May・稽古場日誌

稽古の風景と、Mayからのお知らせ等々。

NEW !
テーマ:
倉畑和之より

ついに、とうとう、いよいよ…

本番だ‼️

初めて舞台に立った時とも違う、この胸のドキドキはなんだ⁉️この手の震えはなんだ⁉️

ぜひ観てください❗️
この「世界の片隅で捲き起こるわちゃわちゃ」を
ぜひ観てください‼️

The Stone Ageヘンドリックス第8回公演
「アリタケ」脚本・演出/朝田大輝

「幸か、不幸か」
40歳、独身、非正規雇用、実家暮らし。 
結婚は諦め夢は忘れた。
なんとなく生きている。 心配事は親が老いてきたこと。
親って不死身じゃなかったんやなぁ。 あした好きなテレビ番組がある。
それが生き甲斐じゃダメですか? 

そんな俺の元へ死神がやってきた。 
『死ぬ前にひとつだけ願いを叶えてやる』
全てを諦めていた俺にとっては、一大事だ。 

▼出演
坂本顕
中井正樹
一明一人(株式会社プランニングエッグ)
伊藤えりこ(Aripe)
岩切千穂(仏団観音びらき)
上田裕之(イズム)
川末敦(スクエア)
木村雪夏(劇団暇だけどステキ)
倉畑和之(May)
武田操美(劇団鉛乃文檎)
西原希蓉美(満月動物園)
ヤマサキエリカ
庵ノ前弥ノ璃(精華高校演劇部)

▼日時 
12/15(金)19:30
12/16(土)11:00/15:00/19:00
12/17(日)12:00/16:00
※上演時間は90分予定

▼会場 
千日前 TORII HALL

▼料金 
前売2800円  当日3000円 
学生1000円  リピーター1000円

ご予約はこちらから

{084A9B90-2BED-410F-86C3-1437C7034805}

{EFDDF069-0776-4914-B298-4B08554DE14D}

{5D149FD3-A503-4336-8A79-B3BA935BFB2B}

{77E19742-E717-45F5-8C01-515301F04108}

{1D95BAB1-5086-40AE-85F6-0F2A7671D57B}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
12/15は2017年最後のMay英語部でした^ ^ 課題曲は 『Bohemian Rhapsody』byクイーン。後半は来年への宿題です(笑)
2017年最後の英語部、kegoi先生、ありがとうございました!
来年もまた頑張りまーす!
{EFF40A9E-5052-447F-A3BD-6ECFE1E3E378}

{5F401680-E61A-4590-9B5F-5062886369AC}

{F4A40878-DBAC-4123-92EC-0DA5822415EB}

{DC036B4E-8CD0-4860-980E-8B087F5297E9}

{5FBD2746-4D81-4BE1-884E-78AA304EDB3A}

{F4B988AD-6F7D-4918-AB28-8B20C432D6C5}

{46F03F8C-04BC-451F-A29F-B0A25A7EADE8}

{441582AB-128D-450D-87A5-77558978B596}

{BB33A266-7769-4868-B3F0-9794ED4BA4D9}

{5E9C2B27-86D2-4F02-91CB-E734F3230E80}

{A1CDDD35-F9E6-43FC-8903-B4BBA53B384D}

{604EBCB4-05FD-4840-931C-59BA68AD2AA7}

{41EFD45C-93B1-4EEC-9C35-C399315BB1DC}

{993999FC-64C2-4CF4-BBF7-304FC3B3EFF4}

{58983597-7DF0-41A3-AB1E-87A7F33462B0}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
神奈川朝鮮中高級学校と横浜朝鮮初級学校は、同じ敷地内にある。
校門はそれぞれ別の場所となる。
横浜からの登校路、ある地点で
中高級生たちと小学生と分かれて
ペクケダン(百階段)と呼ばれる階段を昇って登校する。
(*白階段との説もあり)

そして小学生たちは校門から
トルケダン(石階段)と呼ばれる階段を昇って校舎に向かう。

「轍に咲く双子の花」
という小説は、神奈川朝鮮中高級学校に通う17歳の少女が主人公の物語で
当然、主な舞台は中高級部なのだけど
彼女たちが通うペクケダンはあまり出てこず
小学生たちが上り下りするトルケダンは何度も登場する。

その想いは
物語の中の一人の登場人物が語る。

取材に訪れた最初の日に
僕はトルケダン側から校舎に向かい
「こんな急な階段を子どもたちは毎日上り下りしてるのか」
と印象深かった。
その時からペクケダン側はあまり使わず
その後に挨拶に何度か向かった時もトルケダン側から昇った。
おそらく僕にとっては[そこ]が入り口だったのだろう。
中高級部がモデルだけど、取材中には何度も小学生たちと笑顔を交わし
トルケダンを上り下りする元気な姿も強く刻んだ。

登場人物の一人が語る言葉は
僕の素直な想いだ。

「轍に咲く双子の花」

原案 朴英二
作 金哲義

12/21〜上演される
激団リジョロさんの公演にて
第2版を発売開始いたします。

激団リジョロ 第29回公演
第30回&激団創立20周年目前!豪華二本立て!
2017年12月21日(木)〜25日(月)
「晴天長短/ホライズンマーチ」
作・演出:金 哲義 (May)

■ストーリー
「ホライズンマーチ」
主人公の安田が故郷を離れ、友人達と共に日本へ希望を抱いてやって来た。彼は厳しい戦火の中、時代を駆け抜け強く生きていく。

「晴天長短」
青空の下、ここは1990年頃の大阪。朝鮮高級学校にて家族や親族が息子の運動会を酒の肴に、自分勝手に繰り広げる。

上記2作品は、大阪を拠点に演劇の他、パフォーマンス等で活躍する劇団、Mayの作品。
「晴天長短」はアリスフェスティバル2008年参加作品として2009年1月に新宿タイニイアリスにて初演が上演。
その後若手演出家コンクール2010年で上演、座長であり脚本・演出を手掛ける金哲義が最優秀賞及び作品賞を受賞。

■日時:2017年12月21日(木)〜25日(月) 全7ステージ
21日(木)19:00〜
〈撮影の為、カメラが入ります。〉
22日(金)19:00〜
23日(土)14:00〜/18:00〜
24日(日)14:00〜/18:00〜
25日(月)14:00〜

※開場は開演の30分前から、受付開始は 1時間前からです。

■場所:阿佐ヶ谷シアターシャイン
〒166-0004
東京都杉並区阿佐ヶ谷1-15-15
TEL 03-5378-9125
FAX 03-5378-9126
ホームページ http://theatershine.com/

■アクセス:
東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩2分
JR中央線 阿佐ヶ谷駅徒歩7分

■キャスト
金光仁三
こんどうひろこ
斎藤このむ
小中文太
星野桃子
たじり貴史
ボンバー浩輝
前田圭一
岡本五月
鈴音ひとみ
大伴一貴
久井正樹(演劇集団円)
徳丸舞香

■料金:
一律 3,300円
学割 2,500円
(専門・大学生可。学生証提示)
※高校生以下無料
公式HP早割3,000円
リピート割 2,000円
(チケット半券を受付に提示下さい)
  
 ■予約:
2017年10月18日(水)〜12月15日(金)

•カルテットオンライン:http://www.quartet-online.net/ticket/29-rigolo-may

•ホームページ早割予約:http://www.rigolock-hitman.com/

•電話予約:080-5696-0056(10:00〜19:00)

■お問い合わせ:
制作部080-5696-0056 (10:00~19:00)
Mail:gekidan.rigolo@gmail.com
{44F8C71E-61A0-4E33-8D5C-78D999EE7FDA}

{CC4FC004-7EC6-49B5-9508-2B22C7856DBA}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
千葉市美術館で開催されていた
朝鮮学校学生美術展(正式名称合ってるかな?)

いくつかの国の子どもたちの作品が数点並んでいた。
バングラデシュや中国などなど。

そんな中に
北朝鮮の子どもたちの絵もいくつか展示されていた。
政治も国家も思想も関係ない年齢の子たちの作品が
政治と国家と思想だけが泳ぐ海を渡り
政治も国家も思想も関係ない子どもたちは、ある日どこかで同じ目線で並ぶ。

最北端に生きる甥っ子と姪っ子は、まだまだ幼い時にどんな絵を描いたのかな?
いつか会えたら見せてもらおう。

もう寒さが激しい季節だ。

金哲義

{B954A108-10DF-4908-8CE8-642F596964AB}

{3FFEBC9E-2784-4B6F-846E-7920EE8B985F}

{D1CE4BFE-148E-4F18-BADB-28F83F6C95E5}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前チセが朝鮮学校の学生たちの美術展で優秀賞をとった。
美術展にはいつも行けてあげてなくて「今回は行くからな」と言ったけど
先日体調不良で倒れた事と重なり、また行けなかった。
それが悔しくて申し訳なくて。

今リジョロさんの稽古で東京に行ったり来たりしている。
昨日
ここまで来てるんだからと
ご無沙汰をしている人や、これを機会に、と思う人たちに宣伝も込めて挨拶に行った。
その中のひとつに
千葉朝鮮初中級学校があった。
僕は朝鮮学校出身だけど、他地域の朝鮮学校はほぼ知らない。
だから、自分が行ける距離にあるならやっぱり行ってみたい。
校長先生とはちょっとした御縁があったので、これも良い機会と行ってきた。

急に訪れた事もあり驚かれたが、僕も夕方の稽古があるので挨拶だけしたらすぐに帰るつもりだった。
校長先生が
「もしよろしかったら生徒たちの美術展に行ってあげてください」
と、切に切に勧めてくる。
稽古まで時間があまりなかったし、想像以上に稽古場→千葉間が移動時間がかかったので
「う〜ん」と悩んだ。
それでも校長先生や他の先生が
「どうか是非是非」
と強く勧められるので
「では、ちょっとだけ行ってみます」
と応えた。
もちろん本心から見たかったけど、稽古時間が気になった。
初めて出会う先生に車で送ってもらいながら今美術展の概要を聞く。

そしてなんと。

ありました!
チセの作品!

勧めてくださってコマッスンミダ!
連れて行ってくださってコマッスンミダ!
千葉がちょっと離れていたので、時間をみて行こうかどうしようか迷ったけど
行ってよかった!!

あらためてチセ
おめでとう^ ^

チセに「千葉に行ったで〜」とラインをしたら、見事にスルーだったので、まだ彼女は意味をわかってないはず。
多分「酔っ払ってラインしてきたわ」と思っているのかも 笑

金哲義

{7D159C64-97EF-4EE5-8705-5BE4440A73A0}

{31094B0D-0145-453A-AEF7-A4BD81150D18}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




何度か僕が描いた作品の中に登場した
遠縁にあたるハラボジ(お祖父さん)

その人生のエピソードで描かせてもらった作品は
6編。

92歳で去られる前。
その半年にも満たない前まで
工場を続けられた。

亡くなられる直前。
もう起き上がる事もほとんどできない中で
病院の天井を見つめながらハラボジは

「私が死んでも、誰も私の事なんか知らないよ…」

と、呟いた。

僕は、言わなきゃ最後だ、言わなきゃ最後だと
ここぞとばかりに

「ごめんなさい。実はハラボジをモデルに結構芝居を作ってました。
ハラボジの知らないところで、実はハラボジの存在を知ってる人は、思ってるよりもいてます」

と告白した。
ハラボジは一瞬目を丸くして
そして照れ臭そうに笑った。

ハラボジ、ごめんなさい。
あなたは身体は去ったけど
数年前に釜山にも行き

そして

今度は東京に行きます。

あなたは東京で元気に
笑って
走って
どつかれて
どついて
希望を持って
希望を失って
それでも人に惚れて
調子こいて
泣いて
笑われて
それでも希望を持って
笑っています。

*クリスマスにクリスマスのようなデートも大切です。
でも東京の片隅でお芝居などいかがでしょうか。
劇団さんの、明日を運ぶお財布のためには大人の皆さまにたくさんお越しいただきたいです。
でも
高校生以下は無料です!

これを読んでいる子どもたち!

周りの大人たちの柵を飛び越える空に気づいて
観に来て!!
人生の中の
1日の中の
二時間にも満たないひとときが
何かを花咲かせるよ!

激団リジョロ 第29回公演
第30回&激団創立20周年目前!豪華二本立て!
2017年12月21日(木)〜25日(月)
「晴天長短/ホライズンマーチ」
作・演出:金 哲義 (May)

■ストーリー
「ホライズンマーチ」
主人公の安田が故郷を離れ、友人達と共に日本へ希望を抱いてやって来た。彼は厳しい戦火の中、時代を駆け抜け強く生きていく。

「晴天長短」
青空の下、ここは1990年頃の大阪。朝鮮高級学校にて家族や親族が息子の運動会を酒の肴に、自分勝手に繰り広げる。

上記2作品は、大阪を拠点に演劇の他、パフォーマンス等で活躍する劇団、Mayの作品。
「晴天長短」はアリスフェスティバル2008年参加作品として2009年1月に新宿タイニイアリスにて初演が上演。
その後若手演出家コンクール2010年で上演、座長であり脚本・演出を手掛ける金哲義が最優秀賞及び作品賞を受賞。

■日時:2017年12月21日(木)〜25日(月) 全7ステージ
21日(木)19:00〜
〈撮影の為、カメラが入ります。〉
22日(金)19:00〜
23日(土)14:00〜/18:00〜
24日(日)14:00〜/18:00〜
25日(月)14:00〜

※開場は開演の30分前から、受付開始は 1時間前からです。

■場所:阿佐ヶ谷シアターシャイン
〒166-0004
東京都杉並区阿佐ヶ谷1-15-15
TEL 03-5378-9125
FAX 03-5378-9126
ホームページ http://theatershine.com/

■アクセス:
東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩2分
JR中央線 阿佐ヶ谷駅徒歩7分

■キャスト
金光仁三
こんどうひろこ
斎藤このむ
小中文太
星野桃子
たじり貴史
ボンバー浩輝
前田圭一
岡本五月
鈴音ひとみ
大伴一貴
久井正樹(演劇集団円)
徳丸舞香

■料金:
一律 3,300円
学割 2,500円
(専門・大学生可。学生証提示)
※高校生以下無料
公式HP早割3,000円
リピート割 2,000円
(チケット半券を受付に提示下さい)
  
 ■予約:
2017年10月18日(水)〜12月15日(金)

•カルテットオンライン:http://www.quartet-online.net/ticket/29-rigolo-may

•ホームページ早割予約:http://www.rigolock-hitman.com/

•電話予約:080-5696-0056(10:00〜19:00)

■お問い合わせ:
制作部080-5696-0056 (10:00~19:00)
Mail:gekidan.rigolo@gmail.com
{330AD2A0-9FA4-48DC-9CDD-AA332FC2C26A}

{989F36E1-6933-4C84-AD5E-8DD136E1DE9C}

{1FF96D4B-C643-4FF2-8AC0-8BF776B58FED}

{703F1940-03DC-442F-BAA8-C1116ABE594E}

{73165F40-E75C-4DC3-8F21-AA41EEC5F2D8}

{795F28D9-9736-466C-BD8E-57E46CEE3EBE}

{C4ECB34C-BD14-4542-A100-25881BCEED36}

{CE12E2E9-4606-4350-954A-27B28650C42C}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小説
「轍に咲く双子の花」

Mayの「四神四季」の物販では初版完売いたしましたが
現在第2版を作成中!
まずは東京で
激団リジョロさんの公演でお目見えの予定です!
お運びいただけましたら是非お手にとって御覧くださいませ!

そして
脚本やグッズもMayのホームページから購入できます!

劇団ホームページでも販売中!

DVD、脚本、小説等の通販は劇団メールアドレス
may-1993@abox.so-net.ne.jp  にて受け付けております。

メール件名:通販
ご希望の作品タイトル:
お名前:
郵便番号:
ご住所:
メールアドレス:
備考:
等をご記入ください^ ^

激団リジョロ 第29回公演
第30回&激団創立20周年目前!豪華二本立て!
2017年12月21日(木)〜25日(月)
「晴天長短/ホライズンマーチ」
作・演出:金 哲義 (May)

■ストーリー
「ホライズンマーチ」
主人公の安田が故郷を離れ、友人達と共に日本へ希望を抱いてやって来た。彼は厳しい戦火の中、時代を駆け抜け強く生きていく。

「晴天長短」
青空の下、ここは1990年頃の大阪。朝鮮高級学校にて家族や親族が息子の運動会を酒の肴に、自分勝手に繰り広げる。

上記2作品は、大阪を拠点に演劇の他、パフォーマンス等で活躍する劇団、Mayの作品。
「晴天長短」はアリスフェスティバル2008年参加作品として2009年1月に新宿タイニイアリスにて初演が上演。
その後若手演出家コンクール2010年で上演、座長であり脚本・演出を手掛ける金哲義が最優秀賞及び作品賞を受賞。

■日時:2017年12月21日(木)〜25日(月) 全7ステージ
21日(木)19:00〜
〈撮影の為、カメラが入ります。〉
22日(金)19:00〜
23日(土)14:00〜/18:00〜
24日(日)14:00〜/18:00〜
25日(月)14:00〜

※開場は開演の30分前から、受付開始は 1時間前からです。

■場所:阿佐ヶ谷シアターシャイン
〒166-0004
東京都杉並区阿佐ヶ谷1-15-15
TEL 03-5378-9125
FAX 03-5378-9126
ホームページ http://theatershine.com/

■アクセス:
東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩2分
JR中央線 阿佐ヶ谷駅徒歩7分

■キャスト
金光仁三
こんどうひろこ
斎藤このむ
小中文太
星野桃子
たじり貴史
ボンバー浩輝
前田圭一
岡本五月
鈴音ひとみ
大伴一貴
久井正樹(演劇集団円)
徳丸舞香

■料金:
一律 3,300円
学割 2,500円
(専門・大学生可。学生証提示)
※高校生以下無料
公式HP早割3,000円
リピート割 2,000円
(チケット半券を受付に提示下さい)
  
 ■予約:
2017年10月18日(水)〜12月15日(金)

•カルテットオンライン:http://www.quartet-online.net/ticket/29-rigolo-may

•ホームページ早割予約:http://www.rigolock-hitman.com/

•電話予約:080-5696-0056(10:00〜19:00)

■お問い合わせ:
制作部080-5696-0056 (10:00~19:00)
Mail:gekidan.rigolo@gmail.com
{3103A5BD-8D52-4F8B-9E80-7D0C08568C1B}

{9CF4E5D9-328A-460C-9617-D9C8BC0552D2}

{7D1097E6-BBED-4824-B283-87979FC1573E}

{3BC594FA-45FB-49AA-A827-51B406B296FD}

{34B9CA62-425A-40F0-8663-CBA89654C83F}

{C4500E13-7A32-4C44-93F4-BA537286D46A}

{20B67B95-A551-4C0B-AFFE-EB44CC945943}

{B270119A-4E09-46E1-BC22-788CCA043907}

{F7A8C828-FA88-4FAE-9F72-62E6B7E4C2AF}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。