時は止まる君は美しい

巡りあった美しい人達の記憶を重ねます・・・
B面ブログ「扉・鎧戸・宵の口」も始めました。

NEW !
テーマ:

 

本日の一枚☆

 

「ハンガー」プロモーションでのお写真でしょうね。

大好きな作品です。 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

参加してます☆

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

東京から心配のお声、有難うございます☆

 

腰痛に続き、今度はものもらい。うざったい夏を過ごしております。

で、あまりにサボり続きの当ブログ。

東京の友人が、生きてるか心配になるから、同じ記事の再アップでいいから、

アップして、生存を確認できるようにしてよ、と、有難いお言葉を頂きました。

なので、その手で行くか???ですが、本日は、新記事、アップします~!

 

「Gods and Monsters(ゴッド・アンド・モンスター)」

1998年、ビル・コンドン監督作品。

 

 

Ian McKellen(イアン・マッケラン)様、

Brendan Fraser(ブレンダン・フレイザー)様、

Lynn Redgrave(リン・レッドグレイヴ)様等々。

はいもう、マッケラン様、思う存分どうぞ、な作品であります。

 

 

 

 

ブレンダン・フレイザー様は、コメディタッチが入った作品が好きですの。

 

 

 

しかしここは、マッケラン大先生の、嬉し恥ずかしのペット君として、

体型を生かした名演、お願いしますって一本???

 

「STREET KINGS(フェイク シティ ある男のルール)」

2009年、David Ayer(デヴィッド・エアー)監督作品。

 

 

Keanu Reeves(キアヌ・リーヴス)様、

Hugh Laurie(ヒュー・ローリー)様、

Forest Whitaker(フォレスト・ウィテカー)様等々。

 

 

 

原案が、ジェームズ・エルロイ様なんですなあ。微妙・・・

いやもう、もう、目的はハウス先生こと、ヒュー・ローリー様のご出演。

 

 

しかも、初登場シーンがER?これだけで、大満足とも言えるかも。

 

 

 

エルロイ様が絡むと、大外れの時もあったので微妙~、と、

あらかじめ、心理的予防線をはって拝見したので、思ったより面白かった?

でもねえ、キアヌ様のお目目って、可愛いわんこさんみたいで、ほのかな悪の味は弱い?

 

「Scoop(タロットカード殺人事件)」

2006年、Woody Allen(ウディ・アレン)監督作品。

 

 

Scarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)様、

Hugh Jackman(ヒュー・ジャックマン)様、

Ian McShane(イアン・マクシェーン)様等々。

 

 

 

 

意外と好みな、ヒュー・ジャックマン様。ソフィスケイトに唄って踊れてクラッシックだな~と。

しかし、ご出演作品が、「観たい!」というのがなくて、久々の拝見。

 

 

でもね、他の場面では、抑え目ファッションのスカジョ様の、赤い水着が一番印象深かった。

 

 

軽妙洒脱なコメディで楽しいのですが、・・・みどり、やっぱ、アレン監督、

ご出演でない作品の方が好きみたい???

 

「BABYCALL/THE MONITOR (チャイルドコール 呼声)」

2013年、ポール・シュレットアウネ監督作品。

 

 

Noomi Rapace(ノオミ・ラパス)様、

Kristoffer Joner(クリストッフェル・ヨーネル)様等々。

 

 

 

 

「ドラゴンタトゥの女」の本国版、よかったよなあ~と、

ノオミ・ラパス様ご出演作にふらふらっ、手を出しちゃった。

 

 

いやあ、陰気な雰囲気が似合うお方ですわあ。

笑っても怖い。

 

 

似たようなテーマで、スケールを大きくしたら「シャッターアイランド」???

 

「Vicky Cristina Barcelona(それでも恋するバルセロナ)」

2008年、Woody Allen(ウディ・アレン)監督作品。

 

 

Javier Bardem(ハビエル・バルデム)様、

Rebecca Hall(レベッカ・ホール)様、

Penélope Sánchez(ペネロペ・クルス)様、

Scarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)様等々。

バルデム様、もてもて編でありますねえ。嗚呼欧羅巴。

 

 

ペネロペ様がアカデミー賞お取りになったけど、どの女優さんも「らしく」てナイス。

 

 

 

 

年月のなせる業というか何というか、最近、アレン翁作品、

ヒッチコック監督作品は安心して拝見出来る・・・そんな、

常備薬的な存在になって来たような???

 

 

 

昔はちょっと苦手だったのになあ。

翁はもちろん、みどりもおばばになりました。

それにしても、この御夫妻、お顔の大きさが倍半分だわ~。

でいてかっこいい。嗚呼、欧羅巴。

 

それではまた、次回も追いつかない備忘録、続きます。 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

参加してます☆

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

フィルムマラソンinベッドは続く・・・

 

「Scent of a Woman(セント・オブ・ウーマン/夢の香り)」

1992年、マーティン・ブレスト監督作品。

 

 

Al Pacino(アル・パチーノ)様

Chris O'Donnell(クリス・オドネル)様

Philip Seymour Hoffman(フィリップ・シーモア・ホフマン)様等々。

 

 

 

 

やはりタンゴの場面、車暴走場面に息をのみます。

 

 

 

が、今まで意識してなかった。オドネル様を裏切る上流階級友達が、

フィリップ・シーモア・ホフマン様だああああ。学生。「マグノリア」に続いての再会。

いえ、ホフマン様に青春があって当然なんですが、何気に驚きました。

 

「What Ever Happened to Baby Jane?(何がジェーンに起こったか)」

1962年、ロバート・アルドリッチ監督作品。

 

 

Bette Davis(ベティ・デイヴィス)様

Joan Crawford(ジョーン・クロフォード)様等々。

 

 

 

↑ 役に立ちそうで、邪魔にしかならないお隣さん、最高。 

 

 

山岸涼子先生版「八月の鯨」???

 

 

 

 

映画より恐い?プロモーション写真、堪能出来ました。

 

「Stoker(イノセント・ガーデン)」

2013年、パク・チャヌク監督作品。

 

 

Mia Wasikowska(ミア・ワシコウスカ)様

Nicole Kidman(ニコール・キッドマン)様

Matthew Goode(マシュー・グッド)様等々。

 

 

再見作品が多い中、こちらは初見。あ~チャヌク監督だったのか・・・やられた。

韓国映画、あまり拝見してないんだけど、拝見したのは、この監督が多い。

 

 

 

 

 

仏頂面が似合う女優、ミア・ワシコウスカ様、ぴったり。

 

「The Usual Suspects(ユージュアル・サスペクツ)」

1995年、ブライアン・シンガー監督作品。

 

 

Gabriel Byrne(ガブリエル・バーン)様

Kevin Spacey(ケヴィン・スペイシー)様

Benicio del Toro(ベニチオ・デル・トロ)様等々。

 

 

 

 

「Dr.House」でもハウス先生が、「カイザー・ソゼはケヴィン・スペーシーだぞ」。

この台詞、何度か色々な映画で聞いたような・・・

 

 

 

しかし、毎度思う。カイザー・ソゼ場面にあのお顔をモンタージュしたい。

わざわざ、超ロン毛。

 

「Zig-Zig(恋のモンマルトル)」

1975年、ラズロ・サボ監督作品。

 

 

Catherine Deneuve(カトリーヌ・ドヌーヴ)様

Bernadette Lafont(ベルナデット・ラフォン)様等々。

 

 

 

邦題って難しいよねえ、の、配給会社の大変さを想ってしまう?一作。

封切で拝見して、パンフレット、サントラ・レコードが揃ってる我が家・・・

 

 

 

まだ、「蒲田行進曲」当時の慶子松坂様位だった、

カトリーヌ・ドヌーヴ様が、友人とキャバレーで唄い踊り、陽気な娼婦も。

 

 

 

こちらも、プロモ写真発見。

70年代のフランス映画のこ洒落た味わい、切なさが素敵な一作。 
 

休みは休んでばかりで、だから、映画は沢山拝見してるんだけど、

パソコンをなかなか開けられないので、備忘録は続く、って感じでござる。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

参加してます☆

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

鎮痛剤とハウス先生の妙

 

腰痛、養生続行中のみどり。

 

 

一気に拝見したいと置いてあった「House」の、

ラスト2シーズンと、遂にご対面。

鎮痛剤中毒のハウス先生と、鎮痛剤友達???

 

 

 

 

うん、この2シーズンは続けて拝見してよかった!でありました。

根暗なみどりにベストマッチなラストシーン☆

 

 

で・・・今度はシーズン5に戻って拝見中。

 

 

 

 

 

 

ハウス先生の飛び切り腐れ縁、ウィルソン先生役、

Robert Sean Leonard(ロバート・ショーン・レナード)様。

 

 

 

 

「Swing Kids(スウィング・キッズ)」のみのご縁かと思っていたら、

ここで一発、萌えさせてくださいましたわ。

 

 

ウィルソン先生のオフィスに飾ってある映画ポスター、

一作は、「めまい」ですぐわかるんだけど、他2作がわからない。

全部ヒッチコック監督作品か?嗚呼、疑問。

 

 

 

 

 

 

↓ チェイス医師とのツーショット、思わず拾って来ちゃいました。 

 

 

こちらはハウス先生とわんこさん。

 

 

海外ドラマで、全シリーズDVV購入した唯一の作品?

 

 

 

 

繰り返し、拝見出来そうです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

参加してます☆

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

仕事の日以外、倒れてる

・・・ので、映画は観た・・・

 

「A MONTH BY THE LAKE(湖畔のひと月)」(1995年、イギリス)

 

 

「MAGNOLIA(マグノリア)」(1999年、アメリカ)

 

 

「木曜組曲」(2002年、日本)

 

 

「L'Heure d'été(夏時間の庭)」(2008年、フランス)

 

 

「AGATHA CHRISTIE'S ENDLESS NIGHT(エンドレスナイト)」(1971年、イギリス)

 

 

「Le Placard(メルシイ!人生)」(2001年、フランス)

 

 

「PAINTED LADY (ペインテッド・レディ~肖像画の淑女~)」(1997年、イギリス)

 

 

My Little Princess(ヴィオレッタ)」(2011年、フランス)

 

 

「Rabbit Hole(ラビットホール)」(2010年、アメリカ)

 

 

The Mechanic (メカニック)」(1972年、アメリカ)

 

 

「Philomena(あなたを抱きしめる日まで)」(2013年、イギリス)

 

 

「Sunset Boulevard(サンセット大通り)」(1950年、アメリカ)

 

 

「宮城野」(2010年、日本)

 

 

「No Strings Attached(抱きたいカンケイ)」(2011年、アメリカ)

 

 

「あなたを抱きしめる日まで」・・・

「あなたたちを記事に出来るまで」???

目次だけで限界の、意気地なしみどりでありました。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

参加してます☆

 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。