J.M.Westonのダークブラウンスエード

テーマ:
音楽でも何でもそうですが、「これだ!!」と、無意識に追い求めていた物が目の前に現れると、本当にさむいぼが立つほどうれしいですよねw D氏が現れた時は、まさにそんな感じがしましたし、Drum and Bassの時も、ウニは非常にうれしかったw もっとさかのぼれば,初めてレゲーを聴いたときw 

ま、そんな感じで、色々と試行錯誤を重ねてやっとであったというか、、、。てか、最初からこれを試しておけば良かったんですが、現地価格との差とか「拷問のようにキツくて憎しみさえ覚える」などの巷の噂を聞き、躊躇していた自分がなさけないw 何事も試してみなければ、、、。ということで、ウニの靴は今後J.M.Westonが主軸になっていく予感がします。EGでは何度も苦しめられ、Aubercyでは苦悶の表情を浮かべ(最近、非常にフィットしているが)、Aldenでは、ぽってりしすぎるし、Corthayは美し過ぎるけど、洋服選ぶし、John君は庶民では手の届かない価格帯だしw そう考えると、やはりこのフランス靴のコロンとした美しさと、完全にウニの足に会っている木型と、丈夫さ(丈夫そうな感じがするw)はやはり魅力ですw 

次回フランス旅行を企画していまして、その時は思い切って仕入れて行こう思ってますうw
AD

夏支度, 靴w

テーマ:
貯金せねば!!!8月まで何もかいません!!と公言するも、むりでした、、、。そんなこんなで最近かった靴3足。Sensiのサンダル、ガンバのドラシュー、オールデンのアンラインド・スエードチャッカー。何となく、スエードとか優しい色の靴にはまってて、こんな感じになっちゃいました。足は2つしかないのに、靴の数だけ増えて行く今日この頃w 

久しぶりに昔の写真とか手紙とか眺めてます。色々なつかしいものばかり出てくるんですが、そろそろ捨てなくちゃな、、、。




AD

EG Andrew 82E

テーマ:
またやってしまいました、、、。今期怒濤の3足目。円高の影響でお求めやすくなってると自分に言い聞かせ、かなり無理して仕入れましたw うーん、これから暫くじっとしてようw 取り敢えず、初のコンビシューズ。黒のコンビだから派手すぎず、色んな所で履けそう。ただ、寒い時期専用になるとは思うけどw 美しい、、、、。

同EDのカドガンと並べてみた。Lastが 82 7 1/2 E と202 8 D なんで,メチャクチャ似てますw 若干Andrewの方がさきっちょが細いだけです。まだ一切磨いてないので、良くわからないですが革の状態も良い感じ。何故だかオーダーしていないシューツリーも付いてきてたりして(無料かな???w) いやあ、取り敢えず可愛がりますよ、この靴!!


AD

無事、、、、

テーマ:
無事、帰ってくる事ができましたw いやあ、久しぶりのNYCは色んな意味で変わってました!人は優しくなってるし、安全になってるし、お店は増えてるし、、、。ガンガン歩きまくって、色んな所見てきて相当満足w 取り敢えず、今回行った靴屋と戦利品をUPしときます。それ以外のは、後日w

<靴レポートw>
-グッドマン(コルテを75%offで購入w シューツリー付きでこの値段、安すぎます。コルテの取り扱いは、今回で終了らしく激安で売りさばいてました。ウニが購入したのが最期の1足w Vassが無かったのが心残りw)
- Alden (サイズの計り方は非常に適当。そして、商品の扱いも酷い、、、。投げたりw ま、それも含めてアメリカらしいというかw なんだかんだ言って、買っちゃったw コードバーン特有なんですが、必ずシミがあります。 で、だめもとで、「しみがある!!」って言ったら「$50割引するわ!」と、言う事で日本の半額で入手w)
- Leffot (最高の接客/店の雰囲気、満足しました。残念ながら、ウニのサイズはなく、、、、。てか、アメリカ人、足でかすぎw)
-J. M. Weston (定番も、定番以外も店内商品の半分位がセールになってました。あまり好きなのなかったかも)
- ベルルッティ(あまり値段がかかわらないので、だったら日本で買います。)
- バーニーズ (取り立てて、何もなく。あ、モンクレーが3万位で売ってたw)
ぎw)
- タニノ (4-5万で、ほぼ全商品セール。安すぎます。日本で買うの気が全く失せたw 気になったブーツのハ-フサイズ上のしかなく、断念w 悔し過ぎる、、、。)
- Baker Black (高い、、、セールなし。$850出すなら、もっと良い靴買うかも。ジョンロブでも、1000ちょいだし。ま、可愛い靴は何足かあったけど、別にソコまでの価値はないと思う。)
- ブルックス (50% offだと思ったら、$50 offだったw)
- EGの密輸成功、今回は1足仕入れました。これも、商品が到着したら、画像upしますw




EG カドガン202 8 D

テーマ:
いやあ、先日イギリスから密輸入しましたw この革のツヤといいコロンとした可愛い形、1日履いても疲れないし最高かもw これから、地道に数そろえていきます!

てことで、オーベルシーとの比較w オーベルシーはエレガントで先が少し四角でエッジも立っててフランスの靴の雰囲気満載!ただ、5時間を超えた当たりから右足だけ痛くなりますw 
















Corthay Arca 2

テーマ:
ああ、なんて美しいのだ、、、。靴って美しいと思ったのはここ最近ですけど、その中でもロブとコルテの靴の美しさは両極端というか、、、。ロブはそこはかとない曲線の連続で上品なのに対して、コルテは過激にアートな感じで、めちゃくちゃエロいです。同じアルカってモデルの黒を持ってまして、ほれぼれしてたんですが、今日、思い切って春用に薄い茶色のアルカ入手してしまいました、、、。茶色は半額以下のYahooオークションw まだ、手元に現品が届いてないので微妙ですが、かなり楽しみです。てか、この不細工な体型でアルカが履きこなせるのか、微妙w 



後記>> (写真と記事は一致してませんw) Corthayの靴はこれで一丁上がりだと思います。他にも気になるモデルがあるんですが、あまりの値上がりに購入意欲が減少w なら、もっとブリティッシュなEGとかの方が良い様な、、、、。 そんな文句を言いながらも、この独特の爪先の形と、履き心地の良さは一生大切にできる逸品だとは思います。色は、爪先から段々と濃くなるグラデーションが美しすぎます。
暫くは、先日ビスポークしたライトグレイのスーツとあわせて、秋口になったら、バーガンディーに染め直してもらおうかとおもいます。正規店で染めてもらうと、3000円ほどでできるらしいので、色を変えたりしながら、ずっと愛用していこうかとw



で、革質なんですが、黒と茶色ではダイブ違います。黒は若干柔らかめで、甲が伸びたりする事はあまりないかも。茶色は、すごく柔らかく、脚の形にびゅんびゅんのびちゃいます。後、二足履いておもったのは、皺がよりやすい革質。ロブとかシューツリーに入れると完全復活しますが,Corthayのは細かな皺がずっと消えませんw 後,細かい縦の皺がよるのは、Corthayの特徴なのかな?つり込みの時に引っ張り過ぎなのでは?とか思いますw



形の微妙な違いなんですが、、。これは、あくまで個人的感想なんですが、黒(新しい形)と茶(初期?)では、コバの張り出しが違う様な気がします。昔のバージョンの方が、コバが張り出してる(特に爪先)ような、、、。でも、手仕事が多い靴なので、個体差が多い様な気もします。同じ時期に作られた靴でも,微妙にコバの雰囲気が違ったり、サイズによっても見た目が違ったり。てか、ま、1つ1つ違うとw もし、新品買うなら、何足か同じサイズのを見せてもらって、気に入った一足を選んで、自分の好みの色に染めてもらうのが最良の方法だとは思います(いらぬお節介)w




P.S. 最近昼のドラマが熱い!!スイート10~最後の恋人~ と、 みこん六姉妹2 がお気に入りw

Aubercyの靴

テーマ:
また、Azumiさんに怒られるかもしれないが、好きなのですよ,靴が!w だから、下手な写真up許してねw 

ああ、この前仕入れてから、ほぼ毎日家で履き、慣らしをしつつ磨いてたんですが、やはり美しい。他の靴と比べると2サイズぐらい小さく見える形と丁寧な作り。シェープしてる所はしてるし、出るとこは主張少なめに出てて、全体から上品なオーラが出てます!!デュプイの革を使用してるらしく、質は良い様に感じますが、皺が入りやすいのが玉にキズかも。それでも、この「本格靴」に高値が付いている時期(値上がりし過ぎだろ!EG来月からあがるらしい、、、。)、スーツリー付いてなら、納得のお値段です!今後、こう言う系の靴は、旅行の時か、直接交渉密輸で対応しようと思いますw

日の当たり具合で、このようにかなり濃厚な茶色になります。ま、室内ならこんな風に見えるはず。表記によると、ダークブラウンなんですが、微妙に赤っぽく、オールデンのバーガンディーと並べてもほぼ色が変わらない不思議な感じですw 



解りにくいかもしれないですが、土踏まずの所が程よくしぼってあります。ヒールカウンターが土踏まずまで伸びているらしいので、ここも触ればカチカチです。人間、疲れてくると土踏まずが下に落ち込んでくるらしく、このカウンターが、それを防止してくれるらしい、、、。何だかよくわからない話しですがw ま、そんな事をほっておいても、美しい内側です。


別にシームレスでもなんでもないですが、何だか,こじんまりして可愛らしいお尻。そして、完全にウニの踵のサイズに合ってるので、歩いてる時に、「かっぽんかっぽん」する事もなく、ピッタリついてきます。

ほんま

テーマ:
ウニって、ほんますいません。自分のブログに書き込みあると、すんごい嬉しいのに、人のブログには殆ど書き込みせず、取り敢えず読んで、色々思ってコメント書き始めて。でも、小心者なので、結局書き込み消して、、、。そんな感じで、多分冷たい印象与えてると思いますがw

さてさて、明日の早朝からウニ食べに淡路島行ってきます。取り敢えず今夜から待機して、明日気分が向いた時間に出かけて、1)淡路島で穴子を食べ、2)淡路牛を食べ、3)旅館で魚介類を食べ、4)徳島で徳島ラーメンを食べ、5)帰りに明石焼食べ、6)京都で仕上げにラーメン食べる予定ですw うーん、我ながら呆れる位、クイダオレw

う、わくわくして寝れないw そして、暇だからどんな靴を次に入手しようか考えてたら、悶々としてきましたw Corthayの2つ目のラストのを茶色に限りなく黒に近い茶色に染めてもらうのも良し、John LobbのフィリップⅡにするか、Cityにするか、、。ウニの欲しいのは、程よくシャープで先っちょがあまり尖っていないので、そして黒に近い茶色なんですが、、、。うーん、いっそうの事、ビスポークしちゃおうか。悩む。あと4-5ヶ月悩んで決めると思うが、悩んでいる間が一番たのしいのかもw まだ、「うを!この靴しかない!もう、一生惚れ続ける!」てのが現れてません、、、。前回、Corthayのアルカの黒手を入手した時は、本当に愛せる靴だなーって思ったんですけど、あの時ほどピンとくる靴が未だ現れないなあ、、、。ああ、早くアルカ、メンテナンスから帰ってこないかな、、、。(上の写真が、ウニの愛してやまなCorthayのアルカですw)

やってしまったw

テーマ:
靴ファン以外、スルーしてくださいw





















今日、朝から電車に乗って、大阪のコルテで靴かってきました。やはりほれぼれします (欠点、沢山ありますが、、、)w 昼過ぎにお店に行って、狙ってたアルカってモデルの黒を試着しようと思ったら、やはりウニのサイズは在庫切れでないので、代わりに同じモデルの紫を履いてると、、、、。

店員さん: 「あ、たった今、靴が入荷しました。お探しのサイズの黒あると思いますんで、少しまってください!」

うーん、自分の好運さに驚きました。ウニのサイズ(普段は、27cmなので、size 9なんですが、コルテでは10か10半でした)を出してもらい、試着した後購入しました。少し、10では小さい気がしたんですが、10ハーフでは、羽が完全に閉じてしまうので、致し方なくです。

で、以下、思った事を羅列します。
-革はジョンロブと比べると良くないです。多分、すぐシワシワになるはず。
-光沢は、磨きたくっても出ないので、お店で磨いてもらう(無料らしいです)方が良いかもです。数週間かかるらしいですが、、、。 ウニは、鏡面 仕上げは好きではないので、自力で地味なつやを出すつもりです。
- ビンテージスチールは、ショップでお願いできますが、1月ぐらいかかるらしいです。値段は聞きませんでした。うーん、東京に出す方が安くて早いかも。
-作りの甘さを言われますが、ジョンロブほど完璧ではないです。例えば、足入れ部に塗装を失敗した後が、、、。コバ部分を削るのを失敗したらしく、少しぼこっと凹んでいる。それでも、ある程度納得のレベルです。
-新品時は、がっつり靴墨塗ってあります。塗り過ぎぐらいなので、落とすの大変でした。
-踵は食いつく感じです。土踏まずは、あまり押し込まれる感じではなく、軽くあたるぐらいかも。
-シューツリー、美しすぎます。
-ディスプレイされている靴と自分のデカいサイズでは、靴のイメージが相当違います。まず、小さい靴はコバの出っ張りがきになりますが、size 10ぐらいになると、履いた状態で上から見ると爪先以外のコバは全く見えません。コレぐらいの方が、ノーブルな感じがして好きかも。
-予備の靴ひも付き。
-今日は、アルカは、size 9から11ぐらいまで、全部売り切れてました。結構、売れてるんですね、、、。本日、再入荷したみたいなんで、まだ、size10以外は在庫あるかも。
-ジョンロブの旧マッタとほぼ同じな横顔です。磨いていると、間違うぐらい酷似してるかも。ただ、踵がしぼってあるので、後ろすがは相当スリムかも。あと、シームレスではないですが、踵の処理は美しいです。
-ウニのは、黒なので内装が赤でした。

p.s.写真下手すぎて、この靴の良い雰囲気でてません。ほんま芸術品の様に美しいんですが、なかなか写真では、、、。単純にウニが写真下手なだけなのかもw

フェチ

テーマ:
むふふ、今日の夕方に靴を陰干ししていた時の画像なんですが、、、。どうしても、写真では上手に映らなかったけど、本当は夕闇+靴の微妙な茶色+庭の緑の色合いが凄く美しかったです。うーん、あの色が写せるデジカメが欲しい(携帯カメラでは無理ダアw)