ラブホ社長のバリ島海外不動産投資入門・バリ島移住・ヴィラ建築・ついでに起業入門!

ラブホ社長のバリ島海外不動産投資入門・バリ島移住・ヴィラ建築・ついでに起業入門!

日本でホテル14軒、中学受験塾、おもちゃのECビジネスで成功し、貸ビル3棟、太陽光7箇所所有。海外も楽しそう!とインドネシア・バリ島で不動産投資、ヴィラ・別荘の建築・運営。
起業や投資・ビジネスの成功、バリ島の海外不動産投資・ロングステイをお話します。


テーマ:

最近、読者の中に記事の要望を言ってくる人がいる。

 

(会ったこともないのに図々しいだろ)笑

 

と思うが、今日は要望に応える気になった。

 


要望が多いのが、以外にも恋愛ネタ。

 

ジャンルが違うでしょ?と思うが。。

 

このブログのテーマは、バリ島不動産。

 

起業、投資などのビジネスネタの要望はわかるけど、

 

そのテーマは批判が多いし、誰が読んでる分からないからリスクだ。

 

読者が少ない昔ならともかく、最近は意図的に避けているテーマである。

 

ま、いっか、たまには。

 

 

では、本題にいこう。

 


どういうわけか、「誰かいい人いない?」とか「面白いネタない?」

 

という依頼を男女問わず受ける。

 

(いい歳こいて、あるわけねーだろ)と言いたいが、

 

男女問わずそういう話があるから、どうにかなる。

 

自分にメリットがないし、後始末が面倒だから避けている。

 

例えば、こんなメッセージがくるから面倒くさい。

 

 

とはいえ、ひょんなことから飲み会をやることになった。

 

もともとこの日は、友人の船でオトコ飲みの予定だったが、

 

前日の天気予報が雨がだったから、急遽、飲み会になったのだ。

 

たまたまだが、男はかなりハイスペックという布陣。

 

 

場所は、六本木のユニオンスクエア東京。

 

肉と野菜が美味い店だ。

 

 

 

なんとなく男女が交互に座り、簡単にそれぞれを紹介する。

 

ほどなくして、料理が運ばれてくる。

 

サラダが3つ。

 

この店のサラダは、かなりボリュームがある。

 

 

 

 

ここで事件が起きる。

 

事件というわけでもないが。。

 


すみません。待ち合わせの20時が近いので

 

この続きはまた。

 

 

残席3名!!12月11日~14日 成功者と行くバリ島ツアー参加者募集

 

バリ島不動産ワンツー転売の話

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

 


テーマ:

バリ島現地法人のローカルスタッフが気に入っている飲食店がある。

 

そこは、サヌール、メイン通りの裏。

 

夜な夜な異様に賑わっている。

 

いつも、ローカル若者男子が300人はいるだろう。

 

店の名は、"Warung Pan Tantri Sanur"

 

 


「安くて、いい店だから!」と何度か誘われたことがあるが

 

日本人の僕としては、話を聞けば聞くほど行く気がしない。

 

しかし、現地スタッフのタケシは、日本人のくせにこの店が大好きだ。

 

彼の報告によると、、、。

 


1、酒はアラック!
  

  ビンタンビール、ジュースなどもあるが、ほぼ全テーブルで頼んでいるのが、

 

  ビールボトルに入った地酒、アラックだ。

 

  これを、緑色の液体で割って飲む。

 


  緑色の正体は、パンダンを煮だして色をつけたもの。

 

  パンダンの香りこそするが、基本的には砂糖水、、である。

 

  タケシは当然、このセットを頼む。

 

  美味くない。  アラックも、砂糖水も。

  

  料金は、アラック、ハーフボトルで15,000(120円ほど)。

  

  安い!!


  ちなみに、僕はアラックが好きじゃない。

   

  だから訪バリする時は、赤霧島、いいちこ、ジャックダニエルを持ち込んでいる。

 


2、美味しい料理

 

  この店の看板メニューは、アヤムゴレン・テプン(鳥のから揚げ)。

 

  鶏のから揚げとはいうものの、中に入っている肉が、異様に少ない。

 

  ほとんど衣、というか、揚げた小麦粉。

 

  鳥肉入りのかりんとう、といったほうがいい。

 

  タケシに言わせると、これが意外に美味いらしく、

 

  肉が少ない(中身がない)から満腹にならず、何個も食べられる、とか。

 

  奴は病みつきになっているが、僕はイヤだな、そんな食べ物。笑

 

 


3、オーダーは、セルフ方式

 

  ビールも、ジュースも、水も、完全にセルフ。

 

  冷蔵庫から勝手にとって飲み、会計時にボトルを数える。

 

  あるいは、自己申告する。

 

  この店、完全に客を信用しきっている。

 

  フードのオーダーも、会計も、キッチンカウンターで受け付ける。
 
  ここでは、待っていても、何も始まらない。

 

  自分から動かなきゃだめだ。

 


4、圧倒的な回転率の低さ

 

  タケシは、この店に行くと5時間くらいいるらしい。

 

  他の客は、、? というと、もっと長くいるらしい。

 

  奴の見立てでは、平均滞在時間5時間、あるいは6時間。

 

  ダラダラと閉店の1時までいる客が多い。

 

 

 

5、ハンパない数のバイク

 

  裏通りの店の前・横にずらっとバイクが駐められている。

 

  近隣にしてみれば迷惑だが、この店のオーナーは古くからの地主。

 

  そのうえ、バリの格闘技で腕を鳴らした猛者(親子)。

 

  誰も文句は言えないらしい。

 


6、夜中まで大音量のBGM

 

  バリ系ミュージックを中心にかけるBGMは、夜中まで大音量。

 

  絶対、近隣に迷惑をかけているが、誰も文句を言わない。

 

  サヌールのバンジャールは煩い、って聞くけど、この店は放置されている。

 


7、圧倒的なローカル男子率

 

  この店の客の95%はローカル男子。

 

  男同士で安酒を飲みながら、延々とだべる。

 

  タケシ曰く、「これがローカル男子の正しい遊び方」だとか。

 

  (ホントかよ)

 

  昨今、女性をターゲットにし、女性客が増えたらする、男もついてくる、

 

  そういう軟弱な発想のマーケティングをする店が多い中、この店は違う。

 

  そこを気に入っているとか。

 

  (僕は女の子が多い店がいいけどね)

 

※もちろん、女人禁制、外国人禁制ではない。

 

 

 

8、ローカル若者男子、お行儀がいい

 

  安い酒場→若者→酒を飲んで騒ぐ→迷惑、というイメージになりがちだが

 

  ここはそうではない。

 

  若者のお行儀がとてもよい。

 

  ムリな飲み方はせず、ちびちびと楽しく飲んでいる。

 

  頼んだメニューがくるのが遅くても、文句を言う人もいない。

 


9、犬と猫

 

  店内は、犬と猫が数匹ウロウロしている。

  
  これも行儀がいい。

 

  タケシは可愛いというが、奴は女性に好かれようと動物好きを演じている、

 

  と僕は見ている。

 

 

この店はサヌールで一番の人気酒場のようだ。

 

あまりに多くのローカル若者男子がいることから、

 

日本人がふらっと寄るには勇気が必要だ。

 

 

万一、僕が行くことがあっても、唐揚げは食べても、砂糖水アラックは飲まない。

 

ホント、向こうの油ってカラダに悪そうなんだよな。

 

ちなみに、12月のツアーはまともな食事だからご安心を。。

 

 

残席4名!!12月11日~14日 成功者と行くバリ島ツアー参加者募集

 

バリ島不動産ワンツー転売の話

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

 


テーマ:

前記事で、ラブホテルをロボット化する話を書いた。

 

今回はロボット化と雇用の問題を考えたい。

 


ホテルにロボットを導入するタイミングをどう考えるか。

 

これから新築で大規模なホテルを作るなら、かなりの部分を

 

ロボット化することが可能だ。

 

しかし、現実には新築の場合であっても、大規模なホテルでなければ

 

ロボットの費用が人件費を上回るから導入は難しい。

 

既存の建物の場合だと、部分的、段階的に導入されるはずだ。

 


ロボット(設備)は、導入費用(初期費用)は高いがランニングは安い。

 

設備費と人件費、金利やリース料と比較してロボットが安くなれば

 

売上の影響が出ない仕事は、ロボットがやるようになる。

 


ホテルの人件費が月額で1000万円かかっていて、そのうちの半分、

 

500万円分の仕事をロボットが担えるとし、耐用年数が10年とすると

 

500万円×12ヵ月×10年=6億円

 

つまり、6億円でロボットが購入できるようになれば、

 

その仕事はロボットが人間に代わる可能性がある。

 


耐用年数が10年でも、実際にロボットが使えなくなるわけでなく、

 

多少のメンテナンス費用がかかるのは、スタッフの募集費や教育費と考えれば

 

ロボットの方が安くなる。

 

 

先日、NHKで『マネー・ワールド~資本主義の未来~ 仕事がなくなる!?』

 

という番組をやっていた。


その中で、「テクノロジーと雇用不安の歴史」という章があった。

 

=====以下、抜粋=========


テクノロジーの進化は経済や社会を大きく変えてきた。

 

産業革命では、大量の失業者を出してきた。

 

 

【1750年~ 】

 

第1次産業革命・・蒸気機関

 

大量の失業者が出たが、新たなテクノロジーが鉄道・製鉄業の雇用を生み出した。

 

 

【1900年ごろ】

 

第2次産業革命・・石油・電気

 

馬車が自動車に代わり、大量の失業者が出た。

 

一方で、新たに生まれた自動車産業が失業者を吸収し、労働者の賃金も上昇する。

 

 

【1940年代】

 

第3次産業革命・・コンピュータ、トランジスタ

 

タイピストや電話交換士が失業するが、エレクトロニクス産業が勃興し失業者を吸収。

 

経済は成長し、生産性も賃金も上昇する。

 

 

「歴史的に見れば、テクノロジーはいつも新たな仕事を生み、

 

 労働者の所得を上げる素晴らしい効果があった」

 

 

しかし、、そのセオリーに狂いが生じる。

 


【2000年~ 】

 

第4次産業革命・・AI、ロボット


これまでは、労働生産性の向上とともに賃金が上昇し、人々の暮らしが豊かになったが

 

2000年以降はそうではなくなっており、労働生産性と賃金の格差は広がり続けている。


====================


人間の欲も、テクノロジーの進化も止められない。

 

AIの能力が上がり、ロボットが大量生産されるようになると、

 

ロボットを持つ者と持たないもので、格差はさらに広がるだろう。

 


ロボットはモノを均一に大量生産でき、技術は簡単にコピーできるようになる。

 

そうなると日本は、技術力の優位性を保ち続けるのは難しい。

 

企業レベルでは守られるかもしれないが、個人レベルとなるとそうはいかない。

 


その中で、個人は何をしたらいいのか。

 

今の子どもたちが豊かに暮らすには何を身につけたらいいのか。

 

そもそもこれ以上豊かさってなんだろう。


競争し続けたり、他人と比較したり、っていうのは疲れるから

 

のんびり暮らす生き方になっていくのかな。

 

 

渦中にいると感じにくいけど、今、世の中の動きは早い。

 

あと何年生きるか分からないけど、気がついたらすごく変わっているだろうし、

 

それを見られるのだろうな。

 

 

楽しみなような、怖いような。。

 

でも、やっぱり、これまで通り、目の前のことに目を背けず、

 

目の前のことを好きになり楽しんで、生きていくんだろうな。

 

やっぱり未来はワクワクしながら迎えたい。

 

どれだけ便利になっているのか、どれだけ早くなっているのか、

 

何がどう変わっていくのか、なんだか楽しみだ。

 

 

残席4名!!12月11日~14日 成功者と行くバリ島ツアー参加者募集

 

バリ島不動産ワンツー転売の話

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

 


テーマ:

今、東京ビックサイトでレジャーホテルフェア2018が開催されている。

 

毎年行われているラブホテルの展示会だ。

 

 


目を引いたのが、unibo(ユニボ)。

 

ホテルの受付、案内をするロボットである。

 

あらかじめお客さまの質問を学習しておくと、応えてくれる。

 

受付、案内、質問への回答など、人が行っているかなりの部分に対応する。

 

 


この他にも、客室に料理や飲み物などを配膳をしてくれるロボットもある。

 

今はまだ、施設がロボット向けに作られていないし、コストが高いから

 

ロボットを導入しているホテルは多くないが、人の手がかからないシステムは

 

徐々に入ってきている。

 


例えば、お客さまからの飲食の注文は、以前はフロントに電話をしてもらっていたが

 

今は客室のテレビ画面から注文され、それがフロントのコンピューターに入り、

 

指示が出るようになっている。

 

今はまだ、料理や配膳は人が行っているが、いずれロボットが行うようになるだろう。

 

 

ラブホテルのお客さんの多くが、他人に見られることを好まない。

 

それはホテルのスタッフであっても同じで、地方の店舗ではその傾向が顕著だ。

 

そういう意味では、人が余計なサービスをしないことが、

 

ラブホテルのサービスとも言える。

 

 

フロントで客室を選びそのままチェックインしたり、客室内で料金の支払いをしたり、

 

客室に自動販売機を設置したり、無人化を図ってきたラブホテル業界。

 

ロボット化の波は、他業種より早く訪れるだろう。

 

また、カネがかかるな。。

 

残席4名!!12月11日~14日 成功者と行くバリ島ツアー参加者募集

 

バリ島不動産ワンツー転売の話

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

 


テーマ:

最近バリ島では、七三分けの髪型の男が増えている。

 

なぜだろう?と思って聞いてみると、それが女の子にモテるらしい。

 

外国人が南国バリ島に来れば、短パン、Tチャツ、サンダルが定番だが

 

ローカルや在住者は違うようだ。

 

 

お洒落に気を遣う男性の多くが、カッチリとしたスタイルをするようになってきた。

 

靴を履き、襟のあるシャツを着て、ジャケットまで羽織れば完璧。

 

それだけでローカルには“キチンとした仕事ができる男”として受け止められ

 

ウケがいい。

 

 

 

 

髪型は七三といえばそうなのだが、昔の銀行員の“シチサン”とは少し違う。

 

日本でいうと昔の“アイビーカット”とでもいうのかな。

 

サイドとバックを刈り上げて、トップはポマードで流す。

 

 

現地の日本人スタッフ(男)も、ひたすらローカル女子にモテたいものだから、

 

このシチサンポマードにしようとした。

 

ところが、下手な床屋にあたってしまい、“北朝鮮人”になっていた。

 

「今回はヘタ打ちしません!」と意気込んで、街で人気の床屋に向かった。

 

 

そこは、デンパサール・レノンにある「ベガス」。

 

ローカルの床屋だが、バリ島に7店舗展開している人気店だ。

 

コンセプトは、エルビスプレスリー。

 

店内にエルビスの写真や新聞の切り抜きが飾られている。

 

 

3人のスタッフが慣れた手つきでお客をさばく。

 

ひとり30分から1時間くらい。

 

客の大半は、さっぱりとシチサンポマードの髪型にして帰る。

 

常に待ち客が絶えない。

 

 

 

 

 

スタッフはマスクを着用し、首元にはカットした毛が入らないように布をあて、

 

ポンチョ?を着せる。

 

剃刀は消毒し、清潔感があって雰囲気がいい。

 

スタッフ同士の私語はない。

 

バリ島でここまでちゃんとできているの素晴らしい。

 

彼も今回は無事に仕上がった。

 


お会計は、カットのみで55,000ルピア(400円ぐらい)。

 

染髪込みで、125,000 ルピア(900円ぐらい)。


一般的なローカル床屋は、カット200円、染髪込みで500円くらいだから

 

少し高めの価格だが、ショッピングモールの床屋だとカットだけで、

 

2500円くらいする。

 

それを考えるとかなり安い。

 

サービスの質は、それよりもよいかもしれない。

 

 

難点は、日本語はもちろん英語も通じないこと。

 

写真を見せてカットしてもらえば、それらしくはやってくれるが、

 

微調整は言葉が通じないと難しい。

 

 

それを差し引いても、良い床屋だ。

 

2014年にオープンして、4年間で7店舗展開というのも納得だ。

 

低価格、高品質がウケるのは万国共通。

 

日本人が店を出したら流行るだろうな。

 

 

 

残席4名!!12月11日~14日 成功者と行くバリ島ツアー参加者募集

 

バリ島不動産ワンツー転売の話

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

 


テーマ:

 

 

 

昨日、先輩から「突然ですが上京しました」と連絡が来て飲むことになった。

 

その人は僕が政治家の秘書をやっていた時の上司で、一緒に働いたことはないが

 

野村証券の先輩でもある。

 


衆議院選挙に出て落選、ベンチャー企業の立ち上げをやったりもしていたが、

 

頭がよく、人柄もいい、非常に優秀なのに、どういうわけか上手くいかない。

 

その理由がずっと分からないかったが、昨日少しだけ分かった気がした。

 

(このブログを読んでいたら、ごめんなさい)

 


結論を言うと、頑固なのだ。

 

一見するとそうは見えない。

 

他人の話はにこやかに聞くし、余計な口を挟まない。

 

良い考えには賛同するし、勉強熱心だ。

 

しかし、それを自分の考えや行動に生かすことが苦手なようなのだ。

 

 

彼は現在、400万円の借金があり、サラリーマンをやりながら

 

毎月少しずつ返している。

 

あと何年かかる、って言ってたかな。。

 

 

「これでも、少し楽になったんだよ。10年以上返済してきたから」

 

「そうですか。大変だったんですね」

 

「自分はお金が好きじゃないから、金儲けに向いてないことがよくわかった。

 

 金儲けができる人は、お金が好きな人だから。それはそうじゃない」

 

 

お金が好きってよく分からない思考だな、と思ったが、

 

口を挟んで気分を害したら申し訳ないから、黙って聞いていた。

 

 

当然のことだが、借金は早く返したいようだ。

 

「なんか、ラクに返すこととか考えましょうよ」

 

「いや、俺はそういうのは向いていない」

 

 

彼は非常に優秀だし、物知りだし、顔も広い。

 

借金もキチンと返し続けているから、周りからも信頼されている。

 

(もったいないな。この人の能力なら、400万くらい簡単なのに、、)

 

 

「例えば、ですが、政治にも経済にもメチャクチャ詳しいんだから

 

 そういうのが好きな人を対象にブログでも書いて、セミナーでも

 

 やったらどうですか?協力しますよ」

 

「あるいは、儲かる案件とかあるじゃないですか。

 

 そういうのをブログで紹介するとか、仲間内で紹介するとか、どうですかね?

 

 人脈があるんだからネタはあるじゃないですか。

 

 サイドビジネスにしては、十分な利益が出ると思いますよ」

 

などと提案してみたが、「俺にはそういうのは向いてない」と一刀両断。

 

 

僭越だから、それ以上は言わなかった。

 


考えてみたら、この人とのやり取りは、いつもそんな感じだ。

 

世間話や軽口をたたくぶんにはいいのだが、考えをぶつけ合う場面になると

 

同様の展開になる。

 

僕より頭がよく、年長だし、互いの正しさをぶつけて気まずくなるのも

 

得策じゃないから、僕はさっさと負けている。

 

 

(違う)と思っていても、どうでもいいことであれば、

 

「そうですね。それでいいと思います」と早い段階で撤退するのだ。

 


この人の優秀さなら、少しでも相手のいうことを受け入れて試していれば

 

上手くいったろう。

 

でも、それが性分なのかな。。

 

 

そも、本人はそれなりに楽しそうだし、納得もしているようだ。

 

それなら他人がどうこういうことは、それこそ僭越というもの。

 

先輩の状況を考えると、持ち家はあるから借金さえなくなれば

 

本人は割り切って生きているからいいのだろう。

 

 

振り返ってみると、僕は苦手なことだらけだ。

 

だから他人に頼るし、素直にもなれる。

 

考えてみたらホテルもバリ島のことも、知ったかぶりをせず教えてもらい、

 

素直にやった。

 

そういうのって、大切じゃないかな。

 

 

最後に、、先輩、ごめんなさい。

 

このブログを読んでいたらマジで教えてくださいね。

 

先輩のこと好きだから、昨日時間を空けたんですよ。笑

 

 

 

 

成功者と行くバリ島ツアー参加者募集

 

バリ島不動産ワンツー転売の話

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

 


テーマ:

 

 

 

一昨日のXXさんの株式投資勉強会の感想が追加で届いたので紹介する。

 

今回の勉強会は、出席者全員が懇親会に参加、お一人以外は感想をいただいた、

 

という結果からも、満足度は高かったようだ。

 


XXさんにそれを伝え、「次回、またやりましょうよ~」と言ってみたが

 

「ないない、本当にカンベンしてください」とつれない返事。

 

続きは難しい感じだが、何らかの形で情報は提供したいと思う。

 


では、いただいた感想を紹介する。

 

 

======================

 

このような勉強会は初めてと言うことでしたが

最後まで雰囲気がよく勉強会、懇親会共に楽しく参加できました。


自分には無い考え方や視点で取引されているのが新しい発見でした。

損切りの大切さ、チャートは人の心理、人とは違う事をする

など大事なポイントがすごく参考になりました。


銘柄との相性や感覚的なところをもう少し伺いたかったです。

また、質問コーナーなどあれば参加者でシェアできて良いかなと思いました。


正直、参加者はすごく勉強になったと思うのですが

お二人にメリットがあるのかなと?

本当に感謝です。


もし第2回目があれば、ぜひ参加したいです。

またお二人にお会いするのを楽しみにしています。

ありがとうございました。

 

富山県 M様

 

======================

 

お世話になります。

先日セミナー受けさせていただきましたSです。

どうもありがとうございました。

ひとつ前のフリーパパさんのセミナーと合わせて、見所というのが絞り込めてきました。


株の本とか見ていても今回のような個人差が大きい実践的な事はあまり出ていないですし、

いくらくらい張ってるなどもわからないことが多かったので、とても勉強になりました。


あと、三上さんの司会の補足で初心者の私でも諸々腹落ちすることができました。

合わせてお礼申し上げます。


また次回あれば是非参加させてください。

どうぞよろしくお願い致します。


東京都 S様

 

======================

 

先日は勉強会参加させていただき本当にありがとうございました。

前回はバリ島セミナーで参加させていただき、その時は懇親会でもあまり話せず、

三上さん面白くて好きだなーと遠巻きから眺めてるだけで終わってしまいました。


今回は人数も少なく、XXさんも話し出すとめちゃめちゃ面白くて

冷静なのに熱くてとても楽しかったです。

三上さんにも本にサインしていただけてとても嬉しかったです。


なかなか自分のためになるとかはまだピンとこないんですが、

ただただ楽しいのでまた飲みたいです!

どんな形であれ参加できるものがあれば応募したいと思います!


また直近のブログでは皆さんいろんな形で相談させてくださいとか繋がらせてくださいとか

あるとのことで、昔よくテレビ見ていたマネーの虎みたいな番組か

ブログか動画を三上さんが発信したら絶対見ちゃうなーと思いました。

それにおそらく当時番組に出てた社長さん達よりガチではるか雲の上の人らだと思うのでw

もし実現できそうなら最初の応募者でお願いします!

 

神奈川県 T様

 

======================

 

先日は御社事務所にて歓談、また、大切な契約に立ち会わせていただく等

貴重な経験ができました。

初めてお会いしたにも関わらず、快く受け入れて下さりありがとうございました。


××樣の勉強会も、開催して頂けた事で、株式投資の心得と

株式投資の成功者の思考やルーティンワークが垣間見れ、少しですが

「環境を揃えて教えられた通りに実践すれば地方の人間でも再現性もあるのでは?」

と可能性を感じた勉強会でした。


そして何より

契約時に同席させて頂いた方や、××樣、そして三上樣から感じ取ったものは

何かエネルギーの様な物でした。

これは地元では決して体感できない物で、私にとっては勉強会と同じくらい

非常に価値のある物でした。

 

契約に立ち会わせて頂いたのも、恐らく三上樣が敢えてそういう事も

感じ取らせようと思われたからだと思っております。

 

また、短い時間でしたが

同じ志を持つお仲間とご縁を頂けた事も今回の旅での財産となりました。

(ある方とはLINEにて今後も情報交換していく仲になりました)


2泊3日東京でしたが、上記のように得るものが多く、とても濃い旅となりました。

本当にありがとうございました。


今回の旅で得た知識や財産を、自身のステージアップのため

有効に活用していこうと思う所存でございます。

今後とも宜しくお願い致します


長崎県 M様

 

======================

 

昨日はありがとうございました。

勉強会はとても勉強になりました。

実際に儲けている人のリアルな話を聞ける機会はまず無いと思うのて参加できて良かったです。

チャートは人間関係と同じですか、そんな発想まったく無かったです。

懇親会も沢山の人と色々知らない話が聞けて楽しかったです。


ダメ元(前に年齢制限が書いてあったので)で応募しましたが、意外に当選していて驚きました。

今回行動起こしてみて良かったと思ってます、以前なら申し込みすらしてなかったはずなので。

あと、、ご著書へのサインありがとうございました。

人にサイン頂いたの初めてなので、大切にします。


アンケート明日で宜しいでしょうか、スマホ入力慣れてないもので。

XXさんにどうぞよろしくお伝えくださいませ。

ありがとうございました。

 

富山県 M様

 

======================

 

昨日は有意義な時間を有難うございました。


また、普段出会うことのないXXさんの
貴重な情報を教えて頂き感謝しかありません。


10倍のセミナー費でも安い内容だと
思います。


 少人数の中で参加させて頂き
有難うございました。

 

横浜市 N様

 

======================

 

いつもお世話になっております。
 昨日はセミナーに参加させて頂きありがとうございました。

株式投資はほぼ未経験でしたので、実際に成功されてる方の生の話が聞けてよかったです。

 

三上さんが所々フォローしてくださったので素人にも分かりやすい説明や聞きたいことを

質問してくださってたのでよかったと思ってます。
 印象に残ったことは株と向き合うこと、自分自身で勉強すること、

簡単に人に聞くのではなく失敗を重ねて今の成功があるのだと思いました。


 私も少しでも早く二人に近づき、いつか肩を並べるくらい大きくなりたいと思いました。

飲み会での成功者の話、考え方等も刺激的でした。


○○との××は羨ましかったです!
 機会があれば誘って下さいね(笑)


 昨日はありがとうございました。

 

横浜市 N様

 

======================

 

株式勉強会、参加させて頂きましてありがとうございましたm(__)m

気になるチャートを見るだけで、あとは相性を感じながら投資する・・・。

たくさんのチャートを見ることの必要性を教えて頂いたような気がします。

早速、チャートを見るときに線をイメージするようにしています。

あと出来高も確認するようにしてみました。


次回は昨日話し足りなかったところを期待しています!

取り急ぎ、御礼と簡単ではありますが感想まで。

 

東京都 S様

 

======================

 

本日は投資の件、株式セミナーの件、ありがとうございました。

栃木県日光から来ていたTです。

懇親会では、もっとたくさんのお話を聞きたかったのですが

終電の時間があり、お先に失礼しました。


自分が何か変われないか自問自答しているなか、

投資という一歩を踏み出せました。

是非また参加したいのでこれからもよろしくお願いします。

 

栃木県 T様

 

======================

 

昨日も貴重なお話をありがとうございました。

懇親会は初参加でしたが、楽しかったです。

XXさんの株のお話も投資歴1年で負けてばかりの私には貴重でした。

チャートまったく見たことなかったです。

 

これから勉強していきます。

また参加させていただきたいです。

ぜひ、第2弾もお願いします。

ありがとうございました。

 

東京都 K様

 

======================

 

昨日は、お忙しい中ありがとうございました。

XXさんの講習のお話は、わかりやすく、飲み会でも気さくに

話してもらえて嬉しかったです。

 

XXさんの昨日のホテルは、ハイアットだと思いますが、

僕らは、リッチモンドだったんで、勉強してひと財産作り、

早くバリにヴィラが持てるよう頑張ります!

引き続き宜しくお願いします。

 

横浜市 K様

 

======================

 

XXさん、今日はありがとうございました!

色んな方とお会い出来てお勉強になり、楽しかったです!

 

新しいビジネスを考えていて、三上さんに相談したかったのですが、

もしまたお時間ある際にでも飲みに行けたらうれしいです🙇

(Nさんに少し相談させて頂きました!)

本当にありがとうございました🙇

 

東京都 N様

 

======================

 

昨日の勉強会は、感動的でした。

今まで株については、自分なりに多くのことを勉強したつもりでしたが

どれも中途半端にかじっていただけだと分かりました。


 XXさんは、本当にチャートしか見ていないんですね。

それで継続的に結果を出し続けているって凄いです。

材料とか、本当に知らない様子で。。笑

そこに感動してしまいました。


 本当にもう勉強会をやらないのですか?

ぜひ、続きをやってほしいです。

お願いします!!

 

横浜市 N様

 

=======================

 

成功者と行くバリ島ツアー参加者募集

 

バリ島不動産ワンツー転売の話

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

 


テーマ:

ヴィラに不可欠な素材のひとつ、布。

 

ソファーの生地や、サンベッド、ビーチパラソルの生地。

 

または、ベッドリネン、タオルなど。

 


その業者たちの出身を尋ねると、かなりの頻度で

 

「バンドゥン(バンドン)(Bandung)」と答える。

 

バリ島で使われる上記のような布は、多くがバンドゥンから送られてきている。

 

特に、ソファーで使われる高級繊維や耐水性・耐久性を求められる特殊繊維は、

 

まずバンドゥンからきているといっていい。

 

バンドゥンって、どんな街だろう。

 

行ってみたいな。

 


そう思ったのは、一度ではない。

 

バリ島やジャカルタで、色白、甘い顔立ち、つまりは可愛い子に出身を尋ねると、

 

かなりの頻度で「バンドゥン」と答える。

 

「やっぱりそうなんだ。バンドゥン出身の女性はチャンティック(美人)だよね。

 

 特にキミはかわいい」と言うと

 

「バンドゥンでは、私は普通よ」

 

と、かなり可愛い子がサラリと答える。

 

それは謙遜じゃなく、本気でそう思っている様子だ。

 

 

 

 

バンドゥンっていいな。

 

生地も女性も高品質なのか。。

 

もしかしたら、超絶美人が溢れかえっている?

 

男の夢をみさせてくれる街なのではないか。

 

 

「一度、バンドゥンは調査の必要があるな」と思うのだが、まだ行けてない。

 

実際、ヴィラで使用される高品質の布は、単価は高い。

 

布をバンドゥンから直接仕入れられたら、ヴィラのためになるし、

 

それは立派な仕事だ。


次回は、バンドゥンのツアーでも企画しようかな。。

 

 

成功者と行くバリ島ツアー参加者募集

 

バリ島不動産ワンツー転売の話

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

 


テーマ:

「成功者と行くバリ島ツアー」などというナメた企画を出してから

 

次のような依頼が増えている。

 

「旅行には行けないのですが、何かしらの会を開いてほしい」と。

 


ある方は、

 

「それに伴う店の手配、受付管理等はすべてさせていただきます!

 

 私ができることはすべてしますので何か開催いただきたいです」

 

とまで、おっしゃってくださっている。

 

そこまで言われると、何とかしたいなあ、と思うのだが

 

これがなかなか難しい。

 


その理由は、まず、彼らは狭い範囲でしかつき合わないからであり、

 

警戒心が強く、目立つことを避けているからだ。

 

 

数億単位の年収の人となると、本人にそのつもりがなくても目立つ。

 

少なくとも、その業界では有名人だ。

 

普段から、中傷や妬みの対象となり、ネット上でストーカーになり

 

攻撃されたりしている。

 

 

本ブログでも、彼らと遊んだ時の様子をアップしようと試みたが、ほぼNG。

 

もちろん、顔が分からないようにしても、である。

 

ブログネタにする写真には、どうしたって、車、船、高層マンションなどが写るワケで

 

それが本人を特定される可能性があるというのだ。

 

 

例えば、こんなふうに断られる。笑

 

 

バリ島ツアーの案内でも、イニシャルはNGだから、A氏、B氏、C氏としている。

 

 

今回、バリ島ツアーをやることになったのは、もともと自分たちで行く予定をして

 

そこに企画を出したら、酒の勢いもあって「面白そう」となったからだ。

 

彼らが参加する基準は、メリットがあるからといえばそうなのだが、

 

それは「面白そう」というもの。

 

多くのものを手に入れている彼らにとってのメリットは限られる。

 

 

大勢の人と交わることは、好きじゃないし、その必要もない。

 

彼らくらいになると、営業だけでなくても腐るほど人が寄ってくるし。。

 

「仲間内で飲もうよ」という誘いは簡単だけど、

 

そこに仲間じゃない人を連れては行きにくい。

 

 

なかには「食事代、交通費を負担します」という人もいるが

 

普段からタクシー代を平気で配っている彼らには響くはずもない。

 

ムリしてお願いすれば、どんな集まりにでも誘えなくはないが

 

本音を言わせてもらうと、そんなところで借りは作りたくない。

 

 

キーワードは“面白そう”

 

「それ、面白そうじゃない?行こうよ」

 

って思わせる内容を企画してくれたら簡単に誘える。

 

でも、、難しいよなぁ。

 

 

 

成功者と行くバリ島ツアー参加者募集

 

バリ島不動産ワンツー転売の話

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

 


テーマ:

今朝、目が覚めてipadでメールをチェックしたら

 

さっそく昨日の参加者からメールが届いていた。

 

=======================

今日はありがとうございました!

色んな方とお会い出来てお勉強になり、楽しかったです!

新しいビジネスを考えていて、三上さんに相談したかったのですが、

もしまたお時間ある際にでも飲みに行けたらうれしいです🙇

(Nさんに少し相談させて頂きました!)

今日はお疲れと思いますので、ゆっくり休まれて下さいませ。

本当にありがとうございました🙇

=======================


ビジネスの相談かぁ。

 

正直に言うと、「〇〇について相談したいんですが、、」

 

という依頼はやたら多い。

 

 

どうしたものかな、、と思いながら、勉強会の参加者名簿のクリアファイルに

 

封筒が挟んであった。

 

中にはピン札が。。

 

 

 

 

たぶん、彼女だな。

 

勉強会の参加費を、ピン札で封筒に入れてきたのだ。

 

実は彼女、僕が行きつけだったバーのマスターの結婚相手(奥さま)で

 

その人柄を知っている。

 

マスターの結婚式の様子

 

(こういう所が、彼女らしいな)

 

 

子どもの頃、僕はヴァイオリンをやらされていたのだが、

 

当時のお稽古事の月謝は封筒に入れて現金。

 

そのために、うちにはピン札が常に用意されており、

 

毎月ピン札を封筒に入れていた。

 

ふと、そんなことを思い出した。

 

 

仕方ない。。

 

どっかで、時間を作るしかないな。

 

それにしてもマスター、いい子を嫁にしたな。

 

成功者と行くバリ島ツアー参加者募集

 

バリ島不動産ワンツー転売の話

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村