$「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

$「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月30日(金)

「あした死ぬかもよ? 」ひすい こたろう

テーマ:「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅

昨年、一緒にトークライブをやったリョウゴ(笠井 亮吾)が、

「第一回ドリプラ」審査員をやった仲間で

一緒にコラボトークもしたミリオンセラー作家、

ひすい こたろうさんの素敵な言葉を載せていたのでシェアしたい。

共感!

 

--

どうも。僕はあなただ。

理想の人生を生きた人生最後の日のあなただよ。

人生は短い。あっという間だった。

生まれてから、今日までのことを考えてごらん。

長いようであっという間だっただろ?

同じように、今日から、人生最後の日までもあっという間なんだ。

 

やりたいことはすべてやるがいい。

人間は、死ぬ間際、やったことに後悔する人は少ないものだ。

やらなかったことに後悔する。

 

チャップリンがいったとおりだよ。

In the end,everything is a gag.

つらかったことも、最後には全部ギャグになる。

 

ボブマーリーが歌ったとおりだよ。

Everything's gonna be alright.

 

すべてだいじょうぶだから。

やってみたいことはやってみるがいい。

なにもかもだいじょうぶだから。

人生最後の日を迎える私から見ると、

うまくいったかどうかなんて、どうでもよかったんだとわかる。

 

人生最後の日から見ると、

すべての出来事は夢の中の思い出になるんだ。

 

昨日のことだって、これまでのすべての出来事だって、

もう、みんな夢の中の記憶だろ?

夢の中で、ビビってどうする?夢の中で、心配してどうする?

なんであんなことに深刻になっていたんだろうと、

自分に笑うしかないよ。

 

どっちでもいいんだ。結果はすべて、

人生最後の日に、夢となるのだから。

だから、大切なのは、どんな気持ちで、それをやっていたのか。

ほんとうに大切なのは、そこだけだ。

 

ほんとうに大切なのは、ハートをひらくこと、

自分に素直になること。

いまの自分の気持ちにちゃんと寄り添ってあげるんだ。

「ほんとは、どうしたいの?」って。

それが、未来の私からあなたに一番伝えたいことだ。

 

人生は文字どおり旅なんだ。

旅に失敗も成功もあるか。

そして、旅にはやらなかればいけないことはなにもない。

歯を磨く、それくらいのもんだ。

だいじょうぶ。子どもの頃の気持ちを思いだしてごらん。

そう。その気持ちだ。家の扉をあけたとたんに、

走りだしていたあの頃のあなた。

 

私は、私の人生を選んでほんとうによかった。

人生最後の日、私はいま幸せだ。

いま、心からそう思えるのはあなたのおかげだよ。

いまのあなたが、たくさん、たくさん、悩んでくれたからだ。

いまのあなたが、たくさん、たくさん、傷ついてくれたからだ。

そして、いまのあなたが勇気を出して

一歩踏み出してくれたからだ。

すばらしい人生だった。心からありがとう。

 

あなたはひとりじゃない。

わたしを含めて、未来のあなたたちが、

みんなあなたを応援している。

そして、みんなあなたに感謝している。

 

では、人生最後に日に会おう。

Everything's gonna be alright.

すべてだいじょうぶだから。

 

人生最後の日の未来のあなたより

 

ひすい こたろう(著)

「あした死ぬかもよ? 人生最後の日に笑って死ねる27の質問」

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月28日(水)

「愛すべきクレイジーな人たち…」

テーマ:イベント・講演・セミナー・交流会

   四十、五十は洟垂れ小僧、六十、七十は働き盛り、
   九十になって迎えが来たら、百まで待てと追い返せ。
                渋沢栄一


昨日の地球探検隊主催のイベント「旅パ!」は20人超の大盛況!


学生時代、多国籍ツアーに参加して18年ぶりに来てくれた隊員、
山形から、このイベントに参加するために来てくれた18歳男子
遠くは南米ボリビアから登場の現地ガイドのタカ。
来年の2月、また新しいウユニ塩湖の旅が生まれそうだ。


「外モンゴル騎馬隊結成」に参加の夫婦、ミッキー&モモ、
「内モンゴル騎馬遠征隊」参加のNobu が
探検隊の旅を語ってくれた。
10月に一緒にジープ島に行く、たけ&りえ・・・
旅を愛する多くの人と楽しい時間が過ごせた。

来月の「旅パ!」は2回。
10月21日(金)19:30~ アラスカからマサ安藤さんがやってきてアラスカの魅力を伝える。
10月25日(火)は通常の「旅パ!」
どちらも調整ついたら、ご参加ください。
予約受付中!

年内のイベント「旅パ!」すべて予約受付中! 
11月15日(火)、
12月17日(土) ※中村隊長(55歳)生誕祭

そして、「旅パ!」参加者から早速、フェイスブックに嬉しい投稿がたくさんあった!

【18年ぶりの初めまして】
今日は、私の初海外一人旅の勇気づけ旅を作ってくれた超本人に
会って来ました〜!!
この人だったんだ!!嬉しい!!
大学1年の春。
英語が話せるようになりたいと思った私は多国籍ツアーに参加。
そこでアジア人差別のような体験をして涙を流し、そこのツアーで一緒だった
アイルランド人の当時の新婚さんとは未だにクリスマスカードのやり取りをしている。
私の多国籍体験への勇気付けとなったオーストラリア3週間の旅。
まさか、中村隊長の口から「アドラー」が出てくるとは
18年ぶりの初めましては、なんだかあっという間の横の関係(^^)
今日もいい日だ!嬉しい日だ!
Rie


地球探検隊の「旅パ」に行ってきました!
50代でもワクワク感に満ちている、
そして あったか~い隊長に会えてよかった!
旅にも行きたくなって、ウズウズ、ワクワクしました。
ヒロさんも、ありがとうございました!
めぐみ


楽しい時間をありがとうございました!
バルーンアートや講演での47都道府県制覇(現在34/47都道府県)、
来年8月からの世界一周20か国の旅の実現に向けてさらにパワーアップし、
加速していきます。
また、旅での体験を語る「旅パ」やみんなで旅の魅力を分かち合う
大人の修学旅行のようなイベントの開催!
僕自身がずっとずっと描いてきたことをすでに隊長が実現してくれていて、
僕が実現したときのリアルイメージがしっかりと出来ました。
本当にありがとうございます!
また、来月参加します♪よろしくお願いします。

バルーンアーティスト・ヒロ

隊長!昨日はありがとうございました!
旅好きな方達と繋がれる場所を作っていただき感謝です✨
世界は広いな〜大きいな〜
ますます旅がしたくなりました
モモ


地球探検隊の旅パに参加!
隊長ほど誰かにパワーを与えられる人間ているのかな?笑
山形から日帰り参加のティーンエイジャー、ゲンちゃん
ボリビアから参加のタカさん

レジェンド隊員ノブさん
愛すべきクレイジーな人たち…
また遊んで下さい!
ミッキー


今日旅パにいってマジでよかった!
最初心配しかなかったけど、
中村隊長とかみっきーさんとか今日話しをしてくれた皆さんに圧倒されまくりだった!!
絶対旅に行く!!!
いろんなこと体験する!!
ブッとんだ人間でいつづける!!
かっこいい大人だった
ゲン

 

みんな、次回も是非!

魅力は、あるかないかではなく、やるかやらないかの差 
<成長のヒント>
 魅力とは、引力。 
 人、仕事、チャンス、役割、お金
 出会い、情報、ひらめき、偶然...
 を引きつけること。


 引力は、星の重さに比例するように
 魅力もまた、思いの重さに比例する。

 
 それは、すなわち
 意思の強さ、情熱の量、愛情の深さ。

 
 ・何が何でもやり遂げる
 ・絶対に、〜する!
 ・あの人のために〜 


 という
 熱く、強く、美しい想いが
 多くを引きつける。 


 しかし、思いがあればあるほど
 長所や才能が開花する反面
 逆のモノも引きつけて

 短所や弱さや課題もまた同時に出てくるもの。 

 それらに
 逃げずに、負けずに、引っ張られずに
 打ち勝って(克服して)
 乗り越えられただけ
 魅力の深みが増していく。
 
 小田真嘉

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月26日(月)

「我々が忘れかけていたもの」

テーマ:「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅

   空気は、
   読むものじゃなく
   吸い込むものだった、と思い出しました。
   「青春18きっぷ」ポスター紀行、込山 富秀

 

先月、「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅で
乗馬初日に大きな事故があって
ずっと怪我をした隊員(お客さん)と病院にいたので
他の隊員たちが旅を楽しめているかが気がかりだった。
参加者のほとんどが地球探検隊の旅に初参加だったからだ。
唯一のリピーター隊員Nobu Nobushige Iwasaki
の、この文章が目に留まったとき、凄く嬉しかった。
コレだよ、俺がモンゴルで感じてほしいのは。

  「営業に行ってきます!」
  と、会社を飛び出し、そのまま中国は”内モンゴル自治区”へ。


  何もないってなんだろう?

  普段利用している文明の利器が無いことをいうのだろうか?
  周囲に商業施設や観光名所が無いことをいうのだろうか?

  「草原以外何もない」

  そう思い込んでやって来たこの場所には、我々が忘れかけていたものや、

  手放してしまったものがあふれかえっていた。

  無限に広がる大地
  エアコンより心地よい乾いた風
  人々の温かさ
  枯渇した喉に流れる甘美なスイカの果汁
  人懐っこい犬たち
  開放感いっぱいのトイレ

  井戸水を頭からかぶる爽快感
  命の尊さとその命によって生かされているという実感
  ドラマチックに移り変わる空
  近所の公園の街灯より明るい月のまぶしさ
  クリスマスのイルミネーションより壮大な星々の輝き
  外で寝れる幸せ
  そして何もする必要の無いゆるやかな時間

  そう、
  モンゴルには「草原しかない」のではない。
  モンゴルには「草原がある」のだ。


  「何もない」ってのは、きっと自分の感性が無くなってしまったことをいうのだろう。
  Nobu

 


   旅は、
   いつだって一回きりです。

   同じところに、
   また行くことはできても、
   同じ旅はできない。

   「青春18きっぷ」ポスター紀行、込山 富秀

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月23日(金)

「応援メッセージにPC前で泣いた!」

テーマ:「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅

   あたたかな気持ちは
   他の人の気持ちもあたたかくして、
   次々にあたたかな連鎖を起こす。
   「白い街 あったかい雪」鎌田實(著)


久しぶりに反響があった事故報告と今の気持ちを綴った
フェイスブック、メルマガ、それにブログ。
「旅」することで何を伝えたいのか?

今日も、ブログを読んだ新規のお客さんから嬉しい電話があった。
「事故のブログを読んで、かえってモンゴルに行きたくなりました。
娘と2人で参加したいと思っているのですが、
来年の夏もモンゴルの旅は計画されますか?今から準備したいと思ってます。
ずっと守りの人生でしたが、攻めていこう!って思いました。」


帰国した翌日の9月8日からメッセージが止まらない。

嬉しかったのは、
「お帰りなさい!」とメッセージをくれた人の多くが
モンゴルに参加したことのある隊員(お客さん)たちだったこと。

そして、事故報告と今の気持ちを書いたフェイスブック、メルマガ、ブログには、
会社設立した20年前から今年の新規隊員までから温かいメッセージをもらえたこと。
それは、20年間ブレずにやり続けたことを隊員が見てくれていた証拠。

何度も目頭熱くなってPC前でウルウルした。
隣のヤマディ副隊長に気づかれたかな 笑
隊員たちの一つ一つの言葉に、もの凄いパワーをもらえた。感謝しかない。

それに、20代から80代の方まで幅広い年齢層の人からメッセージをもらえたことも
嬉しかった。みんな前に進む勇気をありがとう!

いくつかのメッセージをシェアしたい。

隊長、怪我された方が無事回復されて本当に良かった。

失ったものがあるように見えるかもしれません。

けれど隊長が決めてやり遂げたことが

多くの人をどれほど勇気づけるかわかりません。お帰りなさい。

無事の御帰還、心より感謝します。
これほどの感動を味あわせてくれる人生をシェアしてくださって、

本当にありがとうございます。
しげちゃん


隊長、数年前の我が身のことを思い出して涙しました。

あの時も、隊長はまるで家族の様に付き添ってくれて、

ベッドから一人で起き上がれない私を助けてくれたり、

私の不安な気持ちを吹き飛ばしてくれました。

おかげで私は身体は痛くとも毎日笑顔で過ごす事が出来ました。
お怪我をされた方も、隊長がそばにいてくれて心強かったことと思います。

早く回復されることを心よりお祈りいたします。
隊長もゆっくり休んでくださいね。
いとっち


隊長、 ブログ読みました。 無事でよかったです。読んでて涙が出ました。

他人の人生を生きるのではなく、自分の人生を生きている隊長を

心の底から尊敬しています。隊長の言葉はいつも勇気をくれます。

それは隊長が本気で生きているからだとブログを読んで改めて実感しました。

隊長にまた逢えること、楽しみにしています。
しま


隊長!!お久しぶりです!! メルマガみて思わず心震え、

メールでエール(笑)を送りたくなりました!!

隊長の選択は正しいし、すごい決断だと思います。

ブレない強さ、勇気をもらいました。 これからも陰ながら応援しまっす!!

また、事務所遊びにいきますねぇ~!!
つよぽん


中村隊長、大変でしたね。旅を主宰すると、大小様々な問題に必ず出会います。

中でも、けが、病気、最悪は死というようなこともあり得ます。

おっしゃるように、それも自分ならまだしも、一緒に連れて行った人が、

となると全く桁が違って大変です。隊長の気持ち良くわかります。

それを超えて、新しく決意し、前へ進もうとしていらっしゃることに強く同意です。

もちろん、今回の教訓から学ぶことはとても大事なことです。

その上で、力強く前進してこそ、みなさんが隊長と行く素敵な経験を持つことが

できるのだと思います。同じ旅を創る仕事をしてきた人間として、

一層前進する隊長に期待しています。 また一杯やりましょう!
首藤


お疲れ様です。 日記みました。(Ameba) 凄い悩まれたと思います。

正直直面していない自分があれこれ想像してもわからないですが....

大きく悩むきっかけをもらえた事は有難いと思います。

何よりも死者が出たわけでない事が本当に救いだったのではないかと思います。

そして隊長が旅をやめないことを決断してくれた事が嬉しいです。

最悪な事態の一歩手前までいった隊員にとって旅の案内人をしていた隊長が

やめてしまったらその人に対する想い、その人の想いは....となってしまうように

思っていたので。 隊長が以前言っていたと思いますが、

人生は何が起こるかわからない。 という言葉がまさに今回に当てはまると思います。

何が起こるかわからない中で悪い事が起きた時、起きた後にどういう方向に

考えてるのは進むかで意味ががらりと変わると思うんです。

隊長より生きてる人生の短い若造の未熟ものですが、

これだけはお伝えしたくてメッセージを送らせていただきました。

今の経験を得た上で旅を提供していく事で絶対に隊長の旅は

今まで以上の深みのある旅になりますよ!

これからの旅にはそういう期待というか価値があるものになると直感ですが、

すごく思います。 頑張ってください!

これからの旅と隊長の価値をもっと共有していただけたら嬉しいです。
アミーゴ

ブログ読みました。マイナスの感情もたくさん出てきたと思いますが

オレが思ったのはこの写真。

この世界、隊長が継続してやって来たからこそ生み出せた世界ですよね。

この時ファインダー越しに隊長が長年かけてつくり出してきた世界の素晴らしさ、

どれだけの人が探検隊、そして隊長との出会いが人生を豊かにしたか。

ここの写真に写ってる子供たちだって、何人かは探検隊があったからこそ

この世に生まれてくることが出来たんやって思った時に、

隊長のやって来た事の尊さと重みを感じ、自分もこんな世界を少しずつでも作って

世の中の人に貢献したいなと思ったのを今でも覚えてます。

この時に人生で初めて自分で作りたいなあって思うものが出来たのかも。

いま土俵を地方に移してますが、取り組んでることの原点や思いは探検隊、

隊長との出会いが心のよりどころになってます。

今回モンゴルで起こったことは残念な事ですが、これを失敗とするか経験とするかは

隊長の捉え方次第。隊長の今までの在り方ぶれない限り、

結果は後から付いてくると思います。

何も結果出してない人間が偉そうなこと言ってすみません。

久しぶりに色々お話ししたいですね^o^ 頑張って下さい。
せんとくん


中村隊長 ご無沙汰しております。メルマガ 拝見しました。
大変苦労されたようですね。詳細を知らないので
その件に関して私から何も申し上げることはできないのですが、

私が自信を持って言えることがあります。
それは中村隊長に出会っていなかったら今の自分はいなかったということです!
よくあなたのように生き生きしているサラリーマンを見たことが無いと言われます!
それは、海の向こうに何があるか知っているからです!
いつも私の中にはアメリカで見た大自然、地平線に沈む夕日、満天の星空、

寒かったタイムズスクエア、キャンプファイアの前で国籍を超えて語りあったことが

鮮明に残っています!
そして人生が冒険であることも知っています!

そしていつでも冒険が出来ることも知っています!
20歳の時、それまで、とにかく勉強をしていい大学に入ることが美徳だと
言い続けられてがむしゃらに勉強をしました!
そして、大学に入ったのですがとても虚しさを感じていました!
そこで中村隊長に出会い旅に出会いました!

そこからは冒険に満ちた日々が始まりました。
今は40歳になりましたが人生楽しいです!出会いに感謝します!
今回のメルマガを読んであらためて 旅について考えさせられました。
昔の人は命懸けで旅をしていましたよね!もう帰って来れないかもしれない
という覚悟の上で旅に出てましたよね。やはり、旅には危険がつきもの

そういう意識があるから

素晴らしいものを見た時にあり得ないくらい感動するのでしょうね!
よく京都のキアヌさんが「トラベルは トラブルでも結果的に良い思い出いになる」
って言ってましたよね!
危険を恐れて旅をやめてしまうと人類の成長もないですよね!
だから、これからも素晴らしい旅の輪を広げてください!
いつもありがとうございます!

マサ

隊長、私は、岡山で隊長に出逢えたこと、東京で再会できたこと、

そして…モンゴルに病気の私を受け入れ、行かせてくださったこと、

本当に感謝しています。
チャレンジの大切さ、楽しさを教えていただきました。
また、お逢いできる日を楽しみにしています。
さとちゃん


隊長、ドキドキしながら読みました。
本当に大変でしたね。危険が伴う危険がある乗馬かもしれないけど、

でもでも私が参加したモンゴル乗馬キャンプツアーも最高の旅でした。

ペガサスのように飛んで行くんじゃないかという感覚、よく分かります。

行った人でないと分からない経験です。隊長には心から感謝しています。

無理しなくていいですけど、モンゴルツアーを続けて欲しいです。

あの旅は地球探検隊だからできる旅だと思っています。
怪我をされた隊員の完全復帰を祈ってます。
あきこ


中村隊長ご無沙汰しております。以前内モンゴルでお世話になった老生です。

この度は、大変なこととなり胸中察し余るものがあります。

何らかの行動にリスク(危険)はつきもの、とはいうものの当事者には、

心身とも深い傷を負うものと推察します。
怪我をされた方の快復をご祈念申し上げます。
私が内モンゴル旅行に参加したグループは皆さん若く、

皆さんの敬老精神で無事乗馬が出来ました。

(皆さんは20~30歳代、私とは30年の年齢の開きがあった!)
とはいえ、案内していただいた現地のハスさんにはしっかり手綱を確保され、

ほとんど身動きできないで馬の上に乗っていました。

アスリートを気取る私にとっては、空しい思いもありました。

つまり、中村隊長は、当時から安全性には気を配っていただいたものと理解しています。
「過ちては改むるに憚ること勿れ」
今後ともユニークな旅の企画を期待しています。
いくお

 

先般思いもかけない事故があり、心配していました。

あなたの真摯な取組を見て感銘いたしました。

おりを見て、あなたの事務所を訪れたいと思います。

T社長


「究極の支援」って、そばにいることだと思う。
今回、多くの人から温かいメッセージをもらって
そばにいてくれてると実感できた。
凹んでいる場合じゃない。
自分にOK出して、
原点に立ち戻り、カッコつけないで我武者羅に前に進んでいきたい。

「究極の自己満足」って、思いっきり人の役に立つことだと思う。
それが自分のパワーになるのを何度も体験してきた。
これからも自分らしく地球探検隊らしく、やれることはすべてやる!

そして、まだ会ったことのない、この志村さんのFBコメントを胸に、
今、そばにいてくれる隊員たちと新たな事業にチャレンジしていきたい。
大変でしたね!信を持ち続ければどんなことがあっても理解してくれる友はいます。
1000人の知人より10人の仲間を大事にしたい。どうぞお体ご自愛ください!
志村


「本気」でいくぜ!


<内モンゴル騎馬遠征隊 旅ブログ>

   

   お前の人生は、半分はお前のためと、
   あとの半分は、誰のためにある?
   あとの半分は、お前を大切に
   思ってくれる人のためにある。

 

   「ちょっと今から仕事やめてくる」北川恵海(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月22日(木)

「娘の就職先内定にホッとした」

テーマ:家庭

   親離れといい、子離れというけれど、
   それは決して別離ではない。
   むしろ親子が新たな距離感を獲得する契機なのだ。
   「主夫になろうよ!」佐川 光晴(著)


水曜定休日の昨日、高3の長女、未空(みく)の
就職試験の発表がある日だった。
昼になっても、娘から、かかってくるはずの電話がない。
思わず、携帯に電話すると留守電にもならない。
「手応えはあったよ。たぶん大丈夫!」
そう言ってたけど、もしかしたら・・・・・・


電話がないまま20:00になった。
ようやく、未空が帰宅した。
「どうした!?」
「パパ、生徒会の仕事が忙しくて電話できなくてゴメンね。
それに、友達でまだ結果発表のない子もいて、自分だけ喜べなくて。

わたし、受かったよ!笑」

未空が小学低学年の頃から家族で通い続けてた商店街の人気店で、
オレもお気に入りの「食堂」に内定!
母方の祖父母のお墓が近くにあるのだ。


そこに娘は縁を感じていたが、途中、気持ちが揺れ動き、
「大好きなお店だけど、スタッフになるより、
お客さんでいたほうがいいようにも思って・・・どうしよう」

って、第一志望にするかどうか迷っていた時期もあった。

「隊長って強運の持ち主」ってよく言われるが、
いつも、オレは祖父母に守られてるように感じている。
これだけ旅を続けていて、一度も大怪我も病気もしていないのは、
祖父母のおかげだと勝手に信じている。
だから「ありがとう!」を言うために、家族でお墓参りはかかせない。

今回も、気持ちを落ち着かせるため、娘はお墓参りをしてから、
就職試験・面接に臨んだらしい。

問題は就職してからだが、まずは「おめでとう!未空」

   就職試験なんて宝くじみたいなもの、
   採用されないのがあたりまえなんだよ。
   向こうはあなたのことをすべて知ったうえで
   ノーと言ったわけじゃなくて、たまたまちょっとした要素で
   ほかの学生を採用した、というだけじゃないの。
   「就職がこわい」香山リカ(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月21日(水)

「成長のヒント、小田真嘉 ロバート・ハリス」

テーマ:「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅

   強くなりたかったんは、楽になりたかったから。
   でもわかった。強くなればなるほど楽と程遠くなる。
   強さというのはそういうことなんだってわかった。
   どんどん楽じゃなくなっていくことにたえられること。
   楽を自分で蹴散らしていくこと。
   「拳の先」角田光代(著)

 

昨日、68歳となったリスペクトする友人、
ロバート・ハリスさん ハリス ロバート (Robert Harris) に誕生日メッセージを送ると、

即行で携帯に電話が入った!


「隊長、いろいろ大変だったね、大丈夫?」
「どんなことがあっても、前に進みます」って、話すと、
「さすが隊長!そうでなくっちゃ!」
超嬉しかった!めっちゃテンション上がった。

 

隣にいたヤマデイ副隊長も
「ハリスさん、すごいっスねー」

なんて思いやりのある優しくてウツワの大きい人なんだろう!
いくつになっても、女にモテるはずだ。 笑
見本となるカッコいい大人がそばにいるのに、
俺、何やってるんだろう。

 

いろいろトラブルが続いて凹んでて、
「自分、自分、自分」ってなってて、あれもこれもほしいって
クレクレ星人になって、最近、「Take」ばかり考えていた。
カッコ悪いね。

 

「この人を喜ばすには自分には何ができるのか」
いつも「Give」を考えるのが、本来の俺だったはず。


自分の内にターボエンジン搭載してて、笑 レッドゾーンまで、
自分で自分をやる気にさせてたのが俺じゃないの?
自分を見失いそうになって、ちょっと反省。

 

大切な人を大事にしたい。
大事にするためには、強くならなきゃ。優しくならなきゃ。
心に余裕がなきゃ。
凛とした大人にならないと。
今年、55歳なるってのに、まだまだ未熟なガキんちょだ。

 

すべての出来事は学びと成長のためにある。
ハリスさんのように、与えられる人にならなきゃ。
俺にも「与えられる」ことは、まだたくさんあるはず。

 

いくぜ!昨日の弱い自分!
いつも闘う相手は昨日の自分。
昨日の自分を超えていけ!オレ。
オマエらしさを取り戻せ!
いつも、そんなふうに考えられる自分でありたい。

何日か前に目に飛び込んできた、
年下だけど、リスペクトする友人、小田くんの言葉もガツンときた。

偶然じゃなくて必然だ。

 

   大人への通過儀礼を越えていく 3480

  <成長のヒント>
 

   ヒナは

   口を開けて必死にアピールして待ち

   エサを食べて

   大きく成長していく。
 

   親鳥は

   待っているヒナたちのために

   エサを探して

   大きく立派になっていく。
 

   自然界の生命のすべて

   植物も、動物も、人間も
 

   もらう時期を経て、成熟していき

   与える時期へと進んでいく。
 

   …にも関わらず
 

   「自分!自分!自分!」

   と、自分のことばかり考えて
 

   ・かまって欲しい

   ・認めて欲しい

   ・褒めて欲しい

   ・なぐさめて欲しい

   ・色々やって欲しい
 

   と、欲しいものをむさぼっていたり

   満たされない心を埋めてばかりいたら
 

   いつまでも

   ずっと未熟なヒナのままで

 

   羽ばたくことなく

   本当の人生が始まらない。
 

   大人とは
 

   自分で自分を満たしていき

   自分で自分のきげんをとって

   自分で自分をやる気にさせ

   自分で自分を教育していく人。
 

   ヒナから成長して、巣立ち

   与える側へと

   立派に羽ばたいていくには
 

   ・安住の地を離れることへの迷い

   ・恵まれた環境を捨てる不安

   ・共に時間を過ごした仲間との別れの寂しさ

   ・飛び出しても落ちてしまうかも、という恐怖

   ・今やらなくてもいい、という先延ばしグセ

   ・何かいいことが起きて欲しい、という甘い期待
 

   などを振り払って

   未熟な自分に打ち勝ち

   大人への通過儀礼を越えていくこと。

 
  

   あなたの光に触れる全ての人たちが

   幸せと豊かさに包まれ
 

   その光の波が

   世界の果てまで広がることを祈っています。
 

   小田真嘉 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月21日(水)

「AURORA WONDERツアー2016 中垣哲也」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅

   誰かに背中を
   押してもらって初めて
   前へ踏み出せるんですよ。
   「みをつくし料理帖09─美雪晴れ」、高田郁(著)


9月19日(月・敬老の日)
中垣哲也さんの上映トークライブに行ってきた。


場所は俺もトークライブをやった、
横浜・関内の「Bar De 南極観測料理人 Mirai」
「Mirai」に行くのもオーナー篠さんに会うのも久しぶりだ。懇親会にも参加した。


中垣さんとは長い付き合いになるのに
上映トークライブを観るのは今回が初めてだった。
想像以上に良かった。
是非、大切な人と一緒に観に行ってほしい。

ロマンチックな夜になることを保証するから 笑

「流れ星」の映像が
コマドリした写真を重ねて映し出されるから動く・・・
あなたは星に何を願う?

無性に星が見たくなる。
オーロラがみたくなる。
夜空を見上げたくなる・・・・・アラスカに行きたくなるはず。

雄姿デナリ(マッキンリー)、デナリ国立公園、
秋の紅葉シーズンのデナリハイウエイ、
冬の北極圏ドライブ・ダルトンハイウエイ、パイプライン、
そして、夜空に舞うオーロラ。

すべて俺も実際に行った場所だった。
つくづく今まで本当に良い旅をしてきたんだなーと
感慨に浸る時間だった。

俺も「もっと世界は美しい、地球は美しい」って
伝えていかないと!

中垣さんが日本全国を縦断する。
お近くの方は是非、足を運んでほしい。
 AURORA WONDERツアー2016
 
 9月22日(木/祝)<池袋>Gallery K
 9月24日(土) 湘南台文化センターこども館 プラネタリウム
 9月25日(日) 湘南台文化センターこども館 プラネタリウム
 9月26日(月) ニッコウトラベル説明会
 9月27日(火) <新橋>アルパインツアー旅行説明会
 9月28日(水) <渋谷区幡ヶ谷 >マイスタァ
 9月29日(木) <渋谷区幡ヶ谷 >マイスタァ
 9月30日(金) かわさき宙と緑の科学館 プラネタリウム
 10月 1日(土) かわさき宙と緑の科学館 プラネタリウム
 10月 2日(日) 八王子市由井市民センター
 10月 7日(金) <郡上>オーガニックカフェ
 10月 9日(日) <名古屋>老久
 10月10日(月/祝)<愛知県>半田空の科学館 プラネタリウム
 10月11日(火) <名古屋>
 10月13日(木) <京都>戒光寺
 10月14日(金) <京都>戒光寺
 10月15日(土) 寝屋川中央公民館
 10月16日(日) 金沢歌劇座
 10月17日(月) 石川県かほく
 10月18日(火) <富山県氷見市>湯の里いけもり
 10月20日(木) <富山県南砺市>法林寺温泉
 10月22日(土) 福井県敦賀市立児童文化センター
           (敦賀市こどもの国)
 10月23日(日) 大津市科学館 プラネタリウム
 10月24日(月) <大阪府>和泉市生涯学習サポートセンター
 10月25日(火) <大阪市>アルパインツアー説明会
 10月26日(水) 西宮市大学交流センター
 10月27日(木) 大阪市Guittone
 10月28日(金) 大阪市Guittone
 10月29日(土) <神戸>こうべまちづくり会館
 11月 1日(火) 宇部プラネタリウム
 11月 2日(水) 宇部プラネタリウム
 11月 3日(木) 宇部プラネタリウム
 11月 5日(土) 北九州市立児童文化科学館
 11月 6日(日) 北九州市立児童文化科学館
 11月 8日(火) <福岡>アルパインツアー説明会
 11月 9日(水) <佐賀県>嬉野市
 11月10日(木) <長崎県南島原市>星のきかんしゃ
 11月19日(土) <高知県>高法寺
 11月20日(日) <高知県>日高村ターシャ
 11月23日(水/祝)<大阪府>枚方市

 どこかでお会いできれば幸いです!
 中垣 哲也

満天の星空を観たくなったら10月のミクロネシアの無人島・ジープ島

または11月のモロッコ・サハラ砂漠へ。

 

オーロラを観たくなったら

年末年始、2月、3月のアラスカ・オーロラの旅へ是非!

申込、待ってます!

 

<アラスカ・オーロラ旅ブログ>

   愛する人の心の
   よりどころになることは、
   何かをすることではない。

   ただそこにいて、
   愛情に満ちた時間を
   分かち合うことなのだ。

   「その人」にもっと愛される心理学、バーバラ・アンジェリス(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月21日(水)

「娘たちに手料理三昧の3日間」

テーマ:家庭

   なんだか
   わかんなくなったときには
   動くといいですよ。
   「拳の先」角田光代


休日の俺んちの食卓シリーズ!
娘たちに手料理三昧の3日間だった。

先週土曜日、仕事を終えて帰宅すると
「パパ 早く帰って来て良かったぁー
未空が39度の熱があるの。
どうしたらいいかわからなくて・・・」
と、
慌てる高1の次女、七海。


「父子家庭になったんだなぁ」と実感!


俺のいない1ヵ月
未空は妹の七海の面倒を見るため気を張っていたのと、
就職試験が終わってホッとして、疲れが一気に出たんだと思う。

「パパに任せろ!」
薬局とスーパー行って即行で作ったのは、
風邪に効く野菜たっぷりの「俺のミネストローネスープごはん」
冷蔵庫に余っていたベーコンと野菜
(ナス、ピーマン、玉葱、人参、ジャガイモ、エリンギ)
すべてを使って炒め、モランボンの
レトルトスープに入れて煮込んで即出来上がり。


最初は「おじや」を作ろうと思ったが、
少なめゴハンに多めの野菜スープをかけて、クッパ風に仕上げた。
我ながら、余り物で適当に作った料理でも旨い!

でも、熱がある未空は、ほとんど食べられなかった。
アセロラジュース、果物のゼリーを食べて「葛根湯」を
飲ませて寝かせた。
翌朝、早めに薬を飲んだことで熱は下がった。

日曜日のランチは、焼き立てのバゲットを買ってきて
昨日余った汁無し野菜に、ピザソースをかけ、
とろけるチーズをのせて
オーブンで焼き上げると、カリッとパリパリに!
これまた、想像以上に旨い!

夕食は、食欲のない未空に代わって、
七海が「パパの羽根つき餃子が食べたい!」というので、
今回も完璧な羽根つきに!
今までで一番、外はカリッと中はジューシーに出来た。

「美味しいぃー!」の一言が嬉しい。
中国・内モンゴル自治区では、水餃子はあっても、
焼き餃子はない。
やっぱ俺は「焼餃子」が好きだ!
「焼き」のほうがビールに合う。笑

月曜日のランチは、「俺のオリジナルうどん」

昆布と鰹ダシを合わせたダシ汁をベースに、
油抜きして甘く煮込んだ油揚げ、ししとう、オクラ、かまぼこ、
わかめ、最後に特大のシソ梅干しを入れてあっさりと仕上げた。
これには、病み上がりの未空も「美味しい!」

「今晩は横浜のオーロラ・イベントに参加するから
夕食は作れない」というと、
「パパ、今晩は私が作る!!」と、次女、七海。
頼もしいぞ!

   強くなりたかったんは、
   楽になりたかったから。
   でもわかった。
   強くなればなるほど楽と程遠くなる。

   強さというのは
   そういうことなんだってわかった。
   どんどん楽じゃなくなって
   いくことにたえられること。
   楽を自分で蹴散らしていくこと。
   「拳の先」角田光代(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月19日(月)

「今週末9/24(土)25(日)は、新潟・魚沼で 稲刈りの旅!」

テーマ:新潟・“たんけんたい米”づくり

   本気で頑張れない者には、
   先を見つけることもできっこない。
   「遊園地に行こう!」真保裕一(著)


今週末9/24(土)25(日)1泊2日、新潟・魚沼で稲刈りの旅

1週間前の緊急告知・急募にもかかわらず催行決定した。


リピーター隊員たちが声をかけあってくれたのだ。
感謝しかない。
いつも支えてくれる隊員たちに、感謝の気持ちを、言葉だけでなく行動で示したい。
囲炉裏のある古民家で郷土料理に舌鼓を打ち、
旨い新潟の酒を飲んで笑って語り合いたい。

1週間前に旅仲間を募集したのは初めて!
やってみなきゃわからない。
何事もやる前から諦めずに愚直に我武者羅に、やれることは全てやりたい。
受け入れたくない現実も全部受け入れて、前に進むしかない。


そして、9/27(火)は探検隊主催イベント「旅パ!」
先月、初めて参加できなかったから、楽しみだ!
これからも、地球探検隊は「元気になる旅とイベント」を
提供していくので、よろしく!
 

   人を動かすことのできる人は、
   他人の気持ちになれる人である。

   そのかわり、他人の気持ちに
   なれる人というのは自分が悩む。

   自分が悩んだことのない人は、
   まず人を動かすことはできない。

   本田宗一郎

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月18日(日)

「Holsteeマニフェスト」

テーマ:「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅

「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅に行く数日前、
友人 高橋歩 率いるA-Worksより一冊の本が贈られてきたので持参した。

そこに「Holsteeマニフェスト」が紹介されていた。


1ヵ月間、1冊しか持ってなかったから、
繰り返し何度も読んだ文章・・・
きっと、あなたにも前を向く勇気を与えてくれるはず。

 

 これはあなたの人生です。
 自分が好きなことをやりなさい。
 そして、どんどんやりなさい。


 何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。
 今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。
 時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。


 人生をかけて愛する人を探しているなら、それもやめなさい。
 その人は、あなたが好きなことを始めたときにあらわれます。


 考えすぎるのをやめなさい。人生はシンプルです。
 全ての感情は美しい。食事を、ひと口ひと口味わいなさい。

 

 新しいことや人々との出会いに、
 心を、腕を、そしてハートを開きなさい、

 私たちは、それぞれの違いで結びついているのです。


 自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているか聞きなさい。
 そして、その人たちにあなた自身の夢も語りなさい。


 たくさん旅をしなさい。
 道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。
 ときにチャンスは一度しか訪れません、しっかりつかみなさい。


 人生とは、あなたが出会う人々であり、
 その人たちとあなたが作るもの。
 だから、待っていないで作り始めなさい。


 人生は短い。
 情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。

 

 清水ハン栄治(著) 「ハッピークエスト」より抜粋

写真撮影:「内モンゴル騎馬遠征隊」参加、リピーター隊員Nobu
「空をこんなに近くに感じたことは、久しくなかったな。」

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>