1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

広角レンズが教えてくれた

テーマ:ブログ
2005年07月31日

昨日に引き続き、今日も同じ場所でバイトがありました。


昨日、あれだけボロクソに書き綴っていたわけですが、今日は考え方を変えて、様々な不条理を「仕方のないこと」と割り切って臨むことが出来た気がします。


店内のフロアに着くなり早速、例のフロア長に陰湿な言動を食らったわけですが、そこは昨日のように気にすることはなく、ヤマダ電機のハッピを纏っていざ、接客へ。デジカメフロアの面子は、昨日と変わることなく、フロア長、従業員のA藤さん(大久保嘉人似の方)、そして自分。


今日は夏休み且つ日曜ということもあってか、なかなかの人出。そういえば昨日もかなりの人数が来店していらっしゃった。


昨日とはうって変わって、接客も板が付いてきて、更に店内の構造も把握したので、客を速やかに目的のフロアへと案内することが出来ました(デジカメのフロアにいても、必ず「プリンタのコーナーはどこ?」とか「お手洗いはどこ?」とか、そういう類の質問を受ける)。


また、フロア長からは、商談が成立した際の会計に、必ずメモを持参するよう指示されていた(自分はレジが打てないので、フロア長かA藤さんにお願いする)のですが、このメモすべき内容がまた相当細かい


メーカー・型番・色・支払い方法とその値段(例:パナソニックLUMIX FX-8 シルバー 現金値引き ¥○○○○○)といった具合に。


でもこれを出さないとたちまちキレるので、ここはもう“郷に入っては郷に従え”の理念のまま、その通りにすることに。それでも、常に不機嫌そうな顔をしていたことに変わりはないですけどね。しかしここはフロア長のスタイルに従わなければなりません。ちなみに、A藤さんに会計を頼む時は、メモは不要。


今日は昨日に比べてミスもほぼなくなり、フロア長のことも気にせず接客に打ち込めたので、昨日の倍以上の11台、約33万円の収益に貢献出来たのです!特に、老夫婦のお客さんにキヤノンのデジカメのメリットを熱弁すると、「兄ちゃんが熱心に機能を教えてくれたから買おうかな」と言われ、商談成立。これは物凄い嬉しかったですね。接客に対しての自信を深めることが出来ました。


そして勤務時間を終え、フロア長に挨拶。結局最後まで無愛想な人でしたが、それはそれでもう仕方ないこと。そう割り切って帰路の途に。


そういえばこのフロア長、従業員の方に対しては、まだ自分より愛想よく接していました。きっと長い付き合いを経て、心を開いていく、そんな方なのでしょう。自分もこの店に足繁く派遣されれば、もしかするといつか打ち解ける日がやって来るかも知れませんね。


この土日で、自分の心の面で、大きな収穫があったに違いありません。昨日はフロア長の人格が受容できず、ただひたすら呆れかえって偏屈な見方をしていた人間がここにいました。しかし、今日は視野を広く持つことを心がけたことで、何ら滞りなく、仕事を遂行出来た気がします。それは昨日の記事に、多くの方々がコメントを下さったことで、見方を変えることが出来たからだと感じています。今改めて、感謝を申し上げたい。そして自分はこれからも、色々な考えを持つ人々に出会い、学んで行くべき。この週末の出来事は、まだその端緒にすぎないのでしょう。自分の中にも、視野を広く持てない小ささがあった、そう感じた週末でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

冷徹なる大打撃

テーマ:ブログ
2005年07月30日

前述の通り私は今日、バイトがあった。先日の茅ヶ崎での件以来なので、これが2回目ということになる。


場所は横浜は金沢区。私の家からは、軽く1時間半ほどかかる道のり。派遣会社はどうしてこうも、家からどう考えても非効率な地に私を送り込むのだろうか。


バイト先はヤマダ電機。前もって言っておくと、ヤマダには、「フロア長」という役職の方々が存在する。パソコンコーナーにはパソコンフロア長、テレビコーナーにはテレビフロア長、といった具合に。当然、私の派遣先のデジカメコーナーにも、フロア長はいるわけである。


フロア長は女性。根暗な女子中学生のようなルックスだった。


ところが、である。この方、と言うかこの人、冷徹な口調で、新米の私にはハードルが高すぎる要求をしてくるのだ。それは少年野球の選手に、今すぐプロでプレーしろという要求を突きつけるが如く。ネオが付くほどの現場至上主義。そして完璧主義。私が少しでもミスをすると、呆れて見下したような顔つきで怒り、私の声が聞き取れない時は、睨みつけるような顔をして「はあ!?」と声を荒げ、私の接客の仕草を、常に怪訝そうな表情で見ていた。


それは私の高校時代、3年間一緒だったクラス担任の、初期の頃の印象よりも遥かに悪い。彼(担任)も当初は冷淡に構え、笑うことは殆どなかった。だが、高1の秋に結婚してからというもの、サイコロがボールに変化するが如く丸くなって行き、卒業する頃には、毎日笑顔をのぞかせていた。


確かに私にも非はあるだろう。私は物分かりが決して良いとは言えないし、コミュニケーション不足は否めないし、声が聞き取りづらいということもあるかも知れない。だが、私に対して本来とても求めるべきではないものを求めていたのだろう。


更に、ましてやこの店にやって来るのは初めての私に、血も涙もない態度を見せられても、ただただ困惑するしかない。正に、私が最も苦手とするタイプの人間だった。バイト開始から暫くは、この人はきっと結婚して子供が出来たら徹底的な教育ママになり、その子が結婚したら嫁イビリに勤しむんだろうな、そんな予測を張り巡らせて接客に臨んでいた。


ただ、唯一の救いは、もう1人、デジカメのフロアを担当する従業員の方が、物凄く優しかったこと。サッカーの大久保嘉人に似たその方は、まだ右も左も分からぬ私に、懇切丁寧に色々と教えて下さったのだ。


私が「茅ヶ崎の時と180度くらい変わって厳しいっす」と、こっそり愚痴をこぼすと、その従業員の方はこうおっしゃった。


「ここは、あの人(フロア長の女)だけ異常だから。色々と細かい要求してきて、出来なきゃキレるし。正に独裁体制、金正日みたいな感じだよ。だから何か言われても、あまり気にしないでいいよ」


この言葉が、どれだけ私を励ましてくれたことだろう。それからの時間は、相変わらず陰湿な言動や態度をされたものの、気にせずアッケラカンとしてやり過ごすことが出来た気がする。


正に、同じフロアに冷血鬼と御仏が同居しているような感じ。デジカメのほうも、私の接客の中で5台を売り上げ、およそ15万の収益に貢献した。


だが、勤務時間を終え、日報を書いて帰るべくその女に挨拶しに行くと、梱包ビニールを切りながら、私と目も合わせず、感情がこもってない口調で、「今日で2回目らしいけど、私はそんなのお構いなしに容赦しないから。お疲れさまでした」


その瞬間、私の中に怒りを通り越した、呆れたとも取れる感情が沸いて来た。この人、と言うかこいつは、きっとどうしようもなくつまらん人生を今までやって来たんだろうな、もはやそう感じた。マニュアル通りにしか動けない、カタブツのつまらん人生。


そりゃあ確かにお前のその勤勉さが評価されて、フロア長とかいう役職に就いてるんだろうよ。だが、ただマニュアル通り、砂の礫を拾い集めるが如き細かい要求をして、何が楽しい?無表情で仕事してる、そんなものの何が楽しい?もう少し柔軟になりやがれ!お前が怪訝そうな表情をした時なんか、根暗っぽさ丸出しなんだよ!陰湿な言動や態度を他人にとる前に、先ず自分の社交性でも深めていやがれ!っていう。


私は勤勉さではこいつに遥かに劣るだろうが、間違いなくこいつよりも、色があり味のある人生をやって来た自信がある。


だが、私は理解しなければならない。世の中には、この類の人種も少なからず存在するのだということを。「もしも自分の理想の人々だけが存在する世界で生きられたら」などといった甘美な仮定法は、遠い昔に消え去るべきなのだ。


明日も同じ場所、同じフロア長の下でのバイト。だが、上の考えを受け入れられれば、明日のバイトは今日よりも苦ではなくなるだろう。また「これは良い社会勉強だ」、そう割り切ることによっても、今日よりもバイトに対するイメージが変わる筈だ。


とは言え、きゃつに対する、怒りを超越した、哀れみにも似た「呆れ」が、本日の私のブログの文体を、ここまで変えてしまった。これ程までに私が拒絶反応を示す様な人間に出会うのも、久しぶりの事である。最後に、派遣会社さんよ、せめて私の派遣先に、東京多摩地区新宿の家電店を打診してくれ・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

とんかつ2回転

テーマ:ブログ
2005年07月29日

今日はサークル練の日。実に3週間ぶりにテニスをするとあって、気合を入れて早起きし、正午に川崎のテニスコートに着くように出発。それ故、コートの最寄り駅・川崎駅に着いたのは11時半少し過ぎ。


ところが、自分は間違えていたのです。そう、練習開始時刻を。本当の練習開始時刻は2時。春休み中の練習の開始時間が正午からのパターンが多かったので、今回もそうだろうと思っていて、普通に勘違いをこいた白昼。メーリスを確認すれば、一発で分かるのですけどね。甘かった。


仕方なく、2時までどこかで時間を潰すことに。ここで、たまには奮発するかと思い、向かった先は川崎駅ビルの和光。かの有名な、とんかつのチェーン店です。そこで昼食&マッタリし、その階下の本屋でもマッタリすれば、程よい具合に練習の始まる時間に。


今日の練習は炎天下でのものとなり、久々に運動をする身にとっては結構こたえるものがありましたが、その分アツい練習が展開されました。


来週の火曜に試合が控えているので、試合形式の練習を織り交ぜて、なかなか楽しかったです。自分の肌もそれなりに日焼けしたようですし。良かった良かった。練習後に飲むコカコーラも、炎天下の後ということもあってか、今日は格別。


その後は、アフターへと流れ込んだわけですが、一行が向かった先は、何とまたしてもとんかつ屋!正に昼と夜、とんかつのダブルヘッダーとなったわけです。こんな経験をするのは、おそらく生まれてこの方初めてのことでしょう。時間をかけながらも、何とか完食。


昼と夜とで、とんかつ2枚の他にご飯4杯・キャベツ山盛り4杯・味噌汁3杯という、自分的には驚くべき数値を叩き出した今日。最近食が細かった気がしただけに、何とも嬉しい。


これなら週末に2日連続で入っている、立ちっぱなしのバイトも何とかなりそう。あとは睡眠時間さえ確保すれば・・・。


最終的には、1日の食物繊維(キャベツ)と炭水化物(米)の摂取量がハンパではないだろうことを認識したところで、週末2連チャンのバイトへと身を投じて行くのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

レポーターは知っている

テーマ:ブログ
2005年07月28日

今日は渋谷にて、サークルのテスト明け飲みが催されたのですが、その前に、サークルの同級生・K織ちゃんの誕生日を祝して、2年生だけで0次会なる集まりが開かれたのでした。5月にも、0次会ってのは催されたので、今日はそれ以来ということになりますね。


更にその前、自分とY夫くん・海くん・とく君の4人で、渋谷で軽く昼食。その後、集合場所となっている東横大改札に向かう際、ハチ公口の大交差点の前で、ちょっとした出来事が発生。


何と海くんが、めざましどようびのインタビューを受けたのです(フジテレビ系列で土曜の朝やってる番組)!!下手すると、今週の土曜の放送で海くんが全国電波に乗るかも。インタビューは、「映画を観る時は字幕?それとも吹き替え?」みたいな内容。海くんがどっち派だったかは、飲んだせいで忘れてしまいました・・・。


ちなみにその際の様子がこちら。↓海に聞いてみよう レポーターの兄さんが、微妙に引いている姿勢なのは何ゆえでしょうか。そこだけ気になりますが、ツッコまないでおきましょう。


そんな一コマがあった後、みんなと合流し、0次会が催されるボウリング場へ。こけら落としは、主役のK織ちゃんの投球で始まったのですが、何とこれが見事ストライク!最高の出だしで始まったボウリング大会(?)は、その後も白熱した中身に。


一人ひとりの一投一投が、大きな喝采(もしくは顰蹙)を浴びるという、何ともアツいゲーム。その合間を縫って、ケータイで高校野球・神奈川大会決勝戦の試合経過を確認するというスタイル。慶應は、序盤こそリードを奪って安定していたものの、7,8回で合計8点を取られて逆転され、万事休す。43年ぶりの夏の甲子園はなりませんでした。メチャメチャ激しく甚だしくとても喉から手が出るくらい残念です。でも10年ぶりの決勝進出は見事。正直、昨日の準決勝は勝てると思っていませんでしたから、ここまで来ただけでも、十分賞賛に値します。今年のベンチ入りメンバーは2年生が多いので、まだまだ来年も期待できてしまいます。これからも、是非是非頑張り続けてもらいたいですね。


ボウリングの後はサークル全体の輪に合流し、テスト明け飲みへ。久々のサークル全体飲みということで、ちょっと張り切りすぎた感は否めません。普段ご無沙汰してた多くの方々に、相見えることが出来ました。


その張り切りすぎ感のまま、行くはずではなかった2次会まで赴き、自称・写真担当としての使命を全う。


そんなこんなで家に帰ってきたのは11時過ぎ。久々に結構な眠気に襲われています。


明日はこれまた久々、サークル練があるので、是非出たいものですね。でもボウリングをしたその次の日は、決まって右手の親指が痛くなるので、まともにラケットが握れるかどうかが唯一の気がかりなんですねこれが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

人間、一つはアツくなれるものを持て

テーマ:ブログ
2005年07月27日

昨日は雨の激しい中、学校まで赴いてレポートを提出し、その足で高田馬場へ向かい、カテキョの仕事で提出する報告書(これを提出しないと給料が出ない)を切らしていたので補充してもらい、そのまま帰ってきたら1日終わった感じでした。といっても、事を起こして学校へ向かったのが午後2時過ぎでしたから、色々やってるとあっという間に夜になる訳でして。事を起こす前は何やってたのかと。当然の如く、爆睡してました。


そして今日も、例に漏れずに午後まで睡眠。午前中、メールで起きるものの、返事をして再び就寝。休めるうちに休んでおけという自分の考え方は、果たして合っているのでしょうか。いや、合っていると信じましょう。


更に例に漏れず、テレビで高校野球を観戦。神奈川は、今日が準決勝でした。第一試合、日大高校は最終回に追いつくなど、粘りを見せるものの、桐光学園の前に惜しくもサヨナラ負け。この時点で決勝での慶應との日吉対決はなくなってしまったのですが、続く第二試合、慶應は共に今年のセンバツにも出場した、強打・堅守の東海大相模を相手に先制するもののすぐに同点に追いつかれ、再三のピンチをこちらも堅守で凌いで延長戦へ。そして迎えた延長11回、2死から死球で出たランナーを1塁に置いて、5番の山口が、ライトへサヨナラ2塁打。慶應は見事、明日の決勝戦進出を果たしたのです!


思えば、神奈川の高校野球予選の参加校数は、実に195校。多い時は205校なんて時もありましたが、いずれにせよ、全国最多の参加校数を誇る大会。それを勝ち抜いていくことの、何と大変なことか。シード権を手に入れても、最低6回勝たないと、決勝戦に出ることは出来ないのです。ちなみに、今年の山梨大会の参加校数は41校。神奈川のそれの、実に5分の1に過ぎません。ノーシードでも、5回勝てば決勝に出られます。シード校に限れば、4回。


この試合数の差というのは、小さいようでとても大きい。選手の健康面で、大きな違いが出てきますからね。連戦による連投のために、プロから注目されながらも、甲子園に出ることなく地区予選で敗退してしまった投手なんて、山ほどいます。そんな面で、高校野球は甲子園に出るまでに、地区によって少し不釣合いが生じてしまうのも事実。


こういうことを工面して、神奈川や埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫辺りは、東京や北海道のように、代表枠を2校にすればいいんですけどね。現時点では、記念大会でもない限りは無理なようですけど(1998年の第80回記念大会に限って、特別にこの措置が取られ、上に挙げた府県で代表枠が2つになった)。


・・・また長々と語ってしまいました。高校野球のこととなると、少しアツくなってしまって申し訳ない。


とにかく明日は、ただひたすら、慶應の甲子園出場(出たら43年ぶり)を祈る次第です。


さて最近は専ら、熱い日差しを浴びるのを極力避けて、ヒッキーに勤しんできた自分ですが、明日はサークルのテスト明け飲み。久々のサークル全体飲みということになるので、頑張れちゃいそう。その前にも、友達の誕生日を祝した、0次会なるものが催されるので、こちらもとても楽しみにしています。自称・サークル写真担当として、今のうちからデジカメを充電しておくとしましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

刹那でも、意味ある外出

テーマ:ブログ
2005年07月25日

今日の眠りを破られたのは12時過ぎ。T村くん からの電話によってでした。


T村くんからは日吉で昼食でも食べないかと誘われ、家にいたままでも勝手に1日が終わって行くだけだと感じ、身支度をして日吉に直行。


T村くんとの待ち合わせ場所では、とく 君・そして後輩のM瀬くんも一緒にいて、4人でわいわいとひようらの食いしんぼへ。これが今日の初めての食卓ということもあり、それなりのヴォリュームのハンバーグ・それなりのご飯お代わりを折り混ぜ、たらふく食べたつもりだったのです。


・・・が、それ以上に周りを驚愕させたのが、T村くんの食べる量!!今野球界で流行りの「お代わり君」がここにいる、とでも言わんばかりのご飯のお代わりのしよう!どれだけたいらげたのでしょうか・・・。店員さんも、何度かするうちに「本当に普通盛りで大丈夫?」などと予め尋ねたり。その光景、今思い出しても笑いがこみ上げて来ます^^


そのまま3人とは別れ、することもなくなった自分は再び家へ帰ることに。結局、みんなと一緒に昼食を食べる為だけに日吉へ出てきたのと同じなのですが、それでもいいんです。大切なのは、コミュニケーションを図ること。それが自分の信念。


途中ムサコで買い物をし、例のチャリのカギを除去するための工具を購入。そのまま家に帰って即チャリを解放!と考えてはいたものの、実は家に戻ると色々とすることがあって、雑用をこなしているうちに、ベッドで就寝・・・。気付けば7時半。


そんな暗い時間に外へ出て、カギを壊すことを試みようものなら、たちまち要らぬ誤解を受けること間違いないでしょう。ハタから見れば、チャリを盗もうとしている(=窃チャ)ように見えますからね。


そういうわけで、本日は断念。明日改めて作業に取り掛かるとしましょう。明日はその他にも、何だかんだでやる事があったりする。でもクーラーの冷気を浴びて、悦に浸っているよりはマシかも知れません。夏だからこそ、アクティブに行きたいものです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヒッキーでも波乗りは可能

テーマ:ブログ
2005年07月24日

花火から明くる今日は、ただひたすら睡眠。


ベッドから起き上がったのは2時。今日は高校野球が全国の11もの地区で代表が決まるということもあり、神奈川大会の準々決勝のもようをテレビで確認しつつ、ネットで情報収集して過ごす一日。


ちなみに、我が山梨の代表も今日決まり、日本航空高校が、3年ぶり4度目の甲子園へ。メンバーの中に、生粋の山梨県民が殆どいないというので、ちょっと気分は複雑ですが、活躍を期待します。


そして神奈川は、さすがは参加校数が全国最多だけあって、レベルが高い。準々決勝の4試合の中に、大味な試合は一つもありませんでした。そしてやはり一番嬉しいのは、慶應高校の準決勝進出!次の相手は慶應と一緒に春のセンバツに出場し、今日の準々決勝も、名門・桐蔭学園との延長13回の熱戦を制した東海大相模。夏の甲子園を目指す上で、避けては通れない相手なので、是非大奮闘してもらいたいもの。また、同じく日吉に学校がある、日大高校も準決勝に進出し、もし上手く行けば、決勝で慶應との「日吉対決」が見られるかもしれないのです。一ファンとして、日吉に愛着を抱く者として、期待せずにはいられません。


長々と語ってしまいましたが、今日は終始、高校野球の情報ばかり集めて過ごした日だった気が。ネットサーフィンに明け暮れてました。


テレビもあまり観たいものがやってなかったので、久々にツタヤでレンタル。この週末限定で、ビデオ・DVDのレンタルが半額というのが嬉しい。早速色々と借りました。今日の外出といえば、このツタヤに向かったことだけになります。


明日は月曜ですね。今日以上には外出して、外の空気を浴びたいと感じています。


外出で思い出しましたが、最近チャリのカギが壊れて、チャリが使用不能になっているのです。ホームセンターでカギを壊す工具を買わなくては。壊れたカギを取り払った時、自分の行動範囲はまた広がっていくのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

何かが晒され何かが明ける

テーマ:ブログ
2005年07月23日

今日は調布花火大会の日!朝から張り切っていても良かったのですが、結果的に目覚めたのは1時半。テストが終了したということもあり、思いっ切り寝入ってました。


I堤駅への集合時間を3時と定めるも、その定刻に来たのはOぺ君だけ。しかも自分も、家の掃除をしていて数分遅刻という、のっけから先行き不安定な企画の始まり始まり。


やがて海くん・S藤くん・SHん君が加わり、酒や氷を調達して我が家でマッタリ。それからまた暫くして、今度は後輩のAZさちゃんを迎えに行く為に再び駅へ。そして家まで案内した後、今度はNか君・M由ちゃんを案内すべくみたび駅へ。遅れる方々に、メールで集合時間を調節させれば、ここまで苦労はしなかったんでしょうね。


更に更に、まだまだ来客はいらっしゃいます。後輩のU田くんと、N尾くん。2人ともさほど待たずしてI堤駅に到着予定だったので、M由ちゃんにNか君のナビを託して、その2人を待つことに。この時、時間は4時半ちょっと前。


そしてその直後、予期せぬ出来事が起こったのです。地震。足元や電灯が、結構揺れました。同時に、南武線が運転を見合わせてしまいケータイが全く繋がらない事態に。


今年に入って、またしてもこのような事態に遭遇するとは思ってもいませんでした。3月、福岡を旅行した時も、丁度震度6の地震に見舞われ、このような事態に陥ったばかりだというのに。1年で2度とは。驚く以外にどんなリアクションが出来ましょうか。


そして、南武線が止まった、ということは・・・そう、U田くんは登戸(I堤から電車で5分)で、N尾くんは溝ノ口(I堤から電車で十数分)で、それぞれ足止めを食らってしまったのです連絡をしようにも、いかんせん花火を見るために人でごった返してるのと、地震の安否を気遣う人々とが混ざり、電話は一切繋がらず。2,30回ダイヤルを試みて、やっとN尾くんに繋がり、無事を確認し、続いてU田くんにも繋がり、無事を確認。


ここで、U田くんは、何と登戸からI堤まで歩いてやって来ると言うのです。自分もかつて、登戸から自宅まで歩いたことはありますが、その時は悠に1時間かかる道のりでした。


とりあえず、2人の無事を確認したところで、花火への準備をしようと家に戻ると、まあ色々と自分の部屋がマルサでも受けたの如くになっていて驚愕。マルサというのはちょっとオーバーかも知れませんが、油断もスキもない。


そんな一件を経て、いざ花火大会へ。途中、U田くんとは駅前で合流できた(登戸からはるばると、本当にお疲れ様)ものの、N尾くんとは無事の確認以降、一向に連絡がつかぬまま。やっとのことで連絡が取れた時、彼はまだ溝ノ口に。この時、花火開始まで1時間を切っていました。


するとN尾くんは、何と溝の口からI堤まで走って来るというのです!!距離にして、普通に10km近くあるであろう、その道のりを。一行みんなでN尾くんの身を案じたまま、花火大会が始まりました。


花火は序盤から物凄いやつの連発。さすが東京多摩地方最大規模の花火。地震があったにもかかわらず、調布側も、I堤側も、物凄い人出。


そしてそして、遂に感動の再会が。花火が始まって1時間ほど経つ頃、あのN尾くんが、溝の口からはるばると、長い道のりを走破して、ここまで辿り着いたのです!!


汗だくでやって来た彼に、自分はただただ感動するのみ。本当に素晴らしい!心から賞賛したいです。

調布の花火 その後はみんなでゆったりと花火に酔いしれました。写真は多摩川にナイアガラを通していたのですが、これがまた感動的。ちょっとボケちゃってますけど。


やがてグランドフィナーレを迎え、それがまた物凄く幻想的。去年に続いて感動してしまった一行でした。


その後は再び我が家でマッタリし、一部男たちでラーメンを食べて、それぞれの帰路の途に。地震で南武線が遅れていましたが、さほど影響はなかったみたいで。


今日は色々と、印象的な出来事が起こりすぎました。でもやはり、地震で南武線が止まってしまったのにもかかわらず、はるばるとやって来てくれたU田くん・N尾くんの後輩2人には、心から拍手を送りたいですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

命拾い ついでに趣向も変えちゃいな

テーマ:ブログ
2005年07月22日

今日で春学期の試験が全て終了!!ものすっごい解放感に浸った今日でした。


しかし、その前に、今朝は危うい出来事があったのです。


今日は1限(9:30~)から試験があるので、軽く復習する時間もかんがみて、目覚ましは7:45にセット。そして見事、その時間に起床。しかししかししかし、ここで、悪い癖が。目覚ましを止め、再び就寝・・・そう、俗に言う、2度寝をかましてしまったのでした。


そしてそして、再び目覚めたのは、何と8時53分!ヒャー。ヤバいです、このまま行くと、試験に遅刻してしまう。必死になって身支度を整え、駅まで猛ダッシュをし、電車に乗り込んだのは、9時5分頃。ちなみに、駅から大学までは、平均で30分ほどの道のり。多少の遅刻は覚悟の上、電車の中で、落ち着き払った感を装い、復習に勤しんだ自分。


そして日吉駅に着いたのは9時33分。幸いなことに、1限の教室は、比較的近い場所にあったので、ただただ走って、35分過ぎに何とか入室。ちょうど問題を配っていた時で、ギリギリ間に合うことが出来ました。


もし目覚めるのがあと30分遅かったら・・・それを考えると、今でも怖いです。神がいるのであれば、どうやらまだ自分のことを見捨ててはいないようですね。それとも、部屋のボードに掛けてあるララのお守りが知らせてくれたのか。それらは定かではありませんが、命拾いしたということだけは事実。感謝。


そして無事1限の試験を終えれば、続いて2限・例の文学の試験。


前日の集いの意義を無駄にしない為にも、何とか押さえたい科目でしたが・・・結果は3人とも微妙。単位が来ればそれでいい、と切に感じた瞬間。この文学の試験を以って、自分の中の試験科目は全て終了したのですが、果たして有終の美と行くかどうか。


これで一気に力が抜けた自分は、たく君と共にひようらのマリーンへと赴き、更にはスタバでくつろいだ後、どこかへアヴァンチュールすることに。


何か買い物をしようと目論んでいた今日。これまで渋谷方面にばかり行っていたので、今日はひとつ、趣向を変えて、渋谷方面とは全く逆方向の横浜へと足を運びました。


横浜というのも久しぶりで、ひょっとすると去年の秋以来になるのではないかと。ブラブラと店を回り、服とサンダルを購入。最近は専ら、靴とTシャツしか買っていなかったので、ここいらでまた、趣向を変えてみようかと。


パパパっと買い物をしたので、その後は軽く駅周辺を散策。この辺りは、大学受験の際に通ってた予備校がすぐ近くだったということもあり、色々思い出深いエリアでもありますが、この話についてはまた、機会があればということで。


そのまま帰宅して疲れを取るべく寝入っていたら、あっという間に夜ですよ。ここ1週間ばかり、同じようなリズムで1日が終わって行ってる気がします。起床→登校・試験・勉強→帰宅・夕寝→4時5時まで起きてる、みたいな。そのリズムも、試験が終わったので徐々に立て直していけることでしょう。


そして明日は、調布の花火大会!サークルのみんなと一緒に楽しみます。最近、ようやく蝉も鳴き始めたみたいですし。もう夏近とかじゃなくて、夏本番ですね。よく分からん締め方になりましたが、そこは悪しからず。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

文学三太夫

テーマ:ブログ
2005年07月21日

今日は試験がなかったので、爆睡、というほどでもないけれど、それなりに睡眠。


8時頃にとく君からのメールで目が覚めるものの、結局2度寝の世界へと落ちていきました。


そして再び目覚めたのは11時過ぎ。たく君からのメールで今度こそ目が覚めることに。


実は今日は、昨日の最後にも書いたとおり、たく君・そしてM由ちゃんと3人で、I堤の我が家にて、3人で履修している文学の試験対策を講じようと計画していたのでした。


我が家に友達が来客するのは、2月のポップ君以来。久々の来客ということもあり、パパパっと身の回りを片付け、I堤に着いた2人と合流したのはちょうどお昼頃。そのまま近くのファミレスへと流れ込み、昼食をすることに。


日吉からこんなとこまで、本当によく来てくれました。


昼食後、我が家へやって来た2人。最初こそ文学やってやるぞオーラを醸し出していた3人ですが、冷房の効いたリビングでは、午後の照りつける太陽も、やがてはうららかな日差しへと変化を遂げ、更にたく君・M由ちゃん共に1限の試験のために、前日から満足な睡眠もとらぬまま我が家へとのぞんだせいか、そのオーラは衰退の一途を辿って行きました


自分の部屋の探索・リビングでのくつろぎ・・・ポワ~ンとした空気が流れて行き、それぞれ眠たさを押し殺しながら、時間だけが過ぎて行く。そしてそのポワ~ンは、夕方まで続く羽目に・・・。


結局、くつろぎの内に終了。せめてもの救いは、前日にある程度文学の要点をまとめていたこと。まとめたといっても、非常に不十分な内容ですが。でも最悪、この集いの意義のオジャンということだけは免れたかと。


そのまま2人を駅まで見送り、自分も軽く寝たりして、今は明日の試験のレジュメを傍らに、ブログをしたためているわけです。


本当に、よく来てくれました。お疲れ様ですね。そして自分も、明日で試験科目が全て終了!せめて有終の美を飾りたいものです。オジャンだけは、是が非でも避けなくては・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。