不登校や引きこもりで悩む方々、心の問題でお悩みの方々へ

  • 不登校中の子どもの相談に乗ってほしい

  • 進路についてどうしたらいいだろう・・・

  • 学校や大学に通うのが辛くなってきた・・・

  • 不登校の子どもの学力が心配・・・

  • 親の悩みも聴いてほしい・・・

不登校や引きこもりに悩まれる御本人やご家族の方、
また大学生のご相談、発達障害について悩まれる方のメンタルケア、学習をサポートします。
大阪出張カウンセリングについて




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-29

●お子さんが不登校になるその背景

テーマ:●Q&A
今朝は私も大好きなサッカーのヨーロッパで一番強いチームを決める
決勝戦が放送されています。
私も早起きして、レアルマドリードとアトレティコマドリードの決勝を観ています。
すごい試合です。
朝からすっかり興奮しっぱなしです。


さてそんな興奮の中でも冷静に今日のブログをご紹介致します。
今日のテーマは「不登校になる背景」についてです。


質問を通して見て行きましょう。


質問:


息子は中学三年生の不登校です。
二年前、ある日突然不登校が始まりました。
親としても混乱し、
叱咤激励の日々で、無理矢理学校に連れて行ったりもしました。

この二年間で夫婦としても講演会などで学び、
今は穏やかに過ごせています。

別室には通えるようになりました。

ただこれから進学して行くにあたり、
また同じようになったらどうしよう・・・という不安もあります。
心がけておくことはありますでしょうか?
(40代 女性)



お返事:


お子さんが不登校になられたときに、
「ある日突然そうなった」と感じられる方は多いです。


ただそれは「行動面」で現れたに過ぎず、
内面の不登校はさらに前から始まっていたと言えます。


内面の不登校とは、
学校が楽しく無い、
部活動が苦しい、
人間関係が辛い、
というものです。


心の中において、学校を拒否している状態です。


それが溜まりに溜まって、
ある日「学校に行けない」という行動が出て来ると言えます。


これを周りが見た時に、
それまでは「普通に」学校に行っていたので、
「突然行かなくなった」と捉えてしまう要因です。


不登校に限らず、世の中にある大抵のことは
「突然」ではなく、行動が表面化するまでのタイムラグが生じています。


ではなぜこういったことが起こるのかというと、
普段から自分の中にある不満やストレス、葛藤を口にできない状態にあるからです。


たとえば学校の人間関係で辛いことがあったとき、
それを口に出して発散することができればそれほど蓄積されるものではありません。


しかしながら、「愚痴」を言えないので、
自分の中で堪えて堪えて、溜め込みます。


しかしながら中高生はまだ十代です。


世の中に起きることすべてに順応できるわけでもありません。
(もちろん大人でも難しいことです)


大丈夫、大丈夫と思っていても、
自分も気づかぬうちに、疲れや不満、苦しさ、辛さが溜まり、
ある日爆発します。


爆発にも個人差があり、
暴力のように周りから見ても分かりやすい「爆発」もあれば、
学校に行けない、外に出ない、家族と会わない、
というような「爆発」の仕方もあります。


どちらも、これまで溜めに溜め込んで来た思いが
溢れ出した状態には変わりありません。


このように考えると、
今後のお子さんの対応としては、
やはり、日頃から「発散する」状況を周りも設定することです。


学校や、世の中にあったこと、
また家族に対する「愚痴」が気軽に言える状態です。


そのためには、お子さん自身が「ここは自分の気持ちを解放していい場所だ」と
認識することが前提となります。


お子さんが不満や愚痴を言うと、
「そんなことを言うな!」と厳しく接する方もいらっしゃると思います。


お子さんが家族以外の場所で、
その不満を発散させる方法を持っていればいいですが、
それが無い場合は、やはりご家庭での場所作りが必要となります。


ご相談者様は、お子さんが不登校になられたことによって、
ご自身の対応のあり方を勉強された方です。


お子さんも「親はちゃんと受け止めてくれる」という思いを持てたからこそ、
今少しずつ前に進んでいます。


この状態を今後も忘れないようにして頂けたらと思います。
-----------------------------------------------------------------------------
クローバーご相談は下記をご参考ください(ホームページにリンクしています)クローバー
ホームページはこちらです。
右矢印不登校や引きこもりでお悩みの方へ
右矢印家庭教師・学習コンサルティングコース
右矢印大学生のご相談
右矢印大阪への出張カウンセリング
右矢印お問い合わせ
----------------------------------------------------------------------------
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-05-29

●6月の大阪出張カウンセリング日程

テーマ:●不登校・ひきこもり
クローバー下記の日程において大阪への、出張カウンセリング・コンサルティングをおこないます。クローバー


対象   :不登校やひきこもりのご当人様、その親御様、関係者様、大学生、大人の方でうつ病やパニック症などの精神疾患、カウンセリングを必要とされる方。高校・大学受験を考えている方。
ご相談内容:不登校やひきこもり、発達障害や思春期、青年期の問題に関すること、学習面に関すること、人間関係、職場復帰など

クローバー【出張カウンセリング・コンサルティングin 大阪 日程】クローバー

■ 06月
2016年06月11日(土):ご予約可能時間:10:00~20:00
2016年06月25日(土):ご予約可能時間:10:00~20:00


場所:ヒルトンホテル大阪1階ロビー近くのカフェ「ベンジャミーナ
(大阪府大阪市北区梅田1丁目8-8 )
アクセス→こちらをご確認ください。
※大阪での出張カウンセリングはカフェでのご相談となります。
ご自身の飲食代をご負担頂くことをどうぞご了承ください。

【料金】
料金詳細につきましてはホームページをご確認ください。

【キャンセルポリシー】
※キャンセルされた場合、以下の料金がかかって参ります。ご注意ください。
4日前無料、3日前料金の40%、2日前同60%、前日同80%、当日同100%

クローバー【特記事項】クローバー
なお、今回は自発的な出張カウンセリングとなります。
かかってくるのはカウンセリング費用ならびに御飲食代のみです。
出張費、交通費等はかかってきません。
※御予約が早い段階で埋まることが多いです。できるだけ早くご連絡頂きますようお願い致します。

クローバー【お申し込みについて】クローバー
ホームページのお問い合わせまでご連絡ください
ご連絡には、ご希望の日時と時間数をお伝えください。

▶ 大阪出張カウンセリングの詳細
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-05-28

●不登校の親御さんがご自身の対応に自信をなくしてきたとき

テーマ:●Q&A
今朝も鳥たちは朝からとても元気です。
彼らはいつ寝ているのでしょうね。


今日のテーマは「親御さんがお子さんの対応に自信をなくしたとき」についてです。


一生懸命に頑張るからこそ、
うまくいかないときに落ち込んでしまうこともあります。


そんなときはどうしたらいいか。
今日のポイントはそこにあります。
見ていきましょう。


質問:


子どもが不登校になり一年が過ぎました。
最初の頃は叱咤激励をしていたのですが、
それはいけないと感じ話を聴くように心がけています。

少しずつ学校に行くようにもなりました。

ただ常に親としてこれでいいのか?
という思いが頭にあり、
親としての自信をなかなか持つ事ができません。
(40代 女性)



お返事:


お子さんのために、
ご自身の反省すべき点を見つめ直し、
「話を聴く」ということを
心がけてこられたのですね。


しかし、今のやり方で本当にいいのか?
という思いを持たれているとのことでした。


こういった場合、
「過去」と「今」の比較をすることが
ご自身の変化を知るきっかけになります。


お子さんが不登校になり出した頃と、
今は、明らかに違いがあるのではないでしょうか?


また、お子さんが「少しずつ学校に行き出している」ということからも、
これまでのお母さんの努力があったからこそではないでしょうか。


ご自身の変化というものは
なかなか自分では気づけないものです。


「過去」と「今」を比較して、
変化を感じ取ってみて頂けたらと思います。


また、外部の人にフィードバックをもらうことも
変化を知る方法の一つです。


第三者と関わることで、
ご自身のことを客観的に見ることができるようになります。


もちろん、
ご自身のやり方に常に疑問を感じ、
さらなる改善を加えることは間違いではありません。


ただそれでご自身が追いつめられると
余裕を失い、お子さんに意図せぬ言葉を伝えてしまうことも
出て来ます。


焦りや余裕が無くなって来たときは、
比較と、第三者へのご相談を検討してみてくださいね。

-----------------------------------------------------------------------------
クローバーご相談は下記をご参考ください(ホームページにリンクしています)クローバー
ホームページはこちらです。
右矢印不登校や引きこもりでお悩みの方へ
右矢印家庭教師・学習コンサルティングコース
右矢印大学生のご相談
右矢印大阪への出張カウンセリング
右矢印お問い合わせ
----------------------------------------------------------------------------
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-05-27

●不登校のお子さんと言い合いになってしまうときは「XYZ法」を試してみるということ

テーマ:●Q&A
朝の水気を含んだひんやりとした空気の間を通って
電車の通る音や鳥のさえずりが聞こえます。


今日のブログのテーマは、
「お子さんへの思いの伝え方」についてです。


ついつい感情的になってしまいそうなときは、
是非実践してみて頂きたいと思います。


質問:


不登校の子どもと言い合いになってしまうことが多いです。
ついつい感情的になり、
自分の気持ちもうまく伝えることができていないと思います。


聴くことはもちろん大事だと思うのですが、
伝える際にポイントとなることはありますか?
(40代 女性)



お返事:


コミュニケーションにおいて大事なのは、
まず「聴く」ことです。


相手が何を感じているのか、考えているのか、
まずそのことを「受け入れる」ことが
スムーズなコミュニケーションの基礎となります。


それがあった上で、
「ではどうやったら自分の気持ちはうまく伝えられるか」
という点についてお伝えします。


効果的な方法として、「XYZ法」というものがあります。


これは


あなたがXしたので、私はYな気持ちになった。Zしてくれればよかったのに
という言い方です。


例を見てみましょう。


たとえばお子さんがせっかく作った夕飯を食べてくれず、
怒ってしまいそうになったとします。


そのときの伝え方です。

「あなたがハンバーグを食べたいと言ったから作ったのに、食べてくれなかったから、(X)
 私はとても悲しい気持ちになったよ(Y)
 食欲が無ければそう言ってくれたらよかったのに(Z)。」


事実として何が起こったのか=X
ご自身がどのような気持ちになったのか=Y
どのようにしてくれていたらよかったのか=Z


の順番でお伝えすると
ご自身がどうして怒ってしまったのか、そしてどんな気持ちで、
次から改善するために今回どうすればいいのか、
ということが伝わりやすくなります。



ついついやってしまいがちなことが、
「あなたはいつもそうやってわがままばかり言って、なんて思いやりの無い子なの!」
と人格否定をしてしまうことです。



今回は作ったご飯を食べなかっただけです。


「いつもわがまま」で「思いやりが無い」というのは
言い過ぎな言葉です。


人格を否定されると、
人は反発心を生み出します。


そこからは、ご存知のように不毛な言い合いが始まります。


何に対してどのような気持ちになったか。


そして今後同じことを繰り返さないためにどうしてほしかったか。


焦点をその出来事に絞ってお伝えになると、
喧嘩の数も減って行くと言えます。

-----------------------------------------------------------------------------
クローバーご相談は下記をご参考ください(ホームページにリンクしています)クローバー
ホームページはこちらです。
右矢印不登校や引きこもりでお悩みの方へ
右矢印家庭教師・学習コンサルティングコース
右矢印大学生のご相談
右矢印大阪への出張カウンセリング
右矢印お問い合わせ
----------------------------------------------------------------------------
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-05-26

● 2016.06.12 不登校・引きこもりコミュ二ケーションセミナーの開催につきまして

テーマ:●不登校・引きこもり質問会
2016.06.12 不登校・引きこもりコミュ二ケーションセミナー
~お子さんの気持ちを引き出す「傾聴の絶対押さえるポイント」について~

■ セミナー概要

不登校や引きこもりのご家族は、
「子どもたちとどうコミュンケーションをすればいいか分からない」ということで悩まれています。
周りの働きかけによって、お子さん達に大きな成長を促すことも可能です。

コミュニケーションの基本となることが「聴く」ということです。
簡単なように見えて、実は難しいのがこの「聴く」ことです。

専門用語では「傾聴(けいちょう)」という言い方をします。

一朝一夕に身に付くわけではありませんが、
「ここは押さえておくポイント!」について今回はお伝えさせて頂きたいと思います。

また当セミナーは「皆さんが知りたい情報をお伝えする」ために、
質問用紙をお配りし、その場でお答えさせて頂く時間もお取りしています。
ご質問は「誰の質問か分からないように」させて頂きますので、
どうぞご安心してどんな些細なことでもお伝え頂ければ幸いです。

<ご質問例>
・子供達とうまく話ができるようにするにはどうしたらいいだろう?
・学校に行っていないので、進路や勉強のことが気になる
・学校との関わり方について知りたい・・・etc

■ 対象

・不登校や引きこもりのご家族、お知り合いでお悩みの方がいらっしゃる方
・お子さんの話の聴き方で悩まれている方
・ついついうるさくお子さんに意見を言ってしまわれる方
・どこにポイントを置いて聴けばいいか分からない方 etc

■ セミナー受講後の効果

① 「傾聴」の絶対に必要なポイントついて学ぶことができる
② 普段の生活の中でも活用することができる
③ 質問の時間が多いので、「自分が知りたい情報」を知ることができる
④ 他の方がどのような悩みを持たれているのかを知ることができる
⑤ 専門のカウンセラーとつながることで、今後のお子さんへのサポート体制が充実する


■ セミナーの内容

・ 傾聴の必要性
・ 傾聴のポイントについて
・ 質問会の実施

■ これまで受講頂いた方の感想

「難しい質問にも丁寧に答えて頂き、ありがとうございました。」

「本日はありがとうございました。来てよかったです。
 具体的なデータや事例が聞けて、非常に参考になります。
 行動から原因と対策を考えることの必要性を改めて感じました。
 また機会がありましたらぜひ参加したいです。」

「勉強になりました。また参加したいです。」

「大変親身にお話しして頂き、よかったです。ありがとうございました」

「分かりやすく教えて頂けて、良かったです。また、機会があれば、勉強会に参加したいと思います」

■ 講師プロフィール

カウンセリングオフィス OFFICE NAKAGAWA代表 なかがわひろか(中川広佳)
認知行動療法や、行動分析法を用いながら「問題を解決する」ことを専門とするカウンセラー。
1982年兵庫県生まれ。関西学院大学卒業後、ベンチャー企業にて人材採用を経験。
ある引きこもりの青年と出会ったことをきっかけとして、
不登校・引きこもり専門のカウンセリングオフィスOFFICE NAKAGAWAを開設。
これまで2,000時間以上のセッションを行い、地元丹波市近郊はもとより、東京、大阪の都市圏や北海道から沖縄まで全国からの相談を受ける。
高校やボランティア団体、企業での傾聴/コミュニケーション研修を行う。
産業カウンセラー・キャリアコンサルタントの資格も持ち、
子どもから大人までの「すべての人のより良い人生生活をサポートする」ことを理念としている。

■ 主催者の思い

「聴く」ことの重要性は誰もが知っています。
しかし簡単なように思えて、実践することが本当に難しいものです。

大事なことは一度に全部をやろうとすることではなく、
「ここは抑えておく」という点をしっかりと実践していくことです。

今回のセミナーでは、
「ここは絶対に抑える!」というところについてお伝えさせて頂きます。

また、聴き方について悩まれること、もちろんお子さんのこと、
そして親御さんのご不安についても質問時間をお取りしています。
どのようなことでも結構ですのでご質問くださいね。

■ 開催情報

■ 日程     : 2016年06月12日(日)
■ 時間     : 10:30~12:00
■ 参加費    : HPをご確認ください。
■ 定員     : 10名程度(先着順となります。)
■ 場所     : 丹波市柏原住民センター2F 会議室B-1
■ 住所     : 〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原5528
■ 連絡先    : ホームページお問い合わせよりご連絡下さい。
■ 対象     : 不登校や引きこもりのご家族やご当人
■ 講師     : なかがわひろか (中川広佳)
           OFFICE NAKAGAWA 代表 不登校引きこもり専門カウンセラー 
■ 内容     : 傾聴の基本についてのレクチャー後、質問会を開催致します。   
■ その他 :
・この場で出て来たご質問内容等は口外なされないようお願い致します。
・質問会後個別のご相談をご希望の方は、その旨をお伝えください。
・お問い合わせは、なかがわまでお願い致します。(施設へのご連絡はご遠慮ください)
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。