「No Future No Cry」

テーマ:

No Future No Cry


好きなものを常にポケットの中に入れている訳じゃないよね

必ずしもすぐに逢える人だけが大切って訳ではない、そこに距離はいらない


好きな曲を常にイヤホンの奥で流している訳じゃないよね

聴きたくない時もある

少なくとも僕はそうで愛し方はそれぞれのもんだ


それを僕は言葉にはできなくてタイミングを探っている

結局、正解じゃなくてそれっぽいものを手に取りそれなりに振り回してる


No Music No Life

時にその言葉は似合わないよ似合わないけど

何度も救われてここにいるだろ

No Future No Cry

No Future No Cry

たとえ未来が見えなくても

涙を堪えながら


いつまで歌い続けたいかとか

いつまで歌っていられるかとか

考えても意味のないようなことばかりがいつでも心にあって

そんな考えは情けないかと

ゴミ箱に捨てなきゃいけないかと

自分で決め付けていたんだ


それを僕は言葉で伝えたくてギター持って歌っている

結局、不正解はなくてそれっぽいもの手に取るよりも拳を握っていよう


No Music No Life

時にその言葉は似合わないよ似合わないけど

無意識に押せた背中もあるだろ

No Future No Cry

No Future No Cry

たとえ未来が見えなくても


No Music No Life

いつかその言葉を言えたなら言えてしまえたら

もうこの歌は歌わないだろう

No Future No Cry

No Future No Cry

たとえ未来が見えなくても

涙を堪えながら

何度でも何度でも涙を堪えながら


言葉越しに心を知り

目の前の人を信じたくなって

温かい優しさに触れ

測れない程の感謝に溢れ


言葉越しに心を知り

もう少し自分を信じたくなって

正解だらけの世の中で

いつでも優しくいられたらなぁ

あの時、ああしていればなぁ、


あの時、あの言葉を言えていたらなぁ、


過ぎたことにたられば言ったって、なにも変わらないのは、わかっているんだけども、


あのとき、あの時点で、のお話。なにか変えれたんじゃないかな?


って、そんな曲です。


あのバイバイが最後ってわかってたら、うまくバイバイできたかな?


あの人に笑顔を見せれたかな?って。


よく、僕のどの曲も、恋愛の歌って言われたりするんだけども、


恋愛のことだけを思って書いてる曲ってほんと少なくて、


やのにこのアルバムには2曲入ってるけど(どっちも失恋の歌だね、、)


この曲は恋愛だけからできた曲ではないです。


聴いてくれた人のどこに当てはまる、とかそこはまた別の話やから、


受け取り方は人の数だけあっていいし、それがうれしいんだけどねっ。


んでんで、


今作もバンドアレンジなど、全て山本アラタさんに担当して頂いてます。なのですが、


この曲、「これが最後とわかっていたなら」と、「4」のベースは、よっしーさんこと、吉村拓也さんに弾いて頂いてます。


アラタさんと蔦江タイチさんのツーマンライブでO.A.として出演させてもらった日、


アラタさんのバックバンドのベースで出演していて、その日に初めてお会いし、


それ以来はまだお会いできていないのですが、、、今回、バッチリと、がつーんと、弾いて頂いております。感謝感激っ。


ので!!


そのへんも含め聴いてもらえたら楽しみ方も倍増&僕も嬉しいのです。


そして、


この曲は、サビの歌詞がまるまる一気に出てきたので


タイトルもこれしかないなっていう流れでした。


あとは、


初めてかな、「雨」という言葉が出てきます。


これはあの雨なのか、それとも比喩なのか、それもええ感じに受け取り、感じてくださいませ。


ただ雨に濡れる人もいれば、


その雨を感じることができる人もいる。


ってな感じのことをボブマーリー様もおっしゃっておられました。


感情には敏感でいたい。


これが最後とわかっていたなら。あなたならどーしますかい。


そんな曲。


3曲目へ続く。

「これが最後とわかっていたなら」歌詞

テーマ:

「これが最後とわかっていたなら」


物事には始まりと終わりがあってバランス保っている

もう一度行きたいあの場所や、もう一度逢いたい人も


明日になればどうして忘れてしまうんだろう?

手に触れる感覚とか、目に映るその姿とか

明日になればどうして忘れてしまうんだろう?

降り出した雨に流される前に


これが最後とわかっていたなら

これが最後とわかっていたなら

何が違ったかな?何か変えれたよなぁ

でも僕は上手く笑えなかったんじゃないかな


物事には始まりと終わりがあって僕らを惑わせる

もう二度と行けないあの場所や、もう二度と逢えない人も


明日になればどうして忘れてしまうんだろう?

手に触れる感覚とか、目に映るその姿とか

明日になればどうして忘れてしまうんだろう?

降り出した雨に流される前に その前に


これが最後とわかっていたなら

これが最後とわかっていたなら

何が違ったかな?何か変えれたよなぁ

でも僕は上手く笑えなかったんじゃないかな


どこまでも続く道、生きていれば続く道。

真っ直ぐ歩いて行けばいつかまた巡り逢えるかな?

君と僕違う道、これから別々の日々。

また逢えたならばいつも通り上手く笑ってみせるよ

「夕暮れ空に愛の歌」 のこと。

テーマ:

「どうにもならない事が増えていく」


一見、マイナスなイメージを持つ言葉での歌い出しから、このアルバムのスタート。


ライブでもよく歌う曲で、MCでもこの曲についてよく喋らせて頂いておりますっ。


時間の流れだけは誰にも同じ。


僕にとっての24時間があの人には30時間。とかないもんね。みんな一緒。


だからこそ怖い。無駄に使うと置いていかれそう。にならない?


2年前に、


山口県の一番西側から、まだ西に橋を渡っていける角島(つのしま)というところに行きました。


夕日が綺麗ってめっちゃ有名なところ。


そりゃぁ綺麗よな、いっちばん西やもんな。


夕日を見る為に行ったのね。(悩み事、考え事が多かったアラサー男子。)


そこの誰もいない砂浜で、ギター抱えて、波の音だけ聞きながら海に沈んでいく夕日をただただ眺めてました。


ほんまにボケーーっとしながら。


なーんにも考えず、無心で、、、でもいろんなこと考えてるような感覚。


オレンジと赤のちょうど間の色。


ちょっとずつ下がっていく夕日見てる時間がめっちゃ心地よかったです。


陽が沈みきったあとはなんか清々しかったような記憶。


あの日の感覚と、


普段よく見る、ビルの間からちょっと見える夕日と、


それを比べたりしながら作った曲です。


この感覚を曲にできてほんまよかったと思っておるのです。


僕の曲は、だいたい自然と主人公は僕になるのですが、


きっと、誰もが心の中に同じよーなものを持っていると思っているので


あなたの心のどこかにも当てはまると信じていますっ。


あとは、曲の中に必ず自分的遊び心を入れるのが僕の中での絶対ルール。


この曲でも何箇所かあるんだけど、


「胸の傷も癒えるかな」「胸を張って言えるかな」みたいに、


同じメロディーのところで同じ音を入れて、でも歌詞カードみなくても通じる、みたいな


互いの意味は違うけど歌詞として成り立つよーに。


この箇所では同じ音の言葉やけど、


同じメロディーのところで韻を踏むってのはずっと大好きな遊びで、よくやってます。


母音に限らずやけど、


この曲にも、このアルバムの中にも、いっぱいこういうのあるから、


遊び心の部分もいろいろ探してみてくださいませっ。


何か発見してもらえたら僕も嬉しいのですっ。


ちなみに、タイトルのこと。


あの日、あの場所での感覚を得て、


「夕暮れ空に愛の歌」って曲を書こう、って始めにタイトルからできた曲です。


よし、こんな感じで1曲目解説でした!


短すぎず長すぎずでええ感じ?


2曲目へ続く!

「夕暮れ空に愛の歌」 歌詞

テーマ:

「夕暮れ空に愛の歌」


どうにもならない事が増えていく

きっと僕らも少し大人になって

言葉にできない気持ちが増えていく

だからこんなにも涙もろくなったんだ


あの日に交わした約束だってさ

形にはしてないからぼんやり滲んでしまうのかい?


いつかは胸の傷も癒えるかな?

なりたい自分にはまだなれてないけど

沈む夕日を遠く眺めながら

止まらない時の流れを確かに感じていよう


諦めなきゃならない事が増えていく

どれもお金では買えないモノばかりで

誰かが言ってた事を思い出す

どれも過ぎてから気付くモノばかりだ


最後に交わした言葉なんてさ

覚えてはいないけど優しい響きだったような


いつかは胸を張って言えるかな?

逢いたい人にはまだ逢えないけど

沈む気持ちとバランス取りながら

止まらない時の流れを確かに感じていよう


いつかは胸を張って言えるかな?

逢いたい人にはまだ逢えないけど

沈む気持ちとバランス取りながら


いつかは胸の傷も癒えるかな?

なりたい自分にはまだなれてないけど

沈む夕日を遠く眺めながら

止まらない時の流れを確かに感じていよう


【imbalancer】ってなんぞ?

テーマ:

1週間経ちましたが、


2017910日!


やっと、やっと、


3rd albumimbalancer」、


無事にリリースしました!


レコ発お越し頂いたみなさん、早速ゲットして聴いてくれたみなさん、ありがとうございます!


前作から2年ほど経ちました、お待たせいたしましたっっ!


みんなにとってもそうだろうけども、


僕にとってもこの2年は環境にも心境にも、とてもとても、それは大きな大きな変化があった時間でした。


imbalancerに込めた想いや、作るにあたっての経緯などをどーにか文字にして書こうと思います、ので、


先入観なく聴きたいぜ!って方は、聴いてから見たり、もしくは見なかったり、先に見ちゃったり、


自由な感じで見てもらって、このアルバムをより深く楽しんで頂けたらなぁって感じでおもっております。


長くてめんどくせえ。ってなったら諦めてもらってオッケーです!笑


それでは解説スタート!


はじめに、


今作の「imbalancer」のテーマを一言で表したなら、


「過去」


です。


でもその言葉だけやとちょっと範囲が広いし、


過去を振り返ることなんかたくさんあるし、振り返ってなにを見るんやってことなんやけど、


失敗とか、後悔とか、マイナスイメージのところとたっぷり向き合って作り上げた曲たち、そしてアルバムです。


だから正直、途中はほんと苦しい時期がありました。


思い出したくない、自分自身逃げていた部分とかと向き合うのがしんどかったなー


でも、こうやって出来上がって、いま思ってみればたっぷり向き合ってよかったなぁと。


、、、


っていうそこなのです。


大失敗して悔しい思いしたこと、もう投げ出したくなったこと、


自ら選んだ別れや選んだ道、あのときあれでよかったんかな?そんな気持ち。あるよねっ


その気持ちとしっかり向き合って、パワーにできたなら、というかするしかないなぁと、本気で向き合おうと思いました。


昔めっちゃ悔しい思いをしたこと。


でもいまとなっては笑い話にできちゃってることもあったり。


それって無意識のうちでも、しっかり自分は進んでるんだと思うし、だからこそいまならいい思い出って言えたり、笑い話にできるとおもう。


後悔とかそういう気持ちって、最終そこに持っていかなきゃ意味がないから、自分に言い聞かすよーに、曲にして、アルバムにして背負って、刻んで、いこうと思いました。


それがあなたにとって、誰かにとって、考えるきっかけであったり、明日へのパワーに少しでもなれたなら嬉しいし、そうなりたいです。


そのうち、後悔から生まれた最強の力を手に入れた!てってれー!みたいなイメージ。


3曲目収録「国道26号線」の歌詞にあるんだけど、


「たくさんの後悔も選ばなかった道もいつかの正解に」


これを言いたかったんだと思います。


この言葉を多方向から見て、いろんな言葉とメロディーで表現した、みたいな。


んで、


imbalancerのタイトル名なのですが、


インバランサーと読みます。


作ってるときは30歳目前ってのもあるし、たくさん考えなあかんことも自然と増えてきたし、


そのくせに選択肢は減ってるような感覚になったり、


なんか気持ちの置き所みたいなんがしっかりなくて、不安定で、どうにかバランス保ってる感じ。


このアルバムの中に「バランス」を表すような言葉がたくさん出てきます。狙わずとも自然に。


直接その言葉で表現してるところもあるし。


バランスを取る人は、バランサー、


バランスの反対語は、アンバランス、


アンバランスな人は、アンバランサー


アンバランスの同意語は、インバランス


でもインバランスの人を、インバランサーとは言わない(?)みたいで、


インバランサーは造語なのかな、ネイティブな感じは調べるにも限度があるしよくわからんけど、


こういうタイトルとかは日本人的な解釈が好きなのだ。


here.もそんな感覚。


imbalancerは、インバランス(アンバランス)な人、


でもそれでは終わらないよ、しっかりバランスとって耐えて耐えて、いつか来る、もしかしたら明日かもしれない栄光、そこを目指すんだ、って


I'm balancer.の意味を込めて


imbalancer」にしました。


ダブルミーニング。おっしゃれー!


バランスな表現を歌詞ではたくさんしてるけど、タイトルのimbalancerにたどり着くまで半年かかりました。


タイトルなかなか決まらなかった。


あーー出てきてよかったこの言葉。抜群。


出てきた瞬間は、今回もアルバムアートワークを担当してくれた、デザイナーのあたらしれいと一緒に会議中でした。


僕は色のような、形のような、温度であったり擬音であったり、


そういう3D化できない頭の中をあたらしれいに伝えて、それを目に見える形にしてもらう。


っていう作業をしてもらってて、それが抜群にドンピシャな表現をしてくれるの毎回。今回もあざす。


ジャケットと表裏を合わせた、一枚絵のポスターもグッズに登場したのでちぇけら!


そして、中身、音源のバンドアレンジ、レコーディング、編集のそのすべてを、


自身がシンガーソングライターでもある、山本アラタさんに担当して頂きました。


アラタさんとタッグを組むのは今回で3作目。


アラタさんにして頂いたサウンドプロデュースの力も最大限に交わり、


ほんとええアルバムできました。


わーい!みたいな楽しい曲は今回収録していないけども、


なんか心がモヤっとするとき、刺激がたりないのかな?ってとき、


ぜひimbalancerがその背中を押せれば、負けねえぜ!って思ってもらえる力になれれば、そう願っています。


早くたくさんの人に届けたいし、届けるぞ、と。


在庫で部屋が狭いぞ、と。笑


ほんと、胸を張って届けれるアルバムになったし、


応援してくれるみなさんにも、唄井直哉めっちゃええんよ!!って胸を張って周りにも言っていただけるくらいの作品になりました。


ほんとリリースはスタートでしかないので、ここからまだまだ頑張っていこうと思います。


そろそろまとまったかな??笑


そんな感じです、


この先も、ここを覗いてくれたあなたの傍に、もしくは、ふとした瞬間にでも、


唄井直哉の音楽があればいいなぁ、うれしいなぁと思います。


ってことで


次は曲解説に続くのですが、


この記事を書くのに、リリースから1週間経っているくらいなので、


曲解説も、のんびりとお待ちくださいませっ。笑


CDはライブ会場、フリーライブ、ストリート、オンラインショップで購入可能なのでぜひっ。


それじゃー


この先もどーぞよろしく!


唄井直哉、、、


imbalancerりりーーーーす!!!

三十路前夜を終えて。

テーマ:

三十路街道突入。


昨日、「歌う魚」にお越し頂いたみなさん、本当にありがとうございました!


2017.09.10@心斎橋Live&kitchen「歌う魚」

3rd albumimbalancer】レコ発&生誕イベント

『三十路前夜』


を開催しました。


昨日の空間にいないと説明できないこと、伝えても伝えても伝えきれないこと、がたくさんあります。


だから一緒にあの空間共有をしてくれたみんなには感謝ボンバーです。


残念ながら行けなくて、普段から支えてくれたり、昨日も含め、いつも応援パワー送ってくれたみなさんにも感謝すたいるです。


ありがとう!


そして、歌う魚、オープン10日目でした!オープンおめでとうございます!


お店にとっても、とても大切な大切な10歩目を、自分のイベントでみんなと作れあげれたことを幸せに思うし、ほんまに誇りです。


MVの構想のときから、そして昨日まで、全力でチカラ貸してくれたベーシストKICK、ドラマーらっきょ、ありがとう!


いま持てるパワーの全て、いや、120%出すことができたのも彼らと手を組めたから。感謝!


そして共演者は1番手、小川倫子!


倫ちゃんとは4.5年前からの中。


ライブでも言ったけど、お互いにほんと1曲もまともに演奏できないよーな、そのくらいの活動スタート時期からの知り合い。


しっかりと音楽と向き合いつつ、そしてゆるく。のんびりな。いぇーい!そしてやるときやる!


みたいなスタイルが大好きです、ありがとう!


そして2番手、岡本冬馬!


the whimsical gliderGt&Voの冬馬くん。


ひとりの歌うたいとして出演してもらいました。


初めて会ったのはつい3.4ヶ月前。ただ僕が好きやったから、


またやりたいなぁー。んなら今回呼んでしまえ!って感じ。


この日も1曲目に歌ってたセルフィッシュという曲の歌い出し


「好きな人には好きと言って、嫌いな人のことは好きになれますように」


この言葉にすごい心を奪われて今回誘いました、この言葉の中にどんな想いが詰まってるんだろって考えてみたり。


一瞬で冬馬くんの持つ「優しさ」を感じれたのだ。うん、すき。


そして3番手、摩耶!


摩耶ちゃんは東京から来てくれました!


東京での自身のツーマン終わりに、夜行バスでぶぃーん!って!


んで宿も考えてませんー!乾杯しましょー!


みたいなアクティブさ。


人の気持ち、自分の気持ち、そこをほんまに大切にして動いてくれるアーティスト。


んでギターうま。ピアノもうま。歌うっま。聴き入ってまうぞ。歌詞の目線も僕にはない角度。よき。


4番手、蔦江タイチ!


タイチさんとも長い仲。1つ上の先輩。


僕のおふざけに付き合ってくれる笑


まずタイチさんが、KICKと繋げてくれたしそこかららっきょくんに繋がったから、その時点でえぐめの感謝。


いつも一瞬にストリートしたり、曲作りのことあーだこーだ言い合ったり、共に上を目指そうって刺激しあう仲間。


でもライバル、僕はタイチさんに負けたくない。勝敗で言うならば。


そして今回、僕の前の出番でばっちり会場あたためてくれました。ありがと!!


ってな感じの共演者たちでした!


ステージからの景色は、まちがいなく今までで最高の景色でした。生きてきた中でも最高到達点だ。ほんま気持ちよかった。


よし、今日からがスタート、って気持ち引き締まりまくりました。


ってだけじゃなく、見てくれたみんながええ顔してたから、ええライブ、ええイベント作れてるなって思えたし、


みんなの笑顔がすべてを表してたとおもう。ありがとう。


最高のスタートダッシュ。


昨日の最高到達点をスタートに、今日からまた右肩上がりを続ける日々。


明日にはどーんと跳ね上がる、明日にはどでかく変えられる。


そう信じておる。


そしていつももらってばっかり。みんな昨日どうやった?明日からがんばろって、みんなの刺激になれたかな?


これからもどんどんええライブしていこーと、できるよーに準備して、日々精進していきます。


あ、セットリスト!


1.君といるこれからの日々

2.夕暮れ空に愛の歌

3.そもそも君がいなきゃ

4.カガミヒトエ(acoustic band)

5.国道26号線(acoustic band)


でした!


昨日、あの場に来てくれたみーーんなと、深くお喋りできたわけでもなく、


そこはちょっと申し訳なさと悔しさがあるけど、


限られた時間の中、あの空間を共有してた事実はなーんにも変わらない、心強し。


みんなに直接ありがとう、って言えてないから、集合写真見てたらひとりひとりに言いたいこと溢れてきたから、次会った時またお話させてね。


文章がまとまらないぜ。


とにかくこちらは酔いと余韻の三十路街道スタート地点。


どんな明日が続くんやろね


少しずつ自分の思い描いたものに近づいていこう。


そのとき、


昨日いたみんなも一緒にいれたなら


なーんにも間違いじゃない、


ステキのかたまり。


よしっ。


ゆーて今月もあと3本ライブあるので、


全部来ても全部来てよかったのライブをします


いつでも遊びにきてね!背中たたきあおーぜよ。


ほならば


三十路街道


行ってまいります。


ありがとう!!!


{42F3BC9F-2687-45B5-99E3-91F670E7F4CA}

9/10(日)のレコ発&生誕イベント、当日の会場での撮影について、少し書きます!


そんなに特殊なルールはないのですが、なにかトラブルがあって後味悪くなるのも、、ってことなのでぜひ目を通してくださいね👍


心斎橋Live&kitchen「歌う魚」の会場自体は撮影はOKです!

イベントによって、アーティストによってルールが異なりますよお!といった感じです!


じゃぁ9/10のなおやのレコ発&生誕イベントはどーなのー??ってことなのですが、


イベント自体、撮影OKです!僕個人もOKです!


他の出演者も問題なし、、だとは思うのですが確認はとれておりませぬ!SNSにアップするぜって場合は一声かけたり、本人に直接確認をしてから、というのが一番気持ちのいいやりとりだと思います👍


あと掲載おっけーだけど変な顔になってるやつとかはやめてね!とかそれくらいかな!


あとは、シャッター音バリバリで撮りまくったり、バラードのしんみりが台無しだぜ。ってなるのもよくない。


あと、どや!どかーん!と三脚たてて周りの人が邪魔と感じたり、移動しまくったり、フラッシュがひどかったり。


それくらいです👍

ルール、というより、マナーですね👍きっとみなさんご理解頂けますよね👍


せっかく楽しみにきたんだから、アーティストも、お客様も、みんな嫌な気持ちやプチストレスを持って帰ってほしくない👍


マナーを守って、空気も感じつつ、楽しい空間を共有しましょう!!


...って感じです🙌


もぉ十分伝わりますよね!大丈夫だ👍


撮影に関してはこんな感じです!


あとはー、席やテーブルなどは譲り合って使いましょ!演奏中のお喋りとかも気をつけてくださいませ!とか、そのくらいだ!

あとは自由に楽しんで頂ければ十分でござる。


最後に会場info.を書いておきます!道迷うかな?って方は早めに出るべし!僕は超絶早めに出る!!笑


わーたのしみ!

席もあります!まだ予約おっけーです!

わーたのしみ!


◼︎会場info.◼︎

心斎橋 Live&kitchen「歌う魚」


542-0083

大阪府大阪市中央区東心斎橋2-8-9

日宝コア笠屋町ビル4F


utausakana.com

(TEL)

080-4019-8442

(mail)

utausakana0901@gmail.com


悩んでるの?とかフライヤーとか、

テーマ:

9/10(日)@心斎橋「歌う魚」レコ発近づいてきていますが、


その唄井直哉レコ発&生誕イベントのフライヤーのフライヤーを、いくつかのライブ会場に置いて頂いてます!


どこかでフライヤー見つけてくれた方もいるのではないでしょーか!


この日は日曜日やしどの会場でも大切なイベントがあるはず!


そして普段からお世話になっている心斎橋AtlantiQsENTERにも置いて頂いてます、、、が!!


その日は、アトラン、ENTER、サーカスの3会場でサーキットイベントの日なのです!


たくさんのアーティストがでる中、知り合いのアーティストもでるし、なんなら見に行きたいと思っちゃったくらいのイベント!


日曜日ってのもあるし、


どの会場にとっても、大事なイベントが行われると思うのですが、


さっきの3会場とはサーキットイベントと日程被ってたりするけどさ、


それ以外も含め各ライブ会場の方に、


当たり前のように、みなさんの目の届きやすーいところに置いて頂いてます、うれし。ありがとうございます!


もちろん9/10は僕のレコ発を知ってほしい!来てほしい!ってことで置いて頂いているのですが、


心斎橋のサーキットイベントと悩んでるって声も聞こえてきてるし、


その日は誰々のライブで、とか、


そもそもライブとかじゃなくて仕事だったり予定があったり、


いやいやその日は夜の街に飲みに行くんだぜ!とかさ、


家でゆっくりするつもりー、


お財布事情も厳しいかも、とかとか、


そゆのあってそりゃー当然だ!


でもこゆのがあるのねって知ってほしーし、


ライブハウス来るのもたのしーぜって思うし


知った上で悩んだ上であなたにとっての抜群の1日の選択をしてくださいませ


僕はこの日こーゆーイベントをするって選択をしたので、


やるからにはステキな空間を作る覚悟を決めたその日から抜群に持っていますっ


この日心斎橋「歌う魚」に来ていただけたならそれはそれはうれしすでございます。


まぁ本音は


悩まずおいでやす。って思うけどさ!


サーキットとはハシゴコースはどう!?って。


そりゃーいっぱいの人の中歌いたいぞ。


悩んでる人の心を動かしてやろーと


日々がんばってやろーと思ってます、


さぁチケットゲットをぜひ、


予約もお待ちしてます。


学生さん!少しやけど学割だよ!


レコ発とバースデー祝ってほしいな!


僕のステージも


僕が呼んだアーティストのステージも


歌う魚のオープン10日目の日を!


空間共有が最強説やで。


さぁレコ発までまだまだ突っ走りますよお!


そのまま突き抜けていきますよー!


よろしくべいべー!