2009-04-28 01:03:14

血液型性格判断・ニセ科学・差別、あるいは「科学」と「価値」

テーマ:血液型性格判断
 きくちさんのこのインタビュー記事 をきっかけに、あちこちで血液型性格判断に関する議論(というかなんというか)がまきおこっているようですね。私のところへのリンクを貼っていただいたり、あるいはブクマの関連エントリということで飛んで来られる方もそれなりにいらっしゃるようです(というか、ログを見てて気がついた。ちょっとまた忙しくて、こんなにあちこちで騒がれていると気付いてなかった)。
 で、ちょびっとだけ見て、いくつか気になったことがあるので、過去エントリへのリンクを示しながら、簡単にコメントしたいと思います。

 血液型性格判断はニセ科学でもあるし差別とも絡んでいます。これはTAKESANさんが主張されている通りですね。人によって重点の置き方は違うけれども、でもまあ「差別」であるということはほぼ自明であるので、今更あまり論じられてこなかったのだと思います。それはもちろんネット上でのことで、血液型性格判断を取り上げている(批判的にですよ、もちろん)心理学関係の書物などでは、たいてい差別のことにも触れられています。
 いやもちろん「自明」だとは言えないのが残念ながらいまの社会的状況ではあるのでしょうけれどもね。
 私も差別に関しては以下のエントリで取り上げたことがあります。
   血液型性格判断前史
   『AERA』11/19:血液型性格判断を肯定

 メディアということでは、これも関係するでしょう。
   血液型と性格に強い関係はないことがわかっています
   『an・an』の血液型特集:ダメだこりゃ

 これらをふまえた上で、では科学的には「血液型と性格」の関係はどうなっているのかについて、以下を見ていただければと思います。
   「血液型と性格」論文レビューをするにあたって
   「血液型と性格」の正しい理解のために:松井(1991)その1
   「血液型と性格」の正しい理解のために:松井(1991)その2

【ニセ科学であることと差別であること】
 「血液型と性格」も、ある意味「水伝(水からの伝言)」と似たような面を持っていると言えるでしょう。
 「水伝」において、(A)その道徳の部分(あるいは価値判断の部分)である「ありがとうと言いましょう」を導くために、(B)「『良い』言葉をかけると『綺麗な』結晶ができる」、という「ウソ」をついたわけです(提唱者である江本勝が自覚しているかどうかはわかりませんが)。「水伝」の価値判断に関わる部分は、その「ウソ」がウソであると判明した時点で崩れ去ります(論理的には)。
 ここで、価値判断の部分は、単に「ありがとうと言いましょう」にとどまりません。「たかが」水に、高度に発達した精神活動を行う人間の意思を従属させるという問題、人間関係から生じ、また人間関係そのものとも言える「言葉」そしてその意味付けを、人間から独立した存在に委ねることの危険性。論理的につきつめて考えていけば、「水伝」の価値判断そのものが、大きな問題を抱えているということに気付くはずです(これらについても多くの議論の蓄積があります)。
 そして、この「水伝」の価値判断が問題であるということは、仮に「良い」言葉が「綺麗な」結晶を作ることが本当だったとしても、問題であることは論を待たないでしょう。Bが成り立たなければAは崩れ去りますが、Bが成り立とうが成り立つまいが、AはAとしてそれ自身で問題なわけです。

 血液型性格判断においても、社会における受容の仕方を見てみれば、同様に(a)血液型で人物を判断するという「差別」の部分と(b)血液型と性格に強い相関があるという「ウソ」の部分があるわけです。ここで a の中身を見てみれば、就職差別や人事における差別という明らかに問題となることもあれば、人間関係がうまくいかないことを血液型の「相性」のせいにしてしまうという、コミュニケーションの観点からはまさに「退廃」としか言いようのない結論を導くことも含まれるわけです。 a が成り立つためには b が成り立っていないといけないのは自明です。だから、多くの人は b について、つまり血液型性格判断のニセ科学性について言及する。だが、たとえ b がウソではなく、強い相関があったとしても、それを理由にやってはいけないことってのは世の中あるわけです。

 「水伝」の場合には、Aの部分の問題が結構入り組んでいて、問題が問題としてあまり気付かれにくいという面がありました。それに比べると、血液型性格判断の場合の a の問題はあまりにもわかりやすく、もはや論じるまでもない、というところでしょうか。

 というわけで、血液型性格判断に関しては、「ニセ科学」でありかつ「差別」の問題であると言えるのです。そして、血液型性格判断のニセ科学性を批判する人の多くが、その根底には「差別」という問題があると捉えている、という印象を私は持っています(持ってない人もそりゃいるでしょうけど)。批判することで優越感を持つ人がいるのかどうかは知らないけれど、言ってることが理にかなっているならば、その人が優越感を持ってたって別にいいんじゃないですかね?大事なのは、血液型性格判断がきちんと批判され、この社会において、重要視されなくなるということなんじゃないでしょうか(人に反感を持たれるような優越感があるとすれば、それはちょっと困りものですが)。

【「血液型と性格」と「性格の定義」について】
 さて、科学としての血液型の問題の方にいったん焦点を絞りましょう。
 そもそも「性格」ってなんでしょうか。定義できるもんなんでしょうか。
 無論、それについては色々な議論があります(『モード性格論 』あたりを見るのが良いかと思います)。が、いちおう主流の考えは考えとしてあるわけです(ごく大まかには5つに分類される、という、ビッグファイブ仮説)。もちろん10年後にどうなっているかはわかりません。が、多くのプロの研究者が妥当であろうと「今」考えていることを蔑ろにすることが建設的とはとても思えません。なので、自己評定により性格を定義し、それと血液型の相関について調べるというのは十分に意味があります。
 もし、このレベルで相関があるとは言えないということになれば、「自己評定による性格」は血液型との強い相関がないということになります。では、その場合、血液型性格判断が生き残るにはどういう道があるでしょうか?
 一つ考えられるのは、本人による評価ではなく、他人による評価でしょう。
 しかし、これを調査するのはかなり大変だと思われます。ですので、相関があることを示すということ自体がとても大変になります。そして、そのような調査結果は(私の知る限り)ありません(もしかしたらあるかもしれませんが)。それに、もし他人による評価が本人による評価と強い相関があれば、結論は結局変わらないことになります。
 では、そもそも性格など定義できないとしたら?となると、「血液型と性格」の相関を論ずること自体に意味がなくなります。つまり、「血液型と性格に強い関係がある」という言明は事実に反するわけです。事実に反することを、さも科学的根拠があるように主張するわけですから、結局「血液型性格判断はニセ科学だ」ということになりますよね。
 こういったことは、kikulogの「血液型と性格」1、2、3 (リンクは「3」にはってあります)の3000コメントに及ぶ議論の中ですでに出されていることでもあります。

【科学と価値】
 ここでちょっと視点を変えて、先日「ニセ科学批判」界隈で議論になっていたことに目を転じてみましょう。たとえば反社会的な宗教を科学の立場から(あるいはニセ科学批判の一つとして)批判することはどういう意味があるでしょうか?
 オウムのようなカルト集団は、その根本の教義の部分では完全にオカルトであり、事実に即するかどうかという話よりも、いかに教祖に帰依するか、のような「価値判断」そのものがコアになっていると言えるでしょう。しかし、それを根拠づけようとして様々なニセ科学的言説が散りばめられます。
 科学(あるいはニセ科学批判)にできるのは、そのような「ニセ科学的言説」を批判することだけです。(客観的な)事実関係とは独立した価値判断については、どうしようもありません。
 逆に、どうかできちゃったら困ったこともおきるわけです。つまり、価値判断と科学的真偽が切っても切り離せないものだとしたら、たとえば「ありがとう」と言ったら綺麗な結晶ができるなら、我々は「水伝」に従わないといけないのでしょうか?そしてようやく本題に戻りますが、血液型と性格に強い相関がもしあったとしたら、血液型で差別されることも容認しないといけないのでしょうか?
 客観的な事実関係と、価値に基づく判断を分離しておくことは、実は我々人間の「価値」そのものを守ることにもつながるのだと思います。たとえば「体に悪いものほど美味しい」なんて言いますが、体に悪いものを自分の判断で食べるのは「悪」なのか?だとすれば、人間の文化って一体なんなんだ?ということになるでしょう。
 たとえ血液型性格判断に科学的根拠があったとしても、血液型で人を判断してはいけないんです。それが人間が長年の経験から産み出してきた智慧であり、文化なのではないでしょうか。

【おわりに】
というわけで、簡単にと言いつつついつい書き過ぎてしまいました。長文すいません。
 簡単にコメントするだけのつもりでしたので、今回は「血液型性格判断はエセ科学問題ではなく差別問題だ 」(狐の王国さん)と「血液型性格判断がニセ科学だなんてニセ科学だぜ 」(sonickhedgeさん)のエントリ、及びこれらへのブックマークコメントを見てこのエントリを書きました。
 ちなみに「ソース出せ」が出ましたね。「「血液型と性格」論文レビューをするにあたって 」で表明していた懸念が現出しました(苦笑)。具体的にどういう研究がされているかをちょっとでいいので見ていただければと思います。

 こんなに長く書くつもりはなかったので、本来参照すべきブログ・エントリがいくつもあるのですが、省略します。すみません。一つだけ、割と最近のエントリで、差別について論じているものがありますので、参考までにそこにだけリンクはらせていただきます(「「血液型性格判断」批判 前編:ニセ科学批判の練習問題 」(みつどん曇天日記);後編もぜひ)。

(追記)TAKESANさんとこのエントリ「色々説明 」が、上記sonickhedgeさんのエントリについての詳しい説明になっていますので、ご覧いただくとわかりよいかと思います。それと、後半には血液型性格判断に関する膨大なリンク集がついています(私も目を通したことがないものもあったりします)。どれだけ膨大な議論の蓄積があるか、感じ取っていただければ…と思います。
「モード性格」論―心理学のかしこい使い方/サトウ タツヤ
¥1,890
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(263)  |  リブログ(0)

FSMさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

263 ■Re:感想の続きです

>ABO FAN さん

よく、ABO FAN さんの書込を見ていると
>血液型性格項目の自己認知に及ぼすTV番組視聴の影響
> 山岡 重行(聖徳大学人文学部)
> →血液型によりデータの差が見られた
を目にします。

実際にそのPDFを読んでみたのですが、
「血液型によりデータの差が見られた」というようには
読み取れないのですが、どこの文面でしょうか。


ここを読むと納得できますので、
ここを読まれてからコメント頂けると助かります。

>ABOFANクンの読解力は絶望的だ
>http://naked-kings.blog.so-net.ne.jp/2008-11-19

262 ■勝手に補足

zororiさんのコメントに(勝手ながら)補足です。

1.能見さんの「調査」みたいないいかげんな調査ではダメですよ(zororiさん#261の3つめのパラグラフの件)。

2.差別と思ってる人がほとんどいないから差別じゃない、なんてのもダメですよ。ABO FANさんもユダヤ人迫害は差別であるとお考えだと思いますが、当時、ユダヤ人迫害をしていた多くの人々は(ドイツに限りませんよ)、自分は差別をしていると自覚していたでしょうか?そこのあたりも是非ABO FANさんには考えていただきたいところです。

261 ■差別

「人を避ける日本人、避けない中国人」だの「疑い深いは白人のつね」だの「察しはないが人情の黒人」などの傾向があるなんて言えば差別でしょう。

「そういう傾向があると言っているだけである」、「国や人種だけで性格が決まるとは言っていない」などという言い訳が通じるわけがありません。というよりも、およそ差別とは「そういう傾向がある」としかいいません。「日本人は一人残らず○○である」という間抜けな差別は聞いたことがありません。

それから、「几帳面」とか「マイペース」などについては調査されたのかもしれませんが、上記のような性向が調査されたのでしょうかね。勝手に推測しているだけじゃないでしょうか。このように僅かな調査から連想ゲームのように妄想が暴走するのも差別の特徴だと思います。

260 ■> ABO FANさん[248]

> よく読んでみてください。○○の傾向がある、ということですよ。
> また、1つの血液型で複数の傾向もありますよ。

あなたの好きな『朝日ジャーナル』の当該記事からの引用です(p.90の1~2段目)。
---
彼(引用者注:能見のこと)は「血液型十戒」という教訓を掲げている。しかし、能見氏自身この十戒を破って危険区域に進出しているのである。
---
そういうことです。

259 ■無題

きめつけだよ。

258 ■FSMさん[257]

>> 能見さんや私は、血液型で人を決めつけるなんてしてませんから「差別」ではありません。
> やってるじゃん!!
> 「人を避けるA型、避けないB型」だの「疑い深いはA型のつね」だの「察しはないが人情のB」だの決めつけまくりやないか。

よく読んでみてください。○○の傾向がある、ということですよ。
また、1つの血液型で複数の傾向もありますよ。
普通は、それは「決めつけ」とはいいませんよ?
よろしいでしょうか?

257 ■> ABO FANさん[256]

> 能見さんや私は、血液型で人を決めつけるなんてしてませんから「差別」ではありません。

やってるじゃん!!
「人を避けるA型、避けないB型」だの「疑い深いはA型のつね」だの「察しはないが人情のB」だの決めつけまくりやないか。

> しかし、FSMさんが「差別だ」というなら、「行動心理学をわからない」ことになります。

いや~なんか香ばしい論理だなあ。ABO FANさんにしか理解できないんじゃない、これ?

256 ■FSMさん[255]

> 差別の根拠を質問したから差別者だと言っているのではありません。血液型で人を決めつけるという明確な差別に対し、社会問題になっていないから差別ではないなどと言って差別を用語するから差別者だと言っているのです。わかりましたか?

いいえ。
能見さんや私は、血液型で人を決めつけるなんてしてませんから「差別」ではありません。
それでもFSMさんが「能見さんや私は、血液型で人を決めつける」というなら、それは個人の主観ですから、何でも「差別」になってしまいます。
よろしいでしょうか?

>> では、FSMさんは、行動心理学をわからない、ということでよろしいですね?
> 差別だ。:p

???
仮にFSMさんが「行動心理学をわかる」なら差別ではありません。
しかし、FSMさんが「差別だ」というなら、「行動心理学をわからない」ことになります。
よろしいでしょうか?

255 ■> ABO FANさん[254]

> 私が「差別」の根拠を質問すると、「差別を推進する差別者」になるというのは、腑に落ちません…。
> なぜでしょうか?

差別の根拠を質問したから差別者だと言っているのではありません。血液型で人を決めつけるという明確な差別に対し、社会問題になっていないから差別ではないなどと言って差別を用語するから差別者だと言っているのです。わかりましたか?

> >> 単純に、FSMさんが、行動心理学をわからない、ということではないでしょうか?
> > 私が行動心理学をわかっているかどうかということとは独立に、ABO FANさんの論理が破綻しているということです。
>
> では、FSMさんは、行動心理学をわからない、ということでよろしいですね?

差別だ。:p

254 ■FSMさん[253]

>> つまり、社会問題としての「差別」ではありません。
>> どうしても、というななら、現時点では個別に対応するのが妥当かと思います。
> そうですね。今後はより積極的に告発していくことにします。
> あなたは血液型による差別を推進する差別者です。積極的にそういうつもりで議論しますのでよろしく。社会問題にしていきます。

???
私が「差別」の根拠を質問すると、「差別を推進する差別者」になるというのは、腑に落ちません…。
なぜでしょうか?

>> 単純に、FSMさんが、行動心理学をわからない、ということではないでしょうか?
> 私が行動心理学をわかっているかどうかということとは独立に、ABO FANさんの論理が破綻しているということです。

では、FSMさんは、行動心理学をわからない、ということでよろしいですね?

253 ■> ABO FANさん[252]

> つまり、社会問題としての「差別」ではありません。
> どうしても、というななら、現時点では個別に対応するのが妥当かと思います。

そうですね。今後はより積極的に告発していくことにします。
あなたは血液型による差別を推進する差別者です。積極的にそういうつもりで議論しますのでよろしく。社会問題にしていきます。

> 単純に、FSMさんが、行動心理学をわからない、ということではないでしょうか?

私が行動心理学をわかっているかどうかということとは独立に、ABO FANさんの論理が破綻しているということです。


252 ■FSMさん[251]

FSMさん、こんばんは。

> だから、差別だという自覚もなければ、そこまで深刻に思っている人も少ないという現状がそこに示されているわけです。

まさにおっしゃるとおりです。
つまり、社会問題としての「差別」ではありません。
どうしても、というななら、現時点では個別に対応するのが妥当かと思います。

> ABO FANさんみたいな発言を見れば見るほど、私は血液型性格判断が差別であるということをもっともっと訴えなければならないと思いますよ。

はい、どうぞ訴えてください。
それは、個人の自由ですので。
ただ、現時点では「社会問題」になっていないのは、明らかだと思います。

>>> やはり、行動心理学はご存じないようですね。
>> > どうしてこういう返答になるのだか…。
>>
>> いや全く、どうして知らないても、問題ないことになるのだか…。
>> 渡邊さんとの議論を読むには、必須の知識のはずなのですが。
> この文章が、論理が破綻していることを示す格好の例になっていますね。

そうでしょうか?
単純に、FSMさんが、行動心理学をわからない、ということではないでしょうか?

251 ■> ABO FANさん[247]

> ???
> 血液型本を「読まない人」にも理由を聞いているのですが?
> もし、差別と思うなら、そう回答するはずですが?
> それにしては、低すぎるデータですよね?

だから、差別だという自覚もなければ、そこまで深刻に思っている人も少ないという現状がそこに示されているわけです。しかし、少なければいいということではないでしょう?その昔、部落差別を差別だと思っていた人は多数派だったでしょうか?アメリカだって、つい数十年前までは堂々と黒人差別をしていましたよ。壮絶な運動があって、人々が(たとえ自分が加担していなかったとしても)その差別性に気付き、社会が変革されていったのです。
 ABO FANさんみたいな発言を見れば見るほど、私は血液型性格判断が差別であるということをもっともっと訴えなければならないと思いますよ。

> >> やはり、行動心理学はご存じないようですね。
> > どうしてこういう返答になるのだか…。
>
> いや全く、どうして知らないても、問題ないことになるのだか…。
> 渡邊さんとの議論を読むには、必須の知識のはずなのですが。

この文章が、論理が破綻していることを示す格好の例になっていますね。

250 ■> Oblivionさん

いらっしゃいませ。
またループになりそうですが、ここを使っていただいて構いませんので。

249 ■Oblivionさん[248]

Oblivionさん、こんばんは。
ごぶさたしております。

ただ、今回も抽象的な文章ですので、申し訳ありませんが、理解しかねます。

248 ■Re:FSMさん[246]

>ABO FANさん
>いや全く、どうして知らないても、問題ないことになるのだか…。
>渡邊さんとの議論を読むには、必須の知識のはずなのですが。

いや、貴方だって理解してないでしょう。

~某所より引用~
「あいかわらずなにもわかっていない」としかいいようのない...
~引用終~

それとも知識とは言葉を知っているという意味なのかな、ABOFANさんにとっては。

247 ■FSMさん[246]

>> 繰り返しますが、Yahoo!の調査だと「差別的」(念のため「差別」ではありません)が1パーセント程度です。、
> 一体どこの世の中に、自分は差別しているという自覚を持って差別する人がいるのでしょう?(もちろんゼロとはいいませんが。)

???
血液型本を「読まない人」にも理由を聞いているのですが?
もし、差別と思うなら、そう回答するはずですが?
それにしては、低すぎるデータですよね?

>> やはり、行動心理学はご存じないようですね。
> どうしてこういう返答になるのだか…。

いや全く、どうして知らないても、問題ないことになるのだか…。
渡邊さんとの議論を読むには、必須の知識のはずなのですが。
まぁ、いいです。

246 ■> ABO FANさん[245]

> 繰り返しますが、Yahoo!の調査だと「差別的」(念のため「差別」ではありません)が1パーセント程度です。、

一体どこの世の中に、自分は差別しているという自覚を持って差別する人がいるのでしょう?(もちろんゼロとはいいませんが。)

差別の問題の一つは、差別しているという自覚がないままに差別をするということですよ。別のエントリにも書きましたが、古川竹二だって台湾人に対して差別をしているなどとはまったく思っていなかったでしょう。でも、彼の発想は完全に差別ですよ。

この一件は、ABO FANさんが、差別という問題にいかに無頓着かということが読み取れて実に興味深いです。血液型性格判断を野放しにしておくわけにはいかないと益々強く思うようになりました。

> やはり、行動心理学はご存じないようですね。

どうしてこういう返答になるのだか…。

245 ■FSMさん[244]

> 世間で売られている膨大な血液型性格判断・占いの書籍が差別そのものです。面接等での多くの証言もそうです。色々あります。ABO FANさんが認めたくないという気持ちもよくわかりますが。

FSMさんが、伝聞情報だけで判断する、あるいは現実のデータを見るつもりはないということでしょうか?
それならそれで結構です。
繰り返しますが、Yahoo!の調査だと「差別的」(念のため「差別」ではありません)が1パーセント程度です。、
-----
Yahoo!の『「血液型本」に関する調査』を読み直してみました。
http://www.yahoo-vi.co.jp/research/blood_type.html
結果として、日本人は「血液型本」に非常に好意的であることが、まざまざと読み取れます。
「血液型本」の感想を質問したところ、「自分の性格が適切に表現されており、共感・納得する」が全体の55.6%に対して、差別的だと思うから」はたったの1.3%です。
http://abofan.blog.so-net.ne.jp/2009-05-17
-----

> ABO FANさんが、血液型ステレオタイプについて深刻な誤解をしていることがわかってしまいました。ステレオタイプという心理学用語は知っているけれども、内容は知らない、と。

やはり、行動心理学はご存じないようですね。
だから、渡邊さんとのやり取りを誤解するのでしょうね、たぶん。

> このあたりは新エントリに書きました。

ありがとうございます。
読んでコメントを書かせていただきます。

244 ■> ABO FANさん[243]

世間で売られている膨大な血液型性格判断・占いの書籍が差別そのものです。面接等での多くの証言もそうです。色々あります。ABO FANさんが認めたくないという気持ちもよくわかりますが。

> すみません、理解できません。
> まず、「行動心理学」は、心理学そのもので「心理学に出てくる言葉」じゃないですよ?
> それに、FSMさんが紹介した文献は、ステレオタイプは自分についてとは限りません。世間の○型は~で、自分も○型だけど自分は~じゃない、でもいいんですよ。」という内容ではないですよね?

ABO FANさんが、血液型ステレオタイプについて深刻な誤解をしていることがわかってしまいました。ステレオタイプという心理学用語は知っているけれども、内容は知らない、と。

このあたりは新エントリに書きました。

243 ■FSMさん[242]

> なぜ差別になるのかを書いているんですが、わかりませんか?

???
私は「差別」は論点にしてませんが?
また、FSMさんから「差別」の信頼できるソースも示されていませんし…。

>> FSMさんが、行動心理学を知らないことが、これでほぼ裏付けられたと思います。(*_*)
>:
>> ???
>> これらは、「ステレオタイプは自分についてとは限りません。世間の○型は~で、自分も○型だけど自分は~じゃない、でもいいんですよ。」という内容ではないですよね?
> ABO FANさんが、心理学に出てくる言葉だけを知っていて、あとは勝手な解釈をつけて理解した気になっているだけだということが、よ~く理解できました。

すみません、理解できません。
まず、「行動心理学」は、心理学そのもので「心理学に出てくる言葉」じゃないですよ?
それに、FSMさんが紹介した文献は、ステレオタイプは自分についてとは限りません。世間の○型は~で、自分も○型だけど自分は~じゃない、でもいいんですよ。」という内容ではないですよね?

242 ■> ABO FANさん[241]

> 正直、よくわかりません。このエントリーのタイトルは、『血液型性格判断・ニセ科学・差別、あるいは「科学」と「価値」』です。
> 「差別」はわかります。
> が、『日常生活での「使用」』はタイトルからは読み取れませんし、特に重要な点とも感じられませんが?

なぜ差別になるのかを書いているんですが、わかりませんか?なぜ日常生活が出てくるのか、本当にわかりませんか?
…さすがにそれは悲しいです。心理学や統計学を理解していないのはまあ仕方ないかなとも思います。しかし、現代社会に生きる者として、差別のなんたるかをここまで理解していないというのは…。

> FSMさんが、行動心理学を知らないことが、これでほぼ裏付けられたと思います。(*_*)

> ???
> これらは、「ステレオタイプは自分についてとは限りません。世間の○型は~で、自分も○型だけど自分は~じゃない、でもいいんですよ。」という内容ではないですよね?

ABO FANさんが、心理学に出てくる言葉だけを知っていて、あとは勝手な解釈をつけて理解した気になっているだけだということが、よ~く理解できました。

私はもう寝ますので、もう一度読み直してくださいね。ステレオタイプについての研究がなにをやっているのかを理解すれば、わかるはずなんですが…。
# というか、何度もここでコメントしているのだけど。

241 ■FSMさん[239][240]

> いいですか、このエントリは、差別と日常生活での「使用」について述べたものです。つまり、そういう議論をしています。

正直、よくわかりません。このエントリーのタイトルは、『血液型性格判断・ニセ科学・差別、あるいは「科学」と「価値」』です。
「差別」はわかります。
が、『日常生活での「使用」』はタイトルからは読み取れませんし、特に重要な点とも感じられませんが?

>> ひょっして、FSMさんは(行動)心理学をご存じないのでは?
>> それなら確かに答えられないと思います。(苦笑)
> その言い草は飽きました。もっと気の利いたことを言ってください。だいたい「ハイそうですかと答えられると思います?」というのは、「なるほど心理学ですか~」と言えるような馬鹿は世の中にはおらん、という意味なんですが、わかりませんか?

FSMさんが、行動心理学を知らないことが、これでほぼ裏付けられたと思います。(*_*)

>> 「ステレオタイプ」の研究は、私が知っているものもいくつかありますが、FSMさんがおっしゃるようなものはなかった、と記憶しています。
>> よろしけれれば、出典をお願いします。
> ABO FANさんが持ってる心理学の文献に載ってると思いますが。

???
これらは、「ステレオタイプは自分についてとは限りません。世間の○型は~で、自分も○型だけど自分は~じゃない、でもいいんですよ。」という内容ではないですよね?

240 ■> ABO FANさん[238]

> 「ステレオタイプ」の研究は、私が知っているものもいくつかありますが、FSMさんがおっしゃるようなものはなかった、と記憶しています。
> よろしけれれば、出典をお願いします。

ABO FANさんが持ってる心理学の文献に載ってると思いますが。

菊池聡さんの「なぜ信じるのか」などにもあるでしょうし、『現代のエスプリ』の松井論文の冒頭や上瀬論文の冒頭、『モード性格論』のp.136-137、等々。これぐらい自分で調べていただきたいですが…。

239 ■> ABO FANさん[237]

本当に大丈夫ですか?
私がすぐ前に書いたことだけに脊髄反射しておかしなことになってますよ。

いいですか、このエントリは、差別と日常生活での「使用」について述べたものです。つまり、そういう議論をしています。準備どころではなく、そういう議論をしているのです。そこにやってきたのはABO FANさんですよ。

> >> >> 「ABOFANへの手紙」での「私の理屈」です。
> >> > だから、その理屈ってなんですか、と聞いているんですが。
> >> (行動)心理学です。FSMさんは、たぶんご存じないでしょう…。
> > あなたの理屈ってなんですか、と聞かれ、○○学です、と言われてハイそうですかと答えられると思います?
>
> ひょっして、FSMさんは(行動)心理学をご存じないのでは?
> それなら確かに答えられないと思います。(苦笑)

その言い草は飽きました。もっと気の利いたことを言ってください。だいたい「ハイそうですかと答えられると思います?」というのは、「なるほど心理学ですか~」と言えるような馬鹿は世の中にはおらん、という意味なんですが、わかりませんか?

238 ■FSMさん[236]

> だったらステレオタイプの検証って一体何をやるんでしょう?そういう調査は色々あると思いますが。

「ステレオタイプ」の研究は、私が知っているものもいくつかありますが、FSMさんがおっしゃるようなものはなかった、と記憶しています。
よろしけれれば、出典をお願いします。
私も調べてみたいので。

237 ■FSMさん[236]

>> 突然、この掲示板の論点を無視してkikulogの話題に戻るのでしょうか?
>> 私には理由が理解できません。
> あのですね。
> あなたこのエントリ読んでないでしょう。もう一回読み直してください。このエントリは、もともとそういう趣旨で書いたものですから。

私は、そういう趣旨の部分は、科学的な議論はできないと思っていますので、最初から論点にしていません。
よろしいでしょうか?

>> これまた理由がわかりません。
>> 「日常生活に役立つ」ということを議論するなら、それなりの準備が必要です。
>> kikulogでの大混乱を見ればおわかりと思います。
>> それに「日常生活に役立つ」を論点とするなら、坂元論文はデータとして適当とは言えないでしょう。
> じゃあちゃんと準備してください。

え~~~っ?
私が議論するつもりがないことを準備する必要があるのでしょうか?
「日常生活に役立つ」を論点にする人、つまりFSMさんが準備するのではないですか?

> そもそも、あなたが私の主張をニセ科学だのなんだのと言い出したから、もとのエントリの話に戻ったわけですよ。日常生活で「使える」ような根拠はないのだし、根拠があろうがなかろうが、日常生活で「使う」のが差別だと言っているのですから。

え~~~っ?
私が“ニセ科学”と言ったのは、「日常生活に役立つ」かどうかとは別の話ですが?
また、「差別」とも別の話です。

>> >> 「ABOFANへの手紙」での「私の理屈」です。
>> > だから、その理屈ってなんですか、と聞いているんですが。
>> (行動)心理学です。FSMさんは、たぶんご存じないでしょう…。
> あなたの理屈ってなんですか、と聞かれ、○○学です、と言われてハイそうですかと答えられると思います?

ひょっして、FSMさんは(行動)心理学をご存じないのでは?
それなら確かに答えられないと思います。(苦笑)

236 ■> ABO FANさん[234]

> >> > ステレオタイプは自分についてとは限りません。世間の○型は~で、自分も○型だけど自分は~じゃない、でもいいんですよ。
> >> その人は、たぶんステレオタイプを持ってない人ですよ。(苦笑)
> > ホント苦笑しますね。ステレオタイプとはなんなのか、調べてから言ってくださいね。
>
> 血液型と性格に関係があるという人は、世間の○型と自分の○型が一致する(もちろん、すべて一致する訳ではありませんが)という人ですよね?

本気で言ってます?あなたこの10年一体なにをやってきたんですか?
 だったらステレオタイプの検証って一体何をやるんでしょう?そういう調査は色々あると思いますが。

「血液型ステレオタイプ」とはどういう意味なのか、もう一度、ちゃんと、初めから調べ直してください。調べるって言っても大層なことではありません。ABO FANさんが持ってるであろう本を2、3冊読み直すだけでいいですから。その該当部分だけで。

…まあしかし、なんというか、こういう壮大な勘違いのもとにABO FAN理論が成り立っていたのか~というのがわかる現場に立ち合っちゃったような気がします。なんか色々謎が解けたような。そりゃ、ステレオタイプが「世間の○型と自分の○型が一致する」だなんて思っているのであれば、確かにABO FAN理論が導ける(幾つかの齟齬を無視すれば)ような気がするなあ。

235 ■> ABO FANさん[233]

> 突然、この掲示板の論点を無視してkikulogの話題に戻るのでしょうか?
> 私には理由が理解できません。

あのですね。
あなたこのエントリ読んでないでしょう。もう一回読み直してください。このエントリは、もともとそういう趣旨で書いたものですから。

> これまた理由がわかりません。
> 「日常生活に役立つ」ということを議論するなら、それなりの準備が必要です。
> kikulogでの大混乱を見ればおわかりと思います。
> それに「日常生活に役立つ」を論点とするなら、坂元論文はデータとして適当とは言えないでしょう。

じゃあちゃんと準備してください。
 そもそも、あなたが私の主張をニセ科学だのなんだのと言い出したから、もとのエントリの話に戻ったわけですよ。日常生活で「使える」ような根拠はないのだし、根拠があろうがなかろうが、日常生活で「使う」のが差別だと言っているのですから。

> >> 「ABOFANへの手紙」での「私の理屈」です。
> > だから、その理屈ってなんですか、と聞いているんですが。
>
> (行動)心理学です。FSMさんは、たぶんご存じないでしょう…。

あなたの理屈ってなんですか、と聞かれ、○○学です、と言われてハイそうですかと答えられると思います?UFO研究してる人に一体どういう理屈ですかと聞いて、私の理屈は物理学です、と回答が来たらどう思います?

心理学でも行動心理学でもいいですが、ABO FANさんはその中身をいつも言わないんですよ。で、色々おかしい点を批判していくと、イキナリあなたは心理学を知らないだの私の理屈は心理学に基づいていますだの言いだすからループになるんです。
 抽象的にラベルだけ言われたって意味がないですよ。

234 ■FSMさん[231]

>> > ステレオタイプは自分についてとは限りません。世間の○型は~で、自分も○型だけど自分は~じゃない、でもいいんですよ。
>> その人は、たぶんステレオタイプを持ってない人ですよ。(苦笑)
> ホント苦笑しますね。ステレオタイプとはなんなのか、調べてから言ってくださいね。

血液型と性格に関係があるという人は、世間の○型と自分の○型が一致する(もちろん、すべて一致する訳ではありませんが)という人ですよね?

>> > 私のABO FANさんへの批判について、ちゃんと具体的に反論してくださいね。
>> 心理学がわからない方には、どうかご遠慮させていただきたく、よろしくお願いします。
> 念のため言っておきますが、心理学以前の、論理の問題ですから。心理学を知らない人でも、ABO FANさんの論理展開のおかしさは理解できますので。

やはり、心理学をわかってないじゃないですか。(*_*)
心理学以前ではなく、「心理学の論理」ですから、s当然のことながら、心理学をわからない限りわかりません。

233 ■FSMさん[230]

FSMさん、こんばんは。

>> > ABO FANさんが、「血液型と性格に関係はある」そして「日常生活で役に立つ」と主張されているわけです。
>> 少なくとも、TAKESANさんの掲示板、そしてそれを引き継いだFSMさんのこのブログでは何も言ってませんが?

> ABO FANさんの目的は、能見説の擁護であるとおっしゃっていたと思いますが?そして、能見さんは、日常生活でどう役立てるかということを書いておられます。

突然、この掲示板の論点を無視してkikulogの話題に戻るのでしょうか?
私には理由が理解できません。

> JNNデータが統計学的に最も信頼できるデータであることを考えると、これでとにもかくにも有意な差を作れることを見出した山崎・坂元ぐらいしか、結局は根拠として使えないのではと思います。これを含めないのであれば、要するに「根拠なし」ということになりますが、そういうことでいいんですね?

これまた理由がわかりません。
「日常生活に役立つ」ということを議論するなら、それなりの準備が必要です。
kikulogでの大混乱を見ればおわかりと思います。
それに「日常生活に役立つ」を論点とするなら、坂元論文はデータとして適当とは言えないでしょう。

>> >> もっとも、本当にそうかどうかは、データを元に議論することになるでしょうが、混乱するので保留にさせていただければ幸いです。
>> > 何を保留にするのでしょうか?明示してもらえませんか?
>> 議論を保留にさせてくださいとお願いします。
>> kikulogで大混乱したのは記憶に新しいところです。
>> 論点はなるべく絞り込まないと、大変なことになりますよ。
>> どうかよろしくお願いします。
> ですから、「何についての議論」なのかを聞いているのですが。

例えば、「日常生活に役立つ」です。(苦笑)

>> 「ABOFANへの手紙」での「私の理屈」です。
> だから、その理屈ってなんですか、と聞いているんですが。

(行動)心理学です。FSMさんは、たぶんご存じないでしょう…。

232 ■Re:論理破綻

>アニさん

まあ、ある面そうかもしれませんね。
田母神の方が権力に近い分より有害ということと、ABO FAN氏は田母神ほどには妄想全開ではない、というあたりが違いますかね。論理の破綻の仕方はABO FAN氏のほうがひどいかもしれませんが。

231 ■> ABO FANさん[227]

> > バーナム効果とステレオタイプと自己成就現象について、もう一度調べることをすすめます。
> > ステレオタイプは自分についてとは限りません。世間の○型は~で、自分も○型だけど自分は~じゃない、でもいいんですよ。
>
> その人は、たぶんステレオタイプを持ってない人ですよ。(苦笑)

ホント苦笑しますね。ステレオタイプとはなんなのか、調べてから言ってくださいね。

> > 私のABO FANさんへの批判について、ちゃんと具体的に反論してくださいね。
>
> 心理学がわからない方には、どうかご遠慮させていただきたく、よろしくお願いします。

念のため言っておきますが、心理学以前の、論理の問題ですから。心理学を知らない人でも、ABO FANさんの論理展開のおかしさは理解できますので。

230 ■> ABO FANさん[226]

> > ABO FANさんが、「血液型と性格に関係はある」そして「日常生活で役に立つ」と主張されているわけです。
>
> 少なくとも、TAKESANさんの掲示板、そしてそれを引き継いだFSMさんのこのブログでは何も言ってませんが?
> つまり、坂元さんのデータで「人を判断するのに使えるかのように言う」とは誰も言ってないということです。

ABO FANさんの目的は、能見説の擁護であるとおっしゃっていたと思いますが?そして、能見さんは、日常生活でどう役立てるかということを書いておられます。
 JNNデータが統計学的に最も信頼できるデータであることを考えると、これでとにもかくにも有意な差を作れることを見出した山崎・坂元ぐらいしか、結局は根拠として使えないのではと思います。これを含めないのであれば、要するに「根拠なし」ということになりますが、そういうことでいいんですね?

> >> もっとも、本当にそうかどうかは、データを元に議論することになるでしょうが、混乱するので保留にさせていただければ幸いです。
> > 何を保留にするのでしょうか?明示してもらえませんか?
>
> 議論を保留にさせてくださいとお願いします。
> kikulogで大混乱したのは記憶に新しいところです。
> 論点はなるべく絞り込まないと、大変なことになりますよ。
> どうかよろしくお願いします。

ですから、「何についての議論」なのかを聞いているのですが。まあいいや、これくらいは許しますが、質問をずらして回答するのはやめてくださいね。
それから、このエントリの主題は、まさにこの「議論」についてのものですので、ここで議論する以上は保留にはできませんね。

> 「ABOFANへの手紙」での「私の理屈」です。

だから、その理屈ってなんですか、と聞いているんですが。

> いいえ、私の主義なので言いません。

だったら初めから言わないことです。

> 信じるものは救われる、

ABO FANさんに相応しい言葉ですね。

229 ■論理破綻

ABO FANと田母神俊雄は論の組み立て方が酷似している。

228 ■Re:ABO FANさんにしゅくだい

> 明日は忙しくてたぶんコメントできないと思います(時間が取れたらレスしますが)。

よろしくお願いします。
それと、#226のタイトルを間違いましたので、悪しからず。

> で。
> ABO FANさんに宿題。今晩は大量に書き込みをしましたが、今晩寝たら、明日、もう一度御自分が書き込みをしたコメントの内容を振り返ってください。
> zororiさんのコメントも噛み締めて考えてください。
> 意味のある議論をしたいなら、それぐらいはしてくださいね

というか、FSMさんが心理学を理解していないことが、現実の議論でわかったので、どうしようか考えます。
おやすみなさい。

227 ■FSMさん[224]

> 明日も早いのでそろそろ切り上げますが。

はい、ありがとうございました。
私もそろそろ寝ます。

> バーナム効果とステレオタイプと自己成就現象について、もう一度調べることをすすめます。
> ステレオタイプは自分についてとは限りません。世間の○型は~で、自分も○型だけど自分は~じゃない、でもいいんですよ。

その人は、たぶんステレオタイプを持ってない人ですよ。(苦笑)

> 私のABO FANさんへの批判について、ちゃんと具体的に反論してくださいね。

心理学がわからない方には、どうかご遠慮させていただきたく、よろしくお願いします。

226 ■Re:> ABO FANさん[222]

> ABO FANさんが、「血液型と性格に関係はある」そして「日常生活で役に立つ」と主張されているわけです。

少なくとも、TAKESANさんの掲示板、そしてそれを引き継いだFSMさんのこのブログでは何も言ってませんが?
つまり、坂元さんのデータで「人を判断するのに使えるかのように言う」とは誰も言ってないということです。

>> 根拠は、坂元論文ではなく、そう考えている人が大部分ということです。
> そう言ってるじゃないですか。
> しかし、根拠めいたものを、科学的な手続にのっとったものから選ぶなら、山崎・坂元論文くらいしかないよね、ということです。

根拠は山崎・坂元論文ではないと思いますよ。

>> もっとも、本当にそうかどうかは、データを元に議論することになるでしょうが、混乱するので保留にさせていただければ幸いです。
> 何を保留にするのでしょうか?明示してもらえませんか?

議論を保留にさせてくださいとお願いします。
kikulogで大混乱したのは記憶に新しいところです。
論点はなるべく絞り込まないと、大変なことになりますよ。
どうかよろしくお願いします。

>> 私が言っているのは、「ABOFANへの手紙」の部分だけですが?
>> 何か勘違いされていませんか?
> では、「私の理屈」ってなんですか一体?

「ABOFANへの手紙」での「私の理屈」です。

>> 私は、渡邊さんを批判するつもりは、少なくとも現在の時点では全くありません。
> 批判でも悪口でも結構です。一旦ほのめかしたのであれば、きちんと最後まで言うべきです。中途半端な物言いは最低ですよ。

いいえ、私の主義なので言いません。

>> ただ、「ABOFANへの手紙」って、読んでいる人はほとんど誤解しているのは、悲しい限りです。
> どう誤解しているのですか?みなさん正しく読み取ってると思いますが。

信じるものは救われる、
Jesus said to him, "Do you believe because you see me? How happy are those who believe without seeing me!"
ですね。

225 ■ABO FANさんにしゅくだい

明日は忙しくてたぶんコメントできないと思います(時間が取れたらレスしますが)。

で。
ABO FANさんに宿題。今晩は大量に書き込みをしましたが、今晩寝たら、明日、もう一度御自分が書き込みをしたコメントの内容を振り返ってください。
 zororiさんのコメントも噛み締めて考えてください。
 意味のある議論をしたいなら、それぐらいはしてくださいね。

224 ■> ABO FANさん[223]

明日も早いのでそろそろ切り上げますが。

バーナム効果とステレオタイプと自己成就現象について、もう一度調べることをすすめます。

ステレオタイプは自分についてとは限りません。世間の○型は~で、自分も○型だけど自分は~じゃない、でもいいんですよ。

論理学がわかってないのがABO FANさんだということは明らかなんですけどねえ。

そんなことより、私のABO FANさんへの批判について、ちゃんと具体的に反論してくださいね。

223 ■FSMさん[221]

FSMさんは、だいぶ疲れのようですね。
心理学だけではなく、論理学も大丈夫ですか?

> 大半がバーナム効果で信じてると思っても矛盾はない、ということです。
> ステレオタイプがますます強固になり、自己成就現象が起きるかもしれない、とそういうことです。

この2つは、明らかに矛盾することはおわかりですよね?
だって、
バーナム効果→誰にでもあてはまる
ステレオタイプ→特定の血液型だけにあてはまる
ですよ?
一個人や一つの性格特性に対して、この2つが同時に成り立つはずがありません。

222 ■> ABO FANさん[220]

> では、坂元さんのデータで「人を判断するのに使えるかのように言う」とは誰も言ってないということですね?

ABO FANさんが、「血液型と性格に関係はある」そして「日常生活で役に立つ」と主張されているわけです。山崎・坂元を「引き合いに出して」人を判断するのに使えると言っている人についてなんてなにも言っていません。

> 根拠は、坂元論文ではなく、そう考えている人が大部分ということです。

そう言ってるじゃないですか。
しかし、根拠めいたものを、科学的な手続にのっとったものから選ぶなら、山崎・坂元論文くらいしかないよね、ということです。

> もっとも、本当にそうかどうかは、データを元に議論することになるでしょうが、混乱するので保留にさせていただければ幸いです。

何を保留にするのでしょうか?明示してもらえませんか?

> 私が言っているのは、「ABOFANへの手紙」の部分だけですが?
> 何か勘違いされていませんか?

では、「私の理屈」ってなんですか一体?

> 私は、渡邊さんを批判するつもりは、少なくとも現在の時点では全くありません。

批判でも悪口でも結構です。一旦ほのめかしたのであれば、きちんと最後まで言うべきです。中途半端な物言いは最低ですよ。

> ただ、「ABOFANへの手紙」って、読んでいる人はほとんど誤解しているのは、悲しい限りです。

どう誤解しているのですか?みなさん正しく読み取ってると思いますが。

221 ■> ABO FANさん[219]

バーナム効果の意味を調べてください。

さきほどの私の文章は曖昧でしたね。血液型性格判断を信じる人々は、この日本ではとても多いわけですが、信じてしまうのはバーナム効果で説明できる、大半がバーナム効果で信じてると思っても矛盾はない、ということです。

そうやって信じた人の中には、血液型本にのめりこんで、ステレオタイプがますます強固になり、自己成就現象が起きるかもしれない、とそういうことです。

220 ■FSMさん[218]

>> 坂元さんのデータで「人を判断するのに使えるかのように言う」とは誰が言ってるのでしょうか?
> 血液型が日常で活用できると言ってる人は大勢います。あなたも知ってるでしょう。何冊も本買ってるでしょう。

だいぶお疲れのようですね。
では、坂元さんのデータで「人を判断するのに使えるかのように言う」とは誰も言ってないということですね?

>> では、血液型が日常で活用できるという根拠はなんなのか?どう贔屓目に見ても、せいぜいがんばって、山崎・坂元論文でしょう。

根拠は、坂元論文ではなく、そう考えている人が大部分ということです。
もっとも、本当にそうかどうかは、データを元に議論することになるでしょうが、混乱するので保留にさせていただければ幸いです。

>> しかし、私の理屈なんて、はっきり言ってどうでもいいのです。(^^;;
> だったら発言を一切やめてもらえませんか?世の中にとって迷惑です。

私が言っているのは、「ABOFANへの手紙」の部分だけですが?
何か勘違いされていませんか?

> 渡邊さんを批判したければ、堂々とやりなさい。ここでやってもらっても結構ですから。もし渡邊さんがおかしなことを言っているのであれば、知られた方が世の中にとって幸いです。ちゃんと言ってください。無責任なほのめかしはやめなさい。

私は、渡邊さんを批判するつもりは、少なくとも現在の時点では全くありません。
ただ、「ABOFANへの手紙」って、読んでいる人はほとんど誤解しているのは、悲しい限りです。

219 ■FSMさん[217]

> だから、「思い込みがあれば必ず差が出る」という主張のおかしさについて私が具体的に指摘しているのだから

心理学をわからない人に説明してもムダです。
これは、何回も書いたとおりです。
どうしても納得できないということなら、どうか性格心理学の教科書をお読みください。
よろしくお願いします。
バーナム効果についても同様です。

> まず、差はほとんどありません。いいですね?あってもごくわずかです。ですから、大半がバーナム効果だとしても矛盾はありません。

あのぅ、だんだん絶望的になっていきますね。
「誰にでもあてはまる」のがバーナム効果です。
しかし、坂元さんのデータは、必ずしもそうではないのですよ。
肯定率は何パーセントですか?
あ~あ。(T_T)

> ごく一部で自己成就現象が起きているかもしれません。もしかしたら、ごくごく一部は、自己成就ではなく、もとから血液型と性格にあった差なのかもしれません。それを切り分けるのが大事だと言っているのに、ABO FANさんにとっては調べるまでもなく結論が決まっているようです。

データに差があるのかどうか微妙(by FSMさん)なら、切り分けようがありません。

218 ■> ABO FANさん[216]

> 坂元さんのデータで「人を判断するのに使えるかのように言う」とは誰が言ってるのでしょうか?

血液型が日常で活用できると言ってる人は大勢います。あなたも知ってるでしょう。何冊も本買ってるでしょう。

では、血液型が日常で活用できるという根拠はなんなのか?どう贔屓目に見ても、せいぜいがんばって、山崎・坂元論文でしょう。もっとも大きなサンプルであの程度の差なのですから、人を判断できるような根拠は(まだ)ないということになります。

根拠がないのに使えるとあちこちで言ってる人がいるわけです。

…なんでこんな簡単なことがわからないんだろうな。結論ありきというのは恐ろしいですね。

> しかし、私の理屈なんて、はっきり言ってどうでもいいのです。(^^;;

だったら発言を一切やめてもらえませんか?世の中にとって迷惑です。

> 問題は…いえ、渡邊さんの悪口は自粛します。
> ただ、誰も気付いていないとは、非常に驚きました。

ほのめかしはやめなさい。zororiさんのおっしゃったことを噛み締めてください。
渡邊さんを批判したければ、堂々とやりなさい。ここでやってもらっても結構ですから。もし渡邊さんがおかしなことを言っているのであれば、知られた方が世の中にとって幸いです。ちゃんと言ってください。無責任なほのめかしはやめなさい。

217 ■> ABO FANさん[215]

> > ムチャクチャやがな。(^^;;
> > しかしなんか既視感が…と思ったのだけど、これって「思い込みがあれば必ず差が出る」と似たような感じですね。>皆様
>
> はい、ですから、FSMさんは心理学をわかってない、ということです。

だから、「思い込みがあれば必ず差が出る」という主張のおかしさについて私が具体的に指摘しているのだから、それに噛み合うように説明していただかないとわかりません、と言っています。もちろん、完全に噛み合わす必要はありません。ちゃんとわかりやすく言っていただければいいのです。しかしあなたは同じことを繰り返すだけじゃないですか。

> 十分あり得ると思いますよ。ただし、そうなると、その性格は「バーナム効果」ではありません。なぜなら、「自分だけにあてはまる」と思い込んでいるのですから…。「誰にでもあてはまる」のではないのです。

だとすると、一体バーナム効果ってなに?バーナム効果によって「当てはまる」と思ってる人は、自分だけ(あるいは自分と同じ血液型の人にだけ)当てはまると思うんじゃないの?
 誰にでも当てはまることを、自分だけに当てはまると思い込むことはあり得ない、とABO FANさんはおっしゃるのでしょうか?それとも、バーナム効果ってのは、「みんなに当てはまるね」と思うことだとでも言うのでしょうか?

> すべてが「バーナム効果」なら、血液型によって回答に差がないはずです。従って、坂元さんのデータで差があるのは、「自己成就」ではなく「本当の差」になります。

だ~か~ら~、話が逆なんだって何度言えばわかるのだろうなこのヒト。
 まず、差はほとんどありません。いいですね?あってもごくわずかです。ですから、大半がバーナム効果だとしても矛盾はありません。ごく一部で自己成就現象が起きているかもしれません。もしかしたら、ごくごく一部は、自己成就ではなく、もとから血液型と性格にあった差なのかもしれません。それを切り分けるのが大事だと言っているのに、ABO FANさんにとっては調べるまでもなく結論が決まっているようです。

216 ■FSMさん[214]

> 微妙な差しか出てないのに、人を判断するのに使えるかのように言うのがニセ科学だと言ってるんですが。

坂元さんのデータで「人を判断するのに使えるかのように言う」とは誰が言ってるのでしょうか?
誰も言ってないことを否定するのは、ひょっとして“ニセ科学”ですか?

> kikulogでもつい最近出てた「ABO FANへの手紙」なんてえのはいいサンプルだと思いますが、到底ABO FANさんの理屈が納得されたとは思えません。

おお、ありがとうございます。
しかし、私の理屈なんて、はっきり言ってどうでもいいのです。(^^;;
問題は…いえ、渡邊さんの悪口は自粛します。
ただ、誰も気付いていないとは、非常に驚きました。
意外と、心理学って知っている人が少ないんですね。
ビックリです。

215 ■FSMさん[213]

> ムチャクチャやがな。(^^;;
> しかしなんか既視感が…と思ったのだけど、これって「思い込みがあれば必ず差が出る」と似たような感じですね。>皆様

はい、ですから、FSMさんは心理学をわかってない、ということです。

> バーナム効果は、誰にでも当てはまるにもかかわらず、自分に当てはまると錯覚することです。自分に当てはまると錯覚して、そう自己暗示にかかるというのは十分あり得そうに思えますけど。

十分あり得ると思いますよ。ただし、そうなると、その性格は「バーナム効果」ではありません。なぜなら、「自分だけにあてはまる」と思い込んでいるのですから…。「誰にでもあてはまる」のではないのです。

> で、最後の「というのは、血液型によって、性格に差がないということになるからです」の文章の意味がさっぱりわかりません。唐突すぎて。どういう意味でしょうか?

すべてが「バーナム効果」なら、血液型によって回答に差がないはずです。従って、坂元さんのデータで差があるのは、「自己成就」ではなく「本当の差」になります。

214 ■> ABO FANさん[212]

データを出しているのはABO FANさんじゃなくて心理学者の皆さんですのでお間違えなく。
 多くの心理学者が、信頼できるデータ(ランダムサンプリングとか)で出てくる差は微妙だと言ってませんか?微妙な差しか出てないのに、人を判断するのに使えるかのように言うのがニセ科学だと言ってるんですが。

kikulogでもつい最近出てた「ABO FANへの手紙」なんてえのはいいサンプルだと思いますが、到底ABO FANさんの理屈が納得されたとは思えません。

コメント投稿

AD

Loading


since 2009/2/1
[katyos.Lab]

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。