時は止まる君は美しい

巡りあった美しい人達の記憶を重ねます・・・
B面ブログ「扉・鎧戸・宵の口」も始めました。

NEW !
テーマ:

 

「誰も悪くない」

 

2015年トッド・ヘインズ監督パトリシア・ハイスミス原作作品。(アメリカ)

1950年代、まだ、「レズビアン」という存在自体が黙殺されていた時代が舞台。

 

 

ケイト・ブランシェット様ルーニー・マーラ様が一目逢ったその日からに落ちちゃう。

いいとこの奥様のケイト様が、娘の為に、クリスマスプレゼントを買いに訪れる、

おもちゃ売り場の店員さんが、ルーニー様こと、テレーズ。

 

 

奥様が忘れて行った美しいレザーグローブを送って交流が始まる。

 

 

ケイト様は、以前、友人とも恋仲になった過去があり、

テレーズとの仲を知った夫は、

別れるなら単独親権を要求し、話し合いはこじれる

 

 

ルーニー様は、かねてより関心があった写真を、

ケイト様こと、キャロルを撮ることで、一歩踏み出していく。

 

 

 

旅に出た二人を、夫が雇った男が追い、恋人関係である証拠をつかむ。

 

 

テレーズと別れ、一人、先に旅から戻るキャロル。

 

 

 

キャロルは、親権もいらないし、娘は夫が引き取る方がいいと思うけれど、

面会権だけは、立会人同伴でもいいから許して欲しい、と離婚に踏み切る。

そして、テレーズの元を再び訪れる。

特典映像で語られていましたが、登場人物すべて、悪者はいないんですよね。

いかに、子供に、自分に、誠実に生きるか、で。

 

 

撮影はフィルムで行われ、水の中であがくような二人が、ざらつきのある画面に映し出される。

ヘインズ監督らしい、撮影へのこだわり、色彩の印象が残像で残ります。

+1は、「そりゃあ、参っちゃうよね」な、ケイト・ブランシェット様のお美しき一枚を。

 

 

お顔、全然似てらっしゃらないのに、時々ジーナ・ローランズ様っぽいなあ~と思ったら、

インタビューで、好きな女優の一番にあげてらした。納得。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
 
まだまだ忘れてる気がする・・・

 

Faye Dunaway様

 

Jessica Lange様

 

Yoko Ono様

 

Cathine Deneuve様&Chiara Mastroianni様

 

Carole Lombard様

 

Alida Valli様

 

Sophia Loren様

 

Maggie Smith様

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 

大切なこと・・・

 

2006年トッド・フィールド監督作品(アメリカ)

ケイト・ウィンスレット様パトリック・ウィルソン様ジェニファー・コネリー様

 

 

今度はボストンの郊外が舞台。

順調なビジネスマン、3歳の娘と移り住んできたケイト女史。

このお方の常として、生活に不満あり。人生が物足りない

 

 

前作に続いてご登場、ジェニファー・コネリー様妻は、成功したドキュメンタリー作家

こちらのお家では、ウィルソン様旦那が、司法試験に2回落ちて、

育児しながら3回目へと待機中。日々、気が重い

 

 

公園デビューしても、ママ友とずれて、上手くいっていないケイト女史。

 

 

ママたちの密かなアイドル、ウィルソン・パパと、ふとした機会から、交流が。 ↑ このキスはわざと。

(ケイト女史のツナギ姿。これはないでしょう~。

二人は、充たされない家庭生活の反動の様に惹かれ合っていく。 

 

 

両家が食事をとることになった日に、ジェニファー妻は「確信」する。

いやあ、ジェニファー妻がいて、ケイト女史と浮気って、旦那、強烈な趣味

 

 

そんな街に、幼児性犯罪を犯した、ロニー・マゴーヴィーが釈放され戻って来て人々は騒然

ウィルソン・パパのスポーツ仲間の元警官は、過激なまでにマゴーヴィー再犯注意運動を。

 

 

彼自身も、警官時代に、少年を誤射して死亡させた過去が。

二人が遂に駆け落ちへと進もうとするその日夜、

マゴーヴィー警戒を呼び掛けるマイクロフォンで近所中に喚き散らすという事態に。

抗議に出た、老いたマゴーヴィーの母は、発作を起こし亡くなってしまう。

死の間際、「いい子でいてね」との遺言書を書き残して。

 

 

 

それを読んで、マゴーヴィーが家を飛び出して向かう公園には、

ウィルソン・パパを待つ、ケイト女史が。

恐怖に固まったケイト女史も、「僕を愛してくれたただ一人の人、ママが死んだ」という、

マゴーヴィーの言葉に、心がどこか動かされる。振り向くとブランコに居た娘の姿がない。

ウィルソン・パパは、公園へ向かう途中、いつも見ていた若者のスケートボードに誘われ、

いきなり、階段ダイヴ、負傷。救急車に運び込まれながら「妻に知らせてくれ」

ワンエピソードとして、ケイト女史が誘われた読書会での作品が「ボヴァリー夫人」

 

 

ある意味、人生不満は色々あれど、一番大切なものは?という、

悲劇に終わらない「ボヴァリー夫人」のような作品でした。

+1枚は、昨日に続き、一番大切な愛を体現する、ケイト女史のの姿を

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今上天皇ご夫妻のご傷心に関する記事

 

今上天皇陛下ご退位についての「有識者会議」の内容で、

天皇陛下の「お言葉」が、まるで通じていないことに、

ご夫妻ご傷心だという記事拝読しました。

 
 
 

何でも、「有識者会議」では「天皇は祭祀だけしていればいいんだ、

それなら、退位なんてしなくていい」という意見まで出たとか。

みどり、特別、皇室に関して、昭和の時代、「国の象徴」という、

教科書通りのイメージしかありませんでした。敬愛の気持ちとか、意識したことなかった。

美智子妃殿下民間から嫁がれて、あの時代、どれだけご苦労なさってらしたか。

 

 

平成の御代になり、お歳を召されたご夫妻が、

天災があれば、被災地に赴かれ、

先の戦争に対しては、戦没者慰霊の旅を続けられるお姿に、

初めて「有難い」という想いを抱きました。

 

 

 

 

 

古来よりの伝統を継承するという事だけでも、

「有識者」が仰るような、楽なことではないと思います。

その上、国民を第一に、心を寄り添わせて、自らのご体調をおしてまで、

各地を巡られるお姿には、有難く、頭が下がるとしか言いようがありません。

うちの母なんて、50台で既に、膝をついて座るなんて無理って言ってましたよ。

 

 

 

震災時も、被災地なんて、さっさと視察して済ませ、オリンピックに力を注ぎたい、

みたいな姿勢を感じた、政治家諸氏とは大違い。

退位に関しては、今回だけが特例というのでは意味がないという、

お気持ちをお持ちだとの、今回の報道でした。

「先」を考えると、その通りで、御自分を理由に、これから予測される事態を、

考え尽くしての「お言葉」だったように思います。

どれだけの想いを込めて、考え、お話になられたか。

 

 

それに対する、有識者会議って、どういう基準人選されたのか?偏りはないのか?

政治家にとって、都合のいい人間を集めただけじゃないのかと疑ってしまいます。

とりあえず、目先の問題だけをやり過ごして、他はお得意の先送り

「国の象徴」として、ずっと尽くして下さったご夫妻に対し、あまりな対応。

 

 

限りないお気持ちをお持ちくださって、国民の為に尽くしてきてくださったご夫妻が、

ご安心下さって、これからの時間を、穏やかにお過ごし頂けることを祈ってしまいました。

重すぎる肩の荷を、少しでもおろされて、お二人でこんなお時間を・・・の+1枚でした。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

一瞬が人生を変える

 

2007年テリー・ジョージ監督作品。(アメリカ)

ホアキン・フェニックス様ジェニファー・コネリー様エル・ファニング様

マーク・ラファロ様ミラ・ソルヴィノ様他。贅沢な配役が映画に現実感を織りなしています。

 

 

ホアキン様演じる大学教授の家族は、コネチカットの田舎で暮らす。

を捕まえて瓶に入れて帰る途中、娘が「飼っていい?」と問うのに、

「長くは生きられないから、放してあげなさい」と、ジェニファー様の母。

娘がトイレに行きたいと言うので、ガソリンスタンドに寄った時、

息子が、蛍を放してやる。ふわりと飛んでいく蛍。

田舎町唯一の弁護士事務所の弁護士ラファエロ様はソルヴィノ様と離婚組。

息子との面会日に野球観戦に連れて行くが、延長線になり帰りが遅れる

何度も電話して来る元妻の家へと車を飛ばし急ぐ中、また携帯電話が鳴る。

気を取られたその一瞬、蛍を放した少年を轢いてしまう

 

 

 

一瞬の躊躇いの後、走り去り逃げてしまう弁護士。

即死した息子への想い、逃げてしまった弁護士の想い。

 

 

 

元妻ソルヴィノ様は、教授の子供たちに音楽を教える教師。

純粋に少年の死を悼む気持ちで家族に接する。

少年の母は、自分の言葉で息子が蛍を放しに行ったことで自分を責める

 

 

警察の捜査が進まない為、弁護士事務所へ行く教授。担当となってしまう弁護士。

狭い町ならではで、それぞれに関係が生じ、

答えの出ないやるせない想いが交錯し、もつれて行く。

 

 

 

やがて、一瞬垣間見た犯人の面影が重なり、弁護士と気付く教授。

 

 

ソルヴィノ様の勧めで、学校の発表会で、亡兄の為にピアノを弾く娘

自首を念頭に、父が録画した、息子へのビデオレターを見つける息子。

取り返しがつかない「事故」を乗り越える力がどこから来るか。

 

 

映画の写真を集めていたら、実際の事故の写真が多く掲載されていました。

この話は小説の映画化だけれど、家族に降りかかる不幸は意外と身近なことかもしれない。

その瞬間、関わる人すべての人生が変わる

痛みは変わらない中、乗り越えるのに必要なは何処から来るか・・・

+1枚は、それを考えさせられる娘のピアノを弾く姿を。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。