ZEPHYR

 the filed for the study of astrology and original novels

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

ご訪問ありがとうございます。


◇ 2015年7月~2017年8月中旬までの記事につきましては、bloggerサイトのZEPHYRに収録されております。ご参照ください。

◇ コメントの受付はameba会員のみで、承認制とさせて頂いております。

◇ ブログ内で個人鑑定的なことは、特別なイベントを除き、致しておりませんので、コメントやプチメでのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
◇ 鑑定のご依頼は、占星術・タロット鑑定の記事からお申し込みください。

◇ 占星術講座、随時募集中。→占星術ネット講座

NEW !
テーマ:

10月20日の午前4時11分ごろ(ほぼ12分)、天秤座26度で新月となります。

 

ここしばらく続く重要な新月の中でも、この天秤座の新月はひときわ大きな意味を持っています。

単純に言うなら、ここでは意識上昇の波が発生しますので、うまく行けばそれ流れに乗ることができます。

停滞していた状態から離れる。

これまでとは一段高いところで活動できるようになる。

なによりも、階層が上がることで、それまでとは違ったものの見方ができるようになる。

 

そのような特殊な新月であり、その上昇はすべてこれまでの経験が下地になっています。

すぐあとで述べるように、世相的には穏やかな新月ではなさそうですが、個人にとっては喜びも大きな新月です。

 

一つ差し迫ったこととして言及できるのは、台風21号です。

この新月は、天王星の影響が非常に強く、天王星は出方の一つとして、気象的なものを表現することがあります。

むろん地震などにも関係する星ではあるのですが。

 

ここでは突発時が起きやすく、天王星がミサイルなども表現しますので、北朝鮮に動きがあるかもしれませんし、このところのヘリコプターなどの航空関係のトラブルにも、この天王星が一枚かんでいます。

 

引き続きの注意が必要です。

 

 

 画像はアマテルで作成→高機能 占星術ソフト・アマテル

 

 

◇ メッセージ

 

何を遠慮することがあろう。

さあ、翔びなさい。

地を離れ、見渡してごらん。

 

それまであなたが生きていた大地が、違った形で見えるだろう。

這いずっているときには見えなかったものが、次々とあなたの目に映る。

蟻が見る世界と、鳶が見る世界。

同じ世界でも違っている。

 

蟻の命もまた貴く、その経験はかけがえのないもの。

けれど、いつまでも同じ景色を見ていたのでは、

 

飽きてこよう。(笑)

 

旅に出て見る海は、いつも見る海と同じ海なれど、

一味も二味も違っている。

風が違う。

波が違う。

いや、それを見るあなたの心が違うからこそ、心揺さぶられる。

 

そこに沈む夕日、上りくる星々。

見れば涙するもの。

 

世界は美しいと知るだろう。

生きていた喜びを実感するだろう。

 

 

その喜びを感じることに、何を遠慮することがあるだろう。

さあ、翔びなさい。

 

あなたを風が呼んでいる。

空が呼んでいる。

 

あなたはそれに応えなさい。

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと前にPC作業のディスプレイを大きなものに換装したことをお伝えしたのですが。

(ノートパソコンの画面を転送している)

このところ、目の疲れが格段に違うように思います。

やっぱり楽なんですね。

 

とはいえ。

すでに目の焦点を調節する機能の衰えはすでに進んでいて、先日も大学でギリシア神話に関する講義しているときに、その書物の細かい文字を追うのが結構きつかったり。

(思わず眼鏡をずらしたくなるのですが、年寄り臭く思われそうで頑張って抵抗している)(笑)

 

目は大事ということを、とみに痛感するこの頃。

 

ところで、古事記や日本書紀には、伊弉諾尊(イザナギノミコト)が黄泉から帰還した時、その汚れを祓うために禊ぎをし、

左目を洗ったときに天照大神(アマテラスオオミカミ)

右目を洗ったときに月読尊(ツクヨミノミコト)

鼻を洗ったときに素戔嗚尊(スサノヲノミコト)

が生まれたと記されています。

(表記は日本書紀のそれに従っています)

 

目や鼻を洗ったときに神が誕生するというのは、世界的にも珍しい物語です。

ギリシア神話では、軍神で処女神のアテナが、父ゼウスの額から甲冑姿で生まれるという逸話がありますが、さすがに目からは生まれない。

 

甲冑姿のアテナは、どことなくスサノヲが高天原に登ってくるときに、戦姿で迎えたアマテラスを思わせるところがあります。

アテナと仲が悪く、都市をかけて戦ったのはポセイドンですが、海の神。

アマテラスと仲が悪く、高天原で乱暴狼藉を働いたのはスサノヲで、もともとは海の神。

 

ギリシア神話と日本神話は、ほかにもいろいろと似ているところがあって、とても面白いのです。

洋の東西で、なぜこんなに似た物語が語られたのだろう。

どこからか伝わってきたのか。

あるいは共有する何かがあったのか。

 

考えると、ワクワクします。

 

 

ところで、占星術でも次のような法則があります。

太陽は、男の右目・女の左目

月は、男の左目・女の右目

を管理しているというのです。

 

アマテラスは太陽神で、ツクヨミは月神というのは、まあ、一致した見解なのですが。

アマテラスは左目、ツクヨミは右目から生まれた。

この記紀の記述に一致するのは、占星術の女性のほうなんですよね。

 

目から神が生まれるという神話は、日本以外ではあまり聞いた記憶がないのですが。

(ただの浅学で、ほかにあるのかもしれませんが)

 

少なくとも占星術とは、何気に接点がある。

 

面白いと思われませんか??

 

 

淡路島の伊弉諾神宮には、ご本殿の横に境内末社として左右(さう)神社があります。

これは左右の目から誕生したアマテラスとツクヨミがお祀りされているそうで、眼病治癒にもご霊験がある神社だそうです。

 

前回参拝した時には、ここで目の状態が悪くならないようにお願いさせていただきました。

目がダメになってしまうと、もはや今の仕事はできませんから。

 

淡路島、また近いうちに訪れたい土地です。

定例の関西鑑定会は、また来年、京都で行うと思いますが、それ以前に一度、神戸あたりで小さな鑑定会をやろうと思っていますので、その時に足を延ばしたいものです。

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある方からご連絡とご報告がございました。

10月3日のベスト・ショット!の記事でUPしている、伊勢でのご来光画像。

 

これを携帯電話の待ち受けにしていると、体調が非常に良くなったそうです。

 

世の中には、外界からの影響にとても繊細な反応を示される方がいらっしゃいます。

私は普段、わりと健康で、一種の「鈍さ」のようなものを与えられていて、来るときは、「どん!」と腰を痛めしてしまうとか、今年の腎臓結石みたいな目立った形で、「溜まったものがいきなり来る」的な出方をしますが、それがクリアされると元通り……みたいな繰り返しですが。

しかし、繊細な肉体(あるいは精神)を持たれている方は、外界からの様々な有害な影響を受けやすかったり、有害でなくても合わない波長を感じると、日常的にコンディションを崩されることがあります。

 

正直、私にはこのような繊細さはなく、こういったデリケートな空気に感応する能力は、非常に乏しいというのが、残念ながら真実です。

 

そんな私なのですが。

 

じつは10月3日のブログに、伊勢のご来光画像をUPするときに。

この太陽画像には、なんというのか、そこで生命を脈動させているような、息づいている「力」を感じました。

画像は画像でしかなく、静止しているのですが、じっと見ていると、まるでコロナとかフレアが動いているのが見えるような……

 

鈍感な私のことですから、そのような印象は「きっと、気のせい」くらいに思っていました。

 

けれど、このところずっと不調だった方から、この画像を待ち受けにして以来、体調が良く、発作も起きないというご報告がありました。

その方はとても敏感な体質で、逆に月の映像などから受けるマイナス効果も強い方なのです。

 

太陽と月が、陽と陰の対極であることは、誰もがご理解いただけるでしょう。

 

ホロスコープなどにも、その人の特質として、どちらの要素が強いのかとかいうことは表示されます。

陽と陰のどちらの質を補ったほうが心身の健全さに役立つのか、ということも、個人チャートによって異なります。

 

しかし、これは非常にざっくりとしたデータだと思っていただきたいのですが。

1976年~78年あたりの生まれの方には、この太陽の「陽の気」を必要とされる方が、比較的多い可能性があります。また2005年~07年あたりの生まれの人に(比較的、です)。

 

こういった限定された年回りの人以外でも。

一年の中の最低でも2割、実際には半数近い人がこの太陽的な「気」のほうが、心身に良い影響を与えるはずなのです。

 

月的な陰の気が、安らぎや落ち着き、癒しを与える人、内観を促進する人もいるので、どっちが良いのか、一概に断定はできません。

 

このような判断は、皆様個人にお任せしたいのですが、今日の記事には10月3日の記事に掲載したものと、それをスマホなどの画面にコピーしやすいようにトリミングしたものをUPしております。

もしこの画像に心惹かれる、何かを感じる、好き、などの感覚を抱かれる方は、どうぞ、お好きなように画像をダウンロードなりコピーなり、なさってください。

待ち受けにする、プリントアウトする。

それもよろしいでしょう。

 

ただ、この画像を転用、加工して商用目的に使用されるのは、ご遠慮ください。

これは、あくまでも、お役に立つ方に、個人的な用途でUPさせていただいております。

 

 

それでは。

 

どうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。