かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓







シャンプーとトリートメントはライン使いする必要がない

というのは既にお伝え済みですね。


ヘアケアの 「ライン使い」 やめませんか。




…しかし正直なところ

ライン使いなんかやめたほうがいい


なんていうことをいきなり言われても、


一般の人からしたら

「じゃあ一体何を選んだらいいの?」

というふうに考えてしまうと思います。


今までシャンプー&トリートメントは

同じラインで揃えておけば間違いないはず!

と思って購入していたのに、


実は間違いだらけだった…

なんていきなり知らされてもどうしようもないです。



そもそもシャンプーとトリートメントの相性を判断するのはかなり難しく、


そんなものを成分を読むだけで判断出来る人は中々に稀ですよね。




しかし、

実はこの「シャントリの相性」がうまく判断できないと、

どれだけ良いシャンプーでも上手く効果を発揮しないし、

どれだけいいトリートメントも仕上がりが良くないと感じてしまうことがあります。


シャンプー・トリートメント単品で見たときは

中々優秀な部類のものなのに、

合わせて使うとお互いの効果を邪魔し合うことまであるのです。



まぁ僕たちはこれをなんとなくわかっているので、

「ライン使い」という安全策に出てしまうのでしょうが…(^_^;)




本当にそのシャンプー&トリートメントの効果を100%発揮するには

まずその相性を判断出来るようになる必要があります。





ということで今日は、

シャンプーとトリートメントの相性を判断する上で

とても重要なポイントについてお知らせしていきます。





◎シャントリの相性は「洗浄」と「皮膜」のバランスが大事!



かずのすけが解析でたまにこんなこと言いますよね。


「このシャンプーとトリートメントでは

皮膜と洗浄のバランス

が取れてないので相性があまりよくないですね。」


と。


シャンプーとトリートメントの相性を判断するうえで

まず一番大切なのは

シャンプーの洗浄力 と トリートメントの皮膜力

が十分なバランスを保っているかどうかです。



こちらの解析をご覧ください。

ナプラ インプライムボリュームアップシャンプー

ナプラ インプライムボリュームアップトリートメント


僕はシャンプーを解析するうえで、

「洗浄力」というものを評価しています。

さらにトリートメントでは「皮膜力」というものも評価しています。



まず第一段階で「相性が悪くない」と判断するには、

この洗浄力と皮膜力がほぼ同じくらいの評価値である必要があります。



上の例で言えば

シャンプーの洗浄力は★★☆☆☆で、

トリートメントの皮膜力も★★☆☆☆となっています。


つまりこの二つのシャントリは、

洗浄力と皮膜力のバランスが保たれているので

「相性が良い(悪くない)」


と判断できるのですね!




ちなみにこれはラインになっているのにまぁまぁな相性です。

ですから「ラインでもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが…

必ずしもそうとは限らないという例があります。


ナプラ インプライムシルキーモイスチャーシャンプーβ

ナプラ インプライムシルキーモイスチャートリートメントβ



これも同じインプライムシリーズのラインのシャントリですが、


ご覧のように

シャンプーの洗浄力は★★☆☆☆と評価できますが、

トリートメントの皮膜は★★★★★なんです。



これでは明らかにシャンプーの洗浄力が足りないということになり、

このシャントリはラインにも拘らずあまり良い相性とは言えないのです。



このようにラインで揃えれば間違いない!

というのは確実性が薄く、

さらにシャンプーもトリートメントも非常に良いものではありますが

正しく洗浄力と皮膜力を判断しなければ

その効果を100%発揮出来ないこともあるのです。



ただし厳密に★★★☆☆には★★★☆☆!

という必要はなくて、

大体同じくらいであればまぁ問題はないでしょう。


皮膜が残留するよりはむしろ若干過脱脂気味がちょうどいいかもしれません。
(洗浄力★★★★☆→皮膜力★★★☆☆ など。)




◎なぜ洗浄力と皮膜力のバランスが重要なのか


シャンプーの洗浄に対してトリートメントの皮膜が弱くても、

トリートメントの皮膜に対してシャンプーの洗浄が弱くても、



結果的には何かしらの影響があります。




洗浄力が強すぎると髪や地肌に対して負担が大きく、

必要のない脱脂がされてしまうことが予想できます。


髪にとって「摩擦刺激」というのはかなり大きなダメージ要因になります。

洗浄中に過度に脱脂を受けると毛髪の摩擦が上がり、

洗浄中の「軋み」「絡み」を助長します。

また水に濡れた状態は髪にとってはとても弱い状態ですから、

洗浄中に過度な脱脂をしてギシギシになってしまうようなシャンプーは

非常に危険と言えるわけです。




逆に皮膜が強すぎた場合には

髪に油分が残留していく
ことになります。


詳しい話は後日しますが、

シリコーンなどで皮膜された毛髪は皮膜されていない毛髪に比べて

油分の吸着性が大きくなります。

つまりシリコーンの上に油が吸着して簡単にとれなくなるということです。


特にシリコーンと酸化する油脂などが配合されているトリートメントは要注意で、
油脂についてはこちら

シリコーン皮膜の上に油脂が吸着して

洗浄力が足りないとそのまま皮膜が蓄積していって油脂が酸化し、

質感の低下をもたらします。


最初はいい感じの仕上がりになったトリートメントが

しばらく使い続けると微妙な仕上がりになってしまうのは

この皮膜の残留が大きな原因だと考えられます。


油脂の配合がなくてシリコーンだけだとしても、

シリコーン皮膜がどんどん蓄積すると本来の髪の「軽さ」がなくなり、

べったりした重たい髪の毛になってしまうのです。




このように、

洗浄力が強すぎても皮膜が強すぎてもどちらにせよ

髪にとってはいい影響がないということです。





◎ノンシリコンシャンプーとノンシリコントリートメントの相性は悪い?


まあ全部がそうとは限りませんが…


つまり

市販でよくあるような

ただ単にシリコンを抜いただけの高脱脂シャンプー(洗浄力高)



ただ単にシリコンを抜いただけの低皮膜トリートメント(皮膜力低)

は一般的に相性がよくありません。


「ノンシリコンは軋む」という根も葉もない固定観念は

ここから始まったとも言えます。



ただ中には洗浄成分を低洗浄力のものにしていたり、

シリコーンではなくてミネラルオイルで皮膜力を付加していたり、

ノンシリコンでもちゃんとバランスを取っているものもあります。




◎洗浄力と皮膜力を「成分から」見極めるには…



当然のことながらかなりの知識が必要です(^_^;)


洗浄剤には一般的に言われているアニオン界面活性剤の他

少量の配合で高い乳化力を発揮するノニオン界面活性剤もあります。


単なる洗浄力ではさしたるものではなくても、

ノニオン界面活性剤の効果によって

不必要な油分だけ綺麗に剥がすタイプのシャンプーなんかもあります。


皮膜剤に関しても、

シリコーンの種類の多さが難解な点や

「ミネラルオイル」
「油脂」など

シリコーン以外の皮膜剤が配合されるパターンもあります。



これらを完全に見極めるには、

化学・薬学の知識のある相当オタク気質の人しかムリでしょう(苦笑)



なのでこの場でささっと説明するのは至難を極めますので、

これらの選別法についてはこれから少しづつ解説していきたいと思います。




皮膜力と洗浄力をパラメータ化しているのは

多分このサービスをやっているサイトでは当ブログだけかと思います。


なのでこれからシャントリの相性を考えたいなということがあれば、

当ブログの解析結果を参考にしたり、

ここに無いものがあれば解析依頼を出していただくなりして

当ブログのサービスを活用してくださいm(_ _)m



(解析依頼は現在10日待ちくらいですが…汗)




それでは今日はこのあたりで!





<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら! hp%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc



プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ


かずのすけの本も好評発売中!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ

かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら


かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント