禁断のKRELL

初期KRELLの製品に出会って
人生観が変わるほどの衝撃を受ました。
それ以来再燃したオーディオ熱の赴くままに、
古今東西の銘機を正直に、
感じたままに語って行きたいと思います。
過去記事は頻繁に加筆修正しています。



テーマ:

 


KRELL KBX チャンネルデバイダー 1990年 米国 ¥800,000

 

 


KRELL KBX 熱く厚みのある音で、温度感が高い音。非常に重厚な音で強大な重低音を出す。
筋肉質でゴリゴリのマッチョな音、「KRELLは力で聞かせる音」ですから、
「情報量」では劣る印象
。厚みのある音作りや大規模回路と膨大な部品点数の為、
他社製品との比較では音の鈍さや曇りが気になる。KBXはホワイトノイズも盛大だ。
ただし、業務用の数万円のチャンネルディバイダーとの比較では格の違いは圧倒的(!)
ウィークポイントに目をつむることができれば大幅な(!)ランクアップを実感できる。
好みによっては絶賛されるモデル。ただし、現代の視点から見ると、いささか時代を感じる

音作り。これを「クドい音」と感じるか、往年のモデルにしかない魅力があると思うかはマニア

感性次第である。KBXを力強いアンプや個性の強いアンプと組み合わせると個性✕個性が

ぶつかって力が暴走しバランスが破綻してしまう。薄味や味気なさが気になる

プリ・パワーアンプと組み合わせて丁度いいくらいの"超個性派"チャンデバでありながら

音の支配力は極めて強い。KRELL第三~四世代のプリアンプ並か、それ以上にシステムの

音をKRELL色で染めてくる。繰り返しますが残留ノイズは盛大です。ハムノイズも接続機器や

接続ケーブルに配慮しないと乗りやすいです。KRELLのアンプにはマッチし、FMのアンプとは

相性が悪かったです。FMの音色を壊してしまうんですね。

 

 

市場に出回っている個体の9割はホーンスピーカー用で、体感だが4~5割がK2 S9500/M9500専用

 

650Hz -12dB/oct 3割がJBL4344/4343用の290Hz 1~2割がParagonとolympus用の

500Hz -12dB/octだと思います。残りが他のスピーカー向けだと思います。

 

 

 

 

 

 


LUXMAN FL-202 チャンネルデバイダー 1999年10月発売 日本 ¥ 159,800

 

 

鮮度感が高く、張り出しがある音。音像には輪郭の立体感と切れがあり、強靭な芯の強さも
みせる。フワリと漂うような空気感には柔らかさもあり、ほんのり芳醇な暖かさはまさに

ラックストーン。アナログチャンデバで問題になりがちなS/N比は非常に高く、KBXよりS/Nや

情報量は明らかに優秀である。1999年10月という発売年からしても設計の新しさは有利で、

搭載されている電解コンデンサーは劣化はしないだろうと思われる。操作面で分かり

にくいところは、バランス・アンバランス入力の選択は背面の小さな黒ボタンで行う。

クロスオーバー周波数変更は左のロック機構のスイッチを押下しながら行う。

多機能だが音質においても一級品でFMにはマッチする音である。

リレーが搭載されているのでメンテは必要かも知れない。年式が比較的新しく、

LUXが長年作り続けた経験が生きている。FL-202の残留ノイズは非常に少ないです。

 

 

機能面 FL-202は三番HOT入出力、PHASE切り替えスイッチが高域側出力、

低域側出力にれぞれ付いていて、スイッチを押すと入力された信号と逆位相になる。

 

(スイッチを押すと二番HOTで入力すると三番HOT出力となり、三番HOTで入力すると二番HOT出力となる)

 

高域と低域用に二つのレベル入力を装備(アッテネーター)

 

減退スロープ値は高域側と低域側でそれぞれ-12dB/octと-16dB/octを選択できる。

 

 

 

 

 



FOSTEX EN3000 チャンネルデバイダー 1992年発売 日本 ¥85,000


使い勝手の良いチャンネルデバイダー、JBLやALTECとの組み合わせを想定して
設計されている。面白みがなく、生真面目で地味な音質傾向に感じられるが、
力感や切れ味もまずまず良好。素直な音でKRELLのような誇張感や重厚さはないが、
チャンデバの存在に振り回されることがなく使いやすい。比較的廉価なモデルだが
デバイダーとしてのクオリティ的なものは高級モデルと組み合わせても通用すると思う。
経年劣化が気になるが、ハムが乗った場合はアイソレーショントランスを
プリやデジタル機器に試したり、シールド切りのRCAケーブルを使ってみて欲しい。
2way-3way兼用マルチアンプシステム用のチャンネルディバイダー。

EN3000の残留ノイズは少し気になります。ハムノイズも乗りやすいかも知れません。

 

 

 

クロスオーバー周波数は実用性の高い周波数を設定しており、

特に2wayの場合は高低8ポイントの周波数で使用できます。
また、バンドパス特性は音のつながりの良さと音質を勘案して18dB/oct固定とし、

各チャンネルごとに位相切替スイッチを備えています。
レベルコントロールは1dBステップの調整が可能です。
入出力端子には金メッキRCAピンジャックを使用しています

 

 

 

 

 

 

 


メジャグラン 2CH 自在型 チャンネルデバイダー ――年 日本 ¥28,000

 


現代では珍しいCR型のチャンネルディバイダー、部品点数の少ないシンブルな回路ならではの
音質の純度の高さや情報量は一級品、剥けるようなフレッシュな鮮度感があり、
清々しく爽やかな音質、
2015年にハンドメイドで制作していただきましたが、
設計の新しさは大きな優位点で、リライアビリティ、つまり機器的安定度も高い。
シンプルで低価格だが、音質の純度は随一、力の表現や過度な切れ込みなどは

望めないが、大変使い勝手がよく好ましい音質のチャンネルディバイダーである。

減退スロープ値が-6dB/octとなっているので、例えば仮に650Hzに設定したとすると

-12dB/octのスロープ値の650Hzよりも遥かに高い音がウーファーから漏れてくる。

音質最優先の設計の為だが、自作セットアップスピーカーと比べると使いづらさがある。

このデバイダーは設計が優秀なため残留ノイズが非常に少ないです。ハムノイズも乗らないです。

高域用のクロスオーバー周波数自在な2CHのデバイダーとしても使えます。

 

検索用 チャンネルディバイダー クロスオーバーネットワーク 比較・一斉試聴・聴き比べ・

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

現在発売中のStereo Sound 204号にて TRINNOV ST2 HiFi の試聴記が掲載されています

 

拙宅のJBL S9500との組み合わせです。早速書店で買い求めてきました。

 

平積みじゃない場合は水色の分厚い雑誌を目印に音楽誌のコーナーを探してみてください (´∀`)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

OPPO Sonica DAC  D/Aコンバーター 2017年 アメリカ/中国 ¥オープンプライス

 

 

 

 

OPPO Sonica DAC 価格破壊であることは間違いなく、10万円を
切る価格でこの音質は驚異的。先鋭な音作りで切れ味の鋭さを
強調してくる。高解像度で鮮度感が高い。
大きな印象として
挙げられるのが、静寂感に非常に優れている事。音像描写が
緻密で芯がある。INVICTA MIRUS(約65万)と比較ではスケール感や
空間表現がやや狭まり、低域は力強くなるが、質感は全体に低くなり、
分離感も低下するが、聴き耳を立てて聴きとれる程度の違い。
音色的にはニュートラルでややシックなサウンドである。
感覚的なものだが、若干モヤッとする。10万円のDACで

これだけの音が出てしまうと大手国産メーカーは窮地に立たされてしまう
厳選セレクトされた最新鋭モデルの数十万クラスの高級機と

比較すると敵わないが、このクラスと鳴らし比べても
「音質の格差に我慢できない」と顔をしかめるような事は
まずないだろうと思う。「驚異だからこそ、悪く言われる」
そういう立ち位置にあるモデルだと思う。プリ機能やボリュームの

質はあまり良くないので、ここに書いてあるレビューはDAC単体としての
評価である。ボリュームの二個使いは著しく音が悪くなるので、
ボリュームはBYPASSで使う事。エージングには100時間を要する。
HA-1を二年近く使ったが、音質は間違いなく大きく進化している。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


Aug-Line(オーグライン)電源プラグ  武藤製作所 日本 ¥――――

 

 

 

オーディオ目玉親父様からお借りしました。

 

 


Aug-Line(金+銀+プラチナの合金)電源プラグの単品の評価ですが、
基礎クオリティを確実に底上げしてくれる、音質はP-004にも似て鮮烈な傾向ですが、
色濃くエネルギー感あり、温度感が高い音。
オーグライン全開というより、

意外とストレートな音です。上位モデルのケーブルにこのプラグを組み込んだ場合は

プラチナが増量されてよりナチュラルな方向になるそうです。電源プラグはこの一種類のみで、
価格帯は大体ですがFURUTECH FI-50クラス?もしかすると今でもパーツ扱いで
購入可能かもしれないので、気になった方はダメ元で取扱店でご相談をお願いします。

 

 

テスト環境は壁コンセントはベリリウム+プラチナ・パラジウムのPAD CRYOMAG-SSR2で、

 

 


FM411パワーアンプに使用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

比較対象に使ったのはリファレンスの電源プラグ OYAIDEのP-004です。

 

 


 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

LUXMANのブース SOPRA No.2  をLUXMANのトップモデルのパワーアンプで聴きました。

 

フォーカルのスピーカーはカラーはエレクトリック・オレンジで正価260万という製品です。

 

スピーカーの存在を感じさせず音楽を際立たせる、というのがコンセプトの

新シリーズSOPRA。取り扱いはロッキーインターナショナルですが、

LUXMANのブースで聴くことが出来ました。国産単体のブースは毎年アンプはそれほど

頻繁には変わらないので、スピーカーの違いを聴いている感じです。

 

 

 

サウンドは透明感のある美音で鳴っていました。往年のラックストーン少し残し、

現代的に洗練された感じですね。現在のLUXMANの音は好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京に出展しなくなったハーマン・インターナショナルのブース

 

DD67000が非常に細かく繊細な音で鳴っていましたね。

 

東京に開発スタッフが来日できない分、ハーマンの取り扱いブランド製品のファンの方は

開発者の方々と接する貴重な機会になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

エレクトリのブースは金曜の13時くらいに立ち寄ったと思うのですが、満席でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

エミライ/OPPO Digital Japanのブースでは、Bricasti DesignのDAC、

プリアンプ、パワーアンプを中心としたシステムをデモ。

Bricasti Designの「M12」はDACとネットワークオーディオプレーヤーの

機能を搭載したプリアンプとなっており、同ブランドの製品だけで

音源の再生も行えるが、来場者の要望に合わせてOPPO「UDP-205」を

プレーヤーに使うなどの対応が取られていた。

 

 

Magico勢強しか!?S-1で鳴らしていました。このブースの音はなかなか良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

アブサートロンのブース Manger P-1スピーカーシステムとBoulder1160ステレオパワーアンプ

の組み合わせ。まだまだ鳴らしきれていない。マンガーユニットの特徴的な繊細感が印象に残る。

 

 

 

 

 

 

 

 

KR AUDIOの真空管アンプVA-880も聴きました。

 

 

とても本領発揮していただろうとは思えないのですが、

 

 

多分、OCTAVEやAIRTIGHT、EARを越えるのは難しそうです。

 

 

こちらは真空管らしい色味のある音色で鳴っていましたね。

 

 

 

 

 

 

 

Accuphaseのブース システム構成は二枚目の画像を御覧ください。

 

 

Accuphaseのブースは演出も凝っています。

 

 

プリメインアンプなのになかなか良い音で鳴っていましたね。

 

 

 

 

 

 

 

ATC SCM40とMacintosh MA7200 味のあるいぶし銀の音で鳴ってましたね。

いい意味で暗めで味わい深さがあるんです。同系統の音のATCにも合ってると思います。

 

 

 

 

 

 

 

メースのブース

 

ここで鳴らしていたKISO ACOUSTICS HB-1はトラウトマン大佐の個人の所有品なんですって。

 

サイズが考えられない鳴りっぷりのよさでした。箱を積極的に鳴らしていることから生まれる音です。

 

一聴の価値ありだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ノア/アークジョイアのブース

 

 

 

到着したタイミングでは Audio Research VT-80を鳴らしていました。

 

 

 

スピーカーが一番下のGUARNERI TRADITIONでしたので、アピールの点では

 

Amati TraditionSerafino Traditionには負けていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ステラ/ゼファンのブース

 

 

 

GIYA「G2-S2」 が鳴っていました。

 

 

ここは散々聴いているので、巨大バッテリー電源のSTROMTANKに注目してみました。

 

 

凄みのある透明感が再生音に宿ります。これは凄い電源システムだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでもIsoTecの電源強し!寡占常態か!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二階の大広間です。この時はHarbethをLUXMANで鳴らしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の物販ブースの様子です。書籍が少なめでCDが多いですね。

書籍が多い年があったり、headphoneを置いている年もありましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ファルコンは同社が展開するFalcon Labのスピーカー製品を用意。

中高域のユニットを無指向性とした特徴的なモデルに関心を示す来場者の姿が見られた

 

 

この真空管アンプ、半導体のアンプを聴いているような感覚でした・・・・・・

 

音は透明で繊細ですが、真空管を使う意味が分からないです。

 

スピーカーもこれといった特別なサムシングが感じられないですね。

 

 

 

 

 

 

 

https://www.phileweb.com/news/audio/201711/11/19247.html

 

 

 

三日間天気にも恵まれて楽しいショウでした。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 



室井社長が語るFMとマヌエル・フーバー氏の秘話。

 

 


FM社はもう50年くらいやっている。

創設者で開発責任者件、社長のマヌエル・フーバーは65~66歳

最初は測定器を作る会社として始めた。音を出すためにパワーアンプが
必要なので作ったのが第一号機FM800A、これを友達に貸したら
気に入って帰ってこなかった。

JBLやTAD、EV(エレクトロヴォイス)の大口径に制動をかけて鳴らすのが得意。

 

 

 

 

 

 

 

室井社長は「FMは特性(S/N比など)じゃないんだ!

LIVEの再現を大切にしているんだ!」と

東京でも大阪でも連呼していた。これは

音像の実体感や音の浸透力が比類なく高く、

実演に近いリアリティの高さやライヴコンサートの

エネルギー感にもっとも近い音を実現している事を

意味している。JBLなどのホーン型と同じ

 

 

FM810くらいからAXISSでFMの取り扱い開始。

音の立ち上がり、立ち下がりが早い。

ヨーロッパでFMのデモはほとんどアナログしか掛けない。

FMはパーツの点数が少ない。

 

これはディストーション(歪み)がどうのというよりも、

FMは音楽のLIVE感を重視して決めているから。


発注したパーツは厳選され100個の内15個しか使わない。
残りはオーディオ以外の産業用に再販している。


FMはフォイコライザーやリニアライザー、プリアンプ・パワーアンプなど
徹頭徹尾アナログにこだわったブランド。CDプレイヤーは作っていないのだが、

FMはアナログプレイヤーも作っていない。

 

今回のプレゼンテーションでもデジタルよりバーグマンの

Garderアナログプレイヤーの方が明らかに音が良かった。


マヌエル・フーバーはピアニストでイタリアのファツィオリのピアノを使っている。
彼の父親は声楽家である。

15年くらい前、この大阪にもマヌエル・フーバーが来た。
FM acoustics XS-1(大)XS-2(中)XS-3(小)のラインナップがあった、

この時FMのスピーカーも鳴らした。京都の人が気に入ってすぐ買った。

 

日本で取り扱いできるFMの特約店は現在四店舗だが、近々九州、

福岡のMAX audio小倉本店も特約店になる。なにを入れるかは現在話し合いを進めている。

デジタルはNASからMSB Reference DACで鳴らした。上に1,200万円以上する

SELECT DACがあるが、値段はこの半分くらい。SELECT DACは日本では12台くらい売れた。

MSB Reference DAC FM255mkⅡR FM711mkⅢ lumen キアラとWILSON
ケーブルはスピーカーケーブルとラインケーブルはFM acousticsで
他は全てTransparentのケーブルです。

 

 

 

FM255mkⅡRとFM711mkⅢのサウンドの印象

鮮度感があきらかに旧型より上がっている。非常にフレッシュな音になっている。

FレンジDレンジも広がったが、FMの独特の濃さが若干だが薄くなった?と感じた。

少し柔らかい音になった。自然で優しい音にシフトした感じだが、

やはり切れがあり、ヌケがよく、実体感のある音。

かなり明るい音になり、FM255に感じた翳りや音色の暗さはまったく感じなくなった。

生真面目なサウンドのWILSONよりも、lumen whiteの方があきらかに相性が良い。

 

 

 


朝一(10:30開場、11:00過ぎ)からの参加でした。FMの新型は最初の印象は芳しくなかったが、
WILSON Yvette(ユヴェット)からlumenキアラにスピーカーが代わり、そこから少しずつ

尻上がりに調子を上げていった。そして一番最後に鳴らした井上陽水は絶品!
 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

TRINNOV ST2HiFi

 

 

一台二役!!TRINNOV ST2 HiFiの2WAYチャンネルデバイダーが凄い!

 
 
 
※ ちなみに別売のはマイクは代理店から無償で借りられます。
 
 
 
エスアイエスにて大好評発売中のTRINNOV ST2 HiFiですが、メインの音場補正の他にST2 HiFiに内蔵されている2WAYチャンネルデバイダーも非常に素晴らしい音質です。
 
先日、お客様宅にてST2 HiFiの出張デモを行ないましたので、その模様をレポートさせて頂きます。
 
 
 
 
 
 
 

先日、お客様宅にてST2 HiFiの出張デモを行ないました。お客様はJBL  K2 S9500をお使いで、K2 S9500のチャンネルデバイダーKRELL KBXのS/Nが悪いという事で悩まれておりました。また全体的な音質の改善もご要望頂いておりました。

そのため今回のST2 HiFiのデモでは、音場補正とあわせて2WAYチャンネルデバイダーの機能も使用して試聴して頂きました。

チャンネルデバイダーは2WAYの繋がり方に大きな影響を与えるフィルタタイプを選択できます。リンキッツ・ライリー(2次/4次<TRINNOV推奨>)、ベッセル、バターワースから選択でき、フィルタの繋がり方を変える事で好みの音質に追い込むことが出来ます。

チャンネルデバイダーの設定→測定後、音場補正の測定に入ります。

そして補正の効果を確認すると、その変化は驚異的でした!!ST2 HiFi2WAYチャンネルデバイダーを使用する事でS/Nが抜群に良くなり、試聴位置でも聴こえたKBXノイズは全く聴こえなくなりました!!

またST2 HiFiの音場補正機能により、K2 S9500特有の低域の膨らみ感と高域の抜けの悪さを見事に解消したのです。

音質の違いにお客様も「もの凄く良くなったね!!」と驚かれて、大変気に入って頂きまして早速ご購入頂きました。

ST2 HiFiまさに一台で二役!!しかもその音質は伊達ではありません。

音場補正をお考えの方に、さらに2WAYマルチ・ファンの方に今、声を大にしてお薦めさせて頂きたい最高の製品です。

 

 

http://sisaudio.blogspot.jp/2015/10/

 

 

まこにこれは新時代の幕開けだ・・・・・所有者の方はKRELL KBXや

Accuphaseが寝ぼけた音に聴こえるほどだったと証言しておられました。

 

KRELL KBX Accuphaseなどから沢山の方が乗り換えています。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 Connoisseur 3.0 とFM711の組み合わせ。

 

Connoisseur 3.0、伝説のプリアンプです。

 

 

自分が知る限り、 3.0 とFM811はこの世でもっとも力感がある組み合わせでしょうね。

 

まさに砲弾が飛んで来るような轟音です。

 

あまりにも強烈過ぎる音に、「普段聴きは辛いんじゃない?」 というご意見も頂きましたが、

 

それも頷けるほどの強力型の音ですね。まさに迫真を感じる音です。

 

力だけならFMのプリよりも遥かに上でしょう。温度感は高くはありませんが、

 

濃厚さがありますし、音楽性も高いですし、

 

極めて厳格でハードな音、目が醒めるような鮮烈な音ですね。

 

2017/10/21現在MAXaudio小倉本店さんで販売されています。

 

興味があるので質問してみたのですが、店長様からお返事が帰ってきました。

 

 


コニサー3.0ですが、このコニサーは
特別仕様でフォノイコが入っておりません。
その代わりラインアンプにフォノイコ用の電源も
使われているものです。
生産終了後に3台のみ製造された特別な物です。
3台ともお一人の方がオーダーされました。

価格は3,750,000円です。

よろしくお願い致します。

 

 

うーむ、頂点を極めたい御仁は挑戦されてはいかがでしょうか?

 

もしかしたら、価格交渉も可能かも知れませんね。

 

Connoisseur 3.0 はリモコンがないのが残念ですが。

 

Connoisseur 3.0 の真髄はフォノイコにあるので無しだとちょっと高い気もします。。

 

3.0はアメリカで企画・デザインされ日本で製造されていたので、まだ日本で修理できる人は

いるそうです。修理代は高いそうですが、そもそも壊れるようなプリアンプなのか?

そこのところは不明なのですが。

 

 

FMファンのお方にお聞きしたのですが、今年のTIASで制作に携わったスティーグ社長と

ジョナサン・カー氏とお話されたそうです。カー氏はいまもライラのスティーグ社長の元で

オーディオの仕事をしています。「コニサーのプリアンプは若い頃だからこそできた仕事で、

パーツを厳選し、膨大な試行錯誤の末に完成させた渾身の作である」と、

もうあのような大作を生み出す事はないのだそうです。

 

 

 

以前連絡頂いた方で、Connoisseur 4.0とGAS AMPZILLA mod品で鳴らしている方も居られました。

 

 

この組み合わせでしたらそこまで投資しなくても漲る力感を再現できます。

 

 

4.0とAMPZILLAのお方のメールアドレス無くしてしまったので、

 

お尋ねする約束を果たせないでいます。またのご連絡お待ちしています。

 

 

 

再生動画です。超大音量で再生してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

東京の親戚は会社経営をされていて、選手時代から数えきれないくらいお世話になっています。

 

普段は料理はしないそうですが、

 

甥っ子が東京に遊びに来るということで特別に腕を振るい、

 

歓待して頂きました。

 

叔母さんは78歳で、叔父さんは68歳になられました。朝から晩まで仕事した後に

豪華手料理まで精魂込めて作っていただいて大変恐縮です。

 

 

 

 

 

 

 

「なにが食べたい?肉か?」 『鰻が食べたいです・・・・・・』

 

 

鰻頂くのは五年ぶりくらいじゃないですかね。

 

美味しかったなあ~(´∀`)

 

お金があればね~

 

快適で静かなお店に出掛けて、ランチやディナーなどで美味しいものを食べたり、

 

旅行に行ったりして簡単に気分転換できるんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

TIAS二日目、中華でランチを頂きました。

 

 

ここも、ご一緒した知人の方に奢っていただきました。

 

 

 

パワハラでメンタル削られて、かなり参っていましたが、

 

東京での交流や、こうしたおもてなしが、

 

なによりの気分転換になったと思います。

 

元気が出てきましたよ(´∀`)

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。