【夕顔413-2】「ぬ」「に」の識別問題 | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

【夕顔413-2】「ぬ」「に」の識別問題

アイスショー「氷艶2019―月光かりの如く」では、

高橋大輔さんが、「源氏物語」の光源氏を

幻想的に演じていますね♪

源氏物語イラスト解釈

 

【これまでのあらすじ】

 天皇(桐壺帝)の御子として産まれ、容姿・才能ともすぐれていた光の君は、幼くして母(桐壺更衣)を亡くし、臣籍に降下、「源氏」姓を賜り、左大臣の娘(あおい)の上を正妻にもらいました。一方、帝の後妻である、亡き母によく似た藤壺宮(ふじつぼのみや)への恋慕、そして、中流の女空蝉(うつせみ)との一夜限りの情事、プライドの高い六条御息所(ろくじょうのみやすんどころ)との逢瀬…。光源氏は尽きせぬ恋を重ねていくのでした。

 ただ今、「4.夕顔」の巻です。17歳の光源氏は、五条にひっそり住まう夕顔の君に恋をし、彼女を廃院に誘いますが、夕顔は物の怪に襲われ急死してしまいます。失意の中、喪も明け、光源氏はかつて関係のあった人妻の空蝉へ、そして一夜の逢瀬であった軒端荻へと、想いを馳せつつも、夕顔の四十九日を終えました。一方、伊予介と空蝉が地方へ下ることとなり、光源氏は一夜の関係を結んだ人妻の空蝉と和歌を交わします。

 

【今回の源氏物語】

なほ、かく人知れぬことは苦しかりけりと、思し知りぬらむかし。かやうのくだくだしきことは、あながちに隠ろへ忍びたまひしもいとほしくて、みな漏らしとどめたるを、

   ↑

夕顔413イラスト訳はこちら

 

「夕顔」の巻 をはじめから読む⇒

『源氏物語』の登場人物はこちら⇒

『源氏物語』の目次一覧はこちら⇒

 

 

―――――――――――――――――――
 ☆ 古文オリジナル問題~助動詞識別~☆

―――――――――――――――――――

なほ、かく人知れAことは苦しかりけりと、思し知りBらむかし。かやうのくだくだしきことは、あながちC隠ろへ忍びたまひしもいとほしくて、みな漏らしとどめたるを、

 

問)傍線部ABCの文法説明の組み合わせとして最も適当なものを1つ選べ。

 

1.A 完了の助動詞  B 打消の助動詞  C 形容動詞の語尾

 

2.A 打消の助動詞  B 強意の助動詞  C 形容動詞の語尾

 

3.A 強意の助動詞  B 打消の助動詞  C 完了の助動詞

 

4.A 動詞の語尾   B 完了の助動詞  C 断定の助動詞

 

5.A 完了の助動詞  B 強意の助動詞  C 断定の助動詞

 

笑い泣きゲロー笑い泣きゲロー

 

古文読解のヒケツは、次の3つのポイントです。

   下矢印

⑴ 古文単語を覚える

⑵ 古典文法(助動詞・敬語)をマスターする

⑶ 古文常識を理解する

 

 

特に重要となってくるのが、

文法事項の識別です。

ゲローゲローゲロー

 

 

今回のような問題は

センター試験でもよく出てきますが

 

大学入試共通テストになっても

基本的な識別問題として

重要視されてくると思われます。

 

滝汗滝汗滝汗

 

今回のオリジナル問題のレベルは

しっかり確認できましたか?

ウインク

 

 

 

 

 

まず、大きな識別ポイントは

 

助動詞「ず」と「ぬ」の識別です。

 

 

 

打消(~ない完了(~てしまった

意味が真逆ですよね~;;

笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

なのに、今回のAのように

直前の活用形(接続で判別できない場合は

 

直後のつながりを見て

傍線部自体の活用形を考えて識別します。

ニコニコ

 

 

Bのように、

直前が「知り」という連用形に接続している場合は

識別しやすいですよね♪

口笛

 

 

ちなみに、Bの「」は

直後に、現在推量の「らむ」があります。

 

 

完了の「ぬ」が未来を表す助動詞等と共に用いられる時は

時制の関係で、強意の意味となります。

(※確述用法についてはこちら⇒

 

 

 

 

また…

 

【知る(しる)

【他動詞:ラ行四段活用】

①理解する。知る。わきまえる

②関係を持つ。つきあう。特に男女交際をする

【自動詞:ラ行下二段活用】

…(多く「人に知る」「人知れず」の形で)人に知られる

 

 *『全訳古語例解辞典(小学館)』より

   上矢印

このように、

「知る」には四段下二段の活用があることも

この機会に覚えておきましょう!

ウインク

 

 

 

なお、

C「に」の識別はできましたかな?

キョロキョロ

 

 

【あながちなり(強ちなり)

【形容動詞:ナリ活用】

①無理矢理である。強引である

②ひたむきな様子。一途である

③あまりにはなはだしい

④(下に打消)そうむやみには。必ずしも

 

 *『全訳古語例解辞典(小学館)』より

   上矢印

重要古語の形容動詞

識別問題でも必須なので

しっかりと覚えていきましょうね!

ウインク

 

 

 

 

 

 

 

【答え】…

 

 

 

→今回のイラスト訳はこちら

→今回の重要古語はこちら