2020年の12位星座占い ご案内 |  ZEPHYR

 ZEPHYR

     ゼファー ―――――――――――――― the field for the study of astrology and original novels

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

お待たせしました!!

 

2020年の12星座占いです。以下、リンクを貼っておきます。

火のエレメント

地のエレメント

風のエレメント

水のエレメント

 

 

これらの記事は、通常通りお読みいただける部分とREQUで有料になっている部分に分かれております(REQUは各エレメントごとに500円)。

無料の部分は、タロットによる今年の運勢です。

REQUの部分は、占星術によるデーカン別の運勢です。

 

以下、記事をお読みになる場合の注意事項です。

 

1.12星座の運勢は、あくまでも全般傾向です

2.個人の運勢とは異なることも、決して珍しくありません。

3.日本人や日本の12星座という限定もしておりません。

4.この全般傾向の中に何らかの不調が表示されていてもいたずらに気落ちし、「そうなんだ」と暗示にかかることは好ましくありません。
5.ご自分の現状に照らしてシンクロする部分があれば、それを生かしてください。

6.一般公開のタロットとREQUの占星術は情報の出所が異なり、場合によっては、矛盾した解説が存在する場合があります(タロットで恋愛運が良いのに、デーカンで注意すべきなどになっているなど)。

7.「6」の矛盾は、タロットがその星座全般を占ったものであり、REQUの占星術が一つの星座を1/3ずつに分けたデーカンを対象としているためです。理論的にはREQUのほうが個人の運勢に近いはずですが、どちらが自分に合っているかはご自身で判断ください。

8.広域災害などのケースでは、このようなざっくりとした運勢は、まったく役に立ちません。全体の中に呑まれてしまいます。

 

上記の注意事情を、ご納得いただける方はお読み下さい。また詳細をお知りになりたい方は、REQUの占星術部分もご購入下さい。

 

REQUの占星術部分ですが、毎年デーカンに分けたものをご用意しておりましたが、今回はさらに情報量を増しています。

デーカンとは、星座を3分割したもので、

第1デーカンは0度~9.99度

第2デーカンは10度~19.99度

第3デーカンは20度~29.99度

です。過去の記事では、これを誕生日で表記していましたが、本来デーカンは「度数」です。

ですから、ご自身の太陽度数が何度なのか、無料のホロスコープ作成サイトなどをお使いいただき、確認なさってください。

 たとえばこちら→アストロディーンスト

 

解説の中に、「15度」とか「27度」とか、そのような表現が出てまいりますが、それは太陽度数です。

「15度あたり」と表記していたら、15度前後とお考えください。多少の幅があります。

 

同じ星座でも、デーカンによっては情報量に差があります。

これはそのデーカンに作用するアスペクトの数によって左右されますのでご了承ください。意図的なものではありません。

デーカンの境界付近の方、たとえば獅子座9度の太陽であれば、獅子座の第1デーカンも第2デーカンもご確認いただいたほうが良いと思います。

 

太陽以外にも自分に影響が大きな星はいくつもあり、月や水星、金星などの他の星座の度数も考えてみたいと思われるかも知れませんが、私の作成した「年の12星座占い」に関しては、それはあまり有効ではありません。

毎月のものであれば、他の天体の星座も参考していただいてOKですが、年の占いでは太陽度数だけでいいので、無駄な出費はなさらないでください。(笑)

 

 

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

☆ゼファーの電子書籍→こちら

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ