1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-23 11:04:43

”「命を買うこと」に責任を持てますか?”

テーマ:ブログ


AD
2017-08-22 12:35:48

天国の光景を見ているようだ

テーマ:犬達への想い

顔にかぶさる毛がうっとおしいだろうと、素人カットをしてみました。

目の周りだけのつもりが左右バランス良く切るのは難しく、切り過ぎて眉がひさしのようになってしまいました。

不器用なかあさんです。

近いうちに、餅は餅屋に行かなくっちゃ。

 

 

 

この方は超怖がりなので、かあさんが切るのは危険なため、手を出せません。

 

 

 

 

 

「私になんの関係があるというのだ」さんのブログより、転載させて頂きます。

いつも転載させていただき、ありがとうございます。青字は転載です。

 

天国の光景を見ているようだ  2017/ 08/ 20

http://catsanddogs75.blog136.fc2.com/blog-entry-696.html?frm_id=v.mypage-external-service--article----0

 

一人の女性がサクラメントにあるアニマル・シェルターを訪れた。
メラニーという名のその女性は
「シェルターで一番年寄りで、貰い手がいない犬が欲しい」と申し出たのである。

スタッフはシニア犬のジェイクを紹介した。
ガンを患い、皮膚の問題もあるジェイクは シェルターに長い間いるが、誰も引き取り手があらわれなかった。
時間がどんどん経っていくだけで、ジェイクはおそらくシェルターで生命を終わるだろうと思われていた。

メラニーはジェイクの状態にひるみはしなかった。
シェルターに良い犬を探しに来たのではなく、愛を必要としている犬の命を救いにきたのである。
メラニーはジェイクに永遠の家を与えた。

 

シェルターはフェイスブックに投稿し、7000シェアされ、6000あまりのコメントを受けた。
写真を見てお分かりのようにツーショットは 天国の光景を見ているようだ。

Woman goes viral

 

 

ツィッターで見た記事です。当ブログの宝物の一つとなりました。

 

 

 

今日もお出で下さいまして、ありがとうございました。

 


にほんブログ村

AD
2017-08-22 11:41:29

”ハルの日”

テーマ:ブログ

 心にしみるこの動画が、お一人でも多くの方に届きますように。


AD
2017-08-21 12:05:19

熱中症から肺水腫に

テーマ:犬達への想い

絨毯やフワフワのベッドより、廊下やフローリングの固い床に、ポロポロ毛玉が落ちているので、

踏んづけないよう蹴とばさないよう、下を向いて歩かなくてはなりません。

エアコンは24時間ワンコ温度に設定していますが、それでもヒンヤリ床のほうが居心地が良いのでしょう。

今年は殊更に暑い夏ですね。

 

 

 

 

あ、生首まで落ちている!

あな、恐ろしや・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

FBより、浅田 美代子さんの投稿をシェアします。青字は転載です。

浅田 美代子
飼い主さん、自分の子達を守ってあげて下さい。
熱中症からも肺水腫に‼️
どうか涼しい部屋で過ごさせてあげて下さい。犬は自分で場所を選ぶことは出来ないのだから

 

ワンちゃん本舗より

犬が肺水腫とは?その予防と対策

https://wanchan.jp/osusume/detail/1477

 

犬の肺水腫は、命に関わる危険度も緊急度も非常に高い病気ですが、人間より発症率が高いのだそうです。

原因のほとんどは、熱中症と僧帽弁閉鎖不全症(MR)とのこと。

詳しくはリンクの元記事をお読みください。

飼い主さん、熱中症に気を付けて。

 

今日もお出で下さいまして、ありがとうございました。

 


にほんブログ村

2017-08-21 11:17:26

”繁殖犬を知ってください。”

テーマ:ブログ

交配させやすいように左手としっぽを切り落とされた、ある繁殖犬のお話です。

昨年の8月16日付の拙ブログより


2017-08-20 12:29:53

山下由美さんを応援します

テーマ:犬達への想い

関東は雨続きのようですが、関西はよく晴れて炎天の酷暑が続いています。

かあさんは今朝寝坊してしまい、もう日が高暑い中を散歩に行きました。

ごめんね、子供達。

 

 

 

 

 

暑かったです。

 

 

 

 

 

FBより、山下 由美さんの投稿をシェアします。青字は転載です。
彼女のクラウドファンティングをご紹介します。

いっしょに介護し殺処分を未然に防ぐ、老犬デイサービス開設へ!

https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx/announcements/61596
 

山下 由美
22時間前

以前の新着情報へ

二日分の薬

ぎゅうぎゅうに締め付けられた小さな首輪…

首が擦れ切れ、首輪から悪臭がしました。

 

 

身体中のあちこちに怪我をしてて、

 交通事故でしょうか…後足も骨折しているようでした。

 

 

動物保護管理所には、獣医師不在なので、痛み止めすら飲ませられないのです。

 

 

なんとか痛みだけでもとってあげれたらと、知り合いの獣医師さんに頼んで、

薬事法に引っかからないような漢方を処方してもらいました。

 

 

この袋を見たとき、涙が出てきました。

「2日分」

この意味は、この子に残された時間なんだと…。

 

あの仔は、薬を混ぜた缶詰を美味しそうに食べてくれました。
缶詰がよほど美味しかったのか、

「おかわりっ!」と、はじめて元気そうな声を出してくれた。

 

そして・・・

この仔の最期の食事は、唐揚げと鯖煮でした。
 

 

・・・2008年6月13日 殺処分・・・

 

私は、当時のブログでこう書き綴ってました。

「こういう子ほど助けたいというのが、本当の感情です。

レスキュー出来るのは、あくまで譲渡できそうな子、人慣れしている健康な子。

老犬、猟犬、ケガや病気の子、人間に怯えている仔・・・

私たちは、譲渡の難しい仔達に手を差し伸べる事はできません。

冷たい・・・と思われるかもしれませんが、

今の現状では、命の選別というハードルを高くしないと、私たち自身が潰れてしまうから。

感情だけでレスキュー出来たらどんなに良いだろう・・・と思う」


おそらく、自分で「出来ない理由」を一生懸命探し、一生懸命自分に言い聞かせていたと思います。
「仕方ない」で終わらせたかったんだと思います。

 

このときの経験と、あの子の生きていた姿は、後に自分を変えたいと思わせる

きっかけの一つとなりました。

あのときの正論だと思い込んでた価値観が実は間違いなんだよと、

無意識に自分自身の中で気付かせてくれたのです。

 

 

御成功をお祈りしています。

今日もお出で下さいまして、ありがとうございました。

 


にほんブログ村

2017-08-19 12:56:45

命を尊ぶ日本でありますように

テーマ:犬達への想い

18日は夕方になってから、宝塚動物霊園に出掛けました。

ゆずは、お盆の間は帰って来てくれていたと思いますが、今頃は虹の橋のたもとに着いたでしょうか。

霊園は盂蘭盆会の支度で賑わっていました。

広い敷地の中はひまわりの花で一杯で、数えきれないたくさんの動物達の霊が供養されていました。

 

 

    

 

    

 

    

 

ゆずちゃん、皆で会いに来たよ。

 

 

 

 

 

「保健所犬猫応援団」のブログさんより、転載させて頂きます。青字は転載です。

 

インパール作戦

https://ameblo.jp/shelterdog-sheltercat/entry-12302657056.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----shelterdog-sheltercat_12302657056

 

終戦記念日の日、NHKで戦時中のインパール作戦のデキュメントが放送されていました…

もちろん、戦争は、決して歩んではいけない道です。
自国でありながら、命を軽視し、精神論のみで目的を達成出来ると侮り、兵士の命を顧みることなく、
無能な作戦を繰り返す司令部…
戦後70年が過ぎ去り、平和の道を選択した私たちに教訓として生かされているのでしょうか?

命の軽視
 
日本では、現在、愛犬や愛猫を実の子の様に可愛がる人は、数多くいます
しかし、明日、殺される犬猫の命に無頓着な人は決して少数派ではありません…というよりも
 
一時期、動物愛護の世界でも、明日の命の救済よりも、蛇口を閉め、殺処分を無くすことが最優先と
精神論の如く叫ばれていました。
それは現に食料や物資の底が尽き、戦場に取り残された日本兵の様に…現状に真摯に向き合う事無く。
 
欧米では、保護犬猫発生の抑制は元より、先ず、明日の命を救う為の譲渡に力を注いでいます
割合として、アメリカに於いて保健所からの選択は40%を超え、日本では何と3%ほど… 
未だに日本では戦中の様な命の軽視が続いてると言って 過言ではないのではと感じてなりません
 
明日、命を奪われる犬猫が日本にいます。それでも犬猫をペットショップで買いますか?
今、インパール作戦の愚策で窮地に陥入る日本兵の命を救い出すことは叶いませんが、
私たちは犬や猫を保健所から譲り受ける事で、大切な掛け替えのない小さな命は繋げることは出来ます。

平和を愛し、命を尊ぶ日本でありますように

 

 

今日もお出で下さいまして、ありがとうございました。

 

 


にほんブログ村

2017-08-19 11:31:20

”ペットを生かさず殺さず生ごみ処分”

テーマ:ブログ
2017-08-18 12:39:23

後に残すは

テーマ:動物達への想い

カナカナと、日暮しの声を聞きました。

たそがれ時の夕散歩です。

「誰そ彼は」

街灯も家々の灯りもない平安の昔は、暮れなずむ時間は釣瓶落としに薄闇になって、

人の顔立ちも判別しにくくなったのでしょう、黄昏時とはなんとみやびな語感でしょう。

昔の人の言い伝えのように、お盆を過ぎて急に夕風が立ち始めました。

このまま秋に向かってくれると嬉しいのですが、温暖化の現代は昔のようにはいきません。

それでも暑い中に、アキアカネが群れているのを見つけました。

 

 

 

 

 

 

「弥生、スコットランドはエジンバラ発!」さんのブログより、転載させていただきます。青字は転載です。

いつも転載刺せていただきまして、ありがとうございます。

 

後に残すは … 

http://scotyakko.exblog.jp/26881288/


 

なにも、後に置いていかない

足跡(あしあと)以外は

 

なにも、殺さない(つぶさない)
時間(じかん)以外は

自然に、出向いて行くのならば
なにもゴミなど残さず
なにも命を殺したりしないで

(私なりに訳させて頂きました)   

 

今日もおいでくださいまして、ありがとうございました。

 


にほんブログ村

2017-08-17 11:42:13

”猫の指を切断するペットビジネス???”

テーマ:ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。