「川越style」

webマガジン川越styleは、「小江戸川越」のお店や人、イベント、行事、風景、文化、川越の熱い動きを伝える情報発信サイトです。過去記事もぜひどうぞ。


テーマ:





並んでいたのはすべてハンドメイドで作られたもの。

これだけたくさんの雑貨が集まっていること、

全部ハンドメイドであること、

そして、これだけの規模。

それは、川越で今まで見た事ない、初めてと言っていい雑貨イベントでした。。。


イベントの全体像が見えてきた時から、

これは川越の新たな1ページになるはずと感じ、

イベントの渦中にいながらその想いを強くし、

今振り返ってもやはり、そうだったんだと実感します。

それだけ画期的なイベントでした。

実現させた主催のしろつめ雑貨店さんに、協力してくれた川越のお店、

川越中がイベントの熱気に包まれていました。


並んでいる雑貨は、どれもハンドメイドらしい温もりがあって、

一つひとつに個性があり、しかも質が高い。

皆さん妥協なく、自分の作品を作り上げているプロ意識を持っている方ばかりです。


ものがたくさん並んでいるのを見ながら、

作った本人である、たくさんの作家さんがそこにいる光景がまた、素敵でした。

作った本人が作品を持ち込み、ブースを作り、自分で販売する。

お客さんは聞きたいことや分からないことがあれば、

作った本人と直接話しをしながら買い物をすることができる。

物と同じくらい、人と人の温もりある関係があって、

会場のあちこちに、楽しそうに会話を交わす光景がありました。

賑やかな様子を見ながら、

それは、

物の売り買いの理想であり、原点のようであるようにも思いました。。。


ハンドメイド雑貨がこれだけ人気になっているのは、

単なる物としてではなく、

作った作家さんの人柄であったり、既製品にはない温もりがあって、

物に安心感がある。
人がきちんと感じられる物が今、求められているのだと改めて思いました。
作家さん、お客さん、スタンプラリーを巡る人、
どの場面にも温もりに溢れたイベントでした。。。

新座、所沢で行われ、いよいよ川越でも第一回が開かれたのが・・・


「川越ハンドメイドの雑貨市Vo.1」です。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*





「川越ハンドメイドの雑貨市Vo.1」


川越市内の蔵と素敵な雑貨店をスタンプラリーで巡ります。

■日時:2014年6月15日(日)11:00~16:00 雨天開催


■内容:ハンドメイド雑貨/アンティークの展示販売会
手作り作品の展示 約90ブース
ロハス、ナチュラル、アンティーク テイストのお店が集まります。

雑貨、洋服、編み物、アクセサリー、石鹸、陶器、ガラス、革
クレイ、ワイヤー、フラワーアレンジ、スタンプ、紙雑貨 etc.


■場所:下記10会場で同時開催

○メイン会場
小江戸蔵里

雑貨+飲食ブース50


川越市内のお店会場

しろつめ雑貨店

雑貨ブース3


d'ici peu
雑貨+飲食ブース12


ソコノワ

雑貨ブース3


cotofog
雑貨ブース4


Sunny Side Terrace

雑貨ブース3


KIKONO

雑貨ブース4


川越ベーカリー楽楽
雑貨ブース6


Blue moon
cafe蔵
吹きガラス工房+アンティーク。蔵を改装した工房Shop

雑貨ブース4
蔵を改装したcafe
雑貨ブース5


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚


メイン会場を蔵里として、

川越市内のお店も会場として同時開催した雑貨市、

蔵里には広場や室内を使って、なんと50ブースも出店がありました。

蔵里にこれだけのブースが出店するのは見た事がありません。

そして、市内のお店を巻き込み、全部で90ブースの出店でした。



主催は、蔵里からクレアモールを北に少し進んだところにある

「しろつめ雑貨店」さん。
今年のオープン以来、今までになかったセンスのお店は川越ですでに大人気となっているお店。


しろつめ雑貨店のそらいろ絵本さんは、
これまで新座や所沢でも大規模なハンドメイドの雑貨市を企画運営してきている方です。
その熱意と行動力は、ハンドメイドで物を作る方々に一目おかれ、
「そらさんがいるからこそ」
と頼りにされています。
物を作る方にとって、これだけの規模と熱気に包まれた雑貨市は

人に見てもらえる絶好のチャンス。
そらさん自身も作家活動されていますが、

雑貨市を通して、物や作家さんとお客さんを繋ぐ場を作り続けてきました。


そしてこの日、お店を構える川越での雑貨市をついに満を持しての開催。


川越にお店を構えたいなと話していたのは、去年の暮れ頃でした。

各地でイベントを開催していると聞き、

川越なら蔵里がいいんじゃないですか、と勧めてからわずか半年の間に、

実店舗を構え、イベントも形にしてしまった

そらさんとしろつめ雑貨店さん。












蔵里の広場に出店していたのは、

R.class がま口雑貨
tiara・Lemonglass・こっとん ヘアアクセサリー・麻バッグ・布小物
horieee アクセサリー
la fleur blanche 麻ひも/布小物雑貨
Kimamaya 布雑貨・バック
kira*ring & kinoco* アクセサリー、布小物、バッグ
Jewel Garden ガーデン&インテリア
うたたね工房 ステンドグラス小物
M+kokoko
pas & ++andante++ 副資材・布物・ベビー小物・麻バック
仲鉢恵子 似顔絵、イラスト
Gleesdesign 手作り家具他
La vrais jumelles 布もの +大人子供服
APR Pleasure・two-bottle 子供服
Bluemoon 吹きガラス
Un Chat Noir シルバーアクセサリー
HOLIDAY GARAGE FURNITURE 木工
studio caravan オリジナル鉄骨家具とヨーロッパ雑貨
Boulanger Lunettes パン

デイリースタンド コポリ スープ


雑貨だけでなく、フードも川越の人気店が出店していました♪


コポリさんのガスパチョにパテ。

広場にもたくさんの出店がありましたが、

室内ギャラリー&会議室も出店ブースとして、たくさんのハンドメイド雑貨が集まっていました♪

蔵里全体を使った雑貨のイベントは、初めての試みだったと思います。



trois3 アンティークレース雑貨洋服
Offrir(オフリール) ガラスの雑貨、器、アクセサリー
mon petit bout 布小物・雑貨・子供服
TRANQUIL ビニコ(ラミネート)のbag&布小物
楽蔵や ビーズ・カルトナージュ・ワイヤー
ステンド工房 かげるみ ステンドグラス
アクロ 布小物 アクセサリー
RM バッグ,ハワイアン,リメイク、多肉植物
arden shop coniwa 多肉植物、プリザ、雑貨
Écru 布バッグ、アクセサリー、イラスト、木工品
AT Y's、mon favori* フラワーアレンジメント・アロマクラフト,布小物
My Little Blossom ロザフィ アクセサリー
nicott+ 布雑貨、アクセサリー、子供服
UYUTO アクセサリー
Crochet 消しゴムはんこを押した作品、オーダー受付
je plais 布小物、革小物、アクセサリー
わたいとや 綿
awaa アクセサリー
wire ako ワイヤー雑貨
ヒーリング葵花 天然石アクセサリー

mon seul couleur 洋服 布小物 アクセサリー
Ri*colon & kanan* 革小物、布小物、レジンアクセサリー
AtelierBlanc+ ミニチュア.ナチュラル雑貨
*HoneyStyle* 手紙用品(紙雑貨)
gra.. 帆布bag・革小物
love*3 布小物・雑貨・アクセサリー
Atelier Rena 布小物、アクセサリー
Leather Works IMYLAB 革小物
Bloom*bruna インテリアグリーン、リース、アクセサリー
水上窯 益子焼
森のもの、里のもの。 リース
サキヤ(ニヤリ) 雑貨 *プラ板アクセサリー





そして、

今回大きな目玉企画だったのが、

川越の街を散策しながらのスタンプラリーでした。


市内各地にあるお店に協力していただき、

お店に置いてスタンプを押して周って、蔵里に戻ってくると

素敵なプレゼントと交換できるというもの。

プレゼント自体も、出店者さんから提供していただいた雑貨などです。



新座のハンドメイドの雑貨市でも、お店に協力してもらってスタンプラリーを開催したそうですが、
ハンドメイドの雑貨市とスタンプラリーは、切っても切れない繋がり。
川越でもぜひやりたい、と企画しました。

それを川越でも実現させてしまった行動力、

街を巻き込んでいく形は今までの川越になかったものでした。
そらいろ絵本さんの熱意、そらさんに言われたら、

協力したいと思わせるパワーがあると思います。



蔵里にいると、朝から続々と広場にやって来て、

スタンプラリーの台紙を手にして、各お店に出発していく姿がたくさん見られました。

今回スタンプが用意されているのが、下のお店。

・小江戸蔵里

・しろつめ雑貨店

・d'ici peu

・ソコノワ

・cotofog

・Sunny Side Terrace

・KIKONO

・川越ベーカリー楽楽

・Blue moon
cafe蔵

このスタンプラリーは、

川越の新たな1ページとなった活気的な出来事でした。

川越の街を舞台にしたスタンプラリーは、

たくさんの人が夢見てきた企画です。

やれたら楽しいね、と想像を膨らませても

いざそれを実現させるのは大変なこと。

本格的な街を散策するスタンプラリーが実現されたことは

今まで見た事ありません。

それが今回、川越市内をぐるっと巡るように

9店に参加してもらって実現してこと、させたこと。


川越駅周辺から蔵造りの町並みの一番街までの広範囲を網羅して協力してもらい、

しかもスランプラリー協力店がすべて、

今の川越を代表する素敵なお店ばかりなこと、

そして、お店の方が驚くほどスタンプラリーに参加してくださった方がいたこと。

各ポイントを巡りながら、楽しさに浸りながら

「これは歴史の1ページだなあ」と噛みしめていた。。。

川越を丸ほど楽しむスタンプラリー、

ついに川越で実現しました。しろつめ雑貨店が実現させました。

そして、やはり川越のお店は温かく協力してくれました。


蔵里にいると、スタンプラリーの台紙を求めてくる方がたくさんいます。
台紙を手にして各お店に出かけていきました。
「行ってらっしゃい!」
スタッフが見送ります。



スタンプラリーの台紙は、蔵里だけでなく、各ポイント店にも置いてありました。

どこのお店から巡ってスタンプを集めてもOK。

全部のスタンプを集めて、メイン会場の蔵里に戻ってくれば

プレゼントと交換できる、という企画でした。

これを目当てにしていた方、

このために川越まで来られていた方、

雑貨市に遊びに来てスタンプラリーの事を知って散策に出かけていった方、

さまざまな参加の仕方で、

川越中をたくさんの方が周っていました。


蔵里から、川越を周ってスタンプラリー会場の様子を覗いてみます。。。♪

多くの方が周ったように、川越駅近くのお店から周っていきます。



三番町交差点を超え、南通町の閑静な住宅街にあるのが

花の「d'ici peu(ディシプー )」さんです。

d'ici peuさんに並ぶ植物たちは、落ち着いていて控え目で、
でも、いつもそばに居て欲しい、なくてはならない、
そんな気持ちになるものばかりです。
『普段の生活風景に、本当に必要なのは
こういう植物たちなんじゃないか』。。。
穏やかな生活に、そっと寄り添ってくれる花にきっと出会えるはずです。。。


ここには、

herisson 布小物

内田洋子さん ガラスアクセサリー、器など

M*s Fantasy布の小物、アクセサリー

sachi*アンジュおむつケーキ

かんかん アクセサリー

shabby mama ミニチュアドールハウス

cafe & zakka mt. 雑貨、木工

カントリーハート トールペイント雑貨

ONE SIDE LATHER 革小物,布小物

3et corne bakeshop 洋菓子

Boulanger Lunettes カレー、パン

が出店していました。








リュネットさんのパンにカレー、焼き菓子の出店もあり、

雑貨と花と美味しいモノ、

ここだけでも長居してしまうブースです。。。



そして・・・



スタンプ一つ。。。♪

花のd'ici peuさんでスタンプを押した後は、
すぐ近くにある

服と雑貨の「ソコノワ 」さんを訪れるルートで行きました♪


そのモノがそばにあることで気持ちが豊かになったり、
日常を今より少し丁寧に大事にしようと思えたり。
長く付き合っていけるモノと出会えるのがソコノワです。

「ここに来ると、必ず出会いがある」
ソコノワに来られる方は、よくそう口にされるそうです。
生活を豊かにしてくれる「何か」と出会える予感、
そんなワクワクがお店には充満しています。
宝探しをしているような気持ちになって、
確かにお客様の表情は、
すまし顔より、みなさん楽しそうに探している様子があります♪


お店の入口には、川越のお店のSHOPカードがずらり。
川越で、最も川越のお店を案内しているお店が
ソコノワでもあります。
川越のお店の、新たな発見となる場所です。


ここの出店は、

PATRONE Re: LABO アクセサリー、雑貨
WILD JOKER 天然石アクセサリー

が出店しています。






ここでも・・・




スタンプを一つ。


ソコノワさんからクレアモールを横切って、
裏道を進んだ先、「うらかわ」エリアにあるのが

ギフト&ブライダルの「cotofog 」さん。




オープンから一年になるcotofogさん、
今の川越を象徴するような素敵なお店です。

5月いっぱいまで行われた、うらかわのお店を巡るスタンプラリー企画も

大変好評でした。


一歩中に入ると、そこは流れる時間がゆったりとしている空間。
穏やかさと優しさ、気持ちが豊かになる時間が流れています。
ずっと居たくなる雰囲気は、一面真っ白な珪藻土の壁の癒しもあるはずです♪
結婚祝いに、出産祝い、大事にしたい人生の節目を、
時間をかけて丁寧に考え、共に寄り添ってくれるお店。

父の日の贈り物には、多くの方が訪れていました。


大事に選び抜かれたモノたちは、たまに
自分へのご褒美にもプレゼントしたくなるものばかり。。。


ここの出店は、

moclen. ペーパーアート・アクセサリー
Craft Petit Ange 木工雑貨、デコパージュ、アクセサリー、布小物
Lin&Lin 布小物
が出店していました。





雑貨を楽しみつつ、やはりこの空間の気持ち良さに浸っていると、
つい長居してしまいます。。。(*^o^*)
川越のうらかわカルチャーの先端を感じられるお店です。




cotofogさんから蔵里を通り過ぎ(蔵里にもスタンプがあります)、

クレアモールを北に少し進むとあるのが、

「しろつめ雑貨店」さん。
今回の雑貨市の主催者でもお店です♪



しろつめ雑貨店、今年のオープン以来、
その温もりのある世界観に川越の人は既に虜になっています♪
お店、というより、部屋と言いたくなるような居心地良い空間は、
全てが丁寧に作られた手作りのもので埋め尽くされています。
店内で扱う作家さんは40人ほど。
これだけの方が集まる空間で、
これだけ統一感のある世界観を作れるのは、さすがのセンスです。


一つひとつのものを見てみると、
どれも細かく丁寧に作りこんでいるものばかり。
単に細かいだけでなく、その細かさに人の温もりがあって、
気持ちを重ねて重ねて作っているのが伝わってきます。
モノという以上に、
作る人の体温まで感じるモノが溢れるしろつめ雑貨店。

素敵なお店が多い川越で、

その中でも洗練と温もりのセンスが光ります。
今人気の川越の雑貨屋さんの感性、
ぜひ訪れて感じてもらいたいです。。。♪


ここの出店は、Topiarie Original Products 洋服が出店。


しろつめ雑貨店でスタンプを押したら、
残りはあと4つ。


次に向かうのはいよいよ川越の蔵の町並みへ♪



一番街にある、レトロな建物の埼玉りそな銀行の

向かい路地を入っていくと出会えるのが、
ベトナム小粋雑貨の「サニーサイドテラス 」さんです。



穏やかなベトナムらしい、
落ち着いた雰囲気のベトナム雑貨は女性に人気。
店内には、ベトナムから直接買い付けているものに、
サニーサイドテラスのためにオリジナルで作ってもらっている雑貨も多数あります。
今の季節なら、カラフルなテープバッグがオススメ。
雑貨市で買ったものを、そのまま入れて持ち歩いても良さそうです♪


ここの出店は、

ちびえみ レザークラフト
laule'a ハワイアンリボンレイクラフト

が出店していました。


川越らしい蔵造りの町並みを眺めつつのスタンプラリー。



一番街を北に進んで行くと、札の辻交差点の手前に
素敵な脇道を発見することができます。
その道を進んだ先にあるのが、籠と帽子の「KIKONO 」さん。





手編みで一つひとつ丁寧に作られる帽子は、
まるでアンティークのような落ち着いた佇まい。
置いておくだけでも部屋がナチュラルテイストになる自然感があります。
そして、被った時の体と一体になる感覚。。。♪
今の季節だと、木材パルプの涼しい帽子がずらりと並びます。

籠も手作りで作られたもので、種類豊富。
「籠が大好き」と自認するほどなので、
使い心地にこだわった籠を取り揃えています。


ここの出店は、

Hoopono 布小物・リボンレイ
装ラボsolabo アクセサリー ・雑貨
TФK (テフカ) 革製品・創作雑貨

が出店。


通りに面したガラス戸を開放し、
明るい賑やかなブースになりました♪





テフカさんは、新座のハンドメイドの雑貨市にも出店したことがある方。
そこでもスタンプラリーのお店にブースを構えていたそうです。


「雑貨好きな方は多いし、お店を巡るのが好きな方も多いですよ。

今日は、新座のイベントにも来られていたなという方や

所沢で見かけた方も多数いました。

川越は、初めての開催でこれだけの方が来られたら、大成功だと思います」
と話してくれました。

川越のスタンプラリーは、

大体南北一直線にあるお店だったのも巡りやすかったのかもしれません。



KIKONOさんでもスタンプ一つ。


一番街端まで来て町並みを楽しんだら、
次は川越散策には外せない、菓子屋横丁に向かいます。。。!


一番街から菓子屋横丁にやって来ると、
川越に来たら外せないパン屋さん、

川越ベーカリー楽楽 」さんがあります♪



2014年5月に行われた「川越パンマルシェ」でも楽楽さんのブースは大人気で、

長蛇の列で完売御礼となったのは記憶に新しい、

川越を代表するパン屋さんです。


川越パンマルシェ、気になっていたけど行けなかった!という方が、
スタンプラリーの合間の小休止に、パンを味わっている光景がありました。


パンを購入すると珈琲が無料で、外の緑のテラス席でいただけます。

パン屋さんと素敵な雑貨、この組み合わせはなかなか見れない貴重なブースでした。。。♪


ここの出店は、

アート工房Renon サンドブラストで加飾したガラス製品
*yagi-ya*handmade ヤギぬいぐるみ雑貨
yuri☆ アクセサリー
猫雑貨 ぶな工房 まねきねこ、猫人形などの和風猫雑貨

が出店しています。






スタンプラリー参加者の中には、

他の川越のイベントに関わっている方々も見かけました。

4月に川越織物市場で行われた

手づくり食市 」に美味しい紅茶提供で出店していた「紅茶の時間」及川さんも、

スタンプラリーに参加して市内を巡っていました。


「歩いて周っています♪」





時に自分が出店者という立場で、

時にお客さんとして遊びに行ったり、

川越の中でいろんな人がぐるぐる巡っていた光景にワクワクしました。


そしていよいよ、スタンプラリー最後のポイントに向かいます。。。!


最後のポイントは、川越ベーカリー楽楽さんから
通りをまっすぐ南に来ると出会える蔵造りの建物、
醸ん楽座さんです。
「cafe蔵」、ガラスの「Blue moon」があり、
松本醤油の仕込み蔵まで見学できるという、
いろいろ見て回れてゆっくりと時間を過ごせる場所です♪




ここには

雑貨屋 bluemoon
浅見文恵様 主にリバティ生地の小物雑貨
ちょこまる(Mon-bateau&87) 布,編み小物、アクセサリー、あみぐるみ、洋服
uzu 布小物
grow 古着を使ったぬいぐるみ,バック
手作り革工房 SINGEN ハンドメイド
ふるさわ革工芸 革小物
天使匣 アンティークテイストのアクセサリ・ミニチュアブック

雑貨7ブースが出店し、賑やかな雰囲気に包まれていました。




あれもこれもと雑貨を見て、忘れずにスタンプを押したら、
スタンプラリーのゴール
メイン会場の小江戸蔵里に戻ってプレゼントと交換です♪



最後のスタンプを押して終了。。。♪


これで川越ハンドメイドの雑貨市のスタンプラリー、
10ヶ所すべて周ってきました。
川越を代表する素敵なお店ばかりで、
「うらかわ」や「一番街」といった個性あるエリアを通り、
川越を存分に感じられるものでした。


メイン会場の蔵里に戻ると、午後になっても活気に満ち溢れています。



そして、

午後3時くらいになると、蔵里の広場の受付には、

スタンプラリーの全部のスタンプを押した方が続々とゴールしていました。

川越をぐるっと周り、充実した表情でスタンプを全部押した台紙を手にしています。

この段階でも、回収した台紙の数は相当なものでした。

こんなに参加者がいたんだ、と改めて驚きました。。。


そこからさらに、ゴールした方が受付に殺到していました。

そしてじっくりとプレゼントを吟味する皆さんの姿(*^o^*)

頑張った分、「これもいいな」「こっちも可愛い!」と選ぶのも真剣です。




二人で参加していた方は、

「川越は初めて来ました。歩いて回って4時間くらいかかりましたが、

話しながら歩いていたら意外と歩けました。

蔵里のギャラリーの展示が良くてKIKONOさんに出店していたテフカさんが気に入りました。

改めて来たいお店もあったので、また川越に来たいです」
と話していました。

自転車で巡った方は、

「スタンプラリー楽しかったです♪途中休憩しながら全部見てきました。

出店者さんと話しをするのが楽しかったです。川越が地元ですが、

改めて川越を巡る機会になりました」


と笑顔で振り返っていました。

親子二人で参加した方は、

「一番街方面から周りました。初めて知るお店もあって、

スタンプラリー凄く楽しかったです。ディシプーさんも花が素敵でした」

お気に入りのお店が見つかったようです。

友達同士で自転車で参加した方は、
「川越は地元だけど、こんなに素敵なお店があるんだと初めて知りました。

cotofogさんがよかったです♪」


このスタンプラリーのために遠方から来られた方も多かったですが、
意外にも川越の方の参加も多かったです。
こういう機会があって、改めて巡ってみようと思った方がたくさんいたようです♪
自分の自転車の方に、黄緑色の自転車シェアリングで巡る方も見かけました。



「これにしよう!」

手にしたのは、そらさん作の作品でした♪


夫婦で参加した方は、
「この雑貨市にはスタンプラリーのために来ました。川越にはいろんなお店があるんだろうなと思っていましたが、散策して川越を知る機会になりました。凄くいい企画だと思います。歩く距離ですか?川越七福神巡りよりは楽でしたよ(笑)」
とのことでした。

そしてお二人が選んだプレゼントが、

「キノコが好きだから」


「可愛かったから」


と、好きな雑貨を選んで満足そうに帰って行かれました。

しろつめ雑貨店主催の川越ハンドメイドの雑貨市。

第1回目の開催で、これだけの規模でこれだけの人に訪れてもらって、

大成功だったのではないでしょうか。

特にスタンプラリーの成功は画期的。

街のあちこちで、スタンプラリーの台紙を手にしている方を見かけました。単なるスタンプラリーを超えて、川越素敵なお店巡りツアーになっていたこの企画。

しろつめ雑貨店は、川越の新たな1ページを作ったと思います♪


川越駅、本川越駅周辺から一番街まで網羅的に設定し、

各お店が雑貨市とスタンプラリーの情報発信していたことで、

まさに街中がハンドメイド雑貨市の熱気に包まれていたのを感じました。


各お店の方も、

「こんなにお客様が来られるなんて驚いた。。。」と言葉を漏らすほどで、

スランプラリーを通してお店のことを知ってもらって

皆さん喜んでいました。


川越ハンドメイドの雑貨市。

次回ももう決まっていて、2014年9月に予定されています♪

今回以上に盛り上がりそうですね。

また、雑貨に街巡りに、川越が熱くなりそうです。



もらったプレゼントを早速帽子につける人も。
「雑貨市に来てからスタンプラリーのことを知って、歩いて周りました。これ帽子に合うかな」
とプレゼントをゲット(*^^*)


紅茶の時間の及川さんもゴールし、アクセサリーを手にしていました。

みなさん長い距離を巡ってきたにもかかわらず、

笑顔でゴールし充実感いっぱいの表情で話してくれました。
また秋に、川越を巡る人の熱気に街が包まれそうです。

お楽しみに♪


「今日は3人で巡ってきました。柄が素敵だなってこれにしました!」




「5人で歩いて周りました。楽しかったですよ♪」



山のようにあったプレゼントも、ほとんどなくなるくらいの盛況ぶりでした。。。

ようやく、街を上げての本格的なスランプラリーが

川越で定着していきそうです♪


読者登録してね

いいね!した人  |  リブログ(0)

「川越style」編集部 SHINさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります