家系的冥王星を浄化中 |  ZEPHYR
新型コロナウイルスに関する情報について

 ZEPHYR

     ゼファー ―――――――――――――― the field for the study of astrology and original novels

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

今週から、息子は新しい仕事にフルタイムで入っています。

勤務時間帯は、夜遅くなるシフトですが。

 

通勤距離が比較的長く、かつ時間帯によっては渋滞なども発生しやすい幹線道路を使うようになるので、まあ、このほうが移動は早い。

 

以前のホテルよりは、早く帰ってこられるし。

 

肉体を使う仕事の部類なので、筋肉痛などもあるようですが、日常に定着してきて、休みの日には自分で温泉に入りにいったりして、まあ、彼なりに生活を楽しんでいる感じです。

 

このまま準社員→社員となったら一番。

 

コロナ禍で解雇され、しかし、ハローワークに一度も行くことなく、次の仕事ができている。

……運のいい奴め。

 

 

じつは、最近ずっとホ・オポノポノでクリーニングしているある事案があり。

 

そのことに関係して、昨日動きがありました。

これはゼファー家にかかわる事案です。

 

現状からは考えられるもっとも良い方向へ動き出した(それも向こうから言い出してきたので、話が簡単に運びました)。

 

良いほうへ、ではありますが、正直、迷惑なところもなきにしもあらず。

でも、解決には一番良いかな、という方向。

 

この事案には、冥王星が影を落としています。

不動産が関係しているからというのもありますが。

 

それ以上に、母方の家系の持つ冥王星傾向というのが、はっきりあるな、というのがわかった。昨日。

 

私の母は蠍座生まれで(支配星は冥王星)、かつ出生時間は不明ですが、冥王星気質はかなり強い。

結構極端です。

 

他にも冥王星の場合、強奪とか略奪とか強欲などの出方もあり得るのですが、どうも母方の家系の女性に、この傾向を共有している女性が存在している。

 

この冥王星傾向は、母から兄と私、そして私から娘へと引き継がれています。

 

私は冥王星は嫌いな星ではありません。

そもそも嫌いな星などないし。

 

クリエイティブな仕事には冥王星はありがたい。

使いこなせば、これほど力強い味方もない。

 

しかし、一般的現実的な領域では、なかなか人様の迷惑になることもある。

 

ゼファー家の因縁というのは、まあ、父方ももちろんあるが、この母方から持ち込まれたものも相当あるな、ということを実感しました。

 

その因縁も、ここで断ち切れそうな雰囲気。

 

冥王星引き継いでいる娘が、それとどう向き合っていくかは彼女次第。

私たちはもう育て上げているので、後は自己責任。ヨロ!

 

私個人のカルマ的なものはほぼ精算できましたという話ですが、現世に留まっている間にまだ精算しておかねばならない周辺のものはあるようです。

 

ま、できるだけ掃除して、あの世に帰還できるよう努力いたします。

( ̄^ ̄)ゞ

 

 

☆Now! 2020年度占星術講座・受講生募集中→こちら

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

☆2020年の12星座運勢→こちら

☆ゼファーの電子書籍→こちら

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ