Amo Tokyo!【Tempo Futbol】蹴球ボチボチ日誌

「青赤」FC東京など、Footballを中心に綴っていきます。よろしくお願いします!

 【 C・O・A Football 】


昨年はJ2リーグを優勝で終え、晴れてJ1の舞台に。

さらに、元日コクリツでの天皇杯を制しACLへ・・。

名実共に、飛躍の年に!!


Go forward,FC TOKYO !!


◎東日本大震災にて被災された方々には

 心からお見舞い申し上げます。

 そして、不幸にもなくなられた方々、

 深くお悔やみ申し上げます。

 

 一日も早く復興への道筋が見えるように

 ワタクシも、できる事をやっていく所存です。


 また、福島の原発にて・・

 命がけで職務を遂行されている方々に

 心から敬意を表します。

 職務からの無事のご帰還を祈っております。






テーマ:
前節の敗戦を受けてか、または永井君を活かすシフトというのか、
スタメンを入れ替えて臨んだaway神戸戦。
そのスタメン起用された永井選手が14分に幸先よい先制点。
相手GKをあざわらうループ、意外と器用なゴールもするんですね(^-^)
ちなみに攻守に渡りあちこち顔を出して、スタメン起用は当たったなと私は思いました。

ただ後半に入り、神戸のネルシーニョ監督は交代カードを巧みに切ってきて 、
そのウェスクレイ選手にドリブルを許すと、クロスに合わせて
カズマックスこと渡邊千真選手が同点弾。
PKのリスクはあるとはいえ、もう少しウェスクレイ選手に強くいけてたらどうだったかな?

終盤の神戸の猛攻もあり、追加点は取れなかったけど、ドローで勝ち点は持ち帰れた。

ただ、ウノゼロで勝ちきるというのもあるけど、
今日は追加点を取って相手を封じたかったですね。

ともかく、現地組の皆様お疲れ様でしたm(._.)m 
そのまんま韓国行かれる方々も帰京される方々もどうかお気をつけて。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
十文字の試合後は、いつもの #DAZN にて観戦。
ルヴァン杯での雪辱を果たさんと 三田選手そして増嶋選手が待ち構えるawayゲーム。
効果的な戦いを見せていた仙台でしたが、先制は東京。

前半のうちにCKの流れから跳ね返りに大久保嘉人選手が反応、
地を這うようなシュートが決まった!

更に追加点は東京。
後半の中程、太田選手のロングシュートを相手が弾いた所を、
大久保嘉人選手がさらっと流し込んだ。

終盤、仙台もかなり押し込む。 
三田選手のあわやというシュートもあったりしましたが、
守備陣が今回もclean seatで締めて勝利。守護神のバースデーを祝う勝利となりました。

中継では篠田監督のインタビューに切り替わっちゃいましたが、
試合後には三田選手もビジター側にやってきて、恒例のセレモニーがあったようで。

今日でGWは終わりですが連戦は週明けも。
ルヴァン杯含め上手く選手を入れ替えながら、乗り切りましょう。

現地組の皆様、お疲れ様でした!
帰りの道中お気をつけて・・・ってもう大半は帰京してるかな(^-^)?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
優勝する事で関東予選への出場権を獲得できる決勝戦。

都内の女子サッカーの強豪校同士の対戦は、緊迫した展開で
私もじーっと推移を見守ってました。

そして後半に試合は動いた。
50分、左サイドをドリブルでかけ上がった蔵田キャプテンが
ペナに侵入した際に倒されPK奪取!

これを小林選手が落ち着いて決めて十文字が先制。

修徳も先手先手の交代で攻勢をかけたけど、堅守を見せた十文字が逃げ切り勝利。
東京の試合が控えてたので、早々にグラウンドを後に。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
GW真っ只中と言う事で、やはりの人手・・・500名近いギャラリー。
まぁ想定内ではあるので、端っこの方でまったりと、練習を見てきました。

あらかじめ用意してあるグリッド内でのパス&ゴーなどで
しっかりとウォームアップを済ませ、
ハーフコートでのゲーム型式で、戦術的な部分を確認。
ここで主力組はクールダウンに入り、明日ゲームを控えるU23組は
更に奥のグラウンドで4vs4+フリーマンを置いてのゲームを。若さってすごい(笑)。

早く終わった主力組、いつものようにすぐ引き上げる選手もいたけど、
残って鳥かごを始める面々も。珍しい光景を見ることが出来た!

ファンサは握手のみ。
明日の試合を控えるヤングな面々、そして明後日の仙台に行く面々。それぞれに向け激励を。

そして・・先日のルヴァン杯で、久保選手に群がるメディアに
ガチギレしてくれた広報部長にもご挨拶を(^-^)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜の勝利の余韻もあるなかでの連戦。
ミッドウィークの今日はルヴァン杯。
リーグで先日敗れた札幌を迎えての予選第4戦。

移籍後初ゴールの永井選手のゴールで勝利!
31分、左サイドからの中島選手からのクロス、マイナス気味なのが幸いして、
左足ながら押さえの効いた見事なシュートでした(^-^) 

そして、この日の注目と言えば・・・久保建英選手のトップチームデビュー!

終盤に自ら得たFKのチャンス、ボールを離さず蹴る気満々。
残念ながら得点にはならなかったものの、この日に駆けつけた観客には大いに印象づけたのでは。

近々は波多野選手と共に選ばれたU20W杯が控えてるけど、頑張って来て欲しい。
また、きっとまたその後に訪れるかもしれない、トップチームでのチャンスに期待したい。

それにしても・・・対戦相手にいた小野伸二選手との「天才」同士のマッチアップ。
すげぇ事だよなぁ。

そして・・・試合後にあったあの顛末。
勝利のセレモニーに群がるメディアの連中に辟易。
ガチでキレた某広報氏と、絶妙のポジショニングを取ったドロちゃんに感謝。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
素晴らしい好天に恵まれ、絶好の観戦日和のなか、
今季の広島で、GK2番手の序列で味スタ凱旋となった
廣永選手を迎えてのGW初っぱなのゲーム。

前節新潟戦より橋本選手が外れたのが意外でしたが、
ミッドウィークのルヴァン杯から、波多野豪やバーンズ選手がメンバーに入り、
交代投入などでどんなケミストリーを見せるのか楽しみ。

試合は互いの持ち味を見せながらもジリジリ推移して堅い展開。
ただ、前半終わりにクロスバーに嫌われた太田選手のFKや、
工藤選手の強烈なシュートを左手一本で弾き出した守護神、林彰洋選手など随所に見応えあり。

そして試合が動いたのは68分。太田選手のCK。
こぼれ球に巧く反応した丸山選手が冷静に押し込んだ!
彼のJ1初ゴールが決勝点になり、完封でリーグ2連勝。

Amigoから誘われて後半は初めての味スタゴール裏での応援に。
丸山選手のゴールも目の前で見れたし、選手達の嬉しそうなウイニングランも見れたし。
廣永選手が東京ゴール裏に挨拶に来たのも出迎えられたし。
素直に嬉しかったし楽しめました!ゴール裏の皆様、お騒がせしました(笑)。

すぐ3日後にはルヴァン杯の札幌戦。今日勝ったみたいで勢いがありそうですが、
先日のawayゲームでのリベンジの意味でも勝ちましょ!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
年始の選手権女王、十文字高校。新チームの子達のインターハイ予選がスタート。
大会緒戦で対戦相手との実力差があって、前半のうちから5点。
後半も交代選手の躍動もあり更に11点。都合16-0 で試合終了。

明日のトップの試合にも呼ばれるであろう選手達も溌剌とプレーしてましたし、
新2年・1年生と組まれた新たなチームも今後どのように仕上がって行くのか。
より強い相手との対戦で、チームはどんな表情を見せるのか。

他の試合も見たかったけど、東久留米総合と東村山にある日体桜華とのゲームを
前半まで見てグラウンドを後に。

その後は恒例のDAZNにて、元青赤なお二人がスタメンのセレッソU23vs栃木の観戦。
試合は残念ながらセレッソの敗戦。我が軍もガンバもU23チームはなかなか苦戦中ですな。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
休み節を挟んでのルヴァン杯予選も第3節。



磐田も東京も若手を活かした新鮮なスタメン。

で試合は・・・相手の若手の注目株である小川航基選手が目立ってしまう形に。

1点目はGK大久保拓生選手が弾いた所をすかさず。嫌なとこにこぼしてしまった。

2点目はPK。
拓生選手がアダイウトンを倒した判定でしたが、
ボールにもいっていたし相手の足にもかかってないし。
それに何より一発レッドはないですわ。代わって入った波多野選手の逆をつき得点。

3点目はDFがクリアにいったボールが相手に渡る不運。冷静に決められた。

東京も得点機会はもちろんあったが、ことごとくポストやら何やらに嫌われる。運がない。
終盤のCKから、吉本選手の魂こもったゴールも決めたが、残念ながら敗戦。

個人的には福島主審の判定には納得いかないし、試合を壊されたとも思ってるけど、
ここまでゴールに嫌われてると、

「今日はそういう日なんだ」

・・と変に納得してしまった自分もいたりして、ちょいと複雑。

ただ今日選ばれたメンバーはピッチで最後まで足を止めず戦い抜いていたし、
苦い結末でしたが今後のリーグやルヴァン杯に活かせればいいと思ってる。

GWにかけての連戦のスタート、皆で乗りきらなきゃ!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
前座でなでしこリーグもあるから現地に駆けつけたかったけど、今回も留守番。
ちなみに、鮫島選手はスタメンもチームは敗れたそうで。お疲れ様でした。

先日の小平でも試していた、アテネ世代2トップや怪我人の復帰など、
メンバー構成を入れ替えて臨んだawayゲーム。

ホームの新潟が序盤から圧力をかけ好機も作るなか、粘り強く戦っていた所でしたが、
前半のうちにセットプレーから太田選手が見事なFKを決めて幸先良く先制できたのは東京。

そして後半、梶山選手に代わり高萩選手を投入するなど、
先手を打ってリズムを代えると、追加点は東京。

左深くまで攻めいった太田選手のクロス、ギャップにうまく入っていった橋本選手が仕留めた!

更に新潟の側からしたらちょいと酷な判定というもあったけど、
大久保嘉人選手も自らPK奪取から得点。

結果的に3得点の上で、無失点・・clean seatで連敗を止めた!

クラシコ以来久々の勝利だったのが意外でしたがズルズルと引きずる事なく踏みとどまれたのは、
チームの士気を高め、選手達の自信を取り戻すには大きな勝利だった。

新潟の監督として対峙した、青赤のレジェンドでもあるフミさんには、
ちょっと申し訳ない気持ちもありますが、勝負は勝負。

現地に駆けつけた青赤の皆様、#蝗活 も楽しみつつ、帰りの道中お気をつけて!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


今回も「赤の壁」を崩す事ができなかった。

14分、相手ボールを獲りにいったところをかわされての速攻。
シウバ選手からのスルーパスを興梠選手のワンタッチで流し込まれた。

この1点が重かった。点差以上に力の差を今回も見せつけられた。

昨年も言ったけど、こんなにチームとしての差がついてしまったのがショック。

彼らが積み上げてきたものが更に増して、東京との差がまた広がった。

開始早々から阿部拓馬選手のシュートをはじめ、失点直後のセットプレーから梶山選手のヘッド。
更に後半初めから橋本拳人選手そして東慶悟選手の、ポストに嫌われたシュート。

たられば禁物ですが、これらのうちの1点でも決まってたら、違った結果に導けただろうか?

とにもかくにも、この悪い流れを何とか断ち切らないと。
次節はawayながら新潟に勝たねば。ズルズルと引きずる訳にはいかないよ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。