2020年の火のエレメントの運勢(牡羊座 獅子座 射手座) |  ZEPHYR

 ZEPHYR

     ゼファー ―――――――――――――― the field for the study of astrology and original novels

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

 
「2020年の12位星座占い 注意点」を参照ください。→こちら
占星術によるデーカン別の詳しい解説はREQUでご購入ください。
 

◇ 牡羊座 ♈
変化の年。移り変わる年、成長の年。
そのために、切り離すべき関係を意識しやすい傾向があります。
代表的なものは不倫関係で、これに執着した場合、家族に危機が及ぶ可能性もあります。あるいは、自分が望む婚姻や祝福された状態を得るために、歪んだ家族関係を清算するというケースもあり得ます。
いずれにせよ、良い変化をものにしやすい年です。
人によっては、上司や教師に恵まれないという表現になる可能性もあります。
しかし、いろいろな問題も時間が解決する、あるいはどこかで好転するといった展開になりやすそうです。忍耐が必要。
頑張りすぎてコンディションを崩しやすく、適度に休養を取ることを心がけましょう。変わるための癒やしが必要とされる人もいます。


◇ 獅子座 ♌
バランスを失いやすい年です。感情的というのか。激情的というのか。
そして、一度、ある傾向にはまり込むと、そこから抜け出せなくなって、ぐるぐる同じところを回り続けるという悪循環にならないようにしましょう。
冷静さを保ち、理性的に判断するということが大事ですし、自分で判断できないときは、ちゃんとした見識のある人物に相談すべきです。
二つのもの、という暗示が強い年。
家庭と仕事、あるいは二人の人物、友情と恋愛、みたいなものの間で揺れ動きそうです。仕事が掛け持ち的になる人もいるかも。
そのためにどちらも中途半端になってしまいがち。
誰かとの関係、競合、競争みたいな出方をするケースもあります。
自分がコントロールできるかどうかが、さまざまな事態を良いほうへ導けるかの境界線になります。


◇ 射手座 ♐
感情に流される、冷静さを欠くなどのことは、悪い流れを引き寄せます。
これは人間関係、恋愛、仕事なども同様ですが、誤った選択をしやすい傾向もありますので、判断は慎重に行うべきです。
獅子座にかなり類似したところもあり、冷静で客観的判断ができれば、大丈夫ですが、これには謙虚さも必要です。
高望みやあり得ないような幻想は抱かず、天からの啓示(サイン)を見逃さないようにしましょう。そこに導きのヒントが。
うまく行かないこともあるかもしれませんが、自己卑下や自信喪失に陥らないように、最初からいろいろなことを想定して知恵を働かせるようにしましょう。
自分一人の力だけでなく、周囲と助け合い、力を合わせることが大事です。
友人や仲間の助言も大切です。むしろ例年以上に、友人・仲間・同僚・共に手を携える人間関係の大切さがアピールする年になります。