「原因不明」の原因解析法&原因別整体術の極意を伝授

「原因不明」の原因解析法&原因別整体術の極意を伝授

どんな優れた手技を施しても再発を繰り返す、厄介な腰痛、股関節痛、その他の原因不明の症状は何が原因なのか?またどうやってその原因を絞り込み、対処していくのか…? 難解な理論や高度な手技では解決出来ないそのワケなどをつらつらと書いております。

筋骨格から内臓、チャクラまでアプローチする“原因別のシンプル整体術”を、マンツーマンでレクチャー致します

身体に不調を起こす主な要因は食生活、ストレス、生活習慣、筋骨格のトラブル(アンバランス)などであり、私がメインで学んだカイロプラクティックは、そのうちの骨格の調整を目的とするものです。

 

一般的に“整体”と呼ばれるこういった民間療法の殆どは、筋肉か骨格のどちらが先かはともかく、基本的にはこの『直接的に痛みを起こしている要因の部位』にアプローチをするわけです。

 

しかし実際に数年間、民間療法の治療院で勤務してわかったことは、目には見えない、現時点では一般的な常識として認識はされていない“チャクラ”という生命エネルギーの機能不全が心身の不調の裏に隠れていることが非常に多い、ということでした。

 

科学で証明されていることがこの世の全てだと考えている方にとっては、全く「意味不明」な話なのでしょうが、このチャクラの問題を無視して心身の不調の問題を扱う(解明する)ことなど、絶対に不可能だというのが私の個人的な結論になります。

 

 

しかしそのチャクラの意味するところを、どれだけ自分がしっかり認識しているのかということになると、未だハッキリとした確信はありません。これまで何冊かの書籍にザッとは目をとおし、ネット上のサイトも幾つか閲覧はしてきましたが、まだまだ“消化不良”というのが正直なところです。

 

プロの先生方はもちろん、世間一般の方が思われているよりもずっと簡単にできる各種の施術法があることは自分なりにまとめましたが(その基礎編【無料】はクリックして頂ければ直接PDFが開きます)、このチャクラについては、多くの場合、単に施術(ヒーリング)をやってその場だけでも結果が出ればそれでOKというわけにはいきません。

 

当記事は私自身が最初に読んだ「7つのチャクラ」を改めて復習することを目的に書いているものですが、

 

「自分はなぜこういった病気になってしまったのか?」

 

ということを一人で問い続けておられる方、そして

 

「何度も同じ症状を繰り返し再発する方の内面には、一体どんな問題(課題)があるのか?」

 

ということが気になりだした民間療法の先生方にもご覧頂ければと思います。

 

 

※当記事内の『紺色文字』は「7つのチャクラ」からの引用部分になります。

 

 

 

7つのチャクラ  キャロライン・メイス著(川瀬 勝訳) サンマーク出版

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

第1チャクラにエネルギーが満たされない、言い換えれば、拠り所となる家庭や地域社会に恵まれないと、それは後々まで心身に影響を及ぼす場合があります。

 

しかし、一生その家族や地域社会のありように何もかも同調し、そこに留まることがベストというわけではありません。

 

その個人が成長していき、色々な考えや志を実現したいと思うに従い、家族や親族、あるいは地元のコミュニティに対する何かしらの違和感、時には嫌悪感を抱くことも珍しくはありません。

 

そういった問題に直面した時、どのような選択を取るかということが、心身の状態を決定づけることがあるわけです。  

 

 

『正しいものであれ、誤りであれ、集団が一丸となってもつ信念の力を考えれば、自分の集団と立場を異にするというのは大変なことである。 

 

―中略―  

 

霊的にも、感情的にも、あるいは生理的にも自分が安心していられる集団、あるいは家族とともにあるというのは、強力なフィーリングだ。 

 

―中略― 

 

それと同時に、私たちの内面には、自分自身の創造力を探求し、個人としての力と尊厳を育みたいという本能的な欲求がある。この欲求こそが覚醒を求めるという行為の裏にある原動力なのだ。普遍的な意味での「人生の旅」とは、自分自身の力に気づき、それをどう使うのかについて気づいていく過程である。』

 

 

大なり小なりほとんど全ての人は10代のうちにいわゆる“反抗期”を迎えるわけですが、ある意味それは必然であり、よほど極端に突っ走ってしまわない限り、やがてある部分では反抗していた対象への理解も深まり、多くの場合において、両親とはまた別の個人の意志・価値観を持った大人になっていきます。

 

しかし、ありがちな10代の反抗期などではなく、ある程度の年齢になった時にこういった問題、それもそう簡単に自分の考えを押し通すことが難しい問題に直面すると、それは時によって大きな負担となって心身に影響を及ぼすことがあります。

 

著者が関わることになった具体的な事例については次回に書きますが、そういったとき自分がどういった問題にぶつかっているのかをきちんと認識する必要が出てくるわけです。

 

単に腰が痛くなったから、どこかに良い治療法は無いかと探すのではなく(いや、世間的にはこれが普通なんでしょうが…)、例えばこの第1チャクラが関わっている場合においては、

 

今、自分が関わっている場は、果たして自分の成長にふさわしいところなのか?

 

もう次のステージに進むべき時が来たのではないか?

 

…ということを考えるキッカケにしなければいけないわけです。

 

 

こういった問題によって起こった心身の不調であることに気づかず、一時的に何らかの手技やヒーリングだけで治まってしまった場合、更に大きなサインとなって身体に現れてしまうのが、手技自慢の先生方を悩ましている慢性の腰痛や原因不明の股関節痛などであり、巷にある色々な手技の効果は認めつつも、そういった技術の追究に自分が興味を失った理由でもあります。

 

※“技術”以前の簡単な手法でかなりのことができることも理由のひとつです。

 

 

それはともかく、こういった第1チャクラが内包している問題を克服するのは、言葉で言うほど簡単ではないことも多いです。

 

自分の後ろ盾的な存在を飛び出して思い通りに生きるということは、

 

『いったん一人の個人としての責任を受け入れたら、もはや自分の行為の言い訳に「集団/同族的な理由づけ」を使うことは二度とできない』

 

…からです。

 

『「みんなそうしているんだから、自分がやって何が悪い?」と自分がどれだけ言ったことがあるか思い出してほしい。』

 

 

唐突に終わりますが、次回に続きます。

 

最後までご覧下さいまして、ありがとうございました。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

個人的にお勧めの認知症対策はこちら!

 

視力回復と腰痛予防を「同時に」行う気功体操実践記はこちら!

 

私達の身体に宿る“生命”その有り様についての考察

 

ご予約・お問い合わせに関するご連絡


住所 : 京都市伏見区桃山南大島町70-2

 

お電話 ・ メールでのご質問などはこちら(営業電話はご遠慮下さい)

 

■原因検査法と原因別整体術出張レクチャーのご案内■
筋反射テストを応用して原因を絞り込む具体的な手順や注意点、また上部頸椎を含む脊椎及び仙骨、四肢の無痛関節矯正法、自律神経・内臓・チャクラ調整法などを、直接お会いしてマンツーマンでレクチャー致します。詳細についてはこちらをご覧下さい。

お申込みされた方には、上記の各種ノウハウを詳細にまとめた全345ページのテキストと、初対面の方にレクチャーしている様子を収めた142分のDVDを先にお送り致します。

これまで数多くのセミナーや教材で学ばれた上で申し込んでこられた方(治療家様)の、当方のテキスト及びレクチャーに対するご感想はこちらに掲載させて頂いております。

身体に不調を起こす主な要因は食生活、ストレス、生活習慣、筋骨格のトラブル(アンバランス)などであり、私がメインで学んだカイロプラクティックは、そのうちの骨格の調整を目的とするものです。

 

一般的に“整体”と呼ばれるこういった民間療法の殆どは、筋肉か骨格のどちらが先かはともかく、基本的にはこの『直接的に痛みを起こしている要因の部位』にアプローチをするわけです。

 

しかし実際に数年間、民間療法の治療院で勤務してわかったことは、目には見えない、現時点では一般的な常識として認識はされていない“チャクラ”という生命エネルギーの機能不全が心身の不調の裏に隠れていることが非常に多い、ということでした。

 

科学で証明されていることがこの世の全てだと考えている方にとっては、全く「意味不明」な話なのでしょうが、このチャクラの問題を無視して心身の不調の問題を扱う(解明する)ことなど、絶対に不可能だというのが私の個人的な結論になります。

 

 

しかしそのチャクラの意味するところを、どれだけ自分がしっかり認識しているのかということになると、未だハッキリとした確信はありません。これまで何冊かの書籍にザッとは目をとおし、ネット上のサイトも幾つか閲覧はしてきましたが、まだまだ“消化不良”というのが正直なところです。

 

プロの先生方はもちろん、世間一般の方が思われているよりもずっと簡単にできる各種の施術法があることは自分なりにまとめましたが(その基礎編【無料】はクリックして頂ければ直接PDFが開きます)、このチャクラについては、多くの場合、単に施術(ヒーリング)をやってその場だけでも結果が出ればそれでOKというわけにはいきません。

 

当記事は私自身が最初に読んだ「7つのチャクラ」を改めて復習することを目的に書いているものですが、

 

「自分はなぜこういった病気になってしまったのか?」

 

ということを一人で問い続けておられる方、そして

 

「何度も同じ症状を繰り返し再発する方の内面には、一体どんな問題(課題)があるのか?」

 

ということが気になりだした民間療法の先生方にもご覧頂ければと思います。

 

 

※当記事内の『紺色文字』は「7つのチャクラ」からの引用部分になります。

 

 

 

7つのチャクラ  キャロライン・メイス著(川瀬 勝訳) サンマーク出版

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

チャクラについてネットで幾つか検索をしてみると、解釈のテーマや考え方が人それぞれで異なることに気付きます。(能力、運命、健康面などにテーマがわかれています)

 

具体的に言いますと、例えば「〇番のチャクラがエネルギーを失うと…」といった文言の後に、以下のような文面が続くわけです。

 

1.●●といった能力・魅力が発揮されません

 

2.経済的な状況に影響します

 

3.○○の不調が起こりやすくなります

 

 

…恐らくそれぞれの方にとって、興味のある対象が異なるということなのでしょうが、

このうち上の1番と2番については、実際にどれだけ影響があるのか、自分には全くわかりませんので、このブログではあくまでも心身に及ぼす影響についていきます。

 

 

さて、今回からそれぞれのチャクラのエネルギーについての個別の内容になりますが、最初の第1チャクラは第2チャクラと共に、腰痛に関係することが非常に多いチャクラとなります。

 

※チャクラの位置に近い部位に影響が現れやすい傾向がありますが、人体は全身繋がっていますので、「○○が痛むから、そこに一番近いチャクラに原因がある」という決めつけは出来ません。

 

 

上記「7つのチャクラ」は、アメリカ在住の著者の言葉を翻訳したものであるせいか、(自分の読解力では)一読しただけでは今ひとつ意味がよくわからない部分が少なくありません。

 

ですので、最初に自分が体験した方(60代?男性)の事例を挙げておきます。

 

 

自分がチャクラの問題をきちんと扱わないとダメだと思い出してから、初めてこの第1チャクラの機能低下によると疑われる症状(腰から脚にかけての痛み)を訴えて来院された方は、その当時勤務されていた会社内の状況により、ご自身の存在価値を感じられなくなっておられるようでした。

 

※状況をヒアリングする前か後に、筋反射テストで第1チャクラの機能低下を確認していたはずですが、その検査結果をもって100%確定しているわけではありません。

 

 

この時、ご本人は業務をしっかりこなし、更にレベルアップしていこうと頑張っておられたにもかかわらず、周りの同僚さん達がやる気を失ってしまってしまい、どうにもならない状況だと伺った記憶があります。

 

要は、自分のアイデンティティとも言うべき大切な「居場所」が、非常に居心地の悪い空間に変わってしまったわけです。

 

※第1チャクラにとって基盤となる「所属する場所」=家庭(家族関係)や生まれ育った地域、社会人となってからの職場など

 

 

人によって体力その他の条件は異なりますので、職場や家庭内が上手くいってないからといって、必ずしも何らかの症状が起こるとは限りません。

 

が、運動や食事などにどれだけ気を配り、尚且つ、足腰に過剰な負担をかけない生活を心掛けていたところで、なぜか何度も同じ症状が繰り返し再発するという方は、やはりこういった下部のチャクラの機能不全を疑ってみた方がいいでしょう。

 

著者曰く、この第1チャクラは「地に足をつけるはたらきをする」わけですが、まさに「地に足をつけてしっかり歩けない」といった症状を引き起こしてしまうわけです。

 

 

またこれは第1チャクラに限ったことではありませんが、一見すると何の関係もなさそうな問題に関係することも少なくないようです。

 

『第1チャクラは、感情的、精神的な健康の基盤である。 ―中略― さまざまな精神病、たとえば多重人格、異常執着、衝動的な行動などの障害や、うつ病、アルコール中毒などの自己破壊行動といったものは、家族の機能不全から発生している。』

 

本当は最後の一文に「ことが多い」と付け加えた方がいいと思うのですが、それはともかく、確かにこういった自己破壊的な行動が多い人は、幼少時において家庭に恵まれなかった人によく見られるという印象があります。

 

何故?と尋ねられても、その幼少時の環境やチャクラの状態が、どのような生理的機序を経てその人の思考や行動に影響を及ぼしているのかといった説明は出来ませんが、子供にとって家庭環境が、人格形成その他に非常に大きな影響を与え得るということについては、今更疑問の余地は無いでしょう。

 

また社会人になって長年過ごした、そして愛着のある会社内においてやりがいを失う状況になるということは、その仕事や会社に愛着があればあるほど、心身に悪影響を及ぼす可能性が高くなってしまうわけです。

 

 

 

さてこの、第1チャクラの機能不全による症状ではないかと推察されたこの方にどのようなことをしたのかということですが。

 

一応チャクラの調整はしましたが、こういった施術だけで治まるようなものではなく、年齢的なこと、そして社内の状況を考えると、(その方1人の頑張りで会社の状況が変わる可能性はほとんど無いように思われたので)その会社とは別のところで、やりがいや生きがいを感じられるような「場」に参加されてみてはどうかとお話ししました。

 

それ以上の具体的なアドバイスまでは出来ませんでしたが、その時何となく頭の中で考えていたのは、ボランティアや趣味のサークルなどだったでしょうか。

 

これは言い換えれば、職場の状況については諦めるというか、割り切ってしまいましょうと言っているに等しいわけですから、その方が本心から納得されたかどうかは、正直わかりません。

 

どちらにせよ、仮にもっと時間をかけて一時的に症状が改善したところで、状況が変わらなければ、またすぐにぶり返すのはわかり切っているのだから、そんな施術に大して意味は無いと割り切ってしまっていたように思います。

 

施術がその効果を期待どおりに発揮するかどうかは、上手い下手以前に、その問題が一過性のものなのか、それとも(ご本人が何かを変えない限り)慢性的なものなのかで、大きく変わるということを、その時初めて、理屈ではない部分で深く意識したように思うのですね。

 

 

まあ今になって振り返ると、もう少し別の対応もあったのでは?という気も少しはしますが、こういったことを何度か繰り返しているうちに、自分は治療院勤務には向いてないなと、少しずつ実感していったわけです(笑;)。

 

 

最後までご覧下さいまして、ありがとうございました。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

個人的にお勧めの認知症対策はこちら!

 

視力回復と腰痛予防を「同時に」行う気功体操実践記はこちら!

 

私達の身体に宿る“生命”その有り様についての考察

 

ご予約・お問い合わせに関するご連絡


住所 : 京都市伏見区桃山南大島町70-2

 

お電話 ・ メールでのご質問などはこちら(営業電話はご遠慮下さい)

 

■原因検査法と原因別整体術出張レクチャーのご案内■
筋反射テストを応用して原因を絞り込む具体的な手順や注意点、また上部頸椎を含む脊椎及び仙骨、四肢の無痛関節矯正法、自律神経・内臓・チャクラ調整法などを、直接お会いしてマンツーマンでレクチャー致します。詳細についてはこちらをご覧下さい。

お申込みされた方には、上記の各種ノウハウを詳細にまとめた全345ページのテキストと、初対面の方にレクチャーしている様子を収めた142分のDVDを先にお送り致します。

これまで数多くのセミナーや教材で学ばれた上で申し込んでこられた方(治療家様)の、当方のテキスト及びレクチャーに対するご感想はこちらに掲載させて頂いております。

身体に不調を起こす主な要因は食生活、ストレス、生活習慣、筋骨格のトラブル(アンバランス)などであり、私がメインで学んだカイロプラクティックは、そのうちの骨格の調整を目的とするものです。

 

一般的に“整体”と呼ばれるこういった民間療法の殆どは、筋肉か骨格のどちらが先かはともかく、基本的にはこの『直接的に痛みを起こしている要因の部位』にアプローチをするわけです。

 

しかし実際に数年間、民間療法の治療院で勤務してわかったことは、目には見えない、現時点では一般的な常識として認識はされていない“チャクラ”という生命エネルギーの機能不全が心身の不調の裏に隠れていることが非常に多い、ということでした。

 

科学で証明されていることがこの世の全てだと考えている方にとっては、全く「意味不明」な話なのでしょうが、このチャクラの問題を無視して心身の不調の問題を扱う(解明する)ことなど、絶対に不可能だというのが私の個人的な結論になります。

 

 

しかしそのチャクラの意味するところを、どれだけ自分がしっかり認識しているのかということになると、未だハッキリとした確信はありません。これまで何冊かの書籍にザッとは目をとおし、ネット上のサイトも幾つか閲覧はしてきましたが、まだまだ“消化不良”というのが正直なところです。

 

プロの先生方はもちろん、世間一般の方が思われているよりもずっと簡単にできる各種の施術法があることは自分なりにまとめましたが(その基礎編【無料】はクリックして頂ければ直接PDFが開きます)、このチャクラについては、多くの場合、単に施術(ヒーリング)をやってその場だけでも結果が出ればそれでOKというわけにはいきません。

 

当記事は私自身が最初に読んだ「7つのチャクラ」を改めて復習することを目的に書いているものですが、

 

「自分はなぜこういった病気になってしまったのか?」

 

ということを一人で問い続けておられる方、そして

 

「何度も同じ症状を繰り返し再発する方の内面には、一体どんな問題(課題)があるのか?」

 

ということが気になりだした民間療法の先生方にもご覧頂ければと思います。

 

 

※当記事内の『紺色文字』は「7つのチャクラ」からの引用部分になります。

 

 

 

7つのチャクラ  キャロライン・メイス著(川瀬 勝訳) サンマーク出版

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

こんなブログを書いていながら、身も蓋も無いことを言ってしまいますと、チャクラというものがつまるところ「何」なのか、そして「何故」そういったエネルギーシステムが人体に備わっているのか?という根本的な問いにこれといった明確な答えを用意する事はできません。

 

本当のことを言うならば、説得力のある言葉で上手く説明することができないというだけの事であって、自分の中では、実はそれほど大きな違和感はありません。

 

が、上記書籍を軸に説明していくとなると、どうしても宗教的な話にならざるを得ない面があるので、そこがやはり非常に面倒なわけです(笑)。

 

 

 

日本はこの「宗教」という言葉にアレルギーを持っている人が非常に多い、世界的に見れば特殊な国です。

 

しかし、これはご存知の方も多いと思いますが、日本国内で「私は無宗教です」と口にする場合、それは、「私はどこの怪しげな教団にも洗脳されない常識人です!」というアピールとして発せられるわけですが、海外で同じことを口にすると、相手によっては下手すると【動物扱い】されてしまうわけです。

 

かのデビッド・ボウイは宗教について生前「救った人の数より殺した数の方が多い」と言ったそうですが、それを承知で?大多数の人が、何かしらの宗教に対する信仰心を持っているわけであり、著者のキャロライン・メイス氏も当然、そのうちの1人なわけです。

 

 

この「7つのチャクラ」には、ごく自然な流れで宗教について言及している部分が多々あり、そこに全く触れずに説明することはちょっと難しいのですが、当ブログの主旨はあくまでも整体の施術関係者はもちろん、一般の方でも家庭内で行える(行なうべき)理由をお伝えすることであるわけですから、その辺りは無理せずに省けるところは省いて書いていきたいと思います。(この結論に至るまで1週間を要しました…)

 

 

では本題です。

 

それぞれのチャクラについて復習及び解説をしていく前に、このチャクラというエネルギーのポイントにどういう意味があるのかについて、著者は非常に多くのことを語っているのですが、簡潔に書かれている部分を少しだけ紹介しておきます。

 

『私たちの身体系にある7つの力の中心点には、それぞれ、7つの聖なる真理のうちのひとつが内包されている。この真理は、内面で脈動を続け、その力の適切な使い方に沿って生きていくよう、私たちを導こうとする。』

 

 

「その力の適切な使い方に沿って生きていくよう、私たちを導こうとする。」という部分ですが、では

 

「適切な使い方とは?」

 

「適切ではない使い方をしたらどうなるのか?」

 

という疑問が出てくるかと思います。

 

それは今後の各チャクラに関する記事の中で触れていくわけですが、まず大前提としてこのことを書いておかなければいけません。

 

『驚くべきことに、私たちが人生で直面する試練も、これと同じ順で起きていく傾向にある。第1、第2、第3チャクラは、物質的、第4、第5、第6、それに第7チャクラは、非物質的で内面的な力に合わせられている。 ―中略― 私たちはこの7つの聖なる真理を知っている状態で生まれてくる。実は、私たちはみな、これらの真理が「生物学的なかたち」をとった存在なのである。』

 

 

一体何のことなのかサッパリわからん!という方もおられるかと思いますが、自分の中で上記の最後の一文は、「チャクラの機能不全によって起こった不調を何度も目の当たりにした自分にとって何の違和感もない、当たり前の内容でしかない」ということは断言しておきたいと思います。

 

いくら解剖学や生理学だけを学んで的確な手技を施したところで、どうにもならない【原因不明の未病】が後を絶たないのは、(チャクラだけが原因ではないですが)、だから自分にとっては、当たり前の話でしかないわけです。

 

 

最後に、宗教的な内容は極力省くと書きましたが、著者のこの一言だけ引用しておきたいと思います。

 

『さまざまな宗教の聖典に内包された教えは、人類をひとつにするべきもので、分け隔てることはないはずだ。しかし、その教えをただ文字どおりに解釈することは、私たちを分断してしまう。』

 

…文字どおりに解釈してしまっている方々に読んで頂きたい一言ですね(笑)

 

 

最後までご覧下さいまして、ありがとうございました。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

個人的にお勧めの認知症対策はこちら!

 

視力回復と腰痛予防を「同時に」行う気功体操実践記はこちら!

 

私達の身体に宿る“生命”その有り様についての考察

 

ご予約・お問い合わせに関するご連絡


住所 : 京都市伏見区桃山南大島町70-2

 

お電話 ・ メールでのご質問などはこちら(営業電話はご遠慮下さい)

 

■原因検査法と原因別整体術出張レクチャーのご案内■
筋反射テストを応用して原因を絞り込む具体的な手順や注意点、また上部頸椎を含む脊椎及び仙骨、四肢の無痛関節矯正法、自律神経・内臓・チャクラ調整法などを、直接お会いしてマンツーマンでレクチャー致します。詳細についてはこちらをご覧下さい。

お申込みされた方には、上記の各種ノウハウを詳細にまとめた全345ページのテキストと、初対面の方にレクチャーしている様子を収めた142分のDVDを先にお送り致します。

これまで数多くのセミナーや教材で学ばれた上で申し込んでこられた方(治療家様)の、当方のテキスト及びレクチャーに対するご感想はこちらに掲載させて頂いております。