No1020の続き『どうして半農半Xなのか』の三回目です。

 
 生業としての職業を別に持ちながら 自給農の畑を耕す事にしたのは、無農薬無肥料で育てる自然農が‟自然に任せ、野菜の育つ力に任せ放っておけば、野菜は育つ”というような簡単な話じゃなかったからです。自然農では、まだまだ食べていけない!と話は簡単ですが。
 
 あまり人の手が入っていない里山など、微生物のバランスの良い土壌で始めるのなら可能だったかもしれません、それでも放っておいては無理ですが(笑)。以前書いたように うちの農地は長い間、慣行農業で農薬や化学肥料を使い続け セメントのようにガチガチになった土地でそれはもう絶望的でした。
 
 農業の効率化を目指し‟農地整備事業”が施され 農道や用水路で綺麗に長方形に連なった農地を引き継ぐ者には、ハウスや機械化による大規模農業の道しか残されていません。
 
 設計の仕事で出張も多く、電車の車窓から見る農地のほとんどが綺麗に整えられています。数日前、飛行機から見下ろした風景は 山地以外のわずかに残る平地には市街地の他は見事な碁盤目の農地が広がっていました。
 農業×土木を研究してある方の記事に‟農地整備事業のデメリット”と題して
 ・適切な計画が無いままに施工し、肥沃な土壌が喪失する場合がある。
 ・旧水路に生息していたメダカ等の動物や植物などが、環境の変化によりその生態系が破壊される場合がある。
 ・棚田などの美しい景観が失われる場合がある。
など書かれてました。
 私の個人的な印象ですが、肥沃な土壌の喪失された農地は九割以上じゃないかと。
 
 自然農を目指す先輩方が、最後は山間や里山に落ち着かれるのが分かるような気がします。
 
 そして、我が家にはその事業に掛かってない 小さな耕作放棄地が残ってたので、今は その畑で自然農による野菜作りを頑張っています。
 
 今日の収穫
 
あでっそあぐり一月の料理教室 二日目の食材となりました。
 
つづく。
 
『最後まで読んでくださり ありがとうございます。アラカンの私ですが、いいねやフォローたいへん励みになっております。これからもどうぞよろしくお願いします』 
 今年最初の料理教室

 もちろん私ではなく、家内の半X(半農半Xの半X)です。私の手伝いは朝の収穫 大蔵大根・人参(種は交雑されあでっそ人参になってます)・ねぎ・白菜、それとレモンバーム 今日の食材となります。
 生徒さん達にかかえられ、野菜も私も幸せの瞬間です。


 シェフ自ら野菜を育て食事を提供しているオーガニックレストランも増えてきました。
 うちは家庭料理の料理教室、自然農で育った栄養いっぱいの野菜を食べ 元気な体を目指そう!(もちろん美味しいことは前提ですよ) と言い続けて六年が過ぎました。
 お陰様でコロナにも負けず、楽しい生活を送られて貰ってます。


 今日のラストにコーヒーをお出しするお手伝い、くどい様ですが豆もオーガニックでございます(笑)

 それで、生徒さん皆さんで作ったデザートの皿

 美味しく頂きました ご馳走さまです。

『最後まで読んでくださり ありがとうございます。アラカンの私ですが、いいねフォローたいへん励みになっております。これからもどうぞよろしくお願いします』
 夕刻なのに 成田発福岡行き(LCC国内線ですが)一便のみ。驚き

 まさに緊急事態宣言下です


 最後の一便 有り難や! 帰れます。



 当然、離陸順番待ちの飛行機も無く 定刻に飛び立ちます。


 成田空港内もガランとしてるし、警備員さん達がやたら目立ってて ここまで、規制や自粛が徹底されてると 昨夜の投稿は削除してしまおうかという思いが 頭をよぎります。

 が、体温を計測しマスクも付けて対策させてもらってるし 今帰れてる事を ただ感謝することにします。

 この機窓に癒されながら。

『最後まで読んでくださり ありがとうございます。アラカンの私ですが、
いいねフォローたいへん励みになっております。これからもどうぞよろしくお願いします』

 建設業に携わっていると、不要不急っていう訳にはいかない。現場現地にしかなく 体を運ばないと事が進まない。

 設計の場合、打合せだけなら 便利なアプリが次々にでき リモートでも可能になってきてますが、直接現場に行かないと その空間を肌で感じる事はできません。

 今日は設計監理の為、出張です



 そして、現地で働く職人さん達も 現場を進める為に体を運んできています。

 建設業に限らず、皆様 風邪など召されませぬよう お気を付けて参りましょう。これだけマスクしてたら大丈夫か。(締めが軽いm(_ _)m お休みなさい)

『最後まで読んでくださり ありがとうございます。アラカンの私ですが、いいねフォローたいへん励みになっております。これからもどうぞよろしくお願いします』

昨日も書きましたが、家内の半Xは料理人

 
 来週頭は料理教室の為、今夜は試作を食べれるという身内の特権が有難い日。我が家で料理教室を始めて七年目、ずっとオリジナルレシピで来てるので いつもいつも試作があります。
 

 酒粕とヨーグルトを~・・・と何か言ってますが、それどころじゃ無く 早くスプーン頂戴! 腹ペコでーすと、こちらはいつもの調子。
 
 「いいねー、美味しい!」「酒粕?へぇ〜、しっかりグリーンカレーやね」と偉そうに言ってますが、何の批評にもなってないことは分かっております。詳しい批評は出来ないので、いつも 美味しい!か何かもうちょい?の二択でさせてもらってます(汗笑)。
 今回来てくださる教室のゲストさま ネタばれ すみません。
 
 
 そして、半農からの収穫 今日の試作にも使った白菜です。
 気づいた方もいらっしゃるでしょう、試作用に使ったのは 葉が巻かなかった白菜です。巻かずともここまで育った野菜、肥料で丸々太った野菜よりきっと美味しい筈、少しも無駄には出来ません!
 
『最後まで読んでくださり ありがとうございます。アラカンの私ですが、いいねフォローたいへん励みになっております。これからもどうぞよろしくお願いします』