山は荒れ放題だった |  ZEPHYR

 ZEPHYR

     ゼファー ―――――――――――――― the field for the study of astrology and original novels

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

豪雨一過。

おかげさまで、事もなく朝を迎えました。

 

ジョギングに行く途中、山々が何か荘厳でした。

 

 

 

 

熊野神社も、何もお変わりなく。

ただ神社の周辺の川や水路は、結構賑やかな音を立てていました。

 

 

ちょっと心配ということもあり、旧宅へ行ってきました。

 

山の中の旧宅は、この種の豪雨時には、しばしば崖や道が崩落したり、木が倒れたりして、大変なことになりやすい。

 

こういう豪雨とか台風とか、あと慣れない雪が降るときなど、旧宅では必ず、

「奥さん帰ってこられるかな~」

「子供たち大丈夫かな~」

と心配していました。

 

帰る道がダメになっている可能性があるからです。

 

旧宅は地盤が緩いところに建っているので、あまりにも雨がすごいとそこも心配になります。

 

新居に来て、しみじみ思ったのは、そういう心配の仕方はなくなった、ということです。

まあ、新しい土地も、今回のような豪雨が局地的に来られると、浸水の危険はありますが。

 

 

旧宅への山道は、いたるところでこんな状態。

 


側溝に岩や木が詰まってしまって、水があふれ出てくるのです。

水が道路を横断。
その水が流れ落ちるところから、道路が崩落しかかっている部分が、二カ所ほどありました。
 
荒れ放題です。
大きな倒木だけはありませんでした。
 
道は大きな石や太い枝がごろごろしていて、ドッスン、ガックン、というような感じで旧宅へ到着。
 
無事でした。
 
ホッとしましたが、しかし、この段階でこれでは……
 
台風とかもこれからですからね。
このままだと道路が寸断される可能性も……
(崩落しかかっているところが、もっと大きく崩れたら)
 
次は、「7月下旬~8月中旬」の山が……
 
何事もないことを祈ります。

 

 

☆Now! 2020年度占星術講座・受講生募集中→こちら

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

☆2020年の12星座運勢→こちら

☆ゼファーの電子書籍→こちら

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ