ラブホ社長のバリ島海外不動産投資入門・バリ島移住・ヴィラ建築・ついでに起業入門!

ラブホ社長のバリ島海外不動産投資入門・バリ島移住・ヴィラ建築・ついでに起業入門!

日本でホテル14軒、中学受験塾、おもちゃのECビジネスで成功し、貸ビル3棟、太陽光7箇所所有。海外も楽しそう!とインドネシア・バリ島で不動産投資、ヴィラ・別荘の建築・運営。
起業や投資・ビジネスの成功、バリ島の海外不動産投資・ロングステイをお話します。

NEW !
テーマ:

 

 

 

昨年、知人が僕の紹介でラブホテルを買った。

 

古くなり売上が下がっているホテルだから価格が安く

 

お買い得に購入したと思う。

 

売上が低いからそのままでは利益は出ない。

 

改装工事をし、ホテルの名称を変え、売上を上げる、

 

という事業計画を立てた。

 


ここで、まず大切なのが、改装工事と集客・告知だ。

 

買主は素人だからホテルのことが分からない。

 

僕がどっぷりと関わればよかったのだが、予算に限りがあり、

 

知人はお金にシビアになっていた。

 

僕もまた「知人からお金を取りにくい」という遠慮があった。

 


一方、改装をともなうホテルの立ち上げは、手間がかかるし

 

金銭的な負担も大きいからその後の責任も伴う。

 

 

改装工事ではホテルのイメージ作り、外観・内装デザイン、

 

家具の仕様、アメニティや設備の選定、不具合の修繕、インフォメーション作り

 

建築予算の管理、施工管理などがあり、手直し、その後のメンテナンスなどがある。

 

 

集客では、野立て看板の場所を見つけ、デザインを作り、

 

看板業者、電気工事を手配し、HPの制作、ブログ・ツイッターの運用、SEO対策、

 

ブログ・ツイッターの運用がある。

 

すべてに責任を持って引き受けるとなると、無料ではやれない。

 

 

とはいえ、知人にお金を請求しにくい。

 

そこでウチが依頼している建築デザイナーM氏を紹介しようとした。

 

ホテルの立ち上げの中で、内外装のデザイン、予算管理、施工管理、

 

それにともなく細かいデザインを安価で仕切ってもらえれば、

 

あとは少ない費用で引き受けてもいい、と思ったからだ。

 

 

しかし、知人の回答は

 

「デザインは、三浦さんにお願いできるんですよね」

 

ということだった。

 

前情報として、現場を管理するK氏からこれまで僕がデザインをして

 

すべて仕切ってきたことを聞いていたのだ。

 

さらには「デザインは三浦さんに任せればいいですよ。

 

そうすれば、おかねがかからないし」と言われたようだ。

 

確かに、ホテルのイメージを考え、内外装のデザインを考えるだけなら

 

他業者への支払いは生じないし、机上だけで完了させていいなら

 

無料でやれないことはない。

 

 

「わかったよ。デザインとかモノや業者の手配までは俺がなんとかするよ。

 

 あとは任せるからね」

 

僕は、お金をいただかない範囲でのお手伝いをやることにした。

 

 

その結果、予算は大幅にオーバーし、立ち上げの時間もかかった。

 

オーナーである知人が仕切ってくれればよかったのだが、

 

彼はそこまで時間を取れないし、建築の知識や経験が少ない。

 

全体を仕切る人間がいなかったことで、関係者がそれぞれお見合いし

 

ちぐはぐになってしまったのだ。

 

 

さらに誤算だったのは、彼の中にホテルのことを学びたいという気持ちがあり

 

自分なりの意見を主張したこと。

 

関わる業者は僕の知り合いだから、僕の知人ということで遠慮し

 

知人の意見をできるだけ入れようとした。

 

それもちぐはぐになった要因だと思う。

 

 

知人でなければ、ハッキリと金額を提示したうえで仕事を受けただろうし、

 

予算の範囲の中で、すべてこちらで仕切ったはずだ。

 

しかし、古くからの知人であるが故に、それができなかった。

 

 

 

 

お金をもらうことは相手から奪うことではない。

 

事業を立ち上げることは互いにメリットがあることだ。

 

こちらが良い仕事をすることで、ホテルは儲かる。

 

そう割り切ればよかった。

 

他人にはアドバイスをするくせに、自分ができなかった。

 

知人からお金をもらうことに後ろめたさがあったのだ。

 

 

お金をもらうことに罪悪感を感じてはいけない。

 

なぜなら、お金をもらって仕事をすることで、お互いのお金が増えるから。

 

そう、そもそもお金って無限なのだ。

 

 

僕がお金をもらうことは知人が損をすることではない。

 

お金をもらってよい仕事をすることで、知人もまた儲かることなのだ。

 


話は変わるが、先日のセミナーの懇親会で、貯金だけしている人がいた。

 

「それって、お金が減っていくよ」とアドバイスした。

 

僕たちは資本主義で生きている。

 

資本主義というのは、お金が増え続ける仕組みだ。

 

資本主義というのは、基本的にインフレで成り立っている。

 

お金が動く中で、流通量が増えていく。

 

モノやサービスに払った以上の価格で販売することになるから

 

価格は上がり続ける。

 

だからどうしたってインフレし続けるシステムなのだ。

 

つまり、お金は動かせば動かすほど増えていくものだ。

 

 

お金をもらって相手がほしいものを提供し、そのことで相手が儲かり

 

そしてまたお金をもらって提供する。

 

彼と僕の間でお金を行き来させることは、互いのお金を増やすことなのだ。

 

そんな当たり前のことをわかっていながら、あの場面で感情が入ってしまった。

 

ダメだな、俺。

 

 

これがお金の原理だと思う。

 

ゲームと実社会が違うのはこの点だ。

 

麻雀は互いの原点が2万5000点でそれを取り合うゲーム。

 

全体の点棒の合計が10万点と決まっているから、

 

誰かが上がれば誰かが損をする。

 


でも、実社会は、全体としてみた場合、儲かった誰かが、

 

その金を使うことで別の誰かが儲かる。

 

そういうものなんだ。

 

 

そうやって考えると、他人を儲けさせることは自分が儲かることにつながる。

 

そう、他人を応援することは、自分が儲かることなんだ。

 


そのホテル、、勝負はこれからだ。

 

多少は遠慮してしまうかもしれないが、必要な提案をしていこう。

 

「いや~、よかったですよ!!」

 

そう言ってもらえるようやるつもりだ。

 


彼は明日あたり、この記事を読むんだろうな。。

 

それがあるから、アップするの躊躇うなぁ。

 

俺が関わって失敗なんてありえない。

 

プレッシャーかかるなぁ。。笑

 

ついに残席6名!!

3月15日開催!!2018年実績1500万→4500万円           

             サラリーマンでもできる!?リスク限定の株式投資セミナー

 

 

メルマガ

メルマガ登録をしていただくと、限定のバリ島不動産・セミナー情報をお届けします。

ご登録はこちらから

 

    応援クリックいただけると嬉しいです。

      ↓      ↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ 

 


テーマ:

来月15日に開催する「忙しいサラリーマンでもできる!?」リスク限定・株式投資の勉強会。

 

講師の長田淳司氏から連絡があった。

 

「どうですか。申し込み状況は?」

 

「たぶん、満席になるよ。そんなことより、自分の心配をしなよ。笑」

 

「大丈夫です。内容には自信がありますから」

 

「へえー、まじでそんなに儲かってるの?」

 

「いや、それほどでもないですよ」

 

「具体的に教えてよ。今年はいくら儲かってるの?」

 

「2000万、いかないくらいです」

 

「証拠、出せる?」

 

「もちろん、出せますよ。こんなんでよければ。。」

 

 

 

 

確かに、含み益がプラス1531万円。

 

すでに売却益を出している株もあるはずだ。

 

30代のサラリーマンで、家族がいて、住宅があり、株式で4500万円。

 

それ以外の資産を含めると30代で1億円以上にはなるだろう。

 


「しょせん、サラリーマン」っていう人は多いが、馬鹿にできない。

 

考えてみたら、確かに僕は稼いだ金額、持った資産は50億くらいあるだろう。

 

しかし、騙されたり損したりの浮き沈みがあるから、結局のところ

 

それほどでもない。

 

それに比べてサラリーマンは、毎月決まった収入が確実にあるから

 

考えようによっては、金は貯まるし、うまく運用すれば金持ちになる。

 

その確率は、経営者より高い。

 


実際、いいトコの5~60代のサラリーマンの中には、

 

億単位の資産を持つ人は多い。

 

長田氏もそうだが、彼らを見ていると、人生が面白いかどうかは別にして

 

資産形成という意味では、サラリーマンは悪くない。

 


昔、うちでアルバイトで早稲田大学から三菱商事に行ったTという奴がいたが

 

「うちの会社って、生涯年収4億円なんですよ。いろいろな確率を考えると

 

 企業のリスクを取るより、いいと思うんですよ」

 

彼がそう行ったのを思い出した。

 

確かにそうだよな。。

 

 

それにしても、長田氏が出してきた保有銘柄一覧だが、

 

リスクを限定させながら、含み益が51%というのはすごい数字だ。

 

これを年間に2回転させれば利益率100%。

 

ネズミ算式に考えたら、彼の株式資産4500万円は

 

今年中に9000万円?

 

3年経つと7.2億、5年で28億円??

 

いいなあ、あぶく銭。。

 

 

それにしても、証拠を見せられると弱い。

 

「食事会に可愛い子を連れて行くよ」って女子に言われても

 

「ホントかよ。。」って思うが、写真を見せられたら心が動く。

 

 

実際、彼の実績は、僕の心を動かした。

 

四の五の言わず、俺の金、運用してくれよ。笑

 

 

残席9名!!

3月15日開催!!2018年実績1500万→4500万円           

             サラリーマンでもできる!?リスク限定の株式投資セミナー

 

 

メルマガ

メルマガ登録をしていただくと、限定のバリ島不動産・セミナー情報をお届けします。

ご登録はこちらから

 

    応援クリックいただけると嬉しいです。

      ↓      ↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ 

 


テーマ:

 

 

 

不動産投資では、相場と比べて明らかに安い物件が出ることがある。

 

先日紹介した歌舞伎町の土地がそうだし、今回の巣鴨もそうだ。

 


明らかに価格が安い物件が出てくるのは、売主側に理由がある。

 

上記の2件が安い理由はブログでは書けないが。。

 


で、逆に買主側も安く買えるには理由がある。

 

安く買える理由は、簡単なことで何かしらのリスクを取るってこと。

 


歌舞伎町や巣鴨の案件においてのリスクは、早く手付けを打つリスクが必要だった。

 

あの案件、このブログの読者が連絡をくれて、すぐに友人につないだ。

 

その時点で手付けを打ち、すぐに契約をしていれば、

 

歌舞伎町の土地28坪を1億円で購入できた。

 

あの場所で、坪350万円はマジで格安だった。

 

 

しかしその方は、手付けを打たなかった。

 

というより、打てなかった。

 

「ローン条項」を付ければ、手付を打ったかもしれないが

 

格安な価格の不動産において「ローン条項」付きでは、手付けとは言えない。

 

売主からすれば、買主に「銀行ローンが出ませんでした」と言われて

 

返金しなければならないのだから意味がない。

 

 

あの場面では、“残金を用意できない場合は手付金を捨てる”リスクを

 

負う必要があったのだ。

 

それによって売り主側の業者は、グリップできる。

 

そうすれば、トントンと話は進んだはずだ。

 

 

手付けを打たない状態でグリップするには限界がある。

 

時間が経てば情報は流れるものだ。

 

情報が流れて、条件のいい買主が現れ、価格が上がり、さらに条件を上げる買主が出てくる。

 

1億円の価格ではなくなり、1.3億、1.4億と上がってしまった。

 

そうなると、面白い話ではなくなる。

 


しかし、実際には500万にせよ、1000万にせよ、簡単に捨てられる金額ではない。

 

現実的な話としては、銀行融資がダメだった時にすぐに現金化できる資産を持つか、

 

現金を用立ててくれる金主を持つか、する必要がある。

 


世の中には様々な商品があるが、その中で不動産は唯一、

 

素人が業者と同じ価格で買える可能性があるモノだ。

 

しかし、現実にはそれは難しい。

 


素人は業者のスピードについていけないからだ。

 

今回の巣鴨の土地にしても、素人はプランを入れたがる。

 

この土地に、建物の図面を入れて、賃貸だといくらで貸せるのか、とか

 

いろいろと考えてしまう。

 

納得いくまで計算し、検討し、銀行に話を持ち込み、稟議を待つ。

 

 

でも、それをやるならエンド価格で業者が抱えた物件を買うしかできない。

 

新築でせいぜい利回り6%って話だ。

 

業者が買うような価格で買いたい、新築で利回り10%にしたい、って

 

思うなら、多少の不確定要素がありながらも買う、それが必要だ。

 

そのリスクを取るから安く買える。

 

 

こういうのは性分だから、良いとか悪いという話ではない。

 

自分に合った投資をすればいい。

 

不動産の投資、特に転売をやるには、そのリスクを負える人が向いている。

 


とはいえ、今、不動産で稼いでいる人も初めからできたわけではない。

 

悔しい経験をして、だんだん身につけていくものでもある。


誰でもソンはしたくない。

 

かといって、ムシがいい話もない。

 

経験していく中で身につけるしかないんだろうな。

 

 

 

3月15日開催!!2018年実績1500万→4500万円           

             サラリーマンでもできる!?リスク限定の株式投資セミナー

 

 

メルマガ

メルマガ登録をしていただくと、限定のバリ島不動産・セミナー情報をお届けします。

ご登録はこちらから

 

    応援クリックいただけると嬉しいです。

      ↓      ↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ 

 


テーマ:

 

 

 

先月紹介した歌舞伎町の売地と同じような物件が来た。

 

今回の案件は、“おばあちゃんの原宿”地蔵通り商店街の巣鴨駅。

 

歌舞伎町よりは、少し安い。

 

歌舞伎町の時は坪350万だったが、今回の巣鴨は坪250万円。

 

27坪なので約6700万円なんで、手ごろだ。

 

とはいえ、山手線の駅だし、それなりに人気がある街である。

 

 

参考までに歌舞伎町の物件(売却済みです!!)

希少!?新宿区歌舞伎町の売地28坪1億円 坪350万円

昨日の歌舞伎町の土地は、民泊して利回り26%の話だった!?

 

 

 

住所:豊島区巣鴨1丁目

 

商業地域、建蔽率80%、容積率500%、所有権。

 


この土地に3階建ての建物を建てると、土地建物でざっくりと1.1億円。

 

月額95万円でサブリースを希望している業者があるので、

 

新築で10%超の利回りは出るはずだ。

 


この価格なら、このまま転売も可能だと思うが

 

建物を建てて1.5億で売りに出してもいい。

 

サブリースが月額950万円なら、年間賃料1140万円。

 

年間賃料1140万円 ÷ 物件価格1.5億円 =0.076

 

利回り7.6%で新築なら、1.5億円で売れてもおかしくない。

 


土地建物で1.1億円、売却が1.5億円なら4000万円の利益だが

 

正直なところ、実際にはそこまで上手くいくかどうか分からない。

 

でも、マイナスになることはないはずだ。

 


正直言うと、この話。

 

友人から話が来て、自分で購入するか、知り合いの投資家に振るか、迷った。

 

知り合いに振るにしても、電話よりもLineやメールの方が楽だから

 

それならブログに載せてそのまま紹介しよう、と思ったわけだ。

 

 

分かる人なら「スパッ」と買える物件だろう。

 

話を持ってきたのは、歌舞伎町と同じでうちが建築工事を依頼している友人。

 

過去に何度もこうしたやり取りをしているので固い話だと思う。

 

JR山手線の駅近くで、このくらいの話はなかなかない。

 

所有権だから融資はつくだろうし、リスクはほとんどないと思う。

 

 
興味のある方は、mikami●iin.co.jp に下記を送ってほしい。

 

※●を@(半角アットマーク)に変えて送信ください


========ここからコピーしてください==========


 【巣鴨の土地に興味があります】


お名前:


ご住所:


ご年齢:


お電話:


メール:
 

ご自由に:


===============================

 

 

3月15日開催!!2018年実績1500万→4500万円           

             サラリーマンでもできる!?リスク限定の株式投資セミナー

 

 

メルマガ

メルマガ登録をしていただくと、限定のバリ島不動産・セミナー情報をお届けします。

ご登録はこちらから

 

    応援クリックいただけると嬉しいです。

      ↓      ↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ 

 


テーマ:

 

 

 

2~3月は、バリ島では強風の季節。

 

地元の人間は、年が明け1月の終わりから強風に備えて樹木の選定をし始める。

 

バリ島に関わった当初、バリ人たちから

 

「バリ島の風はハンパじゃない。大木がなぎ倒されて死人が出る。

 

 日本人は慣れていないから気をつけた方がいい」

 

と言われていた。

 


さて、今年も強風の季節(2月~3月)が来た。

 

バリ人たちは風邪を恐れているが、僕ら日本人からすれば大したことない。

 

台風を知っているからだ。

 


それにしても、インドネシア人は何かにつけて大袈裟だ。

 

ちょっとした事故の渋滞なのに、約束に遅刻してくると

 

「すごい事故に巻き込まれた!!」と言ってみたり

 

よくないことがあると「黒魔術にかけられた!!」と言ってみたり。。

 

(本当に事故に巻き込まれたなら、ケガくらいしてるだろ)

 

 

強風にしてもそれなりだ。

 

数日前、例年より少し強い風が吹いた。

 

木が倒れて車をつぶしたり、倒れた気が電線を切って停電したり。。

 

死傷者も出たとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

うちが管理するヴィラもも被害が出た。

 

木が折れた、花瓶が落ちて割れた、屋根がとんだ、パラソルが壊れた、など。

 

急に強風が吹くことがあるから、花瓶、パラソル等については、回避は難しい。

 

樹木はできる範囲で剪定しておいた。

 

 

困るのは10メートルを超える大木だ。

 

それだけの高さになると素人が簡単に剪定できないし、剪定した後の枝葉の量も多い。

 

今回、胸をなでおろしたのは、Sayang Tamanのガジュマル大木を切っていたことである。

 

あれが倒れたシャレにならない、と気になっていた。

 

家を破壊し、場合によっては死人が出る可能性がある、と。

 

倒れたり折れたりしなくても、枝が大きく振れるだけで、隣の家を破壊し、

 

貯水タンクを倒すことぐらいはありえたことなのだ。

 

 

バリ島に四季はない。

 

あるのは雨季と乾季。

 

スコールはあるが台風はない。

 

気候的には平和な島だけに、防災意識が薄い。

 

 

自然は、時にきまぐれ。

 

今回のように強風の被害が出ると、防災を意識する。

 

そう、身につまされた小被害であった。

 

 

 

2月17日開催!!バリ島不動産セミナー(サンワード貿易さま主催)

 

3月15日開催!!2018年実績1500万→4500万円           

             サラリーマンでもできる!?リスク限定の株式投資セミナー

 

 

メルマガ

メルマガ登録をしていただくと、限定のバリ島不動産・セミナー情報をお届けします。

ご登録はこちらから

 

    応援クリックいただけると嬉しいです。

      ↓      ↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ 

 


テーマ:

先日の記事「サンバイオ株は、3日で1200万儲かった!?」で

 

XXさんの手法を解説してくれていたNさん。

 

彼もまた、株式投資のプロだ。

 

 

 


彼は大手金融機関でサラリーマンをしながら、限られた資金と時間の中で

 

確実に利益を出し続けている。

 

2018年の実績は、1500→4500万円。

 

3倍というパフォーマンスを出している。

 


「何気にすごいじゃないですかぁ」

 

「いや、、去年はたまたまです。ホントに」

 

と謙遜しているが、たまたまの筈はない。

 


「ちなみにだけど、どういう感じで株やってるの?」

 

「えっ、まあ、我慢ですよ。はい、株は。。」

 

「ナニ言ってんだよ(笑)。俺は具体的に聞いてんの!!」

 

「いや~、参ったな。。『勝てる!』って時にだけ勝負するんですよ」

 

「そんなの分かるの?」

 

「ええ、まあ」

 

「すごいな。教えてよ、それ。セミナーやって公開しようよ」

 

「マジですか? でも、僕もずいぶん失敗もしましたから。

 

 皆さんから見たら小さい額ですが、300万円の持ち金を全部失った時、

 

 何も手につかなかったんですよ」

 

「だ・か・ら、そういう人に勇気を与えようぜ!!」

 

「はい、僕でよければ。。」

 

「じゃあ、日にちき決めるぜ。3月15日な!」

 

というわけで、セミナー開催となった。

 

 

まずは、彼の経験・実績を紹介しよう。

 
===== Nさんの経歴・これまでの歩み ==============

 

長田 淳司

 

一橋大学を卒業後、某大手金融機関に勤務するサラリーマン。

法人向け営業部門や管理部門を経て、現在は海外取引先との折衝、

および新規プロジェクトを主に担当。

趣味は料理、英語・インドネシア語の学習。

最近は不動産投資への興味から、国内外の物件をリサーチする日々。

 

【株式投資の経験・実績】

 

サラリーマンの傍ら、2006年から株式投資を開始。

 

株式取引をしている時の興奮や、利益がでた時の面白さにハマり、

 

毎日のように取引を繰り返す。

 

そして、一攫千金を狙い短期急騰銘柄への投資に挑戦。

 

しかし、、高値でつかみ、損切りできず、100万円以上のマイナスを食らう。

 


損失を埋めようと、日経平均先物・オプション取引に挑戦。

 

それもまた相場の変動についていけず、さらに50万円を失う。


追い打ちをかけるように、リーマンショック。

 

持ち株が大暴落し、損失は300万円に膨らむ。

 

その時、20代半ば。

 

 

大切に積み上げてきた貯金のほとんどを失ったことで、

 

ごはんも喉を通らず、仕事中も損失のことばかりを考えるようになる。

 

「あのお金があれば、、海外旅行に行けななぁ。キャバクラとかに行って

 

 遊びまくった方がよかったなぁ」

 

 

ショックのあまり、謎の行動「電卓たたき」を始める。

 
外食費用、生活費、交際費などを意味もなく計算。

 

めっきりと口数が少なくなり、家族や同僚から顔色が悪い、と訝しがられる。

 

しかし、家族には本当のことを言えない。

 

そんな日々が続く。

 

 

 

 

しばらくは、何をすることもできず落ち込んでいたが、幸いにして借金はない。

 

サラリーマンだから毎月の収入はある。

 

信用取引は控え、現物投資中心だった自分をホメるように心がけ、気を取り直す。

 

「このままじゃ、終われねえ!!」

 

もう一度株式投資に挑戦することを決意。

 

 

まずは、ここまで損失が膨らんだ原因を分析。

 

負けた原因は、銘柄の基本的分析もせず、資金管理もせず、感情に任せて

 

株式投資をしていたことにある、との結論に至る。


次に、これまでの投資スタイルを見直すべく、株式投資の書籍を読みまくる。

 

そして、株の神様“邱永漢”氏の株式投資手法に感銘をうける。

 

「株式投資の儲けは我慢料」という同氏の金言を心にとめ、中長期投資にシフト。

 

一攫千金はリスクが高い。

 

サラリーマンの自分に合った手法、リスクを限定させリターンを得る手法を試す。

 

 

それからも試行錯誤の連続だったが、「チャンスを待つ。チャンスを見極める」

 

と決め、株式購入を我慢しチャンスで買う、というスタイルを愚直に続ける。

 

その結果、ポジションを少しずつ拡大、自分のスタイルを確立させる。

 

 

そして2018年。

 

チャンスが来るまで我慢し、狙って購入した中・小型株式が値上がり。

 

1500万円を4500万円まで増やす。

 

==============================


本人が言う通り、2018年は出来すぎなのかもしれない。

 

しかし、チャンスを待ち、優良銘柄を行き過ぎた安値で拾うこの手法は

 

リスクが限定される上に、日々の動きをそこまで気にすることがない。

 

サラリーマンが副業的にやれる手法だ。

 

 

「ちなみに、仕込んでいるいい銘柄はある?」

 

と聞いたら

 

「まだ売っていないんですが、エニグモ(3665)という株が

 

 1000円で買って、今2300円なので、含み益は

 

 1200万円くらいです」

 

とのこと。

 

(へえー、本当にすごいんだな。。)

 

 

長田氏からひと言

 

「個人投資家のメリットは、好きなタイミングで投資できること、

 

 中小型銘柄へ投資できることです。

 

 このセミナーでは、仕事が忙しく取引時間中は株式投資ができない

 

 会社員の皆さまが、どうやって優位性のあるポジションを構築し、

 

 資産形成していくかのヒントを自己の体験をもとにお伝えします」

 

 

長田氏は、今回が初登壇。

 

・どういうタイミングを狙うか

 

・どうやって銘柄を探すか

 

など出し惜しみなく、話してくれるはずだ。

 

前述のエニグモ(3665)についても、

 

「なぜ、そのタイミングで」

 

「なぜ、エニグモを買ったのか」を聞いてみよう。

 

あとは、、これから狙っている銘柄も教えてね、長田さん!!

 

 

さて、3月15日の勉強会だが、以下の通り開催する。

 

彼の意向は、少人数で堅苦しいものでなく一緒に勉強するという雰囲気がいい、

 

とのこと。

 

少人数なので、興味のある方はお早めにどうぞ。

 

 

 【 「忙しいサラリーマンでもできる!?」リスク限定・株式投資の勉強会 】


日  時 : 3月15日(金) 19:00~21:00  21時から懇親会


会  場 : 高田馬場駅の周辺(参加者には決まり次第、連絡します)


参加費 : セミナー 5000円(税込)

 

       懇親会  4000円(税込)飲み放題2時間

 

          セミナー後、近くの居酒屋にて行います。

 

定  員 : 18名

 

 

お申込み: mikami●iin.co.jp まで、下記をメールにてください。

 

※●を@(半角アットマーク)に変えて送信ください


========ここからコピーしてください==========


 【 3月15日(金) の「サラリーマンでもできる」株式投資の勉強会に参加します】


お名前:


ご住所:


ご年齢:


お電話:


メール:


ご自由に:

 ===============================

 

 

2月17日開催!!バリ島不動産セミナー(サンワード貿易さま主催)

 

メルマガ

メルマガ登録をしていただくと、限定のバリ島不動産・セミナー情報をお届けします。

ご登録はこちらから

 

    応援クリックいただけると嬉しいです。

      ↓      ↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ 

 


テーマ:

 

 

 

仕事でバリ島に来るようになって10年近くになる。

 

管理するヴィラは130軒を超え、オーナー、物件の視察者も増えた。

 

管理するヴィラの数に比例してオーナー様の人数は増え、

 

また、ヴィラを購入したオーナーさんは訪バリする頻度が増えるため

 

日程が重なり合うことも多い。

 

先日は3組が重なった。

 


そこで食事会を催す。

 

今回は、サヌールのステーキハウスARENA。

 

 

 

この店はバリ島でビジネスを始めた頃から知っているのだが

 

当初は薄暗い外観から入る気が起きなかった。

 

しかし何日もサヌールにいるわけで、サヌールのバイパス沿いの目立つ店は

 

ほとんど行き尽くしてしまう。

 


「まあ、試しに入ってみましょうか」

 

と八神と一緒に行ったのがこの店だ。

 

何料理か分からないで入ったところ、どうやらステーキ屋のようだった。

 

「バリ島の牛肉かぁ。。」

 

 

僕らはローカルのワルンで、ゴムのように硬くて、不味い牛肉を

 

さんざん食べさせられていたからバリ島の牛肉は避けていた。

 

鳥や豚なら多少硬くても噛めないことはないが、牛肉は、、ねえ。

 

そんなわけで、恐る恐るというか半信半疑で注文したステーキだった。

 

 

しかし、美味かった。

 

ここの肉は非常に柔らかくて美味い。

 

今まで食べたバリ島のステーキでは、一番美味い。

 

 

さて今回は、いらしていたのは、

 

まず、サヌールのオーナーTさん。

 

マレーシアのインタースクールに通う息子さんが冬休みということで

 

親子でバリにいらした。

 

スミニャックのオーナーKさんは、のんびりするために家族旅行で来ていたが

 

どういうわけか2日間、一人で自由時間を過ごしていた。

 

家族旅行の意味ねーじゃん。笑

 

最後に、物件購入のために来たOさん。

 

酒好き夜遊び大好きで、毎晩カラオケでどんちゃん騒ぎをしていた。

 

 


日本では大社長の紳士Kさんもカラオケでは人が変わったようだ。

 

俺は本性を知ってるけど。笑

 

奇声を発し、手拍子し、歌う、踊る、触る(←ウソです。すみません)

 

遊び人のOさんを唖然とさせていた。

 


写真は、、、。

 

あるけど、絶対NGとのこと。

 

そりゃあ、そうだよな。

 


幸せなら、ハメ外そう!!

 

皆さん、待ってますね。

 

 

 

2月17日開催!!バリ島不動産セミナー(サンワード貿易さま主催)

 

メルマガ

メルマガ登録をしていただくと、限定のバリ島不動産・セミナー情報をお届けします。

ご登録はこちらから

 

    応援クリックいただけると嬉しいです。

      ↓      ↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ 

 


テーマ:

先日、3日のワンツーで1200万円稼いだXXさん。

 

彼は、サンバイオ株を2400円台で仕込み、2800円台で半分売却し

 

3200~3300円台ですべてを売却。

 

その後は、「どういう動きになるか分からない」といって手仕舞い

 

他の銘柄に移っている。

 

今日のチャートを見ると神業的なことをやっているのが分かる。

 

 

 

 

「なぜ、こんなことができるんですか?」

 

「たまたまですよ」

 

「いや、、」

 

「でも、失敗もしてるじゃないですか。2800円台で半分売却していなければ

 

 もっと利益は出たんで。。下手なんですよ。まだまだです」

 

いや、、リスクをヘッジしながら利益を取りに行くのは彼のいつものやり方。

 

このやり方をしているから毎年コンスタントに勝ち続けている。

 

 

儲かって気分の良いところでセミナーの開催を依頼したが断られた。

 

相変わらず、目立つことが嫌いだ。

 

「じゃあ、ノウハウを教えてよ」

 

「いいですよ、何か書いて送りますよ」

 

という展開になり、『株式?精神論』を書いてくれた。

 


「みんなが知りたいのは『具体的にどうすればいいか』なんですよ」

 

と言ったら『株式実践編』を作ってくれるとのこと。

 

・サンバイオ株を買った理由

 

・なぜ、あのタイミングだったのか

 

・群集の心をどのように読むか

 

・チャートへの反応はどうなるか

 

などを教えてくれるとのこと。

 

 

ちょうど今週末の17日(日)にサンワード貿易さんのセミナーがある。

 

そのネタにしよう。。

 

希望者には資料にして配布する。

 


セミナーの後には、その流れで少人数の懇親会を予定しているので

 

興味のある方は、いらしてみてください。

       ↓ ↓ ↓

2月17日開催!!バリ島不動産セミナー(サンワード貿易さま主催)

 

メルマガ

メルマガ登録をしていただくと、限定のバリ島不動産・セミナー情報をお届けします。

ご登録はこちらから

 

    応援クリックいただけると嬉しいです。

      ↓      ↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ 

 


テーマ:

先日書いた挫折の記事。

 

酒を飲まなかった日に「気分が乗ったから、もう1記事書こう」

 

と軽い気持ちで書き始めたのだが、予想外に反響が多かった。

 


生きていると辛いこと、ってあるよな。

 

僕だけじゃないんだな、と。

 

自分自身のことを言うと、挫折や失敗の経験はあんなもんじゃない。笑

 

本を読んでくれた人は知ってると思うけど、多額の借金を負ったこと、

 

サービサーとのシビれる交渉、仲間の裏切り、国税や税務署とのこと

 

反社会勢力からの攻撃、数々の裁判、ここに書けないこと、、、

 

話したらドン引きされることばかりだ。

 


でも、社会的に成功している僕の友人たちも失敗経験はあって

 

「マジで?」という話もあり、まさに“事実は小説よりも奇なり”だ。

 

でも、そうはいっても、皆さん今それなりにやれている。

 

ということは、挫折や失敗から立ち直っているわけで、

 

その経験は、今、問題を抱えている人にとって勇気や立ち直りのキッカケになる。

 


そこでもし、読者さんの挫折の話、失敗体験を教えていただきたいです。

 

今回、僕のところへ寄せられた話は、投資の失敗、ビジネスの失敗、

 

学生時代の挫折、資格試験の挫折、恋愛の失敗、結婚の失敗、

 

子育てや育児の辛さ、などだが、現在進行中のお話を紹介するわけにもいかない。

 


そこで、皆さんの過去のお話を教えてください。

 

現在進行中の方、何かを目指している方に勇気を与えていただければと存じます。

 

よろしくお願いします!!

 


よかったら、僕のアドレスまでメッセージをください。

 

後日、本ブログ内で紹介させていただきます。

 

(もちろん、匿名、個人情報は載せませんので)

 


失敗体験をいただける方は、mikami●iin.co.jp まで。

 

※●を@(半角アットマーク)に変えて送信ください。


皆さん、ぜひ、よろしくお願いします。

 

 

2月17日開催!!バリ島不動産セミナー(サンワード貿易さま主催)

 

メルマガ

メルマガ登録をしていただくと、限定のバリ島不動産・セミナー情報をお届けします。

ご登録はこちらから

 

    応援クリックいただけると嬉しいです。

      ↓      ↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ 

 


テーマ:

 

 

 

 

前記事「挫折があるから今がある!?その1」の続き


ところが小6になると状況が変わる。。

 

算数とか数学って、途中までは慣れというか、理屈でどうにかなるもので、

 

これまでにやった問題の組み合わせであり発展なのだが、

 

難問になるにつれ、様子が変わる。

 

見たこともない問題が出てくるのだ。

 


問題を見た瞬間に固まる。

 

「えっ、なにこれ」と。

 

それが算数の面白さでもあるのだが、天才とは差が出る。

 

僕なんかが手も足も出ない問題を、彼は閃きで解き始めるのだ。

 

それも毎回。

 

コイツには見えている世界が違う。

 


同じ教室内の隣の席でそんな奴がいて、繰り返し負けるわけだから

 

ダメージは大きい。

 

「コイツには敵わない」

 

それから勉強に対する意欲が急速に失われていった。

 


でも、彼はいい奴だった。

 

僕らが7~8分必死にやって何とか解ける問題でも、

 

彼は1分もかからないで解く。

 

そうすとと彼は、みんなに気を使って考えているふりをして待つ。

 

表情を変えず、嫌な顔、暇そうな顔をしないで。。


その時、思ったな。

 

「頭が良すぎるのも大変なんだな」と。

 


 

次に挫折を味わうのは高校2年の時。

 

僕は理系クラスにいて、部活や麻雀に明け暮れていた。

 

成績は大したことなかったが「やればできる」という自信はあった。

 


そこで出会ったのがT君。

 

クラス替えで同じクラスになり、席が隣になった。

 

彼は数学オタク。

 

休み時間だけでなく、他の科目の授業中も「大学への数学」や

 

「数学オリンピック」の問題を解いていた。

 

彼のエンピツは短いものばかり。

 

ナイフで削りながらカリカリやっていた。

 

 

「面白そうだな。ちょっと見せてよ」

 

と言ってやろうとしたが、全く歯が立たない。

 

彼に解説をしてもらうが、それを理解するのも面倒だった。

 


うちの高校は教科書を無視して授業をしていた。

 

蝶の研究者だった生物の教師は蝶の話しかしなかったし、

 

世界史の教師は、古代文明の話で1年間が終わった。

 

進学校だったのに受験対策なんて全くなかった。

 

 

数学はOっていうのが担任だったけど、これがまた変わり者で

 

マニアックな難問ばかりやらされた。

 

テストは平均点が20点くらいで、僕は完全に落ちこぼれた。

 

しかし、彼はそんな問題でも、ほぼ満点を取っていた。

 

 

O先生は授業を無視して内職している彼を注意したことがある。

 

彼は黒板を見渡し「僕の解法を書いてもいいですか」と書き始めた。

 

「こっちのが美しいと思うんですが」と。

 

あの時の先生の顔は忘れられない。

 

涙目になり、怒りと悲しさが混じったなんとも言えない表情だった。

 

それ以降、先生は内職を注意することはなくなり、場合によっては

 

「Tくん、キミが解説してくれないか」と言うことさえあった。

 

 

彼は英語や国語は全くできなかったが、それでも東大の理1に楽々合格した。

 

当時の東大2次試験は半分くらい取れば合格で、彼は数学と物理は80%以上は

 

取れたから、他は30%も取ればよかったのだ。

 

 

去年の同窓会で30年ぶりに会った。

 

「おお、〇〇!!」って呼び捨てにしてきて

 

「お前、ナニ呼び捨てにしてんだよ!!」って思った。笑

 

考えてみたら、同級生だから当たり前なんだけど、

 

同級生って不思議なもので、久しぶりに会っても昔の関係は変わらない。

 

シャツのボタンを全部止めて、Vネックのセーターを着てて、

 

相変わらず数学以外は興味がなく、大学で数学の研究をしている。

 

 

もう1つの挫折は自分の弟だ。

 

僕には年子の弟がいて、今は医者をやっているが出来が良かった。

 

兄弟だから分かることがあって、その話は機会があれば書こう。

 

 

彼らを見ていて思ったのは、

 

「ああ、、こんな奴と競争なんてできない。俺は別のことをやろう」と。

 

自分が大したことないと気づいた高2から勉強をやめた。

 

何をどう頑張っても勝てないって思ったら、やる気がしなくなった。

 

とことん落ちこぼれた。

 

授業はほとんど受けなくなり、部室で麻雀。

 

たまに授業を受けても、ノートに詩を書いたりしてて。

 


でも、そのおかげで今がある。

 

就職した会社を1年で辞めてしまったのも、挫折経験があったからだ。

 

僕は他人が決めたルールでは勝てない。

 

ならば、自分の思うようにやろう、どこかでそう思っていた。

 

 

それでよかったと思う。

 

何が幸いするか分からない。


これからも失敗や挫折を経験するだろう。

 

しかし、それだってきっと役に立つことになるんだ。

 

 

2月17日開催!!バリ島不動産セミナー(サンワード貿易さま主催)

 

メルマガ

メルマガ登録をしていただくと、限定のバリ島不動産・セミナー情報をお届けします。

ご登録はこちらから

 

    応援クリックいただけると嬉しいです。

      ↓      ↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ