ぬぬつきのレゴの雑記帳

レゴブロックで作ったものについて書いていこうと思います。
暇な時にでも見てくれると嬉しいです。


テーマ:

七〇二号型空中輸送艦

 

七〇二号型空中輸送艦(開発・秘匿名称:ヒ二十四)は皇国陸軍の空中輸送艦、すなわち輸送機である。
皇国が保有する航空機としては最大の機体規模と搭載量を誇る。

 

○前史・開発
2015年に戦闘車輌の列車輸送を実現した陸軍は、次なる侵略運搬手段として固定翼機を目標としていた。(戦車を持ち上げる回転翼機はあったが、限定的な運用しかできなかった。)
しかしながら、陸軍で長らく使用されていた四四式輸送機は車輌などの大型の装備を運搬するのに向いていなかった。
そこで陸軍は8ポッチ幅の戦車の搭載・輸送を念頭に大型輸送機の開発を指示、2016年3月に開発が完了し4月に運用が開始された。
また、開発途中には強襲揚陸ならぬ「強襲着陸」も用途に追加された。これが本機が「天空の揚陸艦」と呼ばれる所以である。
名称の「七〇二」は陸軍船舶兵の符号で輸送艦(7)の2番目であることを示す。(注)
採用時は輸送機として区分されていたが、あまりの大きさに驚いた陸軍首脳によって艦船として種別が変更された。(ただし運用は航空兵)

 

(注)他の例として揚陸艇には一〇〇番台、攻潜艇には四〇〇番台が割り振られる。しかし現時点で多くの陸軍船舶は海軍に移管されている。

 

(操縦席内部。機長、副機長、通信士が乗り込む。)

 

○性能
イ)輸送能力
本機は陸軍の保有するほぼ全ての車輌を貨物室に格納することができる。
基本的に車輌は1輌ずつしか搭載できないが、小型乗用車であれば2輌まとめて搭載する。
また、人員(ミニフィグ)であれば70人近くを乗せることが可能である。
機体はプレートパーツの組み合わせでできており、重量を増さずに広いスペースを確保している。
また、本機の格納限界は戦車開発に大きな影響を与えており、陸海軍に鉢巻式アンテナの戦車が多いのは本機への搭載を考慮したものだと言われる。
タラップからは迅速に車輌・兵を機外に出すことができるため、強襲任務が可能となっている。

(牽引車が砲を牽いたまま乗ることができる。なお画像の砲は改造四七式歩兵砲。)

 

(強行着陸後、本機より突撃する自走砲と歩兵。)

 

ロ)飛行
本機は四発機であり、主翼に推進式(後ろ向き)にプロペラが配置されている。
推進式であるのは、無駄な気流が翼面上に発生せず効率が良いからである。

 

(右翼内側の発動機と後部銃座。)

 

搭載する発動機はわりかし優秀であるが、本機の貨物に対しては力不足であると言われる。
なお、この発動機は五一式騎兵戦車(チソ)とその派生型の五一式十糎半突撃砲(ホヤ)に転用されている。
最大時速は貨物満載時で200km、空虚状態だと250kmほどである。

 

(チソ車の発動機。外見は大きく変わったが、基本構造は同一だ。)

 

ハ)自衛装備・その他装備
操縦室の両側と胴体後部の銃座に7.7mm機関銃が各1丁の計3丁、機首の扉の部分に20mm機関砲が1門搭載されている。
7.7mm機関銃は車載機関銃の改造型で、20mm機関砲は戦闘機向けに開発されたものを転用したものである。
また、後部銃座は機体から分離して監視用の凧として使える。

 

(操縦席右の7.7mm機銃)

 

(海軍陸戦隊の装甲自動車を降ろす様子。右側に20mm機関砲が写る。ちなみに、この装甲自動車の機関砲と本機の機関砲は同型である。)

 

(機体から離れた後部銃座)

 

○運用
多島海である皇国およびその周辺地域で大いに活躍している。
2016年、2017年と立て続けに勃発した共産国との戦争に投入された。
巨体を誇る本機はしばしば陸軍の宣伝活動に使用され、「超重輸送機」「天空の揚陸艦」などと呼称される。

 

(飛行する様子。)

 

(操縦室へは梯子をつかってる。)

 

○諸元
全幅 80ポッチ
全長 55ポッチ
全高 17ブロック
乗員 5
武装 7.7mm機関銃*3 20mm機関砲*1

 

(80ポッチもある主翼。)

 

-あとがき-

2016年の春に作った自分の航空機作品の中で最も大きい輸送機。モデルはドイツのMe323ギガントです。

戦車を発進させる侵略兵器そのものの姿はドキドキして我ながら好き…!

いつか拡張してさらに大きなものを運べるようにしたいなぁと思っています(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高校生レゴオフ会 レポート(1/2) ~建物・4幅車・テクニック・ネタ編~」の続きです。


やはり男子高校生が集まると自然と兵器やロボなど"戦うもの"は増えますね。
レゴンさん、次回は女子高校生を誘致してはどうでしょうか?

 

余談ですが、今回の記事に使用されている写真の多くは"ジオラマモード"で撮りました。ちょうど良く上下がぼやけていつもより作品の魅力を伝えられているかと思います。

 

まず最初に登場するのはレゴムさんが製作したロボット用ハンガー。ロボもかっこいいですがこのような背景がもあるとさらに映えますね。
2枚目に乗っているのはレゴムさんではなくくしのじさんのロボです。
くしのじさんのロボの特徴は武装が打撃兵器であることでしょう。本人が言うには銃砲が苦手とのことですがこれはこれで個性が出ていると感じました。

 

くしのじさんの作品いろいろ。(4wlc以外)

こう見ればロボの頭も四角っぽいですし四角いハンマーとお似合いです。

 

また兵士が乱入してきました。今度はペパブロさんの兵士も一緒です。

そう、ただのハンガーではなくちゃんと通路(しかも2階建て!)があるのです。壁もただ壁ではなくいかにもそれっぽい凹凸があり、目立たない所にも手がかかっています。
通路で揉め合う姿はスターウォーズの映画のワンシーンにありそう。これも良い通路のおかげでしょう。

 

そして私の突撃砲を載せて頂きました。ちなみにこの突撃砲、ハンガリーのズリーニィIIがモデルです。
ハンガーにハンガリー、ハンガーリー……なんつって。

 

レゴムさんの主力戦車”チェッカー”とSF風バギー。
チェッカーは3.5世代主力戦車らしいスマートそのものな戦車。1ポッチ幅履帯を2つ並列させて2幅とするのはブルジョワの特権。

SFバギーはゴツい趣きが目を引きます。純正ゴムによるサスペンションも備えられています。

 

レゴンさんの自走砲。私が2015年に製作したものをレゴンさんが輸入生産してくださったものです。

結構サイズがあるものですが、いとも簡単に量産するレゴンさんは石油王なのでしょうか…?

 


一気に冷戦期ロマンが流れ込んできました。

ペパブロさんの主力戦車、装甲兵員輸送車、対空ミサイルシステム。

68式戦車の名を持つこの戦車はオフ会ではお馴染みです。今回は操縦手用サイト(1*2クリアタイル)が新設されていました。
後ろから見た姿は本当に美しいですね。

地対空ミサイルのレーダーは是非真似したい(笑

 


歯車Kさんのジープに乗るベルビル。前編でも出てきましたがベルビルが乗っている以上はミリタリー枠で再登場です。

 


私の対戦車ライフルに乗るベルビル。(撮影はベルビルの主、ぺパブロさん)
恐ろしい見た目のイゼッタが誕生しました。まさに魔女。

 

まいくろさんの戦車。

ライムグリーンを兵器に使用するのは初めて見ました。個性が形作られています。

転輪のプーリーにまでライムグリーンを使うというこだわり。

 


こちらはさかきさんの可愛らしい軽戦車とVT-1、後方には地対空ミサイルも。
VT-1は西ドイツが試作したおもしろ戦車です、これまたマニアックなものを…(笑

こちらも純正ゴムによるサスペンションがイカしてます。

 

ちなみに歯車Kさんは茨城、さかきさんは長野からわざわざ足を運んでくださいました。
遠いところありがとうございました…!

 

さかきさんの作品と私のでコラボ。

ヨーロッパらしい迷彩は私のを参考になされたとのことです。嬉しい。

しかしタンx茶x濃緑がタンx茶x白に代わるだけで大きくイメージが変化しますね、これもまたレゴの面白いところと言えるのでは無いでしょうか。
ちなみに私は輸送機、戦闘機と装甲車輌7つを投入しました。

 

異種配合で産まれた魔改造兵器たち。
一部は悪くない、むしろ良い見た目をしています。
互いの作品をごちゃまぜにできる、オフ会で実際にビルダー同士が会えることの楽しみの一つだと思います。

 


戦車大集合!
20輌(参加者の倍!)の戦車は時代順に並んでいます。左のさかきさんのFT-17からレゴムさんの現代戦車、SF戦車まで戦闘車輌の歴史を網羅していますね。
それぞれ色合いも違って賑やかに待っています。

 

そしてざっくりと年代別で分けた図解になります。
いつもは少数派の大戦期戦車が多い…!
今の高校生が大人になる頃、ミリタリーレゴの多数派は菱形戦車や多砲塔戦車になっている可能性は十分にあります。ないか。

 


次は航空機の類へ

レゴムさんによるスターウォーズシリーズの兵器、Xウィング、Yウィング、(端にスノースピーダー、)そして米軍のF-35戦闘機。
よく見るとX,Yウィングのコクピットはバーの繋ぎ合わせで出来ており、より本物に近づけるためのこだわりを感じます。

 

F-35のThe ステルス機といったつるっつるの面構成には素直に脱帽です。
また、つるっつるなのは裏も同じで、小さな機体ながら降着装置・兵装ともに完全に機内へ格納できるようになっています。

 

くしのじさんのXウィング。ずんぐりとした外形は個人的に好きです(笑
ロボと色があってるのがまた良いです。

濃灰(ダークグレー)と新灰(グレー)は組み合わせるだけで”機械っぽさ”を出せる気がします。

 

私の戦闘機とレゴムさんのXウィングでパチリ。
両機とも白を基調に赤を加えた配色が同じです。よく見ると主翼も2枚重ねで、一人乗りという点でも同じ…!?
なかなかいけてるコンビなのではと思います。

 

以上で高校生レゴオフ会のレポートは終了とさせて頂きます。
皆様に今回のオフ会の楽しさが伝われば嬉しいです。


最後に、会を盛り上げてくれた高校生の皆様ありがとうございました。
特に10年生のレゴンさんには企画、日程調整、会場確保の全てをやっていただきました、感謝です。
同年代でのんびり気軽に楽しく出来たと思います。とても良い思い出になりました。

 

また次回があればぜひ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年3月20日、神奈川県は元住吉、国際交流センターで「高校生レゴオフ会」が開催されました。
レゴンさんを中心にlego:m(レゴム)さん、ぬぬつきが企画したオフ会には10人の高校生が参加しました。

 

☆参加者(TwitterID)☆
くしのじさん []

最澄さん []

さかきさん [sakakibanana]
超豆茸さん []

ぬぬつき [nnnk_lg]

歯車Kさん []

pepperblockさん []

まいくろさん []

lego:mさん []

レゴンさん []

「高校生レゴオフ会」のツイプラより。五十音順。

 

では、オフレポといきましょう!

 


今回の目玉とも言えるレゴンさんの「動く城」!
ひたすら大きいです。
運ぶのを少し手伝いしましたが、レゴってこんなに重くなるのか…と感じるほど重かった一品。

 

内部には風呂や武器庫が配されています。空間の活用がうまいです。

 

その上の階層には和室。

 


さらに上には偉い人の部屋。そして玉座が仕込まれています。
規模はもちろん内装も圧巻です、なんと22部屋!
このお城だけでも凄いのにそれを起立させ歩行までさせるとは……さすがレゴンさん(笑)

 

 


一面に広がっているのは最澄さん、スーパーマメキノコさんの作品を中心とした4幅車(4wlc)たち。

 


最澄さんのピックアップトラック。
(外から見て)シャコタンが主流に感じられる4幅車界隈においてこれほど車高が高いのは個性的。この高さ故に作り込める懸架や車軸の表現が素敵です。

 


同じく最澄さんのガレージ。
窓の配置が”ガレージ感”を際立たせています、写真では見切れていますがリモコンの置き場も用意してあるのがまた実用的で良いですね

下の写真に写るのは塗装前のバンパーだそうです。うーむ、この発想はなかった(笑)

 

濃緑コラボ。

日本陸軍の迷彩で4幅車を作ってみるのも面白いかもしれません、シャコタンならぬチハタンと言ったところでしょうか。

 

車には「ヨンハバシャコタンヤクザ」の文字。そしてガレージへガソリンの戦時徴収に向かう私の兵士。

ヤクザと国家権力の仁義なき戦いが幕を開ける---。

 

二次会のサイゼリヤでじっくり見させて頂きました。

 


くしのじさんによるレース中のビネット。跳ねた土の表現が上手いです。

そしてまた乱入。

 


超豆茸さんのバイク。
このスケールだと細部まできめ細かい。外からは見えないエンジン部分も配管がちゃんと作ってありました。

 

歯車Kさんのテクニック・リモコン戦車!

私も操縦させて頂きましたがとても楽しいです。
輪ゴムを利用したサスペンションは高い地形追従性と安定した走行をもたらしています。
我が家にも1台欲しくなりました。独軍の駆逐戦車あたりで作ったら楽しそう…?

同氏のGAZトラックとジープ。
ジープのハンドルが回るとステアリングが作動するという凝った作りに、テクニックの可能性を感じました。同時にタイヤと車体の間には純正品のバネサスペンションが仕組まれており、ぐにぐにできて楽しい(笑)

 


仕込まれたエンジン。内部の軸が回転することで黄色い部分が上下します、こんなパーツもあるのか…!

 

 

続いてネタ枠をば

まずはpepperblock(ペパブロ)さんの森○学園。際どい時事ネタゆえコメントはしないでおきます(滝汗

 

同じくペパブロさんの某宗教の浮遊する尊師。そしてやはりヤクザ。
この高級車に拙作戦車が追突するのは5ヶ月ぶり4回目…(汗)

 


他にもおもしろフィグ。

 


お昼ご飯の後にはレゴムさんとキャッチボールをしました(笑)
本人曰く中に居るだけでは体が鈍る、とのこと。

 

さて、前半・「建物・4幅車・テクニック・ネタ編」はここまでとさせていただきます。

 

後半・「高校生レゴオフ会 レポート(2/2) ~ミリタリー・レゴロボ・SF編~ 」に続きますのでぜひご覧ください。

ではでは~

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

改造四七式歩兵砲

 

改造四七式歩兵砲は皇国陸軍の曲射/平射両用の歩兵砲。
歩兵大隊において歩兵部隊を支援することを主目的とする。

 

①開発経緯


(射撃姿勢)
2016年に入って強国と対外実戦を行った皇国陸軍は歩兵部隊への直接的火力支援、とりわけ機関銃陣地への攻撃手段が足りない事実を目の当たりにした。
そこで陸軍は歩兵砲の開発をはじめ、かつて少数が生産された四七式歩兵砲を参考に改造四七式歩兵砲が製作された。
名称や書類上では2013年に開発された四七式歩兵砲の改良型とされるが、実際は砲身以外すべて新規設計である。

 

②概要


(象によって運搬される様子。自動車化率の低い皇国陸軍にとって象は”第二のトラック”として活用されている。)
歩兵部隊が前線で使用するため、軽く、分解しやすく作られているのが特徴。
車軸を抜けば簡単に分解でき、主に駄載によって運搬する。

威力こそそこそこあるものの、射程は2000mほどで長くはない。

 

(工場で量産される本砲。)

量産性も考慮され、充足率が九割を超える数少ない兵器の一つである。

使用砲弾は榴弾と照明弾が主である。歩兵が運用する手前、弾種は少ない。
戦車に対して使用する成形炸薬弾も研究されたようだが、装甲を射貫する能力が低く、放棄された。

 

③運用

(突撃する歩兵を支援する様子。)
各地の歩兵大隊の歩兵砲小隊へ各々1~2門が配備されている。
一部は実戦に投入された。
歩兵大隊の隷下の砲のため「大隊砲」ともよばれる。

 

④輸出
レゴシア帝国とレゴナード朝神聖盟約帝国ロマティアへ輸出されている。
これが皇国の兵器が輸出された唯一の例であり、世界的な需要の低さが伺える。

 

⑤バリエーション
甲一型 最初の生産モデル
甲二型 甲型の照準器を改修したもの
乙型 甲型の改良型で、駐退機が砲身の下側に移動したほか細部を変更。

その他、機動歩兵(機械化歩兵)向けに鉄輪や鉄輪にゴムを履かせた車輪を取り付けたものも試作されたが、結局採用されなかった。

 

(乙型を前後から)

 

⑥自走化
本砲は射程が短いものの、軽量かつ高威力であるため自走化がおこなわれた。

・五〇式九粍自走歩兵砲 ホヰ

詳細は「五〇式九粍自走歩兵砲 ホヰ」を参照。


本砲を新規設計の車体にオープントップ式に搭載した自走砲。
歩兵支援の他、戦車隊を支援する役割も担う。

 

・急造自走歩兵砲(制式名称なし)


破壊された五一式中戦車(チレ)の車体に本砲を直接載せた現地による即製自走砲。
2017年の初めに勃発した南米での戦争で使用された。

 

・試作突撃砲 ホヤ 第I案


(試作車特有の粗い画像)
陸軍が開発中と噂される突撃砲。[要出典]

双砲塔戦車の車台に固定式密閉戦闘室を設けた歩兵支援車輌として試作が続く。[要出典]
主砲に本砲が検討されたが、砲耳球の関係もあり強力な10.5cm砲を搭載する第II案が採用されたようだ。[要出典]


−あとがき−

最初は九二式歩兵砲をモデルに製作しましたが最終的にオリジナリティある一品となりました。

テクニックパーツをうまく使い、コストとサイズを抑えつつ良い見た目に作れたと思います。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

五〇式対空戦車

 

五〇式対空戦車(秘匿名称:タソ)は皇国陸軍の対空戦車である。

 

①前史
陸軍は自走式の対空兵器として四七式自走高射機関砲を運用していた。しかし、同車は装輪(タイヤ)式で機動力が劣り、25mm機関砲では威力が低いので後継車輌が求められた。
そこで
 i)不整地走破性が高く戦車に随伴可能な装軌(キャタピラ)式
 ii)主武装は37mm機関砲
 iii)空輸が可能なサイズ
の3つの条件の下で新型の対空戦闘車が開発され、「五〇式対空戦車」と名付けられた。なお車体は五〇式砲戦車(ホツI)の転用である。

(乗員は操縦手、車長兼射手、装填手、観測手の4名。)

 

②性能

イ)武装

・対空戦闘

主武装は37mm機関砲で90度近い仰角を取ることができる。
レーダーの類は装備されていない。
・対地戦闘
本車両は対地戦闘を前提としていないが、長砲身の37mm機関砲は高い装甲貫徹力を持ち、若干の俯角も取れるため、遭遇戦における対地攻撃も不可能ではない。
また、副武装として7.7mm機銃を車体前面に装備している。

 

ロ)防護
車体部分は派生元のホツI車と同等の防御力をもつ。機関砲の四方には展開式の装甲板が配され、移動時は起立させ、戦闘時には展開し足場として使用する。

 

ハ)機動
機動力は母体となったホツIと同等である。

(機甲部隊に追随する本車輌。よく見ればちゃんとサスペンションが稼働しているのがわかる。)

 

③派生型
・特型対空装甲車 タツ


本車輌と同じ機関砲(防楯を含む)を、後部を平面にした特型半装軌装甲兵車(ヘル)に搭載した急造対空戦闘車(写真右)。

 

・急造対空戦車 タネ

タツ車と同様に本車輌の機関砲(防楯を含む)を、五〇式九糎自走歩兵砲(ホヰ)に搭載した急造対空戦車。

 

 

 

=皇国陸軍の対空装甲戦闘車両の系譜(仮)=

 

 

 

 

 

-あとがき-

ドイツのメーベルワーゲンを目指して2016年の夏に製作した対空戦車です。

箱型のシルエットが好き…(笑)

防楯をうまく楔形にできたのもよかったです。つくりがよかったため他の作品にのせてもそれっぽくなります。

以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました~~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。