21世紀投資
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

アーリーリタイアについて考えたこと②

アベノミクス相場前の優待バリュー株や昇格株の活躍により資産3000万を超え、アベノミクス相場が始まり5000万を超えてきた。この時点でもまったく想像していなかった世界だ。いくらあればファイナンシャルインディペンデンスといえる状態を作れるかと具体的に考え始めた時期である。

 

優待+配当で5%あれば年間250万になるから生きていけなくはない?
とはいえ、長期的に見れば優待や配当はいつ減額されるか分からないし、リーマンショックのような事態では株価も簡単に半値になることを知っている。5000万では最低の最低限ラインにしかならないと実感する。リスクを考慮してしまうと無理だ。

 

ならば倍増しの1億円ではどうだろう?
安全域をどこまで考慮すれば不安が消えるのだろう?

 

色々考えた上で当時出した結論は
・資産1億円を達成し1年以上維持していること
・本業および投資以外の何かで年間100万円以上を3年連続で稼ぎ出すこと
これを「セミリタイア」の最低条件にする。

というような勝手な取り決めを自分に課した(今日まで誰にも言っていない)。

 

ちょうどその少し前に電子書籍を公開してみたら思いのほか購入して頂けて喜んで頂けたというのもある。喜んで頂けて副業収入にもなるなら素晴らしいことである。


もっともあれを作ったのは、世に出ている本の中に自分の満足する本がほとんどないので、ならば自分で作ってしまいたいという想いが最初にあって、収入は後からついてきたものなのですが。ゆえにブログ自体の収益化なんかも可能だったのかもしれないけれど、今に至るまで本格的にはやっていない。自己アフィリエイトを試してみたくらい。

 

そしてこの電子書籍作成が思わぬ方向へ進むことになるとは想像していなかった。具体的に行動を起こすと人生何かが変わるものだなと実感する。

(何かしら強い想いがないと、なかなか行動できないので、自分もごく限られた範囲でしか行動できていないと思う。)

 

約束や保証など一切なくても、何かを始めないと、何も始まらないものだな。

 

行動すること、継続することは、大変難しいことだという記事は世に溢れている。根本的には優待株に関連する世界が非常に楽しいものだと知ってしまったから続いたのだと思う。

 

 

応援クリックお願い致します。 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

アーリーリタイアについて考えたこと①

リーマンショックでは金融市場の途方もない大暴落を体験することになる。あの時期は皮肉にも給与という定期収入のありがたみを強く感じてしまったように思う。そこら中に激安優待バリュー株が転がっていたから。毎月、そしてボーナス月にはガンガン買える環境があったから。


仮にリーマンショックより前に宝くじで1億円を手にして退職していたりしたら、株は暴落するし新規投資するのも恐怖だし悲惨なことになっていたかもしれない。定期収入があったからこそ、玉砕覚悟で投資を続けられたのは否めないのではないかと。

 

やっと傷が癒えてきた頃に東日本大震災で日本そのものが危機に陥ってしまった。あれは人生観を変える出来事の1つだったのではないだろうか。その後に続く一時的なプライベートでの大きな痛みも合わせて、日々働いていることって何なんだろうという思いが積もっていくことになる。何もかもが一瞬で無になってしまうこともあるのだ。ただ、現状を変えるにはあまりに何もかもが足りていないし、現実的ではなかった。


色々と現実的に考えられるようになってきたのは、その後5000万の壁を超えたあたりからかもしれない。

 

(働かないって、ワクワクしない? という本をちょうど読んでいる途中ですが、今の自分にはものすごくいい本なのでもっと早く出会いたかったなという現在。日本人が書いたこんな雰囲気の本はないのかな?)

 

 

応援クリックお願い致します。 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

アーリーリタイアについて考えたこと⓪

12月のお題:マネー誌にも登場するようになってきたアーリーリタイアについて思う所を綴ってみましょう

 

時間をかけて色々思い返してみた。
まずは具体的に考える遥か昔の20代のこと・・・・・。

社会人になったばかりの頃は、とにかく仕事に行くのが苦痛だったので、どうにか逃げたい一心だった。宝くじ1等が当たったら苦痛から逃れられるのにとか、割と誰もが考えることが始まりだったような。

 

ただ、数年して株式投資を始めたことで変化が生じる。
資産形成が徐々に進み、株式市場と企業のつながりを実感できるようになり、明らかに社会に対する意識が変わってきた。日経新聞というものに初めて関心をもった。また仕事については嫌なのは相変わらずだが、環境が変わったことでわずかながら良い方向に転換できた。


そして「宝くじを買う人はお金持ちになれない」という言葉を、おそらく藤田社長の本かブログで目にしてから宝くじはスパっとやめた。その後の投資はあまりに順調にステップアップし、ライブドアショック前のプチバブルで資産が初めて1000万を超えた頃だろうか。株式投資がこんな感じでうまく行けば60歳とかまで働く必要なくなるんじゃと思い浮かぶ?


・・・・などという若造にありがちな勘違いを、大暴落であっさり打ち砕かれることになる。割と誰もが通る道を自分も通ってきたような気がするな、というのが20代の頃。

 

そんなわけで昔からずっと考えてはいたのだけど、アーリーリタイアを具体的に考えるにあたって参考にした本とかは思い出せないですね(そういう本自体が少ないと思う)。「金持ち父さん」とかはファイナンシャルインディペンデンスに向けて自由を得るための本であって、逃げるための本ではないからちょっと感覚的に違う。


唯一「ニートの歩き方」という本は今読んでもしっくりきます。
著者のphaさんは、根本的な所や環境がすごく似ている位置にいる人なので共感できる所が多かった。あ~こうやって生きてる人もいるんだなと分かると気持ちが楽になったものです。

 

自分の場合は好きなことにしか意識が高くいられない。
他の面倒なことはひたすら逃げて行きたい意識しかなかった。
要するに働きたくなかったということか(特に組織の中で)。

自分勝手に本を作ったから分かるけど、自分の好きなように働くのは嫌いじゃない(そもそも働いている感覚がない)。


数億円作ったのに組織で働き続ける人は違う世界の人だな~と日経マネー等を読んでたびたび感じるのであります。

 

 

応援クリックお願い致します。 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>