ムスコとおのぼりさん日記

ムスコとおのぼりさん日記

育児日記改め
関西から関東へ移住した親子のなんやかんやを書いていきます

Lilypie Kids Birthday tickers


訪問、まことにありがとうございます。

コメントのお返事が滞っております。

本当に申し訳ないです。

このグータラ主婦を許してやってください。


テーマ:
先日、西武鉄道の「大泉学園」駅に
用事がありまして、
駅出て、ビックリした。

思わず、写真をパシャリ。
アトムさんや。
あれ?
その横には…

メーテルさんと鉄郎さんやん。
アンドロメダにはもう行ってきたんかな?


あらあら、矢吹丈さんまで…
これからの季節、裸で寒いで
と、思ったら、
ラムちゃん。
相変わらずセクシーね。
ダーリンのあたるとは仲良くやってますか?


どうやら、練馬はアニメの街らしい。
ふーん。
と、思ったら、帰りに気づいた。

駅に車掌さんおるやん。
ドトールで休憩しとったんか?


ところで、この前、関東煮(おでん)の
辛子が喉にしみるー!
と、タロウに言ったら、
「えっ?風邪ひいたん?」
やって。
数日前に私、熱出して寝込んでたし、
クスリ飲んでる姿も見てるはずやし、
咳き込んでたのに…?
今更気づきましたん?
あー、冷たい!
子どもってこんなもんよね。


テーマ:
先日、タロウの学校の文化祭があって、
クラス対抗の合唱コンクールを
聞きに行ってきた。
まだ、声変わりしてないタロウにとって、
テノールと言うパートは
きつかったらしい。
まぁ、今の子は男子も真面目に
合唱に取り組んでるんやなぁ。
昔みたいなヤンチャな子は見つからんかった。
そんな子は学校に来ないんかな?

合唱コンクールの後は
美術で作った作品の展示を見に行った。
選ばれた人の作品だけが展示されてた。
タロウの学年は粘土で動物の顔を製作。
タロウの作品はないやろうなぁ
と、思ったが、
おや?タロウの名前あるやん。
やるやん!
と、感心したが、
さて、タロウが作った動物はなんや?
と、よく分からん。
作品の説明文の上には
他の子の作品が載っていて、
説明文読めません。
「作品に手を触れないで」との
貼り紙があるから、
他の子の作品を退けるわけにもいかないし…

後日、作品を持って帰ってきたタロウが
「鼻が折れて、取れてしまった」
と、嘆いている。
確かに、長く飛び出た物が取れてた。
だから、
「これは何の動物なん?」
と、聞いてビックリ。

「ペンギン!」
やと。
ペンギンに長い鼻なんてありましたか?
これはくちばしではないんですか?
いや、その下にはニコちゃんマークの
口のようなものがあるから、
くちばしではないんやな。

はて?
何でこの作品が選ばれてるんや?
ある意味、アートやけどね。


ところで、
11月1日に私より5歳ほど年上の
おじさんと喋っていたら、
「今日はハルヤマの誕生日ですね」
と、言われた。

うーん?
このおじさんとの共通の知人に
ハルヤマさんはおらんけどなぁ。
なので、
「どちらのハルヤマさんですか?」
と、聞くと、
「ホットロードの…」

えー?
そうやったっけ?
そもそも、春山の誕生日が出てくるシーン
なんかあったかいな?

あまりにも気になったので、
先週寝込んだ時にダンナに
ホットロードの古本を買ってきてもらった。

久しぶりに読んで、
オロローン。
感動で号泣。
昔は和希と春山のラブストーリーで、
春山格好いいなぁ
としか感じなかったけど、
今読むと、
なかなか上手くいかない親子関係や
人間の小ささが
胸に刺さった。
親目線でホットロード読むと、
更に話が深いわ〜。
それに、鵠沼海岸やら江ノ島やら
横須賀やら横浜やら
登場する場所が
行ったことあるから、
また嬉しく感じる。
…と、30年前に流行った漫画を
懐かしむのであった。

それよりも、ハルヤマの誕生日を覚えてた
おじさんに脱帽です。
確かに、誕生日は11月1日でした。




テーマ:
昨日、夕方から急にだるくなりまして、
夕飯の支度を頑張って終わらせ、
寝込んでおりました。
喉はむっちゃ痛いし、
熱あるし…

今朝は寝込んでる母親をあてにできないと
思ったのか、
タロウは自分で5時に起床し、
勝手に部活の試合に旅立ちました。
あんた、えらいやん!

けどさぁ、何度も言うが、
使ったお皿は洗ってよー。


ところで、二十代の若者に
「asadonさんって、姿勢がいいですよね」
って褒められた。
ん?私、猫背やと思うんやけど…。
どうやら、パソコンを操作する私の姿勢は
ええらしい。

いや、これ、姿勢がええと言うより、
目の焦点を合わせるためにパソコンから
顔が離れてるだけですわ。
つまり、老眼ってことです。

はい、残念…

テーマ:
とある土曜日、
タロウはまた朝5時に起きて
部活の試合の応援に行った。
そして、夕方帰ってきたら、
布団に直行。
寝不足だから、昼寝してるんやな。
と、思ったが、
数時間後に起きたタロウはなんか熱い。
熱計ったら、38度。
げっ。風邪かいな。
とりあえず、風邪薬飲ませて、
早めに寝かせた。
そして、翌朝、熱はすっかり下がり、
「部活行ってくるわ」
と、普通に出て行った。

えっ?そうなん?
前日熱ありましたけど…。
若者の回復力すごい。
羨ましい。


その点、私の長年の身体の悩み。

肩こり
腰痛
たまに膝痛

この原因は
猫背
反り腰
O脚

そんで、たまに通ってるヨガの先生に
アドバイスもらった。
まずは下半身から矯正していった方が
ええとのこと。

立っている時には内側に意識して立つ。

なるほど。
これでO脚治るやろうか。

で、反り腰を治すためには
お腹の筋肉をつけるべし。
私、割と腹筋強い方やねんけどな。
うつ伏せで寝転んで
お腹をあげて、腹筋を鍛えながら
本を読む。
お腹プルプルなりながらの読書は
頭になかなか本の内容が入らない
と言うデメリットはある。
けど、何かしながらじゃないと
続かんし…
で、結果。
これした翌朝は胸筋が痛い。
あれ?やり方間違えてるんかな?

それから、ヨガの先生からは
「あばらを閉じて」
と、言われるんだけど、
あばらって意識的に閉じれるもんなん?
やり方が分からん。
これは腹筋が鍛えられたら、
できるようになるんかな?

しかし、下半身から改善中なもので、
猫背改善まではなかなか
たどり着きそうにない。
それまでに飽きて、
諦めること間違いなし。


テーマ:
ずっと前やけど、ここに行った。


春の箱根旅行のプランの1つ。
タロウが熱を出したため、
私たちは行くことできず。
今回、リベンジ。




小田原城。

さて、問題です。
小田原城って、誰のお城でしょうか?
うーん?
聞いたことあるねんけどなぁ。

お城の中に入って、
フムフム
と、学習する事となる。

へー、北条氏の難攻不落の城やねんて。
そう言えば、数年前にやってた
NHKのドラマ「軍師官兵衛」に出てきたな。
ふーん。
なるほどね。
まともに日本史を勉強してこなかったもので、
「小田原評定」って言葉も初めて聞いたわ。
日本史と言うより、
ただ語彙力がないってだけか…。

ところで、小田原城の前に
猿の檻があって、猿を飼ってる。
なんでや?

まぁ、猿は置いといて、
次は

報徳二宮神社。
こちらで御朱印いただいて…

あっ、お久しぶりじゃないですか?

金次郎はん。
また、お勉強中ですか?
大変ですな。
タロウも金次郎はんを見習いなさいよ。

しかし、何かで聞いたが、
歩きながら本を読むのは
歩きスマホを助長して
教育上悪いとかで、
学校から金次郎はんの像を撤去する
とか…。

は?なんやそれ?
はっきり言って、
金次郎はんが何した偉い人なのかは
よく分かってないけど、
勤勉な人やと言うことは知ってる。
その象徴でええんやないの?
この像から歩きスマホを連想するんか…。
人の捉え方って、色々ありますな。

さて、読書の秋。
今日は金次郎はん見習って、
本でも買いに行こうかな?









テーマ:
最近、ネットで友達と喋りながら
ゲームしてるタロウから
「それ、やばくね?」
と出てきた関東弁に
不快感を感じたasadonです。


ところで、関東って、
信号のない横断歩道で
車が止まってくれるわ。
さっすが、譲り合いの社会やね
と、引っ越ししたばかりの時は思ってた。


しかし、この話をご近所さんに言っても、
同意してもらえなかった。


それが、最近は止まってくれない車が多い。
人が待っていても、
かなりのスピードで飛ばしていく。
なんでや?
危ないやろ。
関東は横断歩道は自動車優先なんやろか?
関西とは交通ルールが違うんか?
と、不思議に思い、

この話を江戸っ子のおじさんに聞いてみたら、
「止まらない車多いね。
特にチバラギ(千葉・茨城)は
すごいスピードで車は走ってるから、
そこを横断する時は死ぬ気持ちで
渡らないとダメだよ」
と、言われた。

そうなん?
関西は行列の時は押し合い、
少しの隙間でもあったら、
割り込むような勢い。
一方、関東は「どうぞ、どうぞ」と
一歩引いて、
譲り合うイメージやってんけどなぁ。


じゃあ、引っ越したばかりの時に
横断歩道で車が止まってくれたんは
私が関西のように止まってくれる
と、当たり前のように前のめりで
横断歩道を待っていたからなんかな?
運転手さんは
「この人、当たり屋か?」
と、ビックリしたことでしょう。
それが今となっては、
私も前のめりで待たない
関東人になってしまったんかな?

テーマ:
我が家の換気扇のライト故障中。
電球交換したらええやん。
と、思うかもしれませんが、
ライトはつきますねん。
つまり、スイッチを押し続けると、
つくんだけど、
手を離すと、消える。
1ヶ月ほど前から、故障してるねんけど、
修理に来てもらう日がなくて、
最近、修理に来てもらったが、
簡単には直らず。
部品を探してくれてる。
が、なんせ古い家なもので、
部品が簡単に見つからんみたい。
で、手元が暗くて、困るだろうとの事で、
修理屋さんが教えてくれた応急処置。


なるほど。
スイッチの間に爪楊枝を刺して、
スイッチが戻らんようにするんやね。
これはええ。
修理が大掛かりになるんやったら、
この対応で十分や。


ところで、自称英語が得意なタロウ。
そのタロウに
「英語のテストは大丈夫?」
と、心配で聞いたら、

「No program!」
との返事。
おい!
No problemやろ。
プログラムって何やねん!
その段階で、英語が得意と言うのは
ガセだと判明。

そして、先日、
初めての中学での成績表をもらってきまして…。
タロウの学校は2学期制なもので、
普通の週末に前期の終業式があり、
翌週の月曜日に後期の始業式がある
と言う、何ともしまりのない感じで…。

まぁ、テストの点数を見てるので、
成績表は大して期待しておらず。
案の定の成績。
これを部活の顧問の先生に見せなければ
いけないらしく、

「ええぞー!
顧問の先生に叱られてこーい」
と、期待したが、
叱られなかったらしい。
が、成績によって、
グランドを走る周が違うんやって。
パーフェクトの成績なら、
5周で済むところ、
タロウは21周って…。
プププ。
たんまり、反省しろー!

親によっては、こう言うのは
体罰だ!
って、怒る人もおると思うが、
私はその調子でガンガンやってください派。

だから、ノープログラム!
いや、ノープロブレムです。

テーマ:
うちの姉から指令が出まして、
自由が丘の
「女神まつり」に行ってこい!
とのこと。

今年は10月7日、8日開催。
その指令は7日。
タロウは三連休中の唯一の部活休みの日。
もしかしたら、タロウさんと
お出かけするかもしれへんし…
と、悩んでおりましたが、
タロウはその日、
なんか友達とボランティアに
行ってくるとの事で、
タロウのために時間を
あけなくてもええみたいで、
指令を実行することにしました。


夕方、自由が丘に着いた。
駅前の広場はすごい人。
1時間前やのに、ならんでるやんかー。
ちょっと舐めてたわ。

とりあえず、ならんでおこう。


今回の指令はこれ。


もうちょっと早く来てたら、
ミネラルウォーターも配ってたんや。
もらえなくて、残念でした。

しばらくしたら、会場がオープンとなり、
押し合いへし合いで、
会場入れた!

あら?意外とええ位置に来れました。
かなり前。

30分以上、人混みの中で待ち…
蒸し暑い!
周りを見回すと…
わぁ、私と同じ世代の
おっちゃん、おばちゃんだらけ。
なんか、ホッとするわ。
みんな、久しぶりのジュンスカに
同じような想いで来てるんやろなぁ。


あー、待ちくたびれた。
と、思った頃に、ライブ始まった。
生のメンバーに会うの何年振りやろ。
見た目はお互いちょっぴり
年取りましたが、
歌もノリも昔と同じ。
調べてみたら、1997年に解散しとるから、
その時以来かな?
2008年に20周年のツアーがあって、
姉に誘われたけど、
タロウがまだ小さかったから、
断った。
けど、今ではタロウも大きくなり、
こうやって、別行動できるようになった。
年月の経つのは早いもんやなぁ。

ライブはと言うと、
みんな、もちろんノリノリ。
自由が丘のホームの人や電車の人にも
声かけて、みんなノリノリ。


みんなで合唱して、
叫んで、
すごい熱気。
暑いっ!
全部で7曲歌ってくれたー。
懐かしい!
ホンマ感動や。

ライブ終わって、
汗だく。
ノドガラガラ。
曲に合わせて、
腕あげて、振ってるもんで、
手首痛い。
しかし、メンバーのみんな、
しんどくないんやろか?
普通の長さのコンサートやと、
私、体力持つやろうか?

メンバーも客もええ歳やねんし…。
数年後には立ち見がしんどくなり、
ベンチで腰掛けてライブを見る日も
くるんやろか?
最終的には畳の上に座布団敷いて
見てるかもな。
そんな、ヨボヨボになっても
ノリノリでライブ見たいなぁ。


iTSCOMさんのツイッターの
写真にも写って、ええ想い出や。
ストレス解消できたし、
しばらくは頑張れそう。
興奮はなかなか冷めず、
頭の中グルグルと
ジュンスカの曲が回ってて、
家で歌ってたら、
タロウとダンナにドン引きされた。


ちなみに、7日の夜は相川七瀬、
8日の夜は八代亜紀と、
豪華なゲストで、
また盛り上がったんやろうなぁ。







テーマ:
中学生と言えば、反抗期。
タロウは年がら年中反抗期で、
よく分からん。
魔の2歳児と言うイヤイヤ期も、
ずっとイヤイヤだったので、
いつイヤイヤ期が来て、
いつ終了したのかが分からん。


ところで、男子のオカンの悩み。
息子は人の話が耳に入ってないし、
何を考えてるか理解できへん。
タロウももちろんそう。
そして、いつも私とケンカになる。

それに、タロウの行動を改めて欲しい時に
軽く注意して
時間を置いて、

普通に注意
また時間を置いて、

ややキツめに注意
また時間を置いて、

キツめに注意
また時間を置いて、

キツく注意
それでも行動を改めなくて、
最終的には私にキレられ、
怒鳴られ、説教される。
こう言うのが結構ある。

そろそろ学びませんか?
相手がキレる前に、
怒ってるなぁと、さとりませんか?

勝手に皿を使って汚しても、
洗わないし…
そのまま、キッチンに置いて、
何度も私に注意される。


この様子からすると、
将来、奥さんに
「話聞いてるのー!」
とか、
「ちゃんと家事手伝え!」
とか、
キレられるやろな。

タロウはグイグイ相手を
引っ張っていくような人間でもないから、
シッカリとした女の子と一緒になる
と、思われるので、
鬼嫁に怒鳴られる可能性も高い。


前日、留守番中のタロウに
「米を洗って、炊いといて」
と、頼んだら、
お粥ができあがりました。
初めてのミッションじゃないのに…
これは怒鳴られる男になること間違いなし!





テーマ:
ダンナがタロウと星を見に行くつもりで、
レンタカーを借りた。
が、あいにくの雨。

私は2人が外出する間、
お寺巡りしようか
映画に行こうか
悩んでたけど、

車があるとの事で、
「どっか行きたいところある?」
と、ダンナに聞かれた。

うーん。そうね。
ドライブしたいところならあるで。
ほなら、ここ行きます?

初のアクアライン。
神奈川県の川崎から千葉県の木更津までの
海上の道。

その途中にある
パーキングエリアの「海ほたる」で休憩。
遠くの景色、全く見えへん。



大雨なんで、
写真撮ったら、ダッシュで屋内に戻る。

さっき朝食食べたばかりやのに、
タロウは腹が減ったらしく、

イカの串焼き。
身が柔らかいな。
これだけではお腹イッパイにはならんが、
ちょっと待てー!

とは言うものの、
木更津の観光地を検索しても、
屋内で楽しめるようなところが
見つからなくて、
結局アウトレットをぶらっとした。
昼ごはんもそこで適当に食べた。
こんな事なら、
海ほたるでガッツリ食べても良かったな。


その後、道の駅で

でっかいおナッツさんに出会い、
買い物してから、

日帰り温泉で過ごす。
まともなホームページもないような温泉だから、
あまり期待してなかってんけど、
夕方、女湯でも空いていて、
露天風呂は貸切状態。

1人で入る洞窟風呂は
薄暗くて、音が反響して、
怖かってんけど、
慣れてくると、
ぬる目のお湯で、
薄暗さも、音もなんだか癒されて、
瞑想の時間のように
くつろいでしまったわ〜

お風呂でゆったりして、
お腹空いて、
喉が渇きましたが、

この空腹感のまま
夕ご飯はこちらへ…

セルフサービスの海鮮の食堂。
生きた魚介や新鮮な魚介を
網焼きで食する。
フライパンもあるので、
海鮮焼きそばなんかもできます。
あっ、肉類ももちろんあるで。



私らはカニやらエビやらホタテやら
ハマグリやらウニ焼きました。
海鮮焼きそばはバーベキューで食べるような
味やったな。

タロウはアジを2匹も食べてた。
さっきまで生きていたアジの塩焼きは
美味いらしい。
家ではそんなに魚は喜んで食べへんのにな。
家でもこんなに上手に焼いてくれ
と、頼まれた。

が、無理…

ホンマ、美味しいんやろな。
頭と骨だけ残して、キレイに完食。
日頃もキレイに魚を食べて欲しいもんだ。


ちなみに。
次回は晴れた日に行きたいですな。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス