kyupinのブログへようこそ。

このブログは精神科全般、旅行、音楽、スポーツなどについての日記です。始めて既に10年以上経っているため、過去の記事には、現在のルールに沿わないものがあります(適応、処方制限など)。精神科に関する疑問は過去ログのどこかに記載していることが多いので検索してみてください。(○○ kyupin でググる)

kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)
kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-25 20:00:00

エビリファイの自閉性障害への処方の理由のことなど

テーマ:広汎性発達障害、アスペルガー症候群 

エビリファイの適応について、小児の自閉性障害に使うにはあまりに副作用が大きいのでは?という話が出ているが、元々、向精神薬の副作用の出現率は相当に高いのでこの薬が特別ではない。エビリファイの副作用が多いのなら、それ以外に困る薬が相当にある。

 

エビリファイに限らず小児に対する向精神薬の処方方針は対症療法であること。

 

うちの県では、エビリファイ1㎎錠や液剤は発達障害専門の小児科を主に非常に多く処方され、今やなくてはならない薬らしい。(具体的な数字までは知らないが)。

 

例えは小学校の図工の授業中に、発達障害の児童が彫刻刀で他の児童を刺すと言う事件があった。この事件以降、その小学校では彫刻刀は授業が終わると学校で預かることになった。

 

このような衝動性がもし何らかの向精神薬で抑えることができ、他の児童と一緒に授業を受けられるようになるのなら、その児童の将来は(その治療をしないよりは)かなり良いものになる可能性が高い。

 

つまりこのような時も、向精神薬の必要性は相対的なものだ。(社会的なものが関与する)

 

例えば、過去ログにプレッパーズ~世界滅亡に備える人々~ という記事がある。このような生活なら、エビリファイもコンサータも必要ない。

 

同じ教室に彫刻刀でうっかり他の子を刺してしまうような子がいるのなら、他の子の父兄から苦情が出る。

 

だから、こんな副作用が出る薬を次々と発売するなんて、というのは、自分の子供ないし家族しか見ていない独りよがりな苦情だと思う。

 

また精神医学的な視点で、子供たちの忍容性は多様なので選択肢が多いことは、結果的により副作用の少ない薬を選べると言う点でメリットが多い。副作用の有害性が前提になっているから、このような妙な話になるのである。

 

服薬が必要なレベルの子供を治療も受けさせずに登校させるのは、周囲に相当なストレスを強いる。このようなことも、その家族の視野狭窄な点の1つである。このようなことから、多くの精神疾患の中でも自閉性スペクトラムはかなりホモジニアスな疾患群のように精神科医からは見える。それは、遺伝率や家族集積率を見てもそうである。

 

過去ログにアルファベットの単語が憶えにくい という記事がある。この中に出てくる子は他の子供に迷惑をかける状況にないが、親と子供の視点で同じようなことを記載している。

 

参考

長嶺敬彦「抗精神病薬の「身体副作用」がわかる」の感想

人生として成立していないほどの精神状態

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-03-23 20:58:47

ノラネコらしき子猫発見

テーマ:動物(旅行以外)

 

車の下にちょこんと座っている子猫を発見。サイズ的に子猫だが、意外に年齢がいっている可能性もある。(ネコは年齢がわからない)

 

 

近くに行っても逃げないが、あまりに近づくと逃げると思うのでここまでにしておく。

 

 

もう1枚。スマホで撮影したのと、もう薄暗い時間だったので、ややピンボケ気味。良く見ると、目を開けている写真もある。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2017-03-22 19:53:36

エビリファイの剤型について

テーマ:エビリファイ

 

上は、エビリファイのLAIを含めた剤型の全て。

 

このブログはエビリファイが発売された頃に始めているが、この10年余で多くの剤型が発売されている。このタイプの薬は広い適応を持つことや小児にも処方可能なので剤型は多い方が良い。LAIは当然高価だが、液剤もかなり割高な薬である。一方、エビリファイODはこれらに比べ薬価が抑えられている。

 

上の下敷き型のパンフレットでは、1つだけ欠けている剤型がある。エビリファイ1㎎錠である。エビリファイ1㎎の液剤及び錠剤は小児を想定した剤型だが、添付文書的には、LAI及びエビリファイOD24㎎以外は、以下の4つの適応が認められている。

 

統合失調症
双極性障害における躁症状の改善
うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)
小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性

 

従って、エビリファイ1㎎錠及び液剤は成人の統合失調症やうつ病の人にも使える点がベルソムラの10㎎錠と大きく異なる。(参考;謎のベルソムラ10㎎錠

 

なお、エビリファイOD24㎎は、

 

統合失調症
双極性障害における躁症状の改善

 

の2つの疾患及び病態しか使えない。実際、最初の4つの適応を見ると他の2つには量的な面で処方しそうにない。

 

なおエビリファイLAIだが、比較的安価に薬価が設定されている印象。なお、エビリファイはLAI、400㎎は内服15㎎に相当する。

 

今回は実はLAIの2つの剤型(300㎎と400㎎)の話をする予定だったが、長くなるのでまた別の機会に。

 

ジェネリックの発売間際にバタバタと剤型が増えるのは1つはジェネリック対策である。エビリファイの場合、時系列的に徐々に適応範囲が広がった経緯があり、ジェネリックが発売されても、処方できる疾患は限られる。

 

特に小児の自閉症にジェネリックなんて、とんでもない話になると思う。(ジェネリックのエビリファイは自閉症の適応が認められそうにない)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-03-20 23:29:13

年金改革法のパンフレット

テーマ:精神科一般

 

上記は、厚生労働省の年金改革法のパンフレット。平成28年12月と記載されているので、最新のもの。

 

 

年金制度は良くわからない点が多い。日本は将来的に少子化により次第に働ける人口が減っていくため、年金制度が維持できるのかという不安もある。高齢者が詐欺事件に遭いやすいのも、彼らが将来への不安を感じていることも大いに関係している。

 

ある患者さんが、「将来、お金がなくなると思うのは貧困妄想ですか?」と尋ねた。

 

僕は人によると前置きし、「貴方に限れば貧困妄想の可能性が高い」と答えた。その理由は、状況的にそうだからである。(1億円以上の貯蓄があり、また将来、年金も上限近く出るはずなので)。

 

詐欺で全て奪われるとかそういう事件がなければ安泰でしょう、といった感じである。

 

 

 

 

上は、よくある質問。(Q&A)

 

今の年金制度は、その時代の経済状況から来る世代間格差(昭和何年生まれかという運不運)を、より広げるようなところがかなりある。

 

親が子供に最もなってほしい職業の1位は公務員であった。非常に漠然としているが、それだけ不安の多い時代なんだと思う。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2017-03-18 00:36:50

発病後、軽快退院した後の最初の春

テーマ:精神疾患

もうすぐ春分の日だが、この時期、急激に暖かくなると精神への賦活作用があるのか、症状が荒れる人がいる。少なくとも秋よりは春の方が波乱が起こりやすい。

 

長期予後を考えるに、発病後、軽快退院した後の最初の春の経過はけっこう重要だと思う。

 

自然経過で悪化したのならやむを得ないが、何らかの人為的なものが関与して悪化したのであればとても残念だと思う。

 

人為的というのは怠薬などが挙げられるが、この時期、不用意に減薬を計画するのもリスクが大きい。減薬中に悪化した場合、減薬が主因なのか、季節的なものが大きいのかわかりにくい。

 

ある時、患者さんの入院履歴を見ていたら、この時期にしか入院がない人がいた。たぶん、このような人はきちんと服薬していても悪化したような気が非常にする。

 

人によると、病状悪化、服薬しないこと、入院が一連なものになっている人がいる。それは、春になると、気分が上がってくるので万能感が広がり、もう大丈夫だと思うからである。

 

いずれにせよ、この時期に精神症状がブレやすいのは向精神薬が発売される前から、気付かれていたものだと思う。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • トップブロガー
      • 芸能人

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。