先日のカウンセリングのときに、私がこんなことを話したのですが。

私は美術系の大学受験を経験したのです。
それなりに過酷。大学受験ってそれなりに過酷なんだろうとはおもうけど。
寝てるときとご飯のときとお風呂のとき以外は、ずーっと鉛筆握っていたようなモンだ。しじゅう、大学に合格することしか考えなかった。合格して、好きな職業に就くこと。そのことだけ。

お受験は嫌いだけど、「一生のうちでこんなに勉強する機会なんてそうそうない」と考えて、できる限りの力は注いだ。

踏みとどまること。ここに踏みとどまって、後ずさりしないこと。

それが 未来の自分に顔向けができないようなことはしない ってそういうことだと思った。だから、力を抜くことは自分が後悔しないために、どうしてもしてはいけないことだった。

そして私は(第一希望じゃなかったけど)、無事合格。 いや、あんまり無事じゃなかったかな?

1 一年間、必要事項しか話さなかったせいか、友達と世間話ができない
2 しゃべると絶対にどもってしまう…(口がまわらなくなってしまったのだ)
そんな弊害は残りましたが。(そのうち自然回復)

そんな風に無事じゃなかったけど、でも、「受験を経験するのは、すごく自分に自信がつくことだ」とおもった。

だって、ぎりぎりまでやるのさ。自分的には、此岸と彼岸の境目までいったか?ってぐらい。だから、いざとなったらまた、「あのへん」くらいまでならいけるぜ!!という変な自信がつく。これは「推薦」で大学に入った方々には、どう逆立ちしてももてない自信に違いない。

んで、カウンセリングでの話。

某有名私大の学生が、カウンセリングに来ていたそうだが、なかなか就職活動がうまくいかなくて悩んでいたそうだ。能力もあるし、もっと自信を持ってもいいんじゃないの? といってみたら、彼女はこういったそうだ。

「だって私は受験してないもん!」

「でもあなたは、推薦で選ばれたんだから、受験したことと同じでしょう?」

それでも、受験した学生と同じ自信はもてないのだと、彼女は云ったのだそうだ。私なんかだったら、三年間必死で勉強しても合格できないんじゃないだろうか、とおもうような有名大学なのに~~(双璧のいっこです。あ、Jも入れて、三つ巴?)。

それでも、自信を持つということはとっても複雑なことなのだなぁとおもってみたりする。


↑ ぽちっとな
AD

イライライライラン

テーマ:
正月あけてからこっち、ずうっと正月ボケがなおってない気がしまっす。駄目じゃん!

ありがたいことに、ここ数ヶ月、気持ちが落ち込むような「うつ状態」にはおちいってない。…だからよけいになのかな? まったりのんびりしちゃうんだよね。PCの前でネットサーフィンしたり、ネットショッピングしたり、そうやって時間をすごすよりも、テレビをみて家族と笑っている時間がおおくなった。

そのくせ、イライラしたりはしています。
でも、もともとの性格っていうか、ちっちゃい頃の性格が「短気」だったんす。おおきくなってから、すごくまるくなったくらい。なんで、今イライラしてるのは、ちっちゃいころによくへそを曲げていた私のようなんだよね。

でも、これって(丸くなった性格が)もとにもどったのかな?

それとも、病気のせいで自制心がゆるくなってるのかな?

いまいち判断がつかないです。とりあえず、イライラは家族に向かうんで、特に母親に「悪いことしてるなー」とおもってしまう。

なんていうか、すごく気分屋なんだよな、もともとの性格が。父親が、そもそも気分屋で、私はその血筋を受け継いでいるとおもってるんだけど、だからこそ母親に気分屋の人間が、とくに理由もなしにふいっと気分を害してしまうというのが、たぶん理解できないとおもう。きっと「ありもしない理由」を探してしまうとおもう。

そういうわけで、よけいに母親には負担をしいてしまっておるですよ。とほほ。

今度病院に行くときに、医者に相談してみよう。

あ。なんか私たち父子が「性格ゆがんだ気分屋」みたいな書き方になっちゃったけど、少なくともおとーさんは気難しい人ではないです。まっすぐすぎて、かえって人に誤解されるくらいです(汗)。おいらが「かけひきの出来ない人間」なのも父親の血筋かも~~~。


↑ ぽちっとな
AD
さてさて。みなさま。
「美容・健康:ランキング」上位30位までを眺めてみませんか?

…。誰が予想したであろうか。
「コスメ・サプリメント・ダイエット」とサブタイトルされたこのジャンルで、女性のみならず現代人の永遠の野望(野望っていうな)、ダイエットをさしおいてこの繁殖ぐあいをみせる、「脳みそ系ブログ」多さを!!!
さすがのアメブロの人たちも、こんな数になるとは思いもよらなかっただろう。しかもこんなに上位を占めてますよ~。最初はちょっぴりしかなかったのにね。だんだん増えていったね。おもしろいね、この現象。

まるでアメーバのようではないか!

…いや、それアメブロのコンセプトだから。
類は友を呼んだのかもしれません。

でも、みんな書くのが楽しそうだよね。私も楽しいよ。というか、うつ病だから、「楽しいと感じられること」がすでに「楽しい」よ! ふっふっふ、一粒で二度おいしい(ちょっと違う?)

アメーバは単体繁殖だけど、ここではほかの固体とも接触して、繁殖していきましょう~。きっと得るものはあるはずだ。うん。


↑ ぽちっとな
AD
話題があっちゃこっちゃいってますが、つーか、「おまえの考えはころころ変わりすぎる」とかいわれそうですが!
手探りなんじゃい、しょうがねぇじゃろ。

まとめる資格もなく、そもそもそんなことは誰にでも無理、とも思いつつ、まとまらないまとめを。うつのサイトとか書籍とか書いてる人って、どうやってんのかなぁ。やっぱり「平均をとって、そのほかは涙を飲んで、ばっさり切り落とす」のだろか。そういう手法でなのか、「わかりやすく」なってる場合と「偏っちゃった」って場合があるんだよね、むずかしい。


とりあえず。不安感

千差万別。そのパターンはいろいろありすぎて、個人全てが違うともいえそう。
ようは「自分の不安の種類と対策をみきわめて、うまくつきあっていく方法を見つける」のが大事である。自分の不安について、考えることも比較することも、無駄なことではない手がかりになるが、目的(付き合う方法発見)をみうしなわないこと~。

コレは「不安」に限らず、ほかの症状にもいえることとおもいますが。 あと無理しないことのひとつとして、「体調が悪いときには、そういうことについて考えないようにする」こと。うつ系の本を読んでいたときに

『うつがよくなったときに、うつの本を読んでうつへの理解を深める。体調が悪いときには、うつについて考え込まない』

と書かれていて、そうしたいのは山々だけど、なかなかそうはできないもんだー。とおもいましたよ。本当はそうできればいいと思うんですが。
うつの時は「なんで私はこんな状態に陥っているんだろう」っていう、「症状を引きおこす原因(もっといくと、性格とか自分の存在意義とか)」ばかりが気になってしまいます。一歩下がって「状態を改善するには」ってところに立たないといけないんですね。って、そんな冷静さ、なかなか持てませんがなー。(-_-;;


うつの不安とうつでない不安

これは私の個人的な心証である可能性が高いようですね。私にとっては、まったく「質」の違うものなんで。だから、この質の違いを言葉にできれば「病気とそうじゃないところのグレーゾーン」がハッキリできると思った。でもそう簡単ではないらしい。

数値で「こっから病気、こっから健康」って分かるんだったら、検査も対処もしやすいんだけど。

しかも、うつは症状のバリエーションが多い。必ずしも、心の症状からでるわけじゃないし、私自身も身体症状としての自覚症状が最初。また、症状が「生まれて初めて経験する ような気がする(確信は持てない)」けれど、「言葉にして伝えようとすると、ありきたりな言葉でしか表現できない」ので、うまく伝える自信が持てない。

不安感に限らず、うつの症状っていうのはそういう点で厄介です。
うつ病患者同士でも、本当に伝わっているのか、ほんとうに理解できているのか、よく不安になるくらいだし。言葉を尽くせばそれなりに「伝わってる」って実感持てるけどね。そんな経験もあるため、うつに不理解な人へは伝えることすらためらってしまうのでした。


正直、これほどバリエーションのある展開や症状の病気であるとは自覚しておらず。
こんなたくさんの症例をすべて「うつ病」と呼ぶんだぁー、とおもうとなんだかすごいですな。病気ってそういうモンだけど(同じ病気でも治療方法は全然違ったり)。

そういうことがあるってのを、念頭に置いて、書いたり読んだり意見したり考えたり、するのが大切だよね。そして自分の考えというのを育ててゆこうぞなもし。…間違っても、症状が違うからってほかのうつ病患者を「アイツ、自分ではうつ病だっていってるけど、そのくらいの(軽い)症状で、うつ、とかいうなよな~。キヒヒヒ」とか気持ち悪く笑ったりせんように。己にも命じつつ。

おやすみなさーい。眠れない人も、脳みそは休ませてあげよう!
11月1日に、「不安感」について書きましたが、たくさんコメントをいただきまして、また少し目の前の霧が晴れたような。みなさん、考えや経験をきちんと書いてくださったので、「やっぱり人によってずいぶん違うんだな」と実感できました。ありがとうございます。ぺこりん

私も日本人に多い「マニュアル好き」なのか(--; 「これはこうだ」といわれてしまうと「そういうモンだ」と思いこんでしまうというか。

そもそも、私が「うつ病」というのを知ったときに、こんな気持が長く続いたら要注意!! という項目には

・憂うつ、不安感
・やる気がない、おっくうだ
・死にたくなる、自分はいない方がいい

という三つが掲げられていました。私は、最後の「自殺念慮」については、全くと言っていいほど、自分にはなかった気持で、最初はそこをパスしないとほんとうに「うつ病である」という診断はくだせないのではないか?とおもっていました。
でも違うんですよね、「主な症状に名前を付けて分類するとしたら」っていう話で。

いろいろ調べるのはもちろん大切だけれど、それを鵜呑みにしないで、自分の場合はどうなのか。それをそのままあてはめる必要はない

という当たり前のことにすら、気づけなかった。
そして私は自分でもビックリするほど自分のことをしらなすぎたし、情報の消化の仕方も幼稚で幼稚で~。ほんと、噛まずに飲んでたよ。だから「自分のことをもっと客観的にみてみる試み」をしようと思ったんです。自分を知らないせいで、自分の価値観だけでものを判断しがちだったんじゃないか。自分を知らないせいで、無意識に他人を傷つける発言をしたり、自分と他人の意見を公平な天秤にかけて比較できなかったりしたんじゃないか。
そういうのはこれから生きていく上で、身につけなきゃ! っていうものだと考えたんです。それはきっと「他人のこともまっさらな状態でみること」に繋がるように思うし。

そんな感じです。コメントくださった方、本当にありがとう。これからもよろしくお願いします。

-------------------
話はちょっと変わるけど、前述したように、「うつ病の症状」っておもに三つに分けられてあげられてるよね。あれって「三つ全部には当てはまらないから平気」とか思って、病院に行かない(踏み切れない)ひととか、実はけっこういたりするんじゃないか?! と思っています。
分かりやすくするために分けてるんだろうけども…。わかるけど。

いや、一時期「なんで私には自殺念慮がないんだろー、うつなのに」と、不思議に感じてしまっていた時があったので。病気って難しいですね、千差万別なのにカテゴライズするわけだから。