Brighton 鎌倉 Essential selection

テーマ:

ミニメタボのメタルハイギア、取り組み始めてから2年半以上かかってしまいましたが…ラインナップ間近です☆

 

「メタルハイギア」の開発理由は「純正ギア」が樹脂製で耐久性がなさすぎるというところからでした(METABO SXE400は、推奨用途が木工サンダーでもあり、それをプチ改造して研磨ポリッシャーとして使用していますので、そもそもの使用方法がイレギュラーでもあります)

METABO SXE400改 をハードに使用されるプロショップでは1年に1回のギア交換ペースです(同じペースで昇圧トランスを使用している場合はさらに期間が縮まると思います)

下記画像:純正ギア

 

そこで「ギアを金属にしたら交換しなくても良くなるんじゃないか」という事と、以前より「METABO SXE400 のパワーアップはできないか?」と、多くのお問い合わせを頂いていた事もあり「どうせ一から作るなら」という事で、ギア比も変更する事にしました^^

 

当初、コストの問題から「海外制作」で進めていましたが。。

試作クオリティの問題で製造工場の選定に時間がかかり…

最終的に某国役人のつてで「曰く国際シェアを持つ精密なRCパーツ製造工場」での試作が始まりました

 

クオリティは最終的に煮詰めるとして、まずはギア比のセッティングからスタート

 

50%近く進んだところで、試作の中からベースとなるプロトタイプを選定したところ

「そのデザインのギアは作るのが難しい、大量生産で全てのクオリティを100%にする自信がない」「もう片方のデザインなら問題ない」と工場サイドからのお知らせ。。

ここまで、それなりの時間と開発費がかかっているのに…「なぜ、出来ない試作品を提供したんだ〜!」みたいな^^;

それに加えて、複数回の試作品作成とCADデータの権利についても当初の契約を守らないという(おい!^^;)

自分がイメージしているコストでのギアのワンオフ製造は簡単ではない事は理解していたけど。。

どうしても「理想のギア形状とギア比」は変更したくないという思いと、その前に約束を守れない相手とは取引できないという事で某国の海外製造計画は一旦打ち切りました

約束を守らないマイナスイメージと、正直に先方が自社の技術力について自己申告した事についてのプラスイメージで相殺笑(仕方ないなって事で)

50%程まで進んだデザインでの開発も全て白紙に戻しました(煮詰めて完成しても、50%までの未完成デザインのCADデータで某国から偽ギアを作られるリスクがあったので^^;)

 

という事で

こうなったら、日本製でリベンジだー!

と意気込んだものの…

国内で調べ尽くして問い合わせする限り、理想のデザインとサイズのギア形状を作れる会社がなかなか見つからない^^;(コストの問題ではなく、技術と設備の問題)

徐々にリサーチ範囲を下町工場から広げて…

やっと見つけました

その会社は飛行機のパーツを製造している大きな会社

なんか大げさな事になってきたな、みたいな笑

さっそく出向き、打ち合わせすると…

出来なくはないが、コストが当初の4倍に><

指定しているギア形状でなければそのコストは半分に出来ると…

悩みましたが、やはり妥協はしたくない…

スポット加工で、どうしても他で出来ない技術的なところに絞って試作をお願いする事に

で、出来た試作品のクオリティに驚いたのですが、まさかの先方がギア比を間違えてノーマルギア比で製造笑

試作の段階で当然やり直しなのですが、それからその会社のレスポンスが悪くなり…とにかくやりとりに時間がかかる様に

うすうす気づいてはいたんですが、おそらく打ち合わせした人間が見積もりをミスったのではないかと。。

その見積もりで出来ないなら出来ないと言えばいいのに、無駄に時間を引き伸ばしてくるので困ってしまいました(こっちとしては少しでも安く完成させたいし^^;)

大きな会社だからといって、安心にそしてスムーズに事が進むとは限りませんね^^;

どんな会社か?よりも「どんな人が対応するか?」ですね^^

 

やっぱり一筋縄でいかないな…

と、同時進行で他方法を考えていたところ。。

 

19年前にオーストラリアで知り合った友人(日本人)と久しぶりに遊ぶ事に^^

で、で、その友人は金属加工の会社を経営しているという事で…

わお!

事情を話すと「それはむずいね〜〜、その機械持ってる工場少ないでしょ、◯×△□$%&だからなー」みたいな

「よくわからないけど、そうなの?そこなんとか出来ないもんかな?このコストで」と

「そのコストじゃムリムリー、普通に考えてムリ笑」みたいな^^;

「そっかー、どうにかなんないかな〜」って絶望的になり、今までの経緯を話してたら…

「しゃーないなー、そこまでやってそんなに困ってるんならやったる。ほぼボランティアだぞ〜」という事に♪

しかも、コストも当初の限界値にほぼ合わせてくれました^^

 

ここからは早い早い^^

試作とテストを繰り返し、最終的に当初の理想通りのギア形状とギア比にて完成☆

ALL日本製のメタルハイギアです、クオリティもバッチリ^^

 

プロトタイプが決まってから、しばらく自分が使用していましたが、特に不具合もなく、最終的に組み込み時の位置決め(ギアクリアランス)がしやすい様にコンマ数ミリレベルで微調整できるデザインにして製造開始^^

今現在、製造中です☆

 

それにしても、困った時はいつも友人に助けられています^^;

プチダブルアクションポリッシャーのギアパーツの加工やCADデータ作成は中学生時代からの同級生の会社に、欧州車研磨システムのマルチポリッシャー専用ヘッド改はワンオフマフラーを製作している友人の会社に、海外輸入の通関も通関士の友人の会社に、そして今回も…

いつもいつも本当に感謝です^^

 

■コンプリートモデルと標準仕様の違いについて(100V環境で使用)
・ギア比30%UPの高回転仕様の為、通常の塗装研磨の加圧時は特に気になりませんが「ガラスキズ除去時にヘッド回転が止まる程の加圧研磨」を行うとトルク不足を感じます(ガラスキズ除去時は標準仕様の使用をお勧め致します)


・ギア比UPした事による高速回転とメタルギアの熱伝導によりポリッシャーヘッド上部(ボディ)が長時間の使用で標準仕様よりも熱くなります。
 

・コンプリートモデル新品時や既存ポリッシャーにメタルハイギアを組み込んだ直後は、機械作動音が大きくなります

標準仕様

 

コンプリート(メタルハイギア組込時)

標準仕様に比べ、非常にうるさいと感じる金属音です^^;


2台の研磨に使用後
ギアが馴染み静かに、標準仕様程度に近づきます


グリス再塗布
ギアが馴染む際の金属カスと一緒に飛ばされたグリスの補充により、より静かになります

 

以後、定期的にグリスアップすると良いです^^

※コンプリート専用グリスも同時ラインナップ予定です☆

 

回転数アップについて

USモデルの100V環境での回転数なので、本来のスペックの10000回転以下となっています(10000回転は120V環境)

標準ギア

 

メタルハイギア(30%以上のUPとなっています)

 

「昇圧トランス」使用(さらにすごい事になります)

正直、ロングウールは良いにしても、ウレタンでは回転数ダイヤルを5以下(MAX6)にした方が良いシチュエーションもあるかもです^^;

 

モーター個体差により30%〜40%のUPとなりますが、最低の30%UPと表記しています(30%の場合で上記回転数表記が13000RPM〜になるケースもあります)

 

検証時の電源コンセントは100V以上出ています

自身がいつも使用している「10mリール延長コード」

 

※上記の回転数値は1台のポリッシャーにて行なった結果です

※電源コンセントの電圧(延長コード長さの差含め)や、ポリッシャー個体差により、回転数にはばらつきがあります(また、昇圧トランスを使用しても、元の電圧が低いと電圧上昇率は元の電圧に比例します。100Vで15%UPするトランスを90Vで使用しても115Vになるとは限りません)

以上の事から、準備中でありますウェブサイトの販売ページではギア比変更による回転数の上昇結果を回転数表記ではなく上昇率のパーセンテージ表記と致します

 

■ラインナップについて

当初、持ち込みの仕様変更は手間がかかる事もあり、しない方向性でしたが…

現状、すでに多くの「持ち込みの仕様変更希望」のご要望を頂いている事と、新品の時点でメタボ本体の個体差(モーター出力)にてそもそものスペックにばらつきがある事から「現状使用しているメタボをチューニングした方がその体感を得られやすい」との思いです(弊社では、METABO SXE400改 のプチ改造後の動作確認にて以前よりその個体差を感じていますが、コンプリートモデル含め昔も今もこれからもそれらを差別せずに販売致します)

 

以上の事から、下記ラインナップとする予定です^^

 

「METABO SXE400改 コンプリートモデル」

弊社にて新品の「METABO SXE400改」に「メタルハイギア」と「2箇所のベアリング」をギアの位置決めセッティングと共に組み込み、専用グリスを使用したコンプリートモデルとして

 

・「お持ちのメタボをコンプリートモデルに仕様変更」

お持ちのメタボをお送り頂き、各部チェックと共にコンプリートモデル同様の内容にて仕様変更致します

 

・「メタルハイギア」

メタルハイギアのみの販売にて、ベアリングは付属しません

また、0.2mm/0.5mm/1mmのシムが同梱されますが、組み付け方法等の説明書は付属しません(サポートも行いません)

専用工具をお持ちで機械に詳しく、ご自身での組み替えに自信のある方向けになります(ギアのみの販売要望も一部ある事からご用意していますが、お薦め致しません。また、すでに試した方いるかもしれませんが、ベアリング交換位置を間違えるとまともに磨けなくなります)

※組み替え方法のサポートがない事につきましては、シム調整時のギアの位置決めクリアランスを正確にお伝えする事が電話やメールや画像では困難である為です(デフォルトでは1mmシムを使用しますが、個体差により3枚のシムでプラスマイナスを調整してセッティングを出します)

 

というわけで、大変お待たせしておりました「METABO SXE400改 コンプリートモデル」「メタルハイギア」ラインナップまでもう少しです

 

ラインナップ前にメルマガにてお知らせを致します

しばしお待ち下さいませ^^

※実際に触って比べてみたい方は、3月の「国際オートアフターマーケット EXPO2019」と、5月の「オートサービスショー2019」にて、標準仕様とコンプリートモデルを展示致しますので、お試し下さいませ^^

 

「国際オートアフターマーケット EXPO2019」(IAAE2019)

http://www.iaae-jp.com

 

「オートサービスショー2019」

http://www.jasea.org/autoservice.html

 

 

 

それと、去年のフランクフルトメッセとSEMAでデビューした、NEW SCANGRIP(新作スキャングリップ)

 

左から、SUNMATCH 3、MINIMATCH、MATCHPEN R、MULTIMATCH R

 

国内の正規販売はこれからでまだなのですが、さっそく触ってみましたのでその感想を^^

 

「MATCHPEN R」(マッチペン R)

ボディサイズは少し大きく内臓バッテリーのリチャージタイプに、色温度は4500Kと6500Kの2色切替が可能になりました

光束(ルーメン)は、現行のマッチペンと同様 100 lumen です

・マッチペンの後継モデルというより、上位グレードの位置付けで現行マッチペンと同時販売される予定です(今現在、弊社では現行マッチペンのみの取り扱いを継続する予定です)

 

「MINIMATCH」(ミニマッチ)

現行サンマッチ2よりも低価格&とてもコンパクトなDIY向けのハンディライト、色温度は4500Kと6500Kの2色切替、200 lumen です

 

「SUNMATCH 3」(サンマッチ 3)

現行サンマッチ2よりもちょっぴり小さくなったボディサイズ、

色温度は2500K/3500K/4500K/5500K/4500K/6500Kの5色切替が可能になりました

光束(ルーメン)は、現行のサンマッチ2と同様 500 lumen で変わらずですが、お値段少し上がります

・一番人気のサンマッチ2が廃盤になり、後継モデルとして「MINIMATCH」と「SUNMATCH 3」に入れ替わります(今現在、弊社ではサンマッチ2と比べ、低ルーメンの「MINIMATCH」と同ルーメンの「SUNMATCH 3」どちらかかを扱うか、どちらも扱うか、またはどちらも扱わないかを検討中です。その理由は下記の「MULTIMATCH R」を取り扱う予定だからです)

↓大きさ比較

左から、SUNMATCH2/SUNMATCH3/MINIMATCH

 

「MULTIMATCH R」(マルチマッチ R)

内臓バッテリー充電タイプの超コンパクトモデル、色温度は2500K/3500K/4500K/5500K/4500K/6500Kの5色切替、明るさ5段階調整機能付き、光束(ルーメン)は1200 lumen です

・片手で持つ事も想定されたハンディデザインでありながら、機能面も文句無し、また「SUNMATCH 3」よりも低価格でありながら倍以上の1200 lumenである事がDIYユーザーの玄人向けとして、またプロユーザーのサブ照明としてもオススメです(今現在、弊社取り扱い予定です)

↓参考サイズ

土台にはマグネットが内臓されています

コンパクトで使い勝手良いです^^

 

他、現行「アイマッチ2」はモデル変更なし、現行品が継続ラインナップされます

 

また、上記機種より数ヶ月遅れで、下記大きい2種がモデルチェンジします

 

「MULTIMATCH 3」

「マルチマッチ2」が廃盤になり「MULTIMATCH 3」になります

大きな変更点は、2500 lumen から 3000 lumen、色温度4500Kと6500Kの2色切替から2500K/3500K/4500K/5500K/4500K/6500Kの5色切替、別体バッテリーパック(個別充電可)、BLUETOOTH(スマホでスイッチ類のコントロール可能)です

また、お値段は現行に比べ高くなります

 

MULTIMATCH 8」

「ディーマッチ2」が廃盤になり「MULTIMATCH 8」が後継機として追加されます

こちらは「MULTIMATCH 3」同様の機能ですが、光束(ルーメン)が「ディーマッチ2」の 5000 lumen→8000 lumenとよりパワーアップします

ただ、お値段が10万前後になる予定で高額です

・上記2種のモデルチェンジに関しては、正直微妙な思いです。。現行品に比べ機能面でのメリットと高額になるデメリットのバランスが、カーディテイリングの用途においてどうかな?と現時点で感じています(板金塗装用途ではなく)

「MULTIMATCH 3」は現行品に比べ 500 lumen upで高額になる事を考えると、サイド照明としては十分な「マルチマッチ2」で良いのでは…

MULTIMATCH 8」は現行品に比べ 3000 lumen upと最強になりますが、高額&重量ですので天井常設照明としては重く、また揃えるとかなりのお値段になります。。

以上の事から、上記大きいサイズ2種に関しましては、メーカー在庫が許す限り現行品の人気商品「ディーマッチ2」「マルチマッチ2」を継続販売する予定です(これら現行品は在庫限りになります。お早めに!)

 

また、天井常設照明として照明部のみを独立させ軽量コンパクトなHIDに変わるLED照明システムをリーズナブルに構築出来ないか、メーカーに打診しております☆(1灯ごとにパッケージングされた防塵防水多機能ではなく)

技術的な壁もありそうなのですが、うまく作ってくれるといいな〜♪みたいな^^

 

 

 

それとそれと、これ

 

先日「また壊れたー」って思ってたのですが、テスターで調べたら初動電圧不足のエラーなだけで壊れてませんでした^^;(といっても乗ってる時は14.4V程の表示なのでバッテリー弱り始めみたいです)

振り返ると、確かに一度乗り出すとその日は平気なんだけど、何日か間が空いてから久しぶりに動かそうとする時にお知らせが出る。。

適度に乗らないとダメですね^^;

 

 

 

それとそれと

数年ぶりにMacを新調してから総合的にスペックが上がり、またメモリも純正アップグレードしたので仕事がとても快適になりました♪

オフラインの動きはMacの性能ですが、オンラインはそれだけじゃないと思い、最近TVでギガギガやってるので色々調べてみました^^

 

我が家は昔のフレッツ光で去年からドコモ光になったのですが、変更時に契約内容を見直さずにそのままにしていたようで…

確認してみたら通信速度が100Mbpsでした。。

そこで、どうせなら1Gbpsにしたいなと思っていたのですが、その1Gbpsは「IPv6プラス」でより良い恩恵を受けられるっぽい様で

そして、その「IPv6プラス」はプロバイダが提供しているかどうかがすべての様で…

で、契約しているプロバイダで確認したら「IPv6プラス」のサービスがありました(我が家の場合は光電話と光TVとルーターとONUが一体式のHGWを使用していたので、機器類の変更や接続方法の変更も一切なし

ネット申し込みでその日に完了し「IPv6」の接続ができる様になり、早速スピードテストしてみると…

下り:30Mbps→92Mbps

上り:30Mbps→92Mbps

「IPv6プラス」にしただけでどちらも3倍になりました☆

 

後は1Gbpsに備えて

仕事場の無線LANが古く「2.4GHz&有線100Mbps」だったので、「5GHz&有線1Gbps」に変更して(メインMacは色々な意味で有線接続)

ついでにLANケーブルも変更して(CAT5Eで十分なんですが、どうせならって事でCAT7に)

これで、自宅内の1Gbps回線は完了☆

試しに、スピードテストしてみると…

なぜか、上りだけが90Mbps→60Mbpsに^^;

ズコー笑

あれ?みたいな(機器の相性もある様ですが…有線1Gbpsラインが一番の目的なので様子見です^^;)

 

そして最後にドコモ光で100Mbps→1Gbpsに契約変更

スピードテストしてみると…

なんと

下り:90Mbps→591Mbps

上り:60Mbps→329Mbps

かなりスピードアップしました

わお☆

 

当初の上り下り30Mbpsから比べると、下り約20倍/上り10倍です^^

そのスピードは体感できるレベルで、ネットサーフィンはサクサクでメーラーのレスポンスもかなり早くなりました♪

結局のところ、回線変更手続きにかかった費用はドコモ光の事務手数料2000円くらいで、プロバイダも光回線も月額使用料は変わらずでした

既存機器のグレードアップは個々必要かもですが、それでこんなに速くなるのなら、とってもお得なサービスと思いました♪

まだ「1Gbps & IPv6プラス」にしていない方、おすすめです^^

 

 

 

今現在「Brighton」では「下地処理研磨含むボディコーティング施工」は、現在までにお問い合わせを頂き施工日程のご案内待ちとなっておられますお客様以外の場合、最短でも秋冬以降のご案内となります事ご了承下さいませ(もしくは来年)

※現在「Brighton」では、すべての施工において新規施工は弊店にて施工歴のあるお客様からの「ご紹介のみ」とさせて頂いており、ご新規様はお問い合わせを頂きましてもご対応致しかねます事、誠に恐縮ではございますがご了承下さいます様お願い申し上げます m(__)m

https://ameblo.jp/brighton420/entry-12056462170.html?frm=theme

いつもありがとうございます^^/

 

 

 

謹賀新年

 

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

皆様にとって、良い年であります様に♪

 

 

今年はやらなきゃいけない事優先ではなく、やりたい事優先にいきたいと思います笑

 

では、さっそく☆

 

「BMW M135i」

 

白いボディはその状況を画像に写しにくいのですが、全体的に多くのスケールが固着しています

 

濃色箇所はわかりやすいです

 

また、鉄粉も全体的に隅々にまで付着しています

 

際箇所の黒ずみスケールも

 

除去前

 

除去後(PVD-A06にてケミカル洗浄のみ)

 

グリルパーツは紫外線劣化にて白濁

 

クリーニング前

 

クリーニング後(洗浄/研磨)

 

下地処理洗浄完了後、マスキングして

 

スケール除去後のコンディションは、染みと陥没ダメージとキズのみ、ここからは研磨工程で復元します

 

わかりやすい黒いピラー箇所で

研磨前

 

研磨後(洗車後にて拭き跡が見えますが^^;その後のコーティング施工にてスッキリします^^)

 

フィニッシュです☆

 

本来のアルピンホワイトの美しさが復活です♪(低温度のHID照明で白く見えませんが^^;真っ白です^^)

 

施工前

 

施工後

 

ここもスッキリです(ウィンドガラスはオーナーDIYでTRYしてみるとの事で、施工時の注意事項をご案内させて頂きました^^今頃キレイになっているかな♪)

 

施工前

 

施工後

 

ここも施工前

 

施工後

 

施工前

 

施工後

 

隅々までスッキリリフレッシュ完了です☆

 

 

 

「PROVIDE 3日間技術講習」

 

新規開業に向けて受講下さいました

大手外資系メーカーを退職してまでも、この業界に参入する覚悟の受講者の方

若くして、将来を見据え「今」を考える姿勢が素晴らしく、また理解力や人柄も素敵…

思いつきで突き進む自分とは全然違う^^;

ちゃんとした人が、ちゃんとしてないこの業界に参入して大丈夫かいな?苦笑

と思う反面、今後この業界で生き残るのはこの様な人なんだろうなと♪

 

もともとマニアの領域にて、弊社商品をご使用頂いていました受講者の方、ご案内もスムーズです

3日間で一気に情報を詰め込んで頂きます☆

 

ディスカッションを終え、まずはいつもの講習車両にて基本の実技です

 

各工程の目的と出来る事出来ない事、そしてしてはいけない事を理解する事が大事

 

磨く力が対象面に有効に働けば研磨、そうでなければ焼き付け

その対象面がどの様な状態であるかが非常に重要です(多くのプロがここを理解されていないと感じます)

 

特に仕上げのウレタンフィニッシュはウールと異なり「研磨<加熱」に働きやすい、研磨力だけを考えてこの工程を安易に行うと数日後の結果として痛い目に合うケースがあります

 

初期研磨と仕上げ研磨にはその流れがあってこその結果があります(詳しくは講習にて)

 

バッチリですね☆

 

続けてサイドパネル

塗装状態で常識が180度変わる事

 

受講者の方ご自身の目で確認し体感して頂きます

 

ウィンドガラス

柔らかい対象物と硬い対象物では、ダブルアクション研磨のタブーが入れ替わります

 

ガラスその物の研磨なのか、付着異物の研磨なのか…

研磨行為は同じでも、2種の基本的な工法が異なります

しかしながら、その研磨プロセスは対象物のコンディションにてその2種のレンジが重なる領域があります(その領域の結果があるが故に、ガラス研磨の工法が今まで確立されてこなかったのではないかと感じます。。)

 

2日目からは講習車両を入れ替えて、実際の施工の流れを再確認しながら行います

 

まずはヘッドライトリペアから

良くも悪くも様々な工法があるヘッドライトリペア、弊社でも新しいマテリアルにて現在進行形にて検証中です☆

まずは2種のリペア方法をご案内

 

右側リペア後

 

施工前

 

施工後

 

続けて、下地処理洗浄を終えてから研磨開始です

 

淡色カラーは簡単に見えて、濃色カラーより奥が深いです(理解できない方は、それはそれで幸せかもしれません^^;)

 

バフエッジで磨くのか?そうでないのか?大事なのは磨く前の…

 

ミニメタボは狭い箇所だけでしか使わないのはもったいないです☆

 

ポリッシャーの使い分けは、意図としていない良き結果が出ることがあります。。

 

最後に講習者専用の硬化系コーティング剤のご案内にて終了です

 

この度は遠方よりお越し頂き誠にありがとうございました
今後の疑問は、技術でも店舗運営にまつわる事でもわからない事はなんでもお気軽にご相談下さいませ^^/

 

 

 

「SUBARU WRX S4」

 

過去に2台の施工をさせて頂いておりますお客様、ご連絡を頂いた際に「今は東北にお住いである事から、近隣の信頼できる施工店のご紹介も可能です」とお話しておりましたが…弊店での施工をご希望下さいました(いつもありがとうございますm(__)m)

 

時間に余裕なく…^^; いきなり完成です☆

 

スポーツカーでありながら、最新の安全装備(EyeSight ver.3/アイサイト搭載車は非搭載車に比べ事故率6割減)や優れた静寂性を兼ね備えたオールマイティーなセダンは使い勝手が良さそうですね☆

 

エッジの効いたシャープなボディラインがスポーティですね^^

 

大人しめなフロントと違い、リアは迫力満点☆

 

雪国使用にて、下回りの防錆処理もしたいとの事でしたので、そちらは東北の信頼できる専門店をご紹介させて頂きました(もう施工されたかな?まだかな?○○さん宜しくお願い致します^^/)

 

 

 

それと「PROVIDE 出張技術講習」

大手企業様よりご依頼頂きました

 

すでにカーコーティング事業を行っておられますが、一部コアユーザーへのクオリティ向上と共に、一部の塗装仕上げの疑問等、実技にてご案内させて頂きました

 

全く異なる塗装性質の研磨〜コーティング仕上げの違いを

まずは定番のホンダ

 

もう一台は欧州車

 

難しく考えずに、塗装に合わせた対応がとても重要です^^

この度はご依頼頂き誠にありがとうございました

今後の疑問やわからない事はなんでもご相談下さいませ☆

 

 

 

それとそれと

近所のローストビーフ専門店「ローストビーフの店鎌倉山」

http://roastbeef.jp/

 

小2の息子、初めての本格的ローストビーフ

「う、う、う、うまいー!」みたいな(自分もここより美味しいローストビーフを食べたことがありません^^)

で、この顔笑

 

「これはイケる〜」と笑顔で食べまくって…

「水もなんかうまい」みたいな笑

 

しかしながら、帰宅後に息子全てリバースしちゃいました笑

お子様用は大人用に比べ多めに火通してあるのですが…

自分「まだまだ子供だな」

息子「なにをー!」

みたいな笑

まだ早かったかな^^;

 

 

 

それと、年末前の会社の決算を終えて、一息つく間も無くお正月休みは自分の確定申告を…^^;

書類をまとめながら、去年買ったMacをやっと入れ替えする事が出来ました♪

 

 

 

それとそれと、昨日家電量販店行ったらこんなんやってました

わお!

 

自分の iPhone SE は小さいのが気に入ってるので良しとして、仕事用のこれ↓を機種変するタイミングなのかな〜と^^;

 

でも、ここ数年 iPhone が数回壊れてる同期間で一度も壊れないガラケー、それはそれで良いんだよな。。悩んじゃいます...^^;

 

 

それと、ここ最近調子良かったマカンが久しぶりの故障(苦笑)

それにしてもよく壊れる車だー^^;

 

 

今現在「Brighton」では「下地処理研磨含むボディコーティング施工」は、現在までにお問い合わせを頂き施工日程のご案内待ちとなっておられますお客様以外の場合、最短でも6月以降のご案内となります事ご了承下さいませ(6月は数台の空きがございますが、それ以降は9月末〜となります)

※現在「Brighton」では、すべての施工において新規施工は弊店にて施工歴のあるお客様からの「ご紹介のみ」とさせて頂いており、ご新規様はお問い合わせを頂きましてもご対応致しかねます事、誠に恐縮ではございますがご了承下さいます様お願い申し上げます m(__)m

https://ameblo.jp/brighton420/entry-12056462170.html?frm=theme

 

いつもありがとうございます^^/

 

 

「そろそろ乗り換えようかな」と、お話をお伺いしておりましたメルセデス Eクラス のお客様

 

当初「また Eクラス かな〜」と言われておりましたが、メンテナンスにてご来店頂く度に自分のマカン見て「マカンもいいな♪」と^^

 

しばらくして、その後どうされたかな?と思っていたら「初めての中古車だけど買っちゃいました^^」とご来店(初めての新車ってのは聞いた事ありますが、逆に^^;)

5000kmならほぼほぼ新車に近いって事で☆

黒もいいけど白もいいな^^

 

というわけで、施工スタートです

「PORSCHE Macan GTS」

 

ボディのコンディションは…

ホワイトカラーなので蛍光灯ではぱっと見キレイなのですが、下地処理洗浄と研磨でより美しくなります

 

まずは下地処理洗浄から

 

続けてウィンドガラス研磨

 

マスキングして

 

 

ウィンドガラス研磨を終えたら、マスキングを逆にして(ボディ研磨)

 

研磨開始です

単色カラーなのでキズが見えにくいですが

研磨前

 

研磨後

 

ここはわかりやすい(パーツ境目でピントもバッチリ^^)

研磨前

 

研磨後

 

細かい箇所も^^

 

マイクロロータリーポリッシャー、一度使ったら手放せません☆

 

是非^^

http://provide.shop-pro.jp/?pid=126519263

ただ、在庫が少なくなってきてしまいました^^;(次回入荷は来年1月中旬頃の予定です)

 

狭い箇所に大活躍です^^

 

このモールは柔らかい^^;

研磨中

 

研磨前(画像モール左)

 

研磨後(画像モール右)

 

ボディ研磨中

 

ボディ研磨終了後、ウィンドガラスコーティング施工

 

続けてボディコーティング施工にて完了です☆

 

隅々までバッチリです♪

 

白いところはより白く!黒いところはより黒く!

このメリハリが美しさをより強調させますね^^

 

キズが見えにくい淡色カラーの研磨ほど、仕上がりの差が大きいと思います

 

バッチリ、リフレッシュ完了☆

いつもありがとうございます^^

 

 

それと「PROVIDE 技術講習」

弊社商品をお使い頂いている一般ユーザー様からのご依頼です

「今は別の仕事をしているが、将来の事を考えるとやはり好きな事を仕事にしたい」との事でした^^

この仕事(カーディテイリング)は、数年前から新しい研磨工法(ダブルアクション研磨)が拘りの専門店で導入される様になり、今までの工法(シングル研磨)の限界を底上げしました

また、それと同時に技術難易度(リスク)も下がっています^^

 

この業界は、今現在も既存工法で施工されている店舗も多い事から、今からでも技術力の差は簡単に縮められると思っています(というかセンス次第では簡単に追い越せる)

 

儲かるからこの仕事をする人と、好きだからこの仕事をする人、できれば後者の方でこの業界が盛り上がると良いですね^^

 

という事で、技術講習スタートです

まずは、汚れが固着するタイミングとその回避方法、そしてその汚れの種類は大きく分けて2種である事をご案内(これを理解するだけで、自分の環境で愛車をキレイに維持出来るか出来ないかの理由がわかっちゃいます)

他、受講者の方のこの業界に対する疑問や各工程のポイントをご案内、ディスカッションを終え、実技です

 

ポリッシャーでただ磨く事は誰でもできます、ポイントは暗室スポット環境でスピーディに仕上げができるか?です(施工時間的に仕事になるかならないか、仕上がり的にお客様に支持されるかされないかに関わります)

その工程には、塗装に合わせたポリッシャー,バフ,コンパウンド,のマッチングとシビアな塗装の場合はポリッシャー操作が重要です

 

塗装を知らなければ、やみくもにトライ&エラーを繰り返す事になる。。

出来なければ、拘りが強い人ほどメンタルがやられる仕事です^^;

 

この業界は、ある程度までは見よう見まねで誰でも出来る施工内容でもある事からか…プロでも素人レベルの方が少なくない業界です。。

また、素人の仕上げがプロのクオリティを上回る事も少なくありません笑^^;

その様な業界だからこそ「プロでもできないまたはしない事をご自身で」との思いで「次世代研磨システム・Mastermind」の特許を取得して一般公開&販売する事を決めた経緯があります。。(詳しくは過去ブログを遡るとわかります^^;)

 

バッチリですね^^

 

サイドパネル

 

実際に自分の目と腕で確かめる事が大事です

 

ウィンドガラス研磨

 

最後は講習者専用品のコーティング剤のご案内にて終了です

この度は遠方よりお越し頂き誠にありがとうございました

今後の疑問や気になる事はなんでもお気軽にご相談下さいませ^^/

 

技術講習では自分が約19年の間にぶつかり、クリアしてきた現在進行形の「今」をご案内致します(特許技術でもあります)

そこで、簡単だ!と感じた方は慣れれば一気に現役ディテイラーの仕上がりまで到達出来る事と思います☆

 

今、自分はご案内している立場ですが、より良い工法を生み出す方が今後出てくる事と思います

その時は逆に自分に教えて下さいませm(__)m

もちろん弊社も開発の手を止めるつもりはありませんが…

閃きはいつ誰に訪れるかわかりませんからね…(自分に訪れます様に笑)

 

 

それと「日本洗車ソムリエ協会」

第2回を迎えた「国際洗車ソムリエグループ」の総会

今年の会場は小田原のヒルトンでした^^

 

いつもこんな空いてるのかな?静かでひっそりしてていいな^^

 

前半は真面目な会議(本当に真面目)

後半は宴会^^

 

2018年11月29日発行の「日刊自動車新聞」より抜粋

業界内での注目も高まって参りました^^

※自身が「日本洗車ソムリエ協会」の最高技術顧問となっているからか、講習内容が似ているのですか?というお問い合わせを多く頂きますが「日本洗車ソムリエ協会 講習会」と「PROVIDE 技術講習」の内容は全く異なり関係ありません

 

日本洗車ソムリエ協会↓HP

https://www.carwashsommelier.com/

 

株式会社プロヴァイド↓技術講習専用HP

http://provide.shop-pro.jp/?pid=31302712

 

 

 

 

それと

「三菱 アウトランダー」新車

 

あちこち修正研磨のオーロラまみれでしたが、スッキリです^^(大忙しで施工中の写真撮る暇ありませんでした^^;)

 

見る角度によって全然色が違う「ルビーブラックパール」

光が当たってないとパッと見、黒に見える

 

光が当たると…

 

いつもありがとうございます^^

 

 

それと、メンテナンス「ボルボ V50」

鎌倉界隈の通常使用ではメンテスパン的にもここまで付着しない「鉄粉」が非常に多かったため、イレギュラーの鉄粉除去です

 

しかしながら、鉄粉付着以外のボディコンディションは抜群なので物理的に擦る工法は避け、ケミカル塗布を数回繰り返します

 

お伺いしたところ「富士スピードウェイ」で走ってきたばかりとの事、わお!納得です

結構な量が1日で付着&付着後間もないということで…

 

「PVD-I07」を洗車後に水分を完全除去した状態から塗布(水切りしてから塗布するのと、濡れてる状態で塗布するのとでは除去スピードが異なるケースがあります。急がば回れです^^)

 

メンテナンスは短時間でお返しすることから、あらゆる隙間に入り込んだケミカルが後で垂れ流れてくると良い事ないので、部分的にブロー&流水を繰り返します

バッチリキレイになりました^^

 

「ボディにダーメージを与えないケミカル除去で対応する事から、少しは残ってしまうかも」とお伝えしてましたが…(物理的に擦れば100%除去出来ますが、キズが入り研磨前提になってしまうのももったいなくて…)

長らく蓄積された鉄粉ではなく、また付着後すぐの対応だった事もあってかまさかのケミカルで完全除去となりました☆

 

よし^^

これでOK☆


いつもありがとうございます^^

 

 

それと、大手ケミカルメーカーさんから「新作UVカットコーティング剤」の検証依頼が来ました(なぜうちに?と思う方もいるかもしれませんが…わかる人にはわかりますね^^;)

なんでも、すでにデータで結果が出ているとの事で自分も「本当ならすごい!」と期待していました^^

さっそく、テストです

施工前

 

施工

 

施工後

 

あれ?だめだこりゃ^^;

確かにデータ上では結果が出ている(データを確認しました)

でも、この検証では差は出ない

なんでかな?と思い、自分の検証方法と先方の検証方法をお互いで確認しました

先方からも「弊社の検証方法に間違いはないが、そちらの検証方法も間違っていない」とお知らせを頂いたところで「クリアの上から検証されていますか?」と確認したら「クリアはない」と…それですね

クリアがなければ微々たる差がデータで出る、しかしながら現代のクリア塗装そのものが大幅なUVカット能力を持っているので、コーティング剤のUVカット能力レンジが狭くその差は埋もれてしまう、イコールデータで出ない、イコールユーザーへの証明もできない、です

やはり「クリア塗装上のコーティング剤のUVカット能力を証明する事は難しい」のかもしれません。。

自分は、現代の車のほとんどにクリア塗装が施されている事から、クリアの上からUVカットが出来ないと意味がないと思っています

今後、クリアの上からUVカット出来る新作に期待しています☆

 

 

それと、今年のフランクフルトメッセとSEMAでデビューした、NEW SCANGRIP(新作スキャングリップ)

 

国内の正規販売は来年からでまだなのですが、さっそく使ってみましたのでその感想を^^

と、思ったのですが…

書いてたらアメブロの文字数制限オーバーに。。

なので、また来年に^^;

 

皆様、今年も誠にありがとうございました!

自身に関わる全ての方へ感謝申し上げますm(__)m

 

来年も毎日楽しく!

良いお年を☆

最終日、チェックアウトは14時なので、2ROUNDやるつもりで

まずは朝一、オージーと2人で貸切ファンサーフでした^^

 

朝食後、続けて2ROUND目

 

風が入ってきたところで終わりにして

 

パッキングして出発の準備です

海が汚く、WAXも真っ黒

 

帰りは行きと違う狭い山道をかっ飛ばして…

 

1時間ほどの山越えで、やっと2車線道路に

 

それでもまだまだずっと峠道(ひたすらジャングル)

 

やっと大通りに出て

 

ここまでいいペースで来たのですが

 

ここで大渋滞、というか全く動かない(1時間ほどストップ)

 

大渋滞は、赤いフィットが側溝にはまって身動きが取れなくなってたのが原因でした。。

 

予想外の渋滞だったからか、時間的にもドライバーのアクセルワークがよりレーシーに笑

 

ポカリはインドネシアでも人気^^

飲み慣れたポカリがあるとほんと助かります

 

ほったて小屋しかないエリアにいきなりビル、立派でした

 

とにかく渋滞がハンパない、交通ルールはあってないようなもの

とにかく前に進めるスペースがあると、歩道だろうが関係ありません笑

 

途中で寄ったガソリンスタンド

バイクが多いインドネシアですが、これまた大渋滞です(入り口外まで続いてます)

 

ドライバー、トイレから出てくると足を洗い出して「ちょっと待ってて」というので「どしたの?」と聞くと、Play room がなんとかって??

この部屋に入ってお祈りを始めました

 

どうやらこの部屋はムスリムが礼拝する祈祷室の様、ガソリンスタンドに併設されています

ただでさえ、イレギュラーの事故渋滞で時間的にも焦って運転してるのに、これは欠かせないみたいな(もちろん尊重して、ゆっくりどうぞって^^)

で、お祈りは Play じゃなくて Pray でした☆

 

しばらく休憩して、再出発

 

道もだんだんキレイになってきてたところで、高速道路の入り口発見

道路の真ん中で車を止めて、しばらく悩むドライバー(悩むんなら道路脇に停めようよ~みたいな、後ろからクラクション鳴らされても無視笑)

どうやら、建設中の高速でまだよくわかってない様です笑

きっと行けるはずだ!みたいな感じで(本当にわかってないんかい!みたいな笑)

 

いきなり道路が近代的に「Jakarta」の看板見つけて2人でホッとする笑

※この高速が完成すると、チマジャまで3時間~で行ける様になるそうです

 

ハイペースで進んでいたのもつかの間、夕方のラッシュアワーの大渋滞が始まりました

ドライバーはスマホをちょくちょく見て時間を気にしてる、大丈夫かいな^^;

 

ジャカルタ市内に入ってからも渋滞、渋滞、渋滞。。

それにしても、大都会のジャカルタにびっくり

チマジャのど田舎とのギャップがすごい

 

2年前の世銀の発表では、約2億5000万人のインドネシア人口の8割の2億人が貧困ラインの月収2870円だと…(信じられません…自分の今回のトリップ中のビール代です^^;)

2割の富裕層はこの大都会に集中しているのかな。。

 

やっと、空港のサインが見えてきました

ここまで約7時間><(アルガンベイの10時間に比べればまだマシですが^^;)

 

到着

ドライバーと2人して「間に合って良かった^^」みたいな

 

スカルノハッタ国際空港、新しくできた第3ターミナルはとてもキレイでした

 

チェックインして

 

1時間遅れで出発

 

帰りは6時間半で、羽田に到着^^

 

8日間のサーフトリップ、怪我なくお腹を壊すこともなく、無事に帰国♪

寒い!><、真夏だったインドネシアがすでに懐かしい^^;

チマジャ(Cimaja)はバリ(Bali)と違ってまだまだ田舎で、全く観光地化していません(故に本当に何もないところですが^^;)

現地人は皆優しく、ロコサーファーも皆気さくでとても居心地が良かったです♪

Terima kasih atas semuanya!!

 

 

さてさて、ここからはいつもの仕事モードに切り替えなくちゃです☆

 

まず、施工依頼を頂いているにもかかわらず、来年以降のご予約となりお待ち頂いておりますお客様へ、施工がずれ込んでいるのはこのトリップのせいでありました事お許し下さいます様お願い申し上げますm(__)m

^^;

※しっかりリフレッシュしてまいりましたので、気持ち新たにバッチリ施工させて頂きます^^/

 

 

それと

2019年度版の「PROVIDE カタログ」

今回は…ビビットな赤にしちゃいました!

只今印刷中、年明けから入れ替わります(無料ですので是非^^)

 

 

それと

メタボミニダブルアクションポリッシャー

「METABO SXE400改コンプリートモデル」も追加です☆

※只今メタルハイギア製造中、発売開始は来年吉日です

※発売開始までお問い合わせをお控え下さいます様お願い申し上げますm(__)m

※ラインナップ前にこのブログで詳細をご案内させて頂きます^^

(上記画像で内容がほぼほぼわかると思いますが^^;)

 

 

それと

ウェブサイトのショッピングカート、新デザインに切り替えました♪

より見やすく、またご購入時の手間も少なくなったと思います☆

 

 

いつもありがとうございます^^/

日曜日の朝はバイキングでした(脂っこいものばかりで、いつもの朝食の方が良かったです^^;)

 

前日に引き続き、落ち着いてはきたものの、やはりお化けセットが…イヤ笑

でも、波は勝手にチューブイン

こんな波、普段なかなかお目にかかれません☆

ただ、ミッドタイドの一時だけです

 

正直、ムネセットカタ頭お化け頭半、それ以上はいらない笑

でも、ハラムネなのにお化けセットがダブル以上来ちゃう、なんで~笑

もっとサイズアップするとの予報、もう楽しめないと諦めて…笑

ビール飲んじゃいます笑

他の種類のビールないの?と聞いても、宿には「プロスト」しかないと

外でビンタン探しても宿以外にアルコール売ってるとこがない(バリ島と違ってジャワ島の多くの住人はムスリムなので、売ってない事が普通の様で^^;)

 

おつまみは、ミゴレン味のチップス!

想像してたのと違う味、あれ?みたいな^^;

 

午後は一旦オンショアになり(毎日)夕方まで休憩して波チェックに行くと…

途中、ニャンコがネズミ捕まえてるの発見

マンガみたい笑

 

波は…あれ?予想に反してサイズダウンしてる

サイズアップしちゃったら、カランハジ(KARANG HAJI)ってポイント行ってみようと思ったけど、結局今回は行きませんでした

 

ちょっと混んでるけど、ファンサーフ♪

サイズアップしなくて良かった笑

 

お手頃サイズでサーファーも集まってきました

 

2ROUND目を終えて、ビーチで波チェックしてると、カメラ持ったラスタマン(名前忘れた^^;)が話しかけてきました

「写真撮ってあげるから入りなよ^^」みたいな

これ待ってました!(1人トリップは撮ってくれる人いない^^;)

海外サーファーが集まるポイントにはサーファーの写真を撮って仕事にしているカメラマンがいるのに、チマジャにはいないのかな~って思ってたら、いました♪

 

という事で、夕方の1ラウンド

波も落ち着いて、人も少し減ってきたところで

 

すぐに暗くなっちゃったので「明日の朝一も撮ってよ」って事で(でもデカすぎたらおれ出来ないからね、とも忠告して笑)

 

翌日、サイズアップしませんでした(良かった笑)

よっしゃー!

サーファーはオージー4人とロコ2人、自分入れて7人

ファンサーフでした♪

 

ポイントブレイクで全く疲れないのが最高です^^

 

午後にかなりのスコール、川から一気に汚い水が流れ込み…

色が…

 

入るの躊躇しましたが、せっかくなので入っちゃいました(変な病気になりませんように…みたいな^^;)

 

宿のプールもだんだんと、汚く…(なんで掃除しないんだーみたいな笑)

 

来た時↓とだいぶ違うぞー笑

 

翌日は、海もだんだんキレイになってきました

 

ラスタマンに明日が最終日だからと、明日も朝一撮影をお願いして…

 

 

5へ続く

日の出前の毎朝4時頃から、モスクのスピーカーから爆音でイスラム教の礼拝を促す「アザーン」

たまに、子供のアザーンが聞こえてくるのですが、かわいい^^

 

毎朝散歩がてらにコーヒー飲みながら波チェックです^^

 

予報通りサイズアップしてきました

ハラムネ、セットオーバーヘッド、たまに頭半~

 

規則正しいライトブレイクオンリーです^^

 

朝一は自分入れて6人、セット間が長い1ピークなので全く疲れません^^

 

このくらいのサイズが丁度良い^^

超ではありませんが、そこそこロングライド☆

 

トリップ中、お隣のインディケーター(INDICATOR)は早すぎかワイドブレイクのどちらかでノーサーフでした(ブレイクポイントが浅いので無理にやる事ないかな、みたいな^^;)

 

朝一のハイタイドから潮が動いてパワフルなブレイクに、ハイタイドはメローでファンなのですが、ミッドタイドはチューブに

ムネ~セット頭半、お化けセットダブルオーバーにサイズアップ

お化けセットは、完全に自分のキャパオーバーです汗(メンタル的にビビってドロップできない^^;本当に情けない^^;)

お化けセットさえ来なければ良いのですが、数十分にごとに絶対に来ちゃう><

ぐりんぐりんに巻かれて平衡感覚を失い半泣き状態笑

それでもコンパクトなチューブは最高でした☆

 

ぱっと見はフラットなんですけどね

 

セットが入るといきなりブレイクし始めます^^

 

ロコはほんと上手い、ここの波を知り尽くしてますね☆

ディープな位置からロングバレルを抜けてきます

↓すでにチューブインしてる

 

最後はレイバックで、しびれるかっこ良さでした♪

 

このサイズになるとロコも総出で混雑してきます

 

 

これを見る限り、自分にとっては 4ft~5ft がベスト

 

それ以上はお化けセットが怖いー><

アウトからウネリが入ってくるのが見えると心臓バクバクして気持ち悪くなります笑(いつも鎌倉でやってるサーフィンとはわけが違う^^;)

 

 

4へ続く

朝一、波チェックしに行くと

 

ハラムネなファンウェーブ

サーファー1人

 

コンパクトですが面も良く慣らしにもってこいです^^

 

1ROUND ウォーミングアップしてから朝食

2日目はオムライス、inチーズ&オニオンでおいしかったです^^

 

とりあえず他のポイントにも行ってみたいので、借りた原チャリ

 

まずは東へ

SAMUDRA(サムドラビーチ)

 

こっちの方が出来るんじゃないかと聞いて、来てみたらダメだこりゃ

 

人もいない

 

たまのセット来るけど早いダンパー気味でノーサーフ

 

ダメなので、次は西へ

 

このホテル前の

 

SUNSET(サンセットビーチ)

 

こっちはダンパーでした

 

ダメだこりゃということで、もうちょっと走ってみて帰ることに

 

この川は海に流れています

わお><

 

帰りにコンビニ寄って

嫁から頼まれてたコレ、大きいサイズが売ってるとこありませんでした><(コンビニしかない)

 

ティムタムは日本円で76円くらい、安!

でも中ドロドロに溶けてました笑

 

息子お土産リクエストのこれは18円くらい笑

 

宿に戻ってお昼

メニュー

 

上から2段目のナシゴレン(チキン)

 

他にもっとおいしいナシゴレンを食べた事があります^^;

 

もちろん出来る範囲で仕事もしちゃいます^^

 

宿のWi-Fiが届きにくい時にと借りてきたWi-Fiは部屋の中で活躍と思いきや、通話するとすぐに回線停止、500MBだとダメだこりゃ

 

ミッドタイドを狙いたいので、それまでジャランジャランです(散歩という意味なのですが、かわいい感じ笑)

 

宿の横を流れる海へ繋がる川

 

うなぎが採れるそうです

 

でも川が…

きたないー><

 

しげみには

 

トカゲ!?

 

でかいー笑

 

お店の入り口

入りにくいー><

 

のどかなところです^^

 

水が出なくなって、しばらくしたらゴボゴボして出てきたのが

これ、うそでしょー!><(15分くらい出しっぱなしにしてたら復活しました、よし^^)

 

夕方はインサイドですが引いてる時よりは楽しめました(オージー2人と3人^^)

このサイズだとロコ入らない笑

 

十分楽しいんですが^^

 

 

3へ続く

お休み期間中、Indonesia(インドネシア)の首都 Jakarta(ジャカルタ) がある、Java(ジャワ島)へ行ってきました^^

 

この年末の忙しい時に SURF TRIP?と、空けておいたスケジュールが埋まっていく中、悩みに悩み…

悩みすぎてどんどん時間が過ぎてしまい…

ギリギリまで悩みましたが…

案の定、決行となりました^^;

 

というわけで、師走モード真っ只中の時期にいきなり

「来週からインドネシア行かない?」

「行く行く~~」

なんて暇人が周りにいるはずもなく^^;

またまた、1人で行き当たりばったりトリップです☆

 

出発は羽田、近くて楽チンです^^

 

飛行機はボードチャージがかからない「ガルーダ」^^

ほんと、インドネシアは波の宝庫で近くて安くて行きやすい♪

 

ジャカルタまでは7時間半

 

見えてきました

 

現地時間の夕方に到着(時差-2時間)

 

税関を通過したところで自撮りポイントありました笑

 

外に出た頃にはもう真っ暗、とにかく…暑い!

 

ここからは車で順調にいって5時間、ラッシュアワー時や事故渋滞があると10時間かかるかもという、ど田舎の Cimaja(チマジャ)へ

 

まず、空港のパーキング出るまでに40分くらいかかりました^^;

 

で、ジャカルタ市内の渋滞もすごい…

4車線の隣にも分離帯挟んで同方向に2車線あるのですが、全て車のテールランプで埋め尽くされていました、びっくり!

 

途中からハイウェイになり、都会を抜けハイウェイを降りた頃には車も少なくなってきました

 

くねくね山道をひたすら走り、いくつかの村?を通り越して

 

到着

途中、ドライバー居眠り運転笑

かなり睡魔に襲われており、ちょいちょい休憩をとったので、ここまで7時間程

無事着けばいいんです笑

運転してないのに疲れたー笑

 

さっそく、ビールで1人お疲れ^^

即撃沈です

 

翌朝

 

朝食はここか部屋で

 

ゆっくりのんびり出来そうです^^

 

まずは波チェックに行こうかと思ったら、鍵が閉まらない

さっそく笑

 

たまたま持ってた殺虫剤をプシュー笑

なおった笑

 

宿のWi-Fiはバルコニーにいると快適です^^

 

あの橋を渡って

 

向こうが海

 

部屋は2Fの右角

 

さっそく、波チェックに

 

波は…ない笑

あれ?笑

 

誰かなんかやってる

 

呼ぶから行ってみると

 

ほらこんな採れた!みたいな

 

宿の1Fでサーフショップしてるegsと自己紹介してくれた

最近波がないけどそろそろサイズアップしそうって^^

小さいままだったら、ボートで1時間のノーネーム(NO NAME)&チマジャ(CIMAJA)から車かバイクで1時間~のSUWARNA(サワルナ)まで連れて行けるから言ってねって^^

ちょっと様子見てどうしても波がダメだったら考える事にしました(ただ、どっちもレフトオンリーのポイントだからなぁ)

 

ボトムはリーフ混じりの大きい玉石

 

&ウニ><

入る時と出る時に気をつけないとです

初日で踏んだら終了です笑

 

2へ続く

新車「MINI Cooper S Convertible」です

 

まずは、ウィンドガラスから

油膜除去中

 

部分的に除去の画像、新車でも下地処理が大事です☆

 

リアは、ファブリックの幌にコンパウンドが付着したら大変なので慎重に

 

続けて、下地処理研磨

港に到着後ほぼ最短で納車され、納車翌日に持ち込んで頂きましたが…ところどころにキズがあります(欧州車では特にあるあるです)

研磨前

 

キズ口狭く深度あるキズ…

 

研磨後

 

バッチリです^^

 

クォーターパネルのキズも…

これまた結構しっかりしたキズです(バフ研磨修正キズ)

研磨前

 

研磨後

塗装肌をそのままに「キズ」のみを修正します

 

これで良し^^

 

研磨を終えて、洗浄後

まずは、ソフトトップをオープンにして、サイドからウィンドコート施工

 

オープンは開放的で良いですね♪(海岸線のドライブ気持ち良さそうです〜〜><)

内装もお洒落で素敵です^^

 

続けて、ボディのコーティング施工にて完了

 

オーナー、幌のコーティングも悩まれていましたが…弊店ならではのご提案にて後日要相談となりました^^

 

これぞ新車!というコンディションにてフィニッシュです☆

 

 

そんなこんなで、自分がしゃかりきに仕事してる中…

MINIの施工が完了して一息ついてると、ピンロン〜♪って

ハワイからこの画像笑

 

笑笑

 

嫁への誕生日&義母への古稀のお祝い☆息子と3人でアウラニ行ってらーって事で♪(自分は忙しいので…仕事しまくり><)

 

小2の息子、この着ぐるみに喜ぶのはいつまでかな〜?

 

息子がディズニーに興味持ってるうちに「ディズニー・クルーズライン」行きたいなぁ、行けるかなぁ

でも、フロリダ遠いな〜&沈没怖いなーみたいな^^;

 

 

 

「KAWASAKI  ZRX1200DAEG」

こちらも新車!です

お客様、ちょうどお車の乗り換えのご相談を頂いてる中、バイクも買っちゃいました♪という事で^^

ラストモデルが2016年ですから、とっくに生産終了しているZRX1200DAEGを新車で見つけてこられました(すごい)

 

マスキングして研磨開始です

新車なのでキレイなのですが、まだまだ光沢が引き出せますね♪

 

すでにところどころカスタムされており、このパーツも純正と異なる様です(納得の磨きキズです^^;)

かなり強めのオーロラですが、激変します

 

研磨前

 

研磨後

 

バッチリです^^

 

RSE-1250改の出番は全くなく、小さいポリッシャーで

全パーツを磨き上げて完了です

 

施工画像が少ないですが^^;

限られた時間の中、お客様と談笑しながらの施工でしたので^^

「みるみるキレイになる過程が見れて楽しかったです」とお客様(自分も楽しく仕事が出来ました^^いつも黙々と一人の世界で施工してますからね…独り言つぶやいたりしながら笑)

 

う〜ん

男らしい!

 

後日、ホイールのみをお送り頂きコーティング施工です

 

プラスチックで作ってもこんな感じなんじゃないかって程軽くてびっくり@@

 

強度を保ちつつ限界まで肉抜き、男心くすぐる芸術的なデザインですね^^

 

 

 

それと「PROVIDE 技術講習」

 

内装リペアのプロユーザーよりご依頼頂きました

ボディコーティングも施工されていますが、この度より本格的にとの事で、今までの問題を解決するべくお越し下さいました

以前より弊社商品をご使用頂いている事から、ご案内はスムーズです(いつもありがとうございます)

また、展示会でもよくお話しさせて頂いており、当日お会いして「あーっ!」となり、すぐ思い出しました^^

展示会では数百と名刺交換しますので…お名前と顔をなかなか覚えられません^^;(皆様ごめんなさい^^; 頑張ります☆)

 

まずは、今まで疑問に思った事やわからない事をお伺いして、口頭で解決できる内容をご案内

そこから先は、実際に結果を見て頂きながら…

ディスカッションを終え、実技スタートです^^

 

コンパウンドや他ケミカルがどの様なもので構成され、どの様に変化していくのか…

 

知る事で、施工時の様々な判断にお役立て頂けると思います^^

 

この業界は断片的な施工方法が一人歩きしています

過去はそうであっても今は違ったり、またそのセオリーは前工程がどの様なものであったのかで答えが180度変わったり…

 

大事な事は、自分が行う各工程を理解する事です

なぜその工程が必要なのか…

 

掘り下げて考えれば考えるほど奥が深いですが、意味を理解すると自分基準の「応用」がより良く出来る様になると思います^^

 

RSE-1250改(次世代研磨システム・Mastermind)ならではのモーションで、より繊細な仕上げポリッシュを☆

 

バッチリです^^

 

サイドパネルは先に結果をご覧頂きます

 

また、その結果は今までの「研磨工程セオリー」や「普通は…」等のこの業界の当たり前である既成概念をフラットにして頂かなければ辻褄が合いません^^;

 

塗装を理解すると、それがこれからの当たり前になります

 

これらの出来事は、技術講習でしかご案内していません

経験の長い熟練の職人であればあるほど、理解できませんので…(目の前で結果を見ないと、脳が理解しようとせず信じられないと思います)

以上の事から、お問い合わせを多く頂いておりますがご案内する事は致しません(技術講習でのみのご案内となっておりますm(__)m)

 

続けて、ウィンドガラスのキズ研磨

 

ウィンドガラスのウロコ除去は…

施工者本人が頑張った結果、二度と除去できなくしてしまうケースが多々あります(施工者も気づかないうちに…です。最悪です)

その理由と対策をご案内致します

 

最後は、講習者専用品硬化系コーティング剤のご案内にて終了です^^

 

この度は遠方よりお越し頂き誠にありがとうございました^^

今後のわからない事や疑問は小さな事でもお気軽にご相談下さいませ^^/

 

 

メンテナンス

「ルノー ルーテシアRS」

 

新規登録から9年目のお車ですが、そう感じさせないデザインと美しさですね^^

 

スケール固着ゼロ、細部もスッキリです☆

 

オーナーの日々のお手入れとメンテナンスでグッドコンディションをキープです♪

 

 

それとそれと

「METABO SXE400」ミニダブルアクションポリッシャーのメタルハイギア、お問い合わせが半端無いのでフライングでお知らせです^^(そのお問い合わせの量は自分のせいという事、重々承知しております^^;)

来週には最終耐久テストが終わりそうです(この結果次第で来年のオートアフターまでにラインナップできるかどうかって感じです)
今の所、自分的に95%以上のレベルで完成☆(残り5%でコケませんように…^^;)

長かったー><(かれこれ2年以上…^^;)

もう少しお待ち願いますm(__)m

下記、製造工場から送られてきたプロトタイプとその他純正パーツ(モザイクしています)

その中に、見慣れないものが…!?

 

ちゃんとパッキングされてるし笑

 

自分「なんか、金のニワトリが入ってたよ?笑」

工場「忙しくて、そんな事しかできなかったー、ウケた?笑」

みたいな笑

忙しくても、心に余裕があるってこういう事だなと^^

 

 

それと

弊社商品に使用しているオリジナルの「黒トンガリキャップ」ラインナップ致しました

今までは「業販のみの大量ロット」と「バラでの販売は講習者専用品」として取り扱ってきましたが、紐箇所の耐久性が弱い事もあり少量セットにて通常ラインナップする事と致しました

http://provide.shop-pro.jp/?pid=135154214

 

「黒トンガリキャップ」の大量購入は別途お問い合わせ下さいませ

また、1万個以上にてオリジナルカラーでの製造も可能です(要相談)

 

 

それと、2018年12月3日~14日まで「Brighton」をお休み致します
お休み期間中の、お問い合わせメールにつきましては12月15日以降順次対応させて頂きます事、ご了承下さいます様お願い申し上げます

また「Brighton」では「下地処理研磨含むボディコーティング施工」は、今現在までにお問い合わせを頂き施工日程のご案内待ちとなっておられますお客様以外の場合、最短でも来年ゴールデンウィーク前後のご案内となります事ご了承下さいませ

※今現在「Brighton」では、すべての施工において新規施工は弊店にて施工歴のあるお客様からの「ご紹介のみ」とさせて頂いております事、ご了承下さいます様お願い申し上げます m(__)m


「PROVIDE」はウェブサイトのカレンダー通り営業しております

 

いつもありがとうございます^^/

 

 

 


テーマ:

PROVIDE 技術講習

 

「美観維持は一度のコーティングが全てではなく、適切なメンテナンスが必要」この考えの元、弊社硬化系コーティング剤を使用したいとの事で受講頂きました(話が早い^^)

 

今まで、散々様々なコーティング剤を使用し、その結果を見てきた受講者の方

「その結果はコーティングメーカーの謳い文句通りでもなんでもない」と^^;

また「メーカーのPRとは異なる説明をするのが大変だ」と。。

「だったら、お客様に変な先入観のないコーティングを、メリットとデメリットのリアルをちゃんと伝え、デメリットの対策があるコーティング剤を」との事でした

嬉しいですね^^

 

どんなに儲かっても「お客様が喜んでくれないと自分が納得しない」商売はお客様あっての仕事ですから、そのスタンス間違っていないと思います☆

「損をして得を取る事」得を取るまで体力が続けば、その得は何倍にもなって跳ね返ってくると思います^^

※ここで言う「損」とはこの業界の無責任な受注しやすいコーティングPRとは真逆の受注しにくいリアルPRをする事です(現状の大げさで間違っているPRを是正する事、客観的に常識的なPRをする事で普通の事です)

 

という事で、まずは「塗装を知る事」からスタートです☆

 

塗装を知るには、研磨の仕上げプロセスがわかりやすいです

 

先入観があると理解しにくいですが、目の前で起こる事に納得せざるを得ません

 

まず先入観をひっくり返してからより掘り下げたご案内を^^

 

仕上がりを見て納得するしかありませんので、ナゼなのかを考えます☆

 

わからなくても問題ありません^^

 

わかっちゃいますから笑

 

ウィンドガラスも

油膜、ウロコ、キズ、各処理方法の異なる理由とは…
聞けば納得です(何故なら、塗装面のボディでは理解している事だからです)

 

最後は講習者専用「硬化系コーティング剤」のご案内にて終了です☆

受講者の方、カーディテイリング含め主に自動車関連にて輸出入等手広く事業をされています

これからカーディテイリング関連の海外展開がスタートするタイミングにて受講頂きました

そして、講習を終えて数週間後…

マレーシアへ現地入りし「現地法人設立からケミカル販売の事業計画まで進んでいます」とお知らせを頂きました^^

マレーシアではすでに弊社商品が流通していますが、ターゲットが異なりバッティングしないフィールドでの展開(バッティングしてもいいんですけどね^^)(OEM展開なので中身は弊社ケミカルでもブランドが異なります)

自分よりも一回りほど若い受講者の方、若くしてやり手社長☆

フルバックアップしますので、今後のわからない事、海外展開含めどんな事でもご相談下さいね☆応援しています^^/

 

 

もう一つ、PROVIDE 技術講習

2年半前に技術講習を受講頂いたプロユーザーから「いくつか溜まった疑問と、最近の問題について確認したい事がある」と言う事でご依頼頂きました(いつもありがとうございます^^)

 

塗装に対する根本的な考え方を共有している事もあり、講習内容はほぼノートにまとめてきて頂いた内容の質疑応答でのディスカッションとなりました

他、わからない事や解決していない事はないですか?の問いに「大丈夫です、解決しました^^」とのお言葉を頂き一安心☆


最後に、持ち込んでいただいたパネル(トヨタ202 セルフリストアリングコート)にて実技です^^

磨き目が残る事があるとの事でしたので、まずは自分がいつものマッチングで仕上げてから…

受講者の方にも磨いて頂きます

 

セルフリストアリングコートよりも、耐スリ202の方がシビアですので、マッチングさえ出てしまえば…

 

特別な事は何もなく仕上がってしまいました^^;

 

見る限り、コンパウンドの使い方/研磨モーションに問題なく…

そこで、受講者の方が感じられ気づかれたのが「ポリッシャーのヘッド回転数がこんなに安定していない」という事でした。。

考えられる事は、ヘッドの組み付け(過去に講習時に持ち込んで頂いたポリッシャーのヘッド組み付け不良等もありましたので…)と、施工場所の電圧不足です

電圧の問題=パワーの問題でもありますので、コンパウンドのキレやキズ消しスピードに影響してきます(ウレタン最終仕上げにも)

 

もし、RSE-1250改をお使いの方で理想通りの仕上がりにならない方は、他のRSE-1250改と比べたり異なる場所のコンセントで使用して比較してみて下さいませ^^/

 

 

◯メンテナンス

「ハリアー」

新規施工から3年半、屋外保管ですがスケール固着ゼロです^^

 

パッと見でその美しさを感じる事ができるのは、細部がキレイだからですね♪

 

「メルセデス E250」

 

こちらも細部までスッキリです^^

 

まるで濡れているかの様な質感、下地処理研磨の賜物です

 

その質感をコーティング&メンテナンスでより良くキープする事が目的です^^

 

「マツダ ロードスター」

 

日々の洗車頻度はそこまで多くないとの事で、スケール多めでしたが…

バッチリです^^

 

ただオーバーコートするのではなく、スケールを除去してから塗装面へダイレクトにオーバーコートする事が望ましいですね♪

 

「プジョー 308GTI」

 

こちらのお車も相変わらずグッドコンディションです^^

 

本施工時の透明度を感じる美しさ、変わらずキープです^^

 

こちらは常連様のお乗り換えにて新規施工

「ホンダ シビック」

 

小さい様で大きい!?、大きい様で小さい!?

シビックセダン、スタイリッシュですね^^

 

いつもありがとうございますm(__)m

 

 

それと、ちょっと前の話ですが「あ展」行ってきました

お台場の「日本科学未来館」にて(激混みだった〜><)

 

これ面白かったです@@

 

椅子のあたり接近

 

もっと接近

 

横方向360度のシアタールームは大迫力でした☆

 

想像力が豊かになったかな〜?

 

 

外に出ると、お台場ではいろいろなイベントがやっていました^^

 

息子はインドアより、アウトドアの方がいいみたいです^^

 

 

それとそれと、最近台風来ないな〜(もう終わりかな^^;)

仕事がはかどって良いのですが…

画像はちょっと前の台風のうねり

七里全域がクローズ

 

そんな時は、横須賀/長者ヶ崎までチェックです

クリーンなムネカタで形良いブレイクでした^^

 

岬の反対、葉山サイドはオーバーヘッド〜セット頭半

規則正しいレフトのロングウォール、8名ほど入ってました

 

小磯も2名のサーファーがチャージしてました☆

 

で、鎌倉に戻ると…稲村がビッグウェーバーのセッションに☆

 

でかすぎます><

なのに、誰もこけない!(へんなとこでこけたらまずいレベル^^;)

 

翌日はビーチ(辻堂)のイベントに

 

海は全くもって落ち着かず

 

若手プロサーファーのエキシビジョンは、ハードなクローズ気味のブレイクでもさすがのパフォーマンスでした☆

 

その翌日、やっとうねりも落ち着いてきて

鎌倉はどこも良い波がブレイクしていました♪

 

その後も数日良い波でした^^

 

いつものポイントで波チェックしてると、カメラ持ったおじさまが「写真をとってもいいですか?」って

「いや〜、いい!」「すごくいい!」って言いながら撮ってました(褒められるとうれしいな笑)

ボロい原チャリ(リード90)がツボだったのかな^^;

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス