浦野英樹オフィシャルブログ Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

県政報告15 大分空港ホーバークラフト復活へ!

■12月定例会 大分ホーバー復活へ!

11月25日~12月11日、令和2年第4回定例県議会が開催されました。大分空港アクセス改善策としてのホーバークラフト復活に向けての補正予算案(補正額2億8334万)が可決し、2023年度中の運航開始に向けて、準備が加速してゆくことになりました。

 

◆総務企画委員会での議論

今回の補正予算案は船体発注にあたっての仕様書作成、発着地整備に関する測量調査設計費用等で、船体の設計・製造、発着地整備に向けて準備の為の予算です。ホーバークラフト復活にあたっては、県が船舶を保有し、運航は民間事業者が行う「上下分離方式」で運営することとなっていますが、運航事業者については、第一交通産業株式会社(北九州市)が決定しています。

交通政策を所管する総務企画委員会でも12月8日㈫に審査が行われ、様々な観点からの議論が出されました。

・騒音問題

大分市発着地の変更(西大分を予定)による影響、船体の静粛性向上に関して

・バス路線との共存

 大分市以外とのアクセス、ホーバー荒天欠航時の運送手段とし    て空港バスは今後も必要。いかに共存をはかってゆくか

・事業の継続性

第一交通産業選定の経緯。かつては廃止となったが、運航事業者の継続的な運営に向けての県の体制 等

 

◆乗組員・整備員の育成、確保について質問

私も総務企画委員会の委員として、乗組員・整備員の育成や確保について質問しました。現在、国内にホーバークラフト定期便運航はありません。世界的にも珍しく、定期便を運行しているのはイギリスのみという状況。普通の船舶であれば、経験者を雇用すれば済みますが、操船や船体構造が特殊なホーバークラフトは、新たに人材を育成する必要があり、退職時の人員補充も簡単ではありません。安全運航・事業継続の為にも、人員の課題は、早期に準備を進めておく必要がある旨、発言しました。

様々な課題をクリアしてのホーバークラフト復活に向けて、今後も議論を進めてゆきます。


 

■コロナ対応支援策、延長が必要!

コロナ禍が長期化し、年末年始の事業者への影響が深刻です。国の支援策である持続化給付金、家賃支援の申請期限は令和3年1月15日。いままで、なんとか乗り切ってきた事業者も年末年始にかけて、雇用維持や事業継続が難しいといった相談も増えています。国の支援策については、延長・第2弾の実施を求めるとともに、県民、県内事業者の状況に応じた大分県の支援策の拡充も引き続き提言してゆきたいと思います。

県政報告14 豪雨被害復旧復興に向けて 由布、玖珠郡、日田視察

豪雨被害からの復旧・復興にむけた大分県議会・県民クラブ視察。2日かけて由布(挟間町同尻、庄内町小野屋・阿蘇野、湯平温泉)玖珠・九重、日田(湯の釣、天ヶ瀬温泉郷、中津江)へ。

 

現地の住民・事業者の皆さんに県市の担当者も含め、意見交換も交えながら回ってきました。現地の状況を伺い改めて感じたことは

・生活、事業への影響は続いている

・農林業への被害が甚大

・原状復帰では今後の被災に不安大

・山林については、いまだ被害状況がわかっていない

ということです。

 

早急な生活・事業の維持にむけての対応策、長期的な原状復帰を超える抜本的な治水・治山を同時進行で進めてゆく必要性を改めて感じました。いただいたご意見を、県の施策に反映させることができるよう取り組んでゆきます。

 

尚、湯平温泉、天ヶ瀬温泉 残念ながら一部廃業・休業した事業者ありますが、絶賛営業中であります。温泉もゆっくりつかれます。紅葉シーズンに向け是非お出かけを!

 

県政報告13 中小企業・小規模事業者応援金 増額へ

■9月定例会 過去最大級補正予算

9月9日~29日、令和2年第3回定例県議会が開催されました。新型コロナウイルス対策の追加支援、7月豪雨被害の復旧・復興策も加え、8月の専決予算(知事が決定する予算)に加え566億円の補正予算案が提案され、可決されました。

 

◆中小企業・小規模事業者応援金 増額へ

コロナの影響で、売上等に影響を受けた中小事業者向「大分県中小企業・小規模事業者応援金」は、6月県議会で可決されましたが、今回の補正予算で更なる増額が決定しました

個人事業主 15万円→25万円(+10万円)

法人    30万円→50万円(+20万円)

10月以降の新規申請の場合、増額した金額が支給額となりますが、9月29日までに旧額で申請をした場合、追加分の申請が別途必要となります。追加給付の書式一式が県から郵送されることとなっています。WEBからの申請も受付開始しています。

この応援金は金融機関からのコロナ関連融資が前提です。過去の取引状況等により融資を受けられない場合、商工団体や他の金融機関も含めて再度の相談をお勧めします。

おおいた中小企業支援ポータル 案内ページhttps://oita-chusho.jp/support/1468

 

◆中小企業テレワーク推進策

今回の補正予算では、「中小企業等テレワーク導入推進事業費補助金」の創設も決定しました。テレワーク(在宅等勤務)導入のための機器、ソフトウェア等環境整備費の3分の2(上限50万円)が補助金として交付されます。但、新規のテレワーク環境整備であることが必要で、既存のテレワーク環境の更新・増設や単なるパソコン購入には利用できません。こちらは、申込第1次締切が10月26日と期限が迫っています。テレワーク環境を新規に整備したい事業者の方は早めの準備をお勧めします。

〈お申込み・お問合せ先〉

大分県雇用労働政策課 労政福祉班 TEL097-506-3327

http://www.pref.oita.jp/soshiki/14580/

tyuusyoukigyou-telework-hozyokin.html

 

■決算特別委員会

決算特別委員会10月6日~12日、集中的に審査を行いました。予算審査を3月(知事改選年は7月)に、決算審査を秋(10月頃)に行うのが県議会のスケジュールです。決算委は前年度(平成31/4月-令和2/3月)の振り返りですが、現在進行中の問題解決や次年度以降の予算や施策に活かせる課題を見つける場でもあります。決算案は、11月5日に最終的な採決が行われる予定です。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>