$「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

$「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018年01月17日(水)

「FM西東京(84.2Mhz)のラジオ収録」

テーマ:仕事・取材・メルマガ

1/12(金)FM西東京のラジオ収録に「田無なおきち」に行ってきた。

 


ラジオ収録は一昨年、六本木ヒルズのFMラジオ局J-Waveで

元フジテレビアナウンサー平井理央さんの番組出演以来だ。

2016年7月放送

2015年6月放送


毎週木曜日はラジオ!
FM西東京84.2Mhz【女子スナック♨不感温泉】

俺のトークが放送されるのは、来月、毎週木曜日の4日間、23:00~23:30 
2/1(木)、2/8(木)、2/15(木)、2/22(木)

「ごめんくださーい」
カフェバー「田無なおきち」は、思わず佐藤うららさん宅を訪ねたような
アットホームな空間だった。
次々とラジオ番組関係者がやってきて、次から次とビールが注がれる。
「えっ!酒飲みながらラジオ収録するの?」
「今日は番組後半、このお酒飲みながらやりまーす」って、一本の酒が目の前に登場。
酒好きの俺が世界で唯一飲めない酒、水を入れると白濁するギリシャの「ウゾ」だった。 笑
後半はハイボールで臨んだ。

まったく打ち合わせのないまま、収録スタート。
クロストークライブを何度もやってるが、打ち合わせ、ゼロって結構多い。笑 好きだなー、このライブ感!!!
「けやき出版」の美人社長、小崎なおちゃん登場で、テンション上がる。
途中、なおちゃんが俺の一言で泣きだした。
「俺ね、最近気づいたんだけどね・・・」って、社長って、こうあらねばならないって
幻想に物申すって感じで本音で話したのだ。

なぜ、俺を呼んだのか?
「にわとくら コミュニティ」を運営している、うららさん。
「コミュニティビジネスをやろうと思ってやってなくても、
隊長の周りには面白い人が集まってるから、そのヒントをつかみたくて・・・」

と、うららさん。

うららさんを紹介してくれた、リピーター隊員りえも途中から参戦!
なんと19年前からのリピーターだ。

3月4日(日)ちょうど、「地球探検隊」22周年祭を東村山の豊島屋酒造で開催する!
東村山は西東京地区だ!
このタイミングで、うららさんとなおちゃんに会ったのは偶然とは思えない。
すべての出会いに感謝!

今年は、表舞台に出て、しゃべりまくるぞ!
去年は珍しく人前でまったく話さなかった年だったけど、
講演依頼、ラジオ出演依頼、片っ端から受けるつもりだ!
会社を20年以経営してるのに、これだけ「失敗」してるヤツも珍しいからね。
俺の失敗を多くの人に活かしてもらえればと思っている。

   ”人生の目的とは、
   「人に喜ばれる存在になること」
   「よき仲間に囲まれること」”
   小林正観

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年01月15日(月)

”地球探検隊 22年目の旅立ち” 『旅と仲間とライブと酒と・・・・・』

テーマ:イベント・講演・セミナー・交流会

”地球探検隊 22年目の旅立ち”
『旅と仲間とライブと酒と・・・・・』

成人式を経て2年。地球探検隊リノベーションイベントを、“東村山市の豊島屋酒造”で開催します!!
22周年を機に生まれ変わる地球探検隊!
その瞬間を見届けてくれる仲間だけと過ごす5時間! 

<当日のcontents>

①旅するライブ!音楽で世界を旅してみないか?
世界でも希(まれ)な、ギターと尺八のユニット”PWR”によるライブ体験。

②酒造りを旅してみないか?
かの銘酒、屋守(おくのかみ)、金婚の豊島屋酒造の蔵見学と、極上日本酒体験。

③”語り”で、世界を旅してみないか?
中村隊長トークライブと22年目の新・所信表明!

<開催地>
3月4日(日)13:00時~18:00時
豊島屋酒造
住所:東京都東村山市久米川町3-14-10

<パスポート代>
お一人様 5000円
(イベント前日までの事前振込制)

蔵見学、鏡開きつき。

中村隊長トークライブ&22年目の所信表明
テーマ:旅行では無い“人生を変える旅”を作り続けたい。
1961年12月17日東京生まれ。96年3月に体験型の「旅」で日本を元気にする旅行会社、

株式会社エクスプローラを創業。

ブランド名(副名称)を「地球探検隊」とする。生涯一貫して、海外で遊ぶ、学ぶをテーマに、

「遊学」「旅学」「旅育」を取り扱ってきた。



P・W・R:
名曲「22歳の別れ」の石川鷹彦氏の右腕と呼ばれた門内良彦を中心に、尺八の小林純、

ギターの定兼正俊の3人からなるアコースティックユニット。
中村隊長曰く、「聴くと旅に出たくなる」。

豊島屋酒造:1596年(慶長元年)創業。現在、東京にて伝統を守っている10件の酒造業者の一つ。

「私たち蔵人は、お酒を醸すことにより、お酒の良さを生かして人と人のつながりを生み出し、

誰もが楽しく幸せに生きる社会を作る一助になりたいと思っています。」

フードトラックHOPEHOPE、とうふバーガー りょうご 笠井 亮吾 (Ryogo Kasai) 

「地球探検隊」22周年祭、出展決定!

<お申し込み・お問い合わせ>
(株)エクスプローラ 地球探検隊
TEL: 03-3353-4455 tabimail@expl.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年01月12日(金)

「江ノ島サンセット&サンライズカヌー!」

テーマ:江ノ島アウトリガーカヌー

江ノ島サンセット&サンライズカヌー!
7年やってきたアウトリガーカヌー
こんなにも新発見があるとは・・・これだから旅はやめられない。

湘南アウトリガカヌークラブでも、この時期の開催は初めて!
天気も良く風もなく、ベタ凪の絶好のコンディションの中、
夕陽も朝日も富士山も想像以上に美しく、
朝日に照らされた隊員たちの表情も輝いていた。


復活への第一歩を踏み出したヘッドコーチ小林俊も
「今年は良い年になりそう」って、ボソッとつぶやいた。
開催して本当に良かった。

 

公民館を借りて着替えたのも、
濡れずに海へ漕ぎ出したのも初めて。
後部座席から順番に前へと移動してカヌーに乗り込むのだ。
ウエットスーツを借りずとも
防寒対策は厚手のジャージで充分だった。

海底が見えるほど透明度が高い江ノ島の海も初めてだった。
たくさんの魚影が見えて大興奮。
早朝、海鵜のコロニーも初めて見た。

打ち上げの「寅さん」では裏メニューの
「日本で2番目に旨いドライカレー」が食べられた。
これは寅さんの気分次第で出てくる特別メニューなのだ。


宿は小奇麗なドミトリー「江ノ島134」1泊4,000円の安さで、地下のBARもお洒落!
翌朝は、「江ノ島 小屋」で日本一の「TKG卵かけごはん」にうなった。
卵も白飯も鰹節も何もかもウマい絶品、朝ご飯だ。
大満足の2日間。

この冬、あと1、2回は開催したい。


2名集まれば、一般募集する。
連絡待ってます!一緒に遊ぼ!

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年01月12日(金)

「娘の愛情たっぷり夕ご飯!」

テーマ:家庭

娘の愛情たっぷり夕ご飯!
アラスカ・オーロラの旅から帰国した翌日、
時差ボケと風邪気味の中、3日(水)高2の次女、七海(なつみ)と
奥多摩に遊びに行って、4日(木)仕事始め、
6日(土)7日(日)、隊員たちと江ノ島アウトリガーカヌー1泊2日と
動きまくっていたら、7日(日)夜、ついに食欲がなくなって風邪でダウン。

 

夕食は、七海が優しい出汁の効いた卵クッパを作ってくれた。
いつの間に、こんなに料理の腕を上げていたのか・・・
風邪も吹っ飛ぶ旨さだった!


ぺロっと平らげると、
「昨日は、あんなに食欲がなかったのに・・・嬉しい!」
と、七海は満面の笑み。
ありがとう!七海。 パパは今日も頑張れるよ!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年01月11日(木)

「アラスカ・オーロラの旅から、ただいまー!」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅

あけましておめでとうございます。

 

アラスカ・オーロラの旅から、ただいまー!
オーロラ出現率、連勝記録更新できず!
なんかいつものパワーが発揮できなかったことで
帰国後、珍しく風邪でダウン!


今回の旅でうっすらと数秒しかオーロラが見えなかったことが
よっぽど体に応えたんだと思う。
やっぱメンタルと体調はつながっている・・・

それでも、昼間は快晴で、
ロッジから観る山々の景観は素晴らしく、
何日もここで過ごしたいと思わせてくれた。


アラスカで、あんな綺麗な朝日も夕陽も初めて見た。
チナ温泉では、久しぶりに髪の毛が凍って盛り上がった。


いっぱい笑った。いっぱい話した。


みんな全力で「永遠の一瞬」を楽しんでいた。

「私が70歳になっても探検隊で旅に行きたい!」って、
ある隊員に言われ・・・
「えぇー俺、90超えてるでしょ?笑」
「でも、90歳超えても隊長はジーンズはいてそう!笑」って、
別の隊員から言われた。

いくつになっても誰よりも元気で、
誰よりも旅を楽しみ、
今年も隊員たちと唯一無二の旅をたくさん創っていく。

3月のオーロラの旅でリベンジだ!
これからの「地球探検隊」をよろしく!

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月22日(金)

「56歳の誕生日」

テーマ:家庭

Facebook500「いいね」がついた投稿をブログでもシェアしたい。

 

娘が撮ったお気に入りの一枚!(1ℓ メガジョッキ片手に、上機嫌の俺)

みんな温かい56歳の誕生日メッセージありがとう!

12月17日の誕生日は家族3人で過ごした。
巣鴨の行列のできる名店「ときわ食堂」本店に勤めてる長女、未空(みく)。
久しぶりに3人揃って「ときわ食堂」で夕食できた。


いきなり「はじめまして!未空の彼氏です。」
「いい根性してんな、気に入った!!!」
思わず「未空をよろしく!」って言ってた。

裏メニューの大生を頼んだほろ酔い気分の俺に、
ホール責任者が、
「お誕生日おめでとうございます。お店からプレゼントさせてください」って伝票を持ってかれた。
「未空さん めちゃくちゃ良くやってくれて助かってますから」


ここの料理は、すべてウマい!
特にカキフライ、エビフライ、アジフライは絶品。

19日は未空の19歳の誕生日。
きっと彼氏と過ごしたいんだろうな。
親離れ、子離れって、こういうことだ。

俺も娘の幸せを願う、普通のオヤジだ。


彼氏が好青年なことにホッとした夜。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月16日(土)

「久しぶりに、おふくろを訪ねて!」

テーマ:家庭

水曜定休日、久しぶりに、おふくろと継父を訪ねた。
途中、妹も自営業の仕事を抜けて合流した。
18歳で結婚して、20歳で俺を産んだ母も今は76歳になった。

 

別れの時、
「何があっても、親より先に死ねないな」って思いと同時に
自然とハグして
「元気で長生きしてな。おふくろ」って言ったら
「この子ったら」って、照れて、ボケた母が嬉しそうだった。

 

次に会ったときは覚えてないかもしれないけど、
頑張るぜ、おふくろ。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月16日(土)

「ボクシングの試合の応援に後楽園ホールに行ってきた!」

テーマ:会員組織「みんなの旅」

隊員てっちゃん 鷹箸 哲也 (Tetsuya Takanohashi)
の試合をみんなで応援したい・・・


そんな思いから、「みんなの旅」会員や隊員を誘って、
後楽園ホールに行ってきた。


生でボクシングの試合を観るのは初めての隊員ばかり・・・

全員一致で、
「行って良かった!」

てっちゃんの試合は、第一試合・・・17:45 
こんな早い時間にもかかわらず10人も集まった。
しょうこ、柏木君、あつし、圭、ワジ、ショウゴ、なっちゃん、みや、ふくちゃん、ありがとう!

 

入場シーン、軽快な音楽と共に減量を成功させた、
絞った体の隊員てっちゃんが花道を颯爽と進んでいく。


その本気の顔と締まった体にシビレタ。
長い付き合いだが、こんなマジな顔、初めて見た!
もう、それだけで気分が高揚した。


家族の試合を見るようなドキドキ・・・興奮して手に汗握る・・・
試合が始まると感情移入し過ぎた会員、圭が鼻血を出す。。。笑

 

試合は残念な結果で、終了後、
てっちゃんは「隊長、ショボイ試合して申訳ないです」って言ってたけど、
俺は「いい試合だったよ、てっちゃん!」
結果じゃないんだよ、てっちゃん。
もちろん、勝ったら、もっと盛り上がったと思う。
でも、そこじゃない・・・
22歳の若武者ネパール人と
引退目前、もうすぐ36歳のプロボクサーの闘い・・・

俺たちが買ったチケット代の半分が彼のファイトマネーだ。
金の問題じゃない・・・そこに命をかけると思えたから、
彼は命がけで試合に臨む。そんな姿勢に、どれだけ勇気づけられ、教えられたか・・・

 

その後、トレーナーと食事をすることになった、てっちゃん。
俺たちは、その後も最後まで、見知らぬボクサーの試合に
のめりこんでいった。

 

マジな男同士の殴り合い・・・なんか美しかった・・・

 

特にセミファイナルの試合は良かった。
マイクパフォーマンスもいい。気がつくと、俺は感動して泣いていた。
男同士の憧れと友情、そして宿命の対決・・・
新チャンピオン誕生!


「ばあちゃんをリングに挙げることが夢だった」


敗者のチャンピオンまでが
「お父さん、お母さん、俺を産んでくれてありがとう!」

 

様々なドラマを見せてくれた・・・ナマの迫力って凄い!
ホント、行って良かった。

 

てっちゃん、負けてもカッコ良かったよ、ありがとう!

37歳の引退まで、まだ時間はある。
ギリギリまで、やり抜こうぜ!お互いに!

応援するよ、これからも、ずっと。


ホントは今の俺は人を応援する余裕はないけど、
そんな状況だからこそ、
人を応援すると、自分が元気になるって実感した。


だから、「地球探検隊」は、応援する、応援される関係性を、
いっぱいつくっていきたい。

この本の一節を、隊員てっちゃんに贈る。

 

   「あきらめるな!あきらめるな!
    絶対、絶対、あきらめるな!」

   「毎日、毎日、あらゆる面で、
    僕らはどんどん良くなってる!」
  
    by ティモシー・ノーブル「十二番目の天使」より

 

<てっちゃんへ>

てっちゃんの凹む気持ちはわかるけど、ガチの試合をやったんだから、もっと胸張っていいんだよ。

ホント良い試合を見せてもらって勇気と前に進む力をもらえたよ。

逆の立場になって初めてわかることがある。

ここ最近、サンドバッグ状態で叩かれ過ぎて、自信を失いつつ迷走中だった俺、

隊員たちから、こう思われてんだなって。

 

だから、てっちゃんに贈る言葉も自分自身に贈っていたんだなって。多くの気づきを本当にありがとう!

だから、ボクシングにかかわらず、これからも、てっちゃんのチャレンジする姿、応援するよ!

 

「地球探検隊」中村隊長

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月12日(火)

「新潟・魚沼の古民家で年越しする旅!」

テーマ:新潟・魚沼の旅

約10年前、家族4人で新潟に遊びに行った。今でも初めて見る
背丈よりも高く積もった雪を見た時の娘たちの声を思い出す。
「パパ 雪だよ!雪!スゴーイ!」

最終日、2人の娘が「帰りたくない!」って押入れに隠れて、なかなか出てこなかった。


新潟があまりに楽しかったから、帰りたくなかったと思っていたが、

今になって思うと、
久しぶりに家族で過ごした時間が終わってしまうことが寂しかったんだと思う。

去年、病気で妻が亡くなって、

あの10年前の思い出が輝きを増す。
もう二度と4人で過ごすことができない愛しく、美しい思い出の時間。

今年の年末年始、10年連続参加する隊員ノブに加えて、10年ぶりに
隊員同士で結婚した隊員が家族4人で参加する。
そしてキャンパソンに参加した隊員が同じく家族4人で参加する。
珍しく家族連れが多くなった。


もちろん、いつものように一人参加もいる。

現時点、定員14人、残席1名。
家族参加のために、定員17名まで枠を広げた。

残席4名!

家族のかけがえのない時間をつくってほしい。

農家民宿オーナー森田さん、森田 徳幸 (Noriyuki Morita)
現地ガイド梅ちゃん 梅井 雅行 (Masayuki Umei) 、ししやん 梅井 美子 (Yoshiko Umei) いつもありがとう!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月08日(金)

「鍋割山荘の絶品、鍋焼きうどん」

テーマ:歩く旅シリーズ(国内)

水曜定休日、去年GW、南米ペルーを一緒にトレッキング
(4,800m峠越えのレイヤーズトレック)をした隊員ヨリ、てんまに誘われて、

鍋割山に登って鍋割山荘の絶品、鍋焼きうどんを食べてきた。

 


小田急線「渋沢駅」で集合のはずが、
北海道から東京へ引っ越してきたばかりの
てんまが「渋谷駅」集合と勘違いして、1時間半の遅刻。


タクシーで表丹沢県民の森まで行って大幅に
ショートカットしたものの、
モロッコから帰国してからの1週間、
一気に押し寄せてきた課題にキャパオーバー気味で

睡眠不足が続いていた俺にはキツかった。


4リットル以上の水を運ぶボランティアを買ってでたこともあったが、
人生初、登山中、初めて足をつった。
思わず「痛ぇえーーーー」と叫んでいた。


5,895mのキリマンジャロ登頂した俺が
1,273mの軽登山で足をつるとは、山を舐めてはいけない・・・
低山でもコンディションを整えて臨みたい。

 

それでも、デスクワークに疲れていた俺には、自然と接したおかげで、
心地よい疲れと共に心満たされた。


ヨリ、てんま、ありがとう!


帰りは鶴巻温泉に立ち寄って生ビールで乾杯した。

 

ヨリは来年の年末年始、一緒にキリマンジャロ登頂する予定だ。

そこで閃いた。
もっと、キリマンジャロ登頂を楽しむために、
1年後のキリ登頂の目標をたてた隊員たちと一緒に
日帰りの日本三百名山を目指す旅を実施したい。


ちょうど、登山がイド、つるつる 上鶴 篤史 (Kamizuru Atsushi) が
日本三百名山を完登して、来年から日帰り登山をコラボする予定なのだ。

 

スポット的に実施する旅から、1年間かけて、じっくりと
楽しむ旅やイベントをもっと企画したい。


一つの目標を達成したら、次の目標が見えてくるものを!
目標を達成する度に、どんどん応援し合える仲間が
増えていくような旅やイベントをやっていきたい!

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>