思うように資金調達ができない方へ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ファクタリングについての講演内容 1

湖、カモーリの画像のようです

 

 

6月18日

7月の中旬、リモートで知人が主宰する士業やコンサルタント向けに資金調達の支援コンテンツの情報を提供する会員制のグループで講演します。

①ファクタリングとは?

②ファクタリング活用の注意点

③ファクタリング会社の選び方

 

①ファクタリングとは?「ファクタリング」とは、事業者が保有している売掛債権を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス(事業者の資金調達の一手段)であり、法的には債権の売買(債権譲渡)契約です。

 

利用者の目線で言うと、支払の確定した売掛債権を手数料を支払って売却し資金調達する方法です。

 

ここでご注意いただきたいのは、日本では主流の2社間ファクタリングにせよ、本来のファクタリングと言える3社間ファクタリングにせよ、お金の貸し借り(融資)ではなく、売掛債権の売買であることです。

 

ややもすると、2社間ファクタリングの場合、既にファクタリング会社に売却済みなのに、便宜上、売掛先から自社の口座に売掛先から入金があり、その入金を、あるいはその中から、ファクタリング会社に売掛金の入金日に送金しなければならない約定があることが、融資を期限一括返済する行為と混同されてしまうことがあるのではないかと思われます。 

 

だから、ファクタリングなのに、手数料のことを金利、精算のことを返済と思ったり言われる方もいるのではないかと思います。

 

ファクタリングの本来の形は3社間ファクタリングで、ご利用者はファクタリング会社に売掛債権を売却して、手数料を引いた売却差額金を得た段階で取引は終わっているのです。

 

だから、売掛先が売掛債権を新たな所有者であるファクタリング会社に支払われないような事故が起きても、言い方は悪いですが、債権をファクタリング会社に売却したファクタリング利用者にとっては何ら知ったこっちゃないのです。

 

ところが日本の場合、売掛先が信用力の高い大手企業であればあるほど、譲渡禁止があったり、ファクタリングを由としない風潮があるのも確かで、売掛先には内聞で行われる2社間ファクタリングが主流となっています。

 

この辺りことを2社間ファクタリングを利用したご利用者視点で整理しますと、次のようになります。

・売掛先からの入金は、既にファクタリング会社に売却済みの売掛債権の入金で、その入金されたお金は他人物なので、予め契約時に事務委任を受けたファクタリング会社に直ちに送金する。

 

・ファクタリング会社に売却済みの売掛債権の入金が万一ない事故か起きても遡及されない。

 

・ファクタリングとは本来3社間ファクタリングだからこそ、信用度の高い売掛債権なら、売掛債権の回収の確定度が高く、シンプルな審査と低コストでの利用が可能になる。

 

もう一点お話しすると、2社間ファクタリングの事故のほとんどは、売掛先からファクタリング利用者には入金があるにもかかわらず、利用者がその入金を横領することで起きていることがほとんどで、このようなことから細かい面倒な審査が行われ、手数料の料率も高くなってしまいます。

 

ご連絡 ご相談 

ルガーノインベストメントHP

 

 

 

 

 

でんさいの普及のための情報

 

 

6月18日

改めてでんさい(電子記録債権)割引による資金調達のアレンジをして思ったのは、いろいろな課題はあるにせよ、資金繰りにまったく問題ない場合や、売掛債権の回収を即金でできる場合はともかく、可能ならばでんさいによる回収をおすすめします。

 

今回の投稿では、でんさいを普及させる第一歩として、でんさいネットのサイトから、でんさい参加金融機関一覧とお取引先でんさい利用状況検索サービスURLをご案内します。

でんさいのご利用の参考になればと存じます。

 

◆でんさい参加金融機関一覧

https://www.densai.net/list/

 

 

◆お取引先でんさい利用状況検索サービス

https://www.densai.net/usersearch/

 

 

ここから、先週のでんさい割引のアレンジで協力いただいたノンバンクのサービスの概要をご案内いたします。

◆でんさい割引(手形割引)のサービス概要

・貸付金額  1銘柄3億円まで

・利息  年率3.00%~14.90%

・遅延損害金  年率20.00%以下

・事務手数料

①手形割引:原則不要(場合により額面金額の1%以下)

②電子債権割引:原則不要(場合により額面金額の1%以下)

・実質年率  15.00%以下

・担保、保証人

原則不要(法人の場合代表者様の保証をいただく場合があります。)

・返済方式 一括返済方式(※手形の場合:銀行交換決済方式)

・返済期間 1ヶ月~8ヶ月

・返済回数 1回

 

◆必要書類(申込時)

1.新規取引申込書、個人情報取扱同意書

2.手形コピー、または電子債権コピー

3.商業登記事項証明書

4.本人確認資料(代表者様の運転免許証またはパスポートの写し等)

5.請求書、注文書等の成因確認資料

6.その他資料(必要に応じて)

※初回取引時のみ下記の書類が必要となります。

 

◆必要書類(契約時)

1.申込時必要書類の各原本

2.印鑑登録証明書1通・実印

3.法人契約は、商業登記事項証明書、印鑑証明、実印

4.収入印紙(4,000円 1枚)

その他、必要がある場合には事前に連絡をさせていただきます。

 

ご連絡 ご相談 

ルガーノインベストメントHP

 

 

 

 

 

 

 

 

でんさいのメリットとデメリット

 

 

6月17日

利用すると本当に利用者にとって利便性の高い資金調達なのに、なぜかなかなか普及しないでんさい(電子記録債権)。

セゾンのサイトに非常に分かり易いサイトがありますので、ぜひご一読いただければと思います。

 

電子記録債権とは?メリット・デメリットや活用方法を紹介 | セゾンのくらし大研究 (saisoncard.co.jp)

 

概要は次の通りです。

 

◆電子記録債権のメリット 

債権の紛失・盗難防止

取り立て手続き不要

複数の支払い手段が一本化できる

譲渡や割引が分割化できる

個人事業主も利用可能

二重譲渡のリスク回避

印紙税が非課税

POファイナンスで資金調達できる

 

◆電子記録債権のデメリット(電子記録債権利用の注意点)

手数料が必要

普及が進んでいない

個人での利用不可

セキュリティ面でのリスクがある

小規模ではメリットがあまりない

会計処理を変更する手間がかかる

債権者・債務者双方の利用が必要

 

このサイトはでんさいを理解するのに非常に参考になりますので、ぜひ次のセゾンのサイトをご一読下さい。

 

ご連絡 ご相談 

ルガーノインベストメントHP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>