決闘王F.Kのブログ

週刊少年ジャンプ、東京放映のアニメや特撮、サッカーの試合(東京ヴェルディのサポです)やライブの感想を書いています。

HP(http://duelkingfk.fc2web.com/)にもお越しください。


テーマ:

ガーネット(以下ガー)「まずは公式記録から。ええ、負けたわ。福岡のエース・ウェリントンに決められてね。首位になってもすぐに落ちるのね、ヴェルディは」

仁虎(以下ニコ)「試合内容もあまり良くありませんでした。前線へのボール運びが上手くいかず、微妙に歯車がズレているような印象を受けました」

王牙(以下オウ)「俺は納得がいかんぞ! 前半の最後、ヴェルディの選手を突き飛ばすという一発レッドものの事をしたウェリントンに決めれられるだと! 奴が退場になっていたら違うゲーム展開になっていたという事ではないか! あの瞬間、審判は何を見ていたのだ!」

ギアボルト(以下ギア)「確かにあのプレイでカードが出ないのはおかしいです。ウェリントン自身も反則覚悟でやったと言ってますし、ヴェルディは断固抗議すべし。試合の結果が変わらないけど」

ガー「これで10試合やって6勝4敗かー。新監督1年目のチームとしては悪くないけど、どうも煮えきらないわね」

ギア「敗れた徳島に湘南、山形、そして福岡はいずれも昇格候補。そういう強いチームに対して引き分ける事さえ出来ない勝負弱さ。私はそれが気になります」

オウ「勝ち越しているとはいえ、楽に勝てた試合は退場者が出た水戸戦だけだからな。贔屓目に見ても、今年のヴェルディは強いとは言えん」

ニコ「怪我人も多いですからね。5連勝を支えてくれた井上選手と永田選手の欠場が痛すぎます……。去年の事を考えたら昇格争いに加われるだけでも嬉しいですけど、強敵にも勝てるチームになってほしいです」

ガー「GWの連戦、初はつまづいちゃったけど次の金沢戦は勝つわよ! 西が丘で勝利のラインダンスを踊りましょう、せーの、」

4人「「「「頑張れ、東京ヴェルディ!!!!」」」」


ギア「私達の席はメインスタンドなので、勝ってもダンスは踊れませんけどね。気持ちだけでもという事で」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ポスター式の表紙はジャンプ連載陣の主人公とライバル?がジャンケンをしています。勝敗よりも、えっ? このキャラがライバルになるの?という驚きの方が強かったり。

 遊戯王OCGの新カードが付録に。新シリーズの主人公のエースモンスターだそうで、アニメでの活躍を期待しています。
 しかししばらく遊戯王を離れていたせいで、見知らぬカードが増えたなあ。少し寂しい。

 OP20周年記年の超豪華グッズプレゼント、私はWEB応募しました。葉書を買わなくても応募できるのは便利ですねえ。当たると良いなあ。

 合併号恒例の4コマ劇場(4コマだけじゃないけど)、今回のテーマは「こどもの日」。
 個人的にはマダオに頼り過ぎているけど面白いから問題なしな「銀魂」、アンリの表情が切ない「左門」、番外編でもサービスを忘れない「幽奈」、カードゲームの闇を見せてくれた「BORUTO」、和みつつも悲しくなった「約束」が秀逸でした。描き下ろしもある単行本は欲しいなあ。

ONE PIECE ★★★★
 おや、ビッグ・マムの声優、藤田淑子さんから小山茉美さんに変更されたのか。私の脳内ボイスも変更しないと。小山さんが歌うビッグ・マムの曲には尾田先生も私も期待。
 カタクリはモチモチの実の能力者。自然系という事は食べ物の餅ではなく、トリモチのモチかな? モチという言葉の語源はこっちの方らしいし。
 ビッグ・マムとの決別を堂々と宣言したジンベエのカッコ良さに見惚れていたら、ブルックがやってくれました。大切な写真を壊されたマムはどんな反応をするのか。万国に嵐が起きるのは間違い無し。

僕のヒーローアカデミア ★★★
 死穢八斎会の外道すぎる企みが明らかに。可愛い幼女(しかも実の娘)の体を弄くり、己の野望の為の道具を作るとは外道すぎる。敵連合よりもムカつく組織ですな。遠慮も躊躇も不要、完膚なきまでに殲滅せよ!

ハイキュー!! ★★★
 唯でさえ強い相手が、応援によって更に強くなる。汚い野次を飛ばしたりしてる訳じゃないから、誰も止められない。こうして見ると応援も立派な『武器』なんだなあ。参考になります。
 しかし烏野にだって心強いサポーターがいる。稲荷崎のように統率の取れた応援は出来ないだろうけど、熱意なら負けていない筈。まずは応援合戦を制しましょうか。

ちんぎり ★★★
 島袋光年先生のギャグ読切。「トリコ」でしか島袋先生を知らない若きジャンプ読者よ、これが本来のしまぶーだ!(笑)
 色々な意味でイカれているけど、漫画としての完成度は高いから最後まで飽きずに読める(オチが「もう飽きた」というのは狙ってやっているのか)。やはり島袋先生は只者じゃない。ギャグかシリアスかはわかりませんが、次作にも期待しています。

ROBOT&LASERBEAMS ★★★
 練習場シングルという弱点が明らかになったけど、早くもその弱点を克服しつつあるロボ。負けを認めた鷹山は潔いなあ。ロボもゴルフをやる気になったし、2人の再戦が楽しみ。

約束のネバーランド ★★★★
 ママや鬼達の予想を乗り越え、エマ達は脱走を成功させました。たった2ヶ月で何も知らなかった子供達を、よくここまで鍛え上げたものです。エマはリーダーとしても教育者としても一流ですね。
 そんな彼女に触発されて、レイも希望を取り戻す。この流れは少年漫画らしくてグッド。異質なようで王道を守っているこの漫画、間違いなく今のジャンプで1番ノッている作品です。

鬼滅の刃 ★★★★
 センターカラー。
 大好きな家族に責められる悪夢を見せられても、炭治郎は怯まない。家族の事を心から信じているからこその強さですね。鬼にさえ「まともじゃない」と言わせる炭治郎の精神力は既に柱レベルかと。
 汽車と融合していた魘夢。ううむ、これは汽車そのものを壊すか、首に相当する弱点を探さないと倒せませんね。厄介だけどみんなで力を合わせれば何とかなるか。おーい、お前も早く起きろ、善逸。
 描き下ろしの番外編は、カナヲの過去話。かなり悲惨な過去ですが、胡蝶姉妹に彼女は救われた。昔のしのぶはお転婆キャラだったんですね。
 改めて炭治郎との恋愛フラグが立ったし、正ヒロインはカナヲで決まりかな? 妹ヒロインの禰豆子とのヒロイン対決が楽しみ(笑)。

青春兵器ナンバーワン ★★★★
 敵のナンバーズが一気に3体も! この漫画も「左門」のようなシリアス展開になるのかと思ったら、見事に裏切られましたよチクショー。ナンバーズはどいつもこいつもこんなのばっかか。これなら馬鹿揃いのMAPPOでも対抗できるわ。今日も世界は平和で良かった……(と、北斗と一緒に現実から目を背ける)。

ブラッククローバー ★★★
 やはり国王は小物キャラだったか。アスタもユノも見事なまでに読者の気持ちを代弁してくれましたね。多分、大半の国民もそう思っているだろうけど。
 それでも王様の命令は絶対で、王撰騎士団の結成にはちょっとワクワクしています。アスタとユノは当確だと思うけど、他は誰が選ばれるのか。レオも選ばれてほしいけど、まずは目の前の危機を乗り越えないとね。紅蓮の獅子王の新団長、話せば割と良い人である事を希望。

食戟のソーマ ★★★
 センターカラー。
 寧々の作った天ぷらそばは絶品の一言。そばはもちろん極上だし、桜えびのかき揚げも最高の味。夢中になって食べてしまい食べ終わった事にさえ気付かないとは、なかなか面白い表現です。「時をかける少女」は新旧ともに名作ですね。
 しかし寧々のそばは伝統の逸品ではあるけど、悪く言えば「昔から変わっていない」。もちろん伝統を守るのは大事だけど、料理に限らず古いものが新しいものに敗れるのは定番中の定番。見事なまでの敗北フラグを立ててしまった寧々、創真の革命的なそばをどう思うのか?

Dr.STONE ★★★★
 大樹の気持ちはバレバレだけど、告白はまだしない。さっさと告白して杠とイチャイチャすれば良いのにと思ったけど、ラブコメやれる状況じゃないか。文明が復興するまで告白しないとは、長く待たせそうだなあ。
 と思ったら、千空達と司以外にも人間がいた! 火薬の完成に興奮させてからこの急展開、読者を退屈させませんね。新たな人間は敵か味方か? 味方なら司との戦いで力になってくれそうだけど……。

銀魂 ★★★★
 鬼兵隊結成秘話。世界を憎み、壊そうとする高杉は狂気のテロリストに見えるけど、その心に宿っているのは狂気の光だけではない。人としての暖かい光もちゃんと宿している。危うい面もあるけど、この人に付いていきたいと思わせるものもある。実に良いキャラです。
 そんな高杉に惹かれて集まった面々。ロリコン、昔は幕府の役人だったのか。そして昔は普通に格好良かったのね。また子と万斉も輝いているなあ。鬼兵隊よ、思う存分に戦え!

ゆらぎ荘の幽奈さん ★★★
 支離式の儀って、妙にHな響きがする言葉だと期待してたけど、尻に敷くという意味だったのね。ガックシ。いや、可愛い女の子の尻に敷かれるのならそれはそれで極上の喜び(この変態め)。
 ほとんどのメンバーが倒れたままなので、コガラシ救出は4名のみで行う事に。こんな時でもサービスを欠かせない雲雀が愛しい(笑)。幽奈だけでかるらと戦うのは無理だけど、恋する女の子の意地を見せるか?

火ノ丸相撲 ★★★★
 残念ながらユーマは敗れました。しかし国宝からも一目置かれる正統派の力士・四方田を相手にここまで戦えたのは立派だし、相撲を初めて数ヶ月の身でここまで成長したのは凄い。四方田の言うとおり、ユーマもまた天才です。
 この決勝戦を最後にユーマは相撲を辞めるつもりだったそうだけど、負けた事で辞める理由を無くしてしまった。この才能をここで終わらせるのは勿体無いですよね。火ノ丸と一緒にプロになってもええんやで?

斉木楠雄のΨ難 ★★
 分身ネタ再び。1人や2人の分身なら私も欲しいけど、37人は多すぎるでしょ。人間じゃない奴もいるし。宇宙人みたいな顔してても中身は斉木というのは面白いけど不気味で笑えん。ギャグとしては意外と難しいネタなのかも。

ぼくたちは勉強ができない ★★★★
 理珠をライバル視する新キャラ、関城紗和子が登場。この子も唯我を好きなのかと思ったら、そういうキャラにはしないんですね。良い判断です。ハーレムものは嫌いじゃないけど、際限なく増やすと作品の質を落としますからね。可愛いヒロインを活かし切れない作品も多いし。
 紗和子の視点から理珠が唯我を好きになり始めている事を読者に見せてくれたのは、なかなか良かった。理珠のテレ顔を見開きで描くとは、力が入ってますね。正ヒロインに近いのは理珠なのかな?

左門くんはサモナー ★★★
 別次元の強さを見せるアンリと、彼女と互角に戦うベルゼビュート。もう人間が口を挟める戦いではないと思わせて左門に切り札を出させるとは、なかなか意表を突かれました。大切な友達だけを戦わせるなんて出来ませんよね。ちょっと呆気ない気もするけど、これで決着かな?

腹ペコのマリー ★★★
 女学生ルックになったマリー、かなり可愛い。姫という他ありませんね。中身は男だけど。
 舞台を聖アン学園に移したり、マリーとタイガの入れ替えを新たなパターンにしたりと色々と弄ってきましたね。そして最後にラブコメの予感。掲載位置が落ちているので、テコ入れしたのかな?と気になります。かつてのヒット作家でも容赦なく切られるジャンプの厳しさは、今も健在ですからね。怖い怖い。

ポロの留学記 ★★
 天使や悪魔も倒す程の敵、それは人間だった。陰陽師もすっかりメジャーな存在になりましたねえ。
 九十九が犯人というのは予想通り。しかし彼は血に飢えた獣ではなく、ポロに挑む理由がありそう。「最後」というのは彼の命が残り少ないという事か、他に理由があるのか。この事件がラストエピソードになりそうなので、それに相応しい話を期待。

U19 ★★★
 うわお、四季総理がカッコ良すぎる。特殊な能力を使わず知恵を駆使して戦うって、こっちの方が主人公っぽいぞ。老人が主人公という少年漫画があっても良いんじゃないでしょうか。木村先生、次回作でチャレンジしてみては?(既に打ち切り決定かよ)

磯部磯兵衛物語 ★★★
 ああ、そういえばペリーが神の春画を手に入れてたっけ。懐かしいネタを出してきましたね。黒船来航という幕末の大イベントを出してきたのは、この漫画の終了が近いのかと不安になります。大丈夫ですよね?

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ガーネット(以下ガー)「湘南と山形に連敗したけど、他のチームも足踏みしてくれたおかげで3位に踏み止まっている東京ヴェルディ。だけど上位から中位チームの勝ち点差はかなり縮まっていて、この試合に負けたら10位以下まで落ちる可能性もあったわ」


仁虎(以下ニコ)「例年以上に際どい戦いが続いているJ2ですが、まだまだ序盤戦です。焦る必要はありませんが、負けても良い試合なんてありません。去年の松本のように最後の最後で勝ち点差1に泣く事になるかもしれませんからね」


ギアボルト(以下ギア)「そんな白熱した上位争いにヴェルディが加われるのかどうかは疑問です。湘南戦も山形戦も試合のペースを握りながら敗れたところは、ヴェルディでは見慣れた光景でした。良い内容の試合をしても勝てなきゃ意味無いんですよ」


王牙(以下オウ)「ペースを握っているのに、何故勝てんのだ! サッカーとはまったくもって奇妙なスポーツだな」

 

ガー「とにかくヴェルディが目指すのは勝利のみ! 湘南戦は休んじゃったけど、私達は気合を入れて、およそ1ヶ月ぶりの味スタに乗り込んだわ」

 


ニコ「駅からスタジアムへの道では、八重桜が咲いていました。咲くのが遅い桜ですが、よく見ると緑の葉もかなりあります。春も終わりが近づいていますね」

 


オウ「マッチデープログラムの他にも群馬の観光案内とクリアファイルを貰ったぞ。ほう、東京国際ユースサッカー大会のファイルだったのか。ヴェルディとFC東京のユースも参加するのだな。日本の力を見せてやれ!」

 


ギア「今回はヴェルディ君ウルトラクイズという企画が行われました。味スタの入口からバックスタンドの合間に4ヶ所のクイズポイントがあり、全問正解すれば特製シールが貰えるイベントです」


ガー「だけどこのクイズ、かなり難しくて苦労したわ。ヴェルディのクラブハウスの広さはともかく、ヴェルディ君が好きなアイドルって誰よ?」

 


ギア「誰でも良かったのではないでしょうか。私達も挑戦しましたが、1問間違えました。あの鳥に慰められるのは軽く屈辱です」

 


ギア「屈辱感を紛らわせる為、スタ飯を食べました。今日はチュロス(350円)と山賊焼き丼(500円)です。なかなかの味でした。味スタのスタ飯も馬鹿にしたものではありません」


オウ「だか他のチームのスタ飯と比べると、やはり一歩劣るな。ケータリングカーを充実させてほしいものだ」

 


ニコ「今回はゆりーとも来てくれました。2013年の東京国体のマスコットキャラですが、今は東京都のスポーツ推進大使として活躍しています。息の長いキャラですね」

 


ガー「ヴェルディVenusのダンスの後ろで、フィールドに散水していたわ。なかなか絵になるわね」

 


オウ「群馬のサポーターだ。雨が降ってきたので屋根のある後方に下がっているが、なかなか熱い応援をしていたぞ」

 

ギア「ここからは試合の感想です。結果だけを言えばヴェルディが群馬に3-1で勝利しました。こちらが公式記録です」


オウ「スコアでは2点差の楽勝に見えるが、試合を見ていた時はハラハラしたぞ。前半はどちらのチームも低調だったし、後半はヴェルディが追加点を取った後は群馬にペースを握られて押されっぱなしだった。素人目から見ても、今日は群馬の選手の未熟さに助けられたな」


ニコ「個の能力ではヴェルディの選手が上回っていましたが、群馬の選手は良く食らいついていました。J2で唯一未勝利、最下位に低迷しているチームとは思えませんでした」


ギア「下位に沈んでいるからこそ、這い上がろうとがむしゃらに向かってくる。ヴェルディはそういうチームに弱く、これまで何度も負けていました」


ガー「だけど今年のヴェルディは違うわ。どれだけ相手に押し込まれてもみんなで守って、ギリギリの所で粘り強く守備をする。5連勝した頃のヴェルディもこんな感じだったわね。ドゥグラスを先発に戻した影響かしら?」


ニコ「そのドゥグラス選手は、今季初ゴールを決めました。ここから去年のように大活躍してくれると良いですね」


オウ「2点取ったアランは4試合ぶりのゴールだったのだな。ふっ、待たせてくれる。シーズンが始まる前に「今年は得点王を取る」と豪語していたが、有言実行するかもしれんな。大した男だ」


ギア「勝利のラインダンスをした後、今回のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたアランと、GKの柴崎貴広がメガホンで語ってくれました。柴崎は1失点したもののナイスセーブを連発して勝利に貢献しました。この2人はロティーナ監督の指導で覚醒しましたね」


ガー「今節の勝利でヴェルディは連敗を止めた上、湘南と名古屋が負けたおかげで首位に復帰したわ! ここまで6勝3敗、去年と比べたら幸せ過ぎる好成績ね!」


ギア「ヴェルディが勝ったのは良いです。しかし暫定とはいえJ2首位のチームの試合で、観客数が3千人以下というのは酷すぎます。チームはちゃんと集客活動をやっているんですか?」


オウ「飛田給駅から味スタまでの道にはFC東京の旗が掲げられており、ヴェルディ?何それ?という光景だった。ホームとは思えんな……」


ガー「調布市で広報活動が出来ないからといって、他の町で活動をやらない理由にはならないでしょ。無料券をばら撒いてでも観客を集めるべきだと思うわ」


ニコ「まだアウェイ動員を期待できる松本や名古屋との対戦が残っていますが、アウェイ客に期待し過ぎるのもどうかと思います。チームが好調な今こそ、アニ×サカのような話題性のあるイベントをやるべきだと思うんですけど、今からでは難しいんでしょうか?」


ガー「観客が少なくても私達はヴェルディを応援し続けるわよ。次のアウェイ福岡戦、現地には行けないけど応援するわ! せーの、」


4人「「「「頑張れ、東京ヴェルディ!!!!」」」」

 

 

ギア「5月3日、西が丘で行なわれる金沢戦はゴール裏の席が売り切れるという嬉しい事態になりました。しかし私達の作者はチケットを買い損ねて、ちょっと高いメインスタンド席を買う羽目になりました。出費を抑えたいと言っておきながらこの不始末、馬鹿ですね」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「僕のヒーローアカデミア」のミニシールがおまけに。こういうシールを貼れるのは小学生までだよなあ。大人には無理です、ハイ。


 ドラクエ11の発売日が7月29日と発表され、私の心を惑わせています。すれ違い通信みたいなイベントを盛り込んでいたら、夏コミに持っていく人はたくさん居るだろうなあ。


ハイキュー!! ★★★
 祝、連載5周年&250話達成! ジャンプでは数少ないスポーツマンガのヒット作になりました。これからも頑張ってください。
 静かに、しかし確実に烏野を追い詰める稲荷崎。両チームの実績の差を考えれば当然の展開だけど、それは過去の話。今の烏野には日向と影山が居る。稲荷崎ペースになっていた会場の空気を変えたブロードにはゾクッとしました。稲荷崎の選手や応援団の度肝を抜いてやれ!

ONE PIECE ★★★★
 ウェディングケーキからの奇襲&ルフィ分身には私もビックリ。今まで何が起きても余裕の表情だったビッグ・マムを心の底から驚かせたのにはスカッとしました。ミラミラの実の能力を使ったのかな?
 プリンは冷酷非情な女だと思っていたけど、意外とチョロかったですな。サンジの守備範囲の広さは大したものです。プリンは改心してサンジを助ける展開になりそうだけど、ビッグ・マムは絶対に許さないでしょう。こちらも目が離せません。

 

僕のヒーローアカデミア ★★★
 金星を上げた切島。しかし敵の手は確実に広がっており、ヒーロー達が集まって対策を練る事に。死穢八斎會との対決は思ったより早くなりそう。敵連合とも衝突必至か?

 

約束のネバーランド ★★★★
 センターカラー。
 なるほど、4歳以下の子供は置いていく事にしたのか。もちろん見捨てる訳ではなく、他のプラントの子供達と一緒に救うつもり。分かっていたけどエマ達の戦いは脱走が終わってからが本番ですね。鬼達の包囲網をブチ破れ!
 番外編として4コマが掲載されているけど、最後の誕生日ネタが、ね……。何も知らないままだったら、ずっとこんな風にみんな幸せだったんだろうなあ。死の瞬間以外は。

 

ROBOT&LASERBEAMS ★★★
 正確無比&飛距離もあるショットを打つロボ。しかし風は読めないし、パットも苦手。そしてラフに捕まったらアウトという弱点が判明。打ちっぱなしばかりしてきた弊害が出てますね。このホールは鷹山が取って、後日フルラウンドで再戦かな?

 

ブラッククローバー ★★★
 下民出身でもアスタとニノが英雄である事に変わりはない。この2人はクローバー王国そのものを変えつつありますね。魔法帝になるという夢も、この2人なら叶えられるでしょう。
 しかしそれは何事もなければ、の話。いよいよ姿を現すクローバー国王はあまり良い人物には見えません。国民の人気も低そうだし、国王が出る前にみんな帰ったりして(笑)。

 

腹ペコのマリー ★★★
 センターカラー。
 風呂には入らなくてもOKみたいだけど、トイレはねえ。男女の体はあまりにも違いすぎるから、いずれこうなっていたでしょう。それでも最後には仲直りしたし、秘密を共有する仲間も増えたし悪い流れではありませんね。マリーと名堀のフラグは微妙だけど。

 

食戟のソーマ ★★★
 料理人さえも恐れるミシュラン、もといWGOの執行官が審査員に。アンの良い脱ぎっぷりを期待しています(おいおい)。
 日本そばを焼くという非常識極まりない創真に対して、寧々は正統派の九割そばを出してきました。彼女の負けはほぼ確定しているけど、美味しそうなそばではありますね。さて、そのお味は?

 

青春兵器ナンバーワン ★★★★
 体育祭で大活躍する筈だった零一が、些細なアクシデントからとんでもない事に。変貌した零一はカッコ良いけど、元の姿の方が良いなあ。ハチの最後のプレイは褒めるべきなのかどうか微妙。零一が失われた記憶を思い出さない事を願うのみです。

 

火ノ丸相撲 ★★★
 センターカラー。
 思っていた以上にユーマは強くなっていた。全国レベルの強豪力士と互角以上に戦えるようになるとは、彼の努力をずっと見続けてきた読者としては感無量です。何となく負けフラグが立っている気がするけど、それでも頑張れユーマ!

 

Dr.STONE ★★★
 杠がいちいちエロくて困る。絵も綺麗すぎるし、今のジャンプでトップクラスに可愛いヒロインではないかと。体力バカが羨ましいのう。
 黒色火薬が出来れば千空の勝ちだけど、司が千空の狙いに気付いてしまった。こいつは馬鹿じゃないから困る。タイムリミットはかなり短いけど、果たして間に合うのか?

 

鬼滅の刃 ★★★
 一時の幸せに溺れ、鬼の手下に成り下がった人の心を救った炭治郎。優しい心は最高の武器にもなるのです。
 人の夢を、思い出を弄ぶ魘夢は許す必要無し。ここまで怒った炭治郎は初めて見たかも。怒りのままに戦うのは危険な気がするけど、大丈夫なのかなあ。

 

ゆらぎ荘の幽奈さん ★★★★
 かるらの役割は男キャラにしても良かったのでは?と思っていたけど、なるほど、こう来ましたか。戦いが終わったらコガラシに惚れるんだろうなあと予想してたけど、既に惚れていたとはね。
 結婚式に乱入するのが男主人公ではなくヒロインになりそうで、これはなかなか珍しい。お色気サービスも含めて期待しています。

 

斉木楠雄のΨ難 ★★★
 父親が見つかっても相変わらず貧乏な目良さん。誕生日プレゼントとしてみんなに食料を出させるのは頭が痛くなったけど、自分の為ではなかったのですね。こういうのがあるから嫌いになれないんだよなあ。麻生先生はキャラの扱い方が上手い。

 

銀魂 ★★★
 地球滅亡のカウントダウンが始まり、絶望の渦が広がる。しかしまだ地球側にはこの男がいた。高杉、怪我の治りが早いな。これで松下村塾の面々が揃い、反撃の体制は整いました。ハタ皇子より頼りになる援軍の活躍に期待しています。いや、バカ皇子はギャグキャラとしては面白いんだけどね。

 

ぼくたちは勉強ができない ★★★
 女性を悩ませる永遠の課題、ダイエット。男の唯我にはどうする事も出来ないだろうと思ったら、文乃のお腹を触らせてもらえるという素敵な事態に。これはなかなかエロいな。最初のページのシャワーシーンより興奮しました。
 夜食は食べる物の選択を間違えると冗談抜きで太るので、皆さんも慎重に選びましょう。取り敢えず、3食こんにゃくを食べておけば良いかと(飽きるわ)。

 

左門くんはサモナー ★★★★
 圧倒的なベルゼビュートに勝つ為、持てる力の全てを出す左門。それは彼が最もやりたくなかった召喚をやる事でもあった。友達だったアンリを下僕として召喚するのは、左門も凄く嫌だったろうなあ。意外と友達思いだし。
 禁断の手まで使った左門。こうなったら勝つしかないぞ、頑張れ左門&少しエロくなったアンリ。でも正妻の座は天使ヶ原さんだろうなあ(台無し)。

 

ポロの留学記 ★★★
 今までとは違うシリアスな話がスタート。これが最後の戦いになるのかな? 人間はもちろん、最強クラスの天使さえも倒す程の通り魔。普通の人間ではないでしょうね。ポロの留学記を見る事が出来る奴なんて限られているけど、犯人は意外な人物かも。

 

U19 ★
 うーん、いくら珍しい能力が見れるとはいえ、国のトップがのこのこ最前線に現れますかねえ。話を纏める為なんだろうけど、強引な展開が目立つようになってきました。この強引さが序盤にあれば、あるいは……。

 

磯部磯兵衛物語 ★★★
 平和な時代でも武士にとって馬は必需品。馬に乗れない者は武士失格だと言われたそうです。今の時代に例えるなら、サラリーマンがネクタイを結べないようなものかな?
 オニーに乗って大活躍した磯兵衛。乗ったのではなく「乗せられた」だけだったけど、オニーも初代もそれで良いようなので磯兵衛も納得しましょう。馬の世話、ご苦労様です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ガーネット(以下ガー)「………………」

 

仁虎(以下ニコ)「あ、あのー、ガーネットさん、気持ちは分かりますけど何か一言…」

 

王牙(以下オウ)「言っても良いのか? 俺は今回の試合、不満しか口にしないぞ。その女も同じ気持ちだろう」

 

ギアボルト(以下ギア)「私はヴェルディというチームを一歩引いた目で見ていますが、その私から見ても今回の山形戦は今季のワーストゲームと言えるものでした。湘南戦のあの頑張りを自分達で無意味なものにしましたね。5連勝もしたチームとは思えない体たらくぶりです」

 

ガー「あー、そういえば一昨年も5連勝した後、まったく勝てなくなったわね。嫌なジンクスは監督が変わっても引き継いでいるのね……」

 

ニコ「ヴェルディサポを落胆させる結果になりましたが、山形に押されまくっていた訳ではありません。むしろ公式記録に記されているように、ヴェルディが押していました」

 

ギア「22本もシュートを撃っていたんですか。ま、どれだけ撃っても入らなければ意味ありませんけど」

 

オウ「ううむ、だが思い出してみれば、5連勝した時のヴェルディも今回の山形のような試合をやっていたな。立場が変わっただけとも言える」

 

ガー「連敗したのは痛いけど、シーズンはまだ始まったばかり。それに長いシーズン中にはこういう辛い時期は必ず来る。問題はそれをいち早く乗り越える事よ。次の群馬戦、絶対に勝つわよ!」

 

ニコ「ガーネットさん、いつもの調子を取り戻しましたね。ヴェルディサポはこれくらいの連敗じゃへこたれません」

 

オウ「この心の強さは選手も見習うべきだな。それでは行くぞ、せーの、」

 

4人「「「「頑張れ、東京ヴェルディ!!!!」」」」

 


ギア「ちなみに群馬は今節も敗れ、J2で唯一未勝利のチームです。そういう苦しい状況にあるチームに勝利をプレゼントするのもヴェルディの悪癖の1つですが……」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 春も終わり間近という事で、新宿御苑に行って花見をしてきました。

 カメラを片手に綺麗な花を見て回り、写真を撮るのは純粋に楽しかったです。以下、私が取った写真の数々。

 

 広い公園に多くの人が集い、楽しんでいる光景には心が和みました。

 芝生の上に寝転がったのは何年ぶりだろう。気持ち良かったです。iPhone、忘れそうになったけど(笑)。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今回もショートバージョンの感想です。仕事が忙しくてねえ……。


 懸賞のプレゼント品のキューブセブン、これ解ける人いるの?


 「ONE PIECE」は休載です。


ブラッククローバー ★★★★
 連載2周年突破&人気投票開催で巻頭カラー。もうすっかりジャンプの新たな柱ですね。アニメが始まったら更に人気もアップするでしょう。
 魔法騎士団の功績発表、金色の夜明けの1位は読者も予想してたけど、まさか黒の暴牛が2位とは。確かにアスタが加わってから功績上げまくってたもんなあ。檜舞台に上げられたアスタ、格好良い暴言(笑)を期待。


ハイキュー!! ★★★
 稲荷崎は選手も強いけど、統制の取れた応援も厄介。こういう応援をされたら稲荷崎の選手はノるだろうし、相手はプレッシャーを感じるでしょう。日向と影山にはまったく通じてないけど、こいつらのメンタルの強さは大人顔負けなので。


約束のネバーランド ★★★★★
 ノーマンとの別れから全ては始まっていた。シスターが残した切り札を有効に使って、他の子供達にも真実を報せていたとはエマ凄い。
 全員を救おうとするエマですが、ママの元にフィルを残している。まさかママをも救おうとしている? 確かに彼女も鬼に利用されている犠牲者と言えなくもないし、味方になってくれたら心強い。でも上手くいくのか? とにかく次回に注目。


僕のヒーローアカデミア ★★★
 ヒーローを僻むチンピラの気持ちは分からなくもない、いや、何の才能も無い者としては彼に激しく共感するけど、悪事をして良い理由にはならない。だからチンピラの醜い僻みを跳ね返す切島にはグッと来ました。彼もまた本物のヒーロー。


ROBOT×LASERBEAMS ★★★
 真剣に勝負に、ゴルフに挑む鷹山に対し、感情を表に出さず淡々と、しかし最高のプレイをするロボ。見事なまでに正反対な2人ですが、ロボも鷹山も不快感を感じないキャラにしているのは藤巻先生、お見事。現時点でロボが強すぎるて、この先不安になるけど。


食戟のソーマ ★★★
 一色と寧々は名門同士の幼馴染だった。子供の頃から天才ぶりを発揮していた一色に寧々は苛立っていたけど、それでも目標にしている男から「君は負ける」と言われちゃったか。寧々、ちょっと不憫。
 中華麺ではなく日本そばを焼くとは、創真も大胆な事をやりますね。でも調べてみたら、そういう料理はちゃんとある。この漫画を切っ掛けに「焼く日本そば」がメジャーになるかも。家で試してみようかな?


腹ペコのマリー ★★★
 マリー、腹が減ったら地獄から亡者を呼び寄せるのか。何という傍迷惑な。でもユズちゃんをちょっとだけ剥いたのは許す(笑)。


クロモリクライム ★★
 原作を宮田秀俊先生、作画を仁志裕介先生が担当した読切の自転車漫画です。
 作中で言われているクロモリフレームは実在するフレームです。競技用としては廃れたけど、一般人が乗るロードバイクとしては人気があるとの事。
 主人公のライバルを女性にして、しかも自転車レースの最高峰であるツール・ド・フランスで優勝させるとは、なかなか大胆な事をしますねえ。ライバルは男性でも良かったと思うんだけど、在り来りのライバルキャラにはしたくなかったのかな?


青春兵器ナンバーワン ★★★★
 漫画ではよくネタにされるゲーム大会。でもこんな身内感丸出しのゲーム大会って、何かヤダ(笑)。アンヌは本当にエージェントを辞めた方が良いと思います。そして委員長の多芸ぶりに拍手。


ぼくたちは勉強ができない ★★★★
 センターカラー。人気はあるみたいですね。しばらくの間は打ち切りは無いかな?
 今回は最初から最後まで、うるかの魅力が全開。筒井先生、やっぱりうるかが一番のお気に入りキャラなんだろうなあ。そう思わせるくらい今回のうるかは可愛かった。唯我の漢っぷりも上がったし、もうお前ら付き合えよと言いたくなりました。


鬼滅の刃 ★★★
 懐かしい家族との思い出に背を向け、現実に立ち向かう炭治郎。自らの首を切るまでやるとは、相変わらずの鋼の精神。こんなに心の強い炭焼き少年、見た事無いぞ。
 それぞれの無意識下の様子には少し和みました。善逸の心には女性が入るべきでしたね(笑)。しかし魘夢は時間稼ぎさえ出来ればそれで良い様子。汽車をどこかに衝突させるつもりなのかな?


Dr.STONE ★★★
 まともに戦ったら司には到底敵わない。クロスボウの矢を素手で掴むような怪物を倒すには、火薬を使った武器を作るしかない! なるほど、こうやって文明を進歩させていくんですね。バトルと文明復興を上手く噛み合わせて退屈させません。


ゆらぎ荘の幽奈さん ★★★
 コガラシは御三家・八咫鋼の末裔から師事されたのか。でも一子相伝の秘術を受け継いだので、現代の八咫鋼だと見做されているのでしょう。
 やって来た美少女は京都の大天狗の娘かるらと、鵺のマトラ。どちらもかなり強くてコガラシが攫われました。どんな強敵だろうとコガラシが居てくれれば何とかなる、と思っていたのでコガラシが人質になる展開には意表を突かれました。これで先が読めなくなり物語として楽しみ。


斉木楠雄のΨ難 ★★★
 鳥束から同類だと思われたエロせんせー。いやいや、普通にゲスなお前とは違うからね。とツッコミ入れたら本当に違いました。鳥束は退学になってもおかしくないぞ。エロせんせーはこれで生徒から信頼されると良いですね。あるいは整形でもするとか(おいおい)。


火ノ丸相撲 ★★★
 どちらかと言えば負けているイメージか強く、相手からも安全牌だと舐められている佑真。しかし決勝まで来た選手が弱い筈が無い。相撲への思いを滾らせて燃える佑真、文句無しでカッコいいぞ。ここまで頑張ったんだ、絶対に勝て!


左門くんはサモナー ★★★
 ベルゼビュートのアンリに対する思いは愛ではなく、命を求めるようなものだった。永遠に近い寿命を持つ悪魔だからこそ、永遠に戦える相手を求める。今のベルゼビュートは、戦う相手が居なくなったバトル漫画の主人公みたいな心境でしょう。連載が終われば楽になれるんだろうけど(この掲載位置だと洒落になりません)。
 互いの大切な存在を賭けて、左門とベルゼビュートの決戦が始まる。しかし力の差は歴然。気になるフラグも立てているし、左門にとっては今までで1番厳しい戦いになりそう。


ポロの留学記 ★★
 うーむ、すっかり下位に定着したなあ。権平先生のテンションも落ちているのか、今回の話はイマイチでした。桁外れの力を持つ主人公に不良が憧れ、更生していく話は割と見飽きているんだよなあ。ピンチになった鬼村を助けるポロは格好良かったけど、それだけの話でした。


銀魂 ★★★
 権力を求めて茂々を殺した事は、喜々にとって今でも大きな心の傷になっている。悔やんでも悔やみきれないだろうけど、それでも生きている限り前を向いて進むしかなく、そよ姫もそれを望んでいる。喜々、命を賭けて戦うしかありませんね。
 圓翔の狂気に飲み込まれつつある解放軍。大義の為に戦うのではなく、戦うしかないから戦うというのは現実でもあるのだろうなあ。復讐を果たしても死んだ人間は生き返らない。ぶっちゃけ単なる憂さ晴らしだけど、それでも戦うしかない。人の心とは弱いものです。この狂った悲しみを止めなければ……!


U19 ★
 コメントに困るくらい面白くない漫画です。引き離されても愛し合う主人公とヒロインの健気な姿を見せたかったんだろうけど、そこに至るまでの描写が下手でつまらない。次回で終わっても構わない作品です。


磯部磯兵衛物語 ★★★★
 実際の代官はかなり厳しい仕事で、私腹を肥やす暇さえ無かったと言われています。今の時代に例えるなら、公務員の課長クラスに相当するのかな? そりゃ激務だわ。そんなに忙しいのに悪代官道を貫こうとする悪代官、色々な意味で磯兵衛の友人に相応しいキャラかと。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ガーネット(以下ガー)「負けちゃったわね……。この暗い気分、久しぶりだわ」


ギアボルト(以下ギア)「はい、また駒沢で、また湘南に負けました。湘南には私達がヴェルディサポになってから一度も勝っていません。相性悪すぎです」


王牙(以下オウ)「公式記録はこうなっている。見たい奴だけ見ればいい。おのれ!」


仁虎(以下ニコ)「僕たちは中の人の体調が悪かったので、現地には行きませんでした。ヴェルディを応援したかったですね」


ガー「雨でピッチが濡れていたせいもあるんだろうけど、この試合のヴェルディは安定感に欠けていたわ。ここまで1失点だったのに、この試合だけで3失点もするなんてビックリよ」


ニコ「それだけ湘南が強かったという事でしょうけど、3点目を取られてからはヴェルディのペースでした。終了間際の安在選手のゴールからは、最後まで勝負を諦めない精神の強さを感じました。試合後の選手やロティーナ監督のコメントも後ろ向きなものではありません。逞しくなりましたね」


ギア「それでも負けは負けで、ヴェルディは首位から転げ落ちました。次の相手の山形は大分との点の取り合いを制し、調子が上向き出しています。手強い相手との対戦が続きます」


オウ「それでもヴェルディは戦うしかないし、俺達は応援するのみだ。山形には行けないが、ロティーナ監督と選手達を信じて応援するぞ」


ガー「良い事言うわね。それじゃあ勝っても負けてもやるわよ、せーの、」


4人「「「「頑張れ、東京ヴェルディ!!!!」」」」

 

 

ギア「今節は湘南のマスコット・キングベルI世も来ていたのですが、またも会えず残念。アウェイ戦では会いたいですね。その時は久しぶりの湘南のスタ飯も堪能させてもらいます。じゅるり」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「僕ヒロ」の単行本カバーが付録に。こういうの実際に使っている人っているのかな?


 Jトレジャー新人漫画賞が、J新世界漫画賞に改名。尾田先生が審査員とは、応募する人にとってはプレッシャーだろうなあ。まあどんな賞でも入選するのは厳しい。未来の漫画家達よ、頑張れ。


ゆらぎ荘の幽奈さん ★★★★
 連載1周年記念巻頭カラー。
 他人と一緒には見れないカラーページのサービスシーンの後は、コガラシの誕生日に合わせて彼の過去話がスタート。新たなキャラは烏天狗ではなく八咫烏の眷属かな? 御三家という気になる単語も出たけど、コガラシは神の血を引く名門の生まれかな?


約束のネバーランド ★★★★★
 ママだけでなく読者も動揺する中、エマ達の脱走が始まる。でもレイが……と思っていたら、まさかのレイ生存。このトリックには完全に騙されました。「え? 何でレイがいるの? 作画ミス?」と本気で思いました。

 前回の衝撃的なラストシーンで、レイを助けていたとは。確かにノーマンを失ったエマが、レイの死を見ているだけなんてあり得ませんよね。読者を欺けないようでは百戦錬磨のママを騙す事なんて出来ないという事か。エマ、名演技すぎる。


ONE PIECE ★★★
 マザー・カルメル、普通のお婆さんですね。四皇ビッグ・マムがここまで敬愛する人物とは何者なのか。彼女の過去話で明かされそうだけど、長い話になりそうで困る。
 いよいよ結婚式が始まりました。サンジの笑顔をベッジが「なんて演技力だ」と驚いているけど、それ多分、いや完全に本気です。プリン、見た目は可愛いからなあ。サンジがしくじらない事を願います。


BORUTO ★★★
 センターカラーで新章スタート。アニメと同じ話なのかな?
 平和な時代にも悪は尽きない。狢強盗団のショウジョウと戦う事になりそうだけど、カタクリが操られていたのも気になる。今回の護衛任務で新たな、いや真の敵が現れそう。


鬼滅の刃 ★★★
 夢の中では精神は無防備になり、普通の人間でも鬼殺の剣士を殺せる。しかし眠っていても煉獄は動いたし、炭治郎も目覚めつつある。禰豆子の愛の炎で目覚めて、反撃開始だ!


僕のヒーローアカデミア ★★★
 センターカラー。
 敵連合と死穢八斎會、一触即発だけど手を組みそうですね。悪党同士の同盟なら、こっちの方が自然な流れか。
 死穢八斎會は一時的に個性を消す薬を作っていた。効果が長く続くようになれば、目障りなヒーローの個性を消せる優秀な兵器になるでしょう。世界の常識そのものを変える程の兵器、その完成を巡る戦いが始まりそう。


ROBOT×LASERBEAM ★★★
 大増23ページ。
 鷹山の勘違いが早く解けてくれて良かった。勘違いしたまま長く続いていたら、トモヤが不憫だったし。
 ロボと鷹山、早くも対決。良いショットを打つ者が試合に勝つとは限らない。ロボが勝負の厳しさを教えられる展開になりそう。


ブラッククローバー ★★★
 来週の巻頭カラーの影響なのか、またも絵が危ないレベルに。再来週は休載するかも。
 シャーロットとバネッサの女の戦い、あっさり終了したのには笑った。そしてシャーロットがヤミの事が好きな理由が分かりました。これは惚れるわ。大事な式に遅刻してしまった2人、スケジュールは守りましょうね。


食戟のソーマ ★★★
 連載初期にやった創真との一戦以来、裸エプロンしか印象に残らなかった一色。ですがその実力は間違いなく本物。新たな十傑ジュリオも一目置いていた天才が、遂に本気になった。創真の出番が食われたりして。


斉木楠雄のΨ難 ★★★★
 人間、見た目は大事です。特に初対面の人間の事は見た目でしか分からないので、服や髪型や表情には気を配りましょう。でないと異性にもモテませんよ(実体験から語っています)。
 井口先生、本当に良い先生なんだけど、この顔では勘違いするよなあ。春川さんは悪くない。斉木の超能力で整形させるというのもアリなのでは?


ハイキュー!! ★★★
 世間の評価は断然、全国ナンバー2の強豪校である稲荷崎が上。観客席も稲荷崎の応援で埋まっている。しかし烏野だって強い。可愛い女神からの応援もあったしね。ジャイアント・キリングはスポーツの醍醐味、予想を覆してやれ!


ぼくたちは勉強ができない ★★★
 Σの記号は特撮マニアとしては、悪の組織がよく使う文字として覚えています。古くは「電人ザボーガー」のΣ団、最近だと「仮面ライダーアマゾンズ」のアマゾンシグマですな。ゲームのロックマンXのラスボスの名前でもあったし。
 メインヒロインは文乃だったけど、風邪で倒れたのでうるかの方が目立っていました。筒井先生のお気に入りなのかな? まあ文乃もお色気で目立ってくれたけど。汗でスケスケの下着姿って、裸よりエロいよね。


腹ペコのマリー ★★★
 見事なアクションシーンは見事の一言。アクションには全く向いていないお姫様な服装であれ程動かすとは、田村先生さすがです。しばらくは不良学生との戦いになるかと思わせて、更なる脅威を出してくるスピーディーな展開も良し。


青春兵器ナンバーワン ★★★★
 初めてラブレターを貰った零一。ハチが酷い事を言ってたけど、読み終わってから見返してみたらそんなに的外れな事は言ってないのが哀しい。ラブレターを下駄箱に入れる際は、間違いのないように確認しましょう。


ポロの留学記 ★★★
 カムイの悪戯で力が人間レベルになってしまったポロ。何だか最終回みたいな話でしたが、最終回用に考えていたネタだったのかも。そういうネタをここで出してきたのなら、しばらくは安泰かな?
 思考パターンが完全に「恋する乙女」になっているルイカ、でも彼女の恋は連載が続く限り報われないだろうなあ。不憫だけど頑張れ。


Dr.STONE ★★★
 うわお、随分と下になってしまった。初回のアンケート結果が出るにはまだ早いので、原稿の入稿が遅れたのでしょう。Boichi先生は週刊連載を2作やってるんだもんなあ。その内、ぶっ倒れそうで心配。
 杠は美しい絵で復活させられたけど、司との戦いは避けられないものに。獣をも凌ぐ強敵に千空はどんな知恵を出すのか、なかなかに楽しみ。


銀魂 ★★★
 こんな切羽づまった状況でも、下ネタを忘れないどころかどんどん出してくるのが「銀魂」。全蔵は手術して本格的に治療した方が良いぞ。
 解放軍の兵器は地球の近辺では使えなくなった。ならば地球から離れた場所からでも攻撃できる兵器を使えば良い。シンプルだけど効果的な判断です。でも源外なら手を打っていそう。地上での夜兎軍団との戦いが肝になるかな? 


左門くんはサモナー ★★★★
 左門とネビロスの師弟対決は、この漫画の重大な通過点と言える戦いだったでしょう。師匠を越えた左門、流した涙は喜びよりも悲しみの方が大きいのか。掲載位置からすると、今回の戦いがラストバトルになるかも?


U19 ★
 大人党の企みは大半の読者が予想していたでしょう。それでも今回で一気に明かしたのは、クライマックスが近いからでしょう。打ち切りはほぼ間違い無しか。仕方ないけど、せめて良い終わり方を見せてください。


火ノ丸相撲 ★★★★
 辻は負ける事を覚悟していたけど、まさかこんなにも鮮やかに勝つとは。倒された相手が感動する程の見事な技、このまま終わらせるには惜しいですよね。作中でも言われているけど、火ノ丸に続いてプロ力士になってほしいですよ。


磯部磯兵衛物語 ★★★
 大人には大人の、子供には子供の苦労がある。年は取ったけど心は子供な私には、どちらの言い分も分かります。結婚して子供を作っていたら、違う考えになっていたのかな? それはそれで怖いような気が。でも桜子ちゃんの今後には幸あれ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ガーネット(以下ガー)「今節は岡山でのアウェイ戦。私達はまた仕事で行けなかったのよねえ。今回もDAZNのお世話になったけど、今年はずっとこんな感じかも」


ギアボルト(以下ギア)「今年もまたファジフーズを食べられませんでした……。この前の岐阜のハンバーガーみたいに、岡山から遠征してくれないでしょうか? もちろん全店」


王牙(以下オウ)「さすがにそれは無茶であろう。俺も噂のファジフーズは一度は食べてみたいが」


仁虎(以下ニコ)「スタ飯に関しては、ヴェルディはかなり遅れを取っていますからね。この点は他のチームをもっと見習ってほしいです」


ガー「試合そのものも仕事中だったから見れなかったわ。ヴェルディの勝利を祈りながら仕事をするのはキツかったわねー」


ニコ「それでも仕事には手を抜かないガーネットさん、素敵です。ガーネットさんをドキドキハラハラさせた岡山とヴェルディの一戦、結果はこちらになります」


オウ「うむ、見事である!! 去年、昇格プレーオフの決勝まで進んだ岡山を相手にアウェイで勝利したぞ。しかも今節も無失点、イエローカードを貰わないとは!」


ギア「6試合で失点僅か1。去年までのヴェルディとは全く違うチームなのでは?と疑われますが、井林や平など守備の基盤となる選手は去年から居ます。短期間でチームの守備力をこんなにも上げたロティーナ監督の手腕、恐るべしです」


ガー「その守備の要になってた永田充が前半早々に負傷退場したのには驚いたけど、代わりに入った畠中が良い活躍をしたわね。今季は初出場だけど、去年はレンタル先の町田で揉まれただけはあるわ」

 


ニコ「途中交代の選手と言えば、安西幸輝選手の活躍も忘れてはいけません。岡山の選手の運動量が落ちてきたタイミングで導入され、フィールドを駆け回り見事な決勝点を決めました」


オウ「あの得点は高木善朗のスルーパスと、安在和樹のアシストも評価すべきであろう。岐阜戦はアランの個人技で点を取ったが、今回は多くの選手が力を合わせて点を取った。点の取り方のバリエーションが増えるのは良い事だと思うぞ」

 


ギア「その個人技に長けたアランですが、前半の19分に高木大輔からのセンタリングをヘディングして、5試合連続ゴール……とはなりませんでした。審判の判定は絶対とはいえ、残念極まりないです」


ガー「アランには次の湘南戦で2点取ってもらいましょう。岡山まで行ったヴェルディサポはご苦労様。選手と一緒に勝利の喜びを味わえて羨ましいわ」


ニコ「日曜日に僕達も駒沢で味わいましょう。相手は昇格候補の湘南です。今節は讃岐に完敗しましたが、だからこそ必死になって向かってくるでしょう。5連勝したんだと油断してたらあっさり負けますよ」


ギア「一昨年の夏に5連勝した後も、徳島に負けてからはガックリ調子を落としましたからね。首位に立ったとはいえシーズンはまだまだ序盤。調子に乗り過ぎないように」


オウ「それでも俺はヴェルディを応援するのみだ。DAZNの中継で解説も言っていたが、今のヴェルディは勝ち方を知っている。相手にどんなに押されても決定的なシュートは打たさず、確実に点を取る。そうやって勝ち点を積み重ねていくのだ! ゆくぞ皆の者、せーの、」


4人「「「「頑張れ、東京ヴェルディ!!!!」」」」

 


ガー「湘南が今季未勝利の讃岐に負けたり、経営問題で揺れていた長崎が3位に上がってきたり、今年のJ2も先が読めないわね。ヴェルディの快進撃もその1つなんだろうけど。シーズンが始まる前にヴェルディを下位に予想していたみなさーん、ヴェルディを応援してねー」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。