発達が気になる・体の不器用さが気になる0~6歳へ作業療法的アプローチを届ける【こどもの作業療法士:定金雅子】

発達が気になる・体の不器用さが気になる0~6歳へ作業療法的アプローチを届ける【こどもの作業療法士:定金雅子】

横浜市港北ニュータウン*こどもの発達専門作業療法士です。
おやこ支援室Coconでは、赤ちゃんの発達を促すおやこクラスやぐちゃぐちゃ遊びクラス、発達が気になる・体の不器用さが気になるお子さん専用の個別セッションを行なっています。



こんにちは。

横浜市都筑区にある、かかりつけ療法士によるこども支援室ここんの作業療法士、定金雅子です。

連休中に、こどもの遊びに付き合い、こどもには一生懸命麦茶を飲ませたり、頭や首を冷やしたり気をつけていたのに、気付いたら私が熱中症になっていました^^;

敗因は、カフェイン入りの緑茶で水分摂取をしていたせいです。
カフェインは利尿作用があるので、水分が出ていきます。
初歩的なミスでした・・・。

こどもだけじゃなくて親自身も気を付けてくださいね^^;

 

こどもに関わる専門職が地域で事業を運営する時に考えなくてはいけないこととは?


さて、今月広島の団体けのひ小さいひとセミナーで、「地域で子どもにかかわる職種が事業の運営を考えるとき」というテーマで登壇させていただきました。

専門職というのは、理学療法士、作業療法士、看護師などのコ・メディカルのことを想定してお話をしました。

タスクシフトは医師からコメディカル、事務職へと広げていった | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

コ・メディカルの業種は基本的には医療機関や福祉の中で勤務することが多いと思います。

ですが、私のように教育機関や地域の中でおやこ教室を運営しながら育児や発達支援をするという選択肢もあります。

地域の中で活動するということは、今までサラリーマンとして働いていきた人生とは全く違う世界に足を踏み入れることになります。

地域の中で活動をしようとしている皆さんは、

・地域で働くための方法を知っていますか?

・地域で働くために必要な準備はできていますか?

これが、「バッチリできています!」という方は、きっと大丈夫^^

ですが、ほとんどの方は「私、できていません・・・」と思われるのではないでしょうか?

 

そんな方のために8月に「専門職が地域で事業運営するために考えるべきこと」というワークショップを開催します。
 
専門職が地域で事業運営するために考えるべきこと


8月19日・31日に開催するワークショップ「専門職が地域で事業運営するために考えるべきこと」では、

・専門職(リハビリセラピスト)が独立開業するとは

・売れる教室を作る順序

・地域展開する際にまず決めるべき3つのこと

 ・0から学ぶ商売

・給料とは異なる売上について

などをお話します。

比較12選 】セミナーをオンライン配信!ウェビナーツールを徹底解説 | QEEE

19日も31日もお話するのは60分ですが、その後30分は質疑応答時間としますので、あなたの「これはどうするの?」「こんな時はどうすればいいの?」をぜひお聞かせください。

育児支援者自身が地に足をしっかりつけて、地元で活躍することで、その地域に暮らす親子を救えるように一緒に学んでいきましょう。
 

私が学びたかった内容です


こういうことを知ってから独立したら苦労はなかったんだと思うのですが、私はこれらを一切知らず2015年に親子教室をスタートしました。

image


2016年まで私はカンボジアで仕事をしていたのですが、そこにはメーリングリストがあるため、教室の宣伝などを日本人会のメールに流せば、すぐに生徒さんが集まってくださる環境でした。

だから、教室を運営することのイロハを学ぶこともなく、人が集まる教室運営ができていました。

でも日本に帰国してから、気づいたのです。

 「今の私にメーリングリストは存在しない!!!」

「また、日本には類似事業がいくつも存在する!!!」

ということを。

そんな中で、

・どうやったら人が集まるのか?
・私は誰に何を伝えればよいのか?


が明確ではないまま走り出してしまったため、樹海に迷い込んでしまった感覚でした。

 そう、私はフリーランスで働くための方法を知らず、またその準備は何もできていなかったのです。

そんな5年前の私みたいな方がいるなら、私が知っていること・経験したことをシェアしたいと思い、今回のワークショップを企画しました。

 

ソーシャルビジネスのパイオニアをお招きします


今回のワークショップは二人で進めます。

一人は、わたし定金雅子。

もうひとりは、私の事業をここまで二人三脚で作ってくれたコンサルタントの齊藤直さんです。


 

齊藤さんは、個人事業・フリーランス専門のコンサルタントでありながら、ご自身は障害児者専門のスポーツ指導を行うNPOを立ち上げられ、なんと今年で19年!

言わば、ソーシャルビジネスのパイオニアです。

8月のワークショップは、そんな齊藤さんを招いてビジネスの専門的なことを齊藤さんにお話いただきながら、わたし定金からはここまでの経験をお話させていただきます。

どうぞ、質疑応答の時間は有意義にご活用くださいね。

それでは、ワークショップの詳細です。

 

ワークショップ:専門職が地域で事業運営するために考えるべきこと


【日時】

①8月19日(木) 21:00~22:30

②8月31日(火) 10:00~11:30

※①②は同じ内容ですが、事前アンケートで参加希望日時が2つに別れたため2部開催とします!

ご都合のよろしい方にご参加ください。

【会場】

ご自宅 ワークショップはインターネット会議システムのZOOMを使って開催します。
(インターネットに繋がったパソコンやタブレット、スマートフォンなどご準備ください。)

【参加費】

7,800円(税込み8,580円)

【お申し込み】

■8月19日夜開催のワークショップお申し込みはこちらです

■8月31日昼間開催のワークショップお申し込みはこちらです

今回のワークショップが、あなたが地域で活躍するきっかけになりましたら幸いです。


 8月、あなたとワークショップでご一緒できますことを、楽しみにしています。






ワークショップのご案内などは公式LINEが一番早いですので、こちらのご登録お願いいたします。

友だち追加#作業療法士#フリーランス作業療法士#小児OT#理学療法士#小児PT#発達障害#食べこぼし#姿勢#横浜#横浜ママ#赤ちゃんの習い事#ぐちゃぐちゃ遊び#ベビーサイン#横浜市都筑区

 

#横浜ママ#横浜ママとつながりたい#離乳食デビュー#離乳食食べない#離乳

食レシピ#離乳食オススメ#都筑区#赤ちゃん習い事#仲町台#赤ちゃんサークル#おやこ支援室Cocon#フリーランス作業療法士#定金雅子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「医学的な知識と科学的な根拠をベースに自信を持って育児支援ができるようになる!MIGAKUメソッドオンライン講座」
  

こんにちは。
発達が気になる0~6歳児に作業療法的アプローチを行なっている、こどもの作業療法士 定金雅子です。




私は作業療法士として、育児と療育の狭間に埋もれる親子を守りたいという思いから、横浜でこども支援室ここんを開室しています。



image

こども支援室ここんでは、赤ちゃんの体の発達、離乳食のサポート、遊びや社会性を育むおやこクラスを開講しています。


また、発達のことが気になるけどどこに相談すれば良いか分からない、療育まで繋がれないお子さん、など育児と療育の狭間で取りこぼされるこどもたちへの個別セッションや、子育て支援事業の監修や指導も行なっています。

ベビー系講師や、保育士の方など、子育て支援をされている方は、こんなお悩みを持っていませんか?


☑︎赤ちゃんの発達について知識が浅いと感じているけど何から取り組めば良いか分からない

☑︎保護者の方に育児の質問をされても、自分の経験談や「様子を見ましょう」という言葉しか思い付かない

☑︎ずり這いやハイハイが普通のやり方と違うようだけど、どうアドバイスして良いか分からない

☑︎子供の不器用さや姿勢の悪さが気になるけど支援の仕方が分からない
 

保護者の方からの質問やよくある悩みに、今までの『経験談』や『そのうちできるようになるから様子を見ましょう』と答えるだけではなく、『医学的な知識』や『明確な根拠』を持って答えられるようになってほしい。

そんな願いからMIGAKUメソッドは生まれました。

保護者の方からの質問に自信を持って答えられないことは、講師や先生にとって辛いもの。

「あんな答えで良かったのかな・・・」
「どうしてあげたら良いのかな・・・」

いつも相談される側で相談する相手がいない、ということはありませんか?

また、これから乳幼児向けの教室を開講しようとしている方で発達の知識を一気に学びたい方から、

子育てを通して発達領域に興味がでてきて、小児に転向しようかと悩んでいる理学療法士や作業療法士の方、
 
現場で働いていて知識をブラッシュアップしたいけど、時間や場所の制約があり講習会に行けない方など、

すぐにあなたの仕事にお役に立てる知識をしっかりお伝えし、実践力をつけるアクティブ・ラーニング方式で行うのがMIGAKUメソッド講座です。

こうした疑問や悩みは、発達運動学や発達心理学、感覚統合の知識を生かすと確かな根拠を元に、自信を持ってお答えができるようになります。

講師である私は作業療法士として、病院、リハビリテーションセンターで10年以上勤務してきました。

また、アメリカで作業療法士の働き方やペアレントトレーニングについて学び、その後、カンボジアでおやこ教室を開講し赤ちゃんから子供達の発達支援を行いました。

カンボジアでは作業療法士として教育の現場でも活動し、日本人補習校の幼稚部教員、インターナショナルスクールの幼稚部日本語クラスなどで乳幼児向けの講師を務め、述べ1万人以上の赤ちゃん〜高齢者までをみてきました。

その中で最も大切なことは、認知機能だと痛感したのです。

認知機能とは、五感をはじめとした様々な感覚から情報を得て、人間がこの世界を知り、この世界で自分自身を創っていくための機能です。

世界を知り、自分を創っていく力は人間の生きる土台であり、自分の人生をたくましくしなやかに生きるために必要不可欠なものです。

大人がきちんと子どもの発達プロセスを知り、適切なタイミングでアプローチすることで、子どもの人生は大きく変わっていきます。
 
MIGAKUメソッド3本の柱

MIGAKUメソッドは身体、実践、未来の3つの学びから成り立っています。

①身学(身体を学ぶ)
子どもの発達プロセスや身体の仕組み、感覚統合の視点からこどもが辿るべき運動発達のプロセスを理解する

②実学(実践を学ぶ)
発達のプロセスから遊びの本質を紐解き、子ども自らが育つ力を伸ばす実践的な遊びを学ぶ

親子への支援を実践ワークで学ぶ

③未学(未来を学ぶ)
こどもが発達プロセスをしっかり辿ることが未来とどう関係するのか?
AI時代にもしなやかな心と体で生き抜くために必要なことを学ぶ

この3つの側面から学びを深めていきます。
 
MIGAKUメソッド講座で学べること

赤ちゃんの発達運動学・発達心理学・感覚統合をベースに作業療法の視点を取り入れ、赤ちゃんから子どもの発達の基礎から診方までが学べます。
 
1日目
●こどもの生きる土台作りに大切なこと
⑴赤ちゃんの時に育てるべき機能
・人間の生きる土台となる機能とは
・子どもの育ちにとって大切なこと
・赤ちゃんの発達の意味
・赤ちゃんの骨格の発達について

⑵感覚の育ちをみることの大切さ
・育児支援者が知っておくべき7つの感覚
・感覚はどうやって育つのか
・感覚のセンサーはどこにある?
・感覚を育てるということ

⑶こどもは遊びで育つ
・AI時代を生き抜くために必要なこと
・子どもにとっての遊びとは
・こどもの脳の育ち方
・神経細胞ネットワークの構築
・こどもの発達に欠かせないこと

2日目
●赤ちゃんの生きる戦略
⑴胎児の時から始まる運動発達
・脊柱の発達の仕方
・姿勢と呼吸
・赤ちゃんの支持基底面と運動学習

⑵原始反射の意義
・原始反射をどう考える?
・重力と原始反射の関係
●赤ちゃんが辿るべき運動発達プロセス
⑴うつ伏せは全ての始まり
・正しいうつ伏せとは?
・うつ伏せが育てる力
・うつ伏せができる子とできない子
・うつ伏せができない子へのアプローチ方法

⑵寝返りで広がる世界
・寝返りの発達の仕方
・寝返りが育てる力
・寝返りができない子へのアプローチ方法

3日目
⑶ハイハイの秘密
・四つ這いからハイハイまで
・ハイハイで赤ちゃんは何を学習するのか
・ハイハイは動きを育てるだけじゃない
・発達は生まれた時からの連続性

⑷つたい歩きから歩けるようになるまで
・つたい歩きが育てる力とは?
・歩き始まるまでに大人に必要な関わり方とは?
・歩き始めが遅い子には理由がある

●発達がちょっと気になるお子さんへの支援

4日目
●手の発達は心を育てる
⑴解剖学でみる手の発達

⑵手の発達の意味

●育児支援で必要な感覚統合の理解
⑴こどもの発達と感覚統合

⑵左右の統合と日常生活

5日目
●大人の関わり方で変わるこどもの未来
⑴体の不器用さとは?

⑵要注意!!発達を無視した大人の関わり・育児便利グッズの落とし穴
・将来自ら伸びる子になるために今できること
レポートの課題提出

6日目
親子への支援実践ワーク:レポート提出と質疑応答支援の実際をロールプレイングにて実施
●育児支援をするということ
 
MIGAKUメソッド講座はこんな風に進みます
 
講座がどんな風に進むかご説明しますね。

講座は全てzoomを使用した、オンラインで行います。

image

1回目の講座から、グループでのワークを取り入れ、アウトプットする機会を多く作っています。

初回から「分かったつもり」を極力減らし、ご自身の言葉に落とし込んで頂きます。

2回目以降からは、実際の赤ちゃんや子供達の動画を観ながらケーススタディを行います。

image

育児書では学べない生きた学習を行い、赤ちゃんの動きを確認しながら発達のプロセスを体験します。
講座はアクティブラーニング方式で進めていきますので、より実践的な力を付けていただけますよ!

最後は、実践ワークの課題を提出して頂き、ご自身の言葉に落とし込めるまで課題の添削を行なっています。
ここで、本当に理解できているか確認作業を行います。


そして、講座が終わったら全て終了ではありません!!

講座終了後は、修了生専用のオンラインサロンにご招待します。
毎月発達セミナーやケーススタディを行なっていますので、継続して学びが続けられます。



(これまでの実例)
口腔機能と姿勢の発達セミナー
首すわりセミナー
手の発達とお箸の使用

また、ご希望の方は検定を受けていただき、赤ちゃん発達アドバイザーになっていただけます。



赤ちゃん発達アドバイザーになられると、MIGAKUメソッド:赤ちゃん発達学セミナーを開講していただけます。



この講座をママたちに広めて頂くことができますよ^^

赤ちゃん発達アドバイザーになられたら、全てのセミナーは無料でご参加いただけます。


もし寝落ちしてしまったら・・・
講座をリアルタイムで受講できなくても心配無用!
全て録画をお渡ししますので、復習に何度でも観ることができます。

 
受講者のご感想
今まで、数十名の方が受講してくださっていますが、受講生には現役の作業療法士・理学療法士から、ベビー系講師、小学校の先生、ベビー系協会の代表の方など幅広く受講してくださっています。

色んな立場の方が一緒にワークを行うことで、育児書では学べない深い講座となっています!

小児発達領域で勤務されている理学療法士の先生からのご感想です。

講座は期待していた以上の内容でした。

今までは、運動発達の観点が主で手や感覚器・認知面の発達においては、それぞれが点としての理解となっていて、もやもやとしていた部分が全て繋がり「だからこういった動きや反応になるのか! だからこういった遊びになるのか!」と納得できた感覚がたくさん見つけられた講座でした。

また、道具の見方・選択方法やアプローチ方法、親御さんへの関わり方なども含め、ワークが多かったので、色々な視点を学ぶこともできました。

 解剖・生理・運動学面も踏まえて詳細に学びつつも、発達を包括的にとらえる内容であったため、今まで気づかずに見えていなかった視点や支援するにあたって新たに気づくようになった点、介入の時の引き出しの幅、お子さんや親御さんたちの反応に対する受け入れの幅も広がったように思います。


 たとえ、悩みや不安を抱える行動に対しても、その根本となる目には見えない部分から専門的かつ包括的に学ぶことができるため、紐解かれるような感覚と子供たちに対しての見方が自然と変わってきます。

新たな視点で見えてくることで、育児中の方や支援として携わる方自身の余裕や関わりの変化が生まれてくるのかなと思います。大人が変われば子どもも変わる。そんなお子さんや親御さんに寄り添う姿勢も考えるきっかけを磨ける講座かと思います。おすすめです!


 まこさんの「良い悪いじゃない。その子自身を受け止める。眼差しやその子の心情まで捉える。」そんな考え方や見方に共感できる部分がたくさんあって、自分の目指したかった事、やりたいことってこういうことだったんだ!とぼんやりしていた部分が明確になった感覚がありました。講座を受ける中で、学んでいるだけでなく、自然とマインドの部分まで見つめるきっかけも頂いてたんだなと思いました。

どうしても、人は答えを求めがちだけど、その一歩手前を考えてみる。そんな視点が何においても大切だなとすごく感じました。

まこさんの知識量と活動力には毎回刺激を受け、私自身も明確となった目標に向かって、インプットとアウトプットを継続していきたいと思います。
2か月間ありがとうございました。今後とも引き続きよろしくお願い致します。
 



ぐちゃぐちゃ遊び®︎を考案し、日本乳幼児遊び教育協会の代表である会田夏帆さんからご感想を頂きました!

最もオススメしたい点は、講座期間内は無料で(修了後もオンラインサロン加入で) 実際に作業療法士として病院勤務をされている雅子先生から子どもの寝返りやハイハイ、歩いてるところ、はさみを使っている様子などを動画で送ったらアドバイスがもらえるところです。 

 

専門的な知識がないとどのようなアプローチが適切か、また今後どう保護者の方に関わっていただくのが適切かのアドバイス方法を伝えることは非常に難しく 、乳幼児期にどれだけアプローチを正しく行うかで今後の身体がかわってくると思うと、しっかり乳幼児期の様子を専門家に見てもらってアドバイスをもらえることは非常にありがたいと思います。


障碍児教育、乳幼児発達や運動、感覚統合などの本は複数冊読んでいましたがそれでもなかなかい理解しにくい点をわかりやすく説明してもらえて、とても貴重な時間でした。

 

本では保護者の方向けの比較的簡易なものか、反対にもとから知識がある専門家向けのものが多く、この講座は発達運動学の専門家になるわけではないけれど、乳幼児についてもう一歩踏み込んで知識を得て、関わっていきたい大人にとても良い講座だと思いました。

 

動画もいただけるのであとから復習もできましたし、理解がおいつかないところやいままで乳幼児に関わってきて疑問に思っていた点も丁寧に答えていただいたので、学びの深い時間でとなりました。

 

いただいた知識を今後、教室に来て下さる親子にどんどん還元していきたいと思います。ありがとうございました。

日本乳幼児遊び教育協会 代表/ぐちゃラボ 主宰 会田夏帆先生



元看護師さんで現在は乳幼児向け親子教室にご勤務されている方からのご感想です。

元医療従事者の私にとってはまさにエビデンスの奥をつく講座でとっても参考になりました。私はママ向け講座からの参加でしたが、プロ向けはより専門性が高くサポートする側の目線での話が聞けてよかったです。

 これまではお母さんと成長を一緒に喜んで半ば精神論のお話が中心でしたが講座の後はまず赤ちゃんを見る視点が変わりました。有効な取り組みについてもお母さんと話せる時間もでき、大変やりがいを感じています。

 まずこれほど医学的な知識を踏まえた講座は見たことがありませんでした。

私はママ向け講座を受講中にプロ向けがあることを知りましたが即決でした。また子どもの発達に悩んでいるお母さんでも、発達に偏りがあったとしてもそこから抜け出す糸口をはある、今できることを考えることができるとてもポジティブな講座というところです!

 私は一応は親子教室講師ですが、実はめちゃくちゃ人見知りで、、実は講座もすごく緊張していました。でも、まこさんの優しいお人柄や、分からないものは分からない。ではここからどうやって考えるかっていう講座メンバーの優しい雰囲気が大好きでした!

まさにこうした医学的なエビデンスをもってお話出来ることは誇りです。まこ先生貴重な経験を有難うございました!



子どもデンタルクリニックにお勤めの、歯科衛生士・身体調和法マスタートレーナー大澤 佳代(おおさわ かよ)さんよりご感想をいただきました。

期待していた以上の内容でした。

専門的な内容なのにも関わらず、マコさんのわかりやすい説明でインプットしやすかったです。

セミナー後は早くアウトプットしたい!と興奮状態が続き、次のセミナー内容はどんな学びができるんだろうと思うとワクワクがとまらない!を繰り返すあっという間の1ヶ月でした。

 育児支援の中で、診る視点が広がったこと、提供できる情報の引き出しが増えたこと、伝えるための声かけが自然と変わっている自分にびっくりしています。支援中、不思議とマコさんが私の中に現れています!(笑)

この1カ月の間に、保育者がやってみよう!と思える支援を自信を持ってできるようになりました。自然と笑顔や共感の輪が広がっています。

保護者の育児に対する不安を解くことで、こどもの様子にも変化が出始めています。この先の成長が楽しみな子供が増加中ですよ。


 できるできない発達にこだわらず、できる力を伸ばせる寄り添った支援をすることの意味を一緒に考え学ぶことができるところ、専門的な内容なのに、とても理解しやすいため、より深い学びをしたいと思っている方にはオススメ!!

 マコさんの支援に対するお話は共感できることばかりで、こんなにうなずく回数の多いセミナーは今までなかったです。MIGAKUメゾットの学びは、口腔機能と運動発達の関わりの深さをさらに実感でき、結びつけることもできました。

また支援していると、『○〇〇だけど様子を見ましょう』と言われたけど具体的のどうしたら良いのかわからず、育児書とにらめっこしながら不安の中で育児をしている保護者が多いです。

育児書ではなくMIGAKUメゾットをもっとたくさんの子どもや保護者に知ってもらいたい、広めたい、笑顔を増やしたい思いでいっぱいです。
 

 


小学校の教諭をされている方のご感想です!
6歳以上のお子さんにも繋がるお話を講座の中ではたくさんお伝えしていますが、それが実感できるご感想をありがとうございました!


この講座はまさに今知りたい内容そのものでした。特に012歳の発達の視点、大きく括ると未就学児までの発達の視点を学べたことは大きな収穫でした。

また私自身の育児についても、我が子が012歳時に戻りたい!(もっと言えば両親学級などで妊娠中に知っておきたかった!)という思いにもかられましたが、 学びたい!と思ったときが今だったのには意味があると思っています。我が子にも、これから出会うたくさんの子どもたちにもこの学びを還元していけそうです。

育児をしていると「もっと早くに知りたかったな…」と思う知識にたくさん遭遇しますが、 この講座は「今」から取り組めることをたくさん吸収できる内容であることが一番の良さだと思います。

先生が「今」の様子を見極めてアドバイスしてくださることで、大きな大きなハードルに思えた「出来ない姿」を 細かく丁寧に見取り向き合うことで、親子で楽しめる小さなハードルにしていくことができました。

先生のお人柄の良さに甘えて無理を言ってお願いする場面が多く、たいへんお世話になりました。
 

講座の中でも気になることはすぐに質問させていただき、たくさん時間をかけていただいたこともありがたかったです。
 

これまで高学年を担任することが多く、子どもが出来ない自分と向き合う時にそっと気持ちの面で支えることやスモールステップで課題を用意することでしか支援することができませんでした。
 

個別支援級担任、出産・育休とこれまでと異なる視点をもつようになってから発達面で支援する方法はないか探るようになり、今回の受講に繋がりました。
 

乳幼児期をどのように過ごすか、また本人やお家の方が困り感をもったときにどのような支援ができるか、まさに今知りたい内容ばかりで本当にこの出会いに感謝しています

(小学校教諭 Hさま)

 


ベビーマッサージ講師の方からのご感想です!

いつも教室に来てくれているお母さんたちの悩みに対して、精神面でのフォローしかできていないのが悩みでした。

大丈夫ですよ、とか、愛情をかければ解決できる問題だけではないことを感じていたけど、でも、赤ちゃんの動きや体の発達などどうやってサポートしていけば良いのか自分の知識不足がネックで悩んでいたところ、こちらの講座を見つけて、すぐにこれだ!!と思い講座を申し込みました。

結果、この講座を受講したことは大正解でした!!
今まで知りたかったこと、今まで読んできた本には載っていない専門家の方にしか聞けない内容ばかりで目からウロコでした!!

毎週講座の日が楽しみで、学ぶことがこんなに楽しいのは初めてです。もう来週から講座がないのかと思うとすごく寂しいです。

また先生のお人柄が明るくて優しくて、質問にもいつも丁寧に答えてくれ、安心できる環境を作ってくださったことに感謝しています!

初めてオンラインで講座を受けることにも緊張していましたが、全く問題ありませんでした。

この講座は、私のような講師は絶対に受けた方が良い!!と思います。そして、何よりたくさんのママたちに知ってほしいと思います。

まだまだ、復習が必要ですが、確実に前の自分より自信を持ってお母さんたちの悩みに答えられるようになったと思います。

これからも先生にアドバイスをもらうことがあると思いますが、どうぞよろしくお願いします!本当にありがとうございました!!


(ベビーマッサージ講師K様)


他にも、
「衝撃的な内容!!」
「スルスル〜と繋がっていく感覚」
「独学では学べない内容!!」
 
とご感想をいただきました。
本当にありがとうございました!!

あなたもぜひ一緒に赤ちゃん〜こどもたちの発達から支援までを学んでみませんか?
 
MIGAKUメソッドプロ向け講座の料金とスケジュール
 
6月開講の13期生(月曜日お昼間開催)、14期生(土曜日夜開催)の募集が始まりました!!

13・14期生ともに満席となりました!!

たくさんのお問い合わせをいただき、誠にありがとうございました。

 

【日程】
■14期生夜開催
毎週土曜日21~23時
6/19
6/26
7/3
7/10
7/24
7/31
(7/17はお休みです)

満席となりました!!
誠にありがとうございました。

■15期生夜開催
毎週土曜日21~23時
8/28
9/4
9/11
9/18
9/25
10/2
 


■16期生お昼間の開催

毎週月曜日10~12時(祝日はお休み)
9/6
9/13
9/27
10/4
10/18
10/25

 

16期生の先行予約はこちらです
 

【料金】
講座資料、講座録画データ、デジタルサポートつき
98,000円

お休みされたり途中退出されても翌日には見逃し配信がありますのでそちらで復習可能です。

【規約】
・お申し込みより1週間以内にお振込みをお願いいたします
・講座の録画を講座受講者以外への共有や、講座資料・講座内容の転用・複製はご遠慮ください。
・講座内で知り得た個人情報は講師・受講者のみでの共有とし第三者への提供は禁止いたします。
・一度ご入金いただいたものは、いかなる理由においても返金いたしかねます。ご参加いただけない場合は録画受講、もしくは次期にて再受講していただけます。

                                                  



MIGAKUメソッドママ向け講座も実施しています。発達がきになる子がぐんぐん伸びる子どもに変わる!親としての関わり方を科学的な根拠を持ってお伝えしています。

 

 




また発達や生活に困りごとのあるお子さんへの個別相談や、保育園・幼稚園の巡回のご依頼、講座・講演のご依頼など、お気軽にLINE@よりお問い合わせください。

友だち追加



#横浜市都筑区#自宅教室#横浜ママ#川崎ママ#神奈川ママ#東京ママ#初めての習い事#新米ママ#赤ちゃんのいる暮らし#ベビーサイン#ぐちゃぐちゃ遊び#お教室Cocon#作業療法士#寝返り#離乳食#つかまり立ち#新米ママ神奈川部#横浜ママと繋がりたい#はじめの習い事

 
 

 

 
 
 


こんにちは。

横浜市都筑区にある、かかりつけ療法士によるこども支援室ここんの作業療法士、定金雅子です。
 
住宅街にある小さな支援室ですが、いつも遠くからたくさんの親子が来てくれています。

個別セッションでは、

・学校になかなか行くことができない
・鉛筆の持ち方、箸の持ち方がうまくいかない
・気持ちをコントロールするのが難しい
・よく転ける、足があざだらけ
・お口ポカンで姿勢が気になる
・首がなかなか座らない

・赤ちゃんが自分で動けない
・療育センターのフォローが終了した、診察待ち

など、年齢もご相談内容も本当にさまざまです。

一見して、全然別々の内容なんですが結局行き着くところは同じで、「こどもたちの本当の姿はどこにあるのか?」、「その子に何が必要なのか?」というHOW TOではない支援を届ける、ということは共通しています。

 

発達年齢と生活年齢


私が保護者の方にお子さんの背景をお伝えする時は、主に行動観察から運動機能、認知発達(社会性)、感覚特性を軸にお子さんのご様子をお話ししています。

その時、保護者の方の頭の中にあるのはだいたい発達年齢です。

これは、月齢からお子さんをみる視点です。

○歳になったから離乳食
○歳になったからトイとれ
○歳になったからひらがな練習
○歳になかったからお箸
◯歳になったから学校へ通う

など、判断基準が年齢になります。


この判断基準がベースにあると、仲良しのお友達がもう始めたから、園の先生に言われたから、など周りのお友達と比較したり、大人側がスタートする時期を決めるパターンです。

でも、その発達年齢から外れる子もたくさんいます。


発達年齢というのは、あくまで平均値(黄色い丸のところ)にいるお子さんの発達段階を言っています。

その年齢でできることの目安はこの黄色の丸の中に入っていることが前提になります。

まだ、自分なりのペースでゆっくり進んでいるお子さんもいれば、もう通り過ぎちゃったお子さんもいますよね。

しかもそのペースは運動機能、認知機能、言葉、など色んな側面が関与します。



だから、目の前で起こるこどもの現象を捉えるだけではなく、色んな側面からこどもたちを見る必要がありますし、平均値と比べるより、1ヶ月前のその子と比べる方が成長は良く分かります。


なので、大人側が知っておくべきなのは、その子の生活年齢(実際の発達段階、実年齢)です。


発達年齢と生活年齢を比較するのなら、今うちの子はこの段階にいて、次にはこんな風に進んでいくんだな、っていう道しるべとして前を向くために使ってほしいなと思います^^

その時に大切なのは人と比べないこと。
あくまで我が子の1ヶ月前と今を比べること。

そこがブレなければ、親子ともに苦しくならずに、前を向けるようになると感じています。

 

期待して良いことはその子の中で芽生えていること


これは、私が尊敬している臨床心理士の先生の言葉です。
私は、この「芽生えている」という表現がすごく好きです。

親は我が子を愛するがゆえ、期待をします。
それは信じることと似ているかもしれません。
期待はステキな信頼です。

でも、期待して良いのはその子の中で発達の芽が出ていること。
それ以上の過度の期待になっていないかな?と少し距離をとって我が子を見てみてください。


そんな眼差しが子どもたちをリラックスさせ、本来の子供らしい姿を見せてくれるかもしれません^^

支援室に来てくれたパパママたちには、このお子さんの生活年齢や発達の芽ばえをお伝えしています。

すると、パパママのお子さんへの眼差しが変わります。
すると、子どもたちがどんどんリラックスしてくれて、いつもは挑戦しないことにもどんどん挑戦してくれるようになります。

「初めての場所ではいつも私にくっついているのに、こんなに自分から遊ぶのは本当に珍しいです」

「こんな遊び方は普段なら絶対に怖がってやらないので、すごく驚いています」

など、こどもたちの芽生えが花咲いていきます^^


個別セッションを受けてくださったママからのご感想を紹介させていただきますね。

 

まこさんのセッションを受けて本当によかったです。

 

息子の特性として視覚優位だということ、思い返してみると「そうだなー」と思うことが多かったです。

(プラレールで遊ぶ時も、電車の視線と合わせて寝そべっていたり、

髪型や物の位置などちょっとした変化にも本当にすぐに気づき、

よく驚かされています。)

夫とも共有し、「すごいねーこんなことまでわかるんだ!」と驚いていました。

 

お昼寝していなくて眠いはずなのに、寝る直前までぴょんぴょんとジャンプしているなど、理解できない(笑)ことも多かったのですが、色んな行動には、背景があることがわかり、なんだか安心しました。


息子を作っている要素をひとつひとつ分解してかみ砕いて、説明していただいているような感じがしました。


「発達の仕方や性格はそれぞれ違うもの」と頭ではわかっているつもりでも自分の想像を超える反応がくると、つい嫌な怒り方をしていました。

マンツーマンで見ていただくことで、解決も早いし的確だなと感じています。

 

親ができることは、子どもの成長を見守り、親も楽しく暮らせるような

環境を整えてあげることですね!


育児のちょっとした悩みと思っていてもそれが重なると大きな悩みになってしまうし、このタイミングでセッションが受けられて親にとっても子どもにとってもよかったです。

 

本当に素敵な場所と空間とサポートだったのでもっともっとこんなところがあればいいのに!と強く思いました。

 

 

今まで色んなところに相談に行ったりしましたが、こんなにも私自身の心が軽くなったことはありませんでした。

今までつかえていたものが、涙と一緒に流れていきました。

息子のことを教えてくださり、本当にありがとうございました。
 


ご感想をいただきまして、本当にありがとうございました。

お子さんもご両親もリラックスして、毎日の暮らしがその人らしく楽しめることが何よりの目標です。

ぜひ、子育てで苦しくなった時や、どこに相談したら良いか分からない時、我が子の発達の芽ばえを知りたい時など、支援室にお越しくださいね^^

現在、個別セッションの日程を増やせるように調整中です!
個別セッションのご案内は公式LINEより行いますので、まずは公式LINEにご登録くださいね^^


ご登録はこちらです!
友だち追加#作業療法士#フリーランス作業療法士#小児OT#理学療法士#小児PT#発達障害#食べこぼし#姿勢#横浜#横浜ママ#赤ちゃんの習い事#ぐちゃぐちゃ遊び#ベビーサイン#横浜市都筑区

#横浜ママ#横浜ママとつながりたい#離乳食デビュー#離乳食食べない#離乳

食レシピ#離乳食オススメ#都筑区#赤ちゃん習い事#仲町台#赤ちゃんサークル#おやこ支援室Cocon#フリーランス作業療法士#定金雅子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

横浜市都筑区にある、かかりつけ療法士によるこども支援室ここんを開設しています、作業療法士の定金雅子です。
 

今日は、なんと埼玉県から車で2時間かけて個別セッションに来てくださいました。
 

パパはお仕事をお休みしてきてくださり、お会いした時からご家族の温かな雰囲気が支援室の中に広がって行きました。
 

今日のご相談は1歳10ヶ月で、「目が合いづらい」、「呼びかけに反応しないことが多い」とのことでした。
 

支援室の中では自分の好きなおもちゃを見つけて早速遊び出してくれました。
大好きだった遊びはくるくるチャイム!
くるくるチャイムはくもんのおもちゃで本当にこどもたちに大人気です。
 

くもん/くるくるチャイム

くるくるチャイムのカラーボールを使ってのやりとり遊び。
 

まずは彼が興味を持っている遊びを共有するところから始まりました。
私がそばに近づいても嫌がっていないな、ということが確認できたら、
私が「赤いボールがコロコロコロ〜」など声をかけると私の方を見るようになりました。
 

「赤いボールちょうだい」
「黄色いボールどうぞ」
 

そんな声かけをしてみます。
始めは警戒心いっぱい。
でもここが肝心なところで、焦りは禁物です。
彼にアクションを求めるのではなくて、彼がやっていることにそっと寄り添う。
 

もしボールをくれなかったら、
「赤いボールがコロコロコロ〜」
「まこさんもやってみようっと!」

と言って、私も楽しそうにやってみる。

彼の視野の中に入り、笑顔を見せながら「はいどうぞ」とボールを渡すと、ちょうだいと言いたげに私を見ることが増えていきました。

そして徐々に彼もボールを渡してくれるように。
 

くるくるチャイムを介して、私と彼の間に少しだけ世界が共有できると、私がやるのを待ってくれるようになりました。
他者への存在に気付いた証拠ですね。
 

ポイントは、こどもの視野の先に興味のある物と大人の顔が一緒にあること。

こどもの視野の中に入り、こちらの顔や声や眼差しを入れていくのです。


そこで少しずつアイコンタクトをとっていきます。
こちらの眼差しを受け入れてくれるかどうかは、防衛反応が落ち着いてくるのを待つ必要があったり、どれだけこどもの世界に大人が興味を持つかです。
 

こどもは自分が好きな物には必ず興味を示すので、それと楽しそうに遊ぶ人にも興味を持つようになります。
 

1人の世界よりも誰かとその世界を共有することが楽しい!と思ってもらえるように、その子の遊びに寄り添い、まずはその子の真似っこをしてみましょう。

手を叩いて喜んだら同じようにパチパチして喜んだり、両手をバンザイさせて喜べば同じようにバンザイする。

そんな風に真似っこ遊びに興味を示してくれると、大人がやることを見て真似るようになっていきます。
 

人とのやりとりが楽しいな、と思う共有体験を積んでいくことで徐々に人に関心を持ち、他の人を真似て遊ぶなどがみられると良いですね。
 

おすすめの遊びは、まずはその子がどんな遊びが好きなのかをしっかり観察することです。
 

例えば、道路の小石をつまんでばかりいるのなら、ぽっとん落としのような遊びで大人と交互に行う。

ミニカーのタイヤがコロコロ動くのが好きでずっと見ているようなら、こどもの視野の中に入って風車を吹いて見せる。水を触ったり水面を見るのが好きだったらシャボン玉で遊ぶ。
 

など、人とのやり取り遊びを通して「楽しいね!」の瞬間に目が合うなどから人に関心が生まれ、「楽しいことを人と共有するのが心地よい」ということを体験することの積み重ねにつながります。

私はやっぱりこんな風にこどもたちと関わるのが好きです。
 

ママが「今日のセッションを受けてモヤモヤがなくなった気がします。取り入れたい遊びなどアイディアが沢山でした。」

とおっしゃって下さいました。

具体的な関わり方が分かると明日から大人の関わりが変わりますね。
 

本日は遠いところからお越しくださり、本当にありがとうございました!




 

【こどもネウボラの日】
 

日時:
毎月第3金曜日

午前の部(未就園児対象):10~12時

午後の部(就園、就学後のお子さん):14~16時ごろ

※ママだけのご参加でも構いません。
 

金額:
無料
 

きまりごと:

・支援室内では事故が起こらぬように最善を尽くしますが、保護者の方の監督責任のもとお子様から目を離さないようにお願いいたします。活動時の事故に関しては責任を負いかねますこと御了承ください。
 

・退室の際にはご使用いただいた玩具などはもとあった場所にお戻しください。
 

・発達相談では直接お子さんに活動を提供したりアセスメントをお伝えすることは難しいため、個別性の高いご相談は質の担保のため個別セッション・おやこクラスにお申し込みください。
 

・入室時には手洗いと手指消毒を徹底して頂き、1時間に一回は換気・消毒を行いますので感染症対策にご協力お願いいたします。

・お車をご利用の方は近くのパーキングサービスをご利用ください。
 

場所:

横浜市都筑区勝田南2-7-14

仲町台駅より徒歩8分

アクセス

https://oyako-cocon.com/access/

 

※活動は、大変心苦しいですが、緊急事態宣言が発令されている都道府県からのご参加は自粛していただきます。

また神奈川県でも感染拡大が見られましたら中止いたします。

感染症対策へのご協力をよろしくお願いいたします。


こども支援室ここんではおやこクラスやこどもリハビリとして個別セッションを行なっています。また育児支援者向けの研修や、企業様への監修事業も行なっております。どうぞお気軽にご相談ください。


LINE@では、育児に役立つ作業療法的アプローチや、クラスのご案内、また一般募集前には満席となってしまうMIGAKUメソッドプロ向け講座のご案内など、いち早くお届けしています!

ぜひご登録くださいね^^
友だち追加#作業療法士#フリーランス作業療法士#小児OT#理学療法士#小児PT#発達障害#食べこぼし#姿勢#横浜#横浜ママ#赤ちゃんの習い事#ぐちゃぐちゃ遊び#ベビーサイン#横浜市都筑区

#横浜ママ#横浜ママとつながりたい#離乳食デビュー#離乳食食べない#離乳

食レシピ#離乳食オススメ#都筑区#赤ちゃん習い事#仲町台#赤ちゃんサークル#おやこ支援室Cocon#フリーランス作業療法士#定金雅子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

横浜市都筑区にある、かかりつけ療法士によるこども支援室ここんの作業療法士、定金雅子です。


こども支援室では障がいの有無に関わらず、育児やお子さんの発達に関するご相談を幅広く受けております。


そんな中、日本乳幼児遊び教育協会の代表で、ぐちゃぐちゃ遊び®︎をつくった会田夏帆さんがお子さんを連れてご相談に来てくださいました!


そこで、お子さんをお二人みさせて頂きましたが、その時のレポートがめちゃくちゃ分かりやすいので、ぜひご紹介させてください^^


きっと育児の中で気になることってありますよね。
そんなちょっとした疑問を皆さんはどこで解決していますか?
最近はネットを見ればいろんな情報が載っていますよね。
本当になんでも載っている!!


だけど、それが我が子に当てはまるとは限らない。
だから余計に迷うし惑わされてしまう・・・


こんな時代だからこそ、リアルでやり取りできる場所が本当に大切だと思います。

実際にお子さんの動きややり取りや視線など・・・・
リアルでしか分からないこともたくさんあります。




こども支援室で実際にどんなことをしているのか?
会田夏帆さんこと、あいさんが神がかったレポートを書いてくださったのでぜひ読んでください♪


そして分かりにくいと好評の(←自虐w)
個別セッションの予約はこちらのカレンダーから担当のセラピストを選択し、ご希望の日をお選びください^^


対面セッションのご予約はこちらからカレンダーで担当者を選択し、ご希望の日時をお選びください。


現在、療育センターで勤務しておられる理学療法士の発達コンサルタントこじさんこと小島賢司先生と作業療法士のかもさんこと鴨井励先生も月に1〜2回来てくださっています!!


めちゃくちゃスキルが高いお二人。もちろんスキルもですが、そのお人柄に惚れ込んで私がお声がけしました。


この先生たちにご相談できるのは本当に本当に貴重な機会です!!!
6/16にインスタライブを実施予定なので、その時にお二人の魅力をお伝えしたいと思います^^



また、日本乳幼児遊び教育協会のぐちゃぐちゃ遊び認定講師でもある私。
6月20日にスペシャルニーズがあるお子さん対象に「ぐちゃぐちゃ遊びイベント」を行います!
こちらももうすぐご案内を開始しますねー!