思うように資金調達ができない方へ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

中小企業の資金調達の将来の動向は?1

私どものサービスのお客様のほとんどは中小企業の経営者の方々です。

ここ何回かで、中小企業の資金調達がどのようになっていくかを、経済状況との関連、コスト(金利など)への考え方、調達の可能性など、多角的に日々のサービスで感じることを加味して、個人的見解もいっぱい入るかも知れませんが、感じていること、思っていることなどを投稿させていただきたいと思います。

 

まずはその基本として経済状況の動向が現状の延長線上にあることを前提にします。

日本の場合、誤った経済政策が30年以上も、何の反省もなく続くといった異常事態が継続されていますので、希望的観測が入りますが、ネットの普及で正しい情報に戸を立てられなくなっていて、私程度の人間でも、現在、財務官僚の固執する緊縮財政、消費税なとの増税路線の期満や噓が明白に分かるようになっているから、このような傾向が加速して多くの人の常識が変わり、地殻変動的な変革が一気に加速する可能性があります.

 

でも、現状の悲観的かつ醜い誤った政策が批判の声の増加と共に、多少好転するかも知れませんが、ここでは、現在のバカげた政策に大幅な転換はないものとして書いて参りたいと思います。

 

では、中小企業の資金調達の将来の動向について話を進めたいと思います。

 

整理すると次のような中小企業の資金調達の未来が考えられます。

・デジタル化、オンライン化の進展

 

・社会的投資や環境への配慮

 

・フィンテックの発展 

 

などこれらの要素が重要となるでしょう。

中小企業はこれらのトレンドに敏感に対応し、柔軟かつ効果的な資金調達手段を活用することが大切になると思われます。

中小企業の資金調達の将来の動向については、以下にまとめます。

 

①オンライン・デジタル化の進展

将来、中小企業の資金調達はオンラインやデジタルを活用した手段がさらに普及する可能性があります。

オンラインでの融資申請、デジタル決済やクラウドファンディングなど、従来の方法に加えて新たな資金調達手段が増えることが予想されます。

 

②インパクト投資や社会的投資への関心

将来、中小企業の資金調達において、インパクト投資や社会的投資に対する関心が高まる可能性があります。

社会的な課題解決に貢献するビジネスに投資する動きが拡大し、それを受けて中小企業も社会的責任を意識した事業運営を求められることが考えられます。※インパクト投資とは財務的な収益を追求しつつ、社会的および環境的なインパクトの創出を目的とする投資手法のこと。

要は自社の儲けだけでなく、社会的意義が求められることです。

 

③グリーンファイナンスの推進

環境問題への取り組みが進む中、将来中小企業の資金調達において、グリーンファイナンスやサステナビリティ関連の融資ニーズが増加する可能性があります。

環境に配慮した事業やプロジェクトへの資金支援が重要視される中、グリーンファイナンス市場が拡大することが予想されます。

※グリーンファイナンスとは、地球温暖化対策や再生可能エネルギー等の環境分野への取組みに特化した資金を調達するための債券(グリーンボンド)や借入(グリーンローン)を指します。

 

この項目については、個人的には異論を持っています。

世界的な権力層の状況によりかなり替わる可能性があります。

EVの状況、太陽光発電を見れば、そのリスクについての考察は重要であることが分かります。

 

④フィンテックの台頭

将来、中小企業の資金調達において、フィンテック(金融テクノロジー)を活用した革新的なサービスやプラットフォームが台頭する可能性があります。

データ分析やAIを活用した信用スコアリング、ブロックチェーン技術を用いた取引プラットフォームなどが中小企業の資金調達を支援する一翼を担うかもしれません。

 

①とともに中小企業の資金調達において、好き嫌いに関係なく、表面づらの情報や数字が何よりも、資金調達の可否への影響が大きくなると思います。

 

続きます。

 

ご連絡 ご相談 

ルガーノインベストメントHP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご視聴をお奨めするザイム真理教関連の動画

 

5月28日

今回は財務真理教に権力が集中しているこどの大弊害についての動画をいくつかご紹介します。

 

 税収の範囲でしかお金を使ってはいけないというGHQの作った財政法4条を頑なに守る財務省はまさにザイム真理教というカルト集団。これで国が経済成長せず廃れても、国民が貧困しても、さらに、その結果安全保障が脅かされても、本当にやっていることが正しいことと信じていたら、救いようのない組織と考えるしかありません。プライバリーバランスの黒字に拘る理由が、財務官僚の出世ためには敢えてやっているのであれば、とんでもないけれど、まだ本当は違うとお待っているだけましです。  

さかと思うけれど正しいことをしているんだと信じてやっているのなら、これは救いようがありません。
 
 
 
 

日本の財務省に権力が集中している弊害は?

5月27日

この問題はずっと怒りを持って投稿して参りました。

 

今回はデキるだけ冷静に整理してみたいと思います。

 

財務省に権力が集中している弊害として以下の点が挙げられます。

 

①民間企業への影響力財務省が極めて強力な立場を持っていると、それに応じて民間企業や金融機関に対する影響力も大きくなります。これが行政の独占や独善的な意思決定を引き起こし、市場の健全な競争環境を歪める可能性があります。

※独善的かつ恣意的な意思決定が30数年も経済成長しない日本にしてしまいました。

 

②民意の反映不足財務省が権力を強く持っていると、その意向が強く反映され政策決定に影響を及ぼすことがあります。これが政策の民意に反する形で推し進められることで、民主主義の原則に反することにつながる可能性があります。

※巨額の、予算を執行しなかった余剰金や、円安で外貨準備金に含み益があるのに、増税や社会保険料を上げるなんて民意に明らかに逆行しています。それでなくても国民負担率が50%を超えているのに・・・・

 

③決定の非透明性財務省が権限を独占していると、その決定プロセスが非透明になりやすいことがあります。情報公開が不足し、市民や他の行政機関が意思決定に影響を与える機会が制限されます。

※緊縮財政や消費税堅持が官僚の出世のためなんてことが言われていますが、本当なら決定の非透明性なんていうレベルの話ではありません。

 

④リスクの集中財務省があらゆる政策決定に関与し、権限を持っている場合、決定のリスクが一つの機関に集中しやすくなります。 

①同様、独善的かつ恣意的な意思決定が30数年も経済成長しない日本にしてしまいました。

 

以上のように、財務省に権力が集中していることが、様々な問題を引き起こしています。この投稿のようなことが行われていいるなら、とても民主国家とは言えません。

 

ご連絡 ご相談 

ルガーノインベストメントHP

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>