$「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

$「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月15日(金)

「幸せって誰かと気持ちを共有できること」

テーマ:「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅
   昨日は、 
   25歳という人と話をしていました。 
   でも、途中でわかったのですが、 
   ぼくは、ほんとは相手の年齢はどうでもいいみたいです。 
   すごい年上の人でも、たとえ未成年でも、 
   結局、やりとりしているボールは同じなんだもんなぁ
   「ボールのようなことば。」 糸井重里


今回の旅、唯一のモンゴルリピーターだった菜々。
20歳のときに一緒に「内モンゴル騎馬遠征隊(アルシャーント牧場)に行って、
3年ぶりに「内モンゴル騎馬遠征隊(ホンゴルアイル)」の旅に参加してくれた。

リピーターがいると、参加者全体の乗馬レベルが上がるように思う。
俺も、草原を走る時、そばにいてくれる隊員がいるだけでテンション上がった。



お名前:菜々
 
ご職業: 学生 
年齢: 20~24歳 
地球探検隊ツアー参加歴: 2回目
 
<今回あなたが参加した現地発着ツアー> 
ツアー名:内モンゴル騎馬遠征隊 
2015年8月13日~8月19日まで
 
<参加者7名 (男性4名・女性3名/隊長含む)> 
参加者の年齢:20代から50代まで幅広く。

<ツアー中の宿泊場所について>  
ゲル4泊、テント1泊、北京市内のホテルに1泊(最終日) 
どこもそれぞれ快適でした(笑) 
夜は気温が下がるので、寝袋と暖かい服装は必須です。
 
 <ツアー中の食事について>
美味しかった!!!
 毎食毎食、心のこもった料理をたくさん作ってくれたホンゴルアイルの家族に感謝です。

 <スタッフ(スチンさん、乗馬ガイド、隊長)に対する感想>  
スチンさん 
大柄な体と人懐っこい笑み、一目見た瞬間に大好きになってしまいます。 
スチンさんの人柄と、 
隊長とスチンさんが長年築いてきた信頼関係によって生み出される絶対的安心感。 
モンゴルで何の心配もなくあんなに気持ち良く過ごせたのは、 
スチンさんのおかげです。ありがとうございました!
 

乗馬ガイドさん  
時に勝手に突っ走ってしまう私たちをたしなめながら、 
皆が安全に乗馬できるよう先導してくれました。 
2日目、3日目あたりから見せてくれるようになったシャイな笑顔がすごくキュートでした。
彼らが馬に乗る姿には本当に惚れ惚れします。    

隊長
 
誰よりも率先してまずは俺が楽しむ! 
それを有言実行する、隊長の「いまここに居ること」を 
心から楽しんでいる様子が周囲にも伝わって、 
みんながどんどん明るくオープンになっていた。 
隊員一人ひとりの健康面や安全な乗馬に気を配りながら、自分もとことん楽しむ。 
難しいことをさらっとやっちゃうその姿がすごくかっこよかった。

 

 <ツアー中の出費は>  
主な内訳は? 
初日と最終日の食事代とチップ代ぐらい。 
人によってはそれプラス観光費とお土産代も。 
5,000円~1万円あれば十分だと思います。 
 
<持ち物> 
役に立った物(あると便利だと思った物) 
サングラス、ふくらはぎのサポーター、梅昆布茶

<旅の思い出/感想>  
草原での最後の夜。 
あんなに泣けたのは(帰りの飛行機でビリギャルを観たときの方が泣いたけど) 
大好きなモンゴルや馬と離れることよりも、 
1週間、一緒に旅した仲間と別れるのが寂しかったから。 
日本でも、きっとまた会えるけど… 
この旅がこんなに最高だったと思えるのは、7人みんなで気持ちを共有できる瞬間が 
ほんとにたくさんあったからだと思う。
 
馬に乗れた!走れた!気持ちー!ご飯が美味しい! 
寒いね、あったかいね、星がめっちゃきれいだよ!!!! 
そんな小さな大きな感動を皆で共有し合える。
 
そんな時間がたくさんあったから、本当にずっと幸せだった。毎日笑ってた。 
幸せって誰かと気持ちを共有できることなんだって、この旅から教えてもらいました。
 
 日本でもそんな時間をたくさんつくっていきたいなぁ、感じていきたいなぁ。  
みんなでつくる旅、最高です。
菜々

学生だった菜々も今年、乗馬倶楽部に就職した。
菜々、またモンゴルの草原を一緒に走ろう!

 
   ひとりであるということは、孤独を意味しない。 
   ひとりを怖れない者どうしが、 
   助けたり助けられたりしながら、 
   生き生きとした日々が送れるなら、 
   それがいちばんいいと思う。 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月15日(金)

「広い草原を馬に乗って走りたい!」という衝動!

テーマ:「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅
   子どもが、小学生くらいのときに、 
   こんな話をしてやればよかったなぁ、と思った。 
   今見ている景色は、 
   ぜんぶ、後で思い出すものなんだよ、と。
   「ボールのようなことば。」
糸井重里(著)
 
 
ほぼ同世代の隊員ひな。  
探検隊の旅に参加する人は、みな若い。 
最終日、俺の馬を颯爽と乗りこなしてた姿が印象的だった。

名前:ひな  
職業:会社員 
年齢:50~59歳 
地球探検隊ツアー参加歴: 1回目
 
<今回あなたが参加した現地発着ツアー>
ツアー名:内モンゴル騎馬遠征隊 
2015年8月13日~8月19日まで
 
<ツアー中の宿泊場所について> 
①ゲル・・・女性3人で1つのゲルを使用。 
ツーリストキャンプのゲルのような一人一ベットではなく、 
ゲルの奥が高床になっていて、
そこに布団を敷いて三人が並んで眠れるようになっていました。
 
ゲルの形状上、高床部分が半円状なので、端の二人のスペースは奥行きがやや短く、
身長の低い自分でも足がゲルの内壁に届いていたので
身長の高い人には窮屈だったと思います。 
敷布団(かなり小さかった)と掛け布団と枕あり。 
敷布団だけでは床板の固さが背中に伝わってきてしまいましたが、 
数泊のことなのであまり気にならず眠れました。シャワー無しも事前に承知していたので、
水のいらないシャンプーや大判のボディタオル(使い捨てウエットタイプ)で
過ごせましたが、髪の毛の絡まりが酷くなってしまったので、
 
5日目に洗顔用水タンクの水を使って髪の毛の先だけ洗わせてもらいました。 
水は無駄にはできないと思い、「ごめんなさ~い」と言いながら(>_<)・・・・ 
栓を開ければ水が出て好きなだけ使える日本の当たり前が、ここでは当たり前ではない、
ということをしみじみ感じつつ。 
お世話してくださったモンゴルの御家族も温かで親切。とても良かったです。 
驚いたのは、日本の電源コードがそのまま使えたこと。 
デジカメやスマホの充電を気軽にさせていただけて有難かったです。

②キャンプ地
 
一人用のテントを設営してキャンプ。ロケーションもとても良かったです。不便なし。

③北京のホテル(7 days inn)

たどり着いたとき、正直「!?」と思いましたが、 
客室への出入り口にもセキュリティ設備がなされており、WIFIが使えました。 
室内・ベッドも広く、私の部屋は幸いシャワーも調子よく出たので
1泊だけでしたが快適でした。
 
ただし、ホテルからタクシーを呼べないというのは全く想定外で、 
最終日に半日観光を入れ込むのはけっこう難しいことだと思いました。 
今回は旅仲間の協力や偶然の出会いが運を導いてくれて、 
故宮を見に行くことができ、本当に欲張りな旅が実現できたと感謝しています。

<ツアー中の食事について>
 
どのお料理も美味しかった!!!!!! 
羊肉と乾燥チーズの固さ、半端ない・・・・(笑) 
自分の咀嚼力の無さ(あご力の無さ)にくじけそうになりましたが、 
ここでしか食べられないと思い、頑張りました。モンゴルの人は本当に歯が強い! 
乗馬の休憩時に食べたすいかも最高でした。

  <スタッフ(スチンさん、乗馬ガイド、隊長)に対する感想>  
スチンさん:本当におおらかで頼りがいがあり、 
安心して旅をお任せできる方だと思いました。 
スチンさんの姿を見つけると本当にほっとできました。 
個人的に御愛用のナイフをいただけて嬉しかったです。
 
乗馬ガイドのモンゴルのお父さん:きっととてもシャイな方。 
でも日を追うごとに笑顔が増えてきて、その笑顔がチャーミング。 
休憩中の相撲対決には負けず嫌いの一面も表れていました。 
木陰を見つけて一人でさっさと仮眠してしまうところも、 
こちらの人の仕事スタイルなんだな~と納得。 
私の馬はおっとりしていて自分からはけっして走り出さないのに、 
お父さん(の馬)が後ろから近づいてくる気配だけでも 
態度を変えて急に威勢よく走り出すので(笑) 
「お父さん、来て来て」といつも思ってました。
 
隊長:旅に同行する旅行会社の代表というイメージは全くなく、 
誰よりも旅を楽しんでいる人。そして、まさに『永遠の19歳』。 
最後に隊長の白馬に乗せてくださってありがとう!とっても気持ちよかったです。 
我儘をきいてくださって感謝です。

<ツアー中の出費は>  
日本円で約1万2千円分。レートは1元=約21~2円で。 
到着日・・・ドライブインでの食事30元 
水やお酒類はすべて用意してもらっていたので、その後は5日間一切使わず。 
6日目・・・ガイドさんへの心遣い、内モンゴルでのお土産購入、万里の長城観光代、
夕食代
7日目・・・朝食代、故宮観光代(地下鉄・タクシー使用、入場料)、
北京空港での昼食+お土産代

 <持ち物>  
基本的には、事前にいただいた情報をもとに用意しておけば
問題なく過ごせると思いました。
 *役に立った物(あると便利だと思った物)・・・というより絶対必要だと思ったものは  
乗馬の時、身につけるもの(特に、お尻パッドのついたパンツ、
膝・ふくらはぎ用サポーター)
 
基本、素肌は出さない方がいいですね。隊長、虫に刺されましたもんね。

<旅の思い出/感想>  
・「広い草原を馬に乗って走りたい!」という衝動に駆られ、 
昨年、大手旅行代理店の外モンゴルツアーに参加。 
出発日と帰国日は殆ど移動のみだったので、テレルジのツーリストキャンプに 
滞在できたのは5日間の日程のうち3日間。(4日目はウランバートル観光、宿泊) 
さらに乗馬できたのはそのうち一日半で、馬にちょっと慣れた頃
もうおしまいになってしまい、物足りなさが残りました。
そこで、今年再度モンゴル行きを決意。
 
岩山の多いテレルジとは違う風景と、より長い乗馬時間、
そして「探検」のキーワードに期待を抱き、
 
内モンゴル7日間のこの旅を選びました。中国未経験の私にとって
『北京集合・解散』は選択を一瞬躊躇する不安材料でしたが、
ちょっと心配があるくらいが旅らしいし、
 
似たような漢字を使う国だからまぁなんとかなるだろう、と。
 
蓋を開けてみたら、往路・復路とも参加の仲間の誰かと同じ便で、
実際、なんとかなりました。

・とにかくすべての体験が期待以上!ツアーでありながらも自由度が高く、
 
十分に馬に乗れて時間の流れはゆったり。
残すのが申し訳ないくらい美味しい料理が毎回たっぷりと準備されていて、
アルコールはほぼ飲み放題状態!(笑・・・しかも朝から)大自然の壮大さを味わえ、
 
人とのつながりもいただきました。
中村隊長をはじめ個性豊かで素敵な仲間とともに過ごせて、
 
本当に楽しかった。日常を忘れて、モンゴルにどっぷり浸かることができました。
   
・内モンゴルから北京へ戻る途中には、万里の長城観光希望も叶いました。 
出発日の午前中は、弾丸故宮観光組とホテル居残り組に分かれましたが、 
それも充実した時間となりました。乗馬メインの旅だったのに欲張りすぎ?と思うくらい、 
滞在時間の短かった北京も楽しめて、本当に良かったです。 
ひな

まさに『永遠の19歳』
か、今も変わらないな、俺。

 
   じぶんとは、子どものじぶんである。 
   大人のじぶんは、じぶんがつくったじぶんである。 
   つくったじぶんよりも、 
   じぶんのほうが、よっぽどじぶんなはずで。 
   押入れに閉じこめられても、 
   さるぐつわをかまされて黙らされても、 
   そいつは生きて足をばたばたさせている。 
   よし、言おう。 
   言ってしまおう。 
   人間とは、子どものことである。 

   「ボールのようなことば。」 糸井重里(著)
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月15日(金)

「寝袋に入って星を見ながら色々と語り合ったのは良い思い出」

テーマ:「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅
   ぼくはこうしなさいとか、こうすべきだなんて言うつもりはない。
   "ぼくはだったらこうする“というだけだ。
   それに共感する人、反発する人、それはご自由だ。

   『強く生きる言葉』岡本太郎(著)


昨年、「内モンゴル騎馬遠征隊」に参加した隊員スズケン。
今月、青森から新オフィスにサプライズ来店してくれて、嬉しい一言。
「隊長、モンゴルは一生忘れない旅です。いつも人に勧めてます」

そんなスズケンのアンケートをシェアしたい。

お名前:スズケン
年齢:30~39歳
地球探検隊ツアー参加歴:1 回目
ツアー名:内モンゴル騎馬遠征隊(ホンゴルアイル)
2015年8月13日~8月19日まで

<ツアー中の宿泊場所について>

満足です。不便な宿泊もその様なコンセプトの旅だと思えばボットン便所ですら、
良かったと思います。

<ツアー中の食事について>
大変美味しかったです。モンゴルの郷土料理がメインだったのも良いと思います。
唯一残念なことは馬乳酒を飲めなかったことです。

<スタッフに対する感想>
スチンさんのサービス精神やフォロー(写真撮影など)が大変良かったです。

<ツアー中の出費>
1万円
お土産6000円、チップ2400円、最初の日の夕食と最終日の夕食の合算:1400円

<持ち物>
カメラバッテリーの予備とモバイルバッテリー。
カメラのバッテリーがなくなって撮影できなかった人がいたが
自分はバッテリーの予備とモバイルバッテリーを持っていたので、
携帯も含めてバッテリー切れすることはなかったです。

<旅の思い出/感想>
日常では知り合うことのない年齢や職業や考え方などが異なる参加者と親しくなった事、
色々と話せたことが大変良かった。
旅を楽しめただけでなく今後の生き方に関しても刺激を受けたと思います。

また、帰国して感じた他の旅行(個人旅行やツアー)との違いは
親しい仲間が出来たことだと感じました。
旅行後の交流でもその機会を隊長が率先して作ってくれたので、
色々とやり取りしていて帰国後も旅行が続いている感じがします。

ある程度年齢を重ねると日常生活で親しい仲間は出来にくいですが、
今回の旅ではそれが出来てそれが嬉しいです。
複数の人とここままで親しくなるのは個人旅行やツアーでは難しいですね。

夜防寒対策をして寝袋に入って星を見ながら色々と語り合うのも良い思い出です。
綺麗な星空、数多く流れる流れ星は旅の思い出を豊にしてくれました。
NEXT ONEのメンバーも是非体験してもらいたいです。
ただ、その時に隊長は毎回ベロンベロンでしたが・・・^^:
スズケン


内モンゴルに行くと、アルコール度数60度の「草原白酒」が待っている。
もちろん酒の飲めない人に無理に勧めることはない。
でも、いつもモンゴル人に俺だけたくさん飲まされて、この酒だけは
旨く感じなかったのたが、最近は、旨く感じるようになった。笑
ときどき記憶を失う隊員も出るが、俺も覚えてないことが・・・
心を丸裸にしてくれるのが、内モンゴルだね。

内モンゴル、外モンゴルの旅、予約受付中!

   眼の前にはいつも、なんにもない。
   ただ前に向かって身心をぶつけて挑む、瞬間、瞬間があるだけ。


    『強く生きる言葉』岡本太郎(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月13日(水)

人生を変える旅とイベント!

テーマ:イベント・講演・セミナー・交流会
   どんな接客をしているかといわれるのですが、 
   愛想よくすることじゃないんです。 
   気持ちを込めて接客すること。 
   アルバイトの部下には、 
   「いいか、お客さんをお前のおふくろだと思え、 
   親友だと思え」と言っています。    
   「サービスの達人たち 究極のおもてなし」
    野地 秩嘉 (著)  

昨日の「旅パ!」 はスペシャルゲスト、
 
つるつる 上鶴 篤史 を迎えて、 
「好きなことをして生きる!」をテーマにトークライブ。



彼は、登山ガイドで添乗員で写真家でもある。
 
そして、彼がガイドで、 
探検隊初の日本百名山登頂&写真教室イベントを発表した。 
詳細は近日発表予定だけど8月21日(日)空けておいて! 
第一弾は山梨県の登山!俺もヤマディ副隊長も行く予定。 
国内日帰りイベントでも聞いただけでワクワクした。



5年前、20歳のときに内モンゴル騎馬遠征隊に参加した
 
隊員モカが、気持ちを込めて旅を語ってくれた。
「モンゴルに行った、すぐ後に世界周遊をした中でも、特にモンゴルの旅は良かった、
また行きたいって思う場所です」
って言ってくれたのは嬉しかった。
ありがとう!つるつる、モカ。



また、昨日初めて会った、
 
ともえの誕生日を参加者全員で祝った。 
探検隊を最近知って、探検隊のFB公式ページ にコメントを投稿したのが、きっかけ。
 
「旅パーティー(7月12日)は、誰でも参加可能なのでしょうか?」 
ちょっとしたきっかけで人生が大きく変わることがある。 
そんな予感のする素敵な時間を過ごせたと思う。

人生を変える旅をしよう!   
3回のモンゴルの旅を終えて、たっぷりモンゴルの旅の報告をしたいと思っている。 
 
    私たちがやってるサービスとはつまり、  
   思い出を持ち帰ってもらうこと。 
   ですから、次に考えるサービスも
   何か思い出につながるものにしたいと思っているんです。
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月10日(日)

「営業時間終了5分前の電話」

テーマ:「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅
   「人(=じぶん)がうれしいことって、どういうことか」
   とにかくこればっかりを、しつこく考えることです。 
   逆の言い方でもいいんですよ。 
   「じぶん(=人)がうれしいことって、どういうことか」 
     たぶん、これがぼくらの最大で、唯一の仕事です。      
 
昨日、営業時間終了5分前、電話がなった。
来週の16日からの内モンゴル 、まだ間に合いますか?」 
「北京までの航空券さえ予約できれば行けます! 
私のフライトスケジュールをメールするので、 
それを参考に、ご自身でネット予約してください」
 
タイミング的に、昨日のユーストリーム放送「ウツワ」か・・・ 
気が付くとジャンプしてガッツポーズしてた。 
そして、隣のデスク、ヤマディ副隊長と硬い握手!!! 笑
 
出発直前で旅仲間が増えるのは嬉しい! 
しかも素敵な声の女性だった・・・
 
何よりモチベーションをアップさせるのは、リアクションだ!

昨日は友人、小野スタイルの後、隊員となったDJヒロさん、
 
隊員レイカ、ヤマディ副隊長と江ノ島アウトリガーカヌーを、 
そして、外モンゴル騎馬隊結成、内モンゴル騎馬遠征隊を 
  
打ち上げには、江ノ島アウトリガーカヌーに参加した隊員まるちゃんも合流!

旅仲間が揃うと、なんでこんなに楽しいんだろう!  
サッポロビールもプレモルも旨かった!
 
そして、日曜定休日の今日、申込があった、 
1週間前に旅仲間が増えるって、こんなにテンション上がるんだ!

内モンゴル、外モンゴルの旅、予約受付中!
 
    「ねばれ!」しかないんですよね、たいていのことは。 
   天からの啓示も、ありがたい偶然も、 
   ねばっている人のところにやってくるわけで、 
   おそらくそれは「考えつづけている」というのと、 
   同じことなんじゃないかなぁ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月06日(水)

「一番思い出に残る旅の上位に必ずモンゴルあり。」

テーマ:「外モンゴル騎馬隊結成」の旅
   つくるときの「初心」も大事だけれど、 
   知ってもらいたいという「初心」も大事にしよう。 

水曜定休日の今日
 
去年の「外モンゴル騎馬隊結成」の旅の写真を整理して 
隊員たちのアンケートをじっくり読んだ。 
旅の記憶がよみがえってくる。
 
心から「良い旅だったなぁ」 
今年は、どれだけの人をモンゴルの草原で笑顔にできるかな・・・

今年の外モンゴルも楽しみで仕方ない。 
まずは探検隊歴10回目のリピーター隊員わじのアンケートをシェアしたい。 

Q1:今回あなたが参加した現地発着ツアー
 
ツアー名:外モンゴル騎馬隊結成 
2015年8月5日~8月10日まで 
年齢:30~39歳 
地球探検隊ツアー参加歴:10 回目
 
Q2:参加者11名 (男性4名・女性7名/隊長含む)  
医療介護系・SE系・社長etc

Q3:ツアー中の宿泊場所について
 
ゲルがめちゃくちゃいごごち良し! トイレやシャワー室はスタッフが 
逐一掃除をしていて、臭わないし清潔(これはすごい!) 
ただゲルなだけに、周囲が盛り上がっていると筒抜け 
敷地内にプレーリーやナキウサギの穴があって何度も足をとられることに・・・
 
夜は照明があって移動しやすく、ゲルを1歩でれば星空が!それも幻想的



Q4:ツアー中の食事について
 
羊肉メインと行く前にさんざん言われていたので、野菜もでる米やパンはおいしい、 
日本人用にできているのか?と思ったくらい。 
量もちょうどよかった

Q5:スタッフ(ゲルレ、ミッチェ、隊長)の感想
 
ゲルレ:とにかくかわいいし、よく動くし、気はきくし、ユーモア抜群。 
ガイドにも一生懸命だけど、何よりみんなと一緒に楽しんで動いてくれていたのが
嬉しかった。ガイドであるとともに、仲間の1人という感じ。
 
日本人にモンゴル語、モンゴル人に日本語で話していたのには
びっくりだったけどかわいかった。
 
ミッチェ、ユウスケと少年、おじちゃん:Booさんはミッチェの馬?なのか 
よく鐙やお腹の紐を調整してくれたり、乗り降りを手伝ってくれた。 
前の方に走っていることが多かったから、馬の乗り方を後ろからみていて学べた
(師匠!)Booさんは後方にいる時が多くて、
自分の道を行く子だったので、よく「大丈夫?」とみんな聞いてくれて安心した。
 
少年も馬や乗り手みんなや紐(鐙)を気にしてくれているのをよく感じた。 
英語が少し話せるのかな?モンゴル語以外で少々会話できた。
将来有望なガイドだなーと。
 
ユウスケはちらほら日本語okだった 
おじちゃんは笑顔で「チョー」の発音をちょいちょい教えてくれていたのだけど、 
何回言っても言えてるんだか・・・
 
Booさんが後方すぎて鞭をふるってくれるんだけど、
初日の慣れていない時はいきなり走るし、
 
横っ飛びするし落ちないかすごくびびった。 
(いつ鞭をふるってるのが見えないから準備ができなかった) 
翌日からは慣れてきて後ろにおじちゃんいる=Booさんあんまり遅い=鞭ふるう 
=走るの予想ができたため、ちょっとありがたい感じになった
  
隊長:モンゴルには絶対隊長と来たいと思ってたので、
予想通り約1週間の旅がめちゃくちゃ楽しかった。
 
12年来てて初めてがいっぱいって隊長が言っていたのは新鮮に感じたし、 
乗る馬がみんな隊長に調教されていたのには、やっぱりモンゴルの血だなと思った。
 
そして初日のバイキングで「俺の卵ー、俺のEggはー?」っていう
悲痛な叫びはこの旅名言上位のツボです(笑)


Q6:ツアー中の出費は  
主な内訳は? 
5000円 お酒飲まないから20ドルをトゥグルグへ(水・ホルホグ)
あとのドルはガイドへのチップが主


Q7:持ち物
 
役に立った物 
100均でかったサポーター、トイレットペーパー、サングラス
 
不要だった物  
行動食(少しあれば十分、お昼にもおやつついてくるし)
(あると便利だと思った物)  
時計:携帯offにしていたから、ゲルに戻ったとき時間がいまいちつかめなかった。 
日没が日本と違うからあった方がよかった



Q8:旅の思い出/感想
 
参加するきっかけ:探検隊の隊員に聞く一番思い出に残る旅の上位に必ずモンゴルあり。 
去年北海道でどさんこで外乗した時、あまりにも心地よくて(その時は並足) 
モンゴルで馬とともに草原を走れたらどんな感じなんだろうか?と考えるようになり。 
去年秋に隊長に予定でたら連絡くださいとメッセージをおくり、 
今年モンゴルの予定がでて速攻申し込み!

旅の初日の成田から名言はでるし、飛行機内ではモンゴルの大草原に
虹がでての歓迎感動したな。
 
ハゲワシを掲げたり、アーチェリーをしたり、みんなで朝日・夕日・星空を眺めたり、 
乗馬の合間の休憩時間も、岩の上の絶景でみんなで何気ない時間を
共有できているのは最高だった。
 
もちろん4日間同じ馬に乗れたことで馬と息があってくるのが分かって、 
日々馬と一緒に走るのがこんなに気持ちいいものなのかと感動した。 
もっと馬と一緒に走りたい、またモンゴルに来たいと思った。

ホルホグも命をくれた羊やミッチェの家族や羊をさばくおじちゃん達あってこそ、
 
おいしくいただきました。言葉は通じない部分が多かったけど、
 
なんだかみんなが心からつながってるように感じて、
あの空間がとても心地よかったのを覚えている。

失敗したと思ったのは、最近日本ばかり旅していたので
現地の言葉の簡単なあいさつを覚えていくのを忘れたこと。
結局ゲルレにありがとうとか教えてもらったけど、
 
現地の言葉で簡単な挨拶ができるだけで、みんないい顔してくれていたので 
何も言えなかった初日ちょっともどかしかった。

あーまた青い空と緑の大地で馬と走りたい、あの岩の上でみんなと語りたい、  
あの星空を眺めたい、プレーリー・ナキウサギの穴にはまりたい、
ゲル気持ちよかったな・・・
 
みんながリピートしたくなるのが分かる!
またモンゴルに行きたい!

ワジ


今年、一緒に行こうよ! 
2016年8月2日(火)~2016年8月7日(日) 6日間  催行決定!! 
 
   アイディアって、 
   生まれたときに小爆発が起こって、 
   実行されたときに爆発する。 
   そして、伝わるときに大爆発するんだ。
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月05日(火)

「FMラジオ J-WAVE 生放送の凄い反響!!!」

テーマ:仕事・取材・メルマガ
   全国に二十店舗かまえる有名ラーメン店の経営者が 
   こんなことを言っていた。 
   「オレはラーメンを作っているんじゃない、 
   『ありがとう』を作ってるんだ」
   「大人の仕事術」中島孝志 、主婦の友社
  
「隊長、ラジオ 、凄い反響ですね!」 
昨日のヤマディ副隊長 、朝の第一声!
 
7月3日(日)07:05amから、平井理央さんナビゲーターの 
FMラジオ J-WAVE 生放送の直後から次々と申込フォームが届いていた。
  
「男子、大募集中!」と言ったのに、またしても女性ばかりだ。笑 
 
J-WAVE 生放送が活字になって番組サイトに載った。    
ブースの外で温かく見守ってくれたヤマディ副隊長と 
毎月ユーストリーム放送でお世話になってるDJヒロさんと記念撮影!

去年、平井理央さんに撮ってもらった写真 は、ブログやフェイスブックで
 
俺のプロフィール写真として使っている。

<Frontiers>  
世の中をGoodにするためにアクションしているチェンジメーカー!
2016.7.3 on air
 
地球探検隊 隊長 中村伸一さん
   
コンセプトは「世界を遊び場に仲間を作ろう!」 
国内外、様々なツアーを主宰されている 
地球探検隊の隊長、中村伸一さんをスタジオにお迎え。
   
【地球探検隊】では、旅行ではなく、 
行先と日程だけを決めて、 
「旅の中身を、自分たちで創っていく」ツアー 
=「旅」を提供されている
 
日本で唯一の「旅行を取り扱わない旅行会社」。
   
記憶に残る旅をコーディネートされている中村さん。 
大事なのは隊員(=お客さん)と一緒に楽しむこと。
 
共感が感動を生み、感動が共感を引き立て 
感動をさらに分かちあう。
   
モンゴルで乗馬体験、 
国内で食べ歩く、農作をする、登山する…。 
そんな中で生まれる旅の出逢いは 
人生を変えることに繋がるキッカケ。
   
「旅で出会うことで人は変わる。 
人って人で磨かれると思っています。」
 
一人参加も多く、女性参加者も活躍されています。 
逆に、男手が必要になることも!
 
興味をお持ちの方はぜひ下のリンクをご覧ください。
        
   「この人が何をしてくれるか」 
   ではなく、 
   「自分がこの人に何ができるか」 
   を考えれば、
  
   相手にとって 
   あなたは必然的に 
   魅力的な人になるのです。
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月04日(月)

「新しく生まれ変わったオーロラの旅!」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅
   思い続けた夢がかなう日の朝は、 
   どうして心がシーンと静まり返るのだろう。 
   星野道夫
  
オーロラを観に、「冬のアラスカ」に行こう!2016

15シーズン目に入った地球探検隊のオーロラの旅。

新しく生まれ変わりました!

オーロラを待つ舞台となったのは、 
14シーズンまでアラスカ・フェアバンクス、 
ハンティングガイドのキース爺と、 
ユピック・エスキモーの奥様ベルマが住む、 
森の中の手作りロッジでした。
 
ただ、ここ最近は「地球探検隊」以外の参加者も多くなり、 
今までのように、「非日常」を味わえる、 
静かでゆったりと流れる特別な時間がなくなり、 
雰囲気が一変してしまいました。

そこで新たなロッジを発見!


「地球探険隊」貸切で実施できるようになりました。 
初めてなので、何が起こるかわかりません。 
そこにワクワクドキドキする人だけが集まって、 
オリジナルな旅を一緒につくりませんか?
 
焚き火用ファイアーピットで焚き火を囲んで  
オーロラ観測ができたり、 
4人用屋外ホットタブがあるので、 
今までとは違った楽しみも味わえ、 
今までオプションで現地払いも多かったのですが、 
今回の旅からチナ温泉も犬ぞりも、料金に含みました。
 
オーロラの旅リピーターをも、満足できる内容だと思います。

参加者一人ひとりが主役となり、  
誰もが出番のある旅が地球探検隊。 
仲間と喜びを分かち合うのが地球探検隊の旅です。
 
みんなが誰かの役に立ってる、誰かに必要とされる、 
そんな、みんなで創る旅をしてみたい方、この指とまれ!

オーロラの旅 年末年始&2017年3月、受付開始!



     目に見えるものに価値を置く社会と、  
   見えないものに価値を置くことができる社会の違いをぼくは思った。 
   そしてたまらなく後者の思想に魅かれるのだった。
 
   星野道夫
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月03日(日)

「今の一瞬を精一杯に生きたい!」

テーマ:仕事・取材・メルマガ
   「人間にとって最も幸福なのは、 
   喜び楽しんで一生を送ることだ」 
   「アドラー心理学 実践入門」岸見一郎(著)
  
今の一瞬を精一杯に生きたい! 
54歳の今、少年のように、好奇心はますます旺盛!
 
今年の「大人の修学旅行(海外)」同行予定・・・ 
ちょっと詰め込み過ぎたか?
 
「余裕だぜ!」 笑
 
7/15(金)~22(金)内モンゴル騎馬遠征隊(アルシャーント牧場)

 
8/2(火)~7(日)外モンゴル騎馬隊結成

       
10/16(日)~21(金)ジープ島・イルカと泳ぐ

 
11/5(土)~13(日)モロッコ・サハラ砂漠キャンプ

 
12/23(金)~31(土)キリマンジャロ登頂(5,895m)
 
 
 一緒に行こうよ!

「大人の修学旅行(海外)」
   

 
   どのような仕方であれ 
   他者に貢献している、誰かに役立っていると感じられる時、 
   人は幸福になれます
   幸福とは貢献感なのです。
 
   「アドラー心理学 実践入門」岸見一郎(著)
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月03日(日)

「あの平井理央さんとJ-WAVE (FM 81.3)生出演!!」

テーマ:仕事・取材・メルマガ
   死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。 
   いつかは終わるのだから、全力で向かっていこう。 
   時間は限られているのだから、チャンスはいつも今だ。 
   嘆きわめくことなんか、オペラの役者にまかせておけ。 
   『力への意思』
   
ニーチェの 勇気の言葉
 
もうすぐ、 
7月3日(日)朝7:05-7:15頃オンエア、生出演! 
ナビゲーターは、あの平井理央さん(元フジテレビアナウンサー)。
 
「社会をGoodにするチェンジメーカー登場!」には 
ちょっと照れるが・・・ 
「旅行」じゃなくて、「旅」なんだってば(笑)。
 
もう一人のゲストが、あの津田大介さん。 
スタジオで会えるかな・・・
 
昨年に引き続き 、2年連続、 
J-WAVE「WONDER VISION」出演! 
前回は収録だったけど、今回は生出演! 
7月3日(日)朝7:05-7:15頃。
 
10分で何を伝えられるか? 
10分しかないじゃなくて、10分もある! 
「いつか隊長とモンゴルに行きたいです!」 
そう言ってくれた、 
平井理央さんが「今年、モンゴルに行きます!」 
そう言ってくれるようなトークを展開したい。
 
ネットラジオRADIKO で、どこでも聴ける! 
STAY TUNE J-WAVE
 
隊員からも一報があった。 
「J-waveですが、スマホのアプリで視聴できるようです! 
Androidでは日本FMラジオ、iPhoneならradikkerでJ-waveが視聴できそうです。 
これでラジオがなくても地方であっても視聴できるので私も視聴できそうです! 
当日楽しみにしています♪」by 隊員スズケン
 
    
   誰かを喜ばせることは、 
   自分を喜びで 
   いっぱいにする。 
   どんなに小さな事柄でも 
   人を喜ばすことができると、 
   私たちの両手も心も 
   喜びでいっぱいになるのだ。 
   『曙光』 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>