皆さま、おばんです!

長らく続いた岩泉線の駅紹介も今回が最後です。

もちろん最後は、終着駅であるこちらの駅ですよ。


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01260

岩泉線・岩泉(いわいずみ)駅です!


1日にたった3往復の列車しか設定されていないのに、

これだけの駅舎があるんですから立派なもんです。

ちなみに自分、岩泉駅を訪れたのは早朝の6時30分でした。


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01261

岩泉駅って、朝の列車が行き交う7時30分までは、

駅舎内の開放をしてないようなのですよ。

よって今回は、残念ながら駅舎内に立ち入ることが出来ませんでした。

次回の訪問の際は、絶対にリベンジしますからね!


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01263

歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01262

岩泉線は茂市駅と小本駅(現・三陸鉄道北リアス線)を

結ぶ路線として計画、昭和16年に着工されました。


押角トンネルをはじめ、沿線各所は難工事の連続で、

岩泉駅までの延伸工事が完了したのが、

着工から30年後を経た昭和47年2月のことでした。

小本駅まで残すところ15キロの地点まで到達したのですが、

工事は岩泉線で中断され、以来、盲腸線となった岩泉線は、

細々と営業運転を続けていたことは、周知のとおりです。


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01264

茂市・二升石駅方向を見た岩泉駅ホームと、


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01266

小本駅方向を見た岩泉駅ホームです。

小本駅方向に延びている線路は、

500メートル先で途切れておりました。

もし…ですが、

残す15キロが完成して岩泉線が盲腸線ではなかったら、

運命も大きく変わっていたのでしょうね。


岩泉線のホームを見ると、

小本線が全線開通した時の線増に対応出来るように、

現在の単式ホームは島式ホームに改良出来る構造になっていたり、

(ホームの上屋を見ると、島式ホームと同じ構造なのです)

駅舎側に側線が牽けるスペースが確保されていたりと、

開業当初はやる気満々だったんだと思うのですよね、岩泉駅は。


開業からすでに40年近くが過ぎ、

現在は代行バスによる運転となってしまった岩泉駅ですが、

それでも日中はお客様で賑わっているらしく。

本当に嬉しい話ですね。


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c01265


岩泉線の存続問題もいよいよ決着を迎えようとしております。


先人の苦労によって、今日まで生き延びてきた岩泉線。

地元の皆さまと多くの旅行者のために、

今後も岩泉線には、ぜひとも頑張って欲しいものです。



岩泉線


↑(茂市駅方面)

岩手刈屋駅(平成23年10月10日)

中里駅(平成23年10月10日)

岩手和井内駅(平成23年10月10日)

押角駅(平成23年10月10日)

岩手大川駅(平成23年10月1日)

浅内駅(平成23年10月10日)

二升石駅(平成23年10月10日)
岩泉駅(平成23年10月10日)