Career Doctor野津卓也の「賢者のキャリア」

Career Doctor野津卓也の「賢者のキャリア」

《自分らしさ》を活かして、社会に価値を提供し続けられる「ライフキャリア構築」のヒントを紹介しています


本ブログの記事は,個人情報の保護により、内容を変えている場合があります。



Career Identity Inc.は「会社を辞めても一生困らない次世代キャリア構築」のお手伝いをしています。キャリアについてのご相談、セミナー・講演会の講師依頼などは→ Career Identity Inc.まで

Career Doctor野津卓也の無料ニュースレターのご登録は→コチラ

Career Identity Inc.のfacebook page→コチラ

Career Doctor野津卓也のfacebook→コチラ

Career Doctor野津卓也のtwitter→コチラ

拙著「キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる(東洋経済新報社)」の巻末にありますキャリアノートワーク集を無料でダウンロードできます。詳しくは→コチラ

テーマ:

お元気ですか? 

Career Doctorの野津卓也です。 

 

18日に起こった大阪の地震は、なんと私が住んでいる高槻市が 震源地でした。 

 

今まで経験がしたことがない凄い揺れで、 本当にビックリしましたね。

 

 今回、お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表すると同時に、被災された方々の一日も早い復興を祈念致します。 

 

私の家族は全員無事で、破損したのは 庭の植木鉢ぐらいだったのは、とても幸いでした。 

 

地震が起こった時、私は自室で仕事をしていたのですが、

「こりゃ半端ない地震やな!」と感じたとたんに、 

壁面書棚の本がドドドーっと雪崩のように降ってきたのには

正直参りました(その光景は圧巻でしたが)。 

 

でもまあ、ちょうど、本を整理しようと思ってたので、

都合がよかったかな(ポジティブに考えないとね)。 


 

また、通勤電車に閉じ込められていた娘さんを帰宅難民から

救出すべく、往復6時間も車を運転しましたよ。 

途中で予期せぬ交通規制と牛歩のような渋滞が大変でしたね。

 

クライエントを初め、多くの読者の皆様から安否やお気遣いの メッセージを頂き、誠にありがとうございます。 

 

さすがに、地震当日のセッションは、キャンセルをさせて 頂きましたが、今は通常通りの業務をしていますのでご安心ください。 

 

でも、まだ余震が断続的に続いていますので、引き続き注意が必要ではありますね。 

 

今回の地震で教訓になったこともあれば、予め想定して準備を

していたことが功を奏した こともありました。 

 

特に私は、クライエントに、将来「キャリア難民」にならないよう、危機管理をしっかりするように 日々アドバイスをしている立場ですので、 私なりに地震や災害対策についても、備えをするようにはしています。 

 

例えば、過去の地震や災害の状況をみていて、

水害や土砂崩れがあるような場所には家を建てないとか。 

老後のことを考えて坂があるところに家を建てないとか。 

これって結構、家を建てるときの基本だと思います。 

 

また、過去の地震でライフライン(電気、ガス、水道など) の復旧が一番早いのは「電気」であることを発見し、

万が一を考えて、家を「オール電化」にしました。

 

 今回の地震では、3日経っても未だガスの復旧ができていませんが、我が家は停電もなく料理をすることができていることは有り難かったですね。 

 

水は万が一を考えてウォーターサーバーを取り入れ、水のストックは常に1ヵ月分備蓄してますし、また食料も缶詰を中心にストックしているので、 焦って水や食料を買い込む必要もなかったです。 

 

私の住んでいる場所は、たまたま幸い断水がなく、 電気でいつでもお風呂にも入れたことはラッキーでした。 

 

こういったことは対岸の火事ではなく、自分にいつ降り掛かるか分かりません。 

 

テレビなどで焦って水や食料を取り合っている人の 映像を見たりすると、 ライフキャリアと同じく、何かが起こってから慌てるのではなく、

日頃からの心構えと備えが非常に 重要だと改めて思いました。 

 

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------

「『キャリア難民』にならないための無料メール講座」

「キャリア難民」にならないために、

本質的なライフキャリア構築の考え方を学ぶ

10回シリーズの無料メール講座を配信中。

詳細は→コチラ

 

ブログランキング応援のクリックを、よろしくお願い致します。

 

人気ブログランキングへ

=====================================

Career Identity Inc.は「会社を辞めても一生困らない

ライフキャリアの核と構造」を構築するお手伝いをしています。

 

ご相談、セミナー・講演会の講師依頼などは → 

Career Identity Inc.まで

Career Doctor野津卓也の無料ニュースレターのご登録は

コチラ

Career Identity Inc.のfacebook page→コチラ

Career Doctor野津卓也のfacebook→コチラ

Career Doctor野津卓也のtwitter→コチラ

拙著「キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる

(東洋経済新報社)」の巻末にありますキャリアノートワーク集

を無料でダウンロードできます。詳しくは→コチラ


テーマ:

お元気ですか? Career Doctorの野津卓也です。 

 

前回のメッセージで書いたように我が国では 「人生100年時代」となりました。 

 

これは、拙著「キャリアノートで会社を辞めても 一生困らない人になる(東洋経済新報社)」でも提唱している通り、 

 

今までのような定年まで働くではなく、 定年後も働くことを前提とした「長期的なライフキャリア」の構築が必須になってきた ということです。 

 

まず、今まで当たり前とされてきた 旧いキャリアの考え方から、「人生100年時代」に適合する新しいキャリアの考え方にシフトする 必要があります。 

 

今までのキャリアの考え方は、 例えば、学校を卒業したら組織や会社に入り、組織や会社の都合で与えられた仕事を 定年までこなし、定年後は年金で生活する (余生)という考え方でした。 

 

この考え方では、定年までその組織や会社から 与えられる仕事をこなすということから、 

 

キャリアの視点が《 あなた⇔組織・会社》の ように、組織内や会社内でしか見えていませんでした。 

 

また、何よりも組織や会社の都合でキャリアが 決まり、組織や会社から貰う給料の多寡であなたの人生が決まってしまうという、極めて従属的なキャリア でした。 

 

それでは、「人生100年時代」においては、本質的なキャリアをどのように定義すればよいので しょうか? 

 

1つ目には、今までの定年まで働くといった ワークキャリアの考え方から、「 あなたが望む人生を実現させるためのライフキャリア」と いう考え方にシフトすることが必要です。 

 

人は誰もが幸せになりたい、望む人生を全うしたい、

と思っています。 

 

私もそうですし、あなたも間違いなくそうでしょう! 

 

ですから、キャリアとは、「 あなたが望む人生 (ライフ)を実現させるためのプロセス」であり、 ワークキャリアではなく、「ライフキャリア」という 考え方になります。 

 

「ライフキャリア」は、あなたが望む人生と 直結しているかどうかが重要になります。 

 

2つめの考え方は、「ライフキャリアとは、あなたの才能を最大限に発揮し、人や社会と価値交換する ためのプロセス」であるという視点です。 

 

ライフキャリアの視点を組織内、会社内で 終らせるのではなく、その先の《社会の課題》 に向ける」ということです。 

 

そもそも、仕事とはあなたの才能を最大限に 発揮して、何かの課題や問題を解決するために 存在します。 

 

その課題解決をどの時代でも、絶えず「人や社会の 課題解決」という視点で役に立つライフキャリアを 構築していくことです。 

 

すなわち、《 あなた⇔組織・会社⇔人・社会》という 視点がこれからのライフキャリアの考え方の基本です。 

 

組織や会社が社会に存在する目的は、人や社会に役に立つ技術・製品・サービスを提供するためです。 

 

しかし、組織や会社で働いていると目先のことしか 目に入らないようになってしまい、人や社会のニーズ から遅れた組織や会社では、リストラの対象になって しまいます。 

 

しかし、ライフキャリアの視点や構築を、常に「人や社会の ニーズ(課題解決)」に適合させていれば、リストラに遭う ことはありませんし、定年後にも仕事がなくて困ることは ありません。 

 

「人や社会のニーズ(課題解決)」に必要なポータブルスキルを、 時代の変化とともにしっかりと習得できているからです。 

 

ライフキャリアとは、あなたの才能を長期的なスパンで 最大限に発揮しながら、人や社会と価値を交換していく、 ということなのです。 

 

まとめますと、「人生100年時代」のライフキャリアとは、 

「 あなたが望む人生を実現させるためのプロセス」と、 

「 あなたの才能を最大限に発揮し、人や社会と 

価値交換するためのプロセス」である、ということです。 

 

我が国も少子高齢化や長寿社会が進み、社会制度の見直しや、 産業構造の変化、それを取り巻く会社もM&Aやリストラを 断行しつつあります。 

 

そして、なによりも私たち一人ひとりが自分の人生や ライフキャリアについて、真剣に考えて取組んで いかなくては、いずれ「キャリア難民」になって しまいます。 

 

人生100年時代に適合する本質的なキャリアにシフトしましょう。

 

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------

「『キャリア難民』にならないための無料メール講座」

「キャリア難民」にならないために、

本質的なライフキャリア構築の考え方を学ぶ

10回シリーズの無料メール講座を配信中。

詳細は→コチラ

 

ブログランキング応援のクリックを、よろしくお願い致します。

 

人気ブログランキングへ

=====================================

Career Identity Inc.は「会社を辞めても一生困らない

ライフキャリアの核と構造」を構築するお手伝いをしています。

 

ご相談、セミナー・講演会の講師依頼などは → 

Career Identity Inc.まで

Career Doctor野津卓也の無料ニュースレターのご登録は

コチラ

Career Identity Inc.のfacebook page→コチラ

Career Doctor野津卓也のfacebook→コチラ

Career Doctor野津卓也のtwitter→コチラ

拙著「キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる

(東洋経済新報社)」の巻末にありますキャリアノートワーク集

を無料でダウンロードできます。詳しくは→コチラ


テーマ:

お元気ですか? 
Career Doctorの野津卓也です。 

「人生100年」といわれる時代になりました。 


特に、我が国は世界でも有数の長寿国なので、 
人生100年に準じた人生設計やライフキャリアを 
考える必要がでてきました。 

政府も昨年に「人生100年時代構想会議」を 
発足させて、我が国の人材の強化を目的として、 
生涯を通して「仕事」ができるように、 
継続的に学習し技能を身につける「社会人 
基礎力の強化」を提唱しています。 

また、公的年金の受給時期を70歳までの選択制に 
するなど(これは受給時期を遅らせるための政策)、 
長寿社会に向けて健康であるならば生涯現役で 
「仕事」をするよよう働きかけています。 

私は約8年前に、拙著「キャリアノートで会社を 
辞めても一生困らない人になる(東洋経済新報社)」で、 

我が国の長寿社会に備えて、定年後も社会と

価値交換できる 長期的なライフキャリア構築

(キャリア3.0)の必要性を 唱えてきましたが、 

ようやく、長期的な人生設計やライフキャリアを考える 
機運が高まってきたのか、と思っています。 

健康であれば、生涯現役で「仕事」ができることは、 
とても素晴らしいことだと思います。 

なぜなら、「仕事」を通して人や社会に役に立っている 
ことや自身が社会の課題を解決するためになくてはならない 
存在であることが実感できるからです。 

ライフキャリアの本質は、自分が望む人生と直結し、 
才能や自分らしさを活かして、継続的に社会と価値交換する 
ために生涯取組むべきプロセスです。 

このライフキャリアをつくり上げていくプロセスで重要な 
「仕事」が、人や社会に役に立っていることが実感できない

と、 モチベーションはもちろん、やっていてもむなしく 
なるだけだと思うのです。 

私は、「仕事をどのように考えるか=仕事観」がライフ 
キャリアを構築する上で、非常に重要だと思っています。 

では、多くの人はどのような「仕事観」を持っているので 
しょうか。 あなたは、いかがですか?


数年前に私が参加した大学の同窓会で、 

恩師や同窓生に近況報告をした時のことです。 

 

定年を間近に控えた多くの男性陣からでてくる近況は、

「孫」「介護」「病気」の話ばかりで夢がありません。

そして、ほとんどが定年後は仕事を辞めるといいます。

私はというと、「今まで培ってきた知識、スキル、

経験をフルに活かし、 人生の集大成として、人や社会に

役に立つライフキャリア構築する支援の仕事をやって

いきたい」というと、 

子育てが終わって何か仕事をやりたいと思っている

女性陣からは 拍手があったのですが、男性陣から

ブーイングが起こりました。 

「お前、そんなに仕事が好きなの?」 
「ありえない、オレは定年後は仕事をしたくない」etc.。 

どうも、男性陣にとって「仕事」とは、やりたくもない 
「仕事」を組織から与えられ、給料のために我慢して

こなす。 

それが「仕事」だと思っているようでした。 

中には、家のローンや子供の教育費などで、 
嫌な仕事を定年後もやらざるを得ない、 
という同窓生も多数いました。 

実はこのような「仕事観」を持っている人は、 
多いのではないか、と思います。 

私も、昔はそう思ってた時期がありました。 

しかし、長期的なライフキャリアを考えるように 
なってからは、「仕事」に対する考え方が変わって 
きました。 

「仕事」とは組織から与えられるという発想ではなく、 
「仕事」を通して、自分自身が社会と繋がり、 
人や社会に役に立っていることが実感できること。 

「仕事」とは組織に貢献するだけではなく、 
その先の人や社会が持つ課題を解決するためにある、 
ということ。 

そして、何よりも「仕事」を通して、定年後も人や

社会に 役に立つために必要な専門知識、スキル、経験を 
習得できるということです。 

このように考えるようになってからは、 
「仕事」をやらされ感ではなく、自分が人や社会に

役に立っていると主体的に取組むようになりましたし、 

流行や目先ではなく、長期的なスタンスで人や社会の 
役に立つ「仕事」を選択するようになり、それが 
私自身の「ライフキャリア」に繋がっていきました。 

そして、その過程で、より人や社会に役に立てる 
「仕事」をするために(キャリアビジョンに向かって)、

自然と転職やフリーランスの 道を選ぶようになりました。 

人生100年時代になり、 あなたにとって 
「仕事とは何か」について、一度じっくりと 
考えてみてはいかがでしょうか。 

3月24日(土)に東京で第24回「21世紀型キャリア 
デザインセミナー」を開催します。 


人生100年時代に備えて、自分が望む人生の実現と定年後も

社会と価値交換するために、本質的な「ライフキャリア構築」

のヒントを学びます。

セミナーの詳細は
→ https://www.career-identity.com/セミナー/ 
 

今回も最後までお読み頂き、ありがとう

ございます。

----------------------------------------------------------------

「『キャリア難民』にならないための無料メール講座」

「キャリア難民」にならないために、

本質的なライフキャリア構築の考え方を学ぶ

10回シリーズの無料メール講座を配信中。

詳細は→コチラ

 

ブログランキング応援のクリックを、

よろしくお願い致します。

 

人気ブログランキングへ

=====================================

Career Identity Inc.は「会社を辞めても一生困らない

ライフキャリアの核と構造」を構築するお手伝いをしています。

 

ご相談、セミナー・講演会の講師依頼などは → 

Career Identity Inc.まで

Career Doctor野津卓也の無料ニュースレターのご登録は

コチラ

Career Identity Inc.のfacebook page→コチラ

Career Doctor野津卓也のfacebook→コチラ

Career Doctor野津卓也のtwitter→コチラ

拙著「キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる

(東洋経済新報社)」の巻末にありますキャリアノートワーク集

を無料でダウンロードできます。詳しくは→コチラ

 


テーマ:

============================================

第24回「21世紀型キャリアデザインセミナー(東京)」開催。

「人生100年時代」を生き抜くために、ライフキャリア構築のヒントを学びます。

詳細は→コチラ

============================================

お元気ですか?
キャリアドクターの野津卓也です。

3月1日から2018年度卒の就職活動が

本格的にスタートしました。

既に、大学のキャリアセンターなどでは、

本質的な「就職」ではなく、

 

会社に入ることを目的とする「就社」のための

キャリア支援やテクニックを中心としたセミナー

(業界研究、ES講座、面接講座etc.)などが、

定期的に開催されていると思います。

少子化がますます進んでいく中、
高校生やその親御に、表面的に

知名度が高い企業に就社できる強い大学

であることを強くアピールするために、

どの大学でも一人でも多くの学生を、

知名度が高く有名企業に入れることに

必死です。


しかし、私はそんな企業に入ることが
目的の就活テクニックよりも、

就活生や就活前の学生には、もっと重要な

ことを考えてほしいと願っています。

それは、「社会人になる、ということは

どういうことか?」ということです。

これは、単に辞書的な意味ではなく、


「社会人になるということは、
学生時代とは違って、どのようなことを

期待されたり、どのような責任を負うことが
求められたりするのか」


そして、「自分自身はどのような社会人に
なりたいのか」
について、


自分なりに、しっかりと考えて定義をして

ほしいのです。


学校を卒業して組織や企業で働く
ということが「社会人になる」という
一般的な解釈。

 

つまり、
「就社(組織・企業に入る)=社会人になる」

ということではなく、


「社会人になるということは、
どういうことなのか」

「働くとはどういうことなのか」

「就職の『職』とは、どういうことか」

「組織や企業に属するとは、
どういうことなのか」

「企業と社会との関係は、
どのようなことなのか」


というように、

「自分自身と組織や企業、

そして、その先の社会との関係性」

について考えた上で、

「自分自身はどのような社会人を
目指すのか」について、

就活生にはしっかりと考えてほしい

のです。

 

そして、社会に出る前に、その考えを

明確にしていくプロセスこそが

「本質的な就活」なのです。


昨今、多くの企業がコンプライアンスに
反する経営や企業活動で社会から信用を
失い、

企業イメージを損ねてしまっている
ケースが多々見受けられます。

これも「企業とは社会の公器である」
という認識が足りていない証拠です。

よく「企業は人なり」と言いますが、
その人である一人ひとりがしっかりと
社会人としての定義を持ち、目指す
社会人像を明確にすれば、

けっして、そのような不祥事は
起こらないのです。

そして、自分自身が社会人としての定義や

信念があれば、

けっして、そのような反社会的企業や
ブラック企業を選ばないのです。

これは、目指す社会人像が希薄で
あるから、選ぶ組織や企業を間違って
しまっているのです。

一人ひとりが「社会人としてのあり方」を
理解していれば、

社会の公器でない企業は淘汰されて、
この世からブラック企業はなくなります。

また苦労して入った企業にも関わらず
3年以内に約30%が離職しています。

これは、近視眼的な目先の情報で企業を
選んでしまっていることが大きな要因です。

「人生100年時代」となり、ライフキャリアの

構築は、より長期的なスタンスで考えていく

必要があります。

そして、企業内という視野の狭い領域では
なく、

自分の才能を発揮して、社会とどのような

役割や価値を交換できるのかを、生涯に亘って

考えて実践していくことが、

本質的なライフキャリア教育の根幹であり、

「21世紀型キャリアモデル=キャリア3.0」
なのです。


就活では、内定をとることは非常に

重要なことです。


しかし、内定という目先の結果を
求めるのではなく、

そして、社会人になるということは、
企業人になるイコールではなく、

『一人の人間として、企業の先にある
社会にどのような使命や役割を
果たせるのか』
について、

じっくりと考えながら、是非とも充実した
就活をしてほしいと願っています。

 

今回も最後までお読み頂き、ありがとう

ございます。

----------------------------------------------------------------

「『キャリア難民』にならないための無料メール講座」

「キャリア難民」にならないために、

本質的なライフキャリア構築の考え方を学ぶ

10回シリーズの無料メール講座を配信中。

詳細は→コチラ

 

ブログランキング応援のクリックを、

よろしくお願い致します。

 

人気ブログランキングへ

=====================================

Career Identity Inc.は「会社を辞めても一生困らない

ライフキャリアの核と構造」を構築するお手伝いをしています。

 

ご相談、セミナー・講演会の講師依頼などは → 

Career Identity Inc.まで

Career Doctor野津卓也の無料ニュースレターのご登録は

コチラ

Career Identity Inc.のfacebook page→コチラ

Career Doctor野津卓也のfacebook→コチラ

Career Doctor野津卓也のtwitter→コチラ

拙著「キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる

(東洋経済新報社)」の巻末にありますキャリアノートワーク集

を無料でダウンロードできます。詳しくは→コチラ


テーマ:

============================================

3月24日(土)第24回「21世紀型キャリアデザインセミナー(東京)」を開催。

詳細は→コチラ

============================================

お元気ですか?

Carrre Doctorの野津卓也です。

 

ようやく春を感じる頃になってきました。

 

私は、「Kyoto演劇フェスティバル」に参加した公演が、先月に無事に終わり、ホッとしているところです。

 

今回の公演はシェイクスピアの作品(しかも主役)で、いつもの小劇場ではなく400人収容のホールでの演技とギターの演奏でしたので、私にとっては難易度の高い挑戦でした。

 

体調が芳しくない時もありましたが、稽古は休まずにやりきって、満足いく本番ができてよかったです。

 

終った数日間は、充実感よりも虚脱感が強くボ〜としてましたね。次回は別の劇団で11月公演に向けて稽古をしていきます。

 

今回はライフキャリア構築で重要な、「仕事の本質」」に

ついてお話しをしようと思います。 

唐突ですが、「あなたにとって、今やっている仕事の意味は

何ですか?」 と聞かれたら、どのように回答しますか?

「そんなの生活費を稼ぐためでしょ」という回答は多いと

思います。 

しかし、「生活費を稼ぐため」というのは大切ではありますが、 
どうも、その仕事をやらされている感を強く感じます。 

もう少し、「仕事の本質」を考えてみましょう。 

そもそも、何のために(その)仕事はあるのでしょうか? 

私は「仕事とは、人を幸せにし、社会をより良くするために
存在する」
と考えています。 

世の中には、人を幸せにし、社会をより良くするために、 
非常に多くの課題が存在しています。 

その課題を解決するために、人や組織、会社はミッション 
やビジョンを掲げ、それを果たすために仕事が存在すると 
考えています。 


よって、「ミッションやビジョンと連動していない仕事は、 
実は本質ではない」
ということです。 

あなたがやっている仕事は、組織や会社のミッションやビジョン、 
そして経営計画などと、しっかりと繋がっているかどうかを検証 
しなくてはいけません。 

組織や会社で日々忙しく仕事で追われていますと、目先しか 
見えなくなり、何のためにこの仕事をやっているのかが 
分からなくなるので注意が必要です。 


中には、「うちにはミッションもビジョンもない」 
という組織や会社があると思います。 

その場合は、「売上や利益を上げることが目的」の 
経営なので、その歯車になっていることを重々承知 
する必要があると同時に、果たしてモチベーションに 
繋がるかも検証することも必要かと思います。 

また、ミッションやビジョンは組織や会社だけではなく、 
個人にも必要です。 


ライフキャリアとは、自身が掲げるミッションとビジョン 
を実現させるプロセスだがらです。 


ライフキャリア構築における仕事の意味は、 
その仕事を通して、定年後も人や社会に役に立つ 
ポータブルスキル(社会と価値交換できるスキル)を 
習得することです。 


この仕事を通して、組織の成長と個人の成長の両方を 
うまく発揮させていくことが、これからの個人と 
企業内キャリア支援の要諦になると考えています。 

こういうことを考えずに、与えられる仕事をこなして、 
気がつけば社会と価値交換できないスキルや経験しか習得 
出来ていないというケースは避けないといけません。 

さもなければ「キャリア難民」になってしまいますね。 

今、 あなたがやっている仕事が、将来のライフキャリアに 
繋がっているかどうかが一番のポイントです。 

今回もご購読ありがとうございます。 

----------------------------------------------------------------

「『キャリア難民』にならないための無料メール講座」

「キャリア難民」にならないために、

本質的なライフキャリア構築の考え方を学ぶ

10回シリーズの無料メール講座を配信中。

詳細は→コチラ

 

ブログランキング応援のクリックを、

よろしくお願い致します。

 

人気ブログランキングへ

=====================================

Career Identity Inc.は「会社を辞めても一生困らない

ライフキャリアの核と構造」を構築するお手伝いをしています。

 

ご相談、セミナー・講演会の講師依頼などは → 

Career Identity Inc.まで

Career Doctor野津卓也の無料ニュースレターのご登録は

コチラ

Career Identity Inc.のfacebook page→コチラ

Career Doctor野津卓也のfacebook→コチラ

Career Doctor野津卓也のtwitter→コチラ

拙著「キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる

(東洋経済新報社)」の巻末にありますキャリアノートワーク集

を無料でダウンロードできます。詳しくは→コチラ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス