「編集ディレクターからのメッセージ」 | 「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
新型コロナウイルスに関する情報について

「編集ディレクターからのメッセージ」

   人間はな。
   人生という砥石(といし)で、
   ごしごしこすられなくちゃ、
   光るようにはならないんだ。

   「路傍の石」山本有三(著)

毎日、少しずつ、目標にしている「今月中に脱稿」に近づいている。
「人生を変える旅とは?」と自問自答して書き進めてきて、
日本人同士で行く「大人の修学旅行」よりも
外国人と行く「多国籍ツアー」に行き着いた。

書く前は、旅に同行した「大人の修学旅行」中心に綴ると思っていたが、
「人生が変わるドラマチックジャーニー」と仮タイトルをつけて
書いていくと、多国籍ツアーに参加して人生が変わった隊員たちの顔が
脳裏に浮かんだ。
実際、俺も美香も多国籍ツアーの魅力にハマって繋がり、
生涯の伴侶となって人生が変わったのだ。

「地球探検隊」は1996年、多国籍ツアーの紹介から始まった。
一周回って元の場所に戻ってきたが、螺旋階段のように、ちょっとだけ
違うステージから、今まで見えていなかった部分が見えてきた。
その見えてきた部分が、俺の本当の原点だ。

それは、思いを伝えるために、書くこと、話すことで見えてきた。
今、執筆中の4冊目の本、「人生が変わるドラマチックジャーニー(仮)」
の途中までの原稿を、先週、出版社の編集ディレクターに送ると、
ディレクターに火をつけたみたいだ。

人をやる気にさせると、自分がやる気になるね。
俺も「やる気スイッチ」にターボがかかった。
ほとばしる情熱にエンジン全開だ!
全開、バリバリ!笑

編集ディレクターからのメッセージを一部、抜粋して紹介したい。

  中村隊長

  お送りいただいた原稿、一読させていただきました。

  隊長のほとばしる熱さと旅に対する強い思いが、
  伝わってくる文章、いいですね。

  こちらとしてもがっちりと編集しなければ、
  と身の引き締まる思いです。

  いただいた現段階での原稿をもとに編集することも可能ですが、
  まだすべて隊長が書ききれていないのであれば、
  すべて書ききるまでお待ちして、
  編集に入りたいと考えています。

  全体を把握した上で、
  構成や原稿の加除を決めたいと思います。
  あと4、50ページは余裕で入ります。

  隊員のみなさんからの旅レポートに加え、
  隊長ご自身の旅エピソード、
  隊長ご自身の旅の原体験や原風景などを加えると、
  さらに厚みがでてくるのではないかと思います。

  こちらの勝手で恐縮ですが、
  もうこれ以上なし、というところまで書ききっていただき、
  それをもとに内容に関する打ち合わせ、
  編集をさせていただけると助かります。

  こちらもやる気満々です(笑)。

  お手数かけますが、
  引き続き、よろしくお願いいたします。

  編集部ディレクター 佐々木


 

   たったひとりしかいない自分を
   たった一度しかない人生をほんとうに生かさなかったら
   人間、生まれてきたかいがないじゃないか。

   「路傍の石」山本有三(著)

 

俺の新たなチャレンジ!
波乱万丈な人生を歩み続ける俺が、
今、4冊目の「旅本」執筆と同時に、元気の出る
Voicyラジオトーク(毎日10分)を始めた。
Voicyアプリをダウンロードして、
下記をフォロー(無料チャンネル登録)、
Voicyにコメントもらえると嬉しいです

 

去年もっとも「いいね」のあったブログは下記をクリック!
波乱万丈、中村隊長ロングヒストリー「誰と何をやってきたか?」