松島コーチング 浜松市 あんしん堂
  • 15May
    • あんしん療法による50肩の痛みの取り方プレミアムセミナーについて

      ありがとうございます。日本あんしん療法総合学院代表の松島です。このところ暑い日が何日も続いて、日差しがとても強く感じられます。このような暑い季節には、身体の痛みや不快な症状などを強く感じて身体の不調を訴える人が多く、たくさんの患者さんが「あんしん堂」に来院されます。肩の痛みや張りなどの症状などで、当院に来院される患者さんもとても多い疾患です。四十肩や五十肩の症状で悩みを抱えている人は耐え難い肩の痛みを抱えて大変な思いをされています。四十肩や五十肩は、医学的には別名「肩関節周囲炎」といいます。それではなぜ肩に、四十肩や五十肩のような肩に強い痛みが起こるのでしょうか?実は、現代医学では四十肩や五十肩の痛みが発症するメカニズムが完全に解明されていません。最新の医学によると、〇加齢による筋肉や関節の変性〇血液循環の悪化などが肩関節周囲炎の原因とされています。しかし皆さんは、この説明で本当に納得がいくでしょうか?また、原因が上記のとおりだとしても、現代医学で完全に四十肩や五十肩の痛みが改善できるでしょうか?血液循環の悪化などは、痛みが起これば当たり前のように生じるため、誰にでもわかることです。老化が原因だということは確かに一理ありますが、肩関節周囲炎は若い人にも起こる疾患です。(20代~30代でも)あんしん療法では、一般的な医学的とは異なる肩関節周囲炎の原因の見解をしています。例えば、〇何らかの外部から肩部への刺激に対して身体(脳)が防御している〇普段の日常生活(姿勢や仕事、勉強等)から起こる体幹の歪み〇頸椎・胸椎の椎間板の潰れ・ヘルニア等の器質的疾患〇脳の間違った記憶による内部表現などにより、四十肩や五十肩の症状が生じていると考えています。一つの例として説明すると、姿勢が悪ければ頸椎や胸椎に歪みが生じて神経を圧迫して痛みや張りなどの症状が生じます。これらの症状がひどくなると、頸椎・胸椎の椎間板の潰れやヘルニア等の器質的疾患が生じます。ただし最終的な問題点としては、これらの悪い身体の状態を脳が守ろうとする防御システムを発動させていつまでも肩に痛みが生じます。これら四十肩や五十肩の症状を改善するには「あんしん療法」により、〇歪みや椎間板の状態が良い状態を作る〇脳に身体を緊張させて患部を守る必要がない状態を教えることを「脳の内部表現変換」をおこない正常な状態を脳に再記憶させる必要があります。あんしん療法では、強い四十肩や五十肩の痛みをその場で確実に改善させることが可能です。「あんしん療法プレミアムセミナー 四十肩や五十肩の手法」のご案内です。

      23
      テーマ:
  • 12May
    • 「腰痛や首痛、便秘などで来院 浜松市南区在住|K.M様46歳女性パート」

      浜松の施術院「あんしん堂」には、毎日さまざまな症状でお困りの方がたくさん来院します。先日も、「腰痛や首痛、便秘などで来院 浜松市南区在住|K.M様46歳女性パート」の方が来院されました。最近来院された患者さんはさまざまな整体や接骨院などに行き、揉み返しやなぜかウォーターベッドを使用した施術で船酔い状態になったそうです。笑ご存じの方もいるかもしれませんが、身体はボキボキしたりぐいぐいしたりすることを嫌がり、脳は身体を守るために患部を緊張させます。それでも整体やマッサージなどの先生がせっせと身体を揉むために揉み返しが起こります。「あんしん堂」の施術では一切揉むようなことはありません。あんしん療法による施術は、揉み慣れた人には本当に物足りない感じだと思います。ただし、あんしん療法による施術を終わった後の爽快感は格別なものがあります。 身体は優しくあんしんな施術や療法を受け入れるため、優しい施術により脳は身体の緊張を解くため身体が楽になるのです。あんしん療法は、身体の痛みだけでなく便秘や内臓疾患、婦人科系、花粉症、アレルギーなど全身のさまざまな症状にも対応しています。さまざまな症状でお困りの方は、是非ご相談くださいね。http://www.ansindo.jp/column/voice/1742/

      6
      テーマ:
  • 25Apr
    • 手指や手のひらに起こるさまざまなしびれと自分でできる判定と対処法

      手を使いすぎたりすると、手に「痺れ(しびれ)」や痛みが起こることがあります。しびれは、手足や腰、顔、首、肩、背中など、全身のありとあらゆる箇所に起こる病気です。一番怖いのは、脳梗塞や脳卒中などの脳疾患や心臓病、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの病気が起こることです。その場合にはすぐに医療機関での治療が必要になります。また、背骨(頸椎・胸椎・腰椎)に起こるヘルニアや椎間板の潰れなどが原因で起こるしびれもあり、しびれには注意が必要です。「しびれ」が起こる人の中でも、特に手指や手のひらに「しびれ」を感じる人は多いといわれています。手指や手のひらの「しびれ」が起こるといっても、どの指にしびれが起きているのかで、脳疾患か他の疾患なのか傷病名や傷害箇所も違ってきます。実は、どの指がしびれているかによって、「身体のどの箇所が悪くどのような病気になってるのか?」おおよそ判定が自分でできるのです。今回は、手指や手のひらなどの違いによって起こるさまざまなしびれや、指の麻痺などの自己診断や対処法について解説します。http://www.ansindo.jp/…/%E8%85%95%E3%82%84%E6%89%8B%E…/1677/

      5
      テーマ:
  • 09Apr
    • 腕の骨折と足首の捻挫で歩けなくなり来院 磐田市大泉在住|C.O様主婦71歳女性

      皆さん、こんにちは。「あんしん堂」の松島です。あんしん堂には、毎日たくさんの患者さんがいらっしゃいます。首痛、肩こり、四十肩、胸が苦しい、腰痛、股関節痛、膝痛、捻挫、花粉症、頭痛、生理痛・・・。症例の数を数えたらきりがありません。今回紹介する患者さんも腕の骨折や足首の捻挫で来院されました。通常、こうした器質的疾患になると病院では、患部を固定したり包帯をぐるぐる巻きにしたりするだけの処置をおこないます。そのため、来院当初は足を引きずって、足がパンパンの状態で来られました。C.O様はとても姿勢が悪く、来院時にはほとんど円背(背虫ともいう)の状態で背中が曲がった状態です。あんしん療法による施術は、骨折箇所や捻挫した足首自体を施術するのではなく、身体全体に対して施術をおこない、脳にあんしんできる信号を送ります。当然ですが、ボキボキやグイグイする整体やマッサージなどの施術法とは違い、優しく眠くなるような施術をおこないます。優しく脳に働きかける施術は自律神経の副交感神経が優位になり、身体がリラックスした状態になります。この状態のことを「変性意識状態(またはトランス状態)」といい、脳の「内部表現変換」がしやすい状態になります。ここであんしん療法による施術で脳の内部表現変換をおこなうので、身体の状態が改善すると考えられます。事実、C.O様もアンケートで身体の変化について「最初は歩くこともできなかったのですが、治療を重ねていくうちに、うそのように痛みがとれて歩けるようになりました。それから姿勢が良くなったので視界が広がりました。」などと語っています。骨折や捻挫などの器質的疾患による症状は、治るまでに通常は2~3ヶ月くらいかかるといわれていますが、あんしん療法による施術ではそんなにかかることはありません。身体があんしんできる状態になれば、身体自身でどんどん快方に向かうように整えていきます。身体は常に治りたがっています。ほんの少しだけ、身体があんしんできる状態を脳に記憶させてあげれば身体の状態は、どんどん良くなっていくのです。もし、さまざまな痛みや不快な症状などでお困りの方は「あんしん堂」へご相談くださいね。

      10
      テーマ:
  • 07Apr
    • どんな痛みや不快な症状でも取り除く「あんしん療法」の施術の流れセミナーについて

      ありがとうございます。日本あんしん療法総合学院の松島です。皆さん、如何お過ごしでしょうか?最近は、暑くなったり寒くなったりするなど、一段と寒暖の差を感じ服装を変える手間がかかりますね。このような時期には花粉症だけでなく、身体の痛みや不快な症状などを強く感じる人も多くいます。治療院を経営されている先生方は、患者さんより健康でいなければいけませんね。当然ですが、このような季節でも、身体の状態が良ければ痛みや不快な症状などが起こることはありません。体調が良ければ気血の流れも良くなるため、免疫力や抵抗力もアップするので風邪も引かなくなります。免疫力や抵抗力がアップすれば風邪やインフルエンザ、花粉症などの症状に対抗できる身体になり、いつでも健康でいられるため、仕事や勉強、趣味などもはかどります。私たち施術をする者は、常に良い状態で仕事や勉強に取り組む必要があります。さて、あんしん療法プレミアムセミナーのご案内です。今回、5月におこなわれるセミナーは、本来あんしん療法の本科でしか指導していないどんな痛みや不快な症状でも取り除く「あんしん療法」の施術の流れセミナーです。浜松のあんしん堂には、「どこへ行っても良くならない」「治らない」といって来院される人がたくさんいらっしゃいます。患者さんからよく聞く言葉ですが、病院や接骨院、鍼灸、マッサージ、整体院などいろいろなところへ行きましたが「治りません」といわれて来院されます。それでは、どうして既存の治療方法ではなかなか治療効果が上がらないのでしょうか。例えば、整形外科などで一般的に最終手段としておこなわれる手術療法です。腰椎椎間板ヘルニアと診断されて、最終的に手術をおこないます。確かに、ヘルニアが神経を圧迫すれば、ヘルニアが原因で痛みが生じているといえます。しかし、本当にヘルニア自体が原因で腰痛を引き起こしているのかはわからないのが今の医学の現状です。なぜなら、腰痛患者の8割以上が原因不明により痛みが生じているといわれています。実際におこなっている施術の現場では、「手術したのに、痛みが全く変わらなかった」などと言って来院される患者さんが数多くいるのが事実です。それでは、どうしたら身体の痛みや不快な症状などを改善することができるのでしょうか。脳に「大丈夫ですよ。」という信号を送って、身体の緊張を解かせることです。あんしん療法による優しい施術により、脳は信号を受け入れて身体の緊張を解きます。その結果、自律神経の副交感神経が優位になり、その場で瞬時に痛みや不快な症状が解消します。身体はとても繊細で、グイグイ揉んだりボキボキされたりすることをとても嫌がります。マッサージや整体を受けて、揉み返しどころか頭痛や吐き気まで起きてしまう方もいます。これらの症状を身体の「好転反応」「揉み返しは筋肉が回復している証拠」などという説明や見方をする先生もいるようですが、このようなことは絶対にあってはならないことです。あんしん療法では、ボキボキしたりグイグイ押したりするような強い施術は絶対におこないません。そのような強い刺激は、当然ミラーニューロンも活動するようになり、余計に強い痛みを感じてしまうからです。それが「揉み返し」です。あんしん療法は、身体に優しく完全無痛の施術方法でおこなわれるとてもソフトな脳科学療法術です。実際にあんしん療法の施術を受けていると、何をしているかわからないくらいソフトで、寝てしまう人もいるくらいの優しく安全な施術方法です。脳科学療法により身体に正しい動きを記憶させることにより、身体の連動性を取り戻して痛みの再発しない動きを記憶させることが可能になります。今回おこなわれる「どんな痛みでも取り除く「あんしん療法」の施術の流れセミナー」では、実際の現場おいてどのような流れであんしん療法による施術がおこなわれているか?指導します。流れは施術法だけでなく、問診からあんしん療法による検査法、あんしん療法による施術、施術後の指導まで、あんしん療法の施術の全てが含まれたセミナーになります。もし、プロの治療家の先生で限界を感じている方や、転職者、社会人、主婦、学生など自分で施術の道を目指している人にはおすすめです。セミナー詳細■「どんな痛みや不快な症状でも取り除く「あんしん療法」の施術の流れセミナーについて」日時   5月6日日曜日 午前10時~午後5時※途中1時間お昼休憩をとります。(昼食付き)場所   浜松 日本あんしん療法総合学院 (都合により変更もあります。)参加費用 一般10万円 DVDセミナー受講者は5万円 募集期限 4月21日お昼12時まで■あんしん療法1Dayマスターセミナー(毎月第二日曜日開催)(前日土曜日は復習会)日時   5月13日日曜日 午前10時~午後5時※途中1時間お昼休憩をとります。参加費用 158,000 円。二回目以降に再受講をご希望の方は2万円。場所   浜松の日本あんしん療法総合学院 (都合により変更もあります。)※あんしん療法DVDセミナーの2回目以降(復習会)参加ご希望の先生は、1Dayセミナーへ御参加可能です。参加費用2万円前日の土曜日は午後2時~5時くらいまであんしん療法復習会をおこなっています。あんしん療法復習会はセミナー受講生の参加費用1万円(一般2万円)です。募集期限 4月21日お昼12時まで「どんな痛みや不快な症状でも取り除く「あんしん療法」の施術の流れセミナーについて」に参加ご希望の方は、・お名前:・フリガナ:・郵便番号:・住所:・職業:・携帯番号:・メールアドレス:を右のお問い合わせからご連絡下さい。-----------------------------------------------人数が集まり次第締め切りとさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。お申し込み必須事項を受信後、振込先をご連絡させて頂きます。振り込み完了後、セミナー申し込み完了とします。または、当日セミナー料金を持参でも結構です。その場合はinfo@nsg-a.jpへご連絡願います。2~3日後、もし返信メール等ない場合には再度メールをお願いいたします。セミナーの締め切りは、4月21日のお昼12時までとさせて頂きます。プロの治療家の先生方だけでなく、会社員や転職者、主婦、公務員など、たくさんの他業種からの参加があります。どなたでも参加可能です。将来、自分自身で施術院のお店を持ちたい方や、痛みのある人を楽にしてあげたいと思っている人は是非ご参加ください。皆様のお越しをお待ちしております。☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆あんしん療法の手法を少しずつでも学びたい、復習したいと言う先生には、学院で「あんしん療法復習会」も随時おこなっています。――――――――――――――――――――――――――――――――― 平成30年 5月12日・5月19日・5月26日(各日土曜日)開催 『あんしん療法 復習会』 詳細――――――――――――――――――――――――――――――――――■開催場所  浜松 日本あんしん療法総合学院(都合により変更もあります。)■時間    午後2時から午後6時くらいまでの間■参加費用  DVD・1DAYセミナーに参加していない方 20,000 円        参加している方は 10,000円■募集期限  4月21日土曜日  12時まで☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆――――――――――――――――――――――――――――――――― 平成30年1月14日(前日は復習会となります) 『あんしん療法 1Dayマスターセミナー』 詳細――――――――――――――――――――――――――――――――――あんしん療法を1日で習得したい方にお勧めです体幹(背骨・骨盤)を整えて、腰痛や肩こり、頸部痛などに有効な手法を1日で学びます■開催場所  浜松 日本あんしん療法総合学院(都合により変更もあります。)■開場    9時30分~ 開始 10 時から 17 時まで       ※途中1時間お昼休憩をとります。■時間    午前10時から午後6時くらいまでの間■参加費用  初回の方 158,000 円。       二回目以降のセミナー参加の方は 20,000 円■その他   お弁当付き       懇親会付き(参加希望の場合は参加する旨を事前にお伝えください。)■募集期限  4月21日土曜日  12時まで       各開催月の前月末土曜日 12時まで☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆前月に『あんしん療法 1Dayマスターセミナー』に参加された先生はこのセミナーで復習して、技を確実なものにすると健康改善率がアップします☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆――――――――――――――――――――――――――――――――― 平成30年 第3土曜日・日曜日 あんしん療法・一般研修会及び学院卒業生の為の『松島ワークス』 詳細今まで学院在学時におこなわれた手法の復習及び新たな新手法や気功法、呼吸法、瞑想法などを学ぶセミナー手法の正確性・理論・スピード・経営・ラポール形成技術などを更にスキルアップ*一般の方の「松島ワークス」参加も可能です――――――――――――――――――――――――――――――――――■開催場所  浜松 日本あんしん療法総合学院(都合により変更もあります。)■開場    9時30分~ 開始 10 時から 17 時まで       ※途中1時間お昼休憩をとります。■時間    土曜日 午後2時から5時くらいまでの間      日曜日 午前10時から午後6時くらいまでの間■参加費用  土曜日のみ 10,000円 日曜日のみ 20,000円       両日参加  30,000円■その他   研修ができる服装で■募集期限  4月21日土曜日  12時まで『あんしん療法 1Dayマスターセミナー』 各月第2週目日曜日・前日復習会『松島ワークス』 各月第3週目土・日各種セミナーに参加ご希望の方は、・お名前:・フリガナ:・郵便番号:・住所:・職業:・携帯番号:・メールアドレス:を info@nag-a.jp までご連絡下さい。☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆人数が集まり次第締め切りとさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。お申し込み必須事項を受信後、振込先をご連絡させて頂きます。振り込み完了後、セミナー申し込み完了とします。または、当日セミナー料金を持参でも結構です。その場合も info@nag-a.jp へご連絡願います。2~3日後、もし返信メール等ない場合には再度メールをお願いいたします。----------------------------------------------------------------------------------■アクセス[浜松駅からバスをご利用の方] 浜松駅前バスターミナル:2番乗り場より、系統番号:0「蜆塚 佐鳴台」行き乗車 佐鳴台団地バス停下車。(運賃 片道240円)[自動車道をご利用の方]東名高速道路の浜松西ICを降りたら、最初の信号を右折し、信号を2つ超えて次の信号を左折し直進、静岡大学附属中・小学校手前の信号を右折し、スターバックスの手前の信号を左折すると見えてきます。著名目標〇佐鳴台郵便局〇遠鉄ストア・フードワン佐鳴台店■当日の緊急連絡■ 053-401-9999 学院事務局まで----------------------------------------------------------------------------------御不明点がございましたらお気軽に御質問いただけますと幸いです。遠方から来られる人もいらっしゃると思います。どうぞお気をつけてお越し下さい。当日お会いできるのを楽しみにしております。*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*【H30年度『あんしん療法プレミアムセミナー』予定】*都合によりキャンセル又は日にち・セミナーの変更がある場合があります。 ご了承のほどお願いいたします。2018年1月   触れる気功法2月   内蔵1の手法3月   肘・手の手法4月   脳科学牽引法(足~お腹)5月   「あんしん療法」の施術の流れセミナーについて6月   症例:50肩7月   肩2の手法8月   脳科学関節修正法1(足の指~膝)9月   腰2の手法10月  症例:生理痛11月  股関節2 の手法12月  関節弛緩法

      2
      テーマ:
  • 03Apr
    • 女性に多い「関節リウマチ」の原因や症状と改善法について

      誰でも、関節に痛みを感じることがあります。関節痛といわれるこの痛みは、女性に多い疾患です。関節痛のことを「関節炎」ともいいます。関節痛は、朝起きたときや長い時間同じ姿勢でいたあとなど感じることが多いようです。痛みの起こる関節の場所は、膝や肘、足首、手足の指などの関節に痛みやこわばり、腫れなどを感じます。一年を通して感じる関節痛ですが、特に寒い冬の季節に、これらの症状を感じる女性が多いようです。関節痛が長い期間生じると、関節が炎症を起こします。炎症が起こるとさらに強い痛みが関節に生じるため、とても厄介な病気です。関節痛の中でも、特に女性に多くみられる疾患が「変形性関節症」と「関節リウマチ」です。関節痛は、この2つのタイプの疾患以外にも、中高年から過度の運動量のスポーツにより起こる「関節障害」もあります。これらのどの疾患も同じように関節に痛みが走りますが、医学的な見解はまったく違う疾患であり、それぞれの病気に合った治療法を施すことになります。特に多い変形性膝関節症と関節リウマチは原因不明の病気といわれており、生涯にわたって付き合っていかなければいけない病気といわれています。日本における「関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis:RA)」の患者さんは、推定約60万人~70万人いるといわれています。前述したとおり、関節リウマチは女性に多い疾患で、男性の約5倍の人が発症します。関節リウマチが発症する年齢のピークは、30~50代で中高年者の1%がこの病気にかかっています。一般的に、「リウマチ」という名称はよく耳にする病気ですが、一体どのような病気なのでしょうか。また、関節リウマチの予防法や改善法はないのでしょうか。今回は、女性に多い「関節リウマチ」の原因や症状と改善法について解説します。http://www.ansindo.jp/column/woman/peculiar/1532/

      4
      テーマ:
  • 23Mar
    • のどの奥に鼻水が流れ込む後鼻漏の原因と対処法について

      皆さん、いかがお過ごしでしょうか。寒かったり暑かったり、日によって全然違いますね。こんなときには、体調を崩しがちになります。この時期、鼻水がのどの奥へ流れ込むような症状が起こることはありませんか?このような鼻水がのどに流れ込む症状のことを「後鼻漏(こうびろう)」といいます。後鼻漏になると、さまざまな症状が起こります。例えば、鼻水や鼻づまり、咳き込み、咳払い、痰(たん)がからむ、喉の違和感などの不快な症状が生じます。普通の状態では鼻水は鼻の穴から出てきます。しかし、後鼻漏になると絶えず鼻水がのどに流れ込み、嫌な感じがします。後鼻漏の症状がひどくなると、鼻の穴の奥にポリープができたり、嫌な臭いを感じたりします。こうした不快な症状は、仕事や勉強など日常生活への弊害が大きく、早い対処法や予防が必要です。しかし、なぜ後鼻漏が起こるのでしょうか。後鼻漏の改善策や対処法はあるのでしょうか。今回は、のどの奥に鼻水が流れ込む後鼻漏の原因と対処法について解説します。http://www.ansindo.jp/column/info/news/1510/

      6
      テーマ:
  • 06Mar
    • 1,2,3で痛みが消失する脳科学による究極の関節弛緩法セミナー

      ありがとうございます。日本あんしん療法総合学院代表の松島です。3月に入りました。この季節になると、春一番ば吹くなど、天気が荒れて寒暖の差が激しさを増します。こうした季節は、花粉症などの症状が出始めます。花粉症などの症状は、花粉が原因ではなく脳と首が原因です。季節の変わり目で、身体の不具合が起こる人は首が悪いために痛みや張り、花粉症などの症状を感じます。この原因は、主に脳による身体を守る作用が働いているからです。脳は、何らかの原因により身体の不具合を察知して瞬時に身体を守りに入ります。実は、季節の変わり目では身体が膨張します。そのため、身体の不調がわかりやすいのです。身体の痛みや不快な症状は、脳の記憶媒体である海馬の前にある「扁桃体」が強く関係していて、危険や恐怖などを察知します。痛みなどを敏感に察知して身体に症状が現れるため身体に痛みがある人にはとても嫌な器官だと思います。しかし、扁桃体が存在することにより、身体はさまざまな外部からの衝撃などから、身を守ってくれているのです。ちなみに、扁桃体がないと恐怖や痛みなどは感じなくなります。参考例ですが、扁桃体を取り除いた猿は恐怖感を感じません。すると一体どうなるでしょう。例えば、猿の天敵である蛇に対して恐怖感を感じなくなります。すると本能である食欲のみに走り例え手を噛まれても、蛇を本能的に食べようとします。扁桃体がないと、理性的な感情や危険の察知する能力がなくなります。私たちが、恐怖や危険を察知して理性を保てるのは「扁桃体」のおかげなのです。さて話しは変わりますが、身体が痛みなどで身体が緊張して拘縮するのは何故でしょう。身体の拘縮も当然、「扁桃体」による作用が働いています。身体が極度に緊張した状態が続くと脳は緊張を解く命令を身体に出せないため、身体を拘縮させます。それでは、どうしたら良いのでしょう。それは、脳にあんしんできる信号を送ることです。あんしん療法で優しくおこなう施術は脳に対して優しく働きかけるために身体の緊張を緩めます。そのため、身体の痛みや不快な症状は瞬時に取り除かれてしまいます。しかし、それでも身体の緊張が解けない「カチカチの高齢者」の場合はどうしたらいいでしょうか。今回、おこなわれる「1,2,3で痛みが消失する脳科学による究極の関節弛緩法セミナー」で、高齢者のカチカチの身体も一気に緩んでしまいます。今回の究極の脳科学牽引法セミナーを学ぶ事により、○ ガチガチに拘縮していた関節がゆるゆるになる○ 今まで対応出来なかった拘縮に対する症例を劇的に改善出来る○ 手法における呼吸は気にしなくても良い○ 明らかに身体が緩むため、患者さんが笑顔になるなど、たくさんの利点があります。それまでどのような手法をおこなっても取れなかった「しぶとい痛みや張りなど」が劇的にその場で取れてしまいます。また、ほかにも今回の手法を学ぶ事により、○ 骨盤の拘縮が取れる○ 股関節の拘縮が取れる○ 体幹(全ての椎骨)の拘縮が取れる○ 肩の痛みが劇的に取れる○ 仙骨の痛み・緊張が劇的に取れる○ 婦人科系の症状が劇的に改善される○ 千挺関節の痛みが劇的に取れる○ 頚部の痛みが劇的に取れるなどさまざまな全身の症状に対応できるようになります。それでは、今回学ぶセミナーの手法は難しいのでしょうか。いえ、手法はそんなに難しくありません。(笑)むしろ通常のあんしん療法の手法より簡単に手法をおこなうことができるでしょう。あんしん療法には、「あんしん療法の“秘伝”」とも言うべき手法が数多く存在します。その中でも、今回学べる手法はコツさえつかめば手早くいとも簡単に痛みや不快な症状を取ることができます。今回学ぶ手法を身に付けているかどうかで、施術の仕上がりに圧倒的な差が出てきてしまうのは言うまでもありません。つまり、他院との施術後の圧倒的違いの差を付けることも可能です。本来なら今回学べる手法は、「専科生」「あんしん療法本科」の先生にのみ教える究極の手法ですが、今回は特別に公開します。全国の諸先生方から、たくさんのご相談を受けますが、○ どうしても関節がカチカチで緩まない。○ 何度やっても直ぐに戻ってしまう。○ 患者さんの身体が硬すぎて痛みが取れない。など通常の手法で太刀打ち出来ない患者さんに対して今回学べる手法は、とても凄い威力を発揮します。しかも、通常のあんしん療法の手法より難しくないため、いとも簡単に痛みを取り除くことができます。本当にそんな事が可能なのでしょうか。可能です。(笑)脳疾患や高齢の患者さんを抱えている諸先生方で、「どうしても身体の拘縮を取ってあげたい」「身体を楽にしてあげたい」とお考えの先生は、是非いらしてください。手法をおこなった関節すべてが、ゆるゆるになってしまう究極の手法を学べます。今回のセミナー募集締切は、3月17日土曜日12時までになります。プロの先生方だけでなく、一般の社会人や主婦などさまざまな仕事をされている方も学ぶことができます。皆さんのお越しをお待ちしております。4月1日開催■『あんしん療法プレミアムセミナー 1,2,3で痛みが消失する脳科学による究極の関節弛緩手法セミナー(足部・膝・股関節・腰・腹部)』詳細開催場所 浜松 日本あんしん療法総合学院開場 9時30分~ 開始10時から17時まで ※途中1時間お昼休憩をとります。参加費用 一般6万円 DVDセミナー受講者は5万円。(本科生はそのまま受講可)その他 お弁当付き募集期限 3月17日土曜日  12時まで■あんしん療法1Dayマスターセミナー(日曜日)・兼復習会(前日土曜日)日時    4月14日 土曜日午後2時から5時までの間(復習会)15日 日曜日午前10時から午後5時までの間(1Dayセミナー)日曜日は途中1時間お昼休憩をとります。参加費用 初回の方 158,000 円 二回目以降の参加の方は2万円     土曜日参加のみの方は1万円場所   浜松の日本あんしん療法総合学院(都合により変更もあります。)※あんしん療法DVDセミナーの2回目以降(復習会)参加ご希望の先生は、御参加可能です。参加費用2万円締切 3月24日水曜日お昼12時まで「あんしん療法1Dayマスターセミナー」については、DVDの内容プラス新手法を1~2手法を付け加えてセミナーを行います。「あんしん療法DVDセミナー」「あんしん療法プレミアムセミナー 1,2,3で痛みが消失する脳科学による究極の関節弛緩手法セミナー(足部・膝・股関節・腰・腹部)」に参加ご希望の方は、・お名前:・フリガナ:・郵便番号:・住所:・職業:・携帯番号:・メールアドレス:を info@nag-a.jpまでご連絡下さい。人数が集まり次第締め切りとさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。お申し込み必須事項を受信後、振込先をご連絡させて頂きます。振り込み完了後、セミナー申し込み完了とします。または、当日セミナー料金を持参でも結構です。その場合も info@nag-a.jp へご連絡願います。2~3日後、もし返信メール等ない場合には再度メールをお願いいたします。アクセス JR浜松駅から遠鉄バス 2番ホームの0番線 3番ホームの9番線で     バス停 佐鳴台団地 まで 所要時間 約20分     著名目標 佐鳴台郵便局 遠鉄ストア・フードワン佐鳴台店当日の緊急連絡は 053-401-9999 学院事務局まで御不明点がございましたらお気軽に御質問いただけますと幸いです。遠方から来られる先生もいらっしゃると思います。どうぞお気をつけてお越し下さい。当日お会いできるのを楽しみにしております。☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆あんしん療法の手法を少しずつでも学びたい、復習したいと言う先生には、学院で「あんしん療法復習会」も随時おこなっています。――――――――――――――――――――――――――――――――― 平成30年 4月14日・4月21日(各日土曜日)開催『あんしん療法 復習会』 詳細――――――――――――――――――――――――――――――――――■開催場所  浜松 日本あんしん療法総合学院(都合により変更もあります。)■時間    午後2時から午後6時くらいまでの間■参加費用  DVD・1DAYセミナーに参加していない方 20,000 円        参加している方は 10,000円■募集期限  3月24日土曜日  12時まで☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆あんしん療法を1日で習得したい方にお勧めです体幹(背骨・骨盤)を整えて、腰痛や肩こり、頸部痛などに有効な手法を1日で学びます――――――――――――――――――――――――――――――――― 平成30年4月15日(前日は復習会となります) 『あんしん療法 1Dayマスターセミナー』詳細――――――――――――――――――――――――――――――――――■開催場所  浜松 日本あんしん療法総合学院(都合により変更もあります。)■開場    9時30分~ 開始 10 時から 17 時まで       ※途中1時間お昼休憩をとります。■時間    午前10時から午後6時くらいまでの間■参加費用  初回の方 158,000 円。       二回目以降のセミナー参加の方は 20,000 円■その他   お弁当付き       懇親会付き(参加希望の場合は参加する旨を事前にお伝えください。)■募集期限  3月24日土曜日  12時まで       各開催月の前月末土曜日 12時まで☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆前月に『あんしん療法 1Dayマスターセミナー』に参加された先生はこのセミナーで復習して、技を確実なものにすると健康改善率がアップします☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆――――――――――――――――――――――――――――――――― 平成30年 第3土曜日・日曜日 あんしん療法・一般研修会及び学院卒業生の為の『松島ワークス』 詳細今まで学院在学時におこなわれた手法の復習及び新手法を学ぶセミナー手法の正確性・理論・スピード・経営・ラポール技術などを更にスキルアップ*一般の方の研修参加も可能です――――――――――――――――――――――――――――――――――■開催場所  浜松 日本あんしん療法総合学院(都合により変更もあります。)■開場    9時30分~ 開始 10 時から 17 時まで       ※途中1時間お昼休憩をとります。■時間    土曜日 午後2時から5時くらいまでの間日曜日 午前10時から午後6時くらいまでの間■参加費用  土曜日のみ 10,000円 日曜日のみ 20,000円       両日参加  30,000円■その他   研修ができる服装で       ■募集期限  4月7日土曜日  12時まで各種セミナーに参加ご希望の方は、・お名前:・フリガナ:・郵便番号:・住所:・職業:・携帯番号:・メールアドレス:を info@nag-a.jp までご連絡下さい。☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆・・*・・☆‥☆人数が集まり次第締め切りとさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。お申し込み必須事項を受信後、振込先をご連絡させて頂きます。振り込み完了後、セミナー申し込み完了とします。または、当日セミナー料金を持参でも結構です。その場合も info@nag-a.jp へご連絡願います。2~3日後、もし返信メール等ない場合には再度メールをお願いいたします。----------------------------------------------------------------------------------

      4
      テーマ:
    • 激痛をともなう変形性股関節症の原因と治療法

      世の中には、股関節に痛みを訴える女性がとても多くいらっしゃるようです。医学的には、股関節に痛みが生じる疾患のことを「股関節症」といいます。股関節症になると、股関節や腰、足などにさまざまな痛みなどの機能障害が起こります。股関節症になった多くの人は、足の付け根の「鼠径部(そけいぶ)」に痛みを感じることが多く、立ったり座ったりする動作や歩き始めに痛みを感じます。股関節症が進行して痛みがひどくなると、股関節を動かさない状態でも痛みが生じ、さらに寝た状態でも痛みが生じるので生活に大きな支障が出ます。股関節は、身体の半分以上の体重を支える骨盤にくっ付いた重要な関節であり、股関節の仕組み上、とても痛みやすい関節といえます。股関節症になるには、さまざまな原因がありますが、普段の姿勢や仕事、スポーツなどに大きく関係してきます。また、股関に痛みが続くと、股関節が変形してくる場合もあります。この疾患を「変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)」といいます。今回は、激痛をともなう変形性股関節症の原因と治療法について解説します。http://www.ansindo.jp/column/pain/hipjoint/1428/

      テーマ:
  • 27Feb
    • 脳科学における夢を叶えるスコトーマの外し方

      あなたは、今の自分の環境や人生に満足していますか?もし、「今の自分は本当の自分ではない」「なんで自分の人生はうまくいかないのだろう?」「変わりたいのに変われない」のなら、何かが間違っているのです。自分が満足していないことに気付いて、自己啓発の本を読んだり自己啓発セミナーに参加したりする人もいるでしょう。しかし、それでも自分が変われないのであれば、自分の中に「スコトーマ」があるからなのかもしれません。スコトーマとは一体なんなのでしょうか。スコトーマとは、元々眼科で使用されている言葉で、なにかを見ているのに見えていない部分がある「盲点(もうてん)」のことを指します。現代では、心理的にも盲点があることに対し、脳科学や心理学などでも「心理的盲点」「認知的盲点」などという意味合いで使用されています。例えば、腕時計が良い例です。ちなみに時計を見ずに「自分の時計の模様を説明してください」といわれたら、あなたはすぐに説明できますか?実は、多くの人がこの質問に答えることができません。何故なら、時計は時間を見るものだからです。このように脳は、何らかの情報を得たときに「自分にとって必要ない」と判断すると、その情報をスルーします。しかし、その情報の中には、自分にとって本当に必要な有益な情報が隠されていることがあります。もしそうだとしたら、スコトーマにより、せっかく本当の自分になれるチャンスを見逃していることになります。もし、自分のスコトーマを外すことができることができれば、自分にとって必要な情報を気付けるようになり、成功を収めることが可能になります。今回は、脳科学における夢を叶えるスコトーマの外し方について解説します。

      4
      テーマ:
  • 19Feb
    • 確実に夢や願いが叶う本当のアファメーションの方法について

      人は誰でも欲求があり、誰でも成功したいと願います。例えば、「俳優や女優になりたい」「美しくなりたい」「頭が良くなりたい」「金持ちになりたい」「健康になりたい」など、さまざまな願いがあります。実際には、夢を叶えられる人はほんのわずかです。しかし、実際に夢を叶えた人がいることは確かです。あなたが願いや夢を叶えるにはどうしたらいいのでしょうか?夢を叶える方法の一つに「アファメーション(affirmation)」という方法があります。アファメーションは辞書などで意味を調べると、「宣言」「肯定」「確定」「断定」など訳されています。日本では、多くの自己啓発などのセミナーがおこなわれてアファメーションを指導しています。また、脳科学や心理学などの学問では、アファメーションをもう少し深い意味合いで使用したり実践したりしています。アファメーションとは、自分自身に対して「私はすごい人だ」「私は何でもできる」「私はいつもついている」「私は幸せです」などの文章を使用して「自己洗脳をおこなうテクニック」です。アファメーションの本当の意味は、「自分自身を肯定するために宣言する」ことです。実際に、正しくアファメーションをおこなうと、仕事や恋愛、友人関係、勉強など、さまざまなことが成功したという報告があります。有名人では、プロ野球選手のイチロー選手やサッカーの本田圭祐選手、モデルや女優では世界的に有名なミランダ・カーさんや道端ジェシカさんがアファメーションで成功を収めています。私は仕事で、経営者や起業家、スポーツ選手や監督、公務員などの人にコーチングをおこなうと同時に、正しいアファメーション法の指導をおこない、それぞれの分野で素晴らしい実績や成功を収めています。しかしなぜ、夢を叶えることができる人と叶えられない人に差がでてくるのでしょうか?その違いは何なのでしょうか?今回は、確実に夢や願いが叶う本当のアファメーションの方法について解説します。http://www.ansindo.jp/column/brain/science/1324/

      5
      テーマ:
  • 13Feb
    • 生活習慣病を予防してダイエットや美肌にも効果がある「イヌリン」について

      現代人は、食の欧米化や普段の運動不足などにより動脈硬化や心疾患、脳疾患などの生活習慣病を引き起こす人が多くいます。生活習慣病になる原因の一つに「中性脂肪」があります。現代人の多くの人が肉食中心の食事をしているため、高脂肪や高コレステロール、高糖質になっています。また、運動不足も重なり、血液はドロドロの状態になってさまざまな病気を引き起こします。前述した疾患の前段階が「脂質異常症」という病気です。脂質異常症の症状がひどくなると動脈硬化が進み、心臓や脳などにさまざまな病気が起こります。脂質異常症にならないようにするには、適度な運動とともに健康的な食事を摂ることがポイントになります。その中でも、近年中性脂肪を減らして、さまざまな健康効果をもたらすスーパフードがあります。そのスーパフードは「イヌリン」といいます。名前がかわいらしいため、犬と何か関係があるのでは?と思う人も居ますが、全く犬とは関係がありません。今回は、心疾患や脳疾患などの生活習慣病を予防して、ダイエットや美肌にも効果がある「イヌリン」について解説します。http://www.ansindo.jp/column/diet/food/1288/

      1
      テーマ:
  • 07Feb
    • 他院が絶対に真似できない3つの理由(あんしん療法と他院の決定的な違い)

      世の中には、本当にたくさんの治療法が存在します。例えば、西洋医学や東洋医学、鍼灸、マッサージ、インドのアーユルベーダなどです。脳科学療法である「あんしん療法」は、既存の西洋医学や接骨院、マッサージなどの治療方法とは決定的な違いがあります。それでは、、既存の病院や他院でおこなわれている治療方法と「あんしん療法」では、どのような違いがあるのでしょうか。西洋医学や既存の治療方法の問題点や、本来身体に備わっている「自然治癒力」の説明と絡めて、脳科学療法である「あんしん療法の利点」などを解説します。決定的な違いその1(身体全ての専門性と信頼)「あんしん療法」は、足先から頭まで、全ての身体の痛みや不快な症状に対して有効な脳科学療法です。例えば、足部の痛みを例にしても、青少年に多いオスグッド・シュラッター病やタナ障害、半月板損傷、鵞足炎(がそくえん)、変形性膝関節症、ランナー膝、シャルコー関節、関節ねずみなど足の痛み専門といえるくらい数多く改善してきた実績があります。ただし、足部の痛みなどの症例はほんの一例にすぎず、実際には手の指や肘、前腕や上腕、肩部、背部、腰部、首など上半身に起こるさまざまな症例にも数多く対応している実績があります。あんしん療法と既存の治療方法の違いは、その場で身体の変化が実感できるかできないか?です。既存の治療方法で、その場で身体の痛みや不快な症状を改善し、体感したという証言はあまり聞きません。もちろん、たくさんの治療法がありますから、素晴らしい療法もたくさんあるでしょう。ただし、来院される患者さんの証言では、「病院に行っても良くならない」「無理矢理ボキボキ、グイグイされた」「歳だからうまく痛みと付き合ってください。」「太っているから痩せましょう」」などといわれたので不満に感じて来院したといいます。「あんしん堂」へ来られる患者さんは、年間で延べ人数は約6千名です。多いときには、もっとたくさんの患者さんが来院されます。あんしん堂には、日本全国北海道から沖縄(海外からも)まで、都道府県や世界中から来院されます。施術を受ける人の中には、週末固め施術(1日に5回施術を受けることもあります)をされる人もいます。こうした患者さんは、治る意識が高いため、本当に健康改善するスピードも速くなります。こうした実績からもわかるとおり、さまざまな症例に対応して多くの患者さんが来院するなど、あんしんできる実績があるのでなんら心配する必要はありません。あんしんしてご来院、ご相談ください。完全無痛の施術方法で、優しく施術をおこないます。患者さんの改善例は、下記のURLより参考としてご覧ください。http://www.ansindo.jp/voice/決定的な違いその2(自然治癒力の向上と的確なアドバイス)あんしん堂には、全国からさまざまな仕事やスポーツ選手などの方が来院されます。例えば、一般の方からプロのアスリートまで、さまざまな人が来院します。症例も人によりさまざまで、病院へ行っても変わらないため来院したといいます。スポーツ選手もプロのアスリートや格闘家など、さまざまなプロスポーツ選手が来院されます。あんしん療法の一番の強みは、私たち人間が備わった「自然治癒力」を脳科学療法により最高の状態へ引き上げることです。人間には、自然治癒力という生まれながらにして自分の身体を治す力が備わっています。私たちは、自然治癒力があるおかげで、毎日健康でいられるのです。具体的には、「自己再生能力」や「自己防衛機能」、「恒常性維持機能」が自然治癒力という能力です。人は身体の状態が良くなると、以前おこなっていた足組や横座りなど、身体を歪ませる姿勢を無意識にとろうとします。これにより、正しい姿勢や椎間板の潰れが起こり身体が疲労して、再度身体に痛みや不快な症状が戻ってしまうことがあります。そうならないためにも、あんしん堂では普段おこなっている姿勢や動作、スポーツなどでの練習方法や休息、栄養など、その人に合った効果的なアドバイスを的確におこないます。あんしんして、ご来院ご相談ください。決定的な違いその3(既存療法の問題点とあんしん療法の違い)患者さんからの報告では、病院や接骨院、鍼灸、マッサージ、整体院などへ行きましたが「治りません」といわれて来院されます。治療法も、グイグイするマッサージやボキボキする整体、電気治療、鍼治療、カイロプラクティック、薬、手術療法などです。それでは、どうしてこれらの既存の治療方法で効果が上がらないと患者さんが言われるのでしょうか。さまざまな治療方法について考えてみましょう。例えば、一般的に治療の最終手段としておこなわれる手術療法です。例えば、腰椎椎間板ヘルニアと診断されて、最終的にヘルニアの手術をおこなうとします。確かに、ヘルニアが神経を圧迫すれば、ヘルニアが原因で痛みが生じているといえます。しかし、本当にヘルニアだけが腰痛を引き起こしているのかは、わからないのが今の医学の現状です。なぜなら、前述したとおり腰痛患者の8割以上が原因不明だからです。痛みは脳で感知しています。近年では、痛みと脳の関係についてさまざまな研究報告がされています。痛みを何度も感じていると、「痛みの回路」が脳に作られてしまいます。ヘルニアのみならず、関節や腱などに異常がなくても、強い痛みを感じるようになります。ということは、ヘルニアを切除すれば腰痛が治るわけではないことになります。また、「アロディニア」といって軽く布団に触れたり髪の毛がなびくだけでも強い痛みを感じたりすることがありますが、そのような身体の状態のときにボキボキ、グイグイされれば痛みの回路が発動し、さらに身体は痛くなります。これが「揉み返し」です。この状態が長期間続くと、レディー・ガガさんがなった「線維筋痛症」になるおそれがあります。ボキボキやグイグイするような施術だけでなく、薬は副作用があります。もちろん、治験などにより薬のエビデンスは取られていると思います。しかし、身体は薬では治りません。身体は自分自身の「自己治癒力」により、自分で治しているのです。あんしん療法により身体の改善がみられるのは、呼吸や氣の流れを詳細にチェックして「脳の内部表現変換」をおこない、身体を本来あるべき健康な状態に戻す療法をおこなうからです。当然、どのような疾患でも、治る過程に早い遅いの違いはあります。しかし、重度の疾患といえども脳や身体に対して「適切な働きかけ」をおこなうことにより、健康改善する可能性は十分にあります。「あんしん堂」では患者さん本人の早い改善を目指し、疾患の早期改善や仕事やスポーツの早期復帰ができるように身体や脳に対して最高のアプローチをさせていただきます。人の身体は、生きている限り必ず改善します。自分が持つ「自然治癒力」を信じて、疾患に負けない身体作りをしましょう。また、あんしん療法の施術による改善例を紹介しますので、参考としてください。http://www.ansindo.jp/voice/

      4
      テーマ:
  • 06Feb
    • 脳内の痛みの回路と現代医学の致命的欠点について

      昔から、世の中には、西洋医学をはじめとしてさまざまな医療があります。例えば、薬や手術、化学療法などをおこなう西洋医学や鍼灸、マッサージなどの東洋医学、インドのアーユルベーダなどです。治療とは「治す」ことですが、これらの療法で治らないといって、全国から多っ久野患者さんが「あんしん堂」へ来院してきます。現役医師(脳外科医)の崎谷医師は、「医者は病気を絶対に治せない」と自分の著書で述べられています。先生の著書は、現場の医療をおこなっている多くの医師に衝撃を与えたのではないでしょうか。話しは変わりますが、近年の医学の研究では「脳と痛みの関係」について、さまざまな研究報告があります。例えば、愛知医科大学の牛田先生は、「痛みは記憶される」研究を発表されて、痛みのメカニズムについて研究を進められています。世界では、「ミラーニューロン」について、痛みと脳の関係について研究調査されています。あんしん療法は、昔から痛みは脳と深く関係していることを述べてきました。「あんしん療法」は、ボキボキやグイグイするような危険な療法は、一切おこないません。患者さんの身体を、優しく触れたり軽く動かしたり、氣の流れを円滑にする脳科学療法です。私は医師ではないため、あんしん療法による施術や改善例を治療とはいえません。ただし、来院される患者さんは「とても良くなった」「痛みが治った!」といって笑顔になるなど、たくさんの方に喜んでいただいています。中には、涙を流されて喜んでいただける患者さんもいます。全てではありませんが、あんしん療法の施術で、大勢の患者さんにこのような言葉を述べていただいているのには理由があります。それは、施術方法が間違いのない方法であり、手法により脳と身体に優しくあんしんできる信号を送ることが、患者さんの感謝の言葉につながるのだと考えられます。機能脳科学療法であるあんしん療法の施術方法により脳にあんしんできる信号を送り、脳から身体の緊張を解く命令が身体に行き届くために、身体の痛みや不調などが改善する作用があると考えられます。今回は、脳内の痛みの回路と現代医学の致命的欠点について、「医師は病気を絶対に治せない」の著書を持つ崎谷医師の見解と絡めて、脳科学療法である「あんしん療法の優位性」について解説します。http://www.ansindo.jp/column/mechanism/why/1191/

      1
      テーマ:
  • 25Jan
    • 脳の記憶と痛みの関係

      私たちは、普段感じる痛みを、不思議なことに痛みを脳で感じています。当然、足を怪我したりすれば、その箇所に痛みを強く感じます。しかし、実際には、脳で痛みを感じているのです。現在、痛みと脳の関係については、世界各地でさまざまな実験がおこなわれ、科学的に証明されています。細胞の中には、「ミラーニューロン」という細胞も、痛みと深く関係しているようです。もちろん、日本でもさまざまな研究が進められています。しかし、脳内では痛みが起こると、どのような反応が起きているのでしょうか。今回は、日本や世界でおこなわれている脳と痛みの関係に関する実験をもとに、脳の記憶と痛みの関係について解説します。

      14
      テーマ:
    • 糖尿病や梅毒などの病気で起こるシャルコー関節について

      膝関節の痛みは、スポーツや重労働、加齢などだけでなく、病気で痛みが起こることがあります。例えば、糖尿病などの病気が長期間進行することにより、骨の組織が破壊されて膝に痛みなどが生じます。他にも、性病の一種である梅毒などでも膝の痛みを引き起こすことがります。しかし、なぜ糖尿病や梅毒などの病気で、膝に痛みなどの症状が出たりするのでしょうか。今回は、糖尿病や梅毒などの病気で起こるシャルコー関節について解説します。http://www.ansindo.jp/column/mechanism/why/1167/

      テーマ:
  • 22Jan
    • スポーツや加齢で起こる半月板損傷の原因と治療法

      私たちの身体は、たくさんの関節で成り立っています。全身の骨の数は約206個で、関節の数に至っては、頭のてっぺんから足先まで約260箇所の関節で構成されています。ここで気付いた人もいると思いますが、私たちの身体は、なぜか骨の数よりも関節の数の方が多いのです。話しは変わりますが、数多くの関節の中の一つに「膝関節」があります。膝関節内には、「半月板」という英語のCの形をした重要な軟骨組織の板が存在します。半月板は、クッションとして膝関節を補助する役割を担っています。半月板がなければ、すぐに膝関節を痛めてしまい歩くこともジャンプすることもできなくなります。一方、半月板は、スポーツや重労働などで損傷することがとても多い軟骨組織の一つです。なぜクッションの役割を担う半月板は、スポーツなどで損傷することが多いのでしょうか?クッションという役割をしているのに、損傷することが多いのはおかしなものです。今回は、スポーツに多い半月板損傷の原因と治療法について解説します。http://www.ansindo.jp/column/pain/knee/1162/

      3
      テーマ:
  • 17Jan
    • 膝を曲げるとパキパキ鳴るタナ障害について

      ジャンプ動作や仕事で膝を使い過ぎると、膝を曲げたときに膝関節がパキパキ音と音が鳴り、痛みが生じることがあります。この疾患のことを「タナ障害(タナ症候群)」といいます。タナ障害は、激しいスポーツや膝関節をよく使い過ぎる仕事などをおこなうことにより、膝関節に繰り返し負担がかかり膝に痛みが生じる疾患です。タナ障害は、どのような原因で起きるのでしょうか。また、タナ障害の予防方法はあるのでしょうか。今回は、膝を曲げるとパキパキ鳴るタナ障害について解説します。タナ障害の原因激しいスポーツや身体をハードに動かすような仕事(特に膝をよく使う仕事)などで、膝の曲げ伸ばしを繰り返すことにより、前述した「タナ(滑膜ヒダ)」がお皿の骨(膝蓋骨)と大腿骨の間に挟まることがタナ障害の原因です。タナ障害になると、大腿骨の内側顆骨と膝蓋骨、さらにタナがこすれて、タナの一部が盛り上がって「肥厚(太く硬くなること)」します。すると、膝関節が炎症を起こして、痛みや腫れなどの症状が膝関節に生じます。この疾患のことを「タナ障害」といいます。通常、タナ障害になるとパキパキ音がなります。しかし、タナがあっても大腿骨にかかっていない場合には、パキパキ音が鳴りません。タナ障害は、ジャンプしたり、膝の屈伸を多くおこなったりするスポーツや仕事などをおこなう人に多くみられる疾患です。タナ障害は、オーバートレーニングなどで、太ももや下腿の筋肉が緊張していてもタナ障害の症状が出ます。タナ障害が発症しやすいスポーツは、膝をよく使用するスポーツです。例えば、マラソンやバレーボール、バスケットボール、陸上競技、山登り、テニスなどです。他にも、格闘技やラグビー、アメリカンフットボールなどの膝に強く負担のかかるスポーツにも起こる場合が多いようです。これらのスポーツからもいえるとおり、タナ障害は膝の曲げ伸ばしを多く繰り返すスポーツや、ジャンプ動作の多いスポーツなどに起こりやすいといえます。タナ障害は、10歳~20歳代の若者に多く発生することが多いようです。男女差で比べてみると、女性の方が男性よりも多く発症しています。タナ障害の予防法タナ障害になる主な原因は、スポーツでジャンプ動作をしすぎたり走り込みをしすぎたりするオーバートレーニングや、仕事での膝関節の使い過ぎによることです。タナ障害の予防法としては、スポーツや仕事でなるべく休息したり、オーバートレーニング避けたりすることが予防につながります。また、膝関節や足全体の柔軟性を高めるために、ストレッチや柔軟体操をおこなうこともタナ障害の予防法としてとても有効です。膝関節や足全体の柔軟性が高まれば、膝関節がスムーズに動くため、タナ障害になりにくくなるからです。ストレッチや柔軟体操で膝関節や足を緩めることとは逆に、足全体の筋肉鍛えるトレーニングをおこなうことも、タナ障害の予防法になります。膝関節周辺の筋肉が強化されることにより、タナ障害が起きにくい強い関節組織になります。ただし、トレーニング後も、念入りなストレッチや入浴をおこなって、十分な睡眠を取ることもタナ障害の最適な予防法になります。タナ障害は、膝を曲げるとパキパキ音が鳴り、痛みや違和感がともなう疾患です。しかし、、適切な治療方法により比較的早く改善する疾患でもあります。タナ障害にならないように、適切な予防法をおこない膝関節をスムーズに動作できる環境を作り、膝が痛まない充実した生活を送るようにしましょう。あんしん堂での治療タナ障害の正しい治療方法は、タナを取り除くだけでなく、タナや膝関節に負担がかかる動作をスムーズに動くように改善してあげることがポイントです。一般的にタナ障害は、膝蓋骨(お皿の骨)や大腿骨(太ももの骨)などにタナが擦れて炎症を起こすことが大きな原因だといわれています。しかし、スポーツや仕事などで、膝関節(特にタナ)に負担がかかる動作をおこなうことが根本的な原因となっていることが多いようです。スポーツなどで、タナに負担がかかる動作をしてしまうのは、脳の記憶媒体に深く関係があります。脳は、間違った動作を繰り返しおこなっていると、例え間違っている動作だとしても、その動作を正しいと認識して脳に記憶します。他にも、タナ障害が起こる原因として「体の連動性の欠如」「体幹の歪みや膝関節のズレ」などにより、膝関節(タナ周辺)に負担のかかる動作を無意識におこなっていることが考えられます。あんしん堂では、間違った脳の記憶動作を、正しい正常な動作を脳に「再記憶させる療法」をおこないます。さらに、脳の内部表現変換で体の連動性を取り戻すことにより、体幹や骨盤、膝のズレなどを改善して、タナ障害の根本治療をおこないます。タナ障害や他の膝の障害でお困りの方は、ぜひ脳科学療法である「あんしん堂」にご相談ください。その場で身体の変化を感じることができます。

      3
      テーマ:
  • 16Jan
    • 激痛を伴う変形性膝関節症の原因と治療法

      歳を取ったり激しいスポーツをおこなったりして、膝が痛む症状の一つに「変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)」という疾患があります。一般的な呼び名では、膝関節症(ひざかんせつしょう)と呼ばれることもある疾患です。変形性膝関節症になる主な原因は、膝関節の軟骨の老化が原因による場合が多いといわれています。変形性膝関節症になると、膝関節のクッションの役目をする軟骨がすり減ったり、膝の筋力が低下したりして膝が変形するために痛みが生じます。その他に、変形性膝関節症の原因や症状はどのようなものがあるのでしょうか。今回は、激痛を伴う変形性膝関節症の原因と治療法について解説します。http://www.ansindo.jp/column/pain/knee/1075/

      テーマ:
  • 15Jan
    • スラリと伸びた美脚を手に入れるためのO脚の原因解明と改善法

      テレビを見ていると、女優さんやモデルさんが、とても綺麗な脚をしていて見とれてしまいます。そして、女性なら誰でもモデルさんのように、スラリとした綺麗な脚になりたいと思うでしょう。ところが、鏡の前で自分の脚を見てみると、両膝が外側に開いて脚が綺麗に見えない悩みを多く抱える女性がいます。自分で脚をピタッとそろえようとしても、なかなか脚を付けることができない。このような両膝に隙間ができることを、一般的には「O脚」と呼ばれています。日本人やアジアの女性は、O脚で悩む人がとても多く、女性の約8割~9割の人が悩んでいるといわれています。私たち黄色人種は、体型的にもO脚になる人が多いようです。O脚は見た目に悪いだけでなく、放っておくと腰痛や膝痛になることもあります。体型以外にも、O脚になる原因はたくさんあります。それでは、何が原因でO脚になるのでしょうか?O脚になる原因を突き止めてO脚にならないようにすれば、ある程度はO脚や膝の痛みを防ぐことは可能です。今回は、スラリと伸びた美脚を手に入れるためのO脚の原因解明と改善法について解説します。http://www.ansindo.jp/column/woman/peculiar/1064/

      テーマ: