wkwk-nanairoのブログ
  • 10Aug
    • びわ湖で湖水浴(2019年8月7日)

      こんばんは。なないろの管理人、大和です。2019年8月7日、湖水浴に行ってきました。今年の場所は、彦根市の松原水泳場です。ここは、去年からの下見済みの場所でした。今回も台風の接近が危ぶまれましたが、なないろのお出かけは必ず好天に恵まれます。連日の猛暑日の合間の、カンカン照りでもなく、曇天でもない程よい気温と天気でした。水温は高めだったので、体温維持をしにくい利用者さんも、唇が紫色になることなく過ごせました♪7月の川遊びでは、何度も水からあがらせて、バスタオルで巻いて、温かい石の上で暖をとってもらったので、この水温の高さはとても安心でした(^^)今回は、保育園時代からプールに入れなかった?入らなかった?利用者さんが参加だったので、浮き輪でそこそこの深さのところまで行けることが、私たちの密かな目標でした。そして、軽く目標達成(^O^)/高校生の利用者さんが、上手く笑いをとってくれたお蔭で、難なく浮き輪に乗せて沖まで連れて行けました♪最初は、浮き輪の上に乗る形で引っ張られましたが、主体的に進めないので、とうとう足をおろし、自分でバタ足しながら縦横無尽に移動(笑)大人のサポートなしで、行きたいところに行けるようになりました。そして、二人の職員が脇と足を持ち、1・2・3~でザッパーンと水に放り投げて遊ぶこともできました。他にも、入水前の体操や、休憩、帰る時の呼びかけでちゃんと上がって来れるかなど、それぞれの目標もしっかり達成でき、毎回成長を感じられるのが嬉しいです。明日から16日まで、なないろはお盆休みに入ります。溜まったブログをせっせと更新します(`・ω・´)ゞ※利用者さんの写真掲載は、保護者の同意をもらっています。

  • 04Aug
    • 夏休みの造形~紙漉き編~

      こんにちは。なないろの管理人、大和です。夏休みの造形プログラムの一つは、紙漉きです。なないろ給食で、廃棄される鮒ずしの飯から作った飯のだしを使い始めたことで、食品ロス問題に触れていることに気づき、次にはSDGsを意識し始めた大和です。なないろで、何か他に取り組みができないかと考えたところ、紙漉きを思いついきましたお絵描きが大好きななないろの利用者さんたちのために、印刷屋さんなど紙をたくさん扱う企業から、裏紙に使えるカレンダーやチラシなどをいただいています。そこに利用者さんたちが、毎日たくさんたくさん絵を描くのですが、1日あたりかなりの枚数になるんです。持って帰る利用者さんもいますが、殆どはゴミになってしまいます。そのゴミにしていたお絵描き後の紙を、紙漉きしてハガキに再生し、残暑見舞いを書いてポストに入れるというプログラムを考えました。よく使う紙は、ピンクと黄色と白なので、それぞれを別々に使うことにしました。ただ、お絵描きしたペンの色や、表の印刷インクの色が若干混ざり、スッキリ綺麗な色合いがでないので、色んな色の折り紙を細かくしてちりばめることにしました。まだまだお試しでやり始めたところなので、一回ずつ振り返りをしながら、プログラムとして完成していくことにしました。利用者さんたちのお絵描きの紙だけでなく、シュレッダーした紙も使っていき、紙ゴミを限りなく減らしていく予定です。。そして、これから通年のプログラムにしていきます。※利用者さんたちの写真掲載は、保護者の同意をもらっています。

  • 03Aug
    • 2019年8月1日の給食メニュー

      こんにちは。なないろの管理人、大和です。2019年8月1日の給食メニューは、簡単油淋鶏、ハムとレタスとキュウリのオイマヨサラダでした。もちろん、全ての料理にグループ会社わくわく株式会社の鮒ずしの飯から作った「飯のだし」をたっぷり入れています。夏休み中の特に暑い日は、お酢を使った料理を意識して提供しようと思っています。「飯のだし」の鮒ずしパワーと、お酢で、夏バテ知らずになれたらいいなと思っています(*^^*)

    • 2019年8月2日の給食メニュー

      こんにちは。なないろの管理人、大和です。2019年8月2日の給食メニューは、山芋と鶏肉の甘辛炒め、レタスとキュウリのやみつきサラダでした。もちろん、全ての料理にグループ会社わくわく株式会社の鮒ずしの飯から作った「飯のだし」をたっぷり入れています。昨日の大津市は暑さ指数が30でした。熱中症対策で、プールの時間を調整したり、利用者さんたちに若干の我慢をしてもらっています(^o^;)なないろでできる対策の一つとして、給食メニューも毎日お酢を使った料理を出したり、滋養になる食材を使っていこうと思っています。今日の料理もかなりの好評でした(*^^*)

  • 05Jul
    • 七夕かざり

      こんにちは。なないろの管理人、大和です。久しぶりのブログ登場です(^-^ゞもうすぐ七夕ということで、みんなで七夕かざりを作りました。作業途中の写真を取り忘れたので、出来上がりのみのアップとなります。なないろの園庭は自然がいっぱいなので、笹も自生してるんです♪利用者さんたちが来る前に、大きな笹を切ってきました。雨の合間にささっと切ったので、これまた写真がありません(^o^;)なないろに到着した利用者さんたちは、あっという間に笹かざりに取りかかり、私たちが送迎から帰ったら、すっかり出来上がっていて、驚きました。短冊には、お願いごとを書く子もいますが、大好きな絵を描いたり、時間割を書く子もいました。それぞれ思い思いに描いてくれた短冊が、あまりにも素敵過ぎて、何度も何度も眺めています(⌒‐⌒)

  • 03Jul
    • 京都水族館へおでかけ

      こんにちは。なないろの保育士、春菜です。先週の土曜日は、京都水族館へおでかけに行ってきました。以前1度だけ、なないろのおでかけで京都水族館へ行ったことがあります。その時行った利用者さんが今回も利用予定でした。その利用者さんは、なかなか一つの遊びを続けるのが難しく、目に付いた遊びを点々としていくのです。前回の京都水族館でも、じっくりと魚を見る様子はあまりなく、一人でウロウロ色んなところを見ているイメージでした。今回は時間をたくさんとっており、前回の姿から、もしかして時間が余るのではないかという不安がありました。しかし余ったら余ったで、早めになないろに帰るのもいいかなと思っていました。そして当日。先導を切って歩いていきます。色々な水槽をみて「ねえ!先生!みてみてー!綺麗だよー!」と大興奮。この時、「あぁこの利用者さんは人と共感するっていう気持ちが出てきたんだ。」と思いました。どんどん進んでいくと、一番大きな水槽でいわしの群れを見つけました👀とても気に入ったようで、その水槽の前まで行って座ってじーっと眺めていました。なんと、その場で30分間見続けていたのです。こんな姿今まで見たことない!と私が興奮しました😁また他の利用者さんは、保護者さんが「前家族で行った時に、水族館よりも水族館の前の公園でずっと過ごしていたので、今回どうだろ(>_<)」言っておられました。当日は、少しどきどきo(^_^)oみんなと一緒に水族館へ入ります。暗いところが得意でない利用者さん。指導員にしがみついて入りました😊まずはイルカショーです🐬イルカショーでは、立ち上がって喜んでいました!手拍子や拍手もみんなに合わせてしてくれました👏その後は、順番に館内を回っていきます。しばらく回っていると「おそと…」と言い始めました。やっぱり公園かぁ💦と思ったのですが、それでも長いこと水族館にいたし、この利用者さんにとってはとてもすごいことだなと思い、「じゃあ、○○ちゃん外行こっか!」と出口の方へ誘導しました。歩き出したのですが、水槽が見えてくると立ち止まって見るのです。歩いては立ち止まって見るの繰り返しで、結局2時間弱水族館の中にいたのです!本当に驚きました。今回のおでかけで、利用者さんたちの世界が広がってるなぁと感じました。こうしていつもと違う場所や体験をすると、利用者さんたちの成長だったり、違う面が見えてきます。利用者さんたちの色々な面を見て、日々の支援に繋げていきます。※利用者さんの写真掲載は、保護者の同意を得ています。

  • 13Jun
    • 6月の造形プログラム

      こんにちは。なないろの造形保育士、井ノ口です。すっかり遅くなってしまいました。2019年6月の造形プログラムです。テーマは「紫陽花を観察して描いてみよう!」です。内容は、花瓶に入った色々な種類の紫陽花を見ながら、油性マジックで描きます。その後、絵の具や色鉛筆で色を塗るです。紫陽花は、スタッフが持ち寄ってくれました。造形プログラムで大切にしている事は、利用者さんが自由な発想で表現することです。そこを実施計画書からスタッフ全員で再確認しました。虫メガネを用意して、細部まで花を観察できるようにしました。紫陽花を虫メガネで見て描き始めたAさん。画用紙に描き始めたのは、アザラシ…。続いてオオカミ、ブタ、ウシ、ブラキオサウルス…!!思わず、「紫陽花は?」と声をかけてしまいました。Aさんは、ハッとしたように紫陽花を描きはじめましたが、またカタツムリ、トリケラトプス…^^次々とイメージが湧くAさん。すごいな、こんなにイメージが膨らんでいくんだと、感心してしまいました。その日、すっきりしない表情をしていたBさん。紫陽花は気になる様子^^側に来たので、「描いてみる?」 と声をかけましたが、はじめは、描かないと首を横に振って返事をしていました。そこへ、とても明るく元気なスタッフが、「そう、言わんと描いてみ!」と声をかけました。最初は気が進まない様子で、虫メガネを覗いていました。すると、急に表情が和らぎ、いきいきと絵を描くBさんの姿がありました。素敵な紫陽花の絵が出来上がり、本人も嬉しそう。ちょっと背中を押してみたら、すっきりした表情になったBさんがいました。最近恥ずかしがるようになって、素直に色々できないお年頃のCさん。「紫陽花の絵を描いてみる?」の声かけに、「えーできない。。。」スタッフが、「○○さんが、この花きれいって言ってたよ。絵に描いてプレゼントしたら?」と、Cさんが大好きなスタッフへのプレゼントとして絵を描くことを提案しました。Cさんは、「うん。描くわ。」と嬉しそうに描き始めました。画面の隅の方から紫陽花を描き始めたのを見てスタッフが「もっと描いたら、もっと○○さんが、喜ぶんじゃない?」と言ってみると…。またまた嬉しそうな表情になり、どんどん描きだしました。画面の半分に紫陽花、もう半分に自分の好きな絵。結果、30分以上、描き続けていました。誘い方ひとつで本人のやる気が出るんだなぁと、再確認しました。Dさん。紫陽花を見ながら、絵を描いてみる?と誘うと、乗り気でない様子で、「えー粘土したいねん。」「えっ粘土!?粘土はいつでもできるし今日は、紫陽花の花を描こうよ。」むっとした表情で、「なんでいつでもできるとか言うん!」「わかった、描きたくなったら言ってね。」しばらくすると…「やっぱり描きたい。」と側に来てくれました。実物を見て描くことに抵抗がある様子で、虫メガネで紫陽花の花を覗いていたものの「ハート描くわ!」とハートを描き始めました。担当としては…最近、漢字も書けるようになってきたし、紫陽花の花を一緒に観察して、花の細部に気づいてくれると嬉しいな。。。という思いがありました。後で聞くと、Dさんは、聴覚が優位で視覚で捉えることが得意でない。小学1年生の頃は、書かれた文字を線でなぞることも出来ないくらい、視覚で捉えることに難しさのある子だった。今は成長して、自分の名前を漢字で書けるようになったけど、やはりDさんの中には見て描くというのに抵抗があるかもしれないということを知りました。障がいのある子どもと関わるときは、背景を知ることも必要だということを知りました。今回の造形プログラムは学びが多かったです。振り返りとしては、○一見離れていってしまったように見えるが、イメージをどんどん膨らませることができている子がいる○声掛け次第で進んでできる場合がある。○利用者さんの背景を知った上での提案をしてみる。等です。次回は、紫陽花だけでなく、ヒルガオとかミズバショウのような花弁の少ない花を用意してみてもいいかなと思いました。7月は、夏休みがありますので、また違った造形プログラムを体験してもらいます(^^)※写真の掲載は、保護者の同意を得ています。

  • 11Jun
    • 田植え体験をしてきました!

      初めまして。なないろの児童発達支援管理責任者、北口です。先日、利用者さんたちと田植え体験をしてきました。朝から小雨が降ったり、止んだりとスッキリしないお天気でしたが、田んぼに向かっている途中から急に太陽が!!到着すると、とってもいいお天気に(*^^)vドキドキわくわくといった表情の利用者さんたちと、みんなで手をつなぎながらいざ田んぼへ突入!「うわぁぁぁ」と声をあげながら、泥の感触を感じていました。そして、さすがなないろの利用者さん!あっという間に慣れ、田んぼを走り回っていました。泥を手で触って団子にしたり、その場でジャンプしたり、お相撲さんのようにしこを踏んだりと普段できない泥遊びに夢中になっていました(;^ω^)普通の田んぼではこんなことは許されないので、子どもたちを寛容に受け入れていただき、申し訳ないやら、ありがたいやら・・・。さぁ、いよいよ苗を植えていきます。田んぼに等間隔に赤いしるしのついた紐が張ってあります。赤いしるしに合わせて植えていきます。現地の人からしっかり説明を聞いて、スタート!少しだけ一緒に植えてみると、あとはどんどん自分たちで作業を進めていました。自分の持っている苗がなくなると「もう、なくなったんだけど、もっとちょうだい。」とかなり意欲的に頑張ってくれました。最後は田んぼで、全身泥だらけになって遊び、田んぼの脇にある湧き水で泥を流しました。おやつは近くにあるびわの実を採って食べました。甘酸っぱくてとっても美味しく、利用者さんたちは気に入りたくさん食べました。帰りはお土産用に少し収穫しましたが、車の中で自分たちで食べてしまいました(;'∀')自然の中で思い切り遊ぶこと、食べ物を作ること、収穫をしてその場で食べる事など、たくさん貴重な体験をさせていただきました。

  • 03Jun
    • 造形プログラムのブログをスタートしました。

      はじめまして。なないろの造形保育士、井ノ口です。2019年5月の造形プログラムはスタンピングでした。テーマは「スタンピングするものとコミュニケーションしてみよう!」です。内容は布に、色々なもの(レゴ・積み木・洗濯ばさみ・お化粧用パフ・ピーマンの断面など)に絵の具をつけてスタンプします。事前に実施計画書を作成し、スタンピングをするにあたってアセスメントポイントを共有するため、スタッフ全員で話し合いました。今回のアセスメントポイントは、○どんなタイミングでどのような声かけをして参加したか、しなかったか。〇力加減ができているか。もしくは伝えたらできるようになったか。〇どれくらいスタンピングを続けられたか。〇参加しなかった子は、どんな様子だったか。それぞれに今までのエピソードと細かな説明を入れて、話し合いました。今まで、とりあえずやってはいるが、心ここにあらずというような利用者さんがいました。手指を使うことがあまり得意でないことや、これをこうしたらこの後どうなるか、どういう結果が待っているかという想像が持ちにくいのでは?という意見が出ました。利用者さんにどんな結果を出したいかをスタッフ全員で探究しただけでしたが、当日は主だった働きかけをしなくても、みんなどんどん想像力を使ってスタンピングをし始めました。そして、「次、これ押したらどうなる?」「全部の色で押してみよう」「同じ洗濯バサミやと思ったら少し形、違うな」など探究する姿が見られたのには、大変成長を感じることができました。また、なないろでは、車の中を自分の部屋のように見立てて過ごすと決めている利用者さんがおられます。その方は、きっと造形プログラムが好きだろうということで、車に材料を持って行き、参加しやすい環境を作ってみようとスタッフで話し合いました。絵の具だし…布だし…場所を取るし…車の中でやりにくいだろうな・・・などと私たちの中に湧いてくる気持ちもありましたが、いざ材料を持って行くと、すっと起き上がって「やる!」と返事をしてくれました(^^)車の中は、布を広げるスペースがないので畳んだ状態の布を渡しました。そして、出来上がりにびっくり!!少し長い目のブロックを選んでスタンプし「ドラえもん」と布全体に描いてありました。ちゃんと見通しをもって作りたい、表現したいものがあったのだと感動しました。実は、造形プログラムは12月からお試しスタートをしていたのですが、6月から本格的なプログラムとして始めるため、全員の保護者さんに参加するかどうかの案内のお手紙を出しました。すると、その利用者さんは自分から参加したいと、お母さんに伝えてくれたたそうです。スタッフ全員でしっかり打合せの場を設けることで、スムーズに造形プログラムが実施でき、利用者さん一人ひとりの姿が以前よりよく見えるようになりました。また、次はこうしてみようとスタッフから積極的に意見が出るようになり、今後はより造形プログラムが充実すると感じています。

  • 27May
    • 余呉湖へお出かけ

      こんばんは。なないろの管理人、大和です。久しぶりの投稿は、連投です(^^ゞ土曜日は、体調不良の利用者さんが続出で、とても少人数になりました。お天気もいいし、せっかくなので、ちょっと遠出のお出かけをしようということになりました。給食を食べながら、スタッフと相談。○最近不安定になってる利用者さんがいるので、人出が多くなく、自然豊かで、のびのびできるところ。○渋滞等で帰りの時間が読めないところは省く。○いつもの大人数では行きにくいところ。そんな条件を出しながら、スタッフと相談しましたが、結局大和の独断と偏見で、滋賀県北部にある余呉湖に行くことにしました。余呉湖は、天女の羽衣伝説のある、自然いっぱいのとっても素敵な湖です。そして、冬のワカサギ釣りが有名です。なないろからは、片道なんと99キロもあるので、まぁまぁ遠方です(^o^;)給食をさっさと食べ終わり、トイレを済ませ、車に乗り込み出発しました。遊具もなにもないですが、景色の素晴らしさと、のどかな雰囲気に、みんなほっこりしたみたいで、とても穏やかで楽しく過ごせました。これから定番のお出掛けになりそうです(*^^*)

    • 2019年5月25日の給食

      こんばんは。なないろの管理人、大和です。2019年5月25日の給食メニューは、鶏肉のハニーマスタードソース、ポテトサラダ、大根と丸天の煮物でした。もちろん、全ての料理に鮒ずしの飯をたっぷり入れています(*^^*)季節の変わり目で、体調を崩す利用者さんが続出です。給食を作る量が少ないのは楽だけど、いつも調理風景を覗きに来てくれる利用者さんがいないと、淋しいなと思いました(^o^;)早くよくなりますように(。-人-。)

  • 12May
    • 2019年5月11日の給食

      こんばんは。なないろの管理人、大和です。2019年5月11日の給食メニューは、新じゃがとニンニクの芽のウインナー炒め、モヤシのナムル、新玉ねぎの塩昆布バターでした。もちろん、すべての料理に鮒ずしの飯をたっぷり入れています(*´・ω・`)b利用者さんの保護者さんから、GWに行った淡路島の新玉ねぎをいただきました♪なんと、子供の顔ぐらいの大きさの、立派な玉ねぎでした。せっかくの大きさを活かそうと、半分に切った新玉ねぎに塩昆布とバターを乗せて、電子レンジでチンしました。玉ねぎが、甘いのなんのって(*´∀`*)感動するぐらい美味しかったです(*^^*)ありがとうございます(。-人-。)

  • 27Apr
    • 2019年4月27日の給食

      こんにちは。なないろの管理人、大和です。2019年4月27日、平成最後のなないろ給食のメニューは、唐揚げタワーのポテサラ添え、大根とニンジンのそぼろ煮でした。もちろん、全ての料理に鮒ずしの飯をたっぷり入れています(*´・ω・`)b相当更新が遅れていますが、順番飛ばしのアップです。今日は、利用者さんのお誕生日会をしました。ケーキをあまり食べない利用者さんなので、大好きな唐揚げを誕生日ケーキに見立てました。朝、「今日の給食は○○ちゃんのお誕生日メニューだよ」と声をかけると、とっても嬉しそうな顔をしていました(*^^*)みんなも、早く唐揚げタワーを食べたいとわくわくo(^o^)o唐揚げを積み上げるだけだけど、結構見ごたえあるなぁと思いました(*^^*)唐揚げの下味に鮒ずしの飯をたっぷり入れているため、衣が余ったら更に片栗粉を投入して、揚げ玉を作ります♪私も含め、みんなこれが大好きなんです(*^^*)カリカリと、ご飯が終わってもつまんで食べていました(^w^)

  • 01Apr
    • 2019年2月9日の給食

      こんにちは。なないろの管理人、大和です。2019年2月9日の給食メニューは、鶏肉のオイスターソース唐揚げ、ピーマンの素揚げ、中華風春雨サラダ、小松菜と油揚げの煮物でした。もちろん、全ての料理に鮒ずしの飯をたっぷり入れています(*´・ω・`)b珍しく、採算度外視の品数の多さ。なないろの若い職員の栄養バランスを考えて、時々こんなことをします。たまにはいいでしょう(*^^*)

    • 2019年2月2日の給食

      こんにちは。なないろの管理人、大和です。2019年2月2日の給食メニューは、鶏肉のネギマヨ、白菜とツナのめんつゆ和え、カボチャの煮物でした。もちろん、全ての料理に鮒ずしの飯をたっぷり入れています(*´・ω・`)b

    • 2019年1月19日の給食

      こんにちは。なないろの管理人、大和です。2019年1月19日の給食メニューは、鶏肉とブロッコリーのオイスターソース炒め、鶏だんごの煮物でした。もちろん、全ての料理に鮒ずしの飯をたっぷり入れています。この日は給食後、佐川美術館に不思議の国のアリスの世界、アリスインサイエンスワールドを観に行きました。それは、また別にアップします。

  • 29Mar
    • 2018年度 福祉サービス自己評価

      こんにちは。なないろの保育士、春菜です。2018年度の福祉サービス自己評価の結果と改善点をアップします。◎保護者のアンケート結果◎保護者の声◎職員のアンケート結果

  • 28Mar
    • タイヤ交換

      こんばんは。なないろの管理人、大和です。3月もいよいよ終わります。なないろの園庭では、運転手の園田さんが、連日送迎車のタイヤをスタッドレスからノーマルタイヤに交換してくれています。利用者さんたちは興味津々で、タイヤ交換の様子を見ています。そして、自分たちの車のタイヤ交換を始めました。なんと、ちゃんと車の下を覗いて、ジャッキの位置を確認して、ジャッキを設置(^w^)いやいや、あまりの本格的なタイヤ交換の様子に、ほんと驚きました\(◎o◎)/観察力と、想像力と、実行力。素晴らしいそして、めちゃめちゃ可愛い

  • 18Mar
    • 起業家EXPO2019

      こんにちは。なないろの管理人大和です。一週間前のことですが、2019年3月11日、京都信用金庫さまが主催されている起業家EXPO2019で優秀賞をいただきました。なないろでの取り組み、オリジナルプログラム「なないろメソッド🄬」と、鮒ずしの飯を使った健康給食が評価され、106社中の10社に選ばれました。当日は、500人のオーディエンスの前で、なないろの取り組みをプレゼンさせていただきました。何日も前から、プレゼンの準備をしているだけでドキドキしていましたが、本番では「おー」とか、クスっと笑い声が上がったのを聞いて、やっと緊張が解けました(;^ω^)なないろメソッド🄬は、利用者さんに合わせてブラッシュアップしたりカスタマイズしたり、または新しいものを作っているので、固定したものではありません。だから簡単そうにも見えますが、難しくもあるのです。そういったこともあり、今回の受賞は職員の励みにもなりました。職員の出した結果だからです(^^)b今回受賞できましたこと、改めて感謝の意を表したいと思います。ありがとうございました。

  • 12Feb
    • 2019年1月12日の給食

      こんばんは。なないろの管理人、大和です。2019年1月12日の給食メニューは、スフレオムレツ、じゃがいもとベーコンのソテー、筑前煮でした。もちろん、全ての料理に鮒ずしの飯をたっぷり入れています(*´・ω・`)bスフレオムレツは、初めての試みでした。ネットの口コミを見ていると、賛否両論でした。食感と味のイメージが合わないのかな?そんなことで、なないろのスフレオムレツはだし巻き卵の味付けにしました。卵を利用者さんたちの前で泡立てたので、みんな食い入るように見ていました♪食感を受け付けない利用者さんがいたらどうしようか心配でしたが、口コミと違って、好評でしたよ。ただ、写真用のオムレツを失敗してしまいました(-_-;)いつも、みんなを待たせるのは可哀想なので、最後に調理したものを写真用にしているのですが、その前は惚れ惚れするほど素晴らしい焼き具合だったのに、最後の最後に焦がしてしまいました(。>д<)リベンジしなくては。