YO-ENさん定例ワンマンライブ、半年ぶりの開催です。

 

 

当ギャラリービブリオのイチ押しシンガーYO-ENによる人気シリーズの最新版、夏のワンマンライブです。

 


「YO-EN唄会 黄昏に恋して 

       2デイズ」vol.20

 

① 8月17日(土)  開場16時30分(開演17時) 
② 8月18日(日)  開場15時30分(開演16時)   

 
YO-ENがオリジナル、カバーを気ままに歌う約2時間のワンマンライブです。


MC. 2,500 円  (要予約:限定各23席) 

 

※お申し込みはビブリオ公式サイトの「お問い合わせ・お申込みページ」に“YO-ENライブ申し込み”の表題で氏名、希望日、人数、電話番号を明記の上、お申し込みください。https://www.gbiblio.jp/

またはメールで(メールの方はここをクリック)。

 

【お願い】 

  ※このご時世です。決してご無理のないようにお願いします。当日、風邪症状のある方、体調の悪い方はご来場をお控えください(事前連絡をお願いいたします)

 

 

 

 

 

 

※お申し込みはビブリオ公式サイトの「お問い合わせ・お申込みページ」に“YO-ENライブ申し込み”の表題で氏名、希望日、人数、電話番号を明記の上、お申し込みください。https://www.gbiblio.jp/

またはメールで(メールの方はここをクリック)。

・各日、先着23名様。要予約。早期の完売も予想されます。

折り返し担当者からメールをいたします。翌々日になっても返信がない時はお電話ください。

※電話は営業時間(11時~19時)中にお願いいたします(水曜定休)。
電話  042-511-4368 ギャラリービブリオ音楽イベント担当

 

 

 

・・ちょっと余談 (長文です)・・

 

ギャラリービブリオとYO-ENさんとの出会いは8年前、2016年2月の「中川フォークジャンボリー 浅川マキの夜」。故・浅川マキさんのプロデューサーだった寺本幸司氏に連れられて、ちょっと緊張の面持ちで入って来た黒ずくめの「ナジャ」のようなそのノンクレジット・ゲストシンガーは、荷解きもそこそこにリハーサルを始めました。曲は浅川マキの「朝日楼」。下はその日の写真。

 

 

  

 

 

 

 

上はその前年収録の「浅川マキ『朝日楼』coverd by YO-EN」

 

 

カバーを3曲歌ったそのステージはお客様に好評で、「この前のあの子をまた招んでくれ」とのご要望をいただきました。

 

 

そしてその3か月後の同2016年5月19日、第1回となる「YO-ENライブ 昭和歌謡スペシャル」を企画しました。「次回はいつか」の声に推されてその後もたびたび開催しました。

 

 

第2回   2017年7月2日

 

第3回   2018年3月10日

 

第4回   2018年9月1日

 

第5回   2019年1月26日

 

第6回   2019年7月27日

 

当初は年1回でしたが好評のため3回目からは年2の半年ごととしました。7回目はペースを早め4か月後に設定しましたが発表まもなく完売したため急遽、追加公演を設定し「2デイズ」にしました。

 

第7回①②  2019年11月30日、12月1日

 

その次からは「昭和歌謡スペシャル」を「黄昏に恋して YO-EN唄会」と改題して企画しましたが新型コロナウィルスに関する「緊急事態宣言」のために中止を余儀なくされました。

 

第8回①②  2020年3月28、29日 →中止

 

そして時代は「withコロナ」。この年からはキャパを減らして開催しています。

 

第9回①②   2020年8月29、30日 

 

第10回①②  2020年11月28、29日 

 

第11回①②  2021年5月22、23日 

 

                    (20210523のライブ風景)

 

第12回①②  2021年8月14、15日 

 

 

                     (20210815のライブ風景)

 

第13回①②  2022年4月23、24日 

 

第14回①②  2022年7月23、24日 

 

第15回①②  2022年10月22、23日 

 

第16回①②  2023年2月25、26日 

 

                   (20230226のライブ風景)

 

この第16回には小説家の嵐山光三郎さんが来られて週刊朝日の連載「コンセント抜いたか」に見開き2頁で感想を書いてくださいました。イラストは南伸坊さん。

 

 

↑ 記事詳細は上の画像をクリックしてください ↑

 

 

第17回①②  2023年7月22、23日 

 

第18回①②  2023年11月3、5日 

 

第19回①②  2024年3月23、24日 

 

 

他に、当ギャラリービブリオでは中川五郎さん、松田幸一さん、タブレット純さん、チャーマァ(デリシャスウィートス)さん、渡部八太夫(説経祭文)さん、趙博(パギやん)さん、春日博文さんらと共演しています。

 

 

「with タブレット純」

 

 

「with 松田ARI幸一」

 

 

浪花の唄う巨人・パギやん、元カルメンマキ&OZのギタリスト・春日ハチ博文さんとのトリオライブ「パギハチヨーエン」は回を重ね、すでにギャラリービブリオの人気企画となっています。

 

↑↑ 企画詳細は画像をクリック ↑↑

 

 

YOUTUBEにアップされた170曲以上の楽曲はこちらをクリックしてご覧ください、お聴きください (←クリック!)。多い曲では100,000以上のアクセス数をマークしています。

 

また、より自由な表現を標榜した新チャンネル「YO-EN流」を立ち上げました。 (←クリック!) クリック及びチャンネル登録をお願いします。

 

 

 

ここまで聴いていただいたように、一曲一曲丁寧に歌いこむカバーも人気が高いですが、YO-ENさんの真骨頂はそのオリジナル曲にあります。

 

 

平和への祈りを込めた「黒い太陽」

 

 

 

 

万葉集の大津皇子の歌に材を採った「恋しとよ」

 

 

 

 

炭鉱労働を歌った「ガスケの花」

 

 

 

 

自然への畏敬を歌った「杣の唄」

 

 

 

 

そして近年力を入れているのが「八木重吉」。大正〜昭和初期の早世のクリスチャン詩人・八木重吉(1898~1927)の詩にYO-ENさんが曲を付け歌い、漫画家のつげ忠男さんが絵を描いたミュージックビデオ「わたしは悪い人間だもの」が大変に話題になりました。

 

 

    ↑↑ クリックすると別窓が開き再生します。 ↑↑

 

 

そしてそれらの作品等がきっかけとなり一昨年昨年10月の重吉の忌日イベント「茶の花忌」では、歌のゲストとして正式に招かれ八木重吉記念館で重吉の詩に曲をつけたオリジナル5曲を歌いました。下は一昨年のライブ映像です。

 

 

 

 

ぜひご視聴ください。

 

 

この6月2日には「八木重吉」関連活動の集大成ともいうべきコンサートがありました。上記の活動が評価され、現代詩新人賞の最高峰・「H氏賞」授賞式を含む年に一度の現代詩の祭典・「日本の詩祭2024」(アルカディア市ヶ谷「富士の間」にて)の中で全国から集まった200人近い詩人を前に「YO-ENが唄う八木重吉の世界」という50分のコンサートを挙行しました。

 

 

 ↑↑ その日の詳細は写真をクリック

 

 

そしてその模様は、創刊65年の日本を代表する現代詩の専門誌「現代詩手帖」7月号にご紹介いただきました。

 

 

 

  

 ↑↑ その詳細は写真をクリック

 

 

 

さぁ!! 最後のご案内です。

 

 

 

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 

       2デイズ」vol.20

 

① 8月17日(土)  開場16時30分(開演17時)
② 8月18日(日)  開場15時30分(開演16時)   

 
YO-ENがオリジナル、カバーを思うままに歌う約2時間のワンマンライブです。


MC. 2,500 円  (要予約:限定各23席) 

 

※お申し込みはビブリオ公式サイトの「お問い合わせ・お申込みページ」に“YO-ENライブ申し込み”の表題で氏名、希望日、人数、電話番号を明記の上、お申し込みください。https://www.gbiblio.jp/

またはメールで(メールの方はここをクリック)。

 

 

 

 

・・・もうすぐ開催・・・・・・・

 

7月13日(土)

恋うたでない恋うた  ~パロミタ友美のバウルの歌舞い

↑↑ 詳細は画像をクリック ↑↑

 

8月1日(木)~12日(月・祝)

塚本やすし絵本原画展「焼けあとのちかい」

↑↑ 詳細は画像をクリック ↑↑

 

 

 

・・・・・・・・・・・・公開中・・・・・・・・・・・・・・

 

当ビブリオが「美術協力」したミュージックビデオ「私の孤独」「わたしはわるい人間だもの」、YOUTUBEで無料公開中です。

 

↑↑ 詳細は画像をクリック! ↑↑

 

↑↑ 詳細は画像をクリック! ↑↑

 

 

・・・・・会場限定発売CDを通販受付(ギャラリービブリオBASE店)・・・・

 

↑↑ 詳細は画像をクリック! ↑↑

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ギャラリービブリオ公式サイト

  ↑クリック!!

国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。