広告会社wavecomの社長blog
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-12-20 15:36:15

6ヶ月検診

テーマ:気付くこと
早いもので、手術からもう半年。

ということで、12月14日(金)に

CT検査に。

行ったらすぐにCTかと思いきや、

診察券を機械に入れたら、

採血と採尿をしろと。

地下に行き、また機械に診察券を入れると

採尿の紙コップが出てくる。同時に

採血の番号札が出てくる。

となりのトイレで完璧な採尿。笑。

もう慣れたもんだ。。

その後10分くらい待って採血。

淡々と進むこの時間。

血を抜く方も完全なルーティンワーク。

左腕に絆創膏を貼られそれを押さえながら

1階のCT室へ。

同意書と予約票を出して待っていると

まもなく呼ばれ、造影剤を入れる針を刺すとのこと。

今度は右腕を出す。

冷たいお茶を出され、それを飲んでいると

すぐに呼ばれて、部屋の中へ。

ズボンを少し下ろして

仰向けに。

造影剤を入れる前に何度か検査。

「息を吸ってください」
「止めてください」
「楽にしてください」

この機械音声に合わせて呼吸を続ける。

その後に造影剤投入。

一気に身体全体が熱くなる。

それでまた、機械音声に合わせて

同じことを繰り返して終わり。

時間にして10分くらいか?

終始看護師さんがついていて

「気分が悪くなったらおっしゃってくださいね〜」

とか、

「はい、もう終わりですからね〜」

とか、語尾が伸びるのを気にしながら終了。


後日、12月19日(水)は結果を聞きに。


診察券を機械に入れたらさすがに

採血、採尿は無しでそのまま診察へ。

先生が最近の様子を聞きながら

画像の方へ。

「肺から見ていきますね。肺は特に腫瘍はないので問題なし。」

肺は??

「次は肝臓。こちらも問題なし」

肺は?

「これが腎臓。ここが手術したところ。こちらも問題なし。」

はい。。笑

「膀胱も問題なし。」

ということで、特に問題はなかったんだけど、

最初に肺は、、、と言われたので

少しドキッとしてしまった。

採血、採尿の結果も全く問題ないということで

ホッと一息。

次は6月にまた検診。。予約を取って終了!

このペースで続けて調べていけば

何かあっても早期に発見できるだろう!


2018-10-26 11:13:51

検査・発見・治療日記 最終回

テーマ:気付くこと

6月26日(火)


退院の日。


最後の朝ごはんを終えて、ゆっくりしていると妻が来てくれた。


そして、入院日と同じように芸人アントキの猪木も来てくれた。


ゆっくりではあるが、自力で問題なく歩けるくらいにまで回復しているので、



心配はないのだか、車で家まで送ってくれた。


まだ傷と少しおぼつかない足取りの自分にはとでもありがたかった。



6日間の入院生活は終わった。


あっという間だった、


傷を見るたびに事の重大さを感じる毎日となるだろう。


今後は3ヶ月毎に採血、採尿、診察。


半年毎に造影剤を入れたCT。


これがライフワークとなる。



2018-10-11 09:41:43

検査・発見・治療日記⑩

テーマ:気付くこと

6月25日(月)


術後3日目。身体も安定してきた。


少しあった熱も下がってきて、


シャワーを浴びることができた。


お腹にある北斗の拳のような


7つの傷が気になるが、


シャワーを浴びると何とも言えない


スッキリ感を味わえた。


日常がすぐそこにあるような気がした。


ご飯も全て完食。


余裕を持ちながら過ごすことができるようになった。


トイレに行く時に起き上がる痛みはあるが、


それ以外は特に問題ない。


朝先生が来た。採血の結果見て問題なければ


今日でも、明日でも退院はどちらでもいいと言われた。


予定通り明日の退院を考え、今日はゆっくりすることにした。


午後になって採血が問題ないと言われ、明日の退院が確定した。



退院が確定すると、ふと周りが気になった。



隣のおじいさんはもう100歳超え。


私よりも早く退院するようだったが、


どうやら少し延期になったようだ。



それでもはっきりと大きな声で話しているので大きな問題はなさそうに見えた。


空いていたベッドが2床あったが、


今日新たに2人入院してきた。


仕事先の人や友人がお見舞いに来てくれた。


もう身体の状態は普通なので、


回復にびっくりしていた。


夜は仕事を少しやった。現実が少しずつ戻ってきてる。


あとは、もらった本を読みながらゆっくり過ごした。


明日は退院だ。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ