「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
$「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

$「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019年03月23日(土)

「10年ぶりの福岡から、ただいまー」

テーマ:トークライブ

福岡から、ただいまー!
 

先週に引き続き、友人 太郎ちゃん 岡崎 太郎 (Taro Okazaki) 主催、
通販勉強会の一環として、ゲストに呼ばれて120分、講演をやってきた。

講演を始めて15年間、いつもマイク一本でトークライブをやってきたが、

俺のことを知らない人が来場するのを想定して、先週の東京講演から、

わかりやすくするために、パワポを作ってみた

東京も福岡も50名近くが集まったが、まったく雰囲気が違った。
東京は30代から60代で圧倒的に男性が多かったが、
福岡は20代が中心で女性が多かった。
東京は友人も数人参加していたが、福岡は全員、初対面だった。
 

旅と同じで、講演も、ベターじゃなくて、ベストを目指している。
俺のベストは、いつも「The next one!」
東京も良かったが、福岡はもっと良くできたと思う。
泣いたり、笑ったり会場のリアクションもいい。
講演後、その結果がすぐに出た。
会った人だけに手売りしている、アツシ 小林 敦 (Atsushi Kobayashi) が

俺の半生をインタビューして綴った本、
「My Life Story~旅育の原点をみつめる~」が飛ぶように売れ、
持って行った20冊があっという間に完売した。
 

今回の福岡講演は、バッチリ録画しているので、太郎ちゃんが
編集して販売してくれるというから、それも楽しみだ。
太郎ちゃんの18冊目の新刊「億万長者のすごい習慣」
絶賛、発売中! http://www.it1616.com/
太郎ちゃん、東京、福岡と2回も講演に呼んでくれてありがとう!
 

明日は、東京・秋葉原「PUSHUPオアシス(2F)」でトークライブ。
店主U-key(ゆうき) 明石 雄樹 (U-key Pushup Akashi) と、ちょこっとコラボトークする
●3月24日(日)14:00~16:30 in 東京・秋葉原
https://bit.ly/2SVonTe
当日ドタ参、大歓迎!
少人数だから、アットホームな雰囲気で楽しみたい。

2019年03月18日(月)

「オンザロードの活動から目が離せない」

テーマ:イベント・講演・セミナー・交流会

店長まいこに誘われ、残念ながら、3年間の活動に終止符を打ち、

3月29日(金)でクローズする下北沢の「エシカル」に行ってきた。

 


いつも世話になってるKazuに「一緒に行かないか」と、声をかけた。

高橋歩と初めて会うKazuが、まるで少年のように素直に喜んでくれたのが一番嬉しかった。

60歳還暦の少年、大好きだよ!
 

楽屋で歩と話してから席に戻ると、Kazuの隣に偶然、アキが座っていて驚いた。

アキは3月24日(日)秋葉原「PUSHUP」明石 雄樹 (U-key Pushup Akashi) での

俺のトークライブに友達誘って来てくれるのだ。
「ちょっと人数少なくて!」って伝えると

「もう少し周りに声かけてみますね」

と、いつも嬉しいことを言ってくれる。

「エシカル」でのトークライブは、オンザロードのインドの活動報告と

新プロジェクトの紹介と2部に分かれていた。
どちらも長いトークなのに、長いと感じさせないくらい中身の濃いトークだった。
 
俺が審査員を務めた「ドリプラ」で、しょどう家(書道・初動・緒導)として、

プレゼンターをやった哲っちゃんが、すっかり災害支援にハマり、

プロジェクトリーダーとなって活躍、歩、ゆういち達とトークしていた。


 
「ドリプラ」プレゼンターをやっていた頃より、
哲っちゃんの表情が柔らかくなっていたのが印象的だった。
最近 俺もよく言われる。
「去年までの隊長より、スッキリした良い顔になってる」って。
やっぱ内面は表に出るね。

 

哲っちゃんと話してたら、なんと
「地球探検隊」多国籍ツアーでカンボジアに行った隊員えみこ 森 絵美子 (Emiko Mori)

哲っちゃんが繋がっていることを知ってビックリした。世間は狭い。
 

それにしても、歩、相変わらず走ってるね。
歩と会うと、いつも刺激をもらえる。

今後のオンザロードの活動から目が離せない。
 

2019年03月15日(金)

「パパの言葉って、すごい力だと思う・・・・・・・。」

テーマ:トークライブ

   パパは入試のとき
   「大丈夫!オレの子ならできる!」
   とか、たくさん言ってくれましたね。
   そういうパパの言葉にいつも救われていました・・・。
   パパの励ましの「言葉」が身にしみました。
   パパの言葉って、すごい力だと思う・・・・・・・。
   15年間、ここまで育ててくれて本当にありがとう!
   未空より


今、20歳の長女、未空(みく)が
5年前の15歳、中学を卒業した日に書いた手紙だ。
「パパの言葉って、すごい力だと思う・・・・・・・。」
これからのトークライブ。娘と同じように思ってもらえるように
今のベストなトークを届けたい。

今日から毎週トークライブ・イベントがある。
今晩は友人、太郎ちゃん 岡崎 太郎 (Taro Okazaki) が主催する
通販勉強会のゲストとして東京・渋谷で120分トークする。
そして、来週は福岡・博多でトーク。

主催者からもらったお題は「いろんなこと!エネルギッシュに!」
それぞれ50人の来場者らしい。
どちらも、俺のことを知らない人がほとんどだと思う。
これからの講演者としての未来を左右するトークライブになる。
今からワクワクしている。
通販勉強会会員向けの講演会だけど、ビジターも5,000円で
参加できるらしい。滅多にいかない福岡・博多。
九州地区の隊員と会えると嬉しいな。

※写真撮影:フォトグラファー Manabu Eva Takekawa
<今月のトークライブ・イベント>
岡崎太郎勉強会 ゲストセミナーとして
●3月15日(金)19:00~21:00 in 東京・渋谷
●3月22日(金)19:00~21:00 in 福岡・博多

中村隊長トークライブ 「PUSHUP」
●3月24日(日)14:00~16:30 in 東京・秋葉原
店主U-key(ゆうき) と、ちょこっとコラボトークする

「らくだば」一日店長、第二弾! 
●3月30日(土)18:00~23:00 in 東京・新宿
19:00と21:00から30分、2回トークライブあり
10周年の「らくだば」に遊びに来てくれると嬉しいな。

中村隊長プロフィール

交通費、宿泊費+講演料(要相談)で全国どこへでも
駆けつけます。講演依頼はコチラ

アツシ 小林 敦 (Atsushi Kobayashi) が

俺の半生をインタビューして綴った本、【My Life Story】販売中!

公の「中村隊長」ではなく、中村伸一の原点に帰る本、「My Life Story」。

会社をクローズする決断をした半年前に受けた取材だった。
昨年1月から拒食症で入院していた次女が4月に退院して、絶望の日々から、
ようやく一筋の光が見え始めた頃、取材・執筆が始まったのだ。
何度も校正して、ようやく今年1月、製本することになった。
この本は、「会った人だけが手に入れられる本」一冊 1,000円(税込)
ネット販売はせずに、上記、イベントで販売します。
希望者には、その場でサインします。

2019年03月10日(日)

「次女、七海(なつみ)の高校卒業式」

テーマ:家庭

昨日は次女、七海(なつみ)の高校卒業式だった。
 
昨年 亡くなった妻と同じ拒食症で入院したときは
もう1年ダブル事どころか「死」を意識した。
だから、卒業できたことは本当に嬉しい。
 

帰宅後、通知表と卒業アルバムを嬉しそうに見せる七海。
2か月の入院で学年トップクラスだった成績はクラス15位まで落ちたが、

この1年グングンと成績を伸ばし、最終的にはクラス2番まで成績を上げた。
「勉強しろ」なんて一度も言ったことがないのに、
「負けず嫌い」は父親譲りか 笑
 

七海には忘れられないエピソードがある。

七海が小学4年生の時、家族4人と隊員たちで四万十川カヌーに行った。
早起きも苦手なのに、夜明けのカヌーをする旅。
カヌーを漕ぐのも初めてな娘たちに「大丈夫か?」と
問うと、
「パパ 人生はチャレンジだよね」と、七海。
小学4年生のセリフかと笑った。 

「パパの背中で語る生き様見てるんだな」って、
親の影響を意識した出来事だった。
 

パパにとってチャレンジし続けることが「生きること」。
七海にとっても、この3年、挑戦の連続だったね。
最愛のママの死の直後から、高校受験➡合格、入院➡退院、
就活➡内定、4月からは社会人だ。
パパと一緒に暮らすのも、あと少しだね。
 

人生は選択の連続だ。
親が期待した人生を歩むのではなく、
七海は七海らしく、自分の人生を選んで自分の道を歩んでほしい。
パパは七海を信じて見守り、七海の幸せを願い続けるよ。

2019年03月04日(月)

「本の出版、順調に進んでます!」

テーマ:自著本(執筆・出版・書評)

本来なら今日3月4日は「地球探検隊」23周年の日。
会社はなくなってしまったけど、
去年の約束を守れる報告ができるのが嬉しい。
 
お待たせしました!
 
昨年4月クラウドファンディングで応援、支援された
初めての共著、1年の試行錯誤を経て、出版社、
現代書林より、ようやく初校データが出来上がってきました。
これから、デザインを含めて修正する校正作業に入り、
5月には全国書店に並ぶ予定です。
お楽しみに!
 

当初の予定では、三浦花子さんとの共著でしたが、
さらに出版プロデューサーだった中山マコトさんが
インタビュアーとなって登場、3人の共著となりそうです。
さらに隊員の協力もあって、複数のモノクロ写真が使用されます。
俺にとっては、11年ぶり3冊目の新刊です。
 

 仮タイトルだった「最強チームの作り方」は
 「引っぱらないリーダーが強いチームをつくる」になります。
 

 オビには、
 「俺についてこいっ!」
 振り返ったら、誰もいなかった・・・・・。

 

俺にしか書けない良い本にします!

 

2019年03月04日(月)

「3月30日(土)、4月20日(土)、4月27日(土)らくだば(新宿御苑)一日店長やるよ!」

テーマ:トークライブ

2月16日(土)トークライブを含む、「らくだば」一日店長をした。

久しぶりの仲間たちとの再会は、ホント楽しかった。
らくだ店長が、「中村隊長へ 俺のごちそうビール、ハイボール」を
1コインで提供する特別メニューをつくってくれて、何十杯も奢られた。


自分が楽しみながら、お店の売上にも貢献できて嬉しかった。
アツシ 小林 敦 (Atsushi Kobayashi) が俺の半生をインタビューして綴った本、

「My Life Story」も、たくさんの仲間が買ってくれた。

どんなにお金があっても、これ以上の時間ってないんじゃないかな。
そう思えた。仲間と笑って過ごす、こんな時間が、今の俺にとって、
一番大切だと思った。らくだ店長、こんな機会をありがとう!

また、今月もやるよ。

3月30日(土) 完全貸切 18:00〜23:00

4月20日(土)※カウンターのみ 18:00〜23:00
4月27日(土)完全貸切 18:00~23:00

「らくだば(新宿御苑)」で一日店長します!
アクセス
会費1,000円(+飲食代)
10周年の「らくだば」に遊びに来てくれると嬉しいな。
俺のレシピを基にモロッカンサラダを、らくだ店長 
井之口 豊 (Yutaka Inoguchi) がつくってくれる!

<第一弾の、らくだ店長のながーい一日。>

中村隊長1日店長DAY
盛況に終えることができました!


スタート18時から24時までエンドレス。
一旦休憩を挟み(電車で帰る予定が終電を逃し戻ってきました笑)、
深夜1時から4時まで、さらにヒートアップ。

人数が何人いようがいまいが、初めての方であろうがなかろうが、
隊長はいつでも全力投球。こんな元気な57歳、見たことありません。

唯一おとなしかったのは、カクテルが3つ以上通ったときだけ。
手は動くけど、さすがに口は止まる(笑)。あとは延々と隊長トーク炸裂でした。
地球探検隊という旅行会社を22年で昨年幕を閉じました。
すべての財産を失い、誰が見ても人生どん底のはずが、
隊長はすべて自分をさらけ出し、

笑って前向きに今が人生で一番幸せだ!って言い切ってました。

なにもかも解き放たれてすべてを失った今、

そんな俺でも人に提供できるものは、真心だっていってました。
こんな状況でも幸せでいれるって体を張って証明するっていってました。

シンプルに生きる。人生で大切なことはなんなのかをたくさん教えてくれました。
新宿御苑前から地球探検隊のオフィスはなくなってしまいましたが、

やっぱり中村隊長は新宿御苑の街が似合う。
これもご縁です。ここに隊長がいるだけで、またみんなで会える場所がある。

隊長、会いたかったよーって挨拶がとても嬉しかった。

隊員同士の再会もみんな同窓会のように喜んでました。
らくだばの原点も同じ。大切なモノはこれからも守っていかないといけないですね。

この企画は一回だけじゃなくまた続けてやっていきたいです。

隊長目当てにこんなたくさん応援してくれる人がいる。
隊長も生き生きしてました。僕も温かい気持ちになりました。
お客様も1日店長もお店もすべて幸せが訪れ、まさに三方よしとはこのこと。
まぁ何から何まで裏方をこなすアルバイトリーダーの仕事は大変でしたが

(隊長がカウンターへ戻ってこない笑)、
でも僕はこれはこれで好きだったりします。隊長の喋りをラジオのように聴きながら

洗い物してましたが何度か鼻をすする場面もありました。

もし自分にも同じようなことが訪れたら誰が助けてくれるだろうって

日頃の生き方の大切さを感じました。
とにかく中村隊長らしい1日店長DAYでした。昨日ご参加してくれた皆様、

本当に本当にありがとうございました!
深夜知らずに来たお客さんも、隊長トークに巻き込まれ、

大爆笑はいつまでも続きました。

まだまだ整理つかないことや問題も山積みかもしれません。

体力的に正直今が一番辛い時期かもしれません。

でも、10年前らくだば開店の際に受けた恩は必ずお返しいたします。

また一緒にやりましょう。
どんな困難な状況でも、人に希望や勇気を与える存在であってください。

人生の旅はまだまだ続きます。
らくだばをこれからも営業していく理由のひとつがまた増えました。
楽しい時間でした。次回もよろしくお願いします!
アルバイトリーダーらくだ。

2019年03月01日(金)

働くとは「傍をラクにさせること」

テーマ:トークライブ

「もう二度と来ません。無理っス!」
ガテン系のバイトを一日で辞める高校3年生が後を絶たない。
 

一昨日の高校生は勉強で徹夜明けしたかのように目が充血し、
「こんなに体が痛くなったのは人生初です」といって
5日連続のシフトを入れたのに、昨日、来なかった。
たぶん朝、体が痛くて起きられなかったんだと思う。
過酷な重労働だけではない。これだけ「バカヤロー」
飛び交う職場は見たことがない。
「平成」の時代が終わろうとしているのに、ここだけ
「昭和」な匂いプンプンなのだ。
免疫のない高校生に耐えられるわけがない。
 

昨日は通常4人の派遣(日本人)で回すのを、俺一人でやった。
さすがに泣きそうになるくらい腕の筋肉と腰が悲鳴をあげた。
先週も一人になった日、
30代、空手教室でアメリカ人、フランス人、ケニア人などと
組み手をやったときのように、筋肉が覚醒して眠れない夜を過ごした。
空手や剣道、「礼に始まり礼に終わる」武道の経験が今に活きている。
人生に無駄なことなど一つもない。
 

そもそも、どんなに全力でやっても、誰からも好意を持たれることもないし、
誰からも理解されることもない。
わかってもらえる人が少しでもいれば、それでいい。
そう割り切って仕事をしている。
何より大切なのは、他人軸じゃなくて、自分軸、自分の基準を持っているかだ。
 

他人からの評価じゃなくて、自分で納得のいく仕事ができたかどうかを基準にしたい。
大切なのは自分との約束を守ること。自分を好きでいられる仕事をしていれば、
きっと、周りは好きな人で溢れ、楽しいことしか起こらない。
それが「地球探検隊」で22年やってきたこと。
 

今のガテン系バイトの最悪の環境、それこそが俺が求めていたこと。
会社のトップを22年やった後、一番下っ端の立ち位置から、いろんなものが見えてきた。
昨日も一日一緒に働いたベトナム人と言葉は通じなくても
ハイタッチして仕事を終えた。
 

働くとは「傍をラクにさせること」
一昨日来た高校生が言った。
「初日の今日、中村隊長がいてくれて良かったです。」
39歳年上の57歳の俺。高校生と同じ時給でも、
数週間で筋肉がついてきたから、二倍のスピードで動けるようになったのだ。


周りを変えていくには、
歳や経験を重ねていくにつれ、身についた変なプライドを捨て、自分自身を変えていくこと。
自分の器を大きくしていくしかないのだ。
 

良いことにフォーカスすれば、
金もらって、理想的な細マッチョな体型に近づいているし、
ビールは旨いし、飯も旨い!定時で帰れて家族との時間もたっぷりある。
講演ネタは、毎回増えていく・・・。
 

 

今晩は大好きで愉快な仲間たちと4人でトークライブ(東京・渋谷)。

プロギャンブラーのぶきとは2週連続のトークとなる。
最高に楽しい時間にする。

 

そして、明後日3月3日(日)は初めての「アーバンカヤック in みなとみらい」。

2019年02月21日(木)

 「上手くやるより全力でやる」

テーマ:仕事・取材・メルマガ

   「上手くやるより全力でやる」
        福島正伸

 

これからの時代、収入源は小さくとも複数あったほうがいい。
って、ことで再び週3回、ガテン系のバイトをやり始めた。
先月までのガテン系バイトが天国に思えるくらい過酷な重労働を
ベトナム人たち外国人労働者とやっている。
身体中、筋肉痛の日々だけど、ここ数年の精神的苦痛と比べれば
体の痛みなんて、へっちゃらだ。徐々に慣れてきてるし。

 

「金払ってジムで鍛えるより、金もらって体鍛えたほうがいい」
なんて、うそぶいてると、
「体壊したら元も子もないって」心配されるけど、
57歳でも、そんなヤワじゃない。


来月中旬までやるつもりだ。


自分の体の変化も楽しみだが、周りの変化は、もっと面白い!
最初は怒鳴り散らしていた社員が、だんだん俺には敬語に
変わってきているのだ。何事も全力でやれば道は開ける。
 

バイト先で派遣の高校生と友達になったら、
なんと、次女、七海(なつみ)と同じ幼稚園、高校で、
高校はクラスも一緒という奇跡!ホント人生って面白い!
 

七海も今月から就職先となる「ときわ食堂」で数時間だけ
バイトを始めている。
バイトから早く帰った七海が、
俺の疲れた身体を癒すため、熱い風呂を沸かしてくれて、
料理も作って待っていた。
「なつみ特製 昭和を感じるナポリタン」。うんまい!


つくづく良い娘に育ったと思う。
 

2019年02月18日(月)

「横浜・関内【Mirai】でのトークライブ満員御礼」

テーマ:トークライブ

横浜・関内「Mirai」でのトークライブ&交流会、
定員30名満員御礼!
座れる椅子がないほどの大盛況!
兵庫県や愛知県など遠方からきた人もいた。感謝!
 
会った人しか手にない入らない、

アツシ 小林 敦 (Atsushi Kobayashi) が俺の半生をインタビューして綴った本、
「My Life Story」またしても良く売れた!ありがたい!
 
やっぱり笑って仲間と過ごせる時間は最高だ!
今年は、こんな濃密な時間を増やしていきたい。
写真提供:みっちー 大道 卓矢 (Omichi Takuya)

参加者の声

  久しぶりにポジティブトークを満喫、元気づけようと思って参加しましたが

  案の定、散々楽しんだあげく逆に元気を貰って帰ってきました。(^-^)
  わたさん


次回「Mirai」のトークライブは、2月24日(日)大切な友人、
プロギャンブラーのぶき プロギャンブラ のぶき (Nobuki Arai) 
とのコラボトーク!
申込受付中!

2019年02月18日(月)

「次女の内定先、社長の家庭訪問」

テーマ:家庭

次女の内定先、社長の家庭訪問があった。 
 
店舗は違うが、長女、未空(みく)に続いて、
次女 七海(なつみ)も同じ就職先となった。
巣鴨、駒込、大塚と5店舗展開する行列のできる名店、
「ときわ食堂」だ。


長女と同じ農業高校、同じ生徒会活動、食品開発研究同好会、
同じファミレスのバイトを経て、姉妹揃って同じ就職先になるとは・・・
ただ、幼少の頃より、爺ちゃん祖母ちゃんのお墓参りに
必ず立ち寄ってランチしてた食堂なので、
爺ちゃん祖母ちゃんに見守られてるような、強い縁を感じる。
 

2年目にしてホール責任者となった長女の活躍、長女や学校の推薦、
次女の拒食症、姉妹の住居について話は多岐に渡った。
 

親バカですが、本当に自慢の娘で、中学、高校の教師から
「どういう育て方をしたら、こんな娘さんになるんですか?
うちも子供がいますが、2人共、稀にみる良い子に育ってますよね?
姉妹揃って人を導くタイプですね」なんて、いろいろな教師から
言われたと話すと、
「全く同感です。中村家のお嬢さん2人を迎えられて
本当に嬉しく思います」と、社長。
 
将来的には、「子育て」の講演、執筆もできたらいいな。
一番心配していた次女の就職のことが、クリアになって
本当に良かった!
今日もビールが旨い!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ