ここ一週間くらいで、新しく読者になってくださった方が増えました。ありがとうございますー。

職場のほうで引っ越しがありまして、バタバタしていたのですが、これからはもうちょっとコンスタントに更新したいかな、と。あと、長文になりがちなのを気をつけつつ、でもダラダラ書いてしまうと思うんで、ダラダラ読んでいただけると幸いナリヨ。

---------------------------------------------
これから書こうと思っていること

・うつ病にかかって、私が一番苦痛を感じた「不安感」を的確に言葉にして表現する試み

・うつでない人にうつの人は「特別な人」じゃないよ、と伝えること

・病院の探し方、医者の選び方 …相性の合わないお医者さんっているよねー、って話

・カウンセリングについて。必要か?とか(ちなみにユング系です)

・薬は怖くない。薬は私を楽にしてくれる。でもいつかはゼロにしたいよな、やっぱ

・うつ病の自殺は「病死」なのか

・リストカット、慟哭、買い物依存など、うつによる「衝動」をどうなだめようか?

・仕事をすること、仕事を続けていくこと。もし復職できても、またうつになった時、困ってしまうだろうという不安が常につきまとうことについて

・世にはびこる「うつ系啓蒙書を斬る!!」 なんつって
 (個人的に私が嫌いなだけッス、ええ。癒し系とか「あざといぞ~」とひねくれちゃったり、啓蒙書は「なんだかなー」と冷めてしまうですよ。べつに「私は他の人と違う感性なんだ」とかとんがってるんじゃなく。)

・月末はつらい。「今月も前進しなかった」という反省をしてしまうことについて

・「うつ病人を友人にもって」← 友人に取材してみます
・「うつ病人を兄弟にもって」← 姉貴に取材してみます
--------------------------------------------------

こんな感じでしょうか。…って、箇条書きだから短くてすむとおもってたのに、やっぱり長文になってる!! ガーーーン

ちなみに夏休みの読書感想文は、「夏の葬列」(山川方夫)という 11ページの短編 で感想を原稿用紙5枚書きました。足りないくらいだった…三つ子の魂百まで…まとめるの下手だよなー文章。
とか、余談をたくさん書くのでよけいに長くなるんだな。コメントは「同感」「反論」「私の場合は」などなど、ぜひつけて!ください。偏った考えは見つめなおしたいし、経験からえた言葉は共有して頭を柔らかくしたいとおもってます。

よろしく。ぺこぺこ
AD

このブログの存在について

テーマ:
「うつの上にも三年」 というタイトルを掲げながらも、実はもう四年になりますか。うつになってから。ああ、いや、五年かな。

そんな風に、病気になってどのくらいなのかすら分からないって云う、そんなこたあないだろう、と思われるかも知れませんが。

あるんです。

もしこれが熱風邪だったらどうでしょう。平熱は何度かな? 自分は36.2度くらいでしょうか。だから、37度を超えると「ああ、風邪かも(よろよろ)」と思ったりします。風邪薬を飲んだり病院へ行ったり、ゆっくり横になったり。そういう風に、数字で目に見えたりしたら、「わたしはびょうき」と自覚ができるのでしょうが。
自分が考えるに、うつ病には

「病気である」と「病気でない」の間に「グレーゾーン」がある

そんな気がします。しかも数字ではかりとれない、それはそれは微妙なグレーの帯が。きっと。
そして「病気である」状態でも自覚していなくて自分では「病気でない」と思っていたら、それは記憶としては「あの時は病気ではなかった」になるでしょう? だって熱とか計れないのだから、自分の感覚や記憶に頼るしかない。

だから、私は(自分を身体的に悪い可能性を全て検査して、エコーやらCTスキャンやら内視鏡まで飲んで)初めて

「身体に異状はないけど、病気だね」

と、先生に専門の病院を勧められた時が「病気になった時=自覚した時」と思うことにしております。
ま、こういうのは人それぞれだと思うけれど。でも、身体を沢山検査して、でも何にもでなくて、それでも「不安が収まらない」という感覚におびえていた私は、その時に、本当に、しみじみと

ああ、これって病気なんだ…?

と思ったのでありました。それがうつ病とのおつきあいの始まりでもあったのです。
AD