。
この人悪役やると本当にぞっとする顔だね~いい人もできるだけに
ゲッソリ
 
そしてデパートでヘジュンと再会したダヘも約束通り初対面のように接する。
元々あったギタクとダヘの写真から消えたギタクの代わりに、
車に乗っていたのがヨンスだったということに気が付く・・・
昔からみんなつながっていたんだね
きらきら~)
 
おしまい
追記
とにかくコミック・・そう漫画だった。
しかし主役級の俳優をずらっと入れて贅沢な漫画だったね~
オ・ヨンスは好きだけど、今回は男が中身って事でわざとらしさが・・
まあわざとそういう風に演じてるんだろうけどね~
笑えるところもあったけど、なんかちょっと残念だった。
・・・
やっぱファンタジーが受け入れられない体質だからかな?
まあ楽しめたから、これも良し!
では~
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
キム課長 (2017 KBS 20話)
悪徳会計士だった男が仲間と出会い、正義に目覚め悪に挑むお話。
 
権力者のエゴ:あり
隠ぺい:あり
サスペンス:あり
サクセス:あり
仲間との絆:あり
裏切り:あり
どんでん返し:あり
コミカル:あり
ドロドロ:あり
家族の対立:あり
キャスト:7
総合おすすめ度
キャスト: 
~TQグループ~
経理部
課長 キム・ソンリョン:ナムグン・ミン
代理 ユン・ハギョン:ナム・サンミ
チュ部長:キム・ウォネ
イ主任:キム・ガンヒョン
ウォン・ギオク:チョ・ヒョンシク
ピン・ヒジン:リュ・ヘリン
ソン・ソンテ:キム・ソンホ
 
財務理事 ソ・ユル:ジュノ(2PM)
パク・ヒョンド会長:パク・ヨンギュ
チャン・ユソン(TQリテール代表理事):イ・イルファ
常務 チョ・ミニョン:ソ・ジョンヨン
会長息子 ミョンソク:キム・ヒョンギュ
 
オム清掃部長:ファン・ヨンヒ
 
~中央地検特捜部~
ホン・ガウン:チョン・ヘソン
ハン・ドンフン検事:チョン・ムンソン
財務管理部 コ部長:チョン・ソギョン
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
オ・グァンスク:イム・ファヨン
 
ざっくりあらすじ
汚い仕事を引き受ける金の為なら何でもする悪徳会計士の為
いつも検察に追われる身のソンリョンはそれでも何とかすり抜け、
検察も証拠不十分で彼を逮捕できないことに苛立つ。
 
ある日彼は勤め先のナイトクラブの親分を敵に回し危機に陥る。
しかしここも難なく立ち振る舞い円満解決?すると、
意を決してソウルに出、豊富な経理知識を生かし
TQグループの空いた課長の座に就く。
 
検事ソ・ユルは、意のままにならないこの世界に見切りをつけ、
逮捕できないならば、逆に自分がそちらに回り利益を得ようと
検事を辞め、今まで得た知識を売りにしTQの理事に転職する。
 
そんな時、噂の会計士ソンリョンが面接に現れると、利用できると踏み、
会社の反対を押し切り採用する。
 
経理部イ前課長は会社の横領や隠し資金に気が付き、迫まった後、
意識不明の重体で見つかり、横領の罪を着せられ自殺扱いにされていた。
その穴をソンリョンが埋めることに。
 
ソ理事は中国の投資家から巨額の投資を受けるため、ソンリョンを利用する。
しかしソンリョンは意とは逆にイ課長の妻を偶然助けたの行動から聖人と
崇められるように。
 
助けた件でイ課長の事件に裏があると気が付くソンリョン。
ここにいたらやばいことになりそうだと読んだ彼は退職を決め行動するが、
何故かことごとく裏目に出、辞められない感じに。
 
結末:ねたばれあり
最初ソンリョンを疎んじていた経理部の仲間もたまたまいろいろ解決して
いくキム課長に少しずつ仲間意識が芽生える。
 
関連会社をつぶしたい会長らはソ理事やほかの理事と組んであらゆる陰謀に出る。
始めは金さえ溜まればすぐに辞めてデンマークに移住を夢見ていたソンリョンも
次第に会社のやり方に疑問を持ち、仲間と共に戦うことに。
 
会長夫人でTQリテールの理事であるチャン理事はユン代理に協力を求め、
彼女はそれをキム課長に託した。
 
彼は迫ってくる問題を、仲間と解決していく。
 
やがてミスから捨てられた会長の息子ミョンソクが経理部に配属される。
 
バカ息子で会社のお荷物だったミョンソクは、父親の横暴振りを目の当たりにし、
傷つきキム課長に協力するというつらい決断をする。
 
捜査の為TQに潜入していたガウンは当初キム課長を追うために潜入して
いたのだが、TQで事実を見聞きするうち、ソンリョンを信じはじめ、
担当検事のハンに悪は別にあると情報を流し、先輩検事だったソ理事に目をつけていた。
 
仕えないコマは捨てる会長は、追い込まれていくと、ソ理事に罪を押し付けた。
 
散々ソ理事に嫌な思いをさせられてきたソンリョンだったが、
彼に手を差し伸べ、会長の罪を暴こうと強力を求める。
 
ハン検事らとの作戦でソ理事は潜入捜査の為検事を辞めたことにし、
逮捕を免れた。
 
彼らが手を組んだこと、ミョンソク、ハン検事らの協力、さらに
イ課長の残した証拠によりで会長の側近だったコ部長や理事、
そして会長も逮捕される。
 
裏金を死守したい会長だったが、良心を優先したミョンソクにより、
彼はスイスの口座から引き出し、TQの予備金として入金する。
 
口を割らなかった会長もソンリョンやソ理事に負け、服役。
少し協力したコ部長らは刑が軽減した。
 
会社は夫人が代表になり危機は免れ、経営陣を一層したTQ。
イ課長も回復し会社に復帰する。
 
ソ理事は引き止める代表に別れを告げ、国際弁護士に~
 
ソンリョンは会社を辞め、元いたナイトクラブの経営を再び手伝う。
今度は働く人にやさしい経営方針に変えて・・・
 
1年後~
ソ・ユルは一般公募でTQの弁護士に応募していた・・・
 
感想
大体想像は付く展開と結末だったから安心して見られた。
 
こういう会社ぐるみの悪事を暴く系のドラマはもっと暗く
ドロドロが激しいが、このドラマは何処か間が抜けていてコミカル。

憎むべき敵も会長以外はさほど悪人ではないことで、
重くなり過ぎずに見られた。
 
会長は最後までむかついたけど、ミョンソクもソ・ユルもソンリョンとの
出会いで変わって行った。
 
そうは言ってもこの二人も元々可愛いところがあった。
 
ソ理事みたいな悪役は普通嫌な奴一辺倒で描かれるが、
ここでは子供っぽくソンリョンやユ代理と接する姿が微笑ましいほどだった。
 
元々はソンリョンも悪徳で金の亡者だったのに、
ちょっとしたことがきっかけで人は変われ、更にそういう人と接することで、
また別の人が影響を受けるんだと気が付いた。
 
根っからの悪人はいないって信じたいからね~
 
ナムグン・ミンは最近勢い凄いね~爆  笑

悪役やってから、役の幅が広がったね~
昔は口数少ないニヒルな役が多かったから、最近は目を見張るわ~
びっくり
 
面白かった~~ってほどではないけど、
暗いながらにホッとできること、彼らが変わって行ったことなど
救われる内容で、想像はした内容だったが、
想定外のどんでん返しも何度もあったので楽しめたかな~って感じです。

7つけるほどはまらなかったけど、まあまあです。
それでは~~~

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シグナル (2016 tvN 16話)
無線機を通じ、現在と過去の刑事が協力し、未解決事件を
解決していくファンタジーサスペンス。
 
ファンタジー:あり
因縁:あり
陰謀&隠蔽:あり
濡れ衣:あり
信頼:あり
切ない:あり
ドキドキ:あり
サスペンス:あり
悪役の悪役度:8
キャスト:7
総合おすすめ度
スターが出てるというよりは、演技派の役者が揃い、緻密に描かれた
話を盛り上げ、引き付けさせるドラマ。おすすめです!
 
キャスト
~未解決事件専門チーム~
パク・ヘヨン:イ・ジェフン
チャ・スヒョン:キム・ヘス

キム・ゲチョル:キム・ウォネ
チョン・ホンギ(鑑識):イ・ユジュン
 
イ・ジェハン:チョ・ジヌン
 
警察庁捜査局長キム・ボムジュ:チャン・ヒョンソン
広域捜査隊 アン・チス:チョン・ヘギュン
 
オ・ユンソ:チョン・ハンビ
ファン・ウィギョン:キム・ミンギュ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ジェハンの父:イ・ムンス
キム・ユンジョン

チャン・ヨンチョル議員:ソン・ヒョンジュ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ざっくりあらすじ感想
 
子供の頃、事件に巻き込まれたせいで兄を亡くし、同級生が
誘拐犯にさらわれるのを目撃した事で心に傷を負うヘイルは
ある日捨てられた無線機から自分の名を呼ばれ交信したことで話は展開する。
偶然?いや彼の名を名指しだったから・・何か意味が
ポーン?)
 
無線機の相手は2000年に生きるイ・ジェハン刑事だった。
彼はヘイルに、彼が目撃した同級生誘拐事件の犯人とされていた白骨死体が
ある廃墟となった病院にあるという知らせを受け、事件を解決するように頼まれる。
ああ~あの時ヘヨンのメモを偶然拾ったのがジェハンで、始まりだったんだね
 
訳がわからないヘイルだったが、その現場に行き、遺体を発見する。
目撃者となったヘイルは警察のプルファイラーだった事で、その事件を
解決に導いた。
彼の奇妙な行動は人に受け入れがたいよね
てへぺろ
 
当初犯人とされた男は、真犯人に貢いでいた彼で、現場を見られた犯人は
彼を殺し、犯人に仕立て上げ15年看護婦としてのうのうと生きていたのだった。
女が犯人か~しかも彼氏を容疑者に仕立て殺すとは~
看護師の知識をそういう形で使ってはダメでしょ
プンプン?)
 
当時男性が犯人とされた際ヘイルは警察署に出向き「犯人は女だ」と
訴えると子供の言うことに誰も耳を貸さなかった。
偶然その事が描いたメモをジェハンが拾った事で、彼は操作を続けていた。
ヘヨンはそんなこと知りもしなかったんだよね~
だからあれから口を閉ざし15年もたってしまったんだね
ショボーン
 
初動捜査のミスを認めたくない警察は見ないふりをしたが、
遺体発見でやむなくユン看護婦を逮捕した。
時効までに証言を得られず、誘拐事件は罪に問えなかったが、
彼を殺した罪は一日猶予がある事を見つけ、油断した犯人から自供を得られ逮捕に。
良かった~無意味になったらやりきれないもん
涙
 
ヘイルらを止めた捜査局長キム・ボムジュはしてやられた状況に苛立つも、
彼らを葬るためにわざと未解決事件チームを発足させ、評判を落とし、
解散させる作戦に出た。
こいつが絡むとただ事でないよね~いつもこういう時悪人だし~
ムキー
 
ジェハンを慕っていたチャ・スヒョンと鑑識ホンギとゲチョルを加えた
4人でスタートした。
 
最初に着手した事件は連続婦女暴行事件だった。
その事件にはジェハンの初恋の相手が被害者となる悲しい事件。
彼ら二人の関係は、互いに被害者と何らかの関わりがあったんだね。
当時携帯が普及してたら連絡がすぐについたのにね
ショボーン
 
ヘヨンはジェハンと交信したことで、過去を変え、死んだはずの数人を
殺させずに済むが、初恋の人と死ななくていい人が犠牲になった。
あの時死んだ人が突如として生きてる・・時空間をマッハで駆け抜けた?)
 
同じ経路のバスを使っていた人が犠牲者だった事で、
バスの運転手に疑いを持ち、結局その息子が犯人だった。
捜査をいい加減にやってたんだね~当時の方が情報が新鮮なのに、
時間がたって解決するとは怠慢しかない
チュー
 
交信で犯人を見つけたジェハンが犯人を追い詰めたことで
犯人は半身不随で療養所生活を余儀なくされていた。
交信しなければこの犯人は元気だったかも~そうすれば
もっと被害を増やしたんだろうね~怖いわ
ゲッソリ~)
 
次の事件はセレブや検察トップを狙った連続大盗難事件だった。
犯人は検察庁長官の息子だった事で、圧力がかかり、ジェハンがかつて逮捕した
男を犯人に仕立て上げ逮捕したことで、偶然その時起きた大橋崩落事件で
犯人にされた男の娘が亡くなった。
逮捕時に付いてきていたからバスに乗ったんだもんね~切ない
涙
 
彼はムショにいる間、逃亡を繰り返したが、やがて諦め電気の勉強をし、
復讐を誓うと、出所後(現代)あの崩落事件で娘と一緒のバスに乗り合わせて
助かった高校生だった女を誘拐した。
同乗していた事で、近くにいた父が救ってほしいと懇願するのは
親なら仕方ないのに、恨みはそっちに行ってしまったね
えーん
 
ヘヨンらは人質が冷凍車にいる事をつかみ、場所を特定する。
見つけたスヒョンは冷凍車に乗り込むとそこに少女は居らず、
電気系統をべんきょした犯人により冷凍車は爆破する。

いち早く気が付いたヘヨンだが間に合わず、スヒョンは巻き込まれ命を落とした。
もう少し早く情報を理解していたら・・まさか死ぬなんて・
滝汗
 
辛くて落ち込むヘヨンはジェハンがあの当時犯人を捕まえれば未来は変わると気が付く。
彼らの頑張りで証拠を手にしたジェハンは検察長官の息子を逮捕した。
流石に証拠があれば隠ぺいも難しいんだね~良かった
ニコニコ
 
すると何もなかったようにスヒョンは現代に生きていた。
怖い~なんか怖い~それをヘヨンだけ覚えてるのは辛い~
ショボーン
 
嬉しいが、この事で交信により人の人生を変えてしまうことが恐ろしく
なったヘヨンは続けるべきでないとし、交信を辞める。
そりゃそうだよね~
 
結末:ネタばれあり
連続婦女暴行事件。
この事件は当時スヒョンが追い詰めた犯人で、その際彼女は恐ろしい体験を
していた。
そして現代になって犯人は再び動き出したことで、
ヘヨンらは見事なプロファイリングで犯人に逮捕に成功した。
普通にコンビニで働くうつ病の人が犯人だったね~
同じ鬱症状の人を殺していたってことは彼的には解放ってことだった
キョロキョロ?)
 
続々と見つかる白骨死体。
そしてとうとうジェハンの遺体も発見されてしまう。
探していたのに、いざ見つかれば否定できないから辛いよね
えーん
 
その事実を知りながらも交信を続けるヘヨン。
彼は子供の頃兄が逮捕された高校生団体強姦事件を洗っていた。
言えないよね~まあ彼も聞きたくないって言ってたしね
ショック
 
上司アン・チスは自分に罪を負わせたキム・ボムジュのやり方にようやく
反旗を翻し、あの事件の事実を弟であるヘヨンに教えようと呼び出す。
このアンがキムに白血病の娘の件で弱みを握られ仕方なく同僚を
殺していた犯人だったとは~
ポーン
 
ヘヨンが駆け付けると、アンは何者かに襲われ瀕死の状態だった。
発見者がヘヨンということで、彼は容疑者にされ、拘留されてしまう。
恥を知れ!なんで刑事になったんだ~ってキムに言いたい
ムキー
 
ヘヨンの言うことに疑問を感じていたスヒョンは、この時無線から
聞こえるジェハンと交信し、ようやく事態を理解し始める。
理解しがたい・・できないよね~遺骨を見たばかりだし
笑い泣き
 
ヘヨンは兄の事件の真相から兄は自殺でないと知ると、ジェハンに
必ず兄を助けてほしいと懇願される。
自殺だってすでに処理されてたしね~彼の件で一家は離れ離れになり、
ヘヨンは父に母とは別に生きることになって・・だから
彼の願いは家族もう一度揃うことだったのに~
涙
 
彼らは真犯人が議員の甥だと確信し、警察ぐるみの隠ぺいが行われていた事実を掴む。

ジェハンの上司捜査局長キム・ボムジュが絡んでいたことを知る。
酷い~襲われた人も脅されてたとはいえ、酷いよ~
えーん一番助けてくれた
人に対してすること?恨むんでもなくソヌは・・実際に検事や議員らの
有力者の子がこういうことしてたらどうしよう~
 
兄は信用できる刑事がジェハンしかいないと確信し、真犯人逮捕の
証拠となるマフラーを渡したいと連絡を取る。
キムの血痕が付いてるからね
えー
 
ジェハンは約束をするが、突然入った別の案件に出るスヒョンを案じ、
その約束を後回しにしてしまう。
え?スヒョンのせい?え?愛してたんだね~でも辛いよ
ショボーン
 
身体に傷を負い入院となったジェハンに兄の声は届かなかった。
その隙にキム・ボムジュは兄の元に行き、ジェハンに頼まれたと嘘をつき
証拠を奪うと、彼を殺し去った。
そう言われればジェハンが頼んだって思うよね~くそ~
ムキー
 
ジェハンが気が付きけがの身で駆け付けると、すでに兄は殺害された後だった。
仮にも刑事だよ?どういう神経でこういうことできる
えー?)
 
後悔で辛いジェハンだったが、証拠のマフラーを探し求めることに成功する。
良く見つけてくれたね~っていうかキムも捨てるなんて馬鹿~
ニヤリ
しかしこの証拠を手にしたことで、あのジェハン殺害に繋がってしまうんだよね
 
スヒョンがジェハンに無線で遺棄現場である場所に行かないように話す。
彼を救う唯一の手段だった。
ヘヨンは拘束されてるからね~スヒョンは彼を愛し待っていたから
このチャンスに掛けたかったんだよね
えーん
 
スヒョンが襲われる・・しかし銃弾は庇ったヘヨンに。

彼は重体の身体で病院へ搬送される中、無線を手に取り、彼を助けようと・・
 
ジェハンは行くだろうと読んで、対策を立てあの現場に警察を連れて向かい、
アンの発砲は未然に防げ、ジェハンは助かった。
まさか
びっくり描かれていないけど、これがヘヨンの入れ知恵の成果かな?)
 
ジェハンの活躍で、亡き兄は冤罪を勝ち取り、キム・ボムジュらは逮捕に・・
家族がこれでまた一つになったね~時間はかかったけど、
兄の意思は引き継がれたね
えーん~そしてヘヨンの過去も寂しいものにならず、
変わってたね‥意識があるから変わったことが分かったね
 
そして彼は失敗の責任を問われ殺され、ジェハンは犯人に仕立て上げられる。
(あいつらはただでは転ばないな~どこまでもするんだ~)
 
2015年
状況が変わったことで、未解決事件班なども存在は消えていたが、
ヘヨンとスヒョンは覚えていた。
 
ジェハンは生きていると捜索を続けていた。
そしてある療養所にいると確信を持つ。
裏で操っていたあの議員はジェハンの存在を疎んじ、彼らも探していた。
そして彼らも居場所にたどり着く・・・
ジェハンは追われる身となり、姿を隠して生きていたんだね~
で?結局この結末どう理解すべき?ジェハン殺されたの?
ガーン
15年身を隠してたのに今となって?)
 
追記
なかなか骨太なドラマだった。

韓国のこういう系のドラマは内容が浅かったり、大雑把だったりして
辻褄が合わなかったりするものが多いんだけど、これはしっかりした台本で
見てて引き込まれてしまった。
 
面白かった~
 
ただラストが・・・
結局あの悪の温床である議員らはのうのうと生きてて、まだ悪さをしてる
現状に苛立ちを覚えた。
 
でもこれが現実・・そんな気もして、こういう最後にしたんだろう。
そしてまだまだヘヨンらはそんな悪と戦うってことなのかな?
結局人間はどんな時も悪は生まれ、決していえることがない・・これが生きる
ってことだろう。綺麗ごとでなく、人が集まれば悪が生まれるからね~
すっきり終われなかったんだけど、悔しいけど受け入れます。
それでは~

 

シグナル DVD-BOX1 シグナル DVD-BOX1
13,500円
Amazon

 

シグナル DVD-BOX2 シグナル DVD-BOX2
13,500円
Amazon

 

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
むやみに切なく (2016 KBS 20話)
辛い運命のいたずらでで余儀なく別れることになった二人が、トップスターと
映像プロデューサーとして再会し繰り広げる切ないラブストーリー。
 
因縁:あり
陰謀&隠蔽:あり
金持ちのエゴ:あり
絡み合う血縁関係:あり
生き別れ:あり
病:あり
事故&事件:あり
泣ける:あり
切ない:あり
苛立ち:あり
キャスト:6
総合おすすめ度
 
キャスト
シン・ジュニョン:キム・ウビン
 ノ・ウル:ペ・スジ
 
チェ・ジテ:イム・ジュファン
ユン・ジョンウン:イム・ジュウン
 
~ジュニョン関連~
ジュニョン母ヨンオク:チン・ギョン
チャン・ジョンシク:チェ・ムソン
 
~ジュニョン事務所~
ナムグン代表:パク・スヨン
チャン・グギョンマネージャー:チョン・スギョ
 
~ウル家族~
弟 ジク:イ・ソウォン
父:イ・ウォンジョン
友人 コ・ナリ:キム・ミニョン
 
~ジテ家族~
義父 チェ・ヒョンジュン(ジュニョン実父):ユ・オソン
母 ウンス:チョン・ソンギョン
妹 ハル:リュ・ウォン
 
ジョンウン父 ユン・ソンホ:チョン・ドンファン
 
ざっくりあらすじ感想
 
高校時代友人が好きだったことで告白できずに思いを隠したウル。
あるあるだね~性格がいいと言い出せなくてね
涙
 
ある日屋台を営む父がひき逃げに遭い、ウルは犯人を必死で探すが、
犯人であるジョンウンの父が権力者であったため、当時検事だった
ヒョンジュンは出世のために偽装し別の犯人が逮捕される。
金持ちは偽犯人を金で買うんだよね~そんなこと現実にもある
ムキー
 
目撃者だったウルは、突然の展開に不信感を抱き、ねつ造されたと知り、
検事に詰め寄るも、力のないウルは成すすべがなかった。
相手は国会議員と検事のタッグ・・ねつ造は簡単だもんね。
悔しいね~あってはならない事だけど実際はないことを祈りたい
きらきら
 
そして父は亡くなった。
 
再会したジュニョンはウルの悲しみを知り、協力するが、
ねつ造した検事が実の父だと知ると、ウルの持つ証拠である資料を奪うため、
ひったくりを装う。
しかし運悪くその反動でウルは車に轢かれ重体に・・・
まさか狙ってる人がほかにもいたなんてね~
滝汗
暮らしたこともない、自分の存在も知らない父でも守りたいのかね~)
 
愛するウルを自分のせいで事故に合わせた事でジュニョンは苦しむことに・・
そりゃそうでしょ~苦しんでることを一番知って人がね・・
えーん
もっと考えてほしかった‥検事になろうとしてるのならなおさら
 
ジュニョンは実の父がヒョンジュンで立派な検事だと、恨むより尊敬し、
勉学に励み、同じく検事の道を歩もうとしていただけに、
その虚像が崩れ、検事の夢は捨て、スターになる。
まあ資格はないよね~
ショボーン
 
好きだったが相手の将来を思いやむなく別れシングルマザーになったジュニョンの
母は一次試験に受かりながら突如タレントになった息子を許せず、絶縁状態に。
母は何も知らなからね~裏切りとしか思わないよね~
笑い泣き
しかし頑なね~そんな長い間

トップスターになったジュニョンだったが、脳の病に侵され、余命僅かだとわかる。
そんな時彼のドキュメント作成の話が出、担当にウルを指名する。
世間は狭い
チュー。ウルも同じような業界でね~父の事もあってだろうけど
 
嫌な別れをし、再会しても知らないふりをするジュニョンに
不信感を持つウルは最初引き受けなかったが、結局受けることに・・
ジュニョンの素振りが理解できなかったけど、好きだったからね~)
 
結末:ねたばれあり
孤児となり弟を育てるため必死で働くウルを足長オジサン的にジテが助ける。
この人不思議だった
 
実はジテはあのヒョンジュンの義理の息子だった。
彼は過去のウルを事故にあわせた件に関わっていた事を悔い、懺悔もあって
正体を隠しウル姉弟を助けていた。
なるほど~あの現場にいたんだ~
ポーンしかもその件でウルを好きだという
ジュニョンをたしなめてたね~権利ないってね
~)
 
ウルはそんなジテに恋するが、彼には婚約者ジョンウンがいたことで振られてしまう。
まじウルが好きでジョンウンをうざく思ってるかと・・)
 
婚約者ジョンウンが起こした事故で父を奪った事を知るジテは、
その件でも懺悔する必要があった。
しかしこの女凄い図太いね~
ムキー死んだと聞かされてなかったけど、
人を轢いてあの態度で生きていられるなんてね~
 
やがてジテの正体が明らかになり、ヒョンジュンもジュニョンが自分の息子だと知る。
自分の将来のために引いたヨンオクを嫌いで別れてないから思い出すよね。
それで昔ジュニョンが話しかけてきたんだと悟ったね
ガーン
 
ジテの母は何もかも承知で夫の息子ジュニョンを追い詰め、
ジテがウルにかかわってる事でウルにも手を出した。
この母が最強の悪だったね
ムキー~ヨンオクがいるってことも承知でね~
しかも再婚の身で、権力を自分なら与えられるっていうおごりでね~
しかし若すぎないか
?)
 
互いが惹かれあってることを認め、付き合うことになったウルとジュニョン
だったが陰謀や病に邪魔され別れる事に。
スキャンダルを認めた事務所の意図することも知らないから、
ジュニョンもスターと言えども好きにできないのね~まあそうすれば
ウルを世間から守れるからね~切ないね~残り少ない時間なのに
えーん・)
 
ジュニョンはウルを守るために別れ、犯人ジョンウンに自白させるために
彼女に近づき、残った時間をウルの為に使うことにしたのだった。
これが狙いだったのか~)
 
人気タレントとの恋の噂などで傷つくウルだったが、
彼が残した動画から自分を思っていることを知り、再び彼の元に行く。
受け入れないジュニョンが病で余命いくばくもないと知ったウルは
強引に彼の元に。
ジュニョンが今度は頑なだったね~この頃は病状が悪化し、
ウルにその姿を見せたくなかったしね~
涙
 
ジュニョンが撮ったジョンウンの告白動画でヒョンジュンは危機に・・
自分の身を守るためヒョンジュンは悪行を重ねるが、実の息子が
病でもう時間がない事やヨンオクの思いを知り、自ら事件を暴き、
議員を辞職する。
真実を知ったウルが運転する車がヒョンジュンに向かったことで
殺人未遂罪にまで問うとこまで行ってたからね~図々しさも半端ない
チュー
 
ジュニョンはウルと残りの時間過ごす家を建て、そこでつかの間の時間を
ウルと過ごし亡くなった。
難病の主人公のドラマの最後って決まってこれ~
チュー
病院でなく好きな人の腕の中で眠るように~ってね。
亡くなる最後まで苦しませたくないって気持ちはわかるけど、
現実は甘くないからちょっと引いてしまう・・ひねくれた私です
ショボーン
 
その前に母の店で働くジョンシクに母を託し・・・
やっと母は息子と手を取り合えたのにね~悔やむね~
もっと早く認めてあげるべきだったと‥引きずるね~
 
数年後~1年?
ウルはジュニョンを胸に元気に仕事をしていた。
まあこういうエンディングしかないよね
チュー
 
おしまい
追記
むやみに切なかったのは、彼らの因縁と病の為だったね~おねがい
正直ウビンさんが好みのタイプでないのでさほどはまれなかったけど、
現在彼が本当に病で苦しんでいる現状が心を痛めた。
涙
その時すでに知っていたならば辛かっただろうから・・・
 
ペ・スジは好きな女優。顔も可愛いけど普通ぽくて共感が持てる。照れ
そして何より戸田恵梨香に似てるからより親しみが・・
アイドルなのにいい演技すると思う。
整形っぽくないのもいい。爆  笑
 
とにかく四方八方に辛い状況に囲まれた二人は切なく、
もう少し幸せな時をあげたかった。
 
映像が音楽が素敵できれいなドラマだったとも言えるかも~
 
それではウビンさんの回復を願ってアンニョン!おねがい
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ビッグマン」 (2014 KBS 16話)
臓器提供の為に、御曹司の息子にされた男の波乱万丈成り上がり物語。
富豪のエゴ:あり
格差:あり
サスペンス:あり
陰謀:あり
恋愛:あり
裏切り:あり
仲間愛:あり
抗争:あり
下剋上:あり
信じる力:あり
苛立ち:あり
気持ち悪さ:あり
わざとらしさ:あり
キャスト:6
総合おすすめ度:4
 
キャスト: 
キム・ジヒョク:カン・ジファン 
ソ・ミラ:イ・ダヒ 
 
~ヒョンソングループ~カン家ドンソク家族
ドンソク:チェ・ダニエル 
妹 ジナ:チョン・ソミン 
父(会長):オム・ヒョソプ 
母:チャ・ファヨン 
ト秘書室長:ハン・サンジン
 
クォンチーム長:クォン・ヘヒョ
キム労組委員長:イ・デヨン 
 
~ジヒョク仲間~
ホン・ダルスク:ソン・オクスク 
弟分 ヤン・テソプ:チャン・テソン 
 
チョ・ファス:チャン・ハンソン 
ミラの妹ヘラ:ユン・ソヒ 
ミラ母:キム・ミギョン 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ざっくりあらすじ感想
ヒョンソンの御曹司ドンソクは恋人ミラにプロポーズを決めるも、
交通事故に遭い意識不明の重体に。
 
元々心臓病を患ていたドンソクは一刻も早く移植手術を受ける必要があった。
しかしドナーを待つには時間がかかる。
 
そこで富豪の利点である金でものを言わせ、ドンソクの心臓に適合する男孤児の
ジヒョクに白羽の矢を立てると、チンピラに襲わせ、脳死状態になったジヒョクが
隠し子だったと装って、ドナーにさせようと目論む。
身内でないと即ドナーにできないらしいけど、金持ちはなんでも偽造して
やってしまうんだね~怖いわ~
 
しかし手術目前でジヒョクは生還し、目論見は消えてしまう。
めちゃ恐ろしいわ~目覚めなかったら殺されておしまいって~)
 
息子と偽造したことで、世間にこの件が公になると、会長はやむなくジヒョクを
息子として受け入れ、適当に処理しようと考えた。
 
孤児で親の愛を知らなかったジヒョクはこの事態に喜び、ヒョンソンに入社する。
ドンソク母は受け入れがたい状況に苛立つが、仕方なく演技を続ける。

そしてドンソクは海外に渡り何とか助かる。
それなら最初からそうすればいいじゃんね
えー
 
冷たい家族と裏腹に妹ジナはもともと顔見知りだったジヒョクが
気になり始める。
(見栄だけの家族と違い、本音で生きるジヒョクに興味持つのもわかるね
 
秘書のト室長はジヒョクに経営不振のヒョンソン流通の社長をさせ、
汚職を装い、潰す作戦を会長と練る。
追い払えるし、潰せるし一石二鳥ってか
ニヤリ?)
 
ジヒョクは世話をしてくれたミラを社長の特権を行使し、流通に呼び寄せる。
完全に彼は惹かれてたね~)
 
ミラは偶然ジヒョクは偽物でドンソクを救うためのものだと知っていたので、
心が痛かったが、仕事でジヒョクを助け、次第に仲良くなり、
会社を立て直していく。
そんな頃ドンソクは帰国する。
なんなの~それなら最初からジヒョクを巻き込む必要あった
プンプン?)
 
結末:ネタばれあり
ジヒョクを兄と慕う振りをしながら、敵視するドンソクはミラとジヒョクの
関係を知ると苛立ち、陰謀を急ぎ、彼に罪を着せ刑務所に送る。
このジヒョクのお人よしさは逆に苛立つわ~ばかっぽすぎ
ゲロー
 
ミラに事実を知っていたこと。裏切っていたことを知ったジヒョクはショックを
受ける。
ドンソクへの愛は上昇志向からだけだった?
元はドンソクいい人だったのかな
びっくり
 
そんな時この事態をあやしんだジナが真相を知り、父らに反旗を翻し、
彼を釈放させると、家を出る。
彼女の存在が彼を救った~取られた家も買ってくれたしね~)
 
釈放され、海外に行かせ、ジナは後を追う予定だったが、ドンソクらは
彼をチンピラを雇って襲い、海に投げ捨てた。
真昼間にね~マジか?って思うよ。ちんけな安っぽいドラマの
王道だね
ニヤリ~)
 
しかしジヒョクは生きて戻り、復讐を誓う。
親の愛に飢えていたからね~子供の様だったもんね~
でも疑問市場のお母さんで十分では
?)
 
チーム長はデソプと力を合わせ、社長時代市場の人とした約束を果たそうと
躍起になる。
途中チーム長がまさかの裏切りをしたけどね~
それでも許すことで、人望を得るってやつね
 
ジヒョクに裏切られたと思っていた市場の仲間の自殺などもあったが、
彼の真摯な態度は響き、ドンソクらの息の根を止める。
証拠確保にミラが活躍したね~でもそれがかつて愛した人を
逆に救う事になると思うよ~逮捕が裏切りってことはないから
ニヤリ
 
ドンソクは再び病に倒れ、悪人らは逮捕。
再びジヒョクは社長になり、仲間を救う。
おしまい
 
追記
まあ~陳腐~三流極まりない!
プンプン
今まで見たカン・ジファンのドラマで最低の出来!笑い泣き
 
なんでこんなドラマ選んだ~オファーがこういうのしかない?
「お金の化身」も「モンスター」も似たような感じ~なんでこう作品選びがダメ?
ゲッソリ
 
昔は「がんばれクムスン」「京城スキャンダル」「快刀ホンギルドン」と
みんなよかったのに~何?最近は~
ショック
 
特にこのドラマの彼はお調子者が過ぎる!!!
ちょっと成功したら、貧乏なくせに「今夜はおごりだ!」って大盤振る舞い。
しかもその演技がわざとらしい~
馬鹿っぽい!
滝汗
 
ずーっと好きだったのに~涙
好きが終わった・・・・笑い泣き
見なきゃよかった~
評判良くなかった「コーヒーハウス」も「私に嘘をついてみて」もそれなりに
私は好きだったのに~~
えーん

俳優さんへ
作品選びの目も大切ですよ~って強く言いたいですね。
ああがっかり
それでは~~
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「おバカちゃん注意報」 (2013 SBS 133話)
親同士の再婚で家族になったコン家の馬鹿すぎるほどのお人よし長男が
家族のために奮闘しながら、それぞれの恋物語を描いた作品。
親の愛:あり
波乱万丈:あり
裏切り:あり
事件:あり
服役:あり
格差愛:あり
秘密:あり
嫉妬:あり
トラウマ:あり
悲しい過去:あり
泣ける:あり
苛立ち:あり
キャスト:7
総合おすすめ度
 
キャスト
コン・ジュンス:イム・ジュファン
ナ・ドヒ:カン・ソラ
 
~ジュンスの家族~
義妹 ジンジュ:カン・ビョル
義弟 ヒョンソク:チェ・テジュン
異母妹 ナリ:ソリョン
義母:シン・エラ
父:アン・ネサン
 
ジンジュ恋人 カン・チョルス:ヒョヌ
チョルす母:ソン・オクスク
父の友人 マンドル:キム・ハギュン
 
~ドヒ家族~BY経営一族
祖父(会長):イ・スンジェ
父(社長) イルピョン:チョン・ホジン
継母 ユ・ジョンヨン:ユン・ソナ
叔母 インスク:イ・イルファ
叔父(専務) テイル:キム・イル
いとこ シン・ジュヨン:シン・ソユル
 
~BY~
弁護士 イ・ハンソ:キム・ヨンフン
デザイナー:キム・インジュ:マヤ
イ・ミナ:ソン・ハユン
 
~検察~
チャ・テギ:キム・テヒ
 
ざっくりあらすじ感想
前科がある父と天使のような看護師が互いに子連れ結婚をする。
1話を見てないのでどうしてこんなカップルになったか不思議で・・
 
今まで父しかいなかったジュンスにとって、天使のような母は
憧れで、それだけで幸せだった。
こういう母はきっとダメ男を更生させるために生まれて来てるから
こういう男を好きになるんだろうね
~)
 
裕福だった家にかけ貧しく前科のある父と息子が家族になることで
戸惑いが隠せないジンジュとヒョンソクは心を開かなかった。
なんかいい加減そうな金もない父じゃあね~~
ニヤリ
 
それでも母を中心に明るく、楽しい思い出もできた。
母はなんでも前向きで明るく太陽みたいだね
晴れ
 
そんなある日、家族のためにと父は最後に賭けに出た。
前科のある人の知人の勧め・・悪い予感は確実だよね~
まあすぐに信じてしまうピュアさんってことだろうけど
チュー
 
しかしやはりそれは騙され、借金を抱える羽目になり、一家は全財産を失う。
警察から逃れるため逃走した父は車に轢かれ亡き人に。
あらら「池中玄太」の逆版?)
 
母には新しい命があった事で、看護師は続けられず、一家は路頭に迷い、
ボロいアパートからやり直すことに。
これは子供たち苛立つよね~ママがいい人なのも理解できないよね
末の妹ナリが誕生すると、もともと持病だった母の体調は悪化する。
元気そうだったのにね
 
妹や弟には邪魔者扱いされるジュンスだったが、子供ながら仕事を
掛け持ちし、家計を助けるが、ある日家族のためにと家を出る。
小学生だよね?学校も行けてない・・しかしなんでこんなにいい子かな
びっくり?)
 
父の友人マンドラと偽薬を売ったりしたお金を仕送りするジュンスを
案じる母は、居所をつかむと彼を迎えに行った。
このシーンは泣けたね~まじついていきたくなる母だね
えーん
 
しかしこの際の帰りのバスの中で母は息絶えてしまう。
ええ?こんなことになったらますますジュンスを妹らは受け入れないじゃん
ガーン!)
 
数年後~
 
ジュンスはナリを背負ってアルバイトを掛け持ちし、妹らを育てていた。
彼の直向きな家族への愛は伝わりつつあった。
心を閉ざした憎らしい妹らをずっと面倒見ていたんだね~泣ける
えーん
 
高校生ヒョンソクが学校一の優秀な生徒だったことで、議員の息子で
いつも二番手のギョンテは嫉妬し彼にいつも喧嘩を吹っ掛けた。
貧しく親もなく、ろくに勉強もしてないのに負けるのは
権力者には屈辱だよね・・でも辛いね親がいないだけでここまで馬鹿にされて
プンプン
 
そんなある日兄ジュンスの働くバイト先のカラオケに友人と
来ていたヒョンソクはギョンテに絡まれ、外で乱闘になる。
この日カラオケに行かなきゃよかったね
ショボーン
 
駆け付けた時、去り行くヒョンソクと倒れ崩れる息絶えたギョンテを見た
ジュンスはヒョンソクの仕業と思い込みとっさに偽装し、自分が殺したと
警察に捕まる。
まあ喧嘩もこれまでだ~ってヒョンソクは去ったんだろうけど、
その後で兄が殺したってのはよく納得したよね?
えー
しかもあの釘の後は完全に正当防衛なのに・・なんであんな暗い中ジュンスは
偽造出来て、離れていたとこにいたナリが見えたのかな?
びっくり
 
恋人になったカラオケ店の店主ジュンヨンはこの信じがたい状況に
戸惑い、面会に行くも、真実を誰にも話さないジュンスは懲役12年の刑に。
本人がやったと認めても、不審な点があれば検事が検証するよね?
これが権力者の力で葬られたってことだよね・
・)
 
兄弟たちもジュンスに背を向け、彼らは離れ離れに。
 
10年後~
 
模範囚だったジュンスは出所し、愛する家族を遠くから見守った。
ナリは少しの間施設暮らしを余儀なくされてた時期があったみたい。
ジンジュが美容師となって家計を支え家まで用意したんだね~
えーん
 
しかし前科者のジュンスには仕事はなく、刑務所で身に着けた洋裁の特技を生かし、
東大門でアルバイトを始める。
紹介とかはないんだ~だからみんな再犯してしまうんだ 
えー
 
そして洋服店のナ社長に見初められ、過去を隠しアルバイトをすることに。
彼の才能で店は繁盛し、ナ社長はトラウマを抱えるジュンスの治療や、
運転免許に付き合うなど、彼をサポートし始める。
母をバスで亡くしたことで乗り物恐怖症と女性恐怖症になってた
 
そしてナ社長からドヒ・・恋人へと変わっていった。
前科のある自分にドヒは勿体ないと一度は引くジュンスだが結局恋人に。
しかしずっと店の床とかで寝てた割に清潔だったね~風呂も行ける
時間がなかった割に~
ニヤリ
 
兄妹たちにもジュンスの愛は徐々に伝わり、頼れる兄貴へと変わっていった。
最初ジンジュにこっぴどく拒まれてね~それでも彼女の美容院の窓を磨いたり、
ナリの演劇学校の費用を出したり~この頃はドヒよりまだ完全家族だった
えーん
 
結末:ネタばれあり
 
ジュンスはドヒの紹介でドヒの働くBYのデザイナーになる。
するとドヒを出世のために狙うイ弁護士からジュンスは執拗な嫌がらせを受ける。
もう~この人きもいんですけど~主役よりアップのシーンが多い。
しかも演技が一本調で見ていられない。こんな薄気味悪い人始めて
ゲロー
 
イ弁護士は権威を使って、ドヒらの仕事を妨害するも、
彼らはその都度乗り越えて、絆を深くした。
わかりやすい買収でね~足が付きそうなことを弁護士のくせに
やってのける馬鹿さ加減は、こいつが主人公のおバカさんかと思うほど
 
やがてドヒの継母がジュニョンはジュンスに会うと、
昔ジュンスと付き合っていたことがバレ、ドヒ父は背を向けた。
えええ???付き合うってただ心が惹かれて、付き合いましょうって
事になっただけだよ~何もしてないし・・しかも十代のジュンスの
初恋だよ~子供と変わらない嫁をめとったお前の方がよっぽどキモイ~
滝汗
しかし世間狭いわ~
 
そしてイ弁護士の仕掛けた罠でジュンスの過去が祖父らの耳にも入り、
ジュンスは会社を辞める。
父の提案でね~転勤後アフリカにドヒに内緒で行けとか~
金持ちのこの横柄さはどうにかならな
プンプン?)
 
ドヒを諦めたイ弁護士は今度はジュヨンの母の強い希望で、婚約することに。
ジュヨンはヒョンソクに惹かれていたが、ママには逆らえないと、
結婚と恋愛を切り離していたことで、恋人になれたのに、秘密を握られた
イ弁護士からヒョンソクを守るために別れた。
一度離れた後の2度目でヒョンソクは相当辛いけど、何かあるんでは~
って検事なら勘ぐれ
えー~)
 
ジンジュはチョルスとの間に子供ができるも、母に認められず苦しむが、
その後母が破産し財産を失い家を追われたことで、手を指しのべ、
家に二人を引き取った事で母も変わっていき幸せになっていった。
驚くべき図々しい母!とうに傾いた家計を引きずって、セレブのジュヨンの
母との付き合いに興じて金を散財すれば尽きるよね~
ムキー
なのに転がり込んだジンジュの家でも大きな顔してね~
買い物依存症は治らず、結婚後もこれでジンジュに痛手を負わせたから、
チョルスは離婚も視野に入れてね~可哀そうだった
えーん
 
過去のギョンテ殺害事件に疑問を持ったヒョンソクは自ら調べ始める。
すると過去を封印してきたナリが記憶を取り戻し、あの日の事が明らかに・・
しかし5歳位のナリの記憶すごくない?しかも暗闇、離れた場所・・
 
ジュンスの選んだ道は間違いだった。
ヒョンソクを守る為だったが、結局は真実を明かすべきだった。
自分だけが苦しむだけで済まなくなる想像はあの時なかったよね~
ショボーン
でもヒョンソクを思うと、自分のせいで服役した事実は辛いって考える
べきだったし、兄が殺人犯のレッテルは家族を苦しめるって思わなかった
?)
 
ドヒの父は元々社長にはなりたくなかった。
後継者にドヒが頭角を現したこともあり、父は夫婦で海外に留学に旅立った。
そして社長はジュヨンの父に。
どうやらユン・ソナのスケジュールの関係みたい・・
「六龍が飛ぶ」かな?こういうのが韓ドラ多いよね~
チュー
 
裁判がやり直されジュンスの罪はなくなったが、ヒョンソクの心に
後悔の念が募り、検事を辞め、工事現場で働き始める。
兄がかつてしていた仕事で家族を支えてくれたことを身をもって
体験したかったのかな?罪はなくても汚れた身で人は裁けないって
わからなくもないね
 
そこにジュヨンが通いつめ心を揺さぶる。
彼に付き合った兄が現場から落下しそうになるのを助けたことで何かが
吹っ切れ、人のためになる弁護士になることを決める。
痛みがだれよりわかるからいいけど、無料で引き受けるって
やっぱり綺麗ごとで無理では
ニヤリ?)
 
ヒョンソクを受け入れなかったジュヨン母もようやく認め、
更に潔白になったことでドヒの祖父もジュンスを認めた。
接してて人となりを理解しても前科って重いんだね
えーん~)
 
二人は新製品の発売も成功し、結婚も成し遂げた。
いちゃつきぶりが大の大人なのにわざとらしいわ
ちゅー~)
 
イ弁護士はそれでも手を緩めず、株価を操作し、ジュヨンの母から
不正に奪った株で大株主になると、BYに打撃を与える情報を流したりした。
もう引けないから意地でやってるんだろうね~彼も
親に虐げられて育ったから愛を知らない・・でも許されないよね
ムキー
 
株主総会で、会長解任案が可決し、イ弁護士が買ったかと思われたが、
ヒョンソクらの活躍でイ弁護士逮捕にこぎつけ、イ弁護士との戦いは終わった。
乗っ取るより、刑務所暮らしを避ける方が賢明なのに欲がね~
まあ彼の場合は金銭欲よりも、親に認めて貰いたいだけの欲だったね
 
ジュンスはBYを辞め、もともとしたかった東大門の仕事に戻った。
え?下積みのそこから始めるの
ウインク?)
 
3年後~

ジンジュの息子は3歳になり、ドヒには娘、ジュヨンも妊娠中、
ナリは映画で賞も取り、コン家は幸せに包まれた。
いろいろ試練はあったけど、あの母と父が再婚してくれた
お陰で今ある幸せを噛み締められるね
 
そしてかつてジュンスが一番幸せだったあの日々。
庭での水のかけっこをヒョンソクの家であの日のように楽しむ・・・
ラストにこのシーン持ってきたか~なるほど
おねがい
 
おしまい。
 
追記
もしあの時正当防衛を求めてたらもしかして変わってたかもだけど、
服役したことで、ヒョンソクも検事になったし、ジュンスもより
守りたい気持ちにもなったかも。
 
でもジュンスっていい人かもだけど、結構独りよがりの人だよね~
あの時は対話が無理だったから仕方ないかもだけど・・
 
おバカちゃん…なるほどあほすぎる純情と行動だからね~
そんな馬鹿な~って見ながらも相当泣かされた。
 
ジュヨンの目に涙を浮かべる演技は、相当なものだった。
意外と彼女が一番演技がうまかった気もします。
 
ジュンスは笑顔がいいけど、ちょっとわざとらしかった・・
まあそれでも最後にジュンスが独りよがりだったことを悟って、
これからはみんなで生きようとする姿勢はよかった。
なんか幸せってやっぱ家族から始まるんだ~ああいう風景が幸せの絵って感じ。ラブ
もっと家族ってことを大切にすればよかったな~って思った。
 
それでは~
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「我が家のハニーポット」 (2015-2016 KBS 129話)
生き別れた家族と再会したボムが産みの母の作った伝統酒の会社を
守るため家族で奮闘する物語。
生き別れ&出生の秘密:あり
陰謀&策略:あり
狭い社会:あり
嫉妬:あり
DNAが受け継ぐ才能:あり
家族の確執:あり
大人のエゴ:あり
欲望:あり
キャスト:3
総合おすすめ度:4
伝統を守るホームドラマシリーズ的なもの。
「大切に育てた娘ハナ」=味噌
「明日もスンり」=醤油
「キムチ~不朽の名作~」キムチ
「私はチャン・ポリ」=民族衣装  みたいな~どれもなり澄ましや生き別れ
 
キャスト
オ・ボム(チェ・パラン):ソン・ジウン(secret)
カン・マル:イ・ジェジュン
 
チェ家~ボム家族(伝統酒プンギルダン経営)
母 ペ・グッキ:チェ・ミョンギル
父 ジョンギ:イ・ヨンハ
姉 アラン:ソ・イアン
祖母 :キム・ヨンリム
叔母 ジョンミ:アン・ソニョン/イ・ヒョンギョン

~アン家~テホ家族
テホ:キム・ミンス
父 ギルス:キム・ユソク
母:チェ・スリン
弟 スホ:ヨ・フンミン
 
~ボムの育ての家族~
母ミダル:ユ・ヘリ
叔父 ペダル:チェ・デチョル
妹 カウル:ユ・ヨンミ
 
~マル一家~
異父妹 ジア:チュ・ダヨン
 
ざっくりあらすじ感想
利き酒ができる舌を持つボムは伝統酒の会社プンギルダンの面接に落ち、
現場で働く父の事故死と辛い日々。
前日利き酒の練習し過ぎが災いって~この向かう途中マルと出会ったね
 
実は父はマルの母をかばって亡くなり、二人には因縁が。
マルの母はやり手だったけど、借金を隠してたって意味が後で
効いてくるんだね~
 
亡き父の残した遺品から、ボムは貰われっ子で、
幼いころ行方不明になったプンギルダンの社長の次女パランだった。
でたー伝統家に生き別れた家族ありパターン
ゲッソリ
 
パランは社長秘書ギルスが犯した裏切りの現場を目撃したことで、
ギルスによって故意に捨てられた過去があったから、ギルスはボムの
養父と接触しても、事実を伏せ、社長を騙し続けていた。
イケシャアシャアと社長の僕の振りをしてね~あれだけ家族が
探してても窓口がここだから見つかりっこない。
そんなに案じてるならこの母がもっと彼に頼らず動くよね~普通
ニヤリ
 
マルは母亡き後、母の莫大な借金から全財産を奪われ、養父と妹と
ボムの養母の店の物置で暮らしていた。
タクシー乗り合わせという偶然の出会いなど縁あってこうなった。
こういうのが俗にいう運命ってのですね
ニヤリ
 
養父の母と叔母はこの生活に耐えられず、養父の戸籍上の妻の家に逃げ込む。
図々しにもほどがある。
ムキー行方不明になったことでぎくしゃくした夫婦、
夫はその間に浮気し、子供まで儲け(マルの妹)マルの母に養ってもらって
いたのに、マル母が亡くなると、何十年ぶりに元嫁のところに
いくら戸籍はそのままだと言えもどってくるって正気の沙汰とは思えない
ゲロー
 
その後才能が認められプンギルダンで働くことになり、マルとも同僚になって
いたボムを姉もギルスもボムがパランだと知っていながら隠ぺいする。
妹探しで自分をないがしろにした~っていい大人が~
親に対する愛を求めすぎる傾向が韓ドラにあり
ニヤリ
 
姉アランは婚約者でギルスの息子テホがボムに心奪われたことで嫉妬し、
ギルスと組んで策略を繰り返す。
このテホ~お前が愛すると余計にボムが苦しむんだよ
プンプン!)
 
しかし結局ボムがパランだと判明する。
この時にギルスを疑えよ
ムキー!)
 
養母は夫亡き後稼ぎ頭のボムを失うことは危機だと、グッキに無理難題を要求。
 
結末:ネタばれあり
アランは結局戻ったテホと結婚し、ギルスとの絆を強め、母を断罪し、
罪を着せ、社長の座から追い出し、財産も奪う。
実の娘なのに?パランに嫉妬って~ありえない
チュー
 
家も失くしたグッキはその頃家に戻っていた夫と姑,小姑と共に
ボロ屋に引っ越す。
小姑がボムの養母の弟ペダルと結婚したことで、姑もなぜがミダルの家に。
ややこしい~結婚で3件が親戚になったからややこしい~
ポーン
 
ボムはマルと交際するが、マルの育ての父でボムの実父(ややこしい)や
養母、実母に反対される。
自分の子供となると話が変わる!っこれってマジ親のエゴ!
ムキー
育ての子で一番保証できる相手なのに何よね~大人が信じられなくなるでしょ?)
 
結局二人の愛を受け入れ、ミダルはボムの母であり、姑、ジョンギは
ボムの実父であり、舅・・に。
どっちを優先してもややこしい~韓ドラ史上一番ややこしい
プンプン
 
社長になったギルスのグッキへの猛攻は続き、ことあるごとに邪魔をする。
この人のやってる事軽薄過ぎない?ばれるのなんて簡単でしょ?)
 
やがてアランは母への思いから、舅ギルスを監視し、会社を取り戻そうと
し始める。
なるほど・・・テホのボム愛とかもここにつながるってことね。
ギルスを信用させるためのプロローグね~
ニヤリ
 
父の横暴にテホは何度も苦言を呈すが、受け入れないギルス。
親なのに情けないよね~恥ずかしくないの
えー
 
そんな時ミダルと再婚したマルの実父が実は成功者で大株主になり、
ギルスにものを申すようになり、グッキは本部長として復帰し酒作りを
再開し、乾杯酒を完成させる。
すぐに口コミで評判とか、海外まで受注があるって‥やりすぎよ
ガーン
 
そんな時グッキの末期がんが判明。
隠して仕事を続けるが、味覚障害などが出て絶体絶命の危機をボムらが救う。
なんか馬鹿っぽい展開なんだよね
チーン
 
グッキの名前の付いた乾杯酒を自分の名前に変えてしまったギルスだったが、
アランの見つけた証拠などから危機に陥る。
信用させたまでいいが、証拠を家に置いとく?で、舅が勝手に部屋に入って
漁るの許す
滝汗
 
マルの父の助けもあって酵母研究所設立の為、所長にグッキが就任する。
カン会長は金があるのに、ペダルに冷蔵庫は買わないんだ
爆  笑
 
するとギルスはあろうことか警察へ向かうアランを襲わせ、
事故に遭い瀕死のアランから証拠を奪うと置き去りにした。
ええ?まさか死んで移植してあげるの?って思ったら、
提供者になれなくさせる展開だったなんて・
プンプン
 
ドライブレコーダーなどからギルスの罪は暴かれ、彼は逃亡者に。
そしてグッキは社長に返り咲く。
移植しか助かる方法がないグッキは事故でアランからの提供ができなくなり、
更に妊娠が判明したボムからも無理となった。
凄いタイミング~なんか生まれてくる子もかわいそう
ショボーン
 
そんな時ギルスが適合したことがわかると、今までの罪を許してくれた
グッキに提供しようと、自首を待ってもらおうとした。
あなたを許すわ~って娘を二度も殺されかけて?特にアランのは酷いのに
目
 
しかし時すでに遅し。もう移植はできる状態ではなかった。
なんなの~気を持たせてこの展開は・・)
 
家族で出かけた旅行先で息を引き取った。
ドラマの最後はいつも綺麗だけど、苦しむよね実際は老衰でもない限り
涙
 
1年後~
 
出所したギルスは酒の発酵に必要なものを田舎で妻と作り、
プンギルダンに提供していた。
ありがち~確かほかの伝統系もそんなのあったな~
酵母研究所は完成し、グッキの肖像画が飾られていた。
プンギルダンの社長にはマルの父が・・・
そしてボムは子供を産み、亡き母の意思を継ぎプンギルダンに~
おしまい
 
追記
大体の伝統ものと似たり寄ったりで、後継者争い、陰謀、血縁者いきなり
登場で才能発揮!って感じなんだけど、この手のドラマはヒロイン支える
彼の存在が結構描かれ、ドキドキがあり、気になるもの。
なのにこのドラマ~~~~ガーン
マルとの恋愛はあるものの、簡単に描いてて、深い愛とか全くない。
しかもそのマルの存在自体が小さい。
チュー
この辺がなんか腑に落ちない。プンプン
いつの間にか~いつの間にか~~~って感じで丁寧さが微塵もない。

その割におじさんおばさんの関係のありがちなどうでもいい恋愛は
結構な割合で描かれてる。
ゲロー

このペダル役の役者さんはいつも姪っ子、甥っ子の叔母さんと結婚する。
親戚間の結婚を良しとしない民族にあって、逆にドラマはこの感じが
多いのも不思議です。

それだけ出会いはみな少ないってことを言いたい?
とにかく、キャストも話も三流でどうして平均視聴率25%もあったね~
日々ドラマは展開が遅いので、ご飯を見ながらなどのながら見で
視聴率稼ぐんだろうね~
 
だから結構いい作品だったのに~ってのが一桁視聴率ってのは多く、
じっくり腰を据えて見るしかない緻密な話はこうなるんだな~って気もします。
口笛
視聴率がいいからって見始める事私はあるんですが、
それは自分の目で吟味して見ないといけないな~って思います。
時間がもったいないからね。
 
それでは~~~
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「運勢ロマンス」 (2016 MBC 16話)
自分の悪運の為に寝たきりになった妹を救うには「寅年の男と
一夜を共にすること」だと占い師に言われたボニが目を付けた男性を
本当に愛してしまい奔走する物語。
辛い過去:あり
思い込み:あり
占いにかける思い:あり
四角関係:あり
サクセス:あり
トラウマ:あり
波乱万丈:あり
笑える:あり
可愛さ:あり
キャスト:6
総合おすすめ度:6
 
キャスト
シム・ボニ:ファン・ジョンウム
チェ・スホ:リュ・ジュンヨル
エイミー:イ・チョンア
ゲーリー(チェ・ゴヌク):イ・スヒョク
 
ボム妹 ボラ:キム・ジミン
 
~ジェジェファクトリー~
筆頭株主 ハン・リャンハ:チョン・サンフン
イ・ダリム:イ・チョヒ
 
~スホの家族~
父:キ・ジュボン
母:ナ・ヨンヒ

ウォン・テヘ:キム・サンホ
アン・ヨンイル:チョン・インギ
 
ざっくりあらすじ
両親を亡くし、たった一人の妹まで交通事故で意識不明の寝たきりに
なってしまい自分の運勢が悪いせいだと思い込むボニ。
 
ある日占い師に「寅年の男と一夜を共にすることで、妹が回復する」と言われ、
必死で寅年男を探す。
 
優秀なプログラマーであるボニは以前ジェジェの試験を受けるも、
妹の事で就職できなくなった過去から、そこで務める友人ダリムに誘われるも
躊躇する。
 
しかしジェジェの社長スホが寅年だと知り、就職を決め彼に迫る。
この事態にスホはボニを変人だと思い、引く。
 
ボニは自分の考えた新ゲームの主人公に選ばれたテニスプレイヤーゲーリーが
幼馴染のゴヌクと気が付かなかった。
 
ゲーリーはボニに言い寄るも妹の為だけに生きるボニは取り合わなかった。
 
やがてスホはボニの行動の真相を知り、彼女の事を知っていった事で
惹かれていく。

そして運勢なんて関係ないとボニに話す。
 
偶然一夜を過ごしたボニに吉報が~(ただ一緒にいただけ)
妹のボラに回復の兆しが表れた。
 
その事をスホも自分の事のように喜び、病院にも足を運ぶ。
 
結末:ネタばれあり
スホに真剣になってしまったボニに占い師は「本当の恋にすると、今度は
彼が不幸になる」的な事を言う。
 
関係ないというスホとラブラブなボニ。
 
だが~ボニのゲームが発売前に情報漏洩し、乗っ取られてしまう。
そこでスホは責任を取り、会社を辞め、賠償金の為に全財産を失う。
 
その事件に、ボニが紹介したおじさんが関わっていた事を知ったボニは
自分のせいでスホが不幸になったと思い込む。
 
距離を置くボニだったが、引き返せないほど恋してしまった二人は
一緒にいる道を選ぼうと~
 
その矢先~ボニを助けようとしてスホが車に轢かれてしまう。
やはりこれは自分の運勢のせいだ~とボニは家を引き払い、
妹を転院させ姿を消す。
 
1年後?
元優秀なプログラマーであったチキン店のおじさんと新会社を
作り、あのゲーリーのゲームを調整し、再販売させたスホ。
(そうとう昔の事でしょ?おじさん勉強続けてた?)
 
再び光が見え始めた。
 
忘れようとしてもスホの面影を行く先々で見てしまうボニ。
結局二人は忘れられない仲だった。
 
ボラは意識を取り戻し、車椅子で行動できるまでに回復していた。
ボラはスホを訪ね、ボニを頼みに行く。
 
ようやく素直に前を向いたボニの前にスホが・・・・
 
おしまい
 
感想
寅年の男探しの場面が面白かった~ニコ
 
最初スホ役のリュ・ジュンヨルの顔にどうしても気持ちが乗らなかったが、
その合間に「応答せよ1988」を見たせいで・・そうそれだけで、
突然このドラマも面白くなってしまったから不思議ね~
照れ
 
彼の変な顔も嫌じゃなくなってたニヤリ
 
なんでも占いに頼る韓国ならではのドラマだけど、
そのせいで面白いってのも確かにある。
 
ファン・ジョンウムはこちらもまた顔が好みでないけど、
この人はやっぱうまいんだよね~シリアスもコミカルも・・・
ニコニコ

だから結局彼女のドラマは面白くて見てしまうんだろうね。
 
ライバル役のエイミーとかも憎めない可愛い存在だったこともも
このドラマを重くせずに見られる要素だね。
きらきら
そうそうこのエイミーが見終わるまでイ・チョンアとは気が付かなかった~~~ゲッソリ
きれいになったね~「オオカミの誘惑」のあの子だね~滝汗
一時期ブスになったな~って嘆いてたのにね~
この人矢部美穂に顔が似てるけど、そのせいか声もそっくり!びっくり
…まだ信じられない~あのイ・チョンアだよね~面影はあるけど・・

それは友人役のダリムにも言えるけどね~ニヤリ
そうそうスホの両親もよかったね~ウシシ
 
主人公が好みの男だったら最高だったかもだけど、できる天才がイケメンじゃないから
かえってこれはよかった気もします。
チュー
 
内容的には想像がつくラブコメだけどね。
 
悪い奴が出てこないドラマは疲れないのでいい。
なんか終わってみたら可愛いドラマだった。
きらきら
 
それでは~
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。