皆さま、こんにちは!


今回も、JR東日本一の秘境路線・岩泉線から、

こちらの駅をいっちゃいます。
歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01210

岩泉線・岩手和井内(いわてわいない)駅です!


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01211

「単式ホーム1本だけの無人駅じゃん。」


パッと見、そのように思われがちの岩手和井内駅なのですが、

駅の歴史や、繁栄していた時代の遺構を探っていくと、

本当に面白い駅なんですよ。

今回はそんな、駅ファン目線でご紹介したいと思います。

(いつものことじゃん!っていうツッコミはなしでね (´0ノ`*) )


そもそも岩泉線は、現在の起点である茂市駅と、

現・三陸鉄道北リアス線の小本駅を結ぶ、

小本線の一部区間として開通した路線です。

(ちなみに小本駅には、岩泉線が延伸開業した時のための用地が残されております)


小本線の建設が開始された昭和16年といえば世の中は戦時色一色。

この地方で産出される良質の耐火粘土輸送という「軍需」のために、

小本線は突貫工事で工事が進められ、

茂市‐岩手和井内駅間は、わずか1年後の昭和17年6月に開通、

押角駅までの区間も、2年後の昭和19年7月に開通したのでした。


そんな経緯から、

岩手和井内駅にはわずか2年間ですが、

小本線の終着駅であった時代があったのでした。

この時期には、先に話の出た耐火粘土や、

多くの木材が岩手枠内駅に集められ、

貨物列車に積み込まれて輸送されたそうです。


今に見る岩手和井内駅の広い構内にも、

そんな面影を見ることが出来るんですよね。


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01215

歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01214


岩泉線の列車は、岩泉線を踏破する列車が3往復と、

岩手和井内駅を折り返しとする区間列車が1往復あるだけです。
歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01213

岩泉線内の駅には、

終着の岩泉駅を含めて列車が退避できる設備がありません。

全ての駅が岩手和井内駅と同様の棒線構造になっております。


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01212

茂市・中里駅方向を見た岩手和井内駅ホームです。


戦時中に使用された耐火粘土や、

その後の木材の搬出に利用された側線の跡が、

現在でも確認することが出来ます。

ホームの目の前にある広く取られた構内と、

遠くに見えるY字分岐の跡がそれなのでした。


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01216

岩手和井内駅ホームから間近に見える、

Y字分岐跡(岩泉・押角駅方向)。


小本線は昭和47年2月に岩泉駅まで延伸開通、

名称を現在の岩泉線に改称するものの、

主力輸送であった物資輸送(貨物)も廃止、

国鉄の赤字83線に加えられてしまいました。


しかしながら、

その後も元気に今日まで存続してきたことは、

皆さまご存知の通りです。


ここまで頑張ってきた岩泉線、

本当に最後まで頑張って欲しいですね。




岩泉線


↑(茂市駅方面)

岩手刈屋駅(平成23年10月10日)

中里駅(平成23年10月10日)

岩手和井内駅(平成23年10月10日)

押角駅(平成23年10月10日)

岩手大川駅(平成23年10月10日)

浅内駅(平成23年10月10日)
二升石駅(平成23年10月10日)

岩泉駅(平成23年10月10日)