不登校や引きこもりで悩む方々、心の問題でお悩みの方々へ

  • 不登校中の子どもの相談に乗ってほしい

  • 進路についてどうしたらいいだろう・・・

  • 学校や大学に通うのが辛くなってきた・・・

  • 不登校の子どもの学力が心配・・・

  • 親の悩みも聴いてほしい・・・

不登校や引きこもりに悩まれる御本人やご家族の方、
また大学生のご相談、発達障害について悩まれる方のメンタルケア、学習をサポートします。
大阪出張カウンセリングについて




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-28

●お子さんの話を「聞きたいように聞かない」ようにするということ

テーマ:●Q&A
質問:


高校生の娘が不登校中です。
娘の話を聴いているつもりなのですが、
先日「もうお母さんに話しても意味が無い!」と
怒られました。

何か自分の聴き方に悪いところがあったのでしょうか?
(40代 女性)



お返事:


お子さんのお話を聴こうと日々努力されている姿が
思い浮かびました。


お母さんとしても頑張っているのに、
お子さんからきつい言葉を言われるとお辛かったと思います。


おそらく一生懸命に聴こうとされていらっしゃると思います。


ただもしかしたら、注意した方がいいかもしれないという点について
お伝えさせて頂きます。


それは「自分の聞きたいことを聞いていないか?」ということについてです。


お子さんのお話を傾聴されようとしているかもしれません。


ただ実際お子さんがお話になった内容を
そのまま受け止めているか?という点がポイントです。


ご自身が知りたいこと、
聞きたいこと、
さらにご自身が都合よく解釈をしてしまってはいないでしょうか。


お子さんとしては本当に伝えたい思いがあるのに、
そこは汲み取ってもらえず、
一部だけを受け止められ、
コミュニケーションにズレを感じてしまっているかもしれません。


それが、「もうお母さんに話しても意味が無い!」
という発言につながっているのではないでしょうか。


たとえば以下のようになっていないかを確認してみましょう。

お子さん:
「学校に行っていない間に勉強をした方がいいのは分かってる。
 でもやりたいと思っても、できないことに悩んでるの。」

親:
「勉強をした方がいいと思ってるんだね。だったら塾にでも行ってみようか。」


この会話の何がおかしいかお気づきでしょうか?


ここでお子さんが本当に伝えたいのは、
「やりたいと思ってるけれど、できないことに悩んでいる」という点です。
頑張ろうという気持ちはあるけれど、どうしてもそこに向かわない。
そのことに悩んでいます。


しかしながら、
ここでの返事は「塾にでも行ってみようか」と見当違いの返答をしてしまっています。


親御さんとしては、
なんとかお子さんに勉強をさせたいと思っているのでしょう。
だからこそお子さんから「勉強をした方がいいと思っている」と言われたら、
「よし、勉強する気はあるのだから塾だ」という
安易な発想に至ってしまっています。


本当にお子さんが伝えたい思いが
どこにあるのか。


そのことを意識しながら話を聴くのが
本当の傾聴です。


今一度お子さんの本当の思いがどこに隠されているのか。


そのことを意識しながら、話を聴くようにしてみましょう。

-----------------------------------------------------------------------------
クローバーご相談は下記をご参考ください(ホームページにリンクしています)クローバー
ホームページはこちらです。
右矢印不登校や引きこもりでお悩みの方へ
右矢印家庭教師・学習コンサルティングコース
右矢印大学生のご相談
右矢印大阪への出張カウンセリング
右矢印お問い合わせ
----------------------------------------------------------------------------
AD
2016-07-27

●勉強習慣を長続きさせるために「オフを取る」ということ

テーマ:●不登校・ひきこもり勉強法
朝は少し肌寒いくらいの気温ですね。
今年は酷暑とのこと。
しっかり備えて行きましょう。


昨日のブログでは、
勉強を継続させるために、
「ちょっと物足りないな」と思う所でやめる、
ということについてお伝えしました。
昨日のブログ



勉強を継続させる方法としては、
実はもう一つ秘訣があります。


それが「オフを取る」ということです。


少なくとも週に一日は、
勉強をしない日を作ります。


その日は、何をして過ごしても構いません。
テレビを観てもいいし、
友達と遊んでもいいし。
自分が思うように過ごされるのがいいでしょう。


オフの日をあえて取ることで、
気持ちをリフレッシュさせ、
また新たな一週間を迎えるようにするのです。


「区切りがついたら休もう」と思われる方もいらっしゃると思いますが、
そうなるとダラダラと先延ばしになったりします。


最初に「この日は休む」と決めてしまうのが一番です。


そうすることでメリハリが生まれ、
さらに長く走り続けることができるようになります。


注意点としては、
「二日連続で休まない」という点です。


二日連続で休むと、
なかなか戻って来にくくなります。


休むのはあくまで一日。


週に二回オフを取るときも、
一日休んで何日かやってまた一日、
という方がいいでしょう。


意図的にオフを入れることで、
持続させる方法を身につけていきましょう。

-----------------------------------------------------------------------------
クローバーご相談は下記をご参考ください(ホームページにリンクしています)クローバー
ホームページはこちらです。
右矢印不登校や引きこもりでお悩みの方へ
右矢印家庭教師・学習コンサルティングコース
右矢印大学生のご相談
右矢印大阪への出張カウンセリング
右矢印お問い合わせ
----------------------------------------------------------------------------
AD
2016-07-26

●勉強を継続させる方法は「ちょっと物足りないな」と思う所で止めるということ

テーマ:●不登校・ひきこもり勉強法
梅雨が明けてから久しぶりの雨が続いています。
夏の中休み、と行ったところでしょうか。
ランニングをしていても、身体も軽く感じます。


今日は不登校の方の勉強法についてです。
ペースを一定化させるための方法をお伝えしています。



質問:


私は現在不登校中の
中学生です。

高校には行きたいと思っているので、
自分で勉強はしています。

ただ波があって、
頑張れる日もあれば、
やる気の起きない日もあります。

どうやったら継続できるようになるでしょうか?
(10代 女性)


お返事:


不登校中ではありながらも、
独学で勉強を進められているということ、
ご本人の頑張りが伝わって来ました。


ただ気分に波があって、
なかなか継続ができない、とのことでした。


やったりやらなかったりする方の傾向として、
「やれるときに頑張り過ぎる」ということが挙げられます。


たとえば今日は調子がいいから!と
一日で朝から晩まで勉強をします。


三日くらいは続くかもしれませんが、
四日目からは「またあれだけの時間をやらないといけない」と
今度は自分を追いつめてしまうのです。
それにより、やる気を失い、またしばらくやらない日が続く。


そしてまたそれが何日か続くと、
「また頑張ろう!」とまた同じ事を繰り返します。


このやり方でもいいという方もいらっしゃると思います。
三日坊主と言えども10回繰り返せば一か月分に相当します。


ただもっと継続的に学習を続けたいという方には
次の方法をお伝えします。


それが「もっとやりたい、というところで止める」というやり方です。


調子が良くて、もっとやれそうと思っても、
たとえば一日10ページくらいがそれほどしんどくもないペースならば、
10ページやったら終えてしまうのです。


日によっては予定していた時間よりも早く終わることもあるでしょう。


それでも、予定の量が終わったら終えてしまいます。


「もっとやりたいな」と思う所で止めることで、
翌日再開しやすくなるのです。


勉強と言うものは、
一日二日やって身に付くものではありません。


継続的にやることで
大きな成果を得る物です。


ちょっと物足りないくらいのところで
止めながら、
翌日へのモチベーションにつなげていくようにしてみましょう。

-----------------------------------------------------------------------------
クローバーご相談は下記をご参考ください(ホームページにリンクしています)クローバー
ホームページはこちらです。
右矢印不登校や引きこもりでお悩みの方へ
右矢印家庭教師・学習コンサルティングコース
右矢印大学生のご相談
右矢印大阪への出張カウンセリング
右矢印お問い合わせ
----------------------------------------------------------------------------
AD
2016-07-25

●お子さんにアドバイスを送るときは「壁にぶつかって困ってから」送るということ

テーマ:●【不登校・ひきこもり】親御さんへ
随分前の新聞記事ですが、
元阪神黄金時代を支えた名バッターであり、
阪神、オリックス監督を務められた
岡田彰布氏のインタビュー記事が掲載されていました。


そこには、若手を育成する上で気をつけていたこととして
こう書かれていました。


「若手のバッターは、先輩やコーチからいろいろとアドバイスをもらうがあまり、
頭でっかちになってしまい、自分のスウィングができなくなってしまう。
壁にぶつかって困って聞いてくるまでは、アドバイスはしなかった。」



船頭多くして船山に上る


ということわざがあります。


指示する人が多過ぎて、
物事がまとまらず、
とんでもない方向に行ってしまうことを
指した言葉です。



まさに若手にとって、
コーチ陣のアドバイスにより
迷走してしまうこともある。


だからこそ、本人が困るまでは、
何も言わない、という方針を持たれていたとのことでした。


これはお子さん達に親御さんがアドバイスを送る際にも、
重要な点です。


大人は子どもに比べて、
経験もあり、知識も豊富です。


人生の苦難も乗り越えて来ているので、
物事の対処法もたくさん知っています。


だからこそお子さんにはいろいろと伝えたくなるものです。


しかしそれが行き過ぎると、
お子さんとしては、
何をどうしていいか迷子になってしまいます。


いろいろと言われたけれど、
結局どうしていいのか分からない状態です。


せっかくのアドバイスが
むしろ足かせになってしまうこともあるのです。



大事なのは岡田さんが言うように、
「壁にぶつかって困ったとき」に
伝えるのがベストのアドバイスのタイミングです。


こういった伝え方の方が、
お子さんとしても何が問題で、何を対処すればいいのか、
という焦点がはっきりしているので、
アドバイスも受け止めやすくなるのです。

-----------------------------------------------------------------------------
クローバーご相談は下記をご参考ください(ホームページにリンクしています)クローバー
ホームページはこちらです。
右矢印不登校や引きこもりでお悩みの方へ
右矢印家庭教師・学習コンサルティングコース
右矢印大学生のご相談
右矢印大阪への出張カウンセリング
右矢印お問い合わせ
----------------------------------------------------------------------------
2016-07-25

●8月の大阪出張カウンセリング日程

テーマ:●不登校・ひきこもり
クローバー下記の日程において大阪への、出張カウンセリング・コンサルティングをおこないます。クローバー


対象   :不登校やひきこもりのご当人様、その親御様、関係者様、大学生、就職相談、大人の方でうつ病やパニック症などの精神疾患、カウンセリングを必要とされる方。高校・大学受験を考えている方。
ご相談内容:不登校やひきこもり、発達障害や思春期、青年期の問題に関すること、就職に関すること、学習面に関すること、人間関係、職場復帰など

クローバー【出張カウンセリング・コンサルティングin 大阪 日程】クローバー

■ 08月
2016年08月07日(日):ご予約可能時間:10:00~20:00
2016年08月28日(日):ご予約可能時間:10:00~20:00

場所:ヒルトンホテル大阪1階ロビー近くのカフェ「ベンジャミーナ
(大阪府大阪市北区梅田1丁目8-8 )
アクセス→こちらをご確認ください。
※大阪での出張カウンセリングはカフェでのご相談となります。
ご自身の飲食代をご負担頂くことをどうぞご了承ください。

【料金】
料金詳細につきましてはホームページをご確認ください。

【キャンセルポリシー】
※キャンセルされた場合、以下の料金がかかって参ります。ご注意ください。
4日前無料、3日前料金の40%、2日前同60%、前日同80%、当日同100%

クローバー【特記事項】クローバー
なお、今回は自発的な出張カウンセリングとなります。
かかってくるのはカウンセリング費用ならびに御飲食代のみです。
出張費、交通費等はかかってきません。
※御予約が早い段階で埋まることが多いです。できるだけ早くご連絡頂きますようお願い致します。

クローバー【お申し込みについて】クローバー
ホームページのお問い合わせまでご連絡ください
ご連絡には、ご希望の日時と時間数をお伝えください。

▶ 大阪出張カウンセリングの詳細
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。