2017-10-01 02:33:15

今回の解散を見て2社間ファクタリングの重要性をさらに感じました

テーマ:資金調達

10月1日

私どものファクタリングに対する基本的な考え方は、

1日も早く、中小企業や中堅企業の皆様が、

普通に3社間ファクタリングの利用ができる環境になれば良いと願っています。

なぜなら、実現されたら、中小企業や中堅企業の資金状況は、

劇的に良くなると確信しているからです。

  

しかしながら、譲渡禁止特約だとか、

ファクタリング自体に対する理解度のなさから、

まだまだファクタリングに対する偏見が、

売掛先や銀行などには根強くあって、

このような状況をなくすためには、

民間の努力だけでは難しく、

国や政治の経済政策の一環としても重要な問題ではないかと思っています。

 

ご存知のように、

多くの中小企業や中堅企業の資金繰りは、

売上回収よりも仕入支払の方が先に来ることで、

このギャップを埋めるための資金調達は欠かせません。

売上が伸びれば伸びるほど、この資金調達は必要です。

ところが、このギャップを埋める資金調達先として、

現状では、銀行やノンバンクや貸金業者がタイムリーに対応できていません。

銀行が保証協会頼みではなく自らのリスクで、

このような資金に対して機動的な対応を普通に行うようになるまで、

またノンバンクにおいては上限金利が15%ではなく、

元の29.2%程度に緩和されて、

上記ギャップを埋めるための資金調達に対応できるサービスが復活するまでは、

ファクタリングの普及は経済政策上も重要な問題だと思います。

  

実際、中小企業や中堅企業はこのような金融環境の中で、

ビジネスチャンスがあっても、

資金調達ができないことで断念しているような由々しき出来事が、

ファクタリングの顧客を見ていると、

本当に多く存在しているとを痛感させられます。

このようなことは実にもったいないことで、

日本経済がなかなか伸びない一因にもなっていると確信しています。

 

ただ、情けない野党 叩きどころが違うよ!!! でご案内したように、

まだデフレ状況が続いているのに、

財務省の強行したがる消費増税を延期していた安倍政権でも、

今回の解散においては、

いつのまにか消費増税を既成事実化してしまいました。

希望の党は一応、「消費税再引き上げに反対」ではあるようですが、

どこまで本気なのか?

現状では不明です。

 

このようなことから、あきらめたくはないけれど、

高い確率で、

消費増税は避けられないのではないでしょうか。

14年度の5%から8%に引き上げただけで、

どれだけ経済に悪影響が出たのかは、

数字でも明確に出ているのに、

※参照

https://ameblo.jp/bhycom/entry-12178391689.html

https://ameblo.jp/bhycom/entry-12172764092.html

など

いつのまにか再引き上げに慎重だったはずの安倍政権でも、

消費増税を既成事実化して、

その使い道云々の話になっているぐらいですから、

財務省勢力の圧力は強力だと思うしかありません

金融庁は財務省の実態的には配下ですから、

官僚組織保護のためとしか思えない、

※参照 

https://ameblo.jp/bhycom/entry-12311851612.html

こんな肺炎の患者を氷水に入れるような、

メチャクチャな経済政策をする財務省と言う強大な親分がいる中で、

多くの中小企業の資金繰りの問題になっている、

売上回収と仕入支払のサイトずれによる、

ギャップを埋める資金調達の必要性などを真剣に取り上げるようなことが、

期待できるのか?と言われれば、

とても期待できるとはは思えません。

銀行やノンバンクにこのような資金ニーズを満たすサービスを求めても、

すぐに改善されることも現実的ではないように思います。

さらに、その対策としてファクタリング(3社間ファクタリング)が、

普通に多くの中小企業や中堅企業が利用できるような環境作りを、

国として政治として真摯に取り組むことなど、

期待できるはずもなく、

2社間ファクタリングの必要性は、別に宣伝ではなく、

ますます高まっていると思います。

 

だからこそ、2社間ファクタリングをサービスするファクタリング会社の、

まっとうな運用は不可避だと思いますし、

現在の混乱した業界の正常化は本当に必要だと思っています。

私どもは微力ながら、まっとうな2社間ファクタリングサービスを、

今後も継続して参りたいと思っています。

DMMオンライサロンご入会 

            ↓↓↓

DMMオンライサロン『思うように資金調達ができない方へ(銀行融資に依存しない資金調達)』

宜しければワンクリックをm(_ _ )m

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-30 01:35:16

建設工事会社向けファクタリングの典型的なお取り扱いが難しい事例

テーマ:資金調達

9月30日

今回は、私どもがサービスしている建設工事会社向けファクタリングである、

事代金早期資金化サービス で

よくあるファクタリングの取り扱いができない典型的な事例のご案内です。

 

先日、

私どもが建設工事会社向けの金融支援をする社団としてスタートした関係上、

会員になっていただいている建設工事会社の数は多く、

その中の人脈の方から相談があった案件です。

 

上棟が完了した段階で支払われる、

中間金のファクタリングがご希望の案件でした。

金額は4000万円で、

資金使途は当該工事の杭打ちのための費用の支払でした。

 

結論から言いますと次の点で難しくお断りさせていただきました。

なぜNGだったかと言うと、次の問題があったからです。

①上棟までの工事が完了していないから確定債権ではない。

 

さらに言うと、

②極めて資金繰りが厳しく、杭打ちの資金以外にもショートする懸念が高く、

果たして上棟までの工事が完了できるのかどうか、はなはだ疑問があるからです。

 

今日最もお伝えしたいことは、

いくら契約が完了していても、

それが過去何年にもわたり、

何回にもわたる実績がある先の工事であっても、

工事全体が完工、

あるいは出来高払いが確定するまでの工事が終わってないと、

確定債権と言えないから、

ファクタリング手法による工事代金早期化サービスはご利用になれないのです。

 

 

また、今回はもう一つ、非常にやりづらい状況がありました。

ブログでは書きづらいことですので、

次のオンラインサロンでご案内します。

DMMオンライサロンご入会 

            ↓↓↓

DMMオンライサロン『思うように資金調達ができない方へ(銀行融資に依存しない資金調達)』

宜しければワンクリックをm(_ _ )m

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-29 01:01:43

10月からのファクタリングを中心としたサービスについて

テーマ:資金調達

9月29日

10月からの私どものファクタリングを中心としたサービスのご案内です。

 

①全国の法人のお客様のご利用がスムーズになりました。

・北海道から沖縄の法人のお客様ご利用がOK

・上京不要で実行まで可能(ご利用額が500万円以上)

 

②高額のファクタリングのご利用がスムーズになりました。

・実行額は月商の30~50%であれば1億円まで実行可能

・3000万円までの実行なら審査も短期間で可能

・潤沢な資金を準備して対応

   

③低い手数料で実行が可能になりました。

・2社間 7.16%~12.16%  3社間  2.75%~6.08%

 ※新規利用の場合

・優良会社様への低コストサービスの拡大

 2社間 5.08~7.08%

 1年間契約で必要な時に繰り返しのご利用が可能になるサービス

 ※料率はすべて事務手数料込みの料率です

   

④ファクタリングコストのご負担を軽減するサービスの拡充

・厚労省系助成金

 並行してご利用場合、ファクタリングの審査上有利になります。

・不動産ファイナンスの見直し

 並行してご利用場合、ファクタリングの審査上有利になります。

・直接金融 社債引受サービスなど

 

⑤ご利用いただける法人のお客様について

・年商 5000万円以上の法人のお客様

 個人事業主のお客様は3社間のみ提携ファクタリング会社のご利用が可能

・信用力ある売掛先の、継続的取引の1ヶ月以内に入金が確定している、 

 売掛金を所有する法人のお客様

・現時点の経営状況が黒字の法人のお客様限定

 現状赤字基調場合、返って経営状況を悪化させるためご利用いただけません。

 過去の赤字は不問 

・ご利用いただける資金使途

 仕入資金などの前向きな資金限定⇒債務の返済や赤字補てんはNG

 納税資金はご利用可能(社会保険の納付資金もご利用可能)

 

⑥審査期間 申込書をいただいてから4~7日程度

 

ご利用ご希望の場合は他の資料は不要ですので、ご記入漏れがないよう次の申込書の項目ご記入の上メール等でご送付ください。

※送付先 

 メール:nakayama@zaimu-kaikei.or.jp  or     bhycom@gmail.com

  FAX:03-6369-3646

DMMオンライサロンご入会 

            ↓↓↓

DMMオンライサロン『思うように資金調達ができない方へ(銀行融資に依存しない資金調達)』

宜しければワンクリックをm(_ _ )m

いいね!した人  |  リブログ(0)