仕事にも不動産にも全く関係ないんですが、自分は高校野球が大好きです。

 

毎年、夏の甲子園は見ることが楽しみで、

 

自分のライフイベントとして大事な一つになってます。

 

家内はいっつも同じことやって。これは昨年の映像でしょ?と言ってきますが

 

無視して見てます。笑

 

その中で毎年思い出すのが「松井秀喜の5打席連続敬遠」です。

 

簡単に言うと、ヤンキースの松井が高校生時代に甲子園で

 

野球が上手すぎてミソッカスにされたという話です。

 

 

この一つの事件というか出来事は野球の面白さがギュッと詰まっていると思ってます。

 

そして、自分(望月自身)が歳を取るごとに同じ一つの出来事にもかかわらず

 

見方が変わってくるのが面白いと感じてます。

 

まだ自分が20歳前後の頃は、松井秀喜目線で、イラッとした出来事でした。

 

松井秀喜の大暴れを甲子園で見たかったですし、野球をやらせてあげなかった事に

 

松井秀喜がかわいそうだと思いましたし、ミソッカスにするなんて!と

 

怒りの感情が大きかったです。

 

20歳後半になって、明徳の投手やチームメイトの気持ちになりました。

 

ここまでやって、勝ってうれしいのか?とか、こんな指示を監督から出されて

 

悲しいだろうなぁ。対戦してみたかっただろうにと、悲哀の感情が大きかったです。

 

35歳になって最近感じるのは、明徳の監督の采配について敬意を持ってます。

 

人がやることが出来ないことを、しっかりとやる。

 

ルールに反してない。

 

にもかかわらず、人から誹謗されても気にせず勝つための采配を取る。

 

選手たちに一つでも多く勝たせるために、誹謗中傷の矢面に自ら立つ。

 

素晴らしい監督だなって感じます。

 

そして、松井秀喜もこの伝説の一人として箔をつけたと感じます。

 

こういう出来事があって、今のジェントルマン松井秀喜が出来たんだと

 

感じます。

 

40歳になったらまた違う見方になっているのかもしれません。

 

自分もそういう影響力のある人間になるためにもっと努力します。

 

 

 

AD

昨日からブログを再開しました望月です。

 

最近は、空家問題やリノベブームがフォーカスされてます。

 

かし、自分は全体市場の数%しか市場がないと思ってます。

 

遠浅な市場だと感じるんです。

 

そして、このように誰でも出来る市場は差別化しにくい市場なので

 

自分は王道を進んでいこうと考えています。

 

我々が第一線でお客様と接していれば、空家問題やリノベがもっと

 

お客様から要望が出てくると思ってます。

 

常にアンテナを高くして、出てきたときに対応できる組織にしておこうと

 

思ってますが、自らそっちに舵を取るつもりは今のところありません。

 

しかし、常に差別化は意識しないといけないと思います。

 

これから先、地方都市の不動産仲介業は体力勝負になるでしょう。

 

要は資本力勝負ですね。

 

しかし、そんな巨大な資本が転がっているわけではありません。

 

なので、差別化することが大切なんです。

 

来月には公開できるとおもいますが、その差別化の一つに期待してください。

 

 

 

話は変わりますが、今全社を挙げてNIKKEI2.0に挑戦しています。

 

週休二日制にして、一日休養一日教養の徹底。

 

働き方の抜本的改革の一つとしてクラウド化して自由な環境を作ってます。

 

部活動も浸透して健康にコミットしてます。

 

NIKKEIの進化は地味に止まりません。

 

これからも新しいことをドンドン取り入れ、横浜一すべることを恐れない会社にします。

 

 

 

 

 

 

AD

望月ブログ再開

テーマ:

ご無沙汰しております。

 

色々と動きがありまして、やっとこさ落ち着き望月ブログを静かに

 

再スタートしようと思ってます。

 

そんなに見られてませんが、元々ルーティンワークだったので

 

きっと色々なメッセージを送れると思います。

 

㈱NIKKEI「横浜スタイル」はおかげさまで今月で10期目が終わります。

 

みなさんの助け無くしてここまではこれません。本当にありがとうございます。

 

自分はなかなか不器用なもので急成長は出来てませんが、不器用なりに

 

色々なものに挑戦し続けております。

 

スタッフも一人一人着実に成長させていただいております。

 

「不動産の悪しき習慣をなくし、クリーンにする」

「横浜で一番の不動産会社になる」

「不動産をカギに横浜を強くする」

 

の個々のキーワードを持ちながら、燃えるプロ集団になってきてます。

 

我々の理念「幸せの追求と拡大」は変わらず、

 

これからも渦の中心になりながら果敢に成長していきたいです。

 

また、今日よりNIKKEIのビジョンや、スタッフの紹介、新しいサービスの事

 

望月個人的な話等をここで知ってもらいたいと思ってます。

 

さぁ、今年もお盆休み返上でがんばるぞぉ!

 

 

このブログとのお別れ。

テーマ:

そんなにこのブログを見てくれている方も多くないと思いますし、


そんなに毎日書いているわけではありませんが、


今日でこのブログは一度お休みに入ります。


今までありがとうございました。





自分は今まで常に


「成功よりも成長」という言葉で人生を選択してきました。


そして、今日より、一つの成長にむけてキャリアチェンジをする人生を


選びました。


この判断が出来たのも、NIKKEIには信頼できるスタッフがいるからだと


本当に感謝してます。


これから先NIKKEIが大きく飛躍するには2つの要素が必要だと感じました。


①望月自身が経営者として今まで以上の圧倒的な成長


②望月がいない状態でのNIKKKEIの成長です。


リスクも高いですし、色々な危険もあります。


通常、常識的な人では考えられない手法だと思いますが


仲間を信じ、会社を信じて、凄い手法でNIKKEIを伸ばす決意しました。


今朝の全体朝礼でスタッフに話しました。


みんながどう受け止めてくれたかはわかりませんが


数年後、この決断が一つのターニングポイントになったと


みんなで話せるように、今一度自己成長にフルコミットしてほしと思います。


先月、みんな達成してくれた。


お客様にも喜んでいただけてる。


やっていることは絶対に間違ってない。


自分たちを信じ、これからも成長して欲しい。


少し離れた場所から、みんなの成長を誰よりも楽しみに見ています。








記事数にして約1500記事書いているようです。


このブログ。


2007年といえば安倍さんがまだ1回目の首相です。


googleが携帯電話用の検索エンジンを提供開始した年です。


スマトラ島沖地震もありました。


そんな年から継続してきて、


1500記事も書いて、たまにコメントで炎上して、


先輩からはスベってるって言われて、


でも継続は力なりで踏ん張って、


ブログを続けてきてもう33歳のおじさん。


頑張ろっと!





事実は小説よりも奇なり

テーマ:




ディファイアンスみました。


ダニエル・クレイグがボンドでないやつ。


でも、やってることはボンドに近いやつ。


面白かったです。


とても暗い映画ですし、どうやって終わるのか全く見えない


実話の物語ですが、実話だけに面白かった。


事実は小説よりも奇なり。


自分自身もかなり数奇な人生を送っていると思いますが


本当に感謝して生きていこうと思わせてくれる映画でした。


「生きてくる時も死んでいく時も一人」


という大切な言葉をいただき、感謝を忘れず、思いっきり振れ幅のある


毎日を送って行こうと思います。


ものすごく辛いけど、ものすごく充実した毎日を!!


3年経ったら、今の頑張ってるメンバーみんなでイタリアのカプリ島でも


いきたいな。


それが今の静かな目標。




昨日、相殺(ソウサイ)を家内が(アイサツ)と呼んでました。


そっちの怖い人達の挨拶みたいで、なんかかっこいいですが


間違ったままじゃいけないと思ったので指摘すると、


「あ、専門用語ね。」って感じで切り返されました。


なんか、とても悔しかったです。





自分は常日頃からスタッフに成長することについて話してます。


成長は会社や上司や先輩が、させてくれると思ってる人がいます。


自分自身が成長したいと思ってない時に、成長させようとしてきたら


うっとおしくないですか?


多分、一番のストレスになると思います。


だから、まず「自分自身で成長したい」と思ってもらうことにしてます。


しかし、自己成長したい!と気付いてもらうのに


かなりのエネルギーがかかります。


遅い人は10年くらいかかる人もいますし、気付かないまま


仕事し続ける人も多いです。


その後、成長するために必要で一番重要なのは、自己成長するにあたり


「良好なストレス」と「折れないギリギリの挫折」が絶対に必要という事を認めること。


これも重要です。


これさえ分かればあとは自分で自分にしっかりと負荷かけて頑張るだけ。


トレーニングと同じです。筋肉が切れない重さでしっかりと筋肉痛に


なる負荷を自分にかけ続けるのと同じです。


嬉しかったのは、数日前に2年目のスタッフが朝礼のスピーチで言った言葉です。


「今は部署の異動もあり、仕事も覚えることも多く、宅建も勉強しなくては


 いけない状態でストレスがかかってるけど、ストレスがかかっているということは


 成長してる証だから頑張ろうとおもいます。」


と昨年まで新卒だったスタッフが朝礼で何十人もの前で言ったんです。


ストレス=悪、楽して生きたい。と通常考えるのに


一年間で、ストレス=善、しっかりと成長したい。というモードに


気づいて実践してくれていることに感動しました。


そして、何より自分自身の心にも影響を与えてくれました。


負けてられないので自分ももっともっと負荷かけていこうとおもいます。








私たちNIKKEIは社内に決済部・エスクローを持つことで


顧客満足を上げながら、営業力を強化し


手数料の自由化に挑戦しております。


その決済部を子会社にして独立させることにしました。


株式会社 Litu  といいます。



http://litu.co.jp/



社名の由来はHPを見ていただきたいと思います。


これは革新的なサービスだと思います。


不動産会社は全体的に契約後決済までのお客様に対しての


意識が低い!とても寂しい思いをさせている。


そこをLituがしっかりとサポートさせていただきます。



分社化することにより、


・お客様の多様なニーズを細やかに対応



・権限移譲による意思決定と事業スピードの向上


を図っていきます。


Lituはこれから不動産購入に対して新しい形で


きっと世の中をよく出来ると思います。


物件の詳細な立会が出来て、


金消契約に立会いをし、ちゃんとアドバイスも出来て、


登記の詳細まで説明できて、


毎月の銀行の金利や動向が10行以上頭に入っている


そんなエスクロービジネスありません。


必要とされているのに日本にない。


だから八幡が作りました。


これからもNIKKEIグループは理念である


「幸せの追求と拡大」


一人でも多くのひとを幸せにすること。を意識し


成長させて行くことを誓います。


尚、Lituは今後NIKKEI以外の不動産会社さんとも


提携を進めていくつもりです。


是非、お問い合せください。


ここには横浜スタイルの成長の秘訣が詰まってます。








今日、FMヨコハマのふじたくんがMarks Cafeにアポなしで


来てくれたみたいで、ようやく横浜市民として認められた


気がしました。ありがとうございます!


もう少し遅かったら都内に引っ越してました。





この際、どっちが高木マスターでどっちがふじたくんかは


もはや、関係ありません。


不動産業界を変えてやろうと、鼻息荒く頑張ってきた我々が、


どちらかと言えば嫌われ者のベンチャー企業が公共の電波に


乗ったことが革新的で。嬉しいですね。


少しずつ市民権を得たのかなって。





そんなことより本題です。


横浜スタイルのホームページが変わりました。


https://www.yokohama-style.jp/



かれこれ三代目です。


私たちは、既存のパッケージ型HPとか嫌いです。リースのやつとか


なんか魂入ってなくて。


スタッフが5,6人しかいなくて家賃も15万円位の走り始めた時でさえ


HPに数百万円かけましたからね。


リースとかパックとかありましたが、一生懸命貯めたキャッシュを


一括でHPに数百万円払いましたよ!


24歳の頃のモチヅキは。


今回も作成しました。


横浜というエリアではSUUMOを超えることが目標です。


右上のファミリーのお父さんが話している吹き出しがアジ出してるのと


スクロールすると、うさぎの気ぐるみかぶったカメ蔵が出現するくらいです。


まぁ、是非一度ご覧になってください。


これから新機能をバシバシ追加していきます。



https://www.yokohama-style.jp/