ラブホ社長のバリ島海外不動産投資入門・バリ島移住・ヴィラ建築・高利回り不動産!

日本でホテル、不動産、塾ビジネスで成功し、海外で勝負したい!という思い、インドネシア・バリ島で不動産投資、ヴィラ・別荘の建築・運営をしています。
バリ島は海外不動産投資にもロングステイにも最適。投資・ビジネス・ロングスティの秘訣をお話します。

NEW !
テーマ:

先日、ある日本人からヴィラの売却を依頼された。

 

好立地の良い物件だから、早期に皆さんに紹介したいのだが、

 

いつになるか分からない。

 

トラブルと抱え、解決に難航しているからだ。

 


物件の写真があるので、具体的に報告できればいいのだが、

 

当事者がこのブログを見ないとも限らない。

 

なので、イメージ写真でご勘弁を。。

 

 

このヴィラは、複数のヴィラの集合体。

 

ある日本人(Aさん、とする)がバリ人の地主から広い土地を

 

リースホールドで契約し、分筆して複数の人に売却した。

 

購入者(B、C、D・・・)はそれぞれにヴィラを建て、

 

利回りの収益物件として旅行者向けにデイリーレンタルをしている。

 


バリ人の地主 → 日本人Aさん → 日本人B

 

                                           →     〃   C

 

                                           →   〃   D、E、F・・・・


ここまでは普通の話なのだが、問題なのはAさんと購入者が交わした契約書だ。


僕らへの依頼者をBさんとしよう。

 


契約書の内容は

 

・売却する時は、事前に貸主Aさんの承諾を得なくてはならない

 

・この契約は、日本の法律を優先する

 

・賃借人が建てた建物もAさんから賃貸している

 

・建物を傷付けてはならない

 

・固定資産税の支払いを3回滞納すると、この契約を無効。支払った金員は没収

 

など、一方的でムチャクチャな内容だ。

 

 

(オイオイ、日本語なんだから、ちょっと読めば分かりそうなもんだろ)

 

Bさんは、知人の紹介でもあったからAさんを信用したし、

 

遠慮もあったらしい。

 

 

普通なら、買主が僕らプロに依頼し、僕らがノタリスと相談して

 

まともな契約をするのだが、本件では売主のAさんが日本語の契約書を作り、

 

BさんはAさんと直接契約した。

 

 

その後、Bさんは友人からの助言もあり、

 

Aさんに頼んでインドネシア語の契約書も作った。

 

 

しばらくして、Bさんはこの物件を売りに出し、買主を見つけた。

 

しかし、買主がヨーロッパ人であることを理由に、Aさんに断れれる。

 

 

Aさんが言うには、バリ島ではオーバーコントラ(また貸し)は認められておらず、

 

違法なので日本人以外だと問題になる、とのこと。

 

(実際は全く問題ない。違法でも何でもない)

 

 

Bさんは、Aさんの言葉を信用し、日本人のお客を見つけようした。

 

そこで、日本人が経営しているS社に依頼するが、満足いく動きをしてくれず

 

僕ら(弊社)に依頼してきたというわけだ。

 

 

僕らとしては、まずまともな契約書を作り直すことからスタートだ。

 

買主に不利なこのままの契約書では、とても紹介などできないし、

 

新たな被害者を出すことになる。

 

不動産売買では、次の買主は元の契約を引き継ぐことになるからだ。

 

 

明日、売主Aさんの奥様と、この件でお会いすることになった。

 

なんとか解決してあげられればいいのだが。

 

 

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

 

↓↓↓


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年早々、宿泊客から1本の電話があった。

 

「この部屋に幽霊がいる!」と。

 


1人現場に駆けつけ、また1人駆けつけ、

 

「幽霊を確認した」と大騒ぎだ。

 

 

(また、コイツらか)

 

「空いている扉が、勝手に閉まるんです。

 

幽霊の仕業に違いありません」

 


見に行ってみると、隙間からの風で扉が閉まっているだけ。

 

「お前ら、馬鹿か!! ただの風だろ。ナニ言ってんだよ」

 

いい大人が、雁首そろえて、、マイッてしまう。

 


「幽霊の部屋には、掃除に行きたくない」

 

「ふざけるな!!いねーよ。そんなもん」

 

ローカルの奴らは、なんでも黒魔術とか幽霊とかに結びつける。

 

彼らに、科学は通用しない。

 


馬鹿らしいからそんな話には、一切耳を貸さないし、

 

この客も話だけ聞いて、放置プレイ。

 

あとは、この客が予約サイトのレビューに、

 

幽霊の話を書かないことを願うばかりだ。

 

 

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

 

 

↓↓↓


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

気がついてみたら、バリ島不動産の勉強会は29回目。


ブログを書き始めて3年、真面目に書き出してからは1年だが、


飽きっぽく面倒くさいのが苦手な僕が、よく続けている。

 

勉強会は毎回2回に分けて行っているが、今回は1回だけなので


早期に満席になることが予想される。


お役に立つ勉強会 & 懇親会で楽しんでいただければ嬉しい。


皆さまの参加、お待ちしております!!


 ※前回の様子

 

【勉強会の内容】


 1 講演

 
「海外投資、資産運用、バリ島の不動産のことなど」 講師 三上純平(バリ島不動産倶楽部代表)30分


「利回り15%超!バリ島の不動産物件ご紹介」講師 八神 誠(現地ASAプロパティ代表) 40分
 


2 質疑応答、その他ご相談   40分程度

 

3 懇親会  近くの居酒屋にて 4000円

 

【講師の紹介】


 三上純平


大学卒業後、野村證券に入社。


その後24歳で学習塾などを起業し、事業は成功するものの騙されてすべて失う。


3年後に再び起業し、5年間で生徒数1000人を超える規模にし、


同時に不動産賃貸、ネットビジネスを行い、35歳の時にはグループ年商40億円となる。


が、再び騙されてすべてを失う。


それから8年、バリ島での不動産と日本でのホテル事業で復活し、現在はバリ島でヴィラを30軒運営し、


日本で11軒のホテルを経営している。

 


八神 誠


 大学卒業後、国内で20年間不動産業務に携わり、起業後は不動産の任売、リノベーション、


住宅の建売などの事業を行う。


その後、日本の不動産マーケットに限界を感じ、成長する海外市場進出を目指す。


現在はバリ島に移住し、30軒以上のヴィラの建築、運営管理までを行い、


その傍ら不動産業全般、大規模ホテルの開発プロジェクトなどに携わっている。

 

=================================


 【 第29回 バリ島不動産セミナー 】


 日 時 : 2月11日(土)  18:00~20:00

                20時から懇親会

 

 会 場 : 新宿区戸塚地域センター 5階 第一会議室 

         東京都新宿区高田馬場2-18-1     

          

 参加費 : 1000円(税込)   当日、受付にてお支払いください。


 定 員 : 25名


お申込み: mikami@iin.co.jp まで、下記をメールにてください。

 


 ========ここからコピーしてください==========


 【 2月11日(土) のバリ島不動産セミナーに参加します】


お名前:


ご住所:


ご年齢:


お電話:


メール:


 ===============================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、うちの顧問弁護士に年始の挨拶に行った時のこと。

 

「先生、そういえば2世帯住宅の件は、どうなりました?」

 

「いや、、実は、あれから進んでないんだよ」

 


この先生は、2年くらい前から2世帯住宅の建築を計画していた。

 

跡継ぎの息子さんに子どもが生まれたのを期に、同居の話が持ち上がり

 

古屋を立て直すことにしたのだ。

 


1年前に伺った時に、間取りやデザインの図面を見せてもらったが、

 

僕から見ても今ひとつの出来栄えで、本人も不満げだった。

 

「建築費の概算見積は、おいくらなんですか?」

 

「1億弱くらいかな」

 

「設計・監理費は?」

 

「1200万円」

 

「有名な建築家なんですか?」

 

「そうでもないんだけど、実は、、、」

 


住宅を計画した時に、顧問先の工務店に相談したらしいのだが、

 

その工務店が紹介してくれた建築士に依頼したというのだ。

 

 

建物だけで1億というのは、結構な金額だ。

 

設計料の相場は、一般的には建築費の10%くらいだが、

 

それは2~3000万円くらいの建物の場合で、建物の価格が高くなれば、

 

設計料の割合は下がる。

 

 

建物が1億円なら、設計管理費は高くても800万円くらいだろうか。

 

知り合いということであれば、500万円でも十分だと思う。

 

ましてや、工務店の紹介だと、どこまで監理を厳しくやってくれるかわからないし。

 

 

価格が高くても、肝心のデザインや間取りが「おおっ!!」っと

 

思わせる秀逸な出来栄えならまだしも、それもないとなると、、ねえ。

 

 

デザインというのは、理屈抜きにセンスである。

 

最初に気に入らないものが出てきた場合、相談して修正してもムリなことが多い。

 

建築士にセンスがなければ、修正とか相談というレベルじゃない。

 

 

「どう思う?」

 

「うーん、なんとも。。デザインは好みもあるので、、」

 

僕としては、そうとしか言いようがない。

 

 

先生の知り合いを悪く言うわけにもいかないし、

 

最終的にその工務店と建築士に依頼する可能性もあるわけだ。

 


「デザインのコンペとかやってみたらどうですか?

 

建築は知り合いに依頼するにしても、設計と監理は別っていうのは普通ですよ」

 

「うーん、何度もやり取りしちゃったし、顧問先の紹介だし、、」

 

この先生は、見栄っ張りでエエ格好しい。

 

なので、どうするんだろ。

 

 

不動産や建築などの高額なものを、知人、友人の業者に頼むのはオススメしない。

 

親や兄弟などであれば、本音を言ってくれるだろうし、こちらも言える。

 

でも、友達や知り合い程度のつき合いの人であれば、基本的にNGだと思う。

 

 

知り合いだと、どうしても遠慮があり言いたいことが言えなくなる。

 

普通なら相見積もりを取って、値引き交渉を遠慮なくするのに

 

知り合いだとそれもやりにくい。


「知り合いだから、ギリギリまで値引きします」と言われても

 

実際のところ、それが本当かどうかも分からないし、確認もしにくい。

 

工事が遅れ、引き渡しが延びた場合の損害金の請求、仕上がりが悪い場合の手直し工事、

 

後々出てくる瑕疵の請求など、トラブルが合った場合も請求しにくい。

 

 

悪意はなくても、間違いは起きる。

 

出来栄えの良し悪しは、感覚の問題でもある。

 

 

僕のような立場にいると、バリ島に限らず、多くの問題やトラブルを聞く。

 

その中には、友人や知人が絡んでいるケースが多い。

 

「知り合いだから大丈夫」という先入観があるから疑うことをせず、

 

比較することもせず、他の人の意見を聞くこともせず、だからだ。

 


知人・友人に依頼することは否定しない。

 

知り合いだからこそ余計な先入観を持たず、「遠慮なく言う」

 

「遠慮なくつき合う」という覚悟を持って依頼することが大切だ。

 

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

 

 

↓↓↓


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

護国寺のファミレスに入ったら、疲れたおっさんが1人で座っていた。

 

「あれっ? Kくん?、、だよね?」

 

「おっ、おう。久しぶり」

 

高校時代の同級生と大学時代以来の再会だ。

 


Kくんは現役で早稲田の政経学部に入学し、興銀に就職した。

 

彼が大学4年の時、駅でばったり会ったことがある。

 

朝日新聞と興銀の内定を取り、「迷ったけど、興銀にするよ」

 

と言っていたのを思い出す。

 

 

ワケあって遅れて大学に入った当時の僕は、

 

その時初めて、興銀という会社の存在を知った。

 

「興銀って天下の朝日新聞よりも、すごい会社なんだ」

 

と思ったことが印象に残っている。

 

 

そのKくん、今はみずほ銀行の子会社に出向し、日々時間を潰している。

 

浪人が多いウチの高校で、現役で早稲田政経→興銀は、眩しく見えた。

 

その彼の黄昏れている姿を見るとは思わなかった。

 

 

しかし、そんな人は多い。

 

僕は、そこそこの高校・大学出身だから、友人たちもそこそこの会社に就職した。

 

彼らを見ていると、「頑張っても、報われない」と思う。

 

 

「努力は報われる」は理想だが、ほとんどの人は、

 

「実際は、そうじゃない」「今は、そんな時代じゃない」

 

と分かっている。

 

 

昔の日本経済は、右肩上がり。

 

大学を卒業すれば学士様で、若い世代がどんどん入社してくるから

 

ポストも多かった。

 


でも今は、人口減少、経済縮小で、ポストは減っているワケで

 

根性や努力でどうにかなった世代とは違う。

 

それでも諦めずに頑張れ、っていうのは無理がある。

 


大企業のサラリーマンやお役所っていうのは、外部から客観的に見ると

 

報われない組織だというのがよく分かる。

 

社是や社訓では、「世の中のため」「社会貢献」という建前を言うが

 

彼らの目的の多くは、出世、給与だ。

 


僕は野村證券出身だから、彼らと飲む機会が多いが、

 

同じ会社の人間同士、それも仕事を頑張っている奴ほど、

 

誰が役員になった、誰がラインに乗っている、ボーナスがいくらだった、

 

という類の話をする。

 

「出世と賞与で、よくこうも話が続くな」と思う。

 


現実には、出世レースに生き残れる人はひと握り。

 

課長、部長と進むにつれ、ポストはどんどん減っていくから、

 

40代で実質定年みたいになっている人は多い。

 


多くの大企業では、役員にならない限り、定年まで残れないから

 

ほとんどの人が早期に実質定年になる。

 

野村證券の同期が集まる飲み会を見ていて面白いのは、

 

「ラインに乗っている組」と「実質定年組」のテーブルが

 

自然に別れてできていることだ。

 

 

ライン組の奴は、「うぃーっす!!」と大声で入ってくる。

 

僕は、外部の人間だから

 

「どこの若造だよ。気持ち悪いから変なオーラ出すふりすんなよ。笑」

 

と茶化すのだが、そんな奴が次の飲み会ではラインから外れていたりもする。

 

頑張っていた奴ほど、実質定年になり目標を失うと腑抜けの殻になりがちだ。

 

 

それならば、過度に出世や給与に固執しないほうがいい。

 

趣味や家族サービス、セカンドビジネス、投資など、

 

別の生き甲斐を見つけるのも手だと思う。

 

 

例えば、サラリーマンをやりながら、ブログで別のビジネスをするのも面白い。

 

2年くらい前に実質定年になった銀行員の友人に

 

「コンサルでもやってみたら!?」とブログを教えた。

 

彼は、月収40~50万くらい稼ぐようになり、

 

あぶく銭投資をするくらいになった。

 

 

サラリーマンが、給与以外に遊び金ができると、かなり楽しいようだ。

 

今では、年下の上司も、自分が出向になったことも全く気にならないらしい。

 

 

努力が報われるとは限らないし、人生は運に左右される。

 

それなのに、同じ組織に長くいて狭い価値観に固執するのはソンだと思う。

 

人間50年は昔の話、今は人間80年。

 

40代半ばくらいになったら、あと30年、2回目の社会人がやれる。

 

「努力が必ずしも報われない」時代だからこそ、

 

それに合わせた生き方を考えてみたらいい。

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

 

↓↓↓


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

スタッフが得意気にオオトカゲを持ってきた。

 

バングリ県で取ってきたらしい。

 

 

「これも食べるのか」と聞くと、薬にするとのこと。

 

トカゲを焼いて、出てくる油を外傷の薬にするのだが、

 

満月の日に採れたトカゲの油は、特にいいらしい。

 


僕ら日本人からすれば怖いし驚くが、彼らには普通のことのようだ。

 

このトカゲは、ミズオオトカゲというのだが、田畑を荒らすネズミを捕食するなど、

 

生活に必要な存在なのだ。


ペットとして飼育されることもある。

 

 

 

 

人の好みは様々なんだな。

 

 

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

 

↓↓↓


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウブドゥの広いヴィラが、まずまずの価格で出てきた。

 

長期レンタル物件なので、移住を考えている人にはいいだろう。

 


場所は、センターウブドゥから車で5分。

 

敷地が600㎡あり、建物は3ベッドルームの168㎡。

 

環境は抜群、スペック的にも問題ない。

 


所有者は日本人で、お子さんが高校受験のため帰国することになり

 

自宅をレンタルすることになった。

 

日本人が普通に住んでいる家なので、仕様としては使いやすい。

 


築14年と少し古いが、これから1ヶ月かけて本格的にリノベーションするから

 

パリッとすることは間違いない。

 

 

 

 

 

 

価格は1ヶ月US$1000。

 

この価格は相場だが、年払いや複数年契約すれば価格交渉は可能だから

 

実際に借りる場合には、安くできるはずだ。

 

 

ウブドゥが好きで、移住を考えている人。

 

将来的にヴィラの購入を考えているが、とりあえずロングステイしたい人。

 

そういう人には、いい物件だ。

 


MONTLY RENTAL Residance Tree Bedroom  - Ubud        
        
    PRICE PERMONTH  : USD.1.000    
    LAND SIZE  : 600M²    
    BUILDING SIZE  : 168M²    
 Spacious beautiful residance located in the south of ubud,       
 5 minutes drive from ubud center and 50 minutes drive from      
 airport, 2 minutes to minimart,a large living room with open kitchen      
 3BR with loft and balcony and a huge garden with parkir

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

 

↓↓↓


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:

今日から娘の中学受験が始まった。

 

会場に着く直前、「あっ、塾のバッチを着けなきゃ」と娘。

 

大人っぽい子だが、こういう律儀さは小学生だ。

 


会場に行くと、大手塾の先生たちが並んで川を作ってくれていて、

 

そのバッチで自分の塾の生徒を見分け、激励してくれる。

 

 

 

親としては気恥ずかしいが、本人はまんざらでもない様子だ。

 

教え子や長女で何十回も経験しているが、それでも緊張する。

 

お試し受験でこうなのだから、2月の本命はもっとだろうな。

 

 

さて、、、

 

~~~~~ 2月11日 バリ島不動産セミナーのお知らせ ~~~~~


次回のバリ島不動産投資セミナー の予定が決まりました。

 

内容はまだ未定の部分もありますが、遠方の方もいらっしゃるので、

 

取り急ぎ、日時、場所をお知らせします。

 


残回までは2日に分けていましたが、今回は1日なので早めに満席になると思います。

 

参加の受付は、来週16日から行う予定です。

 

恒例の懇親会もやりますので、そちらもよろしくお願いします。


 =================================


 【 第29回 バリ島不動産セミナー 】


 日 時 : 11月26日(土) 18:00~20:00

      20:00より懇親会(参加自由)


 会 場 : 新宿区戸塚地域センター 5階 第一会議室

       東京都新宿区高田馬場2-18-1

               JR山手線、地下鉄東西線 高田馬場駅 徒歩2分  アクセス

 

 参加費 : 1000円(税込)  当日、受付にてお支払いください。


 定 員 : 25名


===============================


  1 講演
        ① 内容未定                          講師 三上純平(バリ島不動産倶楽部代表)30分

        ② バリ島の不動産物件の紹介 講師 八神 誠(現地ASAプロパティ代表) 40分


2 質疑応答 その他ご相談 40分程度


3 懇 親 会 セミナー後、近くの居酒屋で会費4000円程度

 

 

 【講師の紹介】


 三上純平


 野村證券入社、その後24歳で学習塾を創業し、事業は成功するものの騙されてすべて失う。


 4年後に再び学習塾を創業し、5年間で生徒数1000人を超える規模にし、


 同時に不動産賃貸、ネットビジネスを行い、35歳の時にはグループ年商40億円となる。


 が、再び騙されてすべてを失う。


 それから8年、バリ島での不動産と日本でのホテル事業で復活し、現在はバリ島でヴィラを30軒運営し、


 日本で11軒のホテルを運営している。

 


八神 誠


 大学卒業後、国内で20年間不動産業務に携わり、起業後は不動産の任売、リノベーション、


 住宅の建売などの事業を行う。


その後、日本の不動産マーケットに限界を感じ、成長する海外市場進出を目指す。


 現在はバリ島に移住し、30軒以上のヴィラの建築、運営管理までを行い、


その傍ら不動産業全般、大規模ホテルの開発プロジェクトなどに携わっている。


=================================

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日から次女の中学受験が始まる。

 

いつもは僕が受験勉強を見ているのだが、

 

今日は午後から小5の三女の相手をすることになった。

 


出かけるには時間が中途半端なため、DVDを観ることになり、

 

娘が選んだタイトルは、なぜか「私は貝になりたい」。

 

ジャニ好きの娘が、SMAPの中居くん主演ということで

 

内容を知らずに選んだのだろう。

 

 

 

映画のあらすじをまとめると

 

===============

主人公の清水豊松(中居くん)は、気の弱い平凡な理髪師。

戦争が激化する中、赤紙が届き、内地のある部隊に所属する。

厳しい訓練の日々を送るある日、撃墜されたアメリカ軍B-29の搭乗員が裏山に降下。

山中探索の結果、虫の息であった搭乗員を発見。

豊松は、隊長から搭乗員を銃剣で刺殺するよう命じられるが、

生来の気の弱さから、実際には怪我をさせただけに終わる。

終戦後、豊松は無事に帰郷し、妻(仲間由紀恵)と幸せに暮していた。

しかしある日、特殊警察に捕虜を殺害したBC級戦犯として逮捕される。

その後の裁判で、中将、中佐は死刑となるが、それ以下は死刑を免れていたため

死刑はないと安心していたところに、まさかの死刑判決がくだる。

理不尽な判決に納得いかない豊松。悲痛な訴え。

減刑を勝ち取るために懸命な妻、房枝。

結局、減刑は認められず、理不尽にも絞首刑が執行される。


「もう人間には生まれてきたくない。生まれ変わるなら、

深い海の底の貝になりたい」

豊松は、そう遺書に残すのだった。

================

 

久しぶりに観た映画だが、

 

「努力は必ずしも報われない」「理不尽なことは起こりうる」

 

という内容だけに、喪失感が残る。

 


子どもと映画を観るといろいろと言いたくなるものだ。

 

「どうだった?今はいい時代だろう?好き嫌いはしちゃいけないよ」

 

「あれと比べれば、勉強なんて楽なものだろう?」と。

 

 

そうした言葉をぐっと飲み込み、極力こちらの考えは言わず、

 

黙って子どもの言うことに耳を傾ける。

 


他人から言われたことは、耳に入っても頭に残らないからだ。

 

自分自身の中で感じたり、湧き出たりすることだけが糧になる。

 


社会では理不尽なこともあるし、努力が報われないこともある。

 

そうした時でも、なんらかの折り合いをつけ、前に進むしかない。

 


しかし、「やればできる」という心は持ち続けて欲しい。

 

そうした心は、教えられて身につくものではない。

 


教育でいちばん大切なことは、自分に自信を持てる人を作ることだ。

 

壁にぶつかった時、理屈抜きで「何とかしよう、何とかできる」

 

という気持ちがあれば、乗り越えられるからだ。

 

そうした自信をつけるには、経験し、壁を超えるしかない。

 


明日から受験。

 

小学生にとって受験は結構な試練だし、努力が報われるとは限らない。

 

結果はどうであれ、前を向いて進んでほしい。

 

 

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

 

↓↓↓


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

現地スタッフより目が覚める一撃が届く。

 

そう、カラオケ屋の新規開拓情報である。

 


さすがサヌール。

 

まだまたディープなスポットが出てくる。

 

  

 


入口からは想像できないが、奥に進むと20軒以上のカラオケ屋がある。

 

売店もあり、今は亡き、ジュパラのカラオケ村を彷彿させる。

 

店の中はそれなりに広く、嬢の数もそれなりだ。

 

 


ただ、、各店の入口に屯している嬢を見る限り、クオリティは??

 

カワイイ子は、ローカルの客が早々に指名している。

 

本気で遊ぶなら、開店前に来ての先ヅモは必須だろう。

 

 

料金は、ビール6本込みで300,000ルピアだから、

 

2人で来れば1人1,000円ちょっと。

 

 

個室もあり、1shot200,000ルピアで遊べる。

 

交渉の必要はなく、ボッタクリの心配もない。

 

 

安心、リーズナブル、良心的、と3拍子揃っているのだが、

 

問題なのは、建物。 

 

 

単にブロックを積んだだけなので、地震がなくても、今にも崩れそうだ。

 

そして、、個室。

 

 

 

う~ん、なんとも。。


スペシャルは??

 

それは、またのお楽しみということで、、。

 

 

以上、又聞きのお話ですぞ。 まじで。

 

 

 

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

 

 

↓↓↓


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)