【夕顔413-3】古文単語「隠ろふ」 | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

【夕顔413-3】古文単語「隠ろふ」

重要古語の記事では

源氏物語イラスト訳で出てきた古文の

単語を1つピックアップしています♪

源氏物語イラスト訳 重要古語ラブラブ 

 

古文単語は、

チェックボックス1.とにかく丸暗記して覚える語

チェックボックス2.漢字イメージで覚える語

チェックボックス3.文脈判断で決める語

があります。

 

今回は漢字のイメージで覚える古語です♪

 

【今回の源氏物語】

なほかく知れこと苦しかりけり思し知りらむかしかやうのくだくだしきことあながちに隠ろへ忍びたまひいとほしくみな漏らしとどめたる

   サゲサゲ↓

今回のイラスト訳はこちら

 

――――――――――――
今回出てきた古文単語
――――――――――――

■【なほ】…やはり

■【かく】…このように

■【人知れぬ】…人知れぬ。秘密の

※【知れ】…ラ行下二段動詞「知る」未然形

※【ぬ】…打消の助動詞「ず」連体形

■【は】…区別の係助詞

■【苦しかり】…ク活用形容詞「苦し」連用形

■【けり】…詠嘆の助動詞「けり」終止形

■【と】…引用の格助詞

■【思し知る】…悟りなさる

※【思(おぼ)し―】…「思ふ」の尊敬(作者⇒光源氏)

※【思ひ知る】…悟る。十分に分かる

■【ぬ】…強意の助動詞「ぬ」終止形

■【らむ】…現在推量の助動詞「らむ」終止形

■【かし】…念押しの終助詞

■【かやうの】…このような

■【くだくだしき】…シク活用形容詞「くだくだし」連体形

※【くだくだし】…煩わしい。ごたごたしている

■【は】…区別の係助詞

■【隠ろへ】…ハ行下二段動詞「隠ろふ」連用形

※【隠(かく)ろふ】…身をひそめる。隠れている

■【忍び】…バ行四段動詞「忍ぶ」連用形

※【忍(しの)ぶ】…人目につかないようにする。人目を忍ぶ

■【たまひ】…ハ行四段動詞「たまふ」連用形

※【たまふ】…尊敬の補助動詞(作者⇒光源氏)

■【し】…過去の助動詞「き」連体形

■【も】…強意の係助詞

■【いとほしく】…シク活用形容詞「いとほし」連用形

※【いとほし】…気の毒である

■【て】…単純接続の接続助詞

■【みな】…すべて。全部

■【漏らし】…サ行四段動詞「漏らす」連用形

■【とどめ】…マ行下二段動詞「とどむ」連用形

■【たる】…完了の助動詞「たり」連体形

■【を】…逆接の接続助詞

 

今回は「ぬ」にも注意しましょ♪

「重要古語一覧」もご参照ください。
 

 

―――――――――――――――
☆ 本日の古文単語「隠ろふ ☆

―――――――――――――――

なほ、かく人知れぬことは苦しかりけりと、思し知りぬらむかし。かやうのくだくだしきことは、あながちに隠ろへ忍びたまひしもいとほしくて、みな漏らしとどめたるを、

 

問)傍線部の意味として最も適当なものを、次の中から1つ選べ。

 

1.ひたすら人目を忍んで隠し通していらっしゃった

 

2.むやみに夕顔のことを秘密にし申し上げた

 

3.強引にひたすら忍んで通いなさっていた

 

4.ほんのちょっと愛情をかけてくださった

 

5.著しいほどにひた隠しにし申し上げた

 

ゲッソリびっくり滝汗チーン

 

今回は「隠ろふ」という古語を勉強しましょう!

 

 

 

もちろん、傍線部の意味解釈では

重要古語「あながち」の意味を確認することが不可欠ですが

 

【あながちなり(強ちなり)

【形容動詞:ナリ活用】

①無理矢理である。強引である

②ひたむきな様子。一途である

③あまりにはなはだしい

④(下に打消)そうむやみには。必ずしも

 

 *『全訳古語例解辞典(小学館)』より

   

むしろこれだけでは

選択肢が絞りきれませんよね;;

滝汗滝汗滝汗

 

1.ひたすら人目を忍んで隠し通していらっしゃった

 

2.むやみに夕顔のことを秘密にし申し上げた

 

3.強引にひたすら忍んで通いなさっていた

 

4.ほんのちょっと愛情をかけてくださった

 

5.著しいほどにひた隠しにし申し上げた

 

 

また、

「たまひ(たまふ)」という尊敬の補助動詞も重要です。

 

1.ひたすら人目を忍んで隠し通していらっしゃった

 

2.むやみに夕顔のことを秘密にし申し上げた

 

3.強引にひたすら忍んで通いなさっていた

 

4.ほんのちょっと愛情をかけてくださった

 

5.著しいほどにひた隠しにし申し上げた

 

…でもまだ…

選択肢が絞りきれません;;

 

 

 

ここで、着目してほしいのが

隠ろふ」の部分です☆

チュー

 

【隠ろふ(かくろふ)

【自動詞:ハ行四段活用orハ行下二段活用

…見えない所にひそみ続ける。隠れている

 

 *『全訳古語例解辞典(小学館)』より

   

 

古典文法の中には

現代でよく知ってる言葉なのに

活用や品詞の異なるものが多くあります。

 

 

今回の「隠ろふ」もその1つ☆

 

「隠す」や「隠る」もありますが

 

「ふ」という上代の助動詞がついて

反復継続を示す複合語が

平安時代には多く用いられます。

 

 

 

現代では

「語らう」「交じらう」くらいしか残ってませんが

 

こんなふうに、現代語とつながっているんだなぁ

って、感じてほしい古語ですね!

照れ

 

 

 

【答え】…

   

 

【夕顔(第9章)】の一気読みはこちら⇒

【源氏物語イラスト訳】の冒頭はこちら⇒

 

【今回の源氏物語】

なほかく知れこと苦しかりけり思し知りらむかしかやうのくだくだしきことあながちに隠ろへ忍びたまひいとほしくみな漏らしとどめたる


 

過去記事リンク

なほ

かう・かく(指示語)

人知れず

ぬ(「ず」「ぬ」の識別)

は(係助詞)

くるし(苦し)

けり

と(格助詞)

思(おぼ)し~

ぬ(助動詞)

らむ(識別)

かし

かやうなり

の(格助詞)

くだくだし

あながちなり

に(識別)

しのぶ

たまふ 

し(識別)

いとほし

て(接続助詞)

漏らす

たり(助動詞)

を(格・接続助詞)

 

ーーーーーーーーーーー

→今回のイラスト訳はこちら

→今回のイラスト解釈はこちら